288551
2018-7
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031





最新のコメント
by 七ちょめ(7/23)
by 万訪(7/23)
by 万訪(7/23)
by 孫右衛門(7/22)
by 七ちょめ(7/22)
by 太泉八雲(7/22)
by 太泉八雲(7/22)
by 孫右衛門(7/20)
by 七ちょめ(7/20)
by 万訪(7/20)
by 七ちょめ(7/20)
by 孫右衛門(7/19)
by 万訪(7/19)
by 太泉八雲(7/17)
by 万訪(7/16)
by 孫右衛門(7/16)
by 万訪(7/16)
by 万訪(7/16)
by 万訪(7/16)
by 七ちょめ(7/16)
by 孫右衛門(7/16)
by 孫右衛門(7/16)
by 万訪(7/10)
by 孫右衛門(7/8)
by Yasuko(7/8)
by 七ちょめ(7/8)
by Kさん(7/8)
by 辰巳屋(7/8)
by 辰巳屋(7/8)
by 孫右衛門(7/7)
by 七ちょめ(7/7)
by Yasuko(7/7)
by 七ちょめ(7/7)
by 万訪(7/7)
by 孫右衛門(7/7)
by 七ちょめ(7/7)
by Kさん(7/7)
by 七ちょめ(7/6)
by 七ちょめ(7/6)
by 孫右衛門(7/6)
by 七ちょめ(7/6)
by 万訪(7/6)
by 七ちょめ(7/5)
by 七ちょめ(7/4)
by 七ちょめ(7/4)
by 万訪(7/4)
by 七ちょめ(7/4)
by Kさん(7/3)
by 七ちょめ(7/3)
by 七ちょめ(7/3)
by 万訪(7/3)
by Kさん(7/3)
by 七ちょめ(7/2)
by 万訪(7/1)
by Kさん(7/1)
by 七ちょめ(7/1)
by 万訪(7/1)
by 孫右衛門(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 孫右衛門(6/30)
by 万訪(6/30)
by 七ちょめ(6/30)
by 孫右衛門(7/1)
by 万訪(7/1)
by 孫右衛門(6/30)
by 孫右衛門(6/30)
by Kさん(6/28)
by 孫右衛門(6/27)
by Kさん(6/27)
by 万訪(6/28)
by 辰巳屋(6/27)
by 孫右衛門(6/27)
by 七ちょめ(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 七ちょめ(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 太泉八雲(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by Yasuko(6/26)
by 七ちょめ(6/24)
by Kさん(6/24)
by 七ちょめ(6/24)
by 孫右衛門(6/24)
by 辰巳屋(6/23)
by 七ちょめ(6/23)
by 孫右衛門(6/23)
by 万訪(6/23)
by Kさん(6/22)
by 七ちょめ(6/22)
by 七ちょめ(6/22)
by Kさん(6/22)
by 七ちょめ(6/21)
by 万訪(6/21)
by 七ちょめ(6/21)
by 七ちょめ(6/21)
by 万訪(6/21)
by 七ちょめ(6/19)
by 万訪(6/19)
by 万訪(6/19)
by 孫右衛門(6/18)
by Kさん(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by Yasuko(6/18)
by 孫右衛門(6/18)

1524: 沖縄はトップシーズン 万訪 2月20日(土) 16:08
仕事で那覇にきています。2月のこの時期、沖縄はトップシーズン。プロ野球キャンプ、中国からの旅行者、国内の旅行者で超混み。ですが、中村家住宅はひっそりしてました。

万訪 2月20日(土) 16:09
座喜味城跡。なんで沖縄の城郭の石垣って曲線なのかわかりますか。

万訪 2月20日(土) 16:10
沖縄の桜。遅いそうです。

七ちょめ 2月20日(土) 16:39
北中城村大城の中村家、巨大な屋敷にどのように建っているのかも判らはい程複雑に絡み合った建物群。
見事としか言いようが無い家屋。
流石に重文と思います。
でも、近くには町並が無い、この中村家だけというのもチョット寂しいですね。

丸く加工された石は多分柔らかく加工し易いから?? 違うかな!!

万訪 2月20日(土) 17:54
この画像のように平面的になぜ曲線なのか。日本の城郭は直線ですが。
これは攻めてくる敵を向かい打つのに良いということだそうです。石垣の上から敵の横や後ろ側に回り込める。

万訪 2月21日(日) 18:35
仕事で訪れている那覇。昨夜は夜の街を歩きました。桜坂周辺が再開発で変貌していること、栄町社市場のアーケード街が飲み屋スポットで賑わっていることに驚きました。ここ一二年の現象だと思います。

万訪 2月21日(日) 18:38
今日は往復5時間弱をかけて、粟国島へ行ってきました。昨日結構するほど海が荒れていて、辛かったぁ。
uranoさんご指摘のように沖縄戦で米軍が上陸した島ですので、古い建物は残っていません。しかし戦後のRC造とフクギが見事でした。

万訪 2月21日(日) 18:39
戦後復興の町並みといえます。

孫右衛門 2月21日(日) 21:00
中村家が残っているのは奇跡といえるでしょうね。周囲にそんな雰囲気が無く、いきなり伝統的な民家が現れる。
仕事がらみとはいえ、ちょっとついでに沖縄各地を訪ねてくるといった感じで訪ねられるのは本当に羨ましい限りです。私など行くこと自体も年何度かない3日以上の休みのなかから振り向けなくてはなりません。
本島周辺の伊是名島と渡名喜島は次回の機会に組み込もうと考えていますが、いつになるやらです。

urano 2月22日(月) 07:34
先週のミニオフ会でうかがった粟国島、戦後の景観とはいえ屋敷林の残るいい集落ですね。
家をすっぽりと包み込む緑がいいです。
フェリーの時刻表を見ましたが、ここは日帰り可能なのですね。
こんど沖縄に行く機会があれば渡ってみたいです。

