288441
2018-7
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031





最新のコメント
by 孫右衛門(7/20)
by 七ちょめ(7/20)
by 万訪(7/20)
by 七ちょめ(7/20)
by 孫右衛門(7/19)
by 万訪(7/19)
by 太泉八雲(7/17)
by 万訪(7/16)
by 孫右衛門(7/16)
by 万訪(7/16)
by 万訪(7/16)
by 万訪(7/16)
by 七ちょめ(7/16)
by 孫右衛門(7/16)
by 孫右衛門(7/16)
by 万訪(7/10)
by 孫右衛門(7/8)
by Yasuko(7/8)
by 七ちょめ(7/8)
by Kさん(7/8)
by 辰巳屋(7/8)
by 辰巳屋(7/8)
by 孫右衛門(7/7)
by 七ちょめ(7/7)
by Yasuko(7/7)
by 七ちょめ(7/7)
by 万訪(7/7)
by 孫右衛門(7/7)
by 七ちょめ(7/7)
by Kさん(7/7)
by 七ちょめ(7/6)
by 七ちょめ(7/6)
by 孫右衛門(7/6)
by 七ちょめ(7/6)
by 万訪(7/6)
by 七ちょめ(7/5)
by 七ちょめ(7/4)
by 七ちょめ(7/4)
by 万訪(7/4)
by 七ちょめ(7/4)
by Kさん(7/3)
by 七ちょめ(7/3)
by 七ちょめ(7/3)
by 万訪(7/3)
by Kさん(7/3)
by 七ちょめ(7/2)
by 万訪(7/1)
by Kさん(7/1)
by 七ちょめ(7/1)
by 万訪(7/1)
by 孫右衛門(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 万訪(6/30)
by 孫右衛門(6/30)
by 万訪(6/30)
by 七ちょめ(6/30)
by 孫右衛門(7/1)
by 万訪(7/1)
by 孫右衛門(6/30)
by 孫右衛門(6/30)
by Kさん(6/28)
by 孫右衛門(6/27)
by Kさん(6/27)
by 万訪(6/28)
by 辰巳屋(6/27)
by 孫右衛門(6/27)
by 七ちょめ(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 七ちょめ(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by 太泉八雲(6/27)
by 辰巳屋(6/27)
by Yasuko(6/26)
by 七ちょめ(6/24)
by Kさん(6/24)
by 七ちょめ(6/24)
by 孫右衛門(6/24)
by 辰巳屋(6/23)
by 七ちょめ(6/23)
by 孫右衛門(6/23)
by 万訪(6/23)
by Kさん(6/22)
by 七ちょめ(6/22)
by 七ちょめ(6/22)
by Kさん(6/22)
by 七ちょめ(6/21)
by 万訪(6/21)
by 七ちょめ(6/21)
by 七ちょめ(6/21)
by 万訪(6/21)
by 七ちょめ(6/19)
by 万訪(6/19)
by 万訪(6/19)
by 孫右衛門(6/18)
by Kさん(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by 七ちょめ(6/18)
by Yasuko(6/18)
by 孫右衛門(6/18)
by 辰巳屋(6/18)
by 孫右衛門(6/17)
by 辰巳屋(6/17)
by 孫右衛門(6/15)
by 孫右衛門(6/15)
by 孫右衛門(6/15)
by 孫右衛門(6/15)
by 孫右衛門(6/15)

1686: 初めてのパック旅行 Kさん 5月20日(土) 09:53
スキーや修学旅行を除けば恐らく生まれて初めてのパック旅行に参加してきました。月曜日発の金曜日帰着というおよそ暇人ならではのスケジュールで、同じような年格好の夫婦20組、40人のツアーでした。新幹線で往復、男鹿、津軽、下北のみちのく3半島と三陸海岸をバスで巡るというハードな旅でした。幸い後半は晴天に恵まれましたが、予想通とはいえスケッチをする時間もほとんど取れず、その点では心残りな旅でした。一番の期待外れは恐山でした。

写真は本州最北端の大間岬。海の色と対岸の北海道が綺麗でした。

七ちょめ 5月20日(土) 14:15
Kさん お疲れさまでした。初めてのパック旅行でしたか。私の経験ではパック旅行は計画をしなくとも良く楽な分、印象が薄くて何処をどの順で廻ったかも忘れるのが欠点です。
私の様に高齢になれば、何処に行ったかも忘れてしまいます。

スケッチの件はパック旅行でも、フリータイムの多い旅行でないとダメでしょうね。
でも天気が良かったようで何よりでした。

大間の天気は良かったようですね。現役中には大間漁協から少しは注文を貰っていた経験があるのです。
反対側の竜飛岬は訪ねて、国道階段を歩きましたが、大間は訪ねていません。
北東北地方にはこの夏訪ねようと思っていますが、大間はチョット遠いですね。訪ねられる可能性は低いです。

万訪 5月20日(土) 15:26
4泊5日とは長旅パックですね。全部バス移動?
温泉とか食事と良かったのでは。スケッチしたい場所はありましたでしょうか。

孫右衛門 5月20日(土) 22:20
男鹿半島から下北半島先端、三陸海岸と陸移動が大変な地域ばかりですので、5日間とはいえバスの時間がかなり長かったことと思います。
私は旅行会社に在籍していたこともあるのですが、純粋な意味で旅行会社の主催する旅行に参加したのは1回しかありません。今後もまず能動的にはないでしょう。しかし、そのような旅行ならではの経済性や便利さはさすがに個人で動く旅では叶いません。

Kさん 5月20日(土) 22:23
今回の旅行は新聞広告を見て衝動的に申し込んでしましました。個人では絶対に行くことがないコースだと思ったのが理由ですが、改めていらかぐみの皆さんの行動力を再認識した次第です。
秋田駅まで新幹線、そこからバスに乗りグルッと海岸線を走り、最終は盛岡駅までで、そこからまた延々と新幹線。初めて東北新幹線にも乗りました。途中で五能線と三陸鉄道に乗りましたが、下車駅までバスが先回りしているシステムで、バスの乗車距離は合計1000キロに達しました。
最近、農山漁村に興味が移っていますので、スケッチしたいなと思った景色は、すべて新幹線やバスの車窓にありました。ただ、この景色(竜飛漁港)はじっくり描きたいなと思いましたが、あいにく傘も差せない風と雨と寒さで、シャッターを押すのさえ大変でした。

