[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
田原市福江 辰巳屋 12月 6日(金) 17:50
田原市にある福江港は、江戸時代から昭和中期まで、三河湾の豊橋、蒲郡、熱田、知多半島の諸港と物資の交流があり、玄関口として栄えました。

福江の下地地区には、街並みがあり、呉服店、雑貨店、料理飲食店、菓子商などの店舗が軒を連ね繁栄しました。現在も看板や建物が残り往時の繁栄を感じることができます。

画像は、福江の昔の中心街に当たる所です。

辰巳屋 12月 6日(金) 17:51
画像は、最初の画像の右側の建物です。

辰巳屋 12月 6日(金) 17:52
現在も営業している料理旅館があります。大きな料理旅館です。

画像は、角上楼です。

辰巳屋 12月 6日(金) 17:53
画像は、井筒楼です。角上楼の別館のようですが、築二百年の旅籠をリノベーションした「井筒楼」は、立派な建物のようです。

七ちょめ 12月 6日(金) 18:30
この井筒楼も角上楼も同じ旅館なんですが、高級旅館過ぎてチョット泊れません。
旅籠宿に泊まるを初めてから、最初にリストアップした旅館なんですがね。
二人で泊って一泊一人35,000円から45,000円はしますね。
城崎温泉の西村屋と同じような価格です。
面白半分に遣っている趣味のお遊びではチョット。

万訪 12月 6日(金) 23:35
今岩国にいます。最終便で入りました。
しかし、辰巳屋さんは魔法使いのようですね。次々に町並みを発見していかれる。渥美半島の先端は鳥羽に渡る際に何度も通っていますが、この町並みは初見です。ほんとお見事です。
st0148.kanda-dcon1.nttpc.ne.jp
三州街道の街並み 辰巳屋 12月 5日(木) 05:45
万訪さんの離島への取組み積極的ですね。報告を楽しみにしています。

私は、本年最後の街並み探訪になりました。
名古屋から塩尻に至る、愛知県側からは飯田街道、長野県側からは三州街道と呼ばれているようですが、このうち伊那から三河地方の足助に至る三州街道を中心に訪れました。中馬街道や伊那街道の呼び名もあります。主な訪問地は、伊奈、飯島、宮田、市田、坐光寺、飯田、八幡、駒場、平谷、浪合、根羽、稲武、足助となるでしょうか。

伊那は、飲食街というか歓楽街というか、レトロな街並みが広範囲に広がっていました。
画像は、元町の割烹料理屋の並ぶ街並みです。この辺りは、三味の音の聞こえた町という看板がありました。
伊那には、錦町、通り町、入船町、旭町、古町がありいずれもレトロな街並みがあります。


辰巳屋 12月 5日(木) 05:46
画像は、宮田宿の中心街です。本陣は、中心街から3km離れた街はずれに移築されていました。

辰巳屋 12月 5日(木) 05:47
画像は、飯田の「くつわ小路」です。旧二本松遊郭のエリアは、全くの住宅街となっており、この「くつわ小路」にその名残りがあるようです。

辰巳屋 12月 5日(木) 05:49
画像は、稲武の街並みです。行政区域は豊田市ですが、三河地方の内陸部にあります。街並みとしては、約2km位の長さがあり、保存状態も良いと思われます。

太泉八雲 12月 5日(木) 20:01
飯田の「くつわ小路」いいですね。
小料理「みさと」も行ってみたい。良く見ると「貸宿」?興味あります。

孫右衛門 12月 5日(木) 23:09
この地域は7・8年前に一応は訪ねています。しかしその時は飯田の市街地は大火のため古い姿はないと思い込んでいました。やはり色々あるようですね。あちこちで聞きます。伊那市も昭和レトロ商店街なども魅力的なようで、1枚目は元は木造三階の老舗だったのでしょうね。
古い旅館に泊まり新たな町を少し加えながら再訪するというのもよさそうです。
その機会を狙いたいところです。

辰巳屋 12月 6日(金) 09:43
三州街道の宮田は孫右衛門さんの情報で、飯田の「くつわ小路」は万訪さんの情報です。

三河地方の内陸部には、簡単には行く機会がないと思い、三州街道のほかに、設楽、東栄町本郷、新城、大野なども訪問しました。
画像は、設楽です。栄町界隈に街並みがあり、旧旅館が何軒かありました。西町にも酒造場があります。
120050198241.mcat.ne.jp
今週末は瀬戸内海 万訪 12月 4日(水) 12:37
今週末は岩国を起点に、土曜日は周防大島の北側にある前島と先端にある情島、日曜日は岩国新港から黒島と端島へ行きます。孫さん、もしご都合よければご一緒にいかがでしょうか。