那覇の路地裏、赤提灯の写真もいいですね。

万訪 2月22日(月) 08:28
中村家は武士の家柄ではなく、農民が特別なコネで武士クラスの家を建てちゃったものだそうです。だから周りから浮いているそうな。
仕事での沖縄出張はこれで当分ありません。今まで恵まれていました。孫さん、伊平屋、伊是名に以前渡れなかったんでしたっけ。uranoさん、粟国は日帰りしましたが、やはり島はたっぷり時間とったほうがいいです。せっかく行ってもったいなかった。集落ばかりではなく周辺の環境みるのも大事ですね。
pw126152224162.10.panda-world.ne.jp
1523: 今度泊る旅館 七ちょめ 2月15日(月) 16:03
旅籠宿に泊るで今度この旅館に泊ろうと予約しました。
正面から見ると近代的な旅館です。
兵庫県姫路市にある塩田温泉の上山旅館です。
正面のビルの左側の木造建物の奥に屋根の棟と妻が少し見えている建物があります。
この建物が目的の建物で見晴館と言う建物です。明治7年創業時に建てられたものと云われています。

只何時も撮っている、正面の夕景写真をどうしようかと思案。普通にこの場所から撮っては旅籠宿にはなりませんので。

Kさん 2月15日(月) 20:45
塩田温泉って知らなかったけど、行きやい場所なんですね。創業300年とか、いい旅になりますように。

七ちょめ 2月15日(月) 21:27
この塩田温泉は学校を卒業して直ぐから、一度は尋ねないと思ってました。
昭和40年頃には4軒ほどありましたが、今では2軒になってしまいました。
温泉がみつかったのは300年程前ですが、初めは湯治場でしたが、この旅館が創業したのは明治政府が後押しして、全国の温泉地の開発に力を入れた時からになりなす。


七ちょめ 2月18日(木) 14:54
塩田温泉上山旅館に泊ってきました。泊った棟の見晴館は何処からも撮れない位置に建っていましたので、仕方なくその次に古い大正期建築の東館と本館の一部です。
今度は自動車で訪ねましたので、町並も少し訪ねました。
朝来市新井、神河町中村、神河町寺前、加西市横尾の4ヶ所ですが、最後に訪ねた加西市横尾が大変良かったです。旧西国街道横尾宿の町並が残っていました。次いで良かったのは朝来市新井で、神河町中村と神河町寺前はどうにか掲載はしようと思っていますが、今一つでした。


七ちょめ 2月19日(金) 09:31
写真は兵庫県加西市横尾、旧西国街道沿いの横尾宿の町並です。
塩田温泉上山旅館を朝9時頃出発しましたが、このまま帰れば10時半には家に帰り着いてしまう。余りに早すぎるので、何かブログネタでもと思い、加西市の五百羅漢を立ち寄った。
五百羅漢は二度目だし、まあ、写真を撮った程度だったが、そこで貰った案内に近くに横尾の町並があった。ダメモトと思って訪ねたが、結構良かったです。私の町並指数で50を付けようと思いました。画像がチョット ピンボケ様になっているのが気に入らない。
結局いろんなカメラを試すが(高齢になり重い一眼レフが負担に??、いや大きいのが邪魔に??)やっぱり全ての場面で万能に使用できる、ソニーα65にズーム範囲の小さいツアイスレンズをつけたものが万能のようだ。1kgの重さに耐えなければ思うように撮れないようだ。

孫右衛門 2月20日(土) 00:27
良い町並ですね。ただ2つだけ質問させてください。
この加西市横尾の町並は、北条町に隣接する地区のようで、どうも見覚えがありますので、私の写真を確認しましたが、どうも確証が取れません。北条町と同じ道筋にあるのでしょうか。
また、ここでいう西国街道とは旧山陽道とはまた別の街道の呼び名なのでしょうね。

七ちょめ 2月20日(土) 09:42
場所はこの位置です。孫右衛門さんが北條を訪ねられた時に行かれている場所かもしれません。http://www.mapion.co.jp/m2/34.933089586048055,134.83810184509144,16
ただ、私は加西市北条町北條しか訪ねていないので、新鮮に感じたのでしょう。
北条町北條の隣が北条町栗田そしてその隣が北条町横尾になります。

旧西国街道と安易に書きましたが、入手したパンフレットの一つを見て安易に西国街道と書きましたが、実際は横尾街道とか丹波街道とか言われていたようです。
考えもしないでパンフレットの一部を見て安易に書いたことをお許しください。
でも町並は加西市教育委員会が広報活動に力を入れている地域で大変良かったです。

七ちょめ 2月20日(土) 10:58
孫右衛門さんが関心を示されたので、急いで横尾の町並の画像のみをUPしました。
http://matinami.o.oo7.jp/kinki2/kasai-houjyou-yokoo.html
どうでしょうか、訪ねて居られるでしょうか。

七ちょめ 2月20日(土) 15:56
今日、横尾の町並をUPしましたが、やはりピントの悪いのは否めません。電線などはボケてしまっています。状態はカメラブレの様な感じですが、カメラブレするようなシャッター速度じゃないのですが。