七ちょめ 5月21日(日) 09:15
竜飛岬は風雨がつよかったのですか。それは残念でしたね。。関西では旅行に行かれている間は暑かったですが、天気が良かったもので、雨に合われているとは思いませんでした。
行程を伺うと随分な距離をバスで移動されていますね。お疲れ様です。
私も20年以上前ですが、4泊5日のパック旅行で東北7県をすべて回るという強行な旅に行ったことを思い出しました。当時は未だ若かったもので何とも思いませんでしたが。
竜飛岬も大間も勿論含まれていませんでした。
写真は町並目的で訪ねた竜飛集落からづづく階段国道からの集落風景です。もう5〜6年も前になるでしょうか。
この階段が国道とは驚きます。


万訪 5月21日(日) 09:23
たまに集落町並み探訪のミッションに縛られない旅がしたくなります。昨日も夕方からフラリと外房勝浦へ行ってきました。町並みは健全でした。
夏休みは娘が北海道へ行きたいというので、計画立てましたが、町並みとして行きたい場所は二カ所しかなく、札幌の闇市あがりの商店街と留萌だけ。そこで、丸々2日間は宿も予約せず、行き当たりばったり旅をします。道内179市町村から離島を除いて、その市町村をカードにしてクジ引きし、出たところを次々に訪ねます。もし、函館で稚内が出たら、620km走らなければなりません。



七ちょめ 5月21日(日) 09:42
万訪さんの次の旅先はカードを引いて!!
テレビのおもしろ旅番組のような企画ですね。時間があれば面白そうですが。休みは??
今、旅行社のパック旅行でも、ミステリーパック旅行が大変人気です。
家内も友達との旅行の半分はミステリーパック旅行のようです。

前もって行先も何も判らない、バスに乗っても何処に行くか判らない。着いたところが行先と言う企画。勿論宿も一切不明と言う旅。 結構人気があるそうです。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1685: 奈良探訪 辰巳屋 5月19日(金) 05:43
連休は畑仕事ばかりでしたので、連休明けに奈良を訪問しました。法隆寺、薬師寺、唐招提寺などお寺巡りが主な目的でしたが、この間、街並みも訪ねることができました。

ならまちの元興寺の西、奈良町物語や奈良町資料館の近くに「奈良町にぎわいの家」として奈良の町家が無料公開されていました。外国の見学者も多く、関心の高さを改めて感じました。町家の旅館やゲストハウスも多く見受けられました。

辰巳屋 5月19日(金) 05:45
奈良の旧街道の小さな街並みは道路が狭く、また駐車スペースを探すのに苦労しました。
画像は、小泉町(大和郡山市)です。道幅が狭い。ここから南北に奈良街道に沿って小さな街並みがありました。小泉藩の陣屋が置かれたところのようです。まだ、詳しく調べていません。

辰巳屋 5月19日(金) 05:46
画像は、二階堂(天理市)です。ここを中心に小さな街並みがありました。中街道が吉野や高野山への往来で賑わった頃、町場として繁栄したようです。

孫右衛門 5月19日(金) 07:50
連休明けに奈良を訪問されましたか。

言われるように奈良盆地にはどこということも無いようなところにも古い町並が散在しています。太泉八雲さんあたりがかなり詳細に取り上げられていますが、どの辺りまでを町並として取り上げて紹介すべきか迷うほどですね。

奈良町の町家はここ最近随分外向きになりましたが、素材は活かされているので好感が持てます。

万訪 5月19日(金) 08:03
奈良は本当、どこにでも古い町並みがありますね。歴史的なストックもさることながら、大工さんがたくさんいて、比較的新しい家でも伝統的な構法が使われているようなので、結果的に町並みが整っている面もあろうかと思います。望ましい町並みの姿ではないでしょうか。

七ちょめ 5月19日(金) 09:22
皆さんが仰っているように、奈良市近郊には古い町並が無数にあります。
太泉八雲さんは滞在して奈良や京都を探索されていて、公開されていますが、奈良県については、スケッチですがKさんも相当なものです。
そう云えばKさんは今、夫婦二人で旅行中のようで、明日には帰られるでしょう。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1683: オフ会の前後の予定 孫右衛門 5月 9日(火) 22:10
大型連休も終り、次はオフ会だと連休終盤頃から色々調べているところです。

せっかくだから前後に1日拡大できないか、私は可能性にかけて前日に人吉旅館を押えました。
これが実現すると、初日は山鹿や玉名など県北部を探訪・再訪した後、人吉に早めに入って探訪と温泉、翌日は鹿児島県北西部の大口や出水周辺の麓集落、水俣周辺を訪ねてから日奈久へ向う形を考えています。

1泊ではレール&レンタカーを想定していましたが、2泊であれば自家用車案も浮上してきます。運転労力はかかりますが費用面や荷物なども気にしなくてよくなりますので、概算費用を比較してみますが、恐らく自家用車が優勢といったところです。

七ちょめ 5月10日(水) 09:07
オフ会は次の日の宿と熊本空港からのレンタカーを手配しただけではっきりした行程は組んでいません。まだ諦めずに高森町を狙っていますが、通行止めの所をどう迂回するか、チョット位オフ会の宿に入るのが遅れても高森行を強行するか思案しています。

でも、今はオフ会までに大分県と宮崎県の宿と町並を訪ねようと予定や行程を検討しています。2泊3日を考えていますが、泊る別府温泉から宮崎市まででも遠いです。改めてびっくりしています。


七ちょめ 5月10日(水) 10:24
今、改めて熊本空港から高森町へのルートを検索すると、随分と復旧しています。
一部がまだ不通のままですが、時間も遅れることなく午後4時30分には宿に着けそうです。
高森町の探訪は決定です。

Yasuko 5月10日(水) 20:45
1か月になったのを待って、6月10日の新幹線の予約とりました。博多に9時10分着になります。9時30分博多集合でしたよね。万訪さん何卒宜しくお願い致します。
博多駅、広そうなので具体的にどこへ行けばいいのかご指示お願いします。

孫右衛門 5月10日(水) 20:47
七ちょめさんはオフ会までに九州を訪ねられる予定なのですか。
私はこれまで同じ地域を続けて訪ねるのは極力避けていましたが、逆にそういう方法もありかもしれません。

人吉旅館の前泊はぜひとも実現したいものです。
あとは有休とできるか?20日くらいには確定させたいと思います。
なお、他のメンバーの方の宿のみ合流、宿+翌日合流など可ですので、もしスケジュール等あえば遠慮なく仰ってください。