孫右衛門 12月 4日(水) 16:03
黒島と端島を訪ねられますか。特に端島には良い集落があるとの情報もあります。
日曜日に同行させていただきましょうか。なかなか単独では思い切りにくいですので。

なおメールを頂く場合は、以下にお願いします。
magoyemon\gmail.com
(\を@に変えてください)

PCの切り替えによりメインのアドレスが着信できなくなっているためですが、今後完全にこちらに移行する可能性もあります。
p891104-ipngn200608niho.hiroshima.ocn.ne.jp
久世の岡本館 七ちょめ 11月28日(木) 16:42
真庭市久世の岡本館に泊まります。
今日は寒いです。途中で津山市の城東地区も訪ねました。
改めて良い町並みが残っているのを確認出来ました。

Yasuko 11月28日(木) 20:45
岡山へようこそ、川の傍で景色がいいところでしょう。また感想をお願いいたします。
今日はちょっと岡山も寒いので風邪等ひかれませんように、お気をつけて旅を楽しんでください。

孫右衛門 11月28日(木) 22:09
岡本館の宿泊、泊まれるようになるまで苦労されたようですので、充実した宿泊となっていることでしょう。
津山城東地区は最近になって重伝建地区になったとは思えない良い町並が残っていると私も思います。そういえば津山には古い旅館が多く集まる一角がありましたが、今ではお多福旅館とと七ちょめさんの泊まられたあけぼの屋旅館くらいしかないですね。


七ちょめ 11月29日(金) 07:26
夕食は、息子さんが遣られている前の居酒屋で頂きましたが、宿泊のいきさつを話すと、家族連れの一般客や息子さん、従業員の姪さんを含めて、大ウケになりました。その後もお客さんが増えつづけ、満席になりました。先に帰られたお客さんが、面白かったと、私の肩を叩いて挨拶されて、息子さんがお客さんを連れてきた有り難い方と言われ、お客さん受けていました。
その上、市役所から紹介といはれる町並み愛好者を、私の隣の席に案内されても頂きました。
こんな歓待と接待は初めての経験でした。宿泊者は私一人でした。
ご主人がわざわざ部屋まで話しに来てくれたのにもびっくりしました。
いろいろ変わった経験をしました。

七ちょめ 11月29日(金) 16:15
今日は三朝温泉の木屋旅館に泊まっています。創業は明治元年で、写真の建物は江戸末期から明治初期の建築で、登録有形文化財に指定されています。

七ちょめ 11月29日(金) 16:21
上の写真は玄関ですが、この建物は玄関の右側の建築で、同じ木屋旅館ですが、昭和初期の建物だそうです。

七ちょめ 11月29日(金) 16:28
久世から随分遠回りですが、吹屋を訪ねました。町並みの変化は見られませんでしたが、吹屋小学校は修復中で、完璧な覆いが被っていました。

七ちょめ 11月29日(金) 16:33
そのついでに、宇治の仲田邸を訪ねましたが、休みか休業か判りませんが、門が閉まり人の気配がありませんでした。

孫右衛門 11月29日(金) 21:47
岡本館の夕食時は素晴らしい体験だったようですね。やはり宿泊の交渉に苦労された甲斐があったということでしょうか。
木屋旅館は泊ろうかと思ったことが何回かありました。
数年前辺りに倉吉周辺の出張が頻繁にあった時期があり、何軒か旅館や温泉旅館に泊まりましたが、この旅館は仕事で泊まるには少し高いので同じ三朝温泉でも「花屋別館」に泊りました。
いつか観光目的で泊ってみたいところです。

万訪 12月 1日(日) 10:15
いい旅をなさっていますね。岡本館の面白いお話、ぜひその場に居合わせたかったです。




七ちょめ 12月 1日(日) 10:57
旅館の内輪話も多く聞きました。生涯中学校の英語の先生だったご主人も、バブル期になんでお前の所だけ壊さないで古い建物のままなんだとと言われたそうです。
大女将が頑として古いままが良いと聞かなかったそうです。