孫右衛門 2月20日(土) 22:40
七ちょめさんの掲載された写真を見ましたが、ここは歩いていました。「高井家」として載せられている旧宅付近を私のページの1枚目に載せていました。
ここの町並が強く印象に残っているのは、歴史散歩の本で「駅前から古い町並を通り・・」といったくだりがあって、それだけを頼りに訪ねて探り当てたからです。その後、「日本の町並み」に載りました。
兵庫県では似たような町並に篠山の福住があります。こちらも地名辞典の文だけが頼りでしたが、それが重伝建にまでなったのだから驚きです。


七ちょめ 2月21日(日) 09:08
孫右衛門さんは訪ねて居られましたか。
この高井家と斜め前の水田家の2軒が登録有形文化財に指定されていて、水田家が公開されています。
高井家と水田家辺りから東200m程に町並があります。即ち高井家と水田家が町並の端になっています。

M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1520: パソコン故障 kさん 2月12日(金) 07:22
ちょっと前から調子が良くなかったパソコンが昨夜立ち上がらなくなりました。
ここへの投稿やサイトを覗くのは家内のiPadで何とかできますが、ホームページの更新もできませんし、メールも使えません。困った。

七ちょめ 2月12日(金) 08:49
パソコンが起動しないのは困ったことですね。
買換えは簡単ですが、データーや新しいパソコンにアプリのインストール等を思うと大変。
気が重くなりますね。
どちらにしても上手く解決できます様に!!

七ちょめ 2月12日(金) 20:07
新しいパソコンで遊んでいると思えば、設定やインストールの煩わしさも軽減される??。
頑張って!!  頑張って!!

kさん 2月12日(金) 21:13
ウインドウズ10の新パソコンを買いましたが、初期設定等を自分でやる自信がありませんので、機械はまだ店にあります。古いホームページビルダーなどが使えるかどうかはこれからのこととなります。
七ちょめさんに励ましてもらいありがたく思っています。

万訪 2月12日(金) 22:13
Kさんが大変だ。パソコンの不具合&乗り換え苦労しますね。しばらく辛抱、頑張ってください。

七ちょめ 2月12日(金) 23:30
新しいパソコンを買換えないといけない場合に、私ならどうしよう。
今まで20年間で5台のパソコンを買ってきた。
ウインドーズ95、ウインドーズ98、ビスタ、ウインドーズ7、ウインドーズ8と5台ですが、今のウインドーズ8ももう2年以上使っている。今までの例からもう2年位は大丈夫と思うが、次の2年後には82歳の高齢になります。
今までは初期設定を含めて全て自分で熟してきたが、次はどうするか。もうパソコンを辞めてしまうか、それとも初期設定などは業者に頼むか、それとも自分でする馬力と記憶力が残っているか。
物忘れが多くなり、昨日まで出来ていたことが ?? の世界に入っているので、パソコンを続けていても多分業者に頼むことになるでしょうね。

孫右衛門 2月14日(日) 12:15
今環境を整えられている頃でしょうか。パソコンは消耗品ですのでいつかはダメになるものと思っていても、いざとなれば慌てますね。私も今のWindows7機を緊急購入したときは、サーバーの移動とも重なって随分不自由しました。10は無償アップグレードを推奨してきますが、今のPCの寿命、そしてこのアップグレードによるトラブルも少なくないようですので、当面見送りです。

Kさん 2月14日(日) 21:21
セットアップの終わった新パソコンがようやく手元に来ました。自宅でネット接続を完了、とりあえず「ウイルスバスターの有効化」だけを行いました。後は明日以降・・・。

Kさん 2月18日(木) 07:29
皆さんから励ましをいただき、七ちょめさんからはアドバイスもいただきましたが、いろんなところへ電話したりしながらようやく以前の機能(メールのやりとり、ホームページの更新など)を取り戻すことができました。やっと酒がうまく飲めるようになりました。ありがとうございました。

別件。鞆の浦の件、当然の結果とはいえよかったですね。

万訪 2月18日(木) 08:32
Kさん!お疲れ様でした!
さぞお酒が美味しかったことでしょう!
pw126205081079.3.panda-world.ne.jp
1522: 宮島の門前が重伝建に向け大詰めに 孫右衛門 2月14日(日) 22:26
先日、地元の新聞に宮島の通称町家通りをはじめとする町家地区、大聖院門前の社家地区などをが重伝建地区への選定に向け大詰めに向っているという記事が出ました。
長年の努力がようやく実を結びそうな段階になっているようです。
皆さん一度は町家地区を含め訪ねられているとは思うのですが、観光客の大半は神社を訪ね、せいぜい土産物街を冷やかして終りというパターンがほとんどでしょうから、重伝建となることはとても意義あることと思っています。実は世界遺産登録後、外国人観光客を含めた認知度の増加に反し、島内人口は減少を続けており、空き家も増えています。伝統的建物の現象に歯止めが掛かる事も期待したいところです。
詳しくは、私の「まちなみ新報」内で新聞記事を記録しましたので、そちらも合わせてご覧ください。
http://machiissue.exblog.jp/

万訪 2月15日(月) 08:44
孫さんもエキサイトブログしてたんですね。今頃知りました。もう町並み保存は重伝建しかないのでしょう。

urano 2月15日(月) 12:32
ついに宮島が重伝建に選定されるのですね。
厳島神社には二度行っていますが、町家通りは素通りしただけですし、大聖院門前は未訪問なので、いずれ見に行かなくてはと思っている場所のひとつです。