七ちょめ 5月11日(木) 16:48
宮崎県延岡市の予定していた旅館に電話すると繋がりません。どうも廃業された様です。
苦労して探訪する予定の町並も探し出したのに!!
宮崎県で他にと旅館を探すも、それらしき旅館が見つからず、大幅に予定変更になってしまいました。急遽、宮崎県から長崎県に変更して町並などを探しますが!!。
大分県は変わりません。 
予定通りの日程で出発できるか怪しくなってきました。遅くなるとオフ会がその後に控えていますのでね。

Kさん 5月12日(金) 13:20
せっかくだから、次の日に博多でビジネスホテルを予約しました。一人で旅館に泊まる勇気はありませんから・・・。新大阪→熊本、博多→新大阪のスーパー早得キップも買いました。その間どう行動するかは白紙で、天候を考慮しながら決めます。

七ちょめ 5月13日(土) 10:20
延岡の旅館がダメですので、長崎県に行先を変更しました。しかし長崎県の平戸市の生月島から大分県の佐賀関半島の先端まで行く予定ですので、東西200km以上の移動。
大変な行程になってしまいました。佐賀関に行って関サバを食べたいが!!
家内に6月にもオフ会で九州に行くのでしょう。一回に全部行ったら交通費だけでも助かるのにと言われましたが、歳を考えるとやはり2泊+2泊の方が楽と思います。

万訪 5月13日(土) 10:49
七ちょめさん、やりますねぇ。私もためらう行程です。でも、200km程度なんですね。
また、2泊3日の方がいいですよ。私もGWに4泊5日でしたが、かなりの体力的ダメージを受け今週はボロボロでした。


七ちょめ 5月13日(土) 16:39
同じ2泊3日と言っても、もう少し前の様に古い町並に特化した旅では、旅館を午前7時出発して、旅館に着くのが午後8時頃というのが普通でしたが、今では旅館を主に考えていますので、旅館の出発は午前9時以降、着くのは午後5時頃と随分体力的には楽になっています。
歳を考えて体力的なダメージを少なくするように考えています。まあ、それだけ綿密な計画を立てるようになったとも言えますが。
そう思うと5年ほど前までは随分強行軍で行動していたものと懐かしいです。
連休前半に孫右衛門さんが、後半には万訪さんが強行軍で探訪されていましたが、私から見るととてもとても、考えることも出来ないことです。

孫右衛門 5月13日(土) 18:09
最近は私も強行日程ではなくなってきています。連休の佐渡・新潟探訪は旅館でしたので、まあ早く眼が覚めるので早朝に町を歩くくらいで、夕・朝食をつけていますし、少し欲張って訪ねたといえるのも佐渡島での1日くらいで、他は観光もしながら、最終日などは船の時間まで少しあったので日帰り温泉に入っていますしね。
そういう探訪内容に自然にシフトしてきたようです。

さて、オフ会へのアプローチや解散後の計画をされた方もいらっしゃるようですね。
もう少し具体的な話になってから、全員での動きの案を詰めたいと思っています。
と言っても、今回は日奈久温泉を歩いて終りになりそうな感じですが。他の方の予定に合わせて、何組かに分かれるパターンでしょうか。

Kさん 5月13日(土) 21:03
七ちょめさん、長崎から大分まで九州を横断ですか。狭そうでも九州は広いですね。
九州にいたころ土曜日に嬉野温泉でこの建物を描いて福岡へ帰り、翌日の日曜日には別府温泉でスケッチしたことがあります。我ながら「いかにももの好き」と感じたものです。

七ちょめ 5月13日(土) 22:55
今、地図上で長崎県平戸市生月島から大分市佐賀関の端までの直線距離を測ると250kmを越えていました。自動車で走る検索すると308km程ありました。
何もわざわざ離れたことろを訪ねなくても良いのにと思っていますが、急遽宮崎県の旅館がダメと判り、代わりの旅館が見つからないので、長崎県になってしまった結果です。
それにしても東の端と西の端をわざわざ訪ねなくとも良いのにと自分で思います。

万訪 5月14日(日) 12:30
嬉野温泉のスケッチ洋館いいですね。仕事でしか行ってないので取材しなきゃいけません。
生月島→佐賀関、そうでしょう、300km近くあると思ってました。みなさん、昔は強行軍してましたね。今では体体調考えた強行軍ですが、それでも体力の衰えが効いてきます。

Kさん 5月14日(日) 20:52
嬉野温泉の「公衆浴場」を描いたのは1999年でしたが、当時、シロアリ被害がひどいとかで、閉鎖中でした。当時は「取り壊される」と聞いていました。昨日、ネットで調べたら、建物を町が買い取って「シーボルトの湯」として営業しているとのことでした。ストリートビューで見ると、ぴかぴかの建物になっていました。
121-87-223-227f1.nar1.eonet.ne.jp
1684: 旧山陽道海田宿の三宅家 孫右衛門 5月13日(土) 21:54
これは数人の方は訪ねられている旧山陽道海田宿にある三宅家です。

私の自宅から数kmの近所で、ここ数年脇本陣を勤めていた千葉家は定期的に公開されるなど動きが出てきていますが、大地主であり自らも農家で、しかも現住家屋である三宅家が本日限定で見られるとあって、訪ねてきました。

若干の料金を支払って見学する施設は皆さん入られたことがあると思いますので内容的にはその程度のものですが、これまで街道沿いの母家を通過しながら横目に見る程度のことはあっても、敷地内に入るなどもちろんありませんでした。

うなぎの寝床で土蔵が連なる姿、それが近所の見慣れた旧家の敷地でも残されていたという事実は、やはり新鮮でしたね。

孫右衛門 5月13日(土) 21:58
敷地内の土蔵群です。一部で内部が公開されていて、保管されていた武具や食膳、杯など江戸期の品々が展示されていました。
(現住家屋のため、案内の方の許可を得て撮影)

七ちょめ 5月13日(土) 23:13
海田宿は孫右衛門さんの近くですか。
海田宿を訪ねたのは夕方暗くなってからで、目で見た感じより明るく写真が写り嬉しくなった覚えのある町並です。
自分のUPしているページを見ると、この三宅家の写真が掲載されています。
暗い中を写したのはハッキリと覚えていますが、三宅家を写したのは全く覚えが残っていません。そのくせ、午後5時丁度で、町役場の敷地内で町役場の終業のチャイムが鳴り、暗くなるので慌ててその場に居た職員に駐車場でない所に車を停めて、直ぐに戻るからと言い訳をして、車を置いて走って撮影に向かったことは覚えています。