辰巳屋 12月 4日(水) 05:27
ご無沙汰しています。先週は、長野県伊那地方と愛知県三河地方と静岡県浜松周辺を訪問していました。
昨日遅く帰宅しました。
久世の岡本館では、旅館や地域の人達と楽しい交流をされたようですね。旅籠宿めぐりの充実したひと時を過ごされましたね。また詳しいお話を聞かせてください。
120050198241.mcat.ne.jp
小笠原諸島に来ています 万訪 11月24日(日) 01:16
今父島にいます。小笠原諸島にやっと来ることができました。去年も予定していましたが、直前で仕事のトラブルが起きてキャンセルでしたから念願です。
東京から南南東約1000km。沖縄とほぼ同じくらいの緯度にある絶海の孤島です。島の発見は古く、西欧人も日本人も着目していました。江戸時代西欧の捕鯨船の寄港地となり、捕鯨船相手に商売をするためハワイから25人が入植しました。その後、日本人も八丈島から入植。ペリーが江戸にやってきた時も立ち寄っています。そして明治になり日本の領土として確定。東京へ向かう貿易船の中継地として、また農漁業の島として栄えました。農漁業は、例えば冬の野菜など江戸への高級食材の供給地だったそうです。だから、現在東京都なんですね。

万訪 11月24日(日) 01:28
父島の二見港に面する中心集落の大村地区です。明治期から戦前まで、港町として栄えました。東京で手に入るもののほとんどがこの街で手に入れられたといいます。しかし、第二次世界大戦で全島民が強制疎開させられ、戦後帰還し再整備されたのが現在の街です。現在は父島・母島にしか人は住んでいませんが、戦前は父島列島・母島列島そしてさらに300km離れた硫黄島にも人が住んでいました。
現在の大村・奥村地区には古い建物は残っていません。戦後帰還した際に建てられた都営住宅に多くの方々(企業の社長さんも)が住まわれています。世界遺産と観光の島として多くの人が訪れます。若い人たちが多く、なんでも手に入ります(高いですが)。でも離島ならではでのんびりしています。

万訪 11月24日(日) 01:33
父島母島には戦跡が多く見られます。瀬戸内の島もそうですが、離島の大きな役割は防衛です。小笠原の場合、アジアの植民地との通信の中継地としての役割が大きかったそうです。

万訪 11月24日(日) 01:36
母島は父島のさらに南、船で2時間かかります。ここも沖港にある沖村地区が大いに栄えていました。現在はのどかな島唯一の集落です。画像は戦前の写真ですが、如何に多くの人が住んでいたか。

万訪 11月24日(日) 01:46
上記の解説間違えました。白黒写真は、母島の一番北にあった北村の戦前の姿です。現在はこのように港の桟橋と小学校の跡だけが見られ、戦後の居住者はいません。とても綺麗で静かな入江です。

万訪 11月24日(日) 01:51
母島沖村にあった古い建物を小学校裏に移築保存されたもの。島で採れる石材を積んでいます。こういう作りからして、西欧人が入植した地であることがよくわかります。

万訪 11月24日(日) 01:57
小笠原諸島は東京以外の場所から行くにはハードルの高い離島ですが、とてもいいところです。町並みとしての見所はほぼゼロですが、何度でも行きたくなる島です。リピーターが多いこともうなずけます。
こんな離れた孤島に東京の郊外と変わらないような街があるというのも不思議な感覚。方言も無いですし、品川ナンバーだし。24時間の船も意外にも快適でした。また訪れたいと思います。

Kさん 11月24日(日) 07:18
島旅、ここに極まれりですね。

椎葉あり、小笠原ありと、さすがいらかぐみです。
こちらはせいぜい、京都と大阪のギャラリー辺りをウロウロ。

先日行った、京都市北区中川北山町の杉丸太倉庫群がちょっと遠出の部類です。


七ちょめ 11月24日(日) 08:40
小笠原諸島の探訪、素晴らしいですね。雨と心配していましたが良い天気のようで良かったですね。
青ヶ島はまだなんですね。ここが本命と思います。期待しています。

私も10月中旬に長野県北部を訪ねてから約1ヶ月、そろそろと思い小笠原のように遠くではないですが、28日から近くの岡山県と鳥取県の旅館に泊まってきます。
車での探訪ですが、免許返納まで2ヶ月程、車の旅を楽しんできます。