七ちょめ 2月15日(月) 14:57
宮島の孫右衛門さんの写された場所からの写真を撮るために3回この場所を訪ねているのですが、結局一回も撮れていません。
宮島自体はもう5回も6回もたずねているのですがね。
一回目は町並を町並目的で訪ねたとき、そして昨年11月の広島のお好み焼き云々と言っていた時です。
この時は夕方訪ねて撮ったのですが、画像をみて違うなあと思い、朝食後出発するまでにもう一度訪ねて撮ったのですが、やはり何だか違うなあと思いながら今に至りました。
そして、この孫右衛門さんの写真を見て、なーんだ もっと塔の近くから撮っておられるのかといま気付きました。
ドンナ話。
投稿写真は一番最後の朝方撮った写真です。この辺りからの写真は大量にありますが、一番近くからの写真は一枚もありません。

孫右衛門 2月16日(火) 00:01
七ちょめさんの写真の辺りから塔の下あたりまでが一番この界隈では町並らしいところでしょうね。県内ではここと鞆の浦が重伝建になると、ひとまず私の気は落ち着きます。
エキサイトブログは細々ですが続けていますよ。これは新聞記事の覚書みたいなものですが。もう一本の「街角風景」は、もう10年近くになります。余り力を入れていないというかなかなか手が回らないので、投稿も一月にせいぜい4・5回程度ですね。
p535129-ipngn200506niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1521: 東京ミニオフ会 万訪 2月14日(日) 05:39
昨日は東京組が新年会をやろうということで集まりました。ただ、残念ながら太泉さんが急遽仕事で来られなくなってしまい、Uranoさんと万訪で行いました。
御徒町駅で15:00集合し、台東区の非戦災地区を歩きました。台東→小島→東上野→入谷→下谷と歩いて三ノ輪で呑み会。uranoさんお疲れ様でした。太泉さん、近いうちにまた企画します。

urano 2月14日(日) 08:23
万訪さん、昨日はありがとうございました。
旧下谷区にあんなに銅板建築が残っていたとは、驚きでした。
非戦災地図も町歩きでこれほど力を発揮するとは、思ってもいませんでした。
あと、万訪さんのブログ、レポ早いですね!
また近いうちにお会いできればと思います。

七ちょめ 2月14日(日) 13:17
東京ミニオフ会があったのですね。
町並を歩いて一杯飲んで、大いに喋って!!
楽しまれましたか。
この写真ですが、茶色の部分は木製の柵を塗装したのでしょうが、その横のスクラッチタイル様のものは何でしょうか。スクラッチタイルしか思い浮かばないのですが、それにしては木製の柵が不思議とも思えるし。

少し前には大阪組もKさんと一緒に楽しく飲みました。町並を歩いていないのでミニオフ会と云えるか??
でも、同世代 (と云えばKさんに悪いですが) の二人、午後5時から9時半頃までの4時間半と長い時間、よく飲んでよく喋りました。
自宅に帰ると家内が、おっちゃん二人長い時間なにを喋っていると呆れられました。でも楽しかったです。

万訪 2月14日(日) 16:20
昨日は結構飲みました。後半飲んだホッピーがいけませんで、中身の酒が悪かったんだなぁ、残りました。
画像はタイルですよ。横方向のスクラッチは珍しいですね。このあたりの非戦災地区もいよいよ変わり始めたようです。
i60-43-49-28.s30.a048.ap.plala.or.jp
1519: 蔵前徘徊 2月11日(木) 22:14
今日、52歳になりました。関係ないけど東京都台東区蔵前界隈を歩きました。隅田川沿いの浅草より南側あたりです。
戦災にあってるエリアですが、戦前の教会が残っていました。関東大震災後にこの場所に移って新築され、戦災で内装は焼けたけれど、戦後地域の方々の協力で復旧されたのだそうです。まだまだ東京は面白いところたくさんあります。

万訪 2月11日(木) 22:17
インテリア
屋根の架構が綺麗でした。

万訪 2月11日(木) 22:18
戦後のモルタル系の建物。倉庫を改装したカフェです。中々オサレでした。

万訪 2月11日(木) 22:20
東京では、戦後復興期の町並みが輝きはじめています。

孫右衛門 2月11日(木) 23:15
都市の多彩な年代の表情が複雑怪奇に広範囲に展開するという意味では、東京はとても面白いところである意味とても羨ましく感じます。
戦後の復興期の建物も、東京にあっては既に古い町並の一つになっているのですか。
蔵前というと、私の印象は以前国技館があったところ、そして同じ地下鉄での乗換えで地上を延々と歩かされて不便な思いをした思い出があります。

七ちょめ 2月12日(金) 10:41
万訪さんの撮られているこの写真はニッコール200mmのレンズでしょうね。
普通町並を撮る角度とは全く異なりますので、新鮮に感じます。

万訪 2月12日(金) 16:18
この4枚はニッコール28mm F2.8 で撮影しました。
ニコンはD7000を所有していた時あまりいい印象がなかったんですが、今回もらった28mm,
50mm、200mmいずれも写りが素晴らしいと思います。ちょっと見直しました。
これらは高級レンズじゃ無いと思いますが、七ちょめさんが言われていたように、昔のニッコールレンズは作りが良いのでしょう。

七ちょめ 2月12日(金) 16:58
フルサイズの28mmなら随分広角ですが、画像に歪が無いので200mmと思いました。
特別なアプリで画像処理をされたのですか。
建築写真の様に画像に歪がありませんので。

万訪 2月12日(金) 22:16
あたりです。iPhoneのアプリで煽りをとりました。

七ちょめ 2月12日(金) 23:35
上手いこと誤魔化されてしまいましたね。28mmのワイドレンズですか。
iPhoneのアプリでなくて、パソコン用のこの様なアプリもあったら良いのに!!