孫右衛門 5月14日(日) 10:35
七ちょめさんの探訪時は薄暗くなる中だったのですね。他に訪ねられている方も、ざっと歩かれただけで余り印象に残らない町並かもしれません。
そういえばどなたの探訪時も私は同行していませんね。

これは、玄関を入ったところです。この部分は現在居住スペースではないとのことですが、状態よく保たれ、刀置きや提灯も見えます。
p899084-ipngn200608niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1681: 越後・佐渡探訪 孫右衛門 5月 2日(火) 18:37
今帰りの上越新幹線からの東京駅での乗り継ぎ時間が長いので、それを利用して仮レポートです。
大変収穫のある探訪となりました。佐渡島では町並ももちろんですが、自然風景、地物の食材他も味わい、最後に温泉露天風呂に入ってから島を後にすることができました。
また明日、写真も含めてあらためて報告します。

七ちょめ 5月 2日(火) 21:03
天気が良くてよっかたですね。
満足の探訪だったようですね。良かった。良かった。

孫右衛門 5月 3日(水) 09:59
越後線沿いの燕市旧吉田町の町並です。
商店街となっている区間が多いですが、家並は古い町並そのもので、レトロ商店街としても現役の店舗が多く、その点でも貴重です。

孫右衛門 5月 3日(水) 10:05
新潟市南区旧小須戸町の町並です。最近時々話題に上っていますね。実際、幾つかの旧家が公開されるなど、意識しておられ知名度も高くなっているようです。
もう少し規模的に残っていればという気もするのですが、質的には妻入りの堂々とした建物も多く、見応えがありました。私の町並度では6は付ける予定です。

本土側では他に長岡市摂田屋、弥彦村、燕市、加茂市、この小須戸から近い旧白根市を訪ねました。白根も古い町並が商店街となっていますが、良い町並でした。

孫右衛門 5月 3日(水) 10:30
佐渡島では両津と相川に泊って時計周りに辿りました。既に万訪さんや太泉八雲さん、七ちょめさん、そして辰巳屋さんも掲載はされていませんが詳細に訪ねられている様子ですので要所のみとします。
これは赤泊です。個人的には島内で最も訪ねたい町並でもありました。現役の旅館も複数あるのが印象的でした。シンボルのこの望楼、最近綺麗になったようです。公開に備えているのかと思いましたが、無住のままの状態でした。

孫右衛門 5月 3日(水) 10:45
宿根木では、外国人団体客を含め多くの探訪者があり少々戸惑いました。太鼓のイベントが公民館で開かれていた影響もあったようです。ここでは公開された家屋に全て寄り、往時に思いを寄せることもできました。ここだけ随分俗化している雰囲気でしたが十分伝わるものがありました。
これは公開民家内の様子。

孫右衛門 5月 3日(水) 10:50
島内2・3日目は相川の金山、北部の海岸線など観光要素も入れました。
金山はひと通りの観光をしました。観光坑道をはじめ工場遺跡、旧拘置所なども見、町並に隠された歴史を読むことができました。
この遺跡群を中心として世界遺産登録を目指しているようですが、いろいろと障壁も多いようです。


七ちょめ 5月 3日(水) 14:47
宿根木も観光地化して来て、外国からの観光客が多く居られたというのは意外ですね。
過去2回訪ねていますが、訪問客すら見たこと無かったのせすが。
後の訪問からでも3年位も経過していることと、大型の連休中だからでしょうね。
相川の金山施設も町並で訪ねたのではなく、観光で中を見ているのですが、雨が酷かった時の印象しか残っていません。集合写真はあるのですが。
赤泊の塔の家は無住でしたか。
万訪さんは長崎県の離島を探訪されている筈。他の方の動向の報告がありませんね。

万訪 5月 3日(水) 21:31
孫さん、念願の佐渡紀行、収穫多く良かったですね。広島からだと時間も費用もかかったと思います。
私は今、福江にいます。酔っ払ってホテルのベットで横になっています。サラリーマン、こんなひと時(現役時代は)数えるほどしかないだろうな、とか考えています。
レポは最終日にまとめて!私のブログではライブレポしています。

孫右衛門 5月 4日(木) 21:43
佐渡島は米どころ酒どころでもあり、また1000m級の山もあって、こんな風景を見ると島とは思えないものがあります。ちょっと時間があったので大佐渡スカイラインを走って周囲の海岸線や水田地帯を見渡しましたが、道端には残雪がありました。

宿根木は、動画も撮っていますので先ほどUPしました。万訪さんのような本格的なものとは比べ物になりませんが。

https://youtu.be/Jl3oWwLtNqI

万訪さんの五島探訪のライブレポート、拝見しています。私は足を踏み入れることになるかどうかわかりませんが。

urano 5月 7日(日) 08:23
佐渡島の風景、いいですね。
山地も平地もあって、本当に島という感じがしません。
宿根木に外国人の団体がいたという話は、私も驚きました。
鉱山遺跡も壮観で、絵になります。世界遺産にするには石見銀山との差別化が課題でしょうね。

孫右衛門 5月 8日(月) 21:25
宿根木では外国人の団体さんが来られていただけではなく、地元の芸能集団の太鼓の公演、そして何やらクラシックカーの催し?みたいなのも近くで行われていて、普段の姿とは随分違ったものであったようです。ただ集落内の静けさは感じることができましたし、民家の内部も見学できましたので、満足度は高かったです。

佐渡を世界遺産へ、このフレーズはあちこちで見ました。
ただ、私は登録されることが必ずしも地元にとって良いこととは限らないのではないか、旅館の人や探訪中に見た人と話をしているうちにそう思いはじめました。
条件の似た石見銀山の例などを見ていると、余計そう思うのです。