孫右衛門 11月24日(日) 12:00
ついに小笠原諸島への旅実行ですか。貴重な船便、旅客と貨物が混載ということからも伝わってきます。海の色から違いますね。写真を見るだけでも南洋、南国という感じがしてきます。
私にとっては探訪予定地候補にも挙げられない島々です。マリンスポーツや自然に視点を置いたレポートは多いのでしょうが、集落のレポートは珍しいでしょうから期待しています。

万訪 11月24日(日) 12:38
やっと大物を仕留めたというところで、感慨深いものがあります。まだ90余島ありますが2年で完結させるつもりです。大物はトカラ列島の未訪の2島と鹿児島県三島村の2島、そして最難関の青ヶ島と北海道厚岸小島です。
小笠原諸島の集落レポは初めてでしょう。年内にはあげたいですね。
igw7-71.it-ogasawara.com
椎葉に行きました 辰巳屋 11月21日(木) 06:22
宮崎滞在中には、椎葉に行き、椎葉、不土野、十根川に行きました。
椎葉の中心地には、鶴富屋敷を中心に、「つるとみ通り」という街並みがあり、「椎葉銀座」などという副題も付いていましたが旅館の多い通りのように思いました。

椎葉に行く途中には、「西の正倉院」を中心とした「百済の里」で地域おこしをしている美郷町南郷神門を訪問しました。

画像は、上椎葉の遠景、左山手に鶴富屋敷があります。

辰巳屋 11月21日(木) 06:24
画像は、鶴富屋敷です。

辰巳屋 11月21日(木) 06:29
画像は、「つるとみ通り」です。

この地域では最大の街場です。旅館・民宿・お土産店・スーパー・酒店・スナックなど揃っています。

Kさん 11月21日(木) 07:10
椎葉まで入られましたか。私も九州時代に一度、訪問しましたが、スケッチはなし。写真も撮っていないので、記憶も曖昧です。また行ってみたい。

七ちょめ 11月21日(木) 09:50
椎葉も五家荘などの九州の秘境は訪ねていませんね。行ったのは日之影町を2回訪ねたくらいです。そういえば高千穂峡も行ったことない。
訪ねる気になれば行けないことないとはおもいますが。古い旅館でも現役で営業されていると可能性は大きいのですが。

辰巳屋 11月21日(木) 12:08
椎葉を訪問するのは、大変な道です。現在は、道路もかなり改良されています。観光バスも来ています。毎年11月には、椎葉平家まつりが行われています。

椎葉には、老舗旅館風なものは、残念ながらありませんでした。やはり椎葉にやってくる旅人は山林資源を取引する人々の旅館なのでしょうか。

画像は、美郷町南郷神門の西の正倉院です。百済王族の伝説があり、百済王族の遺品といわれる二十四面の銅鏡が残されています。また、奈良の正倉院と同一品を含む、貴重な文化財が存在することから計画された博物館です。

七ちょめ 11月21日(木) 15:12
西の正倉院ですか。奈良の正倉院とよく似てますね。
椎葉村に観光バスが!!
道路が随分整備されたのですね。

孫右衛門 11月21日(木) 23:20
辰巳屋さんの挙げられた中で、重伝建地区に指定された十根川集落は訪ねていると思いましたがこれが椎葉村に属していましたね。鶴富屋敷も何だか見覚えがあると思い私のサイトを見返すと那須家住宅としてUPしていました。
それにしても宮崎県は遠いですね。飛行機で入れる東京からの方がよほど近いでしょう。鉄道の旅ではもちろん訪ねていましたが、町並探訪としては全国で宮崎県が一番最後になりました。この十根川などを訪ねたのが2011年で、宮崎県初探訪の時でした。

辰巳屋 11月22日(金) 10:02
椎葉へは、私は2度目なのですが、前回は、約20年も昔のことで、十根川の巨樹を目当てに訪問しました。九重・阿蘇から高千穂・椎葉・西米良と九州山地を縦走する旅行でした。
西の正倉院は、正倉院の図面を元に、屋根瓦や柱などのすべての部材や瓦の葺き方まで、奈良正倉院と寸分の違いもなく再建されたようですよ。

南郷神門には、明治から大正にかけては、企業家や商人が出入りし、街並みを形成していたようですが、現在は、古い建物では地元で「駐車場」と呼ばれる原田邸が残っているだけになっています。
画像は、神門の街並みです。左手が原田邸です。
120050198241.mcat.ne.jp
大分の街並み 辰巳屋 11月19日(火) 08:44
ご無沙汰しています。
11月に入り、宮崎に行き、2歳と零歳の孫と戯れていました。
昨日やっと帰宅しました。その間、掲示板を見なかったのですが、青ヶ島の話、岡本館とのやり取り、美山、広島の被服廠など、話題が豊富ですね。
往路の途中、大分県の中津市今津、長洲、山香、別府、大塔を訪問しました。今津は湊町の小さな街並みがあり、長洲の新町通や酒蔵通りには酒屋が4〜5軒ありました。杵築市山香は山香駅付近を中心に旅館が並びレトロな風景が残っていました。

画像は、山香のレトロな駅前通りです。街はずれには歓楽街の跡のような建物がありました。

辰巳屋 11月19日(火) 08:45
長洲の酒屋は酒蔵通りだけでなく、各所にあるという感じでしたが、画像は、賀久酒造です。右の建物です。

辰巳屋 11月19日(火) 08:47
画像は、四つ谷酒造です。周囲には料理屋と思われる建物がありました。

万訪 11月19日(火) 22:17
地名を聞いてもピンとこない。別府より北の町ですね。この辺りは、宇佐と高田以外行っていませんが、あるんですね。

孫右衛門 11月19日(火) 22:57
1枚目の山香駅前の風景、旅館の看板も見えますね。こういう風景を見ると駅というのが以前は比べ物にならないほど拠点だったことがうかがい知れます。

九州といえば今度の年末年始は年始側の休みが少し長めなので、鹿児島県の湯治宿的なところに泊りながら郷士集落や1日は甑島を訪ねるという探訪を企画しています。3泊する予定ですので少しはのんびりできるかと考えています。

辰巳屋 11月20日(水) 08:41
九州には縁がありますので、小さな街並みを見つけては紹介したいと思っています。

甑島への訪問は、伺っていましたが、正月に行かれるのですか。私も、何時かは甑島に行こうと思っています。甑島には麓集落が、里と手打にありますが、交通機関がどうなるのか。不明なことが多いため、行けません。教えていただきたいものです。
画像は、中津市今津です。小さな街並みです。

孫右衛門 11月20日(水) 10:32
川内港から高速船で里港まで渡り、里と中甑の集落を訪ねその日の夕方には戻ろうと考え、船も押さえています。下甑島は泊らないと訪ねられませんので省略します。現在橋が建設中のようで陸続きになればまた違うのでしょうけどね。冬場ですので島に泊る行程だと欠航になった時のリスクが大きいですので。
運航している甑島商船は串木野からのフェリーも出しているようですが、こちらでは日帰りはできません。

辰巳屋 11月20日(水) 19:32
ありがとうございます。
下甑島には、やはり1泊しないと訪れることは難しいのですかね。
孫右衛門さんは、甑島の他、鹿児島・熊本あたりの温泉地も計画されているようですが、私も湯ノ児温泉、湯の鶴温泉、市比野温泉は訪問したことはあるのですが、宿泊したことはありません。良い結果を期待しています。

画像は、別府浜脇温泉界隈の2010年の画像です。

辰巳屋 11月20日(水) 19:35
画像は、古い建物ですが、現在の画像は、マンションに代わっていました。
120050198241.mcat.ne.jp
万訪 11月14日(木) 23:41
青ヶ島村は、日本一人口の少ない市町村だそうです。
そうですね、すっかり離島マニアといってもいいでしょう。今年中にまだ18島いく予定です。旅館マニアの七ちょめさんに対抗して!

万訪 11月14日(木) 23:50
間違って単独で起こしちゃいました!

全国にある有人島が約400あり、そのうち橋が架かっていないのが、304島あります。さらにその中で、定期船がない島が14島ですので、定期船があって行ける島が290島です。今年中に248島に到達しますので、残り56島(定期船で行ける島43島)。こうなってくると制覇欲が出てきます。もう町並みの良し悪しなんぞ、関係なくなっています。


Kさん 11月15日(金) 06:58
トータルの数がはっきりしているのは、達成感があって良いですね。古い町並みにはベースとなる数字がありませんものね。
名古屋在住のスケッチの知人が、ちょっと前に100島を達成しましたが、これも凄い記録だと思っています。

七ちょめ 11月15日(金) 07:46
私に対抗して??。今年中に248島。よくもまあ。天文学的数字のようです。
私は身体と相談しながらの行動ですので、行動範囲は小さいものです。
慎ましく少しづつ遣っています。

太泉八雲 11月15日(金) 12:44
青ヶ島村は行ってみたい島ですね。
伊豆大島もまだ行った事がありません。
今年の年末年始は伊豆大島とか離島かな?でも年末年始に民宿が営業しているかは疑問。
帰りの事も考えると伊豆諸島や離島ももう少し先でしょうか。

今日のニュースで群馬県神流町万場の「今井屋旅館」に車が突っ込みましたね。建物に影響はなさそうですが、1F店舗部分がダメージを受けてしまっているようです。

七ちょめ 11月15日(金) 14:06
群馬県神流町の今井屋旅館の店舗??
店舗らしき場所はないですが、ニュースだけではわからないですね。
この旅館は夏に稼いでいるようですので、冬は影響が少ないにしても、建物被害がどの程度か??

太泉八雲 11月16日(土) 01:13
すみません、表現が悪かったです。
今井屋旅館は土日休日の昼間は1階が食堂になります。

七ちょめ 11月16日(土) 08:58
建物の全面中央から右寄りに車が突っ込んだのですね。
上手く建物の構造物を避けて!!。偶然でしょうが建物被害が少なくて良かったです。

孫右衛門 11月16日(土) 20:09
島の探訪も250に達しようと聞いて改めて驚きです。長年にわたって相当精力的に島を訪ね続けられた成果ですね。やはり一番最大の難関は島なのでしょうね。
私は繁忙期に入ることもあり、おそらくもう今年の探訪は終了です。
今井屋旅館は災難でしたね、ちょうど交差点付近にあるのでしょうか。

今週半ばにPCがダウンし、不自由な状態となっていました。飲み物を少し本体にこぼしただけだったのですが、あっという間に電源関係が死んでしまいました。買ったところに相談しても型も古いため部品交換は困難とのことでした。ノートパソコンは本当に水には注意しないといけませんね。もともとwindows7機で買い換え時ではありましたが。
今日本体を買い直し、とりあえず基本設定とネット接続、バックアップしていたデータの移行までは済んだところです。
バックアップされていなかった画像データがまだカメラのSDカードに残っていたのが幸いです。9月末の下関・北九州紀行以降はまだ作成できていませんでしたので、削除していたらOUTでした。まあHDDはいかれていないと思うので取り出すことはできるのでしょうが。しかし電源が入らない以上業者の厄介にならねばなりません。
そんな状態で、サイトの更新再開などは少し先になりそうです。

七ちょめ 11月16日(土) 21:24
PCの買い替えですか。大変。
いくらバックアップしていると言っても、設定やソフトウェアのインストール等、暫くはあれ〜、あれ〜という状態が、私の場合でした。

万訪 11月19日(火) 08:45
ノートパソコンがやられましたか。買い替え大変。やっぱノートはメイン作業にはいろんな意味でダメかなと最近感じています。動画編集など性能をあげようとすると高くつく。USBーCになって接触がわるいので、外付けハードディスクがすぐに修復を求める要求をしてくる(リセット)。水こぼしたら壊れる。デスクトップに切り替えたいと思いはじめてます。

七ちょめ 11月19日(火) 14:05
もう2〜3年前からパソコンを買い替えるか悩んでいます。
今のパソコンはウインドウズ10なんですが、文字の変換がどうも不調なんです。
と言いながらもうこのパソコンでハードディスクをを2度も取り替えましたが。
次に買い替えると最後のパソコンになるでしょう。
動画を触るとどうしても高性能のものが要求され高額の物になりますので、今の物を生涯使うか、最後の買い替えをするか悩ましいところです。

孫右衛門 11月19日(火) 22:10
私もいっそデスクトップと思いましたが今やごく限られた機種しかないようで、後継機を買いました。まあ故障もなく7年半も頑張ってくれましたので。それにしても水がかかるといとも簡単に壊れてしまうのですね。内部の水分が取れれば電源が入ることもあるとのことでしたが、結局再起不能でした。飲み物は本体から離して置くように意識しています。
HPの更新設定をはじめだいぶ環境は回復しましたが、困ったのがメールの設定がこれまでとは全く勝手が違っていて復活できていません。まあGmailやヤフーメールもありますのでそれほど深刻には考えていませんが。また一部のブログのパスワードがわからず、パスワードを再発行しようにも通知が不通になっているメールアドレス指定になっているので不可能なのも困ったものです。

万訪 11月19日(火) 22:10
いよいよ明日、小笠原諸島に行きます!来週月曜日まで帰れません。東京都なのに24時間かかります。どんなかなぁ。
pw126033082184.23.panda-world.ne.jp
真庭市久世の岡本館 七ちょめ 11月12日(火) 09:44
次回オフ会候補の一つと言われている久世の岡本館の女将を説き伏せてやっと泊まれるようになりました。
中々渋って泊めてくれないのを、説き伏せました。比較的息子さんなら大丈夫とおもったのですが、女将は手ごわいです。でも、印象はそれほど悪くはありません。
面白い宿泊を期待しています。
写真は取り出せないので、パソコン画面を写しました。


万訪 11月12日(火) 12:02
拒否られたのですね。2人客なら構わないが、1人客はとらないということでしょうか。あるいは、離島みたいに仕事でないと受けないとか。

七ちょめ 11月12日(火) 22:47
断られたわけで無いのですが、この日はダメ。この日もダメの連続でした。
何時なら可能かといえば、女将は一人ではねと!!あげくは宿泊は遣ってないとも。
でもあるとき息子さんが電話に出たのです。その時に一人でも宿泊は可能と言ったので、粘ってみました。
どちらにしても歓迎されない宿泊のようです。

孫右衛門 11月12日(火) 23:22
一人の宿泊は料理の手間がかかるので、歓迎されないのでしょうね。客室にもなるべく多くの客を入れて廻したいでしょうし。
ネット予約などで見ても、一人客はビジネスプランとして平日限定になっているところも少なくないようです。
東北などの遠方では大型連休でないと訪ねにくいですが、そのようなことで思うような旅館に泊ることができません。繁忙期が開けた来春に普通の土日に有給を重ねて計画しようかと思っています。
苦労して交渉してようやく泊れるということで、思い出深い宿泊になること間違いないでしょうね。是非感想をお願いします。
ただメンバーの方があらかじめ泊られた所は、オフ会の開催地としては外したほうが良いのではと思います。
旅館そのものは私も良いと思っていますが、開催地としても不便ですし。

七ちょめ 11月13日(水) 08:27
自分で多くある旅館やホテルに泊まらないで、ダメと言っている古い旅館に頼んで頼んで泊まりに行く。馬鹿なことしています。

万訪 11月13日(水) 16:32
なるほど、観光のない離島の旅館と同じように思います。大抵「仕事ですか?観光ですか?」と聞かれるので、躊躇なく「仕事です」と回答、次に何の仕事ですかと聞かれるので「建築の研究のためです」と大ホラを吹いています。泊まって仕舞えば関係ないので。

七ちょめ 11月13日(水) 18:09
離島の旅館も簡単でないのですね。宿泊客で一杯でなかったら全てOKと思っていました。
その地域、その旅館の事情など、考えてみれば個人の家の事情と同じですのでね。
大きなホテルなどはこうあるべきと決まっていますが、小さな旅館はその家の事情が最優先ですので、客側から見るといろいろと問題が発生しますね。
当たり前と言えば当たり前ですが。

万訪 11月14日(木) 10:16
船の運航の関係で島に泊まらないと仕事ができない島の場合、大抵宿がありますが、基本的に仕事優先ですので観光客断る場合があるのです。島のイベントがある場合も同様です。ですので、イベントのない土日の方が仕事の人がいないので、いい場合があります。
宿ではないですが、東京都青ヶ島への定員9人のヘリコプターも、平日は発売と同時に売り切れますが、土日は割ととりやすいです。しかし、日曜日に帰るつもりで欠航となった場合、月曜日以降のキャンセル待ちとなりますが、いつ帰れるかどうかわからなくなります。ですので、いく決断がつきません。

七ちょめ 11月14日(木) 13:39
東京都の青ヶ島。全く知らない島ですが、ネットで調べると凄い島ですね。八丈島から船でも行けるのですね。この島に人が住んでいるのと思いますが、道路は周回道路があるのですね。自動車も走っている。何か自動車が走っているのを見ると不思議にも思えます。

全くの離島マニアになられた??。私は努力しても生涯行けそうにはありません。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
京都府美山茅葺集落 七ちょめ 11月 8日(金) 16:22
良い天気に浮かれて京都府の美山茅葺集落に行ってきました。
今日は天気も良く、往復約200km弱の道のり、気持よくドライブができました。でも、チョットした失敗が。
自動車道に乗ってから気付きました。動画を撮るのに必要な三脚を忘れたことです。
お陰で持っていったビデオカメラが使えませんでした。ジンバルは持ってたのでデジカメで撮り、まあ、それなりに撮ってきましたが。
美山集落では、日本語よりも中国語と思われる言葉での会話が多かったです。


万訪 11月 9日(土) 10:04
いい天気が続きますね
最近の七ちょめさんの動画は、ジンバルではなくビデオカメラが多いのですか?

七ちょめ 11月 9日(土) 12:43
動画を撮るのは、デジカメをジンバルに乗せてと、ビデオカメラを三脚乗せての二つの方法で撮っています。
動画のUPは他に静止画を動画風にもUPしています。
今回の美山茅葺集落はビデオカメラを三脚にと思って家を出たのですが、三脚を忘れてしまいデジカメをジンバルで撮りました。

歩いてのビデオカメラの撮影はブレでダメですので。移動をして撮るのはジンバルで、位置を固定してその場の回転で撮るのはビデオカメラでと思っています。

万訪さんのDJI Osmo Pocketの調子はどうでしょう。大いに関心がありますので!!。

万訪 11月 9日(土) 14:36
DJI Osumo Pocket は中々の優れものです。安定度は素晴らしくよく、起動後斜めになるやつも30秒くらいで水平になります。充電も結構持ちます。弱点は音録ですね。デジカメもベストではないですが、それに対してややこもり気味です。持ち替えたりする音も拾います。レンズが小さいので暗さに弱く夜景は画質が粗くなります。「東欧を歩く」全てPocketですのでチェックしてみてください。
最近ではジンバル +デジカメとPocketを併用しています。ジンバルはとにかく水平が安定するのに時間がかかるのがストレスです。サッと取り出して撮りたい時とか、船の中の撮影など人目が気になる場所に向いています。音にこだわらなければ、Pocketで十分だと思っています。

七ちょめ 11月 9日(土) 18:01
DJI Osmo Pocketの画像を見て納得しました。用途通り良く設計されていると思います。
小型で携帯に便利が最大の売りですね。
自由の利かないときに威力を発揮しそう。情報提供願いありがとうございました。
感謝・感謝です。



孫右衛門 11月10日(日) 19:25
美山町の北集落は一度訪ねたきりですね。この写真を見ると、保存地区になってからの時間の経過のおかげか、コケなども生えて自然な感じになっているように感じます。
今日は市内に残る陸軍被服支廠という建物のガイドツアーに参加しました。躯体の構造は外壁は煉瓦造ですが柱や梁はRC造という珍しい形式の建物で、RC構造としてはほぼ国内最古という貴重なものです。それだけに補強も難しいのか、保存か取壊しかでずっとせめぎあっています。

万訪 11月10日(日) 20:06
見学できたんですか!私も興味あります。先日、学習院女子大の中にある古い校舎を見せてもらったんですが、陸軍の建物を再利用しているもので、全く同じ構造形式でした。珍しいですね。ただ保存するにはやりやすいですね。RCを強化すれば良いので!

孫右衛門 11月10日(日) 21:26
見学と言っても外からだけです。数年前の公開では定員制で中にも入れたのですが私は抽選に漏れましたし。強度不足が判明し内部は正式に立入禁止になったようです。
こういう構造の場合、RC部分だけ補強すれば良いのですか。そうなれば土木構造物と工法は同じと思いますので、困難には思えないのですが。

七ちょめ 11月10日(日) 21:29
茅葺きの家は2棟とも民族資料館で、平成12年に全て焼けてしまったのですが、その後再建されたものです。苔が見事に着いていますが、苔が付くと茅の寿命が短くなるのが難点です。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp

Password:
 cookie