4755634
ハンドルネーム:
メール(任意):
HP(任意):
タイトル:
本文:
撮影地方: view
画像添付: 5MB
編集削除パスワード
 cookie


41713: この花の咲いている木の名前を教えてください 遊爺 9月21日(木) 22:12
6月末に、東京の郊外の公園で出会った植栽されている木に咲いていた花です。
花径のサイズは離れていたので計れていませんが、木の高さは 3m程度でした。
この花の咲いている木の名前を、教えていただけます様お願いします。

好爺 9月21日(木) 23:01
萩ですね,植栽は宮城野萩が多いですが・・・何でしょうね。
41710: 樹木の名前をS教えて下さい 中野 雅章 9月21日(木) 16:39
静岡市葵区長尾川沿いにもうひとつ、以前より気にしていた樹木がありますので恐縮ながらご教示下さるようよろしくお願い致します
葉の緑の色から常緑広葉樹、わずかな鋸歯があること、葉の中央部より上で葉幅が最大になる葉があること、赤い葉はみられないこと、樹皮は白っぽくて滑らか、所々皮目があるので、全縁前の若いヤマモモではないかと思っていました
川沿いに10本強植えられています、高さ数メートル
しかしどうも違うような気もします
確信が待てません、樹木の名前をご教示下さるようよろしくお願い申し上げます

中野 雅章 9月21日(木) 16:40
樹木全体の姿です

中野 雅章 9月21日(木) 16:48
もう一度見るとツバキにようにも見えます
すいません、ツバキもご検討お願い致します

通行人C 9月21日(木) 22:34
こんばんは。
老婆心ながら、もう少し葉の形状の把握方法を検討された方がよろしいかと。
>わずかな鋸歯があること
「僅か」は「少ない」と考える方が・・・お写真では小さな鋸歯が多くあるように見えます。
>葉の中央部より上で葉幅が最大になる葉があること
大勢を見ることが重要です。お写真では中央〜基部寄りに見えます。
と言うことで、ヤマモモの可能性は少ないです。
ついでに言えば、ヤマモモの葉はもっと細長いですし、葉身基部が葉柄に流れます。又、樹皮は白っぽいですが細かいデコボコ感があって、滑らかとはいえないように思います。

お尋ねは、花芽もしっかり見られますし、後で挙げられたツバキ(ヤブツバキ系の園芸品種?)でよろしいかと思います。
41712: 鑑定のお願い2 mizomizo 9月21日(木) 22:09
いつもお世話になっております。以下のものをお願いします。

9/20
京都 亀岡市 標高100m
樹高7m

mizomizo 9月21日(木) 22:10
追加です。
イヌ桜に似ているような気がします。

えん 9月21日(木) 22:23
バラ科のリンボクでは。
41711: 鑑定のお願い1 mizomizo 9月21日(木) 18:18
いつもお世話になっております。以下のものをお願いします。

9/20
京都市亀岡市 標高100m お堀端
樹高7m
2回羽状複葉のようです。
センダンに似ていますが、葉の鋸歯が異なるようです。
ムクロジと考えるには、葉が小さいように感じました。

よろしくお願いします。

mizomizo 9月21日(木) 18:18
追加です。

Miyazaki 9月21日(木) 18:57
こんばんは。
センダンのように思いますがどうでしょうね。
センダンと鋸歯が異なると仰っているのですが、どのように違うのでしょうね?。
センダンの若木と成木(老木とまではゆきませんが)の葉の様子です。生長するにつれて鋸歯は無くなってくるようです。

mizomizo 9月21日(木) 19:37
Miyazaki様

いつもありがとうございます。成長すると鋸歯が消失するのですね。
センダンで納得しました。
ありがとうございました。
41707: この植物の名前を教えてください もも 9月21日(木) 13:34
二年前ぐらいに知人からもらったもので、その人はトックリランと、言われましたが花が違うように思うのですが?

sanpo 9月21日(木) 15:07
もも様、こんにちは。
こちらは樹木専門で、私も草本には余り詳しくないのですが、ニセカイソウ(偽海葱):別名コモチランに似ているように思います。
なお、スレッドがバラバラになっているようですので、画像を(回転させて)こちらに移しておきます。
右上の「返信」をクリックしてから書き込まれると一つにまとまりますよ。
41709: もも 9月21日(木) 13:36
41708: もも 9月21日(木) 13:36
41705: シイノキ ですか? む〜〜 9月20日(水) 15:17
愛媛県内子町の 「屋根付き橋」を訪ねてみました。
池の向こう、屋根付き太鼓橋を渡って弓削神社です。
鳥居の手前にあるウロのある古木、
看板に「境内に椎木の巨木が茂っている」とありますが、
シイノキですか? 恐れ入りますがご指導下さい。

む〜〜 9月20日(水) 15:18
葉は遠すぎて〜

む〜〜 9月20日(水) 15:19
ウロの反対側から

Miyazaki 9月20日(水) 22:12
こんばんは。
2枚目のお写真の胴吹き枝の少し扁平に見える冬芽とその付き方は仰っていますシイノキ(スダジイかなぁ)のように思いますがどうでしょうね。
参考にスダジイの冬芽の画像を貼ってみます。

Miyazaki 9月20日(水) 22:25
む〜〜さん、私もこんなウロのある木(スダジイ)を撮っていました。上部のひび割れた樹皮の様子は似ているように見えますね・・・。

む〜〜 9月21日(木) 07:52
Miyazaki 様
ありがとうございます。
スダジイ ⇒ 普通に シイ と言われる
ヒントをいただいて 検索しました。
1枚目の上の辺り、若い樹皮と古い樹皮の様子
2枚目の葉の先端がとがっていること
巨木の立ち上がった根の写真
などから、へえぇ〜? そうなのかな? と
また、春に神社などで 強烈なにおい(臭い?)の ドングリの木、
スダジイなのかな?と思い起こしています。
ウロの写真をありがとうございます。
こんな姿でも大木を維持していけるのですね?
樹木の事がわからなくて、なのに自分の目に付いたものだけ知りたくて
で、記憶しない(年齢)…
でも、この頃 少し胸がつかえなくなりました。
おかげさまで〜 です。

Miyazaki 9月21日(木) 10:07
む〜〜さんおはようございます。
スダジイの開花時の樹頂ではこんな様子が見られますね・・・。
先のムロの木はこの中の一本です。

む〜〜 9月21日(木) 13:15
Miyazaki 様
うわぁ〜 壮観ですね?
名古屋の熱田神宮で5月頃のお茶会の時、甘ったるい? 臭いの下を歩きます。その頃の熱田の杜も、少しこんなでしょうか?
ありがとうございます。
私もお礼に
この屋根付き橋を渡ったら ウロのある椎木です。
41704: 候補をお願いします。 tenneko 9月19日(火) 21:43
八甲田、田茂萢の遊歩道沿いで9/5に撮りました。
ツツジの幼木とも思ったのですが、拠り所もなく、、
よろしくご教示くださいませ。

tenneko 9月19日(火) 21:47
周りにいくつか生えていました。ミツバオウレン、ハイ?イヌツゲ、マイヅルソウなどに囲まれていました。

ヨウアン 9月20日(水) 09:34
おはようございます。
昨夜から思い巡らし、ツツジの幼木として考えると、ごくわずかに鋸歯が認められますので、ムラサキヤシオかな?と。でも全く外れかも知れませんね、詳しい方のコメントをお待ち下さい。

tenneko 9月20日(水) 12:30
ヨウアンさんこんにちは。コメントをありがとうございます。

ムラサキヤシオと見ても差し支えないでしょうか!?
実は、葉脈等はムラサキヤシオに似ているかなとも思いつつ、どの個体も中心部に芽らしきものが見られず(写真がピンボケのせい?)これでもいいのかなぁ?と悩んでいました。検索でもなかなかぴったりのがなくて、、でも意を強くして「ムラサキヤシオ?」にしてみようかなという気分になってきました。(^^) 引続き検討はしてみたいと思います。

ひろし@小南部 9月20日(水) 21:51
私には木本の稚樹には見えないのですが、、、草本、例えばツマトリソウなんかだったらこんな印象にはならないかな、、、?
草本は花の時季以外の見分けは不得意なので自信はないのですが。

ヨウアン 9月20日(水) 23:33
こんばんは。
ひろしさん、いつもフォローして頂きありがとうございます。
ひょっとして草本の範疇かな?と恐れていたのですが案の定でした。
ツマトリソウを調べてみると初夏に7弁の白い花を咲かせ、ツツジのような頂花ではなく、葉腋からひょろっと花柄を伸ばしています。1枚目のお写真にはtennnekoさんの仰るように芽はなく、黒っぽい細い線状のものが見えます。よそから付着しているだけかも知れませんが、花の残骸のようでもあります。
tennnekoさんがムラサキヤシオを一旦考えられても慎重に回避されていたところ、余計なコメントをして申し訳ありません。
ムラサキヤシオはこちら西日本では分布外ですが、アカヤシオやアケボノツツジの幼木を見つけましたら、ご紹介しますね。

tenneko 9月21日(木) 09:47
ひろし@小南部さん、返信ありがとうございます。
草本も一応疑って、ツクバネソウではないし、、と思ったりしましたが、ツマトリソウは思いつきませんでした。改めて見てみると葉脈も葉の形もよく似ていて、ヨウアンさんも気が付いてくださった花柄の残骸?とも一致します。ツマトリソウの草紅葉、お陰様で出会うことができました。初めての青森遠征?にひろし@小南部さんのコメントを頂けてなんだか嬉しいです。

ヨウアンさん、丁寧にありがとうございます。写真がもっとクリアだったら良かったのですが、いつもなかなかちゃんとした写真が撮れなくて恐縮です。ツマトリソウは花の頃は見ていたのですが、葉は頭に入っていなかったようです。お陰様でツマトリソウに改めて出会うことができました。またツツジは苦手でヤナギの次に敬遠していたのですが、少し仲良くなれるといいなぁ、、なんて思いました。ヨウアンさんのおかげで投稿がほぐれてきましたこと、ありがたかったです。

草本の投稿になってしまい失礼いたしました。温かいご指導に感謝です。
41684: この木に惚れました  ひで木 9月16日(土) 23:23
名前や特性が知りたいです

ひろし@小南部 9月16日(土) 23:47
ヤマナラシ、あるいはその変種のチョウセンヤマナラシではないかと思います。ポプラの仲間で成長は早く、大高木になります。
ポプラの仲間(ハコヤナギ属)ですが植栽されるイタリアポプラよりは横に広がる形質があるのが普通です。けれども、この枝ぶりではイタリアポプラ並みに枝がが広がずに縦に伸びる個体かもしれません。
若木のうちはつるんとした樹皮をしていますが径30cmを越える頃からひし形の皮目が現れ、50cmを越えるとイタリアポプラに近い樹皮になり始めます。
葉柄の形が独特の縦長断面で葉は少しの風でも葉がそよぐので「山鳴らし」です。学名はPopulus tremulaですがtremulaという種小名は「震える」で葉が揺れやすいために命名されたようです。

ひで木 9月18日(月) 20:06
ありがとう御座いますm(__)m
ずっと調べてましたがわかりませんでした 追加で全体写真を送ります。
ポプラのように枝が上向きなのが素敵です!

ひろし@小南部 9月19日(火) 00:40
樹形はまるでイタリアポプラですね。欧州ではこの樹形〜糸杉形(fastigiata)が場所をとらないので人気があるようで、多様な樹種にこの樹形の品種がありますが、これもそのひとつかもしれません。であれば、在来のヤマナラシやチョウセンヤマナラシではなくてオウシュウヤマナラシ(英語名Aspen)である可能性が高くなります。とすればPopulus tremula var. tremula 'fastigiata'なんでしょうかね。

実はこのアスペンもヤマナラシP. tremula var. sieboldiiもチョウセンヤマナラシP. tremula var. davidianaもP. tremulaという種のなかの変種の関係です。ところがアメリカでのAspenはアメリカコロラド州の地名にもなってますが、同属近縁の別種P. tremuloidesというもっと樹皮の色が白いものになります。

ひで木 9月19日(火) 23:17
いろんなヤマナラシがあるのですね。
お陰様でなんとか造園業者に伝えることができそうです 北海道十勝地方国道38号線沿いに2カ所街路樹として小規模で育ってました うちの庭に欲しいのです

クサボケ 9月20日(水) 19:16
この樹形は印象的ですね。
Populus tremula 'Erecta' かもしれません。
エレクタポプラ、ヤマナラシ エレクタ、などの名前で流通しているようです。

ひろし@小南部 9月20日(水) 21:22
クサボケさんフォローありがとうございます。
なるほど、'Erecta'ですか、'fastigiata'なんてラテン語臭い専門語ではなくて、英語が分かれば‘直立’であることがわかる品種名ですね。
【編集・削除方法】
1:編集・削除したい投稿の冒頭タイトル左にある矢印マークをクリックします。
2:切り替わった画面で、ページ最下部の欄に、投稿時に入力したパスワードを入力します。
3:「編集」(返信がついていない最初の投稿のみ可能)か「自分の最後の投稿を削除」か「スレッド自体を削除」を選びます。
4:実行ボタンをクリックすれば編集画面に移るか削除完了します。
※文脈を乱さないために、返信がついた後や古い投稿の編集・削除はできない仕組みになっています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2017-9





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930