特にわが国の場合、登録されることでその貴重さを広く知ってほしいということより、観光客誘致や知名度アップの方が先立ってしまいがちですのでね。
p899084-ipngn200608niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1682: 黄島 万訪 5月 5日(金) 20:32
こんばんは。西彼杵半島西部→下五島→長崎と旅しています。五島列島は行かれた方お分かりですが、いらかぐみ的にはあまり得点の出来ない集落町並みが多いです。まぁ、福江に大火がなければ古い町並みが残っていたものと確信しますが、他の集落はいずれも規模が小さく、ワンショットはいいんですが、町並みとなると得点できません。
そこで、福江から17kmに浮かぶ黄島が素晴らしかった。かつて捕鯨でかなり栄えたといいますが、福江の武家屋敷町を凌ぐほどに石塀集落。しかも、全て溶岩です。珍しいといえば珍しいかな。他には伊豆諸島だけど、ここまでのはない。今まで紹介されていないのが不思議なほどの質です。詳しくはライブレポ参照ください。

七ちょめ 5月 5日(金) 21:36
景色だけを見ていると沖縄のようですね。
町並みは無いよですが、小さな島ですので、集落と言っても戸数は知れてるでしょう。今、徳島県鳴門市の会員制のホテルでの投稿です。古い旅館じゃないのが残念。写真はそのホテル。

太泉八雲 5月 6日(土) 06:50
五島列島もまだ未踏の地です。今年はGWの休みはありませんでした。
かろうじて、昨日は半日。今日は1日休みを貰いましたが、疲れてどこへ行く気もありません。

皆さんのレポートを拝見してちょっぴり旅情に浸っています。

Kさん 5月 6日(土) 06:53
万訪さんおライブ、読んでいますが、島旅もますます佳境ですね。我が息子も、沖縄方面に限りですが、同じようなことをしています。

七ちょめさんが泊まられたのは多分このホテルチェーンだろうと多い、昨晩検索しました、よく分かりませんでした。

七ちょめ 5月 6日(土) 12:24
Kさん そうです。このホテルです。
食事場所も風呂にもバスに乗って行くのにわはビックリしました。
観潮船にも乗りましたが、鳴門観潮を鳴門大橋の上から見たのは初めてでした。

孫右衛門 5月 6日(土) 20:24
五島列島を中心とした長崎県の探訪、その終盤にあたる今日は長崎の斜面上市街地探訪とのこと、体力を温存されて、無事に後半の山場を乗り越えられましたでしょうか。
五島列島は地名・島名ともに福江くらいしか馴染みがありません。それも子供の頃気象通報で聞いていた地名というだけです。
今年は九州でオフ会があるので後回しにしているのですが、長崎県は、未訪問の町並が多くあり数年前から探訪予定地として優先順位が高いのです。一時計画していた時小値賀島でしたか、島の中にも良い集落がありそうと思いました。

私も今日は島根県東部内陸部を中心に軽い日帰りをしました。他の方が訪ねられて私がまだパスしたりしてちゃんと取材していないところがありましたので。

urano 5月 7日(日) 08:35
黄島は私も離島関連本で見て、行きたい島としてチェックしておりました。
万訪さんのお眼鏡にかなったそうで、ますます行きたくなりましたが、アクセスがネックですよね。しかも、せっかく黄島まで行くのなら赤島にも上陸したくなりますが、以前旅程を検討したときは、両島に上陸する行程は組めませんでした。でも万訪さんのブログを拝見すると両島を歩いていらっしゃる。もう一度、行程を見直してみようと思います。

辰巳屋 5月 8日(月) 06:01
黄島の捕鯨で栄えた集落は見事ですね。五島列島の捕鯨は、宇久、有川、黄島が中心となっていたようです。江戸期には、福江島の柏浦や黒瀬も捕鯨が行われていたようです。私は、まだ訪問していませんが、機会があれば、捕鯨で栄えた集落を訪問したいと思っています。
連休後半は、畑仕事に追われていました。今が、野菜にとっては大切な時期です。

万訪 5月 8日(月) 19:17
uranoさんや辰巳屋さん、黄島をご存知だったんですね。さすがです。私はあまり予備知識なく訪れたのでたまげました。捕鯨で相当栄えたんですね。離島は掘り出し物が多い。

pw126245215005.16.panda-world.ne.jp
1680: 可部の町並の変化 孫右衛門 4月23日(日) 19:48
これは自宅から1時間圏内にある可部の町並です。ペース的には年1回以上は訪ねていますので、もう15回くらいは町並目的で歩いていると思います。

ここ数年、手前の家の前に仮囲いがされている状態でしたが、今日見るととうとう更地になっていました。他にも取り壊し中の古い建物を眼にしました。
連続性という意味では残っている箇所はわずかで、この付近が町並としては一番良い場所だっただけに、これ以上失われないことを祈るばかりです。
もちろん重伝建レベルではありませんし、自治体や個人レベルでしか保存の手立てはありませんので、それは避けられないものなのかもしれませんが、少しでもその速度は遅いものであってほしいものです。ここは色々意識して活動されていますので、尚更そう思います。

孫右衛門 4月23日(日) 19:56
2007年当時の画像です。

七ちょめ 4月23日(日) 20:14
町並みが歯抜けになるのは寂しものです。今日はいい天気でよかったですね。
私がこの可部を訪ねたのはもう12年から13年も前になるでしょう。
この町並みの裏側に土蔵群があったのですが、どうなったでしょうね。

孫右衛門 4月23日(日) 22:23
裏手の土蔵は、外観は変わりましたがほぼ無事です。ただ、前面が広々とした駐車場になっているので裏手という雰囲気ではなくなりました。
可部の町並は、竹原と並んで一番多く見て来ている町並でしょうね。竹原は変わりませんが、可部は当初のことを思うと愕然とすることもありますね。
最近別の記事内でも同じことを言いましたが、二極化にはなってほしくないものです。

万訪 4月24日(月) 06:31
確か以前にぉレポされてた家ですよね。ついになくなっちゃいましたか。また、土蔵群の裏も見違えるように変わっていてびっくりです。孫さんが定点観測されているので、時事刻々と変化する様子が意識されますが、そうでない場所であれば久々に訪れて「すっかり変わっちゃった」となるのでしょう。さて、この空き地にどんな建物が建つのか。しばらく駐車場か。写真やもし記録調査されていたら以前建物が判っているのだから、以前のように町並みを揃えた外観で建てて欲しいと私は願います。

七ちょめ 4月24日(月) 08:33
さて、土蔵群がそのまま?? 却って綺麗になっているというのは、土地建物が売却されることなく、建物維持が困難なために壊されたものと判断するのが妥当とおもいます。
一部の売却はあり得ます。
すると跡地利用は、短期的には駐車場でしょうが、駐車場も最近は車が入りません。
跡地に自宅と、介護施設かアパートのようなものが建つ公算が大きい??
全くの当てすっぽうですが、外れかどうかは3年も経てばハッキリと判るでしょう。

孫右衛門 4月24日(月) 21:31
定期的に訪ねていると、逆に変化に気付きにくい事もあるかもしれません。1枚目の壊された旧家の件は以前、この掲示板で万訪さんに言われて改めて認識したのです。2007年には既に無住状態に見えますが、その後しばらく仮設の落下物防止壁が立てられていました。

裏の駐車場は、写真のように余り活用されていないようですし、今後どうなるか。マンションでも建てばいよいよ土蔵が連なっていても風情はなくなってしまいますね。
p899084-ipngn200608niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1679: 富士山が見えるか? 七ちょめ 4月18日(火) 12:10
今、新幹線で東京に向かっています。
いま一番の関心ことは富士山が見えるかと言うことです。
今日は栃木市の古い旅館に泊まります。

七ちょめ 4月18日(火) 13:01
富士山が見えた。

七ちょめ 4月18日(火) 15:00
時間があるので浅草寺を訪ねてきました。

七ちょめ 4月18日(火) 19:38
栃木市の町並みです。
栃木駅から歩いて宿に行く途中での町並みです。

孫右衛門 4月18日(火) 21:33
栃木の町並、ある意味川越あたりよりも整えられた感じになっていますね。
ここを訪ねたのは2004年の10月で再訪もしていませんので、ちょっと違和感を覚えました。
ここの場合は例幣使街道沿いの嘉右衛門町界隈が保存地区になったことも影響しているのかもしれませんが、そのように公の保存の手が入り衆目を集めたところと、人知れず徐々に失われていくところ、その二極化ですね。

万訪 4月19日(水) 07:14
七ちょめさん、関東に来られている(来られていた)のですね。栃木市の古い旅館、どこにあったかなとピンときません。関東にはまだまだあるのでしょうか。
栃木市はますます整備が進み、第2の川越と言っていいほど観光客が訪れているようです。東京からの日帰り圏でちょうど良い。古い旅館があるというのは重要な要素だと思います。


七ちょめ 4月19日(水) 07:46
昨日は東京は暑つかったですね。
栃木市にも頭でっかちの家屋が見られました。
写真は栃木市の嘉右衛門町の町並みです。
この写真を撮るために旅館で自転車を借りて嘉右衛門の撮影をしている時、片手にカメラを持って片手はハンドル。ポッケトにタブレットの状態で、チョット後ろを振り返ったひょうしに自転車ごとひっくり返り大被害。顔に怪我、眼鏡を壊してしまいました。
さっぱりわえです。
タブレットはポッケットから飛び出しましたが被害なし、でも、カメラは少し傷を。
高齢を忘れて若者と同じように!!。反省 反省。
一番雷の家内にどう説明するかが問題。

万訪 4月19日(水) 08:17
(*≧∀≦*)
自転車でひっくり返ったとは危ない!気をつけてください。
旅禁止令が出ちゃったらマズイですよ。

七ちょめ 4月19日(水) 10:20
自転車で転んだことをどうごまかすかもう1日半考えます。
旅の禁止令が出るの分かりますが、どう無視して今後も出かけるか??。
これも考えどころです。

七ちょめ 4月19日(水) 10:26
自転車で転んだことをどうごまかすかもう1日半考えます。
旅の禁止令が出るの分かりますが、どう無視して今後も出かけるか??。
これも考えどころです。も
顔の傷はそのうちに直るでしょうが??。眼鏡、レンズも買い直さないとならなくなりました。


七ちょめ 4月19日(水) 14:48
高崎から乗った信越線の横川駅で買った峠の釜めしです。揺れるバスの中で食べました。
高崎から変ったルートで佐久平に入ります。
天気が良ければ信越線横川、バスで軽井沢、しなの鉄道で小諸経由で佐久平に入り、バスで芦田宿の金丸旅館。天気が悪ければ高崎から新幹線で佐久平に入るつもりでした。

七ちょめ 4月19日(水) 16:38
佐久平に行く途中で、浅間山が良く見えました。

Kさん 4月19日(水) 18:47
七ちょめさん、災難でしたね。でも元気に旅を続けられているご様子。まずは良かった。浅間山、綺麗ですね。

七ちょめ 4月19日(水) 19:55
今日泊まる旅籠宿はこのような宿です。
中山道芦田宿の金丸土屋旅館です。


七ちょめ 4月19日(水) 20:08
明日、帰るのは変則なルートで帰ります。
通常なら佐久平から新幹線で帰るのが普通でしょうが、明日は天気が良さそうですので大幅にバスを使って、山間部ばかり走り白樺湖に出て塩尻経由で帰ります。写真は芦田にあった満開の桜です。

孫右衛門 4月20日(木) 09:37
ハプニングがあったようですが問題なく旅を続けられている様子ですので大事には至らなかったようで良かったです。しかし眼鏡の件はちょっと困りましたね。

私がこの中山道信濃路の宿場町群を訪ねたのもこの時期でしたので、残雪の浅間山がきれいでした。

七ちょめ 4月20日(木) 14:33
佐久平からバスばかりで茅野まで来られるとは思いませんでした。写真は白樺湖です。


七ちょめ 4月20日(木) 19:46
勝手な投稿ばかりで申し訳ありません。芦田宿の金丸土屋旅館を午前11時に出発し、山の中ばかりバスを乗り継いで茅野までたどり着きました。
女神湖や白樺湖辺りにはまだ少し雪が残っていました。白樺湖の観光は今度の土曜日からの受け入れらしく、今はどの店もその準備でテンヤワンヤでした。桜は未だのようで、もう少し低くなると咲いていました。
矢張りタブレットからの投稿より、自宅のパソコンからの投稿の方が楽ですね。
芦田宿の金丸土屋旅館の主人に、天井裏まで案内してもらい感激しました。良かったです。

七ちょめ 4月21日(金) 11:02
多くの投稿を続けた今回の「旅籠宿に泊る」の旅の投稿もこれでお終いにします。
つまらない投稿を続けてごめんなさい。
写真は芦田宿の金丸土屋旅館の夕景です。

