269762
2018-1

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031




最新のコメント
by 孫右衛門(1/14)
by 七ちょめ(1/13)
by 万訪(1/13)
by 七ちょめ(1/12)
by 孫右衛門(1/11)
by 七ちょめ(1/8)
by 辰巳屋(1/8)
by 辰巳屋(1/8)
by 辰巳屋(1/8)
by 七ちょめ(1/7)
by 万訪(1/7)
by 孫右衛門(1/7)
by 七ちょめ(1/7)
by Kさん(1/7)
by 辰巳屋(1/7)
by 辰巳屋(1/7)
by 孫右衛門(1/6)
by (1/5)
by 孫右衛門(1/4)
by 孫右衛門(1/4)
by 七ちょめ(1/4)
by 万訪(1/4)
by 孫右衛門(1/4)
by 孫右衛門(1/4)
by 孫右衛門(1/4)
by Yasuko(1/2)
by Kさん(1/2)
by (1/2)
by 万訪(1/2)
by 万訪(1/2)
by 七ちょめ(1/2)
by 万訪(1/2)
by 万訪(1/2)
by 七ちょめ(1/1)
by 孫右衛門(1/1)
by 太泉八雲(1/1)
by 七ちょめ(1/1)
by Kさん(1/1)
by 万訪(1/1)
by Yasuko(12/31)
by (12/31)
by 孫右衛門(12/31)
by 七ちょめ(12/30)
by 七ちょめ(12/28)
by 万訪(12/28)
by Kさん(12/26)
by 孫右衛門(12/25)
by 万訪(12/25)
by 七ちょめ(12/25)
by Yasuko(12/25)
by 孫右衛門(12/24)
by 七ちょめ(12/24)
by 万訪(12/24)
by 七ちょめ(12/24)
by 万訪(12/24)
by 万訪(12/24)
by 万訪(12/24)
by 万訪(12/24)
by Yasuko(12/25)
by 七ちょめ(12/25)
by 辰巳屋(12/25)
by 万訪(12/24)
by 七ちょめ(12/24)
by 七ちょめ(12/24)
by 孫右衛門(12/24)
by Kさん(12/24)
by 辰巳屋(12/24)
by 七ちょめ(12/19)
by 太泉八雲(12/18)
by 万訪(12/18)
by 七ちょめ(12/18)
by 孫右衛門(12/15)
by 七ちょめ(12/13)
by 孫右衛門(12/9)
by 七ちょめ(12/9)
by 孫右衛門(12/8)
by 七ちょめ(12/8)
by 七ちょめ(12/7)
by 七ちょめ(12/6)
by 七ちょめ(12/5)
by Kさん(12/5)
by 七ちょめ(12/5)
by 七ちょめ(11/27)
by 万訪(11/27)
by 七ちょめ(11/27)
by 万訪(11/27)
by 七ちょめ(11/25)
by 孫右衛門(11/25)

1533: さて、どうなるか 七ちょめ 3月20日(日) 19:15
niftyの@homepageと言うサーバーが9月29日で閉鎖されることで、私のホームページのトップを下記URLに移しました。
http://matinami.o.oo7.jp/mati7/top.html です。

当分は両方を使用しますが、更新などは新しいURLだけになります。
古いサーバーに置いていた「旅籠宿に泊る」は全て新しいサーバーに移しましたが、「樹木の花」は古いサーバーのままリンクを替えただけです。
この樹木の花は継続するか閉鎖するかは、半年間で考えます。

なお、新着情報の個々のリンクについては一部不都合もありますが、変更しないでこのままにしようと思っています。

お手間を掛けますが、リンクの貼り直しをお願いいたします。でもサーバーが完全に無くなるまでは、今のままの掲載が続きます。
よろしくお願いいたします。

Kさん 3月20日(日) 19:50
私のホームページの七ちょめさんのリンクを新しいURLに変更しました。
また、辰巳屋さんのサイトをリンク集に加えさせていただきました。

七ちょめ 3月20日(日) 20:02
良く見るとまだまだです。いらかぐみのオフ会関係やリンク集は手つかずでした。
まあ、明日以降作業に入ります。

孫右衛門 3月20日(日) 20:55
七ちょめさんのリンクを修正しました。
Kさんと同じく辰巳屋さんのサイトもリンクしました。
それから、URANOさんのリンクを忘れていました。すみません。併せて作業しました。ご了承ください。

七ちょめ 3月20日(日) 21:19
太泉八雲さま、大変御手数をお掛け致しますが、リンク貼り替えの件
よろしくお願い致します。

「いらかぐみ」オフ会などの記載項目 6項目をUPしました。
下記URLより取り出してリンクの貼り替えをお願い致します。
http://matinami.o.oo7.jp/irakagumi/irakagumi-top.html

サーバー閉鎖で御手数をお掛け致し申し訳ありません。

太泉八雲 3月21日(月) 11:53
「いらかぐみ」の七ちょめさんのリンク(更新履歴含む)とオフ会のリンク修正完了しました。古いページ情報がキャッシュに残っていて、リンク切れが起きるかもしれませんが、その場合キャッシュを一度クリアしてください。
よろしくお願いします。

七ちょめ 3月21日(月) 15:32
太泉八雲さん
早速 いらかぐみ 関係のリンクを貼って頂いて有難うございます。

古いサーバーとは言え無くなるのは大変なことです。
御手数をお掛け致し申し訳ございませでした。


urano 3月21日(月) 18:59
七ちょめさん、トップページの移動おつかれさまでした。
孫右衛門さん、リンク集への追加ありがとうございます。私のサイトではリンク集を作成しておりませんので、恐縮です。
次回更新時に作成させていただきます。

また、昨年来ずっと抜けておりました「いらかぐみ」へのリンクを張らせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
em119-72-199-237.pool.e-mobile.ne.jp
1531: えらいこっちゃ 七ちょめ 3月17日(木) 13:31
今日、何気なくホームページを開設しているniftyを見ていると、私がホームページの最初の頭に使っているサーバーが無くなると出ています。
一番大事にして、他のサーバーからの誘惑にも打ち勝ってきたのに、簡単に無くすと云っています。それも今年の9月25日で!!  まあ半年はあるのですが。
他にレンタルサーバーは2社使っているのですが、選りによって一番頭にしているのを無くすと。
頭に使っているだけで、大きな容量の移動はしなくても良いのですが、折角稼いだURLの情報を無くすことになります。

当然皆様にもリンクの貼り替えをお願いすることになりますが、困ったことですし、迷惑なことです。

写真は昨日訪ねた、岡山県備前市西片上の町並です。

太泉八雲 3月17日(木) 20:01
七ちょめさん、大変な事になってしまいましたね。愛着があるサーバーだけにお気持ちをお察しします。
私もインターネット初期から長年使っていたプロバイダーのサーバーから容量の問題で2度ほど引越をして、なんとか今のサーバーに落ち着いています。
長年使っていた愛着のあるプロバイダーのドメインとの別れは、かなり悩みました。

サーチエンジンのロボットによるURL情報を少しでも回復するには、早い段階から新しいサーバーに引越を行い、旧ページから「新しいURL」へのリンクを張ることですね。

それもトップページからだけではなく、面倒でなければ全てのページに移転予告とリンクを張るのです。半年もあれば、もう以前とおなじレベルへのSEO対策になるかと思います。

それと、あとはご自身の独自ドメインを取得するという手もあります。
ドメイン代行会社にもよりますが「.com」なら年間900円台から1,200円台ほどです。「.jp」は高いですけど。

上の写真、福井県の今庄宿かと思いましたが備前片上でしたか。

urano 3月17日(木) 20:36
七ちょめさん、私も@niftyのhomepageサービスを利用しているので(町並みサイト以外で)、今回のサービス停止通告には本当に驚かされました。
もっとも、そのサイトは半ば放置してますし、昨年の個人情報流出問題でパスワードが強制変更されて以来、アップロードすることさえできなくなってしまったので、これを機に閉鎖しようと思っていますが、学生時代から運営していたサイトでもあるし、「もったいない」という思いもあります。

七ちょめさんはトップページや旅籠企画など、主要コンテンツを掲載されていらっしゃるので、移転も大変かと思います。

そもそも、サービス利用停止まで半年しか猶予がないというのは、利用者を軽視しているとしか思えませんよね。

七ちょめ 3月17日(木) 22:06
今まで何回もメインのサーバーからレンタルサーバーに、また別のレンタルサーバーにと移転していましたが、これからは??
今まで大した困難なことなくレンタルサーバー間を移していましたが、問題は加齢が問題です。
昨日までできたことが、今日はできない。??ばかりの問題となり、簡単にサーバ間の移動ができない状態になりました。
若い皆様には理解出来ないでしょうが、加齢とともに進行しています。腹が立つけど仕方ない問題です。

ドメインを取得するのも方法ですが、後この様なことを何年続けられるか、2年か3年かという状態で、ドメインどころの話じゃないのです。

でも、何とか移し替えたいですね。でないと皆様ともお付き合いできなくなります。

niftyのパスワード強制変更からどうも上手くパスワードが機能しないので、@homepageはパスワードが機能するのですが、@niftyはパスワードが違っているのか状態が見られません。
でもどうしてか、@niftyでページのUPは出来ていますが。

兎に角困ったことです。

孫右衛門 3月19日(土) 01:26
サーバーの廃止はいかんともしがたいですね。特に初期から存在したプロバイダー系のレンタルサーバーは生存率が低く、私も数年前に乗換えを余儀なくされました。それがパソコンの買い替えと重なって、随分苦労しました。
トップページの威力はかなりのもので、アクセス数に表れますね。私の場合、乗り換えてからアクセス数がめっきり減りました。もっとも最近はアクセス数など全く気にしなくなりましたが。
無事に移行を済まされることをお祈りしています。

七ちょめ 3月19日(土) 09:12
皆様からの激励の言葉有難うございます。
容量として一番多くを割いていた、「旅籠宿に泊る」の東日本編は@homepageから@niftyへ昨日半日かけて移し終えました。機能の落ちていく情けない自分の頭との闘いです。
未だ多く残るのは「旅籠宿に泊る」の西日本編と「樹木の花」で、まあ一日〜二日少々で移し終えると思いますが、その後のアクセスは極端に減少するでしょう。

私のトップページには容量は少ないですが多くの雑多なものがあります。
リンク集もありますが、皆様に関係しているものには、いらかぐみのオフ会関係の掲載があるのです。数えてみるとオフ会記録が4つとミニオフ会が3つあります。

私はどう見ても、皆様と一緒のオフ会などに参加できるのは、後数年いや後1〜2年かも知れないでしょう。今この機会に私が担当して、記載している項目を誰かに引き継いで貰えたらと願うのですが。

万訪 3月19日(土) 09:50
七ちょめさんご苦労お察しします。パソコン関係の移転絡みはホンマに面倒ですね。それもサーバ移転は大変だ。まぁ今やリンクが切れていても検索で簡単にたどり着けますので、見る側にはあまりストレスは発生しないでしょう。頑張ってください。

七ちょめ 3月19日(土) 11:31
自分のホームページで廃止サーバーに置いていたものは少ないので、まあ、厄介なだけで何とかなる目処が立ちました。弛んでいた頭の体操になりました。
新サーバーによる掲載は少しは先になりますが、作業は半分程度消化したと思います。

でも、いらかぐみ絡みの掲載は、私がページのURLを変更しただけでは済みません。また厄介なリンクを太泉八雲さんにして貰わないと掲載がダメになりますので申し訳ないです。

万訪さんのブログを見ると今は鹿児島市内のようで、この後与論島へ飛ばれるそうですね。
頑張って 頑張って のんびりも!!


Kさん 3月19日(土) 18:35
七ちょめさん、大変な目に遭いましたね。私が大半のページを置いていたインフォシークがサービスをやめたときのことを思い出しました。
トップページは関西電力系のeonetを使っていますが、同社は電力販売に乗り出すなど多角化を進めており、儲けの少なそうなホームページサービスなんかやめてしまわないか心配です。

59-190-22-144f1.osk2.eonet.ne.jp
1526: いらかぐみの皆様へ 辰巳屋 2月26日(金) 08:42
 いつも「いらかぐみ」の掲示板を見させていただき、大変興味深く、いろいろなご意見を楽しみにしています。
 私の生活が落ち着いたら「いらかぐみ」に参加したいと思っていました。
田舎暮らしにもなれ、やっと生活も落ち着き、「いらかぐみ」に参加したいのですが、どのようにすればよろしいのでしょうか。よろしくお願いします。

 画像は、先日行きました日南市油津(岩崎)の日南子旅館です。油津港は有名ですが、こちらは油津が栄えた頃の歓楽街があったところです。旭通り又は三間(三弦)通りと呼ばれていたようです。地元の人に伺うと火災の多いところで当時の建物はほとんど残っていないようです。日南子旅館は、昭和初期の建物のようです。

七ちょめ 2月26日(金) 10:21
辰巳屋さん 「いらかぐみ」に入会希望の意思表示有難うございます。
この件を公開している掲示板で検討する訳には行きませんので、会員同士がメールで意見を交わし合います。「いらかぐみ」に規約と云うものがありませんが、もう十数年続いている「いらかぐみ」ですので、それなりにルールらしきものもありますので、会員全員で相談して貴方の入会を検討いたしますので、暫くの間 お待ちください。

旅館の情報もありがとうございます。まだ、調べてないですので、この日南子旅館をしれべます。情報提供ありがとうございました。

七ちょめ 2月27日(土) 09:48
辰巳屋さん
公開されている貴方のホームページのメールアドレスの☆マークを@に置き換えても上手く配信されないようです。
どのような方法で最初に連絡するかを検討しましょう。
ご連絡をお待ちします。

辰巳屋 2月27日(土) 23:26
七ちょめさん

初歩的なミスで申し訳ありません。
メールアドレスの先頭は、「http://・・・」ではなく、「https://・・・」のようです。
先ほどといっても数時間前ですが、岸本さまからテストメールがありました。

辰巳屋 2月28日(日) 08:00
メールアドレスは、やはり当初のままで正しいと思います。
誠に申し訳ありませんが、再度お願いします。

七ちょめ 2月28日(日) 09:07
多分、辰巳屋さんに配信できたと思います。
Kさんから、メールの頭に http:// が付く筈がないとの指摘をうけて、
http://を取り去り送信すると送れたようです。

メールアドレスと云われていたものを、鵜呑みにして、送信していたのがいけなかった
ようです。

これで多分辰巳屋さんから返事が来るでしょう。待っております。

七ちょめ 3月13日(日) 16:41
忘れていたことを。

1 辰巳屋さんのホームページをいらかぐみトップページの会員紹介にリンクする件。
  太泉八雲さんよろしくお願いいたします。

2 辰巳屋さんはいらかぐみのロゴマークを辰巳屋さんのホームページの最初のページに入れ、
  いらかぐみのページにリンクを貼りつける。

以上、太泉八雲さん 辰巳屋さん よろしくお願い致します。

辰巳屋 3月15日(火) 21:14
七ちょめ様
いろいろとお気遣いいただきありがとうございます。
いよいよ「いらかぐみ」に参加する実感がわいてきそうです。
私のページのどこに貼り付ければよいのか迷ってしまいましたが、悩んだ末に貼り付けました。また、模様替えするかも知れませんが、よろしくお願いします。

現在、花粉症と風邪らしきものを併発し苦しんでいます。治った頃から投稿もさせていただこうと思っています。

太泉八雲 3月17日(木) 20:29
大変遅くなりまして申し訳ありません。
辰巳屋さんのサイトのリンク完了いたしました。

七ちょめ 3月17日(木) 20:39
太泉八雲さま、
お忙しい中、辰巳屋さんのリンク貼りをお願いして申し訳なく思います。
有難うございました。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1530: 長野県小谷村の真木集落 urano 3月16日(水) 00:29
以前、この掲示板で紹介させていただいた真木集落の訪問ツアーに参加してきました。
集落内に古民家は4棟、歴史的な土蔵が2棟。
ほかに簡易的な小屋がいくつか点在していました。

わずか4戸の小集落ですが、どの家も大きく立派で、たいへん見ごたえがありました。
この写真の手前の雪原は田んぼです。

urano 3月16日(水) 00:31
以前ご紹介した映画『アラヤシキの住人たち』の舞台である築90年の家。
屋号「アラヤシキ」の名の通り、集落ではいちばん新しい家だそうです。

urano 3月16日(水) 00:36
真木集落へは車道が通じておらず、徒歩でしかアクセスできません。往路は半分以上が登り坂で、2時間半ほどかかりました。この道、一応は村道とのことですが、なかなかハードな道のりでした。

urano 3月16日(水) 00:37
写真貼り忘れました。

万訪 3月16日(水) 04:21
いやぁ、いい集落ですね。お誘いいただいたのですが、予定が合わず残念でした。
道路の通じていない集落がいまの日本にもあるんですね。どういう経緯なんでしょうか。一旦無住になった後、新たな人が入って住み始めたとか。愛媛県にも定期船がなく電気も水道も通じていない島がありますが、ニッポンも奥が深いなぁ。雪のない時期は、自由にいけるのでしょうか。

七ちょめ 3月16日(水) 13:57
自動車が通れる道が無い集落が今でもあるのですか。ビックリです。
それ以上に冬でも生活されている方がいるのも驚きです。
でも、私は冬には訪ねたくありませんね。

昨日午後から今日(16日)にかけて、岡山県備前市西片上という、山陽道の宿場町を訪ね、そこにある、えびすや荒木旅館という宿に泊ってきました。

想像していた以上の旅館で、旧山陽道から見た外観はもう一つでしたが、歴史や建物内容は抜群のものでした。

urano 3月16日(水) 19:15
七ちょめさんも旅に出られていたのですね。
片上宿とは初めて聞きましたが、皆さんけっこう訪問されてらっしゃいますね。
さすが、いらかぐみです。

真木は昭和47年に無人になったあと、昭和51年からNPO法人が空き家を借り受けて共同生活を営むようになりました。
車道は、北の塩ノ久保から真木を通って白馬村青鬼へ抜ける道が計画されたようですが、いつも真木のところで崖崩れが起こり、真木の前後のみ未開通となっています。
本土では数少ない、有史以来一度も自動車が入ったことのない集落だと思います。
雪がなければ、道さえ迷わなければアクセスできます。

冬もNPO法人の方はけっこう往来しているようですが、積雪時には道路と斜面の区別がつきにくく、部外者は原則ガイド同伴での訪問に限っているそうです。

※写真は唯一切妻の家、屋号「オモヤ」

太泉八雲 3月16日(水) 21:41
URANOさんお疲れさまでした。
いや〜やっぱりすごい場所にありますたね。
ただでさえ雪の無いシーズンのトレッキング2時間でも辛いのに、雪中行軍2時間はやはり。。。行かなくてよかった(^_^;

新緑の季節、田植えの季節もよさそうですね。

万訪 3月17日(木) 08:36
クルマが入れない集落→変化しない
という万訪の第一法則がありますが、まさにそのことを証明してくれる集落ですね。小さな離島はその一種で、下栗大野地区も15年前までそうでした。他にもあるのでしょうか。

七ちょめ 3月17日(木) 08:54
太泉八雲さん。
お忙し中 申し訳ありませんが、辰巳屋さんのページを「いらかぐみ」の会員紹介欄にリンクする件よろしくお願いいたします。

urano 3月17日(木) 20:27
いま思ったのですが、壁や屋根を補修したトタンはどのように運んだんですかね。
人が担いで持ち込んだのか、それとも車道が通っていたことが一時的にあったのか・・・?
em117-55-68-147.emobile.ad.jp
1529: 大阪府羽曳野市駒ヶ谷 七ちょめ 3月 8日(火) 19:45
日本最初の官道の竹内街道の駒ヶ谷集落です。今日8日に訪ねました。
奈良県の当麻寺近くの竹内集落の竹内街道は有名ですが、竹内峠を越えた大阪府太子町もそこそこ古い町並として知られています。この駒ヶ谷集落はそれに続く町並です。
近鉄電車の駒ヶ谷駅のホン近くで、写真は旧竹内街道に沿った町並です。
チョーヤの梅酒の出身地で駅前に本社建物がありました。

Kさん 3月 9日(水) 07:31
こうした近場の探訪・投稿は珍しいですね。私もだいぶ前に駒ケ谷へ行き、一日スケッチして過ごしたなあと思い、調べてみたらもう10年も前でした。先日、ストリートビューで私が最初に描いたこの場所を見ると、すっかり様子が変わっていました。

目新しい場所はないかと、七ちょめさんのサイトを見ていたら、岸和田市の山の中に廃業した酒蔵のある町並みがあるのを知りました。チャンスがあれば行ってみようと思いますが、大阪府南部はけっこう遠く感じます。


七ちょめ 3月 9日(水) 10:28
先日から、大阪南部で古い旅館を探していて、偶然見つけたのです。
まあ、56〜57年前になりますか、チョーヤの梅酒とはまだ言わなかったとき、当時は確か
蝶矢酒造か蝶矢○○と云っていたと思います。覚えているのはブドウ酒を製造されていました。
今でもこの駒ヶ谷辺りには多くの葡萄畑がありました。

ブドウ酒のガラス瓶を造る話から、私が営業でこの会社に何回も通ったことありましたので。
名前と大体の場所は覚えていたのです。

旧竹内街道に沿った駒ヶ谷集落は、古い町並に掲載しようと思っています。


Yasuko 3月 9日(水) 10:58
どこかなと、グーグルで見てみましたら、近鉄沿線ですね。駅前からは想像もつかないところですね。まだまだ大阪近郊ありあすね。先日歩いた畝傍がその先にあったので親近感が湧きます。

七ちょめ 3月 9日(水) 14:30
「ん??」近鉄電車??と良く調べると南海電車でなく、近鉄電車でした。
この辺りは近鉄と南海がややこしく走っていますので、つい間違いました。
近鉄電車でしたね。間違っていて申し訳ありません。

Kさん 3月12日(土) 18:34
七ちょめさんがブログで取り上げておられる「持送りのある水切り瓦」のある風景は、確かにほかの地域では見たことがなく、珍しいですね。
同じ場所でスケッチしましたが、右手前のガレージに目つきの鋭い犬がいて、おっかなびっくりでした。

Kさん 3月12日(土) 19:14
交野市私市に似たような構造物を付けた家がありますが、はやりちょっと違います。

七ちょめ 3月13日(日) 08:23
水切りですが、白漆喰の持ち送りがある水切りは、大阪府太子町のものは割に知られていますが、そこから続く駒ヶ谷にもありました。
Kさんと同じ位置からの写真を投稿します。

スケッチはスケッチの良さがあり、写真は写真でまた見る観点が違い、どちらも良いものですね。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1527: オフ会の日程 七ちょめ 2月28日(日) 09:47
万訪さんから、オフ会の日時をとの指摘がありましたので検討しましょう。
と云っても、今までの経過から、6月4日〜5日、6月11日〜12日しか残っていません。

5月中は「伊勢志摩サミット」とKさんの個展でだめで、他にKさんがなるだけなら4日〜5日との希望を出されています。

私はどちらでも良いのですが、やはり梅雨入りを考えてなるだけ早くに開催した方が良いと思います。 依って6月4日〜5日が希望です。

皆様の御都合を表明下さい。

写真はこの間訪ねた兵庫県朝来市新井の町並です。チョットピンボケが気に入りません。

七ちょめ 2月28日(日) 13:14
上にあげておこう。

万訪 2月28日(日) 19:20
6/4、5イイですね、第一希望。11、12も大丈夫です。
今、熊本空港から戻りました。山口県六連島、小倉、熊本県湯島、菊陽町鉄砲小路を歩きました。鉄砲小路は辰巳屋さんからの情報です。長い生垣すごいですね。島では、六連島が星3つとよかったです。湯島は星2かな。宇土三角間からの有明海の風景がよかった。

孫右衛門 2月28日(日) 19:28
そろそろオフ会の日程と場所は詰める時期ですね。私はあの時期は特に不都合な週はありません。
それにしても万訪さんの熊本をベースにしながら山口県を訪ねるというのは、かなり変った行程ですね。

七ちょめ 2月28日(日) 20:03
菊陽町の鉄砲小路の生垣は見事ですね。
ネットで調べると、細川藩の武家屋敷で鉄砲組が住んでいた所の様ですね。
祝日の日の丸掲揚は見事の様ですね。

Kさん 2月28日(日) 20:55
前回話し合ったときに、6月4,5日は、見通しが立たない太泉さんを除き、皆さんおKだったと思います。とりあえず日にちはそこへ決めませんか。
個人的なことを言えば11日には会合があります。もしそちらになれば欠席します。

Yasuko 2月28日(日) 23:46
私は、何時に入れてくださっても結構です。皆様のご都合の良いようにされてください。


七ちょめ 2月29日(月) 08:04
前に話あって6月4日〜5日と大体決めていたのですが、改めてもう一度、開催日を持ち出すと、Kさんに叱られましたね。失礼しました。
異存が無ければ、6月4日〜5日と決定しましょう。

そして開催場所ですが、伊勢市の山田館までは大体の話になっていましたが、私は木造の3階建ての本館での宿泊を考えていました。 でも山田館には本館の裏で外宮と伊勢駅を結ぶ大きな道に沿って鉄筋コンクリートの別館もあるのです。こちらはバストイレ付き。
どちらにしましょうか。
古い木造の本館か?? 新しい鉄筋コンクリートの別館にするか??

私は木造の本館を希望しますが、これも皆さんの希望を表明して下さい。賛否の多い方で決めるか、懇親会は一緒でも寝る所は別館希望者と本館希望者を別々にするのも一つの方法です。

山田館のホームページです。
http://www.ise.ne.jp/yamadakan/



Kさん 2月29日(月) 09:56
最近の七ちょめさんの行動の趣旨に配慮して、「3階建て本館の、できれば表通りに面した部屋」に1票を投じます。

叱ってはいませんよ。ごめんなさい。

Yasuko 2月29日(月) 10:07
木造3階に泊まってみたいです。部屋は一人にすれば高くなると思いますので広い部屋で雑魚寝なら皆さんとご一緒で構いません。いつのオフ会も夜遅くなって本当に寝るだけなのが常でしたのでお気遣いされなくっていいですので。

七ちょめ 2月29日(月) 13:23
山田館の本館(木造3階建て)の3室を仮押さえしました。
人数は辰巳屋さんも含んで、男7名、女1名の合計8名です。一部屋は小さくても良いと伝えました。
本館には部屋にバス・トイレは付いていません。別館はバストイレ付きです。
本館と別館に分かれて泊ることもできます。
別館は本館より1000円から2000円程度高くなり、本館は2食付き11000円程度、別館は13000円程度です。
仮押さえで、時期も早いので簡単に、やーめたとも言えます。

この山田館を楽天トラベルでみると、5月中は満室かどうか判りませんが、予約を受け付けていないです。なんででしょうね。

Yasuko 2月29日(月) 15:06
お世話になります、木造三階建てがいいのでバストイレなしでもかまいません。
値段も11000円程度とはいいですね。予約ができたら一応一安心ですね。

ところで交通は大阪からは近鉄がやはり一番やすい早いですか。


七ちょめ 2月29日(月) 16:25
岡山からなら普通列車で姫路まで、そこから新快速で大阪までと言う方法もあります。
大阪上本町から近鉄の急行で伊勢市まで、約2時間5分程度(直通です)只この急行は一時間に一本しかありません。特急は1300円の料金が余分にかかりますが、本数が多く、時間も少し早く(約15分程度)着きます。

私は昼食を自宅で食べてから、何処にも寄らずに近鉄の急行で伊勢市まで行き、山田館に午後4時前に着いたらと思っています。

担当幹事でありながら、以前のように皆さまを車に乗せて前日と翌日に開催地域辺りを廻るのは高齢につき辞めておきます。ご理解下さい。


Kさん 2月29日(月) 21:05
七ちょめさん、宿予約、お手数をおかけしました。私は車で朝早く出発して、どこかでスケッチしてから宿に入るつもりですが、さあどこで描くか。皆さんのサイトを参考にして、スケッチ場所を絞り込みます。

七ちょめ 2月29日(月) 22:17
辰巳屋さんもご参加願えるものとして、仮予約しました。
ご参加願えるでしょか。

辰巳屋 2月29日(月) 23:32
 いらかぐみの皆さん、辰巳屋の参加を受け入れていただき誠にありがとうございます。
 今度のオフ会に参加させてください。
 木造3階建て旅館とはさらに楽しくなりそうですね。
 日程は、6月の第1週、第2週のどちらも都合は良いです。
 よろしくお願いします。

孫右衛門 2月29日(月) 23:54
辰巳屋さんもオフ会に参加される。昨年から連続して新規メンバー加入ということにもなりますし、嬉しいですね。

何だか宿は私が余り意見しないうちにいつの間にか決まった感がありますが、全く問題ありません。骨格はほぼ固まりましたね。

万訪 3月 1日(火) 00:33
七ちょめさん、宿の予約ありがとうございます。辰巳屋さん、よろしくお願いします。
楽しいオフ会になりそうですね!

七ちょめ 3月 1日(火) 08:58
未だ、意見を表明されてない方も居られますので、本当の予約は少し延します。
山田館の木造の本館と鉄筋コンクリートの別館の件も、多くの方が木造の本館とのご意見と受け取っておきます。

urano 3月 1日(火) 18:41
七ちょめさん、宿の仮予約ありがとうございます。
私も木造の本館を希望します。

万訪 3月 2日(水) 08:32
私ももちろん本館がイイです。

太泉八雲 3月 2日(水) 20:38
ご連絡が遅れ申し訳ありません。
七ちょめさん幹事役お疲れさまです。

山田館の木造本館でぜひお願いします。今回は辰巳屋さんともお会いできるという事で、是が非でも参加したいと思います。
ただ、仕事柄まだ直前にならないとわかりません。毎度の事ながらとんぼ帰りになる可能性が大きいかもしれません。距離的には近い方なので出来るだけ参加するつもりでいます。
宜しくお願いします。

ちなみに、東京組はどのような旅程でしょうか?

七ちょめ 3月 2日(水) 20:50
長いラリーが続きました。これで骨子は決まったようです。
皆様にメールでお知らせします。詳細についてはもっと近づいてから打ち合わせしましょう。
皆さま前後の旅程や行動を考えておいてください。

万訪 3月 3日(木) 21:35
七ちょめさん、幹事役ありがとうございます。

太泉さんより、東京組の旅程が訪ねられました。もし、東京組がみんなで車でもイイとなれば、マイカー投入イイですよ。前日の夜中初でも構いません。

個人的には、鳥羽諸島の菅島に渡るつもりです。

野村

太泉八雲 3月 7日(月) 21:08
万訪さんありがとうございます。

名古屋・三重エリアは距離的にも微妙な地域で、伊勢ともなればアクセスする手段は。

@新幹線&在来線・近鉄(鉄道の旅)

A池袋から高速バスで一本。

B車で自走。

浦野さんのスケジュールと合えば、3人でワイワイ(寝てる可能性も...orz)道中楽しく伊勢入りというのが良いですね。ただ、あとは私のスケジュールですね。

95.36.232.153.ap.dti.ne.jp
1528: 井波の町並 七ちょめ 3月 4日(金) 19:04
3月3日〜4日にかけて富山県南砺市の井波 瑞泉寺前の町並を訪ねました。
目的は瑞泉寺前の旅館 東山荘に泊るのが目的でしたが、夜外に出ると井波の夜の町並が見られました。夜の町並も良いものと思いました。
井波の町並は殆ど変化なく安堵しました。雪が所々に残っていましたが、結構暖かかったです。
他に金沢市近郊の野々市も訪ねました。
行に金沢で約1時間、帰りに金沢で2時間の時間とり(野々市を含んで約4時間)ゆっくりした旅になりました。自宅に帰り着いたのも午後5時過ぎでした。

七ちょめ 3月 5日(土) 09:40
泊った東山荘の夕景です。ガッシリとした、昭和初期の建物でしたが殆ど痛んでいませんでした。創業は元禄時代とのことです。

Kさん 3月 5日(土) 11:57
夜の井波の町並みはいかにも寒そうに見えますが、暖かな日でよかったですね。一昨日からまるで春の気温ですね。一昨日は奈良の今井町でスケッチ会でしたが、日向でも日陰でも描け、最高の気分でした。



万訪 3月 5日(土) 12:18
6/3? 3/3ですね。順調なペースで古今東西の旅館探訪されていますね。何処も天気がイイようにお見受けします。七ちょめさんは晴れ男?私は雨男ですが、、、
夜の町並みもイイものですよね。昼とは違った印象になります。ゆったりした旅で帰宅も早い。大人の旅ですね。


七ちょめ 3月 5日(土) 12:59
6月3日?? オフ会の日時と混乱していますね。訂正しました。

それから雨の件ですが、私は自分で晴れ男と思っていますが、雨男の強い方と一緒だと、時々は負けますね。 自分では晴れ男と思っていますが、どう云う訳か雪には弱いです。

泊った東山荘の女将から室内の電話で 「お風呂大丈夫」 と云われました。
「まあ、お風呂の準備ができたので入ってください」と言う意味だろと風呂に入りましたが、
年配の女将に云われてびっくりしました。



孫右衛門 3月 6日(日) 21:26
井波を最初に訪ねたのは町並探訪を本格的に始める前、1999年の年明け早々でした。この時期になぜここを訪ねる気になったのかはよくわかりませんが多分「小さな町小さな旅」という小冊子で見て興味を持ったことからでしょう。あれから1度再訪していますが、厳かな門前町ですね。
少なくともオフ会では七ちょめさんの晴男ぶりが発揮されているようですね。悪い予報のときも少なくなかったはずですが、会期中に前後に降ったことはありますが、メインの時間帯に雨で困ったというのはほとんど記憶にありませんので。
私の個人的探訪でも比較的天候には恵まれることが多いので、私も少しは貢献しているのかも知れませんが。
p535129-ipngn200506niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1525: 冬の信越紀行 urano 2月22日(月) 20:00
雪景色を見たくて、2年前から積み残していた信越旅行をしてきました。
新潟の雁木の町並みは夜行日帰り、長野北部の集落・町並みはJR東日本の週末パスを利用。

訪問地区は以下のとおりです。
新潟県・・・糸魚川、直江津、高田、摂田屋、長岡、栃尾、見附
長野県・・・飯山、栄村大久保、栄村小赤沢、松代、戸隠中社・宝光社、小布施、湯田中・渋

新潟ではまあまあの雪景色を見られましたが、長野は予報に反していい天気で、道路も乾いていました。

写真は栃尾の雁木。坂道にあるので、雁木が1軒ずつ段になっているのが面白かったです。

urano 2月22日(月) 20:08
長岡の雁木。
空襲後、道は拡幅されましたが、そこに建った復興初期の家は、昔ながらの木造切妻の2階家だったのでしょう。
全体的にビルが進出しながらも、3〜4軒がまとまった家並みが断続的に見られました。

七ちょめ 2月22日(月) 20:18
栃尾の滝の下町辺りの坂道の雁木。やはり雪の降っている景色が一番似合いますね。
中々このような景色には出逢えないものです。良かったですね。
雪の無いときもこの町並光景が一番よい所ですが、雪がある上に雪が降っている、最高の撮影条件 良かった 良かった。

urano 2月22日(月) 20:24
七ちょめさん、ありがとうございます。
本当はもう少し雪が積もっていたほうが雰囲気が出るのですが、散策中に降雪してくれたのでよかったです。

この写真は長野篇で訪れた飯山の雁木の町並みです。
万訪さんのサイトで拝見し、ストリートビューで残存状況を確認のうえ、行程に加えました。
飯山市では寺町の仏壇通りに新たに雁木をつくり、景観の目玉にしていますが、むしろこうした昔ながらの町並みの保全に力を入れてもらいものです。

この写真の右の家は旅館です。
女将さんに伺ったところ創業・建築ともに明治とのことでした。
(帰宅後に検索したら公式HPがありました)

urano 2月22日(月) 20:32
栄村の大久保集落。
今回、栄村では、小赤沢(秋山郷)と大久保の2カ所に行きました。
小赤沢はそこそこ規模があって、旅館も建ち並んでいました。
対照的に素朴な景観が見られたのが大久保で、小ぶりな寄棟農家が点在していました。
ちなみに秋山郷は長野側より新潟側(津南町)に古い景観が残っているそうです。雪解けしたらまた行ってみようと思います。

urano 2月22日(月) 20:40
七ちょめさんへ、もうひとつ古い旅館情報です。
新潟県津南町にあります。
今回の旅で、直前まで宿泊を検討したものの、行程の都合により結局は泊まりませんでした。
観光案内所に聞いても創業年・建築年は不明。
外観を見る限り極端に古くはなさそうですが、玄関や妻壁の化粧梁がいい感じだったのでご報告させていただきました。

万訪 2月22日(月) 22:43
uranoさん、雪国の雁木の町並み、実現しましたね。北越雪譜という感じ出てます!積雪はないけどいい写真ばかりじゃないですか。栄町大久保は秋山郷ではなく西のエリアですね。雪見に行きたくなりました。

孫右衛門 2月23日(火) 00:28
積雪期の雁木の町並は風情抜群ですね。私が栃尾を訪ねたのはGW時期でしたので。最近はジャンボ油揚げで知られるところとなっていますが、この雁木は新潟県内でもトップクラスと思います。これだけで重伝建になっても私は違和感を覚えません。
黒石を訪ねたときは冬場でしたので、こみせが威力を発揮していました。数ある町並探訪の中でも印象に残る光景の一つとなっています。
それにしても豪雪で名高い飯山の雪が少ないですね。やはり今年は寒気が弱いのでしょうか。

七ちょめ 2月23日(火) 09:32
uranoさん 古い旅館情報ありがとうございました。
早速調べました。飯山館は私の対象とする旅館でしたが、伊勢屋旅館さんはチョット対象からはずれているようでした。創業は昭和の初め位で建物は昭和40年頃に建てられたようです。

雪国はやはり雪のある時期に訪ねるのが風情ありますね。でもこれは雪のない所に住んでいる人の感覚で、雪国の方は雪が無くなってやれやれと思われているでしょうね。

urano 2月23日(火) 19:36
七ちょめさん、津南の旅館は昭和40年代の建物なんですか。だいぶ新しいですね。
飯山の旅館もネット情報によると、平成に入ってから改装されたようですが、少しだけ覗き見た土間は雰囲気がよかったです。

孫右衛門さん、栃尾の油揚げは居酒屋のメニューにもあるくらいで知名度も伸びていますが、そこに古い町並みがあることはほとんど知られていない印象です。
今シーズンの雪について、高田で聞いた話では「いつもの3分の1くらい」、栄村では「すでに4月の景色のようだ」とのことでした。

万訪さん、北越雪譜では「雪を鑑賞するのは暖国の発想」としきりに苦言を呈していますが、そんな同書を読んで「雪の秋山郷を見たい」という思いを抑えられませんでした。鈴木牧之に怒られますね。

本当はあと1回、新潟県へ雪の雁木を見に行きたいと思っています。
ここまで来たら降雪予報に関係なく、リストアップした地区を3月中にコンプリートしてしまおうかと思案中です。
em119-72-195-85.pool.e-mobile.ne.jp
1524: 沖縄はトップシーズン 万訪 2月20日(土) 16:08
仕事で那覇にきています。2月のこの時期、沖縄はトップシーズン。プロ野球キャンプ、中国からの旅行者、国内の旅行者で超混み。ですが、中村家住宅はひっそりしてました。

万訪 2月20日(土) 16:09
座喜味城跡。なんで沖縄の城郭の石垣って曲線なのかわかりますか。

万訪 2月20日(土) 16:10
沖縄の桜。遅いそうです。

七ちょめ 2月20日(土) 16:39
北中城村大城の中村家、巨大な屋敷にどのように建っているのかも判らはい程複雑に絡み合った建物群。
見事としか言いようが無い家屋。
流石に重文と思います。
でも、近くには町並が無い、この中村家だけというのもチョット寂しいですね。

丸く加工された石は多分柔らかく加工し易いから?? 違うかな!!

万訪 2月20日(土) 17:54
この画像のように平面的になぜ曲線なのか。日本の城郭は直線ですが。
これは攻めてくる敵を向かい打つのに良いということだそうです。石垣の上から敵の横や後ろ側に回り込める。

万訪 2月21日(日) 18:35
仕事で訪れている那覇。昨夜は夜の街を歩きました。桜坂周辺が再開発で変貌していること、栄町社市場のアーケード街が飲み屋スポットで賑わっていることに驚きました。ここ一二年の現象だと思います。

万訪 2月21日(日) 18:38
今日は往復5時間弱をかけて、粟国島へ行ってきました。昨日結構するほど海が荒れていて、辛かったぁ。
uranoさんご指摘のように沖縄戦で米軍が上陸した島ですので、古い建物は残っていません。しかし戦後のRC造とフクギが見事でした。

万訪 2月21日(日) 18:39
戦後復興の町並みといえます。

孫右衛門 2月21日(日) 21:00
中村家が残っているのは奇跡といえるでしょうね。周囲にそんな雰囲気が無く、いきなり伝統的な民家が現れる。
仕事がらみとはいえ、ちょっとついでに沖縄各地を訪ねてくるといった感じで訪ねられるのは本当に羨ましい限りです。私など行くこと自体も年何度かない3日以上の休みのなかから振り向けなくてはなりません。
本島周辺の伊是名島と渡名喜島は次回の機会に組み込もうと考えていますが、いつになるやらです。

urano 2月22日(月) 07:34
先週のミニオフ会でうかがった粟国島、戦後の景観とはいえ屋敷林の残るいい集落ですね。
家をすっぽりと包み込む緑がいいです。
フェリーの時刻表を見ましたが、ここは日帰り可能なのですね。
こんど沖縄に行く機会があれば渡ってみたいです。

那覇の路地裏、赤提灯の写真もいいですね。

万訪 2月22日(月) 08:28
中村家は武士の家柄ではなく、農民が特別なコネで武士クラスの家を建てちゃったものだそうです。だから周りから浮いているそうな。
仕事での沖縄出張はこれで当分ありません。今まで恵まれていました。孫さん、伊平屋、伊是名に以前渡れなかったんでしたっけ。uranoさん、粟国は日帰りしましたが、やはり島はたっぷり時間とったほうがいいです。せっかく行ってもったいなかった。集落ばかりではなく周辺の環境みるのも大事ですね。
pw126152224162.10.panda-world.ne.jp
1523: 今度泊る旅館 七ちょめ 2月15日(月) 16:03
旅籠宿に泊るで今度この旅館に泊ろうと予約しました。
正面から見ると近代的な旅館です。
兵庫県姫路市にある塩田温泉の上山旅館です。
正面のビルの左側の木造建物の奥に屋根の棟と妻が少し見えている建物があります。
この建物が目的の建物で見晴館と言う建物です。明治7年創業時に建てられたものと云われています。

只何時も撮っている、正面の夕景写真をどうしようかと思案。普通にこの場所から撮っては旅籠宿にはなりませんので。

Kさん 2月15日(月) 20:45
塩田温泉って知らなかったけど、行きやい場所なんですね。創業300年とか、いい旅になりますように。

七ちょめ 2月15日(月) 21:27
この塩田温泉は学校を卒業して直ぐから、一度は尋ねないと思ってました。
昭和40年頃には4軒ほどありましたが、今では2軒になってしまいました。
温泉がみつかったのは300年程前ですが、初めは湯治場でしたが、この旅館が創業したのは明治政府が後押しして、全国の温泉地の開発に力を入れた時からになりなす。


七ちょめ 2月18日(木) 14:54
塩田温泉上山旅館に泊ってきました。泊った棟の見晴館は何処からも撮れない位置に建っていましたので、仕方なくその次に古い大正期建築の東館と本館の一部です。
今度は自動車で訪ねましたので、町並も少し訪ねました。
朝来市新井、神河町中村、神河町寺前、加西市横尾の4ヶ所ですが、最後に訪ねた加西市横尾が大変良かったです。旧西国街道横尾宿の町並が残っていました。次いで良かったのは朝来市新井で、神河町中村と神河町寺前はどうにか掲載はしようと思っていますが、今一つでした。


七ちょめ 2月19日(金) 09:31
写真は兵庫県加西市横尾、旧西国街道沿いの横尾宿の町並です。
塩田温泉上山旅館を朝9時頃出発しましたが、このまま帰れば10時半には家に帰り着いてしまう。余りに早すぎるので、何かブログネタでもと思い、加西市の五百羅漢を立ち寄った。
五百羅漢は二度目だし、まあ、写真を撮った程度だったが、そこで貰った案内に近くに横尾の町並があった。ダメモトと思って訪ねたが、結構良かったです。私の町並指数で50を付けようと思いました。画像がチョット ピンボケ様になっているのが気に入らない。
結局いろんなカメラを試すが(高齢になり重い一眼レフが負担に??、いや大きいのが邪魔に??)やっぱり全ての場面で万能に使用できる、ソニーα65にズーム範囲の小さいツアイスレンズをつけたものが万能のようだ。1kgの重さに耐えなければ思うように撮れないようだ。

孫右衛門 2月20日(土) 00:27
良い町並ですね。ただ2つだけ質問させてください。
この加西市横尾の町並は、北条町に隣接する地区のようで、どうも見覚えがありますので、私の写真を確認しましたが、どうも確証が取れません。北条町と同じ道筋にあるのでしょうか。
また、ここでいう西国街道とは旧山陽道とはまた別の街道の呼び名なのでしょうね。

七ちょめ 2月20日(土) 09:42
場所はこの位置です。孫右衛門さんが北條を訪ねられた時に行かれている場所かもしれません。http://www.mapion.co.jp/m2/34.933089586048055,134.83810184509144,16
ただ、私は加西市北条町北條しか訪ねていないので、新鮮に感じたのでしょう。
北条町北條の隣が北条町栗田そしてその隣が北条町横尾になります。

旧西国街道と安易に書きましたが、入手したパンフレットの一つを見て安易に西国街道と書きましたが、実際は横尾街道とか丹波街道とか言われていたようです。
考えもしないでパンフレットの一部を見て安易に書いたことをお許しください。
でも町並は加西市教育委員会が広報活動に力を入れている地域で大変良かったです。

七ちょめ 2月20日(土) 10:58
孫右衛門さんが関心を示されたので、急いで横尾の町並の画像のみをUPしました。
http://matinami.o.oo7.jp/kinki2/kasai-houjyou-yokoo.html
どうでしょうか、訪ねて居られるでしょうか。

七ちょめ 2月20日(土) 15:56
今日、横尾の町並をUPしましたが、やはりピントの悪いのは否めません。電線などはボケてしまっています。状態はカメラブレの様な感じですが、カメラブレするようなシャッター速度じゃないのですが。

孫右衛門 2月20日(土) 22:40
七ちょめさんの掲載された写真を見ましたが、ここは歩いていました。「高井家」として載せられている旧宅付近を私のページの1枚目に載せていました。
ここの町並が強く印象に残っているのは、歴史散歩の本で「駅前から古い町並を通り・・」といったくだりがあって、それだけを頼りに訪ねて探り当てたからです。その後、「日本の町並み」に載りました。
兵庫県では似たような町並に篠山の福住があります。こちらも地名辞典の文だけが頼りでしたが、それが重伝建にまでなったのだから驚きです。


七ちょめ 2月21日(日) 09:08
孫右衛門さんは訪ねて居られましたか。
この高井家と斜め前の水田家の2軒が登録有形文化財に指定されていて、水田家が公開されています。
高井家と水田家辺りから東200m程に町並があります。即ち高井家と水田家が町並の端になっています。

M014010098160.v4.enabler.ne.jp