七ちょめ 2月13日(土) 22:29
建築写真用のアプリなどと云っていましたが、私が知らなかっただけで、画像処理ソフトのフォトショップで簡単に補正できることが判りました。
レンズ補正をクリックするだけで自由にアオリや歪みが補正できます。只邪魔くさいだけです。
まあ、建築写真は直角が正確に出るようにした画像ですので、自然さを言うとチョットと思いますので、私は余り使用する機会が無いと思いますが、一度やってみます。
パソコン上でのテストでは簡単にできましたのですが。

七ちょめ 2月13日(土) 22:38
一人寂しい食事の画像を、建築写真の様に補正してみました。
いとも簡単にできました。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1518: 伊勢市二見浦の麻野館の夕景 七ちょめ 2月 9日(火) 14:32
8日〜9日と伊勢市二見浦の麻野館に泊ってきました。
建築当時から殆ど増築はされていませんが、複雑な構造の大きな旅館でした。
後ろの大きな建物は別の旅館です。
伊勢市は何回訪ねるやら、三重県の旅館の宿泊ばかりが増えます。
三重県で、あとリストアップしているだけで、伊賀市(旧上野市)の薫楽荘・松阪市の鯛屋旅館・伊勢市の山田館・星出館があります。

万訪 2月 9日(火) 22:45
二見浦の麻野舘はいかがでしたか?この旅館群、今でもあれだけの旅館にお客がくるものかと思ってしまいます。実は、伊勢オフ会では二見浦でもいいなぁと思ってました。
しかし伊勢というのは、実に多くの人を呼び込んできた観光地なんですね。

Kさん 2月10日(水) 08:52
二見浦の夫婦岩というのはいつだったか覚えていませんが、一度ならず見た覚えがあります。関西人にとって伊勢ってそんな存在なんですね。

七ちょめさんのブログで夕食風景を拝見。晩飯はやっぱりみんなでワイワイやるのがいいですね。

七ちょめ 2月10日(水) 09:22
この麻野館は大変大きな旅館です。一晩泊った位では建物の構造は理解できません。
部屋の数も幾らあるか、まあ、一般客向けの部屋は20室は下らないでしょう。そして巨大な大広間もあります。その他に間仕切りを付けたり外したりしての、団体客用の部屋も多く、小学生から高校生までの団体の海水浴客の受け入れを狙っているような建物でした。200名くらいの小学生や中学生なら通常の営業で受け入れるそうです。
一軒おいて隣の「いろは館」という旅館があったのですが、最近、麻野館が買い取り、今は麻野館の別館として営業されていますし、道を隔てた前の伝統的な建物も買収して、お雛様の展示場として開放されていました。
と云っても、泊った当日の宿泊客は私一人で、食事も立派な和室の真ん中で一人寂しく頂きました。料理も良かったのですが、一人では味気ないものです。

オフ会の宿としても大変良いと思いますが、麻吉旅館と同様、翌朝の散策が問題で、近くに適当な散策場所が無いのです。

写真は私のブログに掲載して居る写真をもってきました。食べ終わり部屋を出ようと振り返ってみると、一人寂しく頂いた食事の後です。料理の皿は適宜下げられていますので、余り残っていませんが、侘しさを感じ取って下さい。

孫右衛門 2月11日(木) 23:11
この規模の旧来的な伝統的旅館が非常に元気な姿で営業されているというのは、伊勢地区の特徴なのでしょうね。
私も二見でのオフ会というのもありと思っていますが、もう内々に決定でしょうか・・

七ちょめ 2月13日(土) 10:49
二見浦の旅館でオフ会の線もありますが、ここも古市の麻吉旅館同様に、翌朝の散策に問題を残します。朝食前の町並歩きを無しにするのなら、この二見でも古市でも良いのですが。

と云いますのも、最近のオフ会の流れとして、全員で参加する町並歩きは朝食前の散策だけになり、その後は各人自由に行動するパターンになっていますので、全員で歩く早朝の町並歩きを重視しなくては成らないと思います。

万訪 2月13日(土) 14:40
二見浦もオフ会にはふさわしいと思いますが、やはり今回は宇治山田がいいでしょう。朝飯前の散策とその後の展開を考えると。

七ちょめ 2月13日(土) 15:20
私も宇治山田で、山田館本館での開催が良いと思いますね。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1517: 伊賀市の旧上野市街の町並 七ちょめ 2月 2日(火) 19:44
古い町並でも、最初の頃に訪ねた町並は、写真をフイルムで摂っているし、訪ね方も今と随分異なる。伊賀市の旧上野市はそんな町並の探訪だった。

訪ね直さないと思っている町並に伊賀市(旧上野市街)がある。
今日改めてストリートビューで町並を訪ねると、古い町並が町中にある。
京都市内も古い町並が町中にあるが、モット伝統的な家屋が多く点在・連続して残っている。
長浜市も町中に多く残っていたが、それ以上と思う。

近い将来、改めて訪ねたいものと思う。古い旅館と絡めて訪ねるか、日帰りで訪ねるか検討しようと思う、どちらにしても近いので簡単に訪ねられる地域。

孫右衛門 2月 3日(水) 00:54
旧上野市は私は泊りがけで探訪したことがあります。その価値のある町並でした。
面的に古い建物が残っているので、あれでも網羅できたのか今でも不安です。
古い町並としての見所が取り立ててないままというのも、また京都の市街地とよく似ていますね。
私も再訪したい町の一つです。
こうしてみると京都の町家そっくりですね。

万訪 2月 3日(水) 07:53
2005年に歩いていますが、全く記憶がない。自分のデータベースみたらそこそこ見てはいる。七ちょめさんが着目されているということは、改めて見に行くべき町並みということですね。関西出張の帰りにでも寄ろうかな。

万訪 2月 3日(水) 08:31
トップの写真が見当たらない。見落としているカ所が多々ありそうです。

七ちょめ 2月 3日(水) 09:22
実は、今度のオフ会の会場探しの一端としても、街中の様子をストリートビューで探していたこともあります。
私のページのトップの画像と同じところの写真が、太泉八雲さんも掲載されています。町中の南部で愛宕町(現上野愛宕町)だったのは判っているのですが、ストリートビューで探すのですが見つかりません。
一度に無くなることもないでしょうから、もう少し丁寧に探そうと思います。
画像が掲載できないのです。長い間フイルムスキャナーを使っていないからか、故障したのかフイルムスキャンが出来ません。業者でデジタル化するほどでもないしと、画像無しの投稿です。

七ちょめ 2月 3日(水) 09:39
上野愛宕町の町並を見付けました。
http://www.mapion.co.jp/m2/34.75807953415005,136.12787960064924,16
今でもそのまま残っていました。


七ちょめ 2月 3日(水) 14:11

今改めて見ると、東側(左側)の建物がもう取り壊され更地になっています。ストリートビューがこの地点で切り替えになり、2012.12の画像には東側(左側)の古い建物写っていますが、2015.2の切り替わった画像には建物が無く、トタン塀で周りが囲われています。


Kさん 2月 3日(水) 20:15
伊賀上野は町中に古い家屋が散らばっていて、ポイントが絞りにくいですね。私はほぼ一日ここで過ごしましたが、うろうろした結果「上野・広小路」(この名前は東京よりこちらが先とか)に近い農人町で1枚描きました。太泉八雲さんがトップに載せられている場所でした。
今日、ストリートビューで眺めてみると、向こう側の家並みの一番手前が空き地になっていました。今度行ったら、向こう側から手前に描いている薬局の妻側を描こうと思っていたのでがっかりです。

urano 2月 4日(木) 19:57
伊賀上野は2014年8月のお盆休みで行きましたが、皆さんが挙げられている地区はほとんどカスってもいません。
いったい、どこを歩いていたんだか。。
ここでの思い出は、偶然見つけたレトロ銭湯の「一乃湯」に寄ったことです。
「こんな銭湯がある町ってうらやましいな」と思いながら浸かりました。

万訪 2月 5日(金) 08:56
Kさんのスケッチ、こんなに町並みが繋がってるところあったのかなぁ、記憶にない、、、
Uranoさんの写真もいいですね。ネオンに誘われてこれは入りたくなります。

ところでそろそろオフ会のこと決めないとですね。日程から話し始めませんか。私の都合からで恐縮ですが、5月中は難しく、6月でお願いできればです。

七ちょめ 2月 5日(金) 14:50
ここ暫く葬式が続いていて、昨夜のお通夜に続いて、今日の葬儀に参列してきました。
精進上げから初七日の法要までのフルコースです。
1月末から続いての葬儀参列です。

オフ会の件 5月はKさんも彼の個展で5月はダメとのことです。万訪さんも5月はダメなら、6月初旬にしましょう。

Yasuko 2月 6日(土) 00:23
オフ会の件、皆様の都合に合わせます。何時でもいいです。

場所はどこになるのでしょうか。

Kさん 2月 6日(土) 09:07
オフ会日程について、すでに七ちょめさんが私のことにも触れていただいていますが、6月初旬が好都合です。

今回は私も幹事を仰せつかっていますが、行先は何となく伊勢方面という雰囲気になっていましたね。私個人としては先日、七ちょめさんが挙げられた旅館のうち、3階建ての山田館に興味があります。近鉄やJRの伊勢駅からも至近距離だし、朝、みんなで外宮にお参りするのも一興かと。内宮にはお参りしたことがありますが、外宮にはお参りしたことがありません。

万訪 2月 6日(土) 09:46
6月初旬いいですね!伊勢いいですね!
宿はどこでもOKですが、麻吉と星出は泊まったことがあるので、外宮近くの三階建てに興味あります!伊勢になれば、前後どちらかで鳥羽諸島の残りの1つである菅島に行きたいと思っています。


七ちょめ 2月 6日(土) 10:45
6月初旬ならば4日〜5日と11日〜12日になりますね。
このどちらかで検討しましょう。ご都合などを表明して下さい。

伊勢市の外宮近くの3階建ての山田館本館(変わった建物)(別館でない)の案がKさんと万訪さんからでていますが、私も山田館に一票です。

以前太泉八雲さん・Yasukoさんから麻吉旅館との意見が出ていましたが、Kさん・万訪さん・私の3名は既に麻吉旅館に泊っていますので、成るべくなら山田館でお願いしたいのです。

山田館と仮定して恒例の朝食前の探索は、やはり古い町並で少し遠いが(歩いて約15分)河崎の町並探訪とした案を提案いたします。

urano 2月 6日(土) 11:53
昨年に続き、今年もオフ会に参加させていただきたいと思います。
6月は全週末空いています。
場所(開催都市・宿泊施設)についても皆さんのご都合に従います。
伊勢市開催でしたら、オフ会前後に志摩各地や旧三杉町方面、可能であれば奈良県南部まで足を伸ばそうと思います。

Kさん 2月 6日(土) 17:22
6月の4日〜5日と11日〜12日の選択なら、できれば4日〜5日の方がありがたいです。でもまだご都合を聞いていない孫右衛門さんと太泉さんの都合に合わせます。

太泉八雲 2月 6日(土) 22:58
伊賀上野は3〜4回訪れていますが、奥行きのある面白く良い町だと思います。
町並みは大和街道の農人町付近と愛宕町付近に集中していますが、URANOさんが撮られているような銭湯もいくつかあります。古い伝統的な旅館があればオフ会の場所としては候補にあがるのですが...。

さて、伊勢オフ会の話題になっているようで、書き込みが遅れてしまい申し訳ありません。
「麻吉」には特にこだわっていない。(いずれは一人でもいくつもり)ですので私的には山田旅館で異論はございません。ただ、毎年の事ながら日程は不確定。参加は直前にならないと分からない状況ですので、そこはご容赦ください。

門前の旅館でいうと、出雲大社門前の「竹野屋」もいずれ泊まってみたいと思っています。

孫右衛門 2月 6日(土) 23:13
オフ会の日時は問題ありません。むしろ5月はサミットがあって不適と思います。
場所は去年から伊勢の線が出ていたので大賛成ですが、旅館はいきなり具体名がでてきてまだ付いていけてません。まだ2月頭ですので、もう少し考える余地がほしいです。

七ちょめ 2月 7日(日) 08:52
随分早いですが、概略と云うことでまとめておきます。

オフ会の日時は 6月初旬 中でも4日〜5日に全員同意と受け取っておきます。

場所は伊勢辺りとぼやけていますが、宿泊する旅館はKさん・万訪さん・私(七ちょめ)・太泉八雲の4名が山田館で良いとのこと。

Yasukoさん・uranoさんはお任せと6名の意見が出そろっています。

孫右衛門さんは考慮中と云うことで、一段目の進捗状態で、一旦はオフ会の話は終わっておきましょう。

孫右衛門 2月 7日(日) 23:13
山田館が私の知識として乏しかったから一旦保留にしたのですが、良い旅館ですね。
以前出ていた星出館は河崎地区にあり、ロケーションとして良いと思っていましたが確か食事別ということでしたか。
やはり、食事懇親会まで一館完結の方がよいですので、私は異存ありません。
また、近いうちにあらためて活発化、具体化させましょう。

万訪 2月 8日(月) 09:03
七ちょめさん、取りまとめありがとうございます。
今回幹事は関西班だったでしょうか。
日程が決まればそれぞれの計画も立てられますね。

Yasuko 2月 8日(月) 18:58
山田館は木造三階建てですし、写しに行きたいなと思っていました。泊まれるとなると嬉しいです。
関西の皆様幹事お世話になります。
201.101.223.223.megaegg.ne.jp
1516: 200mmは難しい 万訪 1月31日(日) 15:12
先輩にニコンFEとレンズ3本をいただきました。
ニコンFマウント→ソニーE マウント
の中古品を手に入れて、
ニッコールーQ Auto 1:4 f=200
で丸ノ内を撮ってみました。

望遠はいままで使ったことがないので、どう撮れば良いかわからずテキトーに。持ち運び大変ですが、面白いかも。しかし撮ってみて町並みには難しいなぁ。

万訪 1月31日(日) 15:17
長いです。手持ちじゃぶれますね。

万訪 1月31日(日) 15:18
街角の人を撮るのには良さそう

万訪 1月31日(日) 15:20
どなたかご指南を、勉強します。


七ちょめ 1月31日(日) 18:58
懐かしいカメラの名前。ニコンFE そんなカメラもありましたね。
もう40年も前の銀塩カメラ。ニコンFMやニコマートEL等と共にニコンの中級機。
カメラもレンズも重い重い。三脚に据えないとチョット扱いにくい重さ。
オールドレンズを最新のデジカメに取り付けて楽しんで下さい。
こんなことして遊んでいるよと思えば、重くても「撮った」と満足するでしょうね。
町並撮影にはチョット不向きでしょう。

万訪 1月31日(日) 20:21
くれた上司が初任給で頑張って買ったと言ってました。40年前ですか。確かに重い重い。旅に持っていくには勇気がいりますが、近所で持ち歩くなら楽しめそう。

七ちょめ 2月 1日(月) 19:54
頂いたレンズが3本とありますが、ワイドレンズは含まれて入るのでしょうか。
ソニーα7はフルサイズのカメラですので、ワイドレンズはそのままの焦点距離で使用できて面白いですが。

万訪 2月 1日(月) 22:45
200mmの他に、50mm,28mmをもらいました。

万訪 2月 1日(月) 22:52
50mmで撮ったものです。ニコンレンズの特徴ってどうなのかなぁ。

万訪 2月 1日(月) 22:53
50mmです。

七ちょめ 2月 2日(火) 09:17
40年ほど前のニコンレンズで標準レンズ・ワイドレンズは一般にカリカリに写るとは一般的に言われていたことです。
一番目標としたコンタックスに近づけ追い越せの時代でしたので。

今はカメラ本体は高級であっても、標準として付いているレンズは安物感のあるレンズで、販売単価を下げています。良い写真を撮るなら高級レンズを買ってくださいと云うことです。しかし当時は標準レンズに良い物をセットしていました。特に35mmレンズのカリカリ度はコンタックスカメラのツアイスレンズと同じ様でした。

万訪 2月 2日(火) 09:44
有難うございます。ツァイスレンズに追いつけ追い越せとてしていたのですね。カリカリ度を楽しんでみようと思います。そこでカリカリという表現。確かに私も見てわかるのですが(わかった気になる?)、どうもその理屈がわかりません。焦点がバッチリ合っていること、コントラストが強いこと、のどちらかあ-、あるいは両方のことなのか。抜けがいいという表現も見てわかるのですが、理屈がわからない。まぁ理屈などどうでもいいのでしょうが。
ネットで調べたら、「ニコンはとる人の気持ちになってレンズを作ってる」、キャノンは「見る人の気持ちになってレンズを作ってる」なんて解説もありました。奥が深いなぁ。


七ちょめ 2月 2日(火) 11:36
カリカリ度と云いましたが、何だかわからない表現ですね。理屈でもあまりはっきりと説明が付かないようです。
レンズの解像力を比べると、カールツアイスのレンズは決して一番良いとは言えないそうです。
だのに一番鮮明に克明に写る。色収差やコントラストさ・各種の収差・レンズ内の乱反射・歪みなどで見た目の解像力が違ってくるようです。

戦後暫くたってから、レンズ専門メーカーがいろいろ出てきました。(戦争中は軍の光学機器に納めるレンズを作るメーカーが優秀でした) タムロン、シグマ等々のメーカーです。
最初は解像力に力を入れて、解像力の点では優秀なレンズを販売したのですが、ゴーストの多いレンズや、画像がフラットになってしまうレンズ、色収差が多く結果ピントが悪いレンズなどなど散々でした。

レンズの開発は解像力だけでなく、表現力を一番重要視するようになり、レンズ開発が進みました。

今のカメラは家電製品と同じで、レンズの性能で左右されることは少なく、全て電気信号で左右されますので、レンズの焦点距離によるボケの差や明るさなど、レンズ固有の性能以外昔ほどレンズの良し悪し云々は云わなくなっています。

万訪 2月 2日(火) 12:35
七ちょめさん、詳しい解説有難うございます。歴史もよくわかりました。レンズは奥が深い、だからこれだけ多くのメーカーがあるのでしょう。カリカリ系を一本持ってみるといろんなことがわかってくるのかなぁ。しばらくコンデジのキャノンG7x一本で撮影していましたが、またいろんなレンズを試してみたくなりました。
pw126152164183.10.panda-world.ne.jp
1515: 残念 七ちょめ 1月26日(火) 09:33
写真は宮崎県日向市美々津町の古い町並「美々津」の町並の中にある「ときわ旅館」です。
ネットの資料によって営業しているようだので、訪ねる計画と立てて、電話してみると昨年3月で廃業したとのこと。もう少し早く訪ねる計画を立てていれば!!

結構このようなことは多いです。古くからの古い形態で営業されているこの様な旅館はどんどん廃業されていく。

美々津の一番見栄えがする場所にあった旅館の廃業。残念です。


Kさん 1月26日(火) 21:00
七ちょめさん、昨晩は遅くまで引っ張り失礼しました。ありがとうございました。
美々津の宿、タッチの差で廃業だったのですね。余計に残念に感じられると思います。

七ちょめ 1月26日(火) 21:32
Kさん、昨晩は楽しく過ごせました。有難うございました。
いいなあ、この宿に泊りたいなと思う感じの旅館はドンドン廃業や休業されていきます。
一旦休業すると再開は殆ど無理でしょう。
この宿も経営者が体調を悪くしたので、旅館はもう辞めたとのことでした。
でも、この家で住んで居られますので、外観は営業されているか、もう店を閉められたのかは判りませんね。

孫右衛門 1月26日(火) 23:11
昨日はミニオフ会をされたのでしょうか?
しかし、伝統的な旅館は待ったなしですね。統計はないでしょうけど、例えば10年前、20年前と比べてこの手の旅館は何割かは減っているのは間違いないのでしょう。
旅籠のような伝統的なものでなくても、例えば現在のビジネスホテル全盛の一時代前の、駅前旅館風のものも貴重です。探訪先でそのような旅館を見たら、宿泊目的でなくても撮影して記録しておきたいです。

七ちょめ 1月27日(水) 09:11
旅籠から出発したような旅館で、営業拡大しなかった宿は、殆ど全滅に近いですね。
ここ一週間ほど九州を探しましたが、江戸期からの宿は見つかりません。僅かに明治後期創業のものが、命だえだえ残っていますが、明日廃業と云われてもそれが自然と思えるものばかりです。
田舎の古い町並は、そのような旅館も含め、個人の住宅でも家屋が残りますが、都会近くの古い町並などは、直ぐに買手が見つかり、開発されてしまうか、所有者が快適に住むために新しく家を建て直すので古い町並は残りません。
そう考えると、古い町並を求め歩くよりも、伝統的な旅館を求める方がもう時期が遅すぎるようだと思います。

Yasuko 1月27日(水) 15:27
本当に残念です。旅館も町並みもどんどん変わっていって寂しいです。
でも、わずかでも残っているものを大切にしたいものです。

そういう意味で、七ちょめさんの活動は頭が下がります。心から応援いたします。。

万訪 1月28日(木) 09:02
古い旅館を訪ねる旅。10年前なら随分違うでしょうね。
私も一昨日昨日と京都にいました。今度、出張がうまく当たったらぜひ参加させてください。
ところで、太泉さん、uranoさん、いつしましょう。

urano 1月29日(金) 23:14
万訪さん、日程は週末なら比較的動きやすいです。
先ほどメールいたしましたので、ご確認願います。

美々津には昨年5月に行きましたが、この旅館にはまったく気付かず、写真を見直したら看板が外されていました。
修景が進む一方で古い業態のお店が減ってしまうのは残念ですね。
em119-72-194-188.pool.e-mobile.ne.jp