万訪 4月21日(金) 23:10
北関東→信州の旅、お疲れ様でした。さぁて、奥様の反応は如何に。

七ちょめ 4月22日(土) 09:04
報告が遅れました。強烈に文句を言われるかと覚悟を決めて帰ると、何その顔、早く眼鏡を造って来なさい。とのこと。
何で文句を言わないの??と反対に聞くと、顔の傷はメガネの縁に隠れてあまり目立たないし、古い旅館に泊まりに行くな!!と「いくら言っても聞かないでしょう」。
とそのことはそのままで、翌日、メガネは未だ メガネは未だとメガネの事ばかり。
夕方メガネの新調にメガネ屋へ。レンズとレンズ枠を合わせて ¥32,000円のところ、前回造ってから一年以内だったので半額の ¥16,000円にして貰って、4〜5日後にできますとのことでした。
レンズはプラスチックの多層貼りのレンズだから割れた傷は大きく入っていますが、レンズの形体は保っています。片目だけだから通常に見えますが、一番困るのは顔を洗うときで、鏡を見ながら傷を触らないように洗うのがチョット厄介。
まあ、ビックリしましたが、一応平穏にことが運びました。
今日はこれからある会合の総会です。総会後に一杯飲みがありますが、参加するだけだから気が楽なものです。
ご心配かけて申し訳ありませんでした。

万訪 4月22日(土) 10:30
七ちょめさん、一件落着ですかね。「古い旅館に泊まりに行くなといくら言っても聞かないでしょう」とは、奥様の深いご理解あってのお言葉でしょうか。

もうすぐGWですね。私は、四泊五日の長旅で長崎に行きます。
「五島列島の真ん中に連なる島々と周りの小島、西彼杵半島の西側のの行ってない島、最後に長崎市内の斜面上密集地を丸二日間歩き回る」
というのがテーマです。くたびれそうだ。

七ちょめ 4月22日(土) 14:55
離島の旅、五島列島は行ったこともありません。ましてやその間の小さな島など想像外の事柄と思えてしまいます。気を付けて訪ねてください。
私のゴールデンウイークは何時もは何処にも出かけない場合が多いのですが、今年は前半も予定で詰まっています。後半は娘夫婦の誘いに乗って、徳島県鳴門辺りに一泊二日で出かけます。その前日に我が家に泊まりますので、連休後半はそれで御終いのようです。

孫右衛門 4月22日(土) 19:24
七ちょめさん、諸問題がクリアーできたようで何よりでした。
私の連休中の予定は28日の夜に出発し、翌朝長岡からレンタカーで町並を巡ります。新潟に到着後夕方の高速船で佐渡島に渡り、翌日から2日半島内を巡ります。
今日ネット地図類の整理、行程表を作成し、後は持っていくものを整理すればよいくらいにしておきました。
船の欠航など無い限り、比較的余裕を持って佐渡島を訪ねられる行程を組んでいます。町並だけではなく若干観光もする予定です。


七ちょめ 4月22日(土) 19:35
いよいよ佐渡ヶ島探訪の決行ですね。
チョット注意しないといけないのは、食事や飲みものです。
私も両津の大きなホテルに(鉄筋コンクリートの7〜8階建て)に食事なしで泊まったのです。大きなホテルなら食堂で食事はできると判断したのですが、予約していないと食事はダメといわれ、両津の町なら食堂位はあるだろうと外に出ましたが、午後7時前でしたが食堂などは閉店していて困ったこと有るのです。
大きなホテルでもこの状態、田舎へ行けばコンビニも売店も何もありません。常に食事と飲料水の確保に心掛けて下さい。

孫右衛門 4月22日(土) 21:02
七ちょめさんアドバイスありがとうございます。
佐渡での食事問題は思ったより重要なようですね。島内に食事どころや食事を調達できるところが乏しいことは万訪さんなどからも聞いていましたので、3泊のうち2泊する相川の旅館は2食付にしました。旅館の食事よりも地物を食べさせる良い店があれば1日はそれも良いかと思っていたのですが、その旅館は料理の評判も良さそうですので旅館食としようと思います。
初日は両津ですが到着が19時を過ぎるので夕食は無しにしています。ここは新潟出航前に何か仕入れようと思っています。
両津の町に1軒コンビニがあるとの情報を聞いていますが、全国チェーンのものではなさそうで、当てにしないほうがよさそうです。
朝・夕食は良くても昼食の問題が残ります。どこかで店を見つければすぐに調達しておいた方がよいのでしょうね。
p899084-ipngn200608niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1678: 中間連絡 孫右衛門 4月15日(土) 15:27
宿泊予定の旅館に予約の再確認も兼ねて、以下を確認しておきました。

・ 宿泊人数をメンバーのみ8名に変更しておきました。3部屋確保していますが、人数割は自由です。
・ 食事後の歓談の件については、3部屋のうち一部屋が6畳間2間続きとなっておりますので、そちらで開催して問題ありませんとのことです(他のお客様にご迷惑になることはないとのこと)

前後泊として人吉旅館は良さそうですね。1泊朝食付きプランなどもあって比較的手軽に泊れそうです。

それから七ちょめさんの阿蘇地区の探訪を断念された件に関連して、私も先日からの地震発生から1年経過しての各種報道を見て再認識したのですが、地震の影響がまだ色濃く残る地域も多くあります。その辺りは、念頭に置いておいた方が良さそうです。

七ちょめ 4月15日(土) 19:56
オフ会の中間報告ありがとうございます。
皆様の行程がそこそこ出てから、自分の行動を決めようと思っています。
早々と熊本空港でレンタカーを借りる予約はしていますが、二日目に八代市でレンタカーを借りる方法に変更するか、当分思案します。

孫右衛門 4月16日(日) 21:50
私個人的にはまずGW前半の新潟県の探訪がありますので、当面はそちらの詳細計画を優先しますが、しかしいずれにせよ連休中くらいには固めておきたいですね。
絶対に外せないのは山鹿の再訪だけで、まだまだ検討の余地がありありです。
とはいえ訪ね潰さないといけないほど未訪の町並が多いわけでもありませんし、パターンも一つではないです。
人吉旅館は頑張って何とか前後泊することができないか、今は何ともできませんが可能性に賭けてみましょうか。

七ちょめ 4月16日(日) 22:36
皆さんのご意見が出てこないのは、まだ、先のことと計画を練っておられないからでしょうね。まあ、慌てること無いのでじっくりと検討して下さい。

万訪 4月17日(月) 07:17
すいません、中々考えて書き込む余裕がない、、、
私は、福岡インの福岡アウトで2日間レンタカーです。行きは大泉さん、yasukoさん乗せて、帰りはYasukoさんだけかな?何も福岡〜八代間の町になります。

七ちょめ 4月17日(月) 08:53
一番に考えていた高森町へ行くのはチョット困難を伴うようなので諦めて、訪ねる所は辰巳屋さんのページを見て考えます。辰巳屋さん情報提供感謝します。

辰巳屋 4月18日(火) 07:17
私の情報を参考にしていただいてありがとうございます。
熊本県の街並みは、地震前の情報を掲載しています。地震の被害の程度は把握できていませんので、市町村の情報等を把握して行く必要があると思います。

私も、早く着くようであれば、熊本市内又は八代周辺の未訪の街並みを訪問する予定です。
オフ会後は未定です。仕事の都合がつけば、あと2泊ぐらいで、未訪の街並みを訪問する予定です。
210163222063.mcat.ne.jp
1677: 航空券 七ちょめ 4月11日(火) 10:21
オフ会まで2ヶ月を切りました。それぞれ各人の行先や行程を考えられていると思います。2ヶ月前、丁度の日に、航空券販売会社より、搭乗確認番号が送られてきました。これは往路の航空券。帰路はまだ2ヶ月前になりませんので送られてきません。
伊丹空港から熊本空港への航空チケット確認番号です。数字や個人情報は一部消しています。
私はオフ会の次に日に霧島温泉群の旅館に泊まろうと予約はしていますが、今、一生懸命別の旅館を探しています。理由は一人で泊まるには余りにも高額な宿泊料金ですのでね。
二人ならまあまあと思えますが、最低二人の部屋に一人というと、部屋のチャージ料などと言ってね。
贅沢な旅を目的にせず、古い旅籠宿に泊ることを目的にしているのに、一泊25,000円はどうかと思いますので。
鹿児島県内で探すのですが。一軒は二人でないとダメ。もう一軒は湯川内温泉で鄙びた温泉地と言うより湯治宿。宿泊費は2食付きで7500〜8000円程度。
中間位は無いの??


孫右衛門 4月11日(火) 22:56
今週末に、念のための予約確認も兼ねて人数の変更と食事後の会談は問題ないかの件を連絡しておこうと思っています。
金曜日か月曜日にもう1日追加できれば私も言うことないのですが。時期的には一番休みの取り易い時期とはいえ、こればかりは近づかないとはっきりしません。
もし2泊となれば、自家用車でという案も浮上してくるわけですが。

辰巳屋 4月13日(木) 20:18
霧島温泉郷は高いのですかね。よほど由緒ある旅館なのでしょうか。ほかにもあるように思いましたが。値段なりの価値があるのかもしれません。

霧島温泉郷からの錦江湾のパノラマは素晴らしいものがあります。桜島を真ん中にして錦江湾の入江がくっきりとみることができます。

霧島にこだわらなけば、人吉には登録文化財の温泉宿がありますが、旅籠宿の基準には創
業年が若いかもしれません。次の日の訪問先が随分違ったものになるかもしれません。
画像は、少し「もや」がかかっていますが、霧島からみた錦江湾です。

Kさん 4月13日(木) 20:44
歴史的な古さが七ちょめさんの基準に合うかどうかは知りませんが、人吉温泉の「人吉旅館」は私が九州にいる時に泊まった宿の中で最高の評価でした。時刻表に載っていたリストの中から「木造」だけを頼りに選びましたが、立地環境、建物、サービス、料理とも最高。しかも料金は低廉でした。廊下は顔が映るほど磨かれ、泊まった部屋の窓を開けるとすぐそこは球磨川の流れでした。


七ちょめ 4月13日(木) 23:15
なるだけなら鹿児島県に泊まろうと思っています。九州の宿は殆ど訪ねていませんので、せめて、一県に一つくらいはとの思いです。
人吉旅館も検索して探しましたが、昭和初めの温泉発見で、温泉として賑わってきたのは戦後のことで、チョット対象外になってしまいます。
皆さんにご心配?? いや ご配慮を頂きまして有難うございます。
予定しているのは霧島温泉群の中の妙見温泉の「おりはし旅館」です。3方縁側が付いて8畳+6畳の部屋ですが、トイレは室内にありません。
もともと3〜4人用の部屋でしょうね。一般に旅館の定員は畳2帖で一人と言いますのでその勘定では7名ですね。そこに一人と言っていますので、無理して1.5人分くらいの価格にしているのでしょう。
まあ、こんな宿も”いいか”と泊ろうと、半分くらいは思っています。
写真は「おりはし旅館」で明治12年創業とあります。でもこの建物は大正時代のものだそうです。
泊まる部屋は写真の建物の2階の手前の1/3位の部分です。


七ちょめ 4月14日(金) 22:56
大きな誤算。
今度のオフ会は11時前の伊丹空港発のANAとゆっくりした行程を取りましたが、今、大きな誤算であったことが判りました。理由は熊本地震の影響です。オフ会当日は熊本空港から高森町高森と大津町だけを見て、オフ会会場に入る予定を立てたのですが、阿蘇大橋の崩落で大きく迂回せねばならないことが判りました。阿蘇大橋の開通は2020年になるそうです。高森町は諦めますが、大きく訪ねる町並の変更を余儀なくされました。
もっと早い航空便にしておけば良かったと後悔。

Kさん 4月15日(土) 07:34
私の行動はまだまったく白紙ですが、震災後の熊本城をスケッチで残しておこうかなと思っています。ところが昨日からのテレビを見ていると、GW明けから、お城に工事のためのカバーが掛かるといっています。
足場は復旧工事らしくていいなと思うのですが、カバーが掛かってしまうと、さすがに絵になりません。困った。

絵は神戸で描いた工事中の足場があるビルです。


七ちょめ 4月15日(土) 09:49
オフ会に予定していた高森町を訪ねるのは道路事情から諦めざるを得ません。
阿蘇大橋だけじゃなく、今でもあちこちで通行止めが続いています。迂回路はありますが大きく迂回せねばならず、まず第一に、カーナビでは教えてくれないと思います。
それが最大の諦めた原因です。
でも、被害に遭い、不便な道を通って生活されている方々を思うと、観光で訪ねるのに贅沢を言ったらダメですね。
高森町は3年ほど前に観光旅行で訪ねていますといいたいのですが、南阿蘇鉄道を降り、バスに乗り替えただけでした。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp