283636
2018-5


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031



最新のコメント
by 七ちょめ(5/24)
by 万訪(5/24)
by 万訪(5/24)
by 七ちょめ(5/23)
by 孫右衛門(5/23)
by 万訪(5/23)
by 万訪(5/23)
by 七ちょめ(5/22)
by Kさん(5/22)
by 万訪(5/21)
by Kさん(5/21)
by 万訪(5/20)
by 七ちょめ(5/19)
by 万訪(5/22)
by 太泉八雲(5/22)
by 万訪(5/21)
by 七ちょめ(5/21)
by Kさん(5/21)
by 万訪(5/20)
by 孫右衛門(5/20)
by 万訪(5/20)
by 万訪(5/20)
by 万訪(5/20)
by 太泉八雲(5/22)
by 七ちょめ(5/21)
by 孫右衛門(5/21)
by 七ちょめ(5/21)
by 孫右衛門(5/20)
by 孫右衛門(5/20)
by 万訪(5/20)
by 孫右衛門(5/20)
by 七ちょめ(5/18)
by 万訪(5/18)
by 七ちょめ(5/16)
by 辰巳屋(5/16)
by 万訪(5/15)
by 万訪(5/15)
by 辰巳屋(5/15)
by (5/15)
by Kさん(5/15)
by 孫右衛門(5/15)
by 孫右衛門(5/15)
by 辰巳屋(5/15)
by 辰巳屋(5/15)
by Yasuko(5/15)
by 万訪(5/15)
by 七ちょめ(5/15)
by 孫右衛門(5/15)
by Kさん(5/15)
by 辰巳屋(5/15)
by 七ちょめ(5/12)
by 七ちょめ(5/12)
by 万訪(5/11)
by 七ちょめ(5/11)
by 七ちょめ(5/9)
by 七ちょめ(5/8)
by urano(5/8)
by 孫右衛門(5/8)
by 七ちょめ(5/8)
by Kさん(5/8)
by 七ちょめ(5/10)
by 万訪(5/10)
by 七ちょめ(5/10)
by 七ちょめ(5/10)
by 七ちょめ(5/10)
by 七ちょめ(5/10)
by 孫右衛門(5/10)
by 七ちょめ(5/10)
by 七ちょめ(5/9)
by 七ちょめ(5/9)
by 孫右衛門(5/8)
by Kさん(5/8)
by 七ちょめ(5/8)
by 孫右衛門(5/7)
by urano(5/7)
by 孫右衛門(5/6)
by 万訪(5/6)
by Kさん(5/6)
by 七ちょめ(5/5)
by 孫右衛門(5/5)
by 七ちょめ(5/5)
by 孫右衛門(5/4)
by 七ちょめ(5/4)
by 孫右衛門(5/3)
by 孫右衛門(5/3)
by 七ちょめ(5/3)
by 孫右衛門(5/3)
by 孫右衛門(5/3)
by 孫右衛門(5/7)
by urano(5/7)
by 孫右衛門(5/3)
by 七ちょめ(4/30)
by Kさん(4/29)
by 万訪(4/29)
by 万訪(4/29)
by 万訪(4/29)
by 万訪(4/29)
by 万訪(4/29)

Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie


1749: 京都の街並み 辰巳屋 2月10日(土) 08:22
昨年に引き続き京都に行きました。まだまだ未訪の場所が多いように思いました。
今回は、@鷹峯、A上賀茂界隈、B南禅寺界隈、C吉田山界隈、⓹京都駅南側、E伏見(伏見稲荷、丹波橋通)を主な目標としました。
主なところをでは、南禅寺界隈の別荘群は、対龍山荘、菊水(旧寺村助右衛門邸)、清流亭(旧塚本與三次邸)など京都の別荘地を散策しました。

画像は、対龍山荘です。

辰巳屋 2月10日(土) 08:23
南禅寺から帰る途中に三条北裏通があり、町家の街並みがありました。通りの成り立ちなどまだよくわかりませんが、小さな街並みとなっていました。通の中心地には七宝焼きで著名な並河靖之七宝記念館がありました。この通りを抜けると古川町商店街につながります。

辰巳屋 2月10日(土) 08:24
伏見は、よく訪問するのは、月桂冠の大倉記念館や竜馬通と呼ばれるところですが、ここから北の丹波橋通を目標にしました。キンシ正宗、招徳酒造、玉乃光酒造、松山酒造などの酒蔵の並ぶ地域です。

画像は、玉乃光酒造(右)と松山酒造(左)の酒蔵の並ぶ通りです。

万訪 2月10日(土) 09:40
南禅寺周辺の別荘エリアは、私も昨年歩き直しました。とてもいい環境ですね。京都は仕事で毎月のように行ってますが、とんぼ返りです。暖かくなったらゆっくり歩きたい。

Kさん 2月11日(日) 07:33
ディープな京都探索ですね。私は学生時代4年間と仕事で5年間の合計9年間を京都で過ごし、その後もスケッチや飲み会でたびたび行っていますが、まだまだ知らないところがいっぱいです。
伏見の玉の光酒造は描いていました。「二日酔いをしない」といわれるこの酒蔵の酒もたまに飲みます。

Kさん 2月11日(日) 07:35
止まっている車の位置まで、写真と一緒ですね。

孫右衛門 2月11日(日) 11:43
滞在型の京都探訪はいつかはやってみたいものです。
訪ねられた中で京都駅南側というのが気になります。
学生時代は自分から観光地には足を踏み入れる事はほとんどありませんでしたし、その後も町並や町家への興味で訪ねていますので、歴史や寺社などの知識は何度か観光で京都を訪ねている人の方がよほど多いでしょうね。
もう少し年を経ると段々とそのようなものに興味が深まってくるものかもしれません。

辰巳屋 2月11日(日) 13:23
Kさん、色々行かれているんですね。「二日酔いをしないお酒」ですか。よいことを聞きました。止まっている車の位置まで同じですね。その後ずっと同じ作業が続いているんですね。
京都駅南側は、地図でみると小さな小路が密集している場所があったので行きましたが、街並みとなっていませんでした、東寺通に建物は古いのですが、連続していなくて、街並みとしては、少し物足りないものでした。それでも、日の出湯という木造建築としては、立派な建物がありました。
画像は、日の出湯です。


辰巳屋 2月11日(日) 14:00
京都駅南側では、竹田街道札辻界隈に小さな街並みがあるように思いました。竹田街道と札辻通の交差する所で、札辻通にもありました。
画像は、竹田街道沿いの旧家です。この付近には、大きな家が多いように思いました。特に竹田街道の一筋東の通りには、国登録有形文化財の長谷川家住宅があります。

七ちょめ 2月12日(月) 16:40
京都は学校から勤めも、人生の大半を過ごしたところですが、現役中は町並みや集落には感心がなく、もっぱら飲屋に。
惜しいことしましたね。でも市内を走り回りましたので、地理感覚は大阪よりも。??
M014010098160.v4.enabler.ne.jp


1