309932
2019-7

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031




最新のコメント
by 孫右衛門(7/16)
by 孫右衛門(7/16)
by 太泉八雲(7/16)
by Yasuko(7/16)
by 孫右衛門(7/15)
by 孫右衛門(7/15)
by 七ちょめ(7/15)
by Yasuko(7/15)
by 孫右衛門(7/15)
by 孫右衛門(7/15)
by 万訪(7/15)
by 孫右衛門(7/14)
by 七ちょめ(7/14)
by 辰巳屋(7/14)
by 七ちょめ(7/14)
by 太泉八雲(7/14)
by 七ちょめ(7/13)
by 万訪(7/12)
by 七ちょめ(7/11)
by 七ちょめ(7/10)
by 七ちょめ(7/10)
by 孫右衛門(7/9)
by 孫右衛門(7/7)
by Kさん(7/7)
by 万訪(7/7)
by 孫右衛門(7/6)
by 七ちょめ(7/5)
by 七ちょめ(7/4)
by Kさん(7/4)
by (7/3)
by 七ちょめ(6/25)
by 万訪(6/25)
by 七ちょめ(6/25)
by 万訪(6/24)
by 七ちょめ(6/23)
by 孫右衛門(6/23)
by 七ちょめ(6/23)
by 万訪(6/23)
by 七ちょめ(6/23)
by Kさん(6/23)
by 孫右衛門(6/22)
by 七ちょめ(6/22)
by 孫右衛門(6/22)
by 七ちょめ(6/22)
by 七ちょめ(6/20)
by 孫右衛門(6/20)
by 七ちょめ(6/19)
by Kさん(7/2)
by 万訪(6/30)
by 七ちょめ(6/29)
by Kさん(6/29)
by 七ちょめ(6/22)
by nomnom(6/20)
by 七ちょめ(6/18)
by 孫右衛門(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/17)
by 孫右衛門(6/17)
by Kさん(6/17)
by 七ちょめ(6/16)
by 孫右衛門(6/16)
by 孫右衛門(6/16)
by 七ちょめ(6/16)
by 孫右衛門(6/16)
by 七ちょめ(6/16)
by 孫右衛門(6/16)
by 孫右衛門(6/15)
by 七ちょめ(6/15)
by 太泉八雲(6/15)
by 七ちょめ(6/13)
by 七ちょめ(6/13)
by 孫右衛門(6/13)
by 太泉八雲(6/13)
by 七ちょめ(6/8)
by 七ちょめ(6/8)
by 万訪(6/8)
by 七ちょめ(6/8)
by 孫右衛門(6/8)
by Kさん(6/8)
by 孫右衛門(6/13)
by 辰巳屋(6/13)
by 辰巳屋(6/13)
by 辰巳屋(6/13)
by 七ちょめ(6/7)
by Yasuko(6/7)
by 七ちょめ(6/7)
by 太泉八雲(6/6)
by 七ちょめ(6/6)
by 辰巳屋(6/6)
by 孫右衛門(6/5)
by 万訪(6/5)
by Kさん(6/5)
by 七ちょめ(6/5)
by 孫右衛門(6/4)

Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie


1899: 古い旅館に泊る西播磨・東備の探訪 孫右衛門 7月15日(月) 11:00
一昨日・昨日と探訪を行いました。新規に訪ねる町は少ない地区で、古い旅館に泊ることで踏ん切りが付いたようなものですが、期待以上の収穫もありました。初日は兵庫県播磨地方西部の山崎(再)作用町の平福宿を再訪した後佐用町の中心部、上郡町、赤穂市有年、赤穂市尾崎、岡山県南東部の日生町(再)を訪ね、翌日に和気町、佐伯町を新規探訪しました。
その中で上郡と和気には規模はそれほどではないですがなかなか濃厚な町並風景が残っていました。これらは辰巳屋さんから情報を得ていましたが、何の気なしに寄った佐伯町は全く想定外の収穫でした。
日帰り圏であることと再訪半分であることで、余分な力が入らずほとんど調べずに出発したことで収穫が大きくなったとも言えそうです。
これは上郡町。

孫右衛門 7月15日(月) 11:08
佐伯の町並です

孫右衛門 7月15日(月) 11:22
備前市にある「ゑびすや荒木旅館」は七ちょめさんの情報で泊ることにしました。
詳しくは七ちょめさんのところで紹介されていますのでここでは私の感想だけを書きますが、建物だけでもかなり見応えのあるもので、深くて重い歴史を感じることができました。現代の客に対応するための改装もされていますが、驚くような古い設備や意匠があちこちに見られます。
宿の方も丁寧に開設してもらえるので、大変実入りの多い宿泊になりました。
推奨するかは別にして、オフ会向きの宿とも思いました。
増改築や別棟などが多く複雑な建て方になっており、とても一つの写真で全体像は表せませんが、複数の棟や土蔵に囲まれた中庭の画像を載せておきます。

Yasuko 7月15日(月) 15:29
岡山県に来られていたのですね。つい最近矢田部六人衆の碑を写しに行って、佐伯町にも寄りました。古い町並みがあるなんて思いもしなかったです。改めて見直したいと思います。意外と近くには弱いものです。以前万訪さんから、岡山市のロータリーが円形になっていると教えていただいて、いつも通っていると何も思わないし、考えていないという事を、気づかせていただきました。

今年はオフ会行けなかったので、またミニオフ会でも企画お願いいたします。
どこか出かけたくて・・・・・

幸い、うちの96歳と90歳、前立腺ガンは放射線治療に20日通ったら、値がよくなり落ち着いています。あのころはもうだめかと思っていましたが、日常が戻ってきています。でも歩くスピードは超遅くなり、距離を歩くところは、たいぎそうなので、私が食料品の買い出ししていますが寝込まれるよりましだと、せっせと御用聞きをしています。

七ちょめ 7月15日(月) 15:58
中国地方の山陽側も山陰側も、江戸期の北前船交易の恩恵と養蚕やたたら製鉄の恩恵を十分に受けましたので、古い町並みは探せば幾らでもあるという感じですね。

「えびすや荒木旅館」は表の面構えに反して、古い格式ある旅館だったでしょう。名前の「えびすや」について説明してもらったのですが、もう一つ理解出来ませんでしたが、どうも発祥の地が今の旅館の位置より少し西にある「えべっさん」との関りがあるそうです。

写真は先日訪ねた群馬県藤岡市鬼石の町並みです。万訪さんの情報で訪ねました。

孫右衛門 7月15日(月) 20:30
Yasukoさんのご家庭事情は少し落着かれていますか。
ミニオフ会の検討をしてみましょうか。辰巳屋さんを含めて実行したいものですね。秋のなるべく早い時期までを目標に考えて見ましょう。例年晩秋に向うと私が多忙になってきますし。

荒木旅館では大女将からかなり古い時代まで遡って宿の歴史が聞けました。貴重な存在と思いますし、多くの人に見て知ってもらうべきですね。
女将さんは一生懸命になって何とか宿の活性化を模索されている様子です。風呂場も備前焼をモチーフにしたものに改装されるとかで、この三連休後に工事を予定されているとのことでした。
すごいと思ったものの一つ。二階の大広間の舞台に残る木製欄干。この外側で、かつては芸妓が三味線を持って演じていたと大女将から聞きました。
昭和40年代には、超大物歌手による今でいうディナーショーもここで開催されたとのこと。

孫右衛門 7月15日(月) 21:06
皆さんは余りこういう方面に興味を持たれる方は少ないように思いますが、帰りに吉備路にある最上稲荷の門前町に立寄りました。
ネット上で最近情報を得て訪ねることになったのですが、延々と続く土産物屋街は琴平をも彷彿とさせ、営業されていないように見えるとはいえ旅館の看板を持つ建物も複数見られるなど、かつての賑わいを彷彿とさせ、そしてそれが去った今の哀れさが伝わってきます。
レトロ商店街のみならず古い町並としても評価できます。これも思わぬ収穫でした。


Yasuko 7月16日(火) 11:04
ちよっと前に最上稲荷もいきました。昭和レトロの雰囲気が残っていますよね。お正月には近寄るのも大変なんです。

商売繁盛ですので。ぜひ涼しくなってミニオフ会しましょう。楽しみにしています。

太泉八雲 7月16日(火) 21:27
岡山県の佐伯町。そんな町あったけ?っと思って調べたら和気町なのですね。
なるほど、2つの街道のバイパス的な道に形成された町っぽい。
良い町並みですね。
って、言うか。この辺今まで何度も通っている!!
なのに事前の下調べが無いとスルーしてしまうものです。
地図を見ていて匂いも感じなかった。中国地方はまだまだ奥が深いですね。

孫右衛門 7月16日(火) 22:00
最上稲荷はその名は知っていましたがこんなところとは知りませんでした。
立派な土産物街があるということは、それだけの賑わいが今でもあるということでしょうからね。旅館も年始には稼動するのでしょう。
中国地区のミニオフ会、来年のオフ会に向けての打合わせという点でも良い頃合と思います。

孫右衛門 7月16日(火) 22:08
旧佐伯町は役場支所のある吉井川左岸ではなく、右岸側の堤下に連なる屋根並を見て、これはもしかするとと思い道を辿って訪ね当てることになったのです。
そもそも岡山県に佐伯町なる町があること自体、そういえば岡山の東の方にも佐伯町というのがあったなと薄々としか認識していない状態でした。佐伯町は広島県にもありますので。
p1142047-ipngn200709niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1898: 今日の宿 七ちょめ 7月 9日(火) 17:14
今日は群馬県の神流町の今井屋旅館に泊まっています。
太泉八雲さんが泊まられていますが、私的にはちょっと???が付きそうですが、一般的には良い対応でしょう。

孫右衛門 7月 9日(火) 22:42
今回は群馬県の旅館ですか。太泉八雲さんのレポートにもありましたね。
この週末は四国を訪ねたいと計画していたのですが、高知県などでは大雨になるかもとの予報があり、それは盆休みに回して山陽道片上宿の「ゑびすや荒木旅館」に泊りに行こうかと思っています。先月の俵山温泉とどちらにしようかと思っていた旅館です。
俵山温泉よりも周囲の町並探訪が絡められますので代案としてもまずまずです。

七ちょめ 7月10日(水) 05:49
えびすや荒木旅館の本当の玄関口は旧山陽道に面した方でなく、南側の道からが本来の姿のようです。町並みは余り残って居ませんでした。

七ちょめ 7月10日(水) 16:44
今夜泊まるのは群馬県上野村の今井家旅館です。昨夜は今井屋旅館でしたのでややこしいです。今日は南牧村を中心に多くを訪ねました。

七ちょめ 7月11日(木) 16:29
今、帰りの新幹線の浜松辺りです。昨日訪ねた南牧村の大仁田集落です。ちょっと哀れな建物も多かったです。

万訪 7月12日(金) 22:52
群馬探訪ご苦労様です。今井家旅館は蜘蛛とか出そうです。南牧村は自虐ネタで高齢化日本一をアピールしていますが、町並みはどこもなかなかなものです。砥沢の砥石採掘場に行っていなかったので、いずれ行きたいと思っています。


七ちょめ 7月13日(土) 09:38
オフ会前から言っていた南牧村をやっと訪ねました。6月に訪ねる予定だったのですが7月に伸びました。今井家旅館 蜘蛛が出そうという表現、表の感じはその通りですが、中は綺麗に掃除されています。今井屋旅館の方は??でした。
殆どが養蚕集落でした。辰巳屋さんの情報と、行き当たりばったりの集落です。
訪ねたところは、神流町万場・南牧村磐戸・南牧村大仁田・南牧村砥沢・南牧村上砥沢・南牧村羽沢・南牧村星尾仲庭・南牧村勧能・南牧村大日向・上野村楢原・上野村乙父・上野村乙母・神流町平原・神流町魚尾・藤岡市鬼石と多くの所になりました。
投稿の写真は南牧村勧能の風景です。全てレンタカーでの探訪でした。

太泉八雲 7月14日(日) 07:45
七ちょめさん、北関東遠征お疲れさまでした。
上野村の「今井家旅館」は、夏は虫が出ますよ。万訪さんは苦手ですかね。
さすがに私もムカデやヤスデとかはダメですが。

「今井屋旅館」は人手が無くてバタバタしていたのでしょうかね。小さな旅館は時期やタイミングによってサービスに波があるので、私自身ある程度は許容しているところもあります。

三連休は雨。雨は雨で好きなのですが、何をするかによって変わってきます。
自転車やバイクはNG。集落巡りも雨の強さに寄りますね。あとは電車旅かな。
みなさんはいかがされていますか?

七ちょめ 7月14日(日) 08:53
太泉八雲さん 今井屋旅館の写真ありがとうございました。この一枚があるのと無いのでは価値がずいぶん異なると思います。ありがとうございました。

まあ、このような旅館に泊まるのに虫や昆虫が云々言っていては駄目でしょうね。
過去に泊まったある旅館など、夜に天井をネズミが走っていたねというと、ネズミでなくハイビャクシンですよとケロリと言っていました。

自然を売り物にした旅館でしたが。

辰巳屋 7月14日(日) 17:15
お話には伺っておりましたが、南牧村・上野村・神流町の訪問、ご苦労様です。
旅籠宿がメインの訪問なのでしょうね。
この地域は、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」を支えた養蚕農家集落ばかりです。工場は違ったのかもしれませんが、残念ながら過疎と高齢化が進んでいました。
しかし、集落景観は素晴らしいものがあり、何か打つ手はないものかと思いました。

七ちょめ 7月14日(日) 18:58
二日目に泊まった今井家旅館はホラー映画に出てきそうな旅館の外観ですね。でも近々に玄関周りを改装するそうです。
外観はホラー映画の世界みたいですが、内部な綺麗にされていました。

富岡製糸場は世界遺産になっていますが、近隣の養蚕農家の建物の保存や保護はどうなっているのか??。どの集落を見ても朽ちるに任せているよでした。

孫右衛門 7月14日(日) 19:14
集落・町並的にもかなりの成果があったようですね。それにしても多くの山間集落を歩かれたとお聞きし驚いています。
私も昨日は播磨地方西部を訪ね、備前市のゑびすや荒木旅館に泊って今日は岡山県を何箇所か訪問・再訪して帰ってきました。
荒木旅館は外観だけでは魅力的に感じませんが、大変な旅館ですね。女将さん・大女将さんと色々お話しましたが一度あった文化財への打診を断られたといわれていました。その価値のある旅館と思うのですが。
町並的にも予想外の成果がありましたので、また改めて報告します。


万訪 7月15日(月) 08:22
南牧村・上野村を徹底的に歩かれたんですね。神流町平原まで。このエリア、東京からのちょうどいいドライブやツーリング、あるいはサイクリングコースで、通過する人はメチャ多いと思います。共通した趣味で集う場を作ったりしたら村おこしになりそうな気もしています。

さて、溜まっていた100ヶ所の未作成データベースですが、昨日やっと完了しました。GW明けからせっせと2ヶ月半かかりました。その間、旅も全てキャンセルしてました。また、先々週、ドローンの講習を3日間受けて民間資格もとりました。いよいよ梅雨明けから追撃開始です。7月末の沖縄伊是名島、8月お盆の日本海舳倉島・粟島・飛島を予定しております。
i60-43-49-30.s30.a048.ap.plala.or.jp
1897: 芸北地区の石州街道沿いの町並 孫右衛門 7月 6日(土) 21:59
先日現場出張の帰りに県北西部の大朝・千代田あたりの旧街道沿いをざっと流して見て、掲載している町並が不十分なことに気が付きました。
そこで駆け足ながら北から順に再取材してきました。大朝・新庄・蔵迫・八重・壬生・本地の各町並です。
特徴的なのが山陰系の赤瓦が優勢なことで、八重〜本地は分布域の最南端です。更に一部は広島市内に入り鈴張という地区でも見られます。
壬生の町並です。八重地区とともに今更ながら初めてカメラを持って歩きました。
地元的には初夏の「花田植」で知られるところです。

孫右衛門 7月 6日(土) 22:02
本地の町並です。界隈では一番良い町並ですし、もう15年くらいはまともに歩いていないのにほとんど変化無く保たれているのは貴重なことと思いました。

万訪 7月 7日(日) 06:13
赤瓦の町並みいいですね。広島県内に孫さんも初めて歩く町並みが残っているというのに驚きです。中国地方の奥深さを感じました。東京でも今更「ここにこんな古い家が残ってるんだ」て見つけることが時々あります。そういう時以前であれば「なんで歩いてなかったんだろう」と自分を責めてましたが、今では「出会えてありがとう」と思えるようになりました。こうして「発見」した時の新鮮な気持ちが味わえることが嬉しいですね。ひさびさに、島でもない山でもない町並み歩こうかな。

Kさん 7月 7日(日) 07:05
地元でも見落としというのがあるのですね。

私も一昨日、雨は降らないし、そう暑くもないので、自宅から自転車で「寝屋川市寝屋」という所へ行きました。気になっていましたが、初めて足を踏み入れました。北河内の農村系の集落ですが、レベルは結構高くて驚きました。

孫右衛門 7月 7日(日) 19:57
これは八重地区です。確かに歩いて撮影したのは初めてでしたが、以前通って探訪するに値しないと見送った所です。そういう意味では他にもあるかもしれません。見る眼も着目点も変っていますので。
寝屋川市の寝屋という地区は市名の由来地区のように思えましたが地図を見ると随分町外れのようですね。しかしそれでもこのような豪農系集落があるのですか。Kさん地元の街区でも驚いたように、まずは豪農が集まって発達した地域のようですね。
180-144-74-230f1.osk3.eonet.ne.jp
1894: 今日の宿 七ちょめ 6月19日(水) 19:06
今日泊まっている旅館は北木島の天野屋旅館です。

七ちょめ 6月19日(水) 19:11
旅館のご主人に案内願い、北木島の案内をしてもらいました。
石の島、採掘跡を案内してもらいました。

孫右衛門 6月20日(木) 14:28
北木島のあの三階建の旅館だったのですね、内部の様子も気になります。
今日は俵山温泉ですね。湯もかなり評判良いですのでぜひじっくりとお入りください。外湯形式ですが。

七ちょめ 6月20日(木) 16:57
今日の宿は俵山温泉の泉屋さんです。外湯ですが温泉は強アルカリ性で、ヌルヌルの感じです。孫右衛門さんの追っかけになりました。


七ちょめ 6月22日(土) 13:01
昨日帰宅してから、カメラから画像を取り出し、今日分類した段階で、どうした訳かパソコンが起動しなくなってしまった。カメラのキタムラのプリント直行便の更新をして下さいの表示が。放つておけば良いのにどうしたことが更新したら、何だかマイクロソフトの表示などが現れた。オカシイとはチョット頭を過ったが、インストールしたのです。これが悪かったのか、パソコンが起動しなくなってしまいました。困ったものです。
古い予備のパソコンを取りだし、カメラから画像をこのパソコンに移し替えて、この掲示板に投稿を!!

写真は俵山温泉泉屋旅館の庭からの建物を写したもの、この旅館は表の間口は小さいが、大きな旅館で、館内案内図によると21室の客室を持つ旅館でした。
どういう訳か、殆どほ部屋が廊下から見えるように扉が開かられていましたが、何時でも泊れるように整備されているのにはビックリしました。これだけ掃除するのは大変でしょうね。
地下一階から地上3階建ての複雑な構造の旅館でした。地下一階と云えば地下室のように聞こえますが、前に大きな庭がみられる普通の客室です。一番下から数えると入口は2階部分になります。因みに泊った部屋は写真中央部上の窓のカーテンが開いている最上階の部屋です。


孫右衛門 6月22日(土) 16:02
申し合わせたわけではないのに1週間の間に相次いで泊るというのは改めて不思議なことでしたね。泊ったのも同じ部屋のようです。俵山温泉は長らく訪ねていないので、訪ねるなら古い旅館に泊ってみたいという思いが以前からありました。
竹屋さんでしたか、三階建の旅館は営業されていない様子で、他にも古い旅館はありますが、やはりこの泉屋が一番良いように感じました。
旅館街の裏側が崖のようになっていて、別棟は1段低い位置に建てられていますので表通りからは地下一階のように感じますね。別棟に向うのにも本館にも下に降りる階段があるのに最初少し戸惑いました。

七ちょめ 6月22日(土) 17:23
俵山温泉には多くの旅館がありますが、宿泊客が少なくて、殆どの旅館が一人も宿泊客がないと思え寂しく感じました。以前訪ねたときにはもう少し賑わっていたと思ったのですが。 
外湯しかないのに、一回の入浴で¥480円は高すぎると思います。その都度支払うのには抵抗を感じました。
何回入浴しても良い、入浴券を発行して、その分旅館代に上乗せすれば抵抗なく外湯を楽しめると思いますね。
でも、大変交通の便が悪い場所、どうして事業を継続するかなど、問題が多い温泉地だとは思いますが、温泉は良いので発展策をなんとか!!

孫右衛門 6月22日(土) 21:03
温泉地の衰退。温泉自体は人気のようにメディアでは扱われますが昔ながらの温泉旅館街は一部を除いて寂れているところがほとんどという印象ですね。
土曜日でしたので泉屋旅館にも他に4・5組くらいは宿泊客があり、隣の旅館には運動部の学生らしい団体が20人以上泊まっていました。湯のよさで訪れるお客も多いようですが、廃業された旅館もちらほら眼にするのが気になりました。

入浴料の件、外湯形式なのは仕方ないにしても、宿泊客はせめて半額にするなど確かに何か工夫してほしいものですね。夕方は露天風呂もある新しい方に入りましたが800円近くしました。温泉地に泊る場合必ず朝風呂にも入りますので、町の湯480円でつごう約1300円も払い、結局は余り安い宿泊ではない感触になりました。

Kさん 6月23日(日) 07:15
七ちょめさん、パソコンが大変ですね。私は一台のパソコンに頼っているため、毎日冷や冷やものです。

宿泊客でも外湯が有料というのは良くないですね。城崎温泉のように入浴手形を発行するのが一番ですよね。欲張って何回も入りました。

昨日、中学校の京阪神在住者だけのクラス会が宝塚温泉でありました。同級生全員でも90人しかいなかったし、訃報などもよく届くのに、15人も集まりびっくりでした。宝塚駅の川向かいにあるホテル若水での昼食会合で、風呂も入らずに帰りました。昔、宝塚には旅館や会社の保養所がいっぱいあったように思いますが、今ではこのホテルだけだそうです。でも3階宴会場フロアは独占状態でした。


七ちょめ 6月23日(日) 09:09
宝塚温泉のように都会から近いところでも、寂しくなってきているのですね。そうすると有馬温泉・白浜温泉・城崎温泉は別格ですね。

パソコンが起動しなくなって大変です。昨夜業者が来ましたが、これは大変と持ち帰りました。復旧に1〜2週間程かかると!!。暫くバックアップを取って無かったので心配しています。データーが無事であるように!!
原因はどうも「カメラのキタムラ」のプリント直行便というソフトがあるのですが、更新しないとダメですとの表示が。この時におかしいと気付けば更新作業をしなかったのに、疑わずに更新を!!。すると何かマイクロソフト社の何か判らない内容が。頭からカメラのキタムラと信じているのでそれをインストールしたのです。どうもそれが偽物。
以後起動しなくなってしまいました。
これは予備のパソコンからですが、メールや掲示板やフェースブックへの投稿程度は普通にできますし、画像処理もできるのですが、さて、ホームページの維持管理やUP作業などは修理が完了するまで待つか。万一データーが無くなっていたらどうするかと、悩ましい所です。

万訪 6月23日(日) 10:19
パソコン一大事ですね。こまめにバックアップ取っておかないといけませんね。
私のパソコンもdellですが、毎回立ち上げるとワーニング画面が出るようになりました。英語だしよくわからない。うっかりsetupすると何か起きるのが怖いので、コンテニューでやり過ごしています。

七ちょめ 6月23日(日) 11:00
今、ホームページビルダーのインストールが終わったのですが、ラッキーなことに、そのパソコンでやっていた当時の古いデータが残っていましたので、UP作業は簡単にできますが、今度は管理面で厄介が残ります。
2台から3台のパソコンを共通で使えるようにする程、知識も管理もできないので、自分で扱える範囲で楽しみます。

孫右衛門 6月23日(日) 15:33
七ちょめさんのPC環境が大変なことになっていたのですね。最悪の状況ではなさそうにお見受けしますが、のんきなことを書いてしまいました。
今年に入って画像とサイトのバックアップを取っていなかったことに気付き、私も慌ててバックアップ作業をしておきました。
私も予備機は導入していませんので、潰れたらしばらく慌てることになります。
ほとんど不具合もなく8年を経過しました。少し前に診断すると問題ある箇所はありませんでした。しかし、前回も突然ダメになりましたし、OSのサポートも永遠ではありませんので、そろそろ導入を視野に入れておかなくてはと思っています。

七ちょめ 6月23日(日) 18:41
懸命に古いパソコンを使用できるように、ソフト類をインストールしてやっと何とか使用できるようにしました。
お陰で先日訪ねた北木島の天野屋旅館を写真のみUPできました。
予備にしていたパソコンじゃないのです。ウインドウズ7の旧式のパソコンです。何となしに使い辛くなってきたので買い替えて使わなかっただけのものです。
大体のものはこれでUPできますが、動画のソフトを入れて動画をUPするようにしようか、修理が完了したパソコンでしようかと思案中です。 
パソコンのバックアップは4月までのものは済んでいるのですが、5月に入ってから物のはしていなかったのです。オフ会前後のものが助かると良いのですが。

万訪 6月24日(月) 08:56
私も早速、新たな外付けHDDを購入しました。4TBで1万円切る、安くなったものです。


七ちょめ 6月25日(火) 11:26
PC故障で動画はどうしようもなくなりました。山口県や岡山県で撮った動画画像はソニーのカメラだったのですが、古いPCにソニーの今の取り込みソフトをインストールしても、‥‥がないので起動できませんとの表示が。ならば今のルミックスの取り込みソフトを古いPCにインストールして、画像を取り込もうとしても、ルミックスで撮影されてないので取り込めないと表示される。
静止画像はどの取り込みソフトでも他社製のカメラでも関係なく取り込めるのだが、動画はその会社のもので無いと取り込めないか、結合や変換ができないか、何らかの制約が発生する。統一規格にして貰えば不自由なく作業が出来るのにと文句たらたら。

万訪 6月25日(火) 12:32
七ちょめさん、取り込みソフトを使わないで、SDカードの中のデータをドロップ&ドラッグしてパソコンHDにコピーできませんか?


七ちょめ 6月25日(火) 16:05
動画画像は一応パソコンに取り込んではいるのです。古いパソコンに残っていたソニーのPMBという画像ソフトで、取り込んではいますが、最新のソフトPMHをインストールしたら、そのPMBが削除されたのは良いが、肝心のPMHがパソコンが古いもので、ややこしい‥‥が無いので起動できないと表示されて。挙句にその処理が他社製ではと拒否されるのです。この間買ったVideoStudio2019をでは可能と思い、インストールしようとすると、一度インストールされたDVDだからと拒否されインストールが出来ないのです。困ったことです。
まあ、今迄使っていたパソコンが無事修理完了するように願っています。
まあ、静止画は普通に扱えるようになりましたので、その点は良いのですが、パソコンの違いで色の出方が少し異なり、今迄通りの色でUPされているかは少し不安が残ります。今日は笠岡市北木島の天野屋旅館の文章などをUPしました。



七ちょめ 7月 3日(水) 15:23
パソコンの修理、2年ほど前に取換えたハードデスクを再び取換えねばならなくなりました。
また、最初からの設定になります。気が重いことです。各種のインストールもあるし、新しくパソコンを買ったのと同じになりました。

Kさん 7月 4日(木) 06:58
それは大変ですね。気が重いでは済みませんね。

私の方も「さくら」からバージョンアップのお知らせメールが来たので、いろいろ触っているとき、不用意にパスワードを変更してしまったためか、FTP転送が出来なくなってしまいました。電話はつながらないし、メールで問い合わせても返事はないので困っています。


七ちょめ 7月 4日(木) 09:01
先ほど修理業者から連絡があり、やはり前回と同じで住所録が取り出せてないようです。
だだ、先日購入したビデオ編集ソフトの再インストールが出来るかどうか。古い別のパソコンにインストールしようとしたら、一度インストールが済んでいるので、もうインストールは出来ないと表示されたので。

パソコンも終活の一つとして考えねばなりません。新しくもう一台を買おうと思っています。それで最後でしょうね。
運転免許は来年2月に免許返納しようと考えています。自動車もそれでもって廃車に致します。
先代が手に入れた本山の京都東山に墓があるのですが、これもどうにかせねばと。地元の墓だけで十分でしょう。
カメラの終活は終わり、パナソニック一台、ソニ4台でもう売り買いはしないつもり。等など。

七ちょめ 7月 5日(金) 13:09
修理が終わったパソコンからの投稿です。インターネットまで繋げましたが、各種ソフトがインストールされていないので、交換したハードデスクを撮ったのですが、画像が取り込めません。それでも一応やれやれです。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1896: 日台絵画交流展 Kさん 6月29日(土) 06:53
日台絵画交流展【東京展】がJR大井町駅前のイトーヨーカドー8Fにある品川区民ギャラリーで開催中ですが、30日(日)と1日(月)は終日会場にいます。い時間がありましたら、ご来場ください。

Kさん 6月29日(土) 06:55
日本側の出展者です。台湾の方の方がたくさん出展されています。

七ちょめ 6月29日(土) 07:57
東京で宿泊しての会場への出席。ご苦労様です。

万訪 6月30日(日) 16:10
今日の17:30頃、お袋連れてお邪魔します。

Kさん 7月 2日(火) 07:31
万訪さん、わざわざのご来場、ありがとうございました。あの後、元勤めていた会社のメンバーと楽しく飲み会でした。2日間に懐かしい多くの皆さんにお目にかかれ、ラッキーでした。中にはホームページやFBを見て来場された方もおられました。昨夜遅く帰宅しました。
180-144-74-230f1.osk3.eonet.ne.jp
1893: 祝島 Kさん 6月17日(月) 21:15
今夜、NHKの「家族に乾杯」を観ていたら、メーンの撮影場所が「いらかぐみ発祥の地・祝島」でした。皆さんも観られたかも知れませんね。
タイトルが上関町だったのでひょっとしたらと思っていると、室津からチャーター船で祝島に渡り、番組最後まで祝島でした。撮影時期がGWだったので、島には帰省の子供連れがたくさんいたほか、いつの間にか外からの移住者も増えていてびっくりしました。

Kさん 6月17日(月) 21:29
現在のメンバー8人中、当初からは4人だけですね。「くにひろ」さんが作っておられる「祝島ホームページ」がまだありました。孫さんも観られたのですね。
http://www.iwaishima.jp/



孫右衛門 6月17日(月) 21:35
私も夕食をしながら見ていました。ちょうど連休だったので帰省された方々も多く我々が訪ねた時とは違い活気がありました。違う島かと思うほどでしたが練塀も変らず残っているようで安心しました。
それにしても16年も前になりますか。Kさんが先乗りされてスケッチしながら出迎えるという形はこの時からそうでしたね。


七ちょめ 6月17日(月) 22:48
私も見ていました。イベント中の光景とわいえ、多くの移住者がおられるのには驚きました。練塀も多く残って居るようでしたね。もう16年も経つのですね。


七ちょめ 6月18日(火) 09:10
一枚のこの写真からいろんなことが思い出されます。懐かしいですね。
私、ボストンバックを持っていますね。実はこの時に困ったことに遭遇していたのです。
この時の集合場所はJR柳井駅でした。その柳井駅に行く前に、確か大竹市内を探訪したのです。その時にボストンバックが邪魔になり困っていたのです。それまでは少々遠方でも車で走っていましたので、ボストンバックが邪魔にならなかったのです。例えばこれから訪ねる柳井の町並も2回目でしたが、初回は車で走ってましたので、ボストンバックで良かったのですが、今回は列車で来ましたので、町並探訪にボストンバックは邪魔で、カメラを向けるたびにボストンバックを下に置かねばならない。厄介で邪魔くさい。

集合場所の柳井駅には,私とサトピーさんとほとんど同時に、その後nomnomさん(万訪)で、車で孫右衛門が来られたと思います。
当時は私は本名で、万訪さんもnomnomさんで、孫右衛門さんも別名でだったと思います。Kさんはホームページを持っておられなかったので、本名での掲示板書込みだったと思います。誰の掲示板だったかは忘れました。

Kさんを除く、4名で柳井の町並を探訪後祝島に向かい、港でKさんに出迎えて貰い(その時の写真がこれ)、旅館(民宿)まで案内願った。旅館に着いても旅館の看板が無い。普通の民家と同じで、これでは初めて訪ねた者には判らないとビックリしたのを鮮明に覚えています。

この写真一枚での思い出でした。



孫右衛門 6月18日(火) 20:58
途中から加わったメンバーの方を差し置いてすみません、私も祝島オフ会のことで少し。
ネットを介してのひととのふれあいもこの時が初めてでしたので、どんなものやらと不安が勝っていましたが、実際顔を合わせると旧知とまではいきませんが、とても初対面には思えずすぐに楽しい会が始まったのが印象的でした。
あと、「にんじゃ隊」の案内による上関の町並探訪もありました。

ちなみに私のハンドルネームは、このオフ会どころかその数年前、私が本格的に町並探訪を始める前に七ちょめさんのHP掲示板に書き込んだときから既に孫右衛門でした。七ちょめさんのサイトは当時は確か、都道府県別に一つのページにまとめられたサイトだったと思います。


七ちょめ 6月18日(火) 21:53
孫右衛門さんは最初から孫右衛門というハンドルネームでしたか。失礼しました。
祝島で午前中の探訪を終えて、さて「昼めし」となるが、食事の店も無いし売店でパンもない。困って泊った旅館に行き、老夫婦の昼食分のご飯で、おにぎりをつくってもらい、食べたことを思い出しました。

当時の私のサイトはよく覚えていませんが、2〜3回ほど根本的に改造して、もう15年も前から今の状態になりました。
そう云えばフレームでトップページを分割していた時もありましたね。

nomnom 6月20日(木) 07:14
いやぁ、若いですね。16年前ですから私は30代です。冒頭の写真は4人が初顔合わせのもの。16年という時間って長いようで短いようで。
祝島は3年前に再訪しましたが、町並みは変わっていませんでした。民宿くにひろは、息子さん夫婦が継いでおられました。
オフ会でまた行くのもいいですね。

七ちょめ 6月22日(土) 19:52
この万訪さん投稿の写真で若いですね。髪の毛も黒々と!!
第20回記念オフ会で、等と云っても私が参加可能かは疑問ですが。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1892: 偶然 七ちょめ 6月15日(土) 19:16
孫右衛門さんは今日、山口県俵山温泉泉屋旅館に泊まって居られます(ツイッターの情報)が、私も今月20日に同旅館に宿泊予約しているのです。
全国に何万いや何十万あるか判らない旅館の中で、好みが同じとは言えどうして同じ旅館にと思います。

孫右衛門 6月15日(土) 20:42
七ちょめさんが近日泊まられる予定とは思いもしませんでした。
オフ会の時に、備前片上の旅館の話をしましたが、その旅館かここかと思っていました。日帰り圏内で一泊し、若干再訪新規を絡めながらという狙いです。
泉屋旅館、設備は今の宿泊客に不便ないよう努力されていますが、建物全体から古い旅館が伝わってきます。
もう少し宿の人に聞いてみたいこともありますので、明日帰ってからまた書き込みます。

孫右衛門 6月16日(日) 08:57
今朝、ご主人に聞いたら通りに面した棟の低層階が一番古いそうです。

七ちょめ 6月16日(日) 12:52
情報頂きありがとうございました。なるだけ古い建物に泊まるように心掛けています。

孫右衛門 6月16日(日) 16:27
さきほど帰ってきました。旅館に泊ることが主な目的でしたので、近くの町並を少し訪ねるだけで昼過ぎには帰路につきました。
旅館の棟の新旧について。温泉街の裏手(川側)は崖のようになっていて、最初に建てられた棟は平屋?だったとかで、その時裏手を少し埋め立て石垣を築いて面積を稼いだとのことです。表から見ると二階建ですが、裏手からは木造三階です。
柱など一部が江戸末期の創業当時からのままといわれていました。
石垣は今も裏に廻ると見られます。泉屋さんをはじめ並びの数棟がこの形で建てられているようです。
谷底の棟は大正時代に増床した部分で、渡り廊下でつながっています。1階が地下一階のような感触ですね。
その他建物の内部については、敢えて言いませんので実際のお楽しみとしてください。


七ちょめ 6月16日(日) 19:52
いろいろと情報ありがとうございます。訪ねる前の事前調査になりました。有難うございます。私も泊るのを楽しみに訪ねます。
その前日には岡山県笠岡市の北木島の天野屋旅館に泊まる予定です。訪ねる2ヶ所が大きく離れている変わった行程になってしまいました。

孫右衛門 6月16日(日) 19:54
俵山温泉街の風景です。前回は15年くらい前でしたがほとんど変っていない印象でした。泉質が良さには定評がありますので、不便なところにあっても鄙びた温泉街が保たれているのでしょう。

孫右衛門 6月16日(日) 20:12
笠岡市北木島の旅館というと、木造三階のインパクトある旅館建築が思い出されますがもしかしてそこに泊られるのですか。
俵山温泉は交通が不便で、長門市か下関からバスになりますが、北木島を舟で往復され、そこから新幹線などで移動され新山口あたりから車を借りられるのでしょうか。

今日はさすがにとまって帰るだけでは味気ないので、下関市旧豊北町滝部、長門市旧湯谷町人丸、同大浦・久津、帰りに山口市湯田温泉の町並を訪ねてきました。
これは油谷町大浦集落です。半島の先端近くにあり密集型の漁村集落が展開していました。


七ちょめ 6月16日(日) 22:27
北木島と俵山温泉を一度に訪ねるのは、今考えてもおかしい行程ですね。
北木島の大浦港の左手に集落があり、天野屋旅館は右手になります。木造3階建ての旅館です。新幹線で新山口駅迄行き、在来線の小月駅からバスで俵山温泉に向かいます。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1890: オフ会動画をアップしました 万訪 6月 8日(土) 01:35
オフ会動画をアップしました。
https://youtu.be/BCBQYRjhxsA
皆さんの姿が多少出ていますが問題ないでしょうか。まずいようでしたら限定公開にします。(オフ会記録ではすでに写真が出ています)

Kさん 6月 8日(土) 06:52
最初に私の姿が出るなど、たくさん写っていますが、私は公開でも何ら問題はありません。要領よくまとめられた素晴しい動画ですね、ありがとうございます。

孫右衛門 6月 8日(土) 07:31
オフ会の光景を上手く切り取ったダイジェスト版ですね。これだけで今回の雰囲気がよく判ります。
限定公開にしますと内輪のみでしか見られませんし、私も少し映っていますが別に見られて困ることもありませんので、公開設定で良いです。

七ちょめ 6月 8日(土) 09:17
万訪さん、上手いこと編集しますね。流石です。見習わないとダメですね。
孫右衛門の言われるようにオフ会のダイジェスト版です。幹事雑記の中に記載(リンク)させて頂きたいのですが、如何でしょうか。

万訪 6月 8日(土) 10:15
是非リンク願います。
七ちょめさんの動画と手ブレをくらべると、私の方が全然ブレてますね。SONYの方が手ブレ補正のジンバルとの相性が良いと聞いていましたのでそのせいかと思っていましたが、今回パナで撮られてたのでその違いではなさそうです。まぁこの撮影ではジンバル歩きしませんでしたが、七ちょめさんの方がジンバル歩きが上手いということが実証されましたね。修行します!

七ちょめ 6月 8日(土) 10:29
幹事雑記への記載リンクの件、ご了承願い有難うございます。
私の動画はオフ会用に編集したものでないので、只だらだらと長いだけで、見る方にご迷惑と思っています。
ジンバル歩きは恰好が悪いので、今回も次からも遣らない積りです。それでなくとも膝に負担が無いようにと思っているのに、どう見てもジンバル歩きは膝に負担を掛けるようなので。
リンクの件は早速取り掛かります。ご了承願いありがとうございました。

七ちょめ 6月 8日(土) 11:20
早速 万訪さんの動画を幹事雑記に記載リンクしました。
http://matinami.o.oo7.jp/irakagumi/dai17kai-offkai.html
不都合があれば云って下さい。訂正いたします。

太泉八雲 6月13日(木) 20:29
遅くなりましたが、オフ会レポのリンク完了しました。

孫右衛門 6月13日(木) 21:13
ありがとうございます。
ただひとつ、岐阜県美濃市としておいてください。

七ちょめ 6月13日(木) 22:32
リンク願いありがとうございました。
孫右衛門さんの仰るように岐阜県美濃市が良いと思います。
余計なものもがくっついておりますので外しておいてください。

七ちょめ 6月13日(木) 23:00
あれ〜 不思議
定例オフ会記録のトップページに第17回のオフ会を記載して頂いたのですが、私のパソコンとスマホでは表示されるのに、タブレットだけは表示されません。16回オフ会のままになっていて、第17回は表示されない。何か不思議!!

太泉八雲 6月15日(土) 02:25
申し訳ありませんでした。誤植修正いたしました。
タブレットは古いページがキャッシュされているのだと思います。
「ページの再読み込み」か「ブラウザーのキャッシュのクリア」を行えば解決すると思いますが、タブレットの場合、どこで操作すればよいかはちょっと分かりません。

七ちょめ 6月15日(土) 09:10
太泉八雲さん、訂正作業有難うございます。
御手数をお掛け致しました。これで第17回オフ会関連の作業が終わりました。
有難うございました。
タブレットで表示されない件は、同じ状態が続いていますが、まあ、PCで表示されますのでどうということないです。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1891: オフ会前後の報告遅れました 辰巳屋 6月13日(木) 16:22
今回は、オフ会の前後に中山道を中心に訪問しました。長い旅行になってしまい、報告も遅れました。帰ってみると、畑や家の周囲は雑草だらけで、草刈り機(エンジン付き)で雑草との戦いでした。
中山道は、私が訪問していないだけで、皆さんは既に訪問していますので、中山道以外では、
街並みではありませんが、中津川市加子母の「かしも明治座」を報告します。
「かしも明治座」は、今から100年以上も前に岐阜県中津川の加子母の人々によって作られ、現在も脈々と守られている劇場です。
間口約20m、奥行き約25m。明治27年に建てられた芝居小屋は、建設当時のままの姿を保ち、今もなお現役です。毎年9月に、加子母歌舞伎保存会による公演会をはじめ、クラシックコンサート、落語会など、様々な催しが行なわれています。
岐阜県には、かしも明治座を含めて10棟が芝居小屋として現存しているようです。

辰巳屋 6月13日(木) 16:24
これは外観です。

辰巳屋 6月13日(木) 16:25
烏江(からすえ)・栗笠(くりがさ)・船附(ふなつけ)は、濃州三湊と呼び江戸時代に繁栄した川湊です。伊尾川・牧田川・九里半街道(琵琶湖(米原)と揖斐川(濃州三湊)を結ぶ)沿いに位置して、江戸や尾張・伊勢・美濃の諸国と関西・北陸間の物資輸送上主要な拠点であったようです。

画像は、栗笠の堤防上の街並みです。妓楼のようにも見えます。養老町の情報によると、昔の堤防町の街並みは無くなったと書かれています。この堤防上の街並みの下にも家並みがあります。

辰巳屋 6月13日(木) 16:26
画像は、船附の街並みです。現在は商店街の機能はないようですが、看板等に往時の繁栄がしのばれます。

孫右衛門 6月13日(木) 21:45
岐阜の玉井町界隈を皆で訪ねたあと、堤防下の町並に引き込まれてそのまま解散となった出来事から、辰巳屋さんの町並探訪に対する執念を感じました。私はあの時暑くて少々適当な感じになっていたものです。
中津川市旧加子母村に残る劇場は全く知りませんでした。文化財になったりして知名度の高いものはごくわずかであり、保存状態などを問わなければ実はまだまだ多くの芝居小屋・映画館建築が残っているのではと感じます。
p1142047-ipngn200709niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1889: オフ会続きU 七ちょめ 6月 4日(火) 19:13
オフ会の幹事雑記を書きあげたのですが、高齢のためか食事会や懇親会で何を話して盛り上がっていたのか殆ど思い出さない。
只最初に万訪さんの博士号取得の苦労話と、当日聞いてびっくりしたURANOさんの結婚のことの話は最初だからそこそこ覚えてはいますが。万訪さんが「上ヶ流」で許可を取ってないのでドローンを飛ばせなかったことと、Uranoさんが二人で寄居町の山崎屋へ泊まりに行ったこと、来年のオフ会を山陽で開催しようと云うこと以外はさっぱり思い出せない。
どんなことで盛り上がっていたのかも思い出せない。教て貰えば思い出すのですが、誰か教えてください書き込みをしたいと思います。でも、殆ど覚えてないのに、帰ってくると声がガラガラ。オフ会での食事会や懇親会が楽しくて大声で喋りまっくっていたことは想像できますが、何を喋っていたかは全く覚えていない。
教えて貰えば幹事雑記に書き込みたいと思っています。

孫右衛門 6月 4日(火) 21:22
西山遊野さんの思い出話やいらかぐみ掲示板が結構ヒット率が高いといったことも話題になっていたと思います。ただ、今回は酒を余り呑んでいなかった割にはよく覚えていません。
改めて思い起こすと、全員での探訪の前に河港灯台を訪ねたのはアクセントになりましたね。
また少々慣れぬ手で一生懸命手作りされた朝食も印象的でした。その辺も触れられたら良いと思いますが、もう織り込まれていますでしょうか、要らぬお世話かもしれませんね。


七ちょめ 6月 5日(水) 13:36
いらかぐみオフ会の幹事雑記を一応書きました。
不都合があるか検討して下さい。
今回は旅館も通常とは異なる様なので、幹事雑記もそれに合わせて会場の旅館に焦点を当てて書きました。
http://matinami.o.oo7.jp/irakagumi/dai17kai-offkai.html
多分、幹事役としては最後にしようと、それなりに頑張りました。来年の2月の誕生日には運転免許も返納しようと考えています。いらかぐみには可能な限り所属していようと考えております。オフ会の参加は可能であっても当番の幹事は従に廻らせて下さい。
オフ会の参加も体力的にきつい場合はそれなりの行動になる可能性があるでしょう。
勝手なことを言いますが、今後もよろしくお願いいたします。


Kさん 6月 5日(水) 21:42
オフ会の記録を読ませてもらいました。いらかぐみも、もう「誰某がどこの町へ行った」というなことを記録すれば良い、という段階を越えていると思いますので、岡専旅館宿泊をメーンにした今回の文章は素晴しいと思います。完璧な記録と思います。

七ちょめさんが、会話の内容をよく覚えていないとおっしゃいますが、私も同じです。もともと今回はお二人の祝賀以外、何を決めようとか何を論議しようといった会合ではなかったのですから、とりとめもない話に終始して、それで良かったのではないでしょうか。

万訪 6月 5日(水) 22:27
七ちょめさん、幹事記録ありがとうございます。いやぁ、名文名文、素晴らしいです。今までにない、歴史あるいらかぐみオフ会の17回ならではの記録であると思います。それぞれにメンバーが独自の「町並み人生」を歩んでいますが、共有しているものがしっかりある!本当、いいユニットができたものだ、長く続いているものだと改めて思いました。
幹事は来年から若手(といっても良い年ですが)で回しましょう。ご心配なく。
とにかく、いいオフ会でした。七ちょめさんの細やかな段取りのおかげです。ありがとうございました。

孫右衛門 6月 5日(水) 23:05
拝見しました。七ちょめさんらしい味わいのある記録楽しく読ませてもらいました。

今回のオフ会は開催の随分前から開催中もずっと七ちょめさんの意気込み・気遣いを常に感じるものとなりました。それがオフ会記録文章にも表れているように感じます。
実は長年地区の役員もされていて、会を仕切り進行する力、そういったことからも、私自身見習うべき点が多数あるという思いで七ちょめさん主催の回は参加させてもらっておりました。
趣味の会とはいえ、そのような点でも本当に感謝したいですね。
来年は私が中心となって辰巳屋さん、Yasukoさんの助言を得て会を造り上げていきたいものです。

辰巳屋 6月 6日(木) 05:23
読ませていただきました。いつもながら観察力や巧みな描写には敬服致します。今回の岡専旅館は今までとは事情が異なり、それがオフ会を盛り上げているように思います。いらか組の宿にはふさわしいと思います。
七ちょめさんには、感謝申し上げます。

七ちょめ 6月 6日(木) 09:09
良い評価を頂いた様でありがとうございます。
評価は岡専旅館の女将に差し上げてください。

例えば、懇親会の会場を2階の特別室にしようと思うが、高齢の方にお酒が入っているのでトイレに行くために急階段を使わねばならないが、その点は大丈夫でしょうか。と言ってこられたので、特別高齢は私一人で他の方は若いのでその点は大丈夫ですが、朝食を2階まで運ばないといけないので、一階の角部屋にしたらとどうですか、との受け答えで、どちらにされるかは女将にお任せしますとの返事。

この時点で女将は高齢者の集まりと判断されたようです。幾らもっと若い方の集まりと言っても信用されてない??。そして当日旅館に着いて懇親会の会場が2階になっているのにビックリ。そしてUranoさんの到着を見て、まず第一声 ”若い”のと発声。高齢者は私一人でしょうと横合いから。

八幡屋さんで椅子席にするか座布団にするかや、懇親会の会場設定にも女将の大変な気配り。今回のオフ会は陰で動いた女将に感謝・感謝。

太泉八雲 6月 6日(木) 22:44
七ちょめさん、オフ会レポート拝見しました。お疲れさまでした。
本当に行けなくて残念です。宿の女将さんのおもてなし、気遣いにも感動しました。
「八幡屋」での食事も良かったのはないかと思います。
テーブルというのも良いですね。高級居酒屋での夕食といった感じで、宿での食事にこだわらない私としては、こう言う趣向の方が好きです。

オフ会レポのリンクは暫くお待ち下さい。今週末の土日で作業が出来ればと思います。

あと、動画も拝見しました。目から涙でした。

七ちょめ 6月 7日(金) 09:20
結果に於いて、太泉八雲さん好みのオフ会になってしまった感じです。大変残念だったと想像します。
その後、写真を追加したり、文章を加筆したりしました。
皆様から訂正箇所の指摘も無いので、このままリンクをお願い致します。
使う画像は一番最初の岡専旅館の正面の写真がいいのではないかと思います。
太泉八雲さんの都合の良い時で結構です。宜しくお願い致します。

Yasuko 6月 7日(金) 09:20
オフ会のレポート拝見いたしました。七ちょめさんの色々なお気遣いと気合がいたるところに感じられました。素晴らしい企画だったんだなあと感銘いたしました。

来年は西日本グループの番ですね。孫右衛門さんをできる限りフォローできればと思っております。これは候補にいいなと思うところがあれば心がけることで、憂さ晴らしでもしたいと思います。

七ちょめ 6月 7日(金) 10:50
Yasukoさん、参加できなく残念だったと思います。来年こそは上手に「憂さ晴らし」の機会をつくって、参加できるように努力して下さい。
介護・看護も如何に手抜きをするか、どうして自分の時間をつくるかが一番の問題。
私も親4人全て見てきましたが、自分が如何に手抜きをするか、如何に行政を上手に使うか、自分の息抜きをどうするか、施設に短期に預けることを良しとするかなどなど。
ケアマネジャーを十分活用されるようにされることを願っています。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp