294071
2018-10

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031




最新のコメント
by 辰巳屋(10/20)
by 辰巳屋(10/19)
by 七ちょめ(10/19)
by 孫右衛門(10/18)
by Yasuko(10/18)
by 万訪(10/18)
by 辰巳屋(10/18)
by 万訪(10/18)
by 七ちょめ(10/18)
by 辰巳屋(10/18)
by 万訪(10/15)
by 万訪(10/15)
by Kさん(10/15)
by 孫右衛門(10/14)
by 万訪(10/14)
by 万訪(10/14)
by 孫右衛門(10/9)
by 七ちょめ(10/9)
by Kさん(10/9)
by 万訪(10/8)
by 七ちょめ(10/8)
by 万訪(10/8)
by 孫右衛門(10/8)
by 万訪(10/8)
by Kさん(10/8)
by 万訪(10/8)
by 万訪(10/8)
by 万訪(10/8)
by 万訪(10/8)
by 万訪(10/8)
by Kさん(10/11)
by (10/11)
by 七ちょめ(10/10)
by 万訪(10/4)
by 七ちょめ(10/3)
by Kさん(10/3)
by 七ちょめ(10/3)
by 七ちょめ(10/2)
by 孫右衛門(10/7)
by 七ちょめ(10/7)
by 七ちょめ(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 万訪(10/6)
by 辰巳屋(10/6)
by 七ちょめ(10/5)
by 万訪(10/5)
by 孫右衛門(10/5)
by 辰巳屋(10/5)
by 辰巳屋(10/5)
by 孫右衛門(10/5)
by 万訪(10/5)
by 孫右衛門(10/4)
by 万訪(10/4)
by 孫右衛門(10/3)
by 孫右衛門(10/3)
by 万訪(10/3)
by 孫右衛門(10/3)
by Kさん(10/3)
by 万訪(10/3)
by 七ちょめ(9/30)
by 七ちょめ(9/30)
by Kさん(9/30)
by 七ちょめ(9/30)
by 七ちょめ(9/23)
by 孫右衛門(9/23)
by 万訪(9/23)
by 七ちょめ(9/23)
by 万訪(9/23)
by 七ちょめ(9/22)
by 七ちょめ(9/22)
by 太泉八雲(9/22)
by 太泉八雲(9/22)
by 七ちょめ(9/21)
by 辰巳屋(9/21)
by Kさん(9/21)
by 万訪(9/21)
by 太泉八雲(9/21)
by 孫右衛門(9/20)
by 七ちょめ(9/29)
by 七ちょめ(9/27)
by 七ちょめ(9/27)
by 万訪(9/27)
by 七ちょめ(9/27)
by 孫右衛門(9/26)
by 孫右衛門(9/25)
by 孫右衛門(9/25)
by 孫右衛門(9/25)
by 孫右衛門(9/25)
by 孫右衛門(9/25)
by 孫右衛門(9/25)
by 孫右衛門(9/25)
by 万訪(9/25)

1564: Kさん個展大盛況! 万訪 5月24日(火) 15:27
Kさん個展に行ってきました。入れ替わり立ち替わり人が入ってきて大盛況でした。毎回楽しみにされている人が増えてきているのでしょう。継続は力なりですね。期間中、頑張って下さい!

Kさん 5月24日(火) 23:00
万訪さん、忙しい中、時間を割いていただき、恐縮です。大変ありがとうございました。投稿写真にはぼかしを入れてもらっていますが、昨日流れたフェースブックの画像では、全部素顔丸出しでした。恥ずかしいものを世間にばらまいています。

2日目もおかげさまで大勢の方にご来場いただきました。最後は学生時代の仲間が集まってくれて、飲み会でした(皆が絵を見てくれたかどうかは知りません)。ようやく先ほど帰宅しました


七ちょめ 5月26日(木) 15:05

個展開催おめでとうございます。
盛況の様で何よりです。個展を訪ねられるかは??
先ほど入院から帰ってきました。
胃腸で入院したものだから、味の無い「御粥」ばかりでした。
処置している間以外は、痛くも痒くも無いのに入院しているので暇で暇で。
パソコンを持ち込んで、町並の文章を3ヶ所作成しましたが、ネット環境が無いもので、暇を持て余しました。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1560: オフ会の料理 七ちょめ 5月18日(水) 19:45
オフ会まで20日を切っています。今日は同期会に参加し、もう一つの歩こう会の主催を経て、チョットした入院が待っています。人生初めての入院です。オフ会までにはお酒が飲めるようになると思いますが??

オフ会の宿泊価格の件で、メールいたします。
異議がなければ連絡などは必要ありませんが、ご了承願ったものと受け取っておきます。

七ちょめ 5月18日(水) 21:07
なに!!これ

昨夜、パソコンの電源を切って寝ようとすると、更新してシャットダウンと出る。
黒くなった画面のままだた、その内に切れるだろうと寝てしまった。
高齢者につき、夜中にトイレに起きた時にみると、何だか知らないが35パーセントと出ている。
何がなんだか判らないが、まあ、更新できれば切れるだろうと再び寝てしまった。
朝起きて見ると、「了承と次へ」の項目が次々と出てくる。ここまでくると仕方ないので応じているとグレーでアップ完了と出て、
通常と違う画面が、なんじゃかんじゃとやって見ても様子が違う。
さて、朝飯と家内が下から呼んでいるがパソコンの電源がきれない。
ウインドウズ8.1では、カーソルを右下に持ってくると設定が出て電源の表示がでるが、それが出ない。コントロールパネル
を探すがどう探しても見つからない。

やっさもっさしてやっとシャットダウンできたが。時間になったので同期会に出かけ、帰ってからいろいろと点検していると、
グレードアップとは勝手にウインドウズ10になってしまったようで、
パソコンのOSを見るとウインドウズ10と堂々と出ています。かってに入ってくるな。
パソコンの操作が今までとは違い面喰ってしまっています。
一番困ったのは、お気に入りに入れていたものが全て無くなっていて、簡単に検索できなくなったことです。
まず、検索‭サイトのグーグルも出せない。
半日やっさもっさと触っていると、ウインドウズ10にも少しは慣れましたが、最初はビックリです。
こんなことってあるの??と!!

Kさん 5月18日(水) 21:26
ウィンドウ10への変換について。私の所へもアップグレードの案内がたびたび来ていましたが、最近は向こうで勝手に変換してしまうという話をよく聞きます。使い勝手が悪いからと元に戻してもらったというケースもあるそうです。
私の場合は7のパソコンがたまたまダウンしたので10のものを新しく買いましたが、メーカー側がユーザーの了解もなしに、勝手にやるというのはいかがなものかと思いますね。

孫右衛門 5月18日(水) 22:03
このWindows10へのアップグレードはやめた方がよいと色んなところから情報が来ますので、全て無視しています。だいたい無償でひつこく勧めるところから普通ではないですね。
Windowsも落ちたものだと私は思っています。
オフ会の宿は、今回はいつの間にか決まっていたような感がありますので、料理料金等もお任せいたします。
七ちょめさんの入院は大したことではないものと察しますが、オフ会時にはいつもの饒舌さで我々を楽しませてくれるものと期待しています。

万訪 5月19日(木) 07:48
七ちょめさんもやられましたか。私は7を使っていますが、全く同様で勝手にバージョンアップへの作業が始まってしまいました。やめさせたいがどうしようもない。そして、画面がすっかり10に変わり、最後の最後に「いいえで元に戻すことができますがどうしますか」と出たので、いいえを押して戻りました。聞いてくるなら先でしょうと言いたい。キャッチセールスです。こりゃクレームの嵐になるでしょうね。

Yasuko 5月19日(木) 07:57
入院とは・・・大したことではないのですね。心配しますが・・・
10へのアップはいつもはいっていますね、もし勝手に変わってもいいえにすればいいのですね。いい情報ありがとうございました。

urano 5月19日(木) 21:14
七ちょめさん、入院されるとのこと、お大事になさってください。
オフ会の宿泊費についても承知しました。

win10へのアップグレードは私も拒否し続けていたのですが、おととい、スレ番1559のレスを書いている途中で強制的に更新が始まり、ひどい目にあいました。(3時間以上PCをさわれず、予定していた仕事ができませんでした)。
迷惑千万です。

さて、気を取り直して、そのとき書き込もうとしていた写真を投稿します。
三朝町の牧集落です。
七ちょめさんが三朝へ行かれるとのことでしたので、中心街から3kmほど南の国道沿いにあるこの集落のことをお伝えしようと思っておりました。
集落系はあまりお好みでないかもしれませんが、いい佇まいでしたよ。

urano 5月19日(木) 21:25
もうひとつ、こちらも時間を割いて行くかどうか判断が分かれそうですが、三朝温泉から東へ進んで三徳山を通り過ぎたところにある吉原集落です。
炭焼きと農業の集落で、戸数も10戸ばかりですが、町場のような雰囲気がわずかに(本当にわずかですが)感じられます。


七ちょめ 5月19日(木) 22:43
URANOさんもウインドウズ10に強制的にされましたか。私もスリープ中に勝手にグレードアップとしてパソコンが動いていました。
インストール途中で中止も可能と思いましたが、アプリ程度なら途中で中断しても、余り影響がないのですが、パソコンの基本のOSですので、途中で中断すると戻ることも出来なくなる可能性があり、ウインドウズ8.1にも戻らないし、ウインドウズ10としても使えない可能性を考え、成るように進むしか道が無いと判断したのです。一番恐れたのは、万一の場合は、ウインドウ8.1をリカバリーする羽目になったり、パソコンが全く起動しなくなる可能性を考えました。

三朝町牧と三朝町吉原の情報ありがとうございます。可能な限り訪ねたいと思います。

七ちょめ 5月20日(金) 17:40
今日もNECからのメールで、ウインドーズ10へのグレードアップ対象外の製品にも、マイクロソフト社が強制的にグレードアップしているので、グレードアップ対象外の製品にグレードアップされても保証の対象外ですのでご注意を等という文章が来ています。
起動しなくなる可能性も考えられるようです。

勝手に広範囲にわたってグレードアップしているようですね。どうして防げばよいものか。企業の姿勢が疑われます。

孫右衛門 5月21日(土) 17:58
今日、初日の予定を詰めました。
松阪6:29分の近鉄で鳥羽に向い、答志島に2時間滞在後戻って鳥羽市街を探訪します。船の時間の関係で中間で鳥羽市街探訪と言う形になります。昼過ぎの便で坂手島に渡ります。これは七ちょめさんが言われていた便と同じですので、ぜひご一緒しましょう。
鳥羽に戻った後は、私は参宮線で二見町江地区に寄ってから宿に向う予定です。


七ちょめ 5月21日(土) 19:24
鳥羽マリンターミナル発12:55発の坂手港行ですね。私とYasukoさんが合流して楽しく廻りましょう。
そして坂手発15:00の便で鳥羽に向かい鳥羽着15:10、参宮線の鳥羽駅発15:26分の電車に乗りましょう。この間を手際良くしないと、電車に乗り遅れます。
鳥羽マリンターミナルと近鉄・JRの鳥羽駅は7〜8分掛かりますので。
私も同じ電車で二見浦で降りずに伊勢市まで行き、宿に早く着いて皆様を出迎えます。

和具と答志間は約1km弱の距離がありますので、余りゆっくりとはできないですね。
でも、町並を訪ねながらの移動ですので、あまり距離は感じないで済むと思います。

Yasuko 5月21日(土) 21:34
孫右衛門さん宜しくお願いします。宿に着く前の行動は二軒茶屋へ行こうかなと思っています。できたら神社港も皆様にお会いする前に行きたいです。・・・

孫右衛門 5月21日(土) 22:37
Yasukoさん、七ちょめさんと同行されるとのことで、坂手島は三人での探訪が実現しそうですね。さてその後なのですが、今のところ私は参宮線の松下駅で下車し、二見町江の漁村集落を訪ねながら二見浦駅から16:35または16:53の列車に乗って伊勢市に戻るというのを考えています。
(七ちょめさんの二見町江の町並) http://matinami.o.oo7.jp/tyubu-tokai2/ise-futami-e.html

参宮線はJRのローカル線で、七ちょめさんは電車といわれていますが、非電化で走っているのは気動車ですし本数も多くありません。そのような路線ですので、手軽にとはいえないです。言われている二軒茶屋地区は参宮線の五十鈴川駅からも伊勢市駅からも遠いですね。五十鈴川で下車して二軒茶屋地区を途中訪ねて、そのまま宿まで計3km余り歩くということも出来ないことはないですが。

翌日の行程は七ちょめさんが少し触れられた内宮周辺の探訪案に賛成なのですが、その後レンタサイクルで郊外の神社港周辺、さらに戻って私が以前探訪に失敗した古市の町並を巡ろうかと思っているのです。その中には二軒茶屋地区も含まれるのですが、走行距離が長くなり体力勝負になるのと、雨の場合も困ります。
狭い地域ではあるのでレンタカーというのも躊躇してしまいますが、3人同一行動ならその手もあるのでは?と思います。

Kさん 5月21日(土) 22:58
皆さんの予定を見ていると、スケッチしたい場所がいろいろあり、悩みます。スケッチは行動を制限されますので、個展が終了してから私の行動計画を決めたいと思います。

今日の夕方から夜にかけて個展の作品搬入をしました。明日は画廊が休みで、月曜日11時のオープンです。

急きょ、火災のあった竹原の絵を出展することにし、孫右衛門さんの写真を説明カードに拝借しました。

Kさん 5月21日(土) 23:04
写真を間違えました。中央が竹原の絵です。


七ちょめ 5月22日(日) 09:26
Kさんの個展を今回は訪ねられそうにないのは残念です。朝日新聞と読売新聞で貴方の個展を紹介されているから見事なものです。大勢の入場者で賑わうでしょう。

オフ会でKさんは自動車で伊勢入りでしょうから、個展が終わってから、オフ会の準備でチョット頼みたいことがあります。
よろしくお願い致します。

それから太泉八雲さんが720ml瓶のお酒2本持ってくると仰っていますが、車でないでしょうから、無理をなさらないでください。幹事の方で懇親会のお酒やおつまみは準備した方が良いと思います。成るだけ負担の無いように楽しんで貰えたらと願います。

今日22日夕食から食事制限が始り、明日は完全に指定食になり、24日から入院になります。
そんなんはどうでも良いことですが、私にとっては人生最初の入院。やはり不安です。

オフ会の前日に坂手を3人で廻りましょう。坂手からの帰り、私は鳥羽から参宮線でも近鉄でも同時刻発(15:26)の電車(参宮線は気動車と指摘を受けました)で伊勢市駅に向かい宿に直行します。
孫右衛門さんは二見町江を、Yasukoさんは二軒茶屋と仰っていましたね。
私は翌日皆様と分かれてから、レンタサイクルで二軒茶屋を訪ねて帰宅の途につきます。
レンタカーの件は私は同行出来ませんが、多くの方が同行されると思います。伊勢を訪ねるのが初めての方もおられますので、参加者を募って下さい。

伊勢市駅近くのレンタサイクルで、自転車を借りて神社港(約4km)や二軒茶屋(約2km)を廻られるのは平坦ですが、古市近くはチョット坂になっています。麻吉旅館を訪ねるのはもっと坂になりますので、坂道も考慮に入れてください。




孫右衛門 5月22日(日) 10:24
Kさんの個展は私もお伺いできませんが、竹原の件で写真を添えていただいたようで恐縮です。盛況をお祈りします。

二軒茶屋や神社港、大湊町などまで足を伸ばしてもせいぜい5km圏内ですので私一人でなら自転車で回りますが、複数となるとやはりレンタカーが便利ですね。言われるように古市付近は起伏があるし、天候に左右される事もない。

万訪 5月22日(日) 13:28
Kさん、個展始まりましたね。
明日明後日の大阪出張ですが、割とスケジュールが混んでいて、個展会場に行けるのは、5/24(火)14:00〜15:15の間になると思います。よろしくお願い致します。

Kさん 5月22日(日) 21:44
万訪さん、忙しい中を恐れ入ります。11:00〜18:30の間なら連日100%会場にいるつもりです。ただし、決して無理をなさらずに。仕事優先でお願いします。
180-146-71-192f1.osk3.eonet.ne.jp
1562: 新たな重伝建地区 孫右衛門 5月20日(金) 22:18
名古屋市有松と彦根市が重伝建地区となる運びとなったようです。
有松は質量ともに十分なものがあり、市が独自に保存に手を出していたといえ、重伝建地区でなかったのが不思議なような町並ですが、彦根もそれに匹敵する十分なものがありますね。
ただ、ちょっと私が解せないのが、河原町・芹町界隈のみになっていることです。
川を挟んだ南側の大橋町などの通称「七曲り」と呼ばれる地区は対象外なのですね。この地区は仏具屋街があり、また町家も立派で私が彦根で町並らしいところと聞かれたら真っ先にこの地区を挙げるのですが。

urano 5月20日(金) 22:35
情報ありがとうございます。
彦根河原町・芹町は行ったことがありません。城に近い本町は行っているのですが。
有松は、重伝建になっていない町並みのなかで「最後の大物」といった感じでしたね。
妻籠とほぼ同じタイミングで町並み保存に着手しながら、いままで重伝建になっていなかったので、これからも独自の道を歩んでもらいたいと密かに思っておりましたが、ともかく関係者には祝意を表したいと思います。

万訪 5月20日(金) 23:58
重伝建にやっとなりましたか。いつか古い町並みイコール重伝建という日が来るのかなぁ。

七ちょめ 5月21日(土) 09:45
有松と彦根芹町などが重伝建に選定される見通しですか。
有松は今まで重伝建に選定されてなかったのは不思議ですね。と云ってもこの重伝建に選定される最も困難なことは、住民の同意ですので保存保存と外野(他地区住居者)や役所が云っても、決定権は住民が持っていますのでね。

その意味では彦根の例が顕著と思います。河原町や芹町の方々は、建物改造に制約があっても、重伝建に選定されて観光客が少しでも多くなればと判断したのでしょうが、川を隔てた大橋町辺りは昔からの仏壇街で、今でも仏壇で商売が成り立つ町ですので、観光客増加よりも、建物の改装が制限されるのを拒否したのでしょう。……と思います。

とは言え、南彦根の仏壇街は、現役中に商売として売り込みに行ったらとのアドバイスを先輩から受けていたのですが、ちょっと遠いと結局1回も訪ねなかったことを覚えています。
町並が在ったとは孫右衛門さんの情報で初めてしりました。近い将来、河原町3丁目の旅籠宿に泊ろうと思っていますので、その時に訪ねる様に致します。

孫右衛門 5月21日(土) 15:11
有松はこのまま市が独自に保存するということで重伝建にはならないものと思っていました。
大橋町などの仏具屋街を含む地区は七曲がりともいわれ、街路が何度も折れ曲るのでそのつど町並景観が変るのも興味深いです。重伝建となる川原町・芹町よりも、私はこちらの方が町並として見応えがあると感じました。
七ちょめさんは訪ねられていなかったのですね。ちょっと見ると、野村万訪さんが訪ねられているようです。
p535129-ipngn200506niho.hiroshima.ocn.ne.jp
1561: 大山の街並み 辰巳屋 5月18日(水) 21:08
オフ会が近づいてきました。その前に報告しておきます。

大山周辺は、本年4月25日に日本遺産として「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」のテーマで大山寺とその周辺が指定されました。この日本遺産のストーリーやストーリーを構成する文化財一覧表(詳細は、大山町HP)を見ると大山道は、坊領道・尾高道・溝口道・丸山道・横手道・川床道があり、下蚊屋は横手道に沿い博労宿が軒を連ねたとあります。
このほか同じ横手道の「御机」にも博労宿があったと記載されています。
是非行ってみたいと思い訪問しました。

画像は、大山道(横手道)御机の茅葺きの小屋、大山の風景として人気だとか。


辰巳屋 5月18日(水) 21:09
画像は、御机集落の風景です。元は木地師集落で大山牛馬市が成立してからは博労宿で賑わったということです。集落には、旅館の看板が残った建物や多くの蔵が残っています。落です。

辰巳屋 5月18日(水) 21:10
画像は、坊領(大山道坊領道)の遠藤家(登録文化財)前の旧道と思われる通りです。坊領は、日本遺産の解説では「宿」とは描かれていません。近くに「所子」集落があります。

孫右衛門 5月18日(水) 22:31
先日、辰巳屋さんの情報で岡山県北西部から鳥取県南西部にかけて訪ねました。
日南町上石見、新見市の哲多本郷など良い町並を新たに知ることができました。
この御机という集落も知りませんでした。
辰巳屋さんの探訪には私にはない文化的視点に基いたものがありそうで、その辺をオフ会でお伺いできればと思っています。

七ちょめ 5月18日(水) 23:01
新しく参加される辰巳屋さんも、昨年から参加されているURANOさんにしても、町並の捉え方というか、見つけ出す方法が異なり、大変新鮮さを感じます。

私など最初は、誰かが訪ねた所を追っかけていましたが、最近は殆ど地図上でこの辺りは??と見当を付け、グーグルマップで見てからの探訪になります。また、行き当たりばったりに、国道を走っていて見つけることもしばしばあります。

文化的な資料から探索することは滅多に無く、訪ねた結果説明で文献を調べるなど、新しく入会して頂いた方々とは、同じ町並を訪ねても順序が正反対と感じ、中々新鮮味があると感じています。

万訪 5月19日(木) 00:28
素晴らしい天気ですね。御机は私も3年前に行きました。雪の中、この茅葺の小屋を見に走りました。大山山麓は、関東の者からすると信州のような場所だなぁと思ってしまいます。
辰巳屋さんにお会いできるのが楽しみです。いろんな視点で町並みを取り上げていく。いらかぐみの守備範囲がどんどん広がっていくのは、素晴らしいことだと思っています。

Yasuko 5月19日(木) 08:03
大山は一番近くの私がいろいろ教えられます。素晴らしい歴史的な視点ですね。歴史は好きなのに最近はさっぱりだめです。またファイトがでてきます。

七ちょめ 5月19日(木) 16:43
辰巳屋さん、今度の投稿はこの資料から等と堅苦しく思わないで、気楽になんでも投稿して下さいね。
私は馬鹿まるだしで投稿を気楽にしています。良いか悪いかは当人が思うだけ??、他の人は迷惑?? まあ、会員のための掲示板です気楽に投稿をして貰えばと思います。

urano 5月19日(木) 21:38
御机はいいたたずまいですね。
私は連休の旅行で、木地師関連では三朝町の木地山へ行ってきました。
木地師集落は東日本にしかないと思い込んでいたので、意外に思い探訪しましたが、ほかにもたくさんありそうですね。
遠藤家の門のしめ縄もいい感じです。
ぜひ行ってみたいです。
em119-72-193-131.pool.e-mobile.ne.jp
1559: 序に 七ちょめ 5月16日(月) 09:44
町並探訪の序の旅籠宿か、旅籠宿の序に町並探訪か判りませんが、この間訪ねた鳥取県の町並です。写真は湯梨浜町宇野の町並。思わぬ拾いものという感じの町並でした。日本海に面した国道9号線をノンビリ走っていて、あれ、ここに町並が有るのじゃないかと訪ねたら思わぬ拾いものの町並。湯梨浜町宇野です。写真。
他に、湯梨浜町橋津、鳥取市浜村温泉を訪ねましたがもう一つでした。湯梨浜町泊を訪ねる予定でしたが、自動車道に乗ってしまい、あれあれと通り過ぎて訪ね損ない、近い将来に三朝温泉を訪ねる予定があるのでその時にするかと簡単に諦めました。

七ちょめ 5月16日(月) 10:00
宇野の集落を歩いていると、国の史跡に指定されている「尾崎家の庭園」との表示を見つけました。でも公開していませんと表示されていて入れませんが、門は開いていましたのでチョットだけ入って、大きな茅葺屋根の母屋だけでもパチリ。

孫右衛門 5月16日(月) 20:43
この宇野は通過するばかりで気付きませんでした。羽合温泉と泊の中間にあるのですね。
泊の町並はこんな感じです。町並としては漁村だったところと街道集落だったところでやや違った趣になるのが特徴でした。
七ちょめさんの町並指数では恐らく40くらいでしょうか。


七ちょめ 5月16日(月) 20:51
泊は訪ねようと思っていたのですが、橋津と宇野は訪ねたのですが、泊は自動車道で通り過ぎてしまい、バックしようかと思いましたが、今度来る三朝温泉の時に残しておこうと、通過してしまいました。
宇野の町は画像のみUPしました。町並指数を40としました。新着情報から見られますのでよろしければ!! このまま投稿しまして後ほどURLを付け加えます。
http://matinami.o.oo7.jp/tyugoku1/yurihama-uno.html
です。


urano 5月17日(火) 20:04
宇野も歴史的な町並みですかー。
しかも指数40とは、まずまずの評価ですね。
実はGWの山陰旅行で重文・尾崎家を見るために立ち寄り、「古い家が多いなぁ」という印象は受けましたが、町並みという観点で見ることはできませんでした(というか、気づきませんでした)。
そんなわけで、尾崎家の写真しか撮っていません。。


七ちょめ 5月17日(火) 21:08
宇野の尾崎家の裏側の入口ですね。私が訪ねたときにも軽トラックが置いてありました。
元々私は町並が主であって、この様な個別の住宅は2の次になるのですが、今回の尾崎家は町並写真をほぼ撮り終えて、引き揚げようかなと思いましたが、旧街道筋だけでなく、集落内に大きな茅葺屋根の家が在るのが遠くから見えました。
近くに来ると、URANOさん投稿のこの写真の入口です。高い塀に囲まれて、遠くから見えた主屋の茅葺が見えません。癪に障るなあと長い長い塀に沿て歩いていると、丁度反対側に、納屋が見えたのです。その納屋が投稿写真です。納屋があるが尾崎家の入口が無い、やはり初めの軽トラックのあった門が入口かなと思って尚も近づくと、納屋らしきものの中央部に門があり「公開していません、入らないで下さい」との案内の紙が。
でも門が開いていたので、主屋の写真をパチリと摂りました。
人が住んでいるようでは無かったですが、入口に掃除道具のようなものが置かれていましたので、清掃か管理に来た方が中におられるのだろうと思いました。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1557: こんな旅館に 七ちょめ 5月10日(火) 13:22
こんどこんな旅館に泊ってこようと思います。
鳥取県の東郷温泉の東郷館です。名前は立派ですね。

urano 5月10日(火) 23:00
雰囲気のよさそうな旅館ですね。
調べてみると全5室だそうで、こんな小さな旅館に泊まる旅ものどかでよさそうですね。

ところで、別のスレッドで江田島に古い旅館を見つけられたと書かれていましたが、今回訪れた上下にもこんな古そうな宿がありました。
写真に写っていませんが、真向かいにももう1軒あります。
町並みの中にあるので、皆さんも撮られていると思いますが、念のための情報提供でした。

七ちょめ 5月10日(火) 23:46
江田島で対象になる旅館を見つけたのですが、一人では泊めてくれませんでした。残念。
上下のこの福万旅館はチョット対象かどうかは不明です。第一の関門の創業年が大体でも判らないのです。電話で聞けば良いようなものですが、電話すると不審に思われて、まず答えてくれません。
この福万旅館の道の反対側の土田旅館はリストアップしています。ハッキリと判りませんが経営者が創業約120年と云っています。

因みに今度泊りに行く鳥取県の東郷温泉(場所から見ると「はわい温泉」)の東郷館は明治38年の創業らしいです。

貴方に教えてもらった、中辺路の旅館 「月の家」も建物は150年と江戸末期のようですが、多分創業は最近だろうと思うのです。電話で聞くのも案外難儀ですので、宿が公表していない場合はまず対象から外しています。

尾道の登録有形文化財の西山本館も対象になる良い旅館のようですが、創業が昭和5年と新しく対象から外しています。

皆さん良くご存じの美保関の美保館は対象の旅館ですが、古い建物は食事場所で、泊るのは鉄筋コンクリート7階建ての建物ですので、チョットと躊躇しています。

などなど、対象を絞ると何やかんやと対象から外れる旅館が多いです。それでも一生懸命にさがして、今では100軒を超えるリストを持ちましたが、今度は自分の身体が高齢で廻り切れないのは確実になっています。近くは簡単ですが遠くは、どうしても億劫になります。

urano 5月11日(水) 07:44
なるほど、建築年だけでなく創業年も重要な要素なのですね。
でも言われてみれば、創業年の条件を設けないと、はやりの古民家旅館なんかもみんな対象になってしまいますからね。
それにしても100軒もリストアップなさっているとは、すごいです。


七ちょめ 5月11日(水) 07:53
この間泊った熱海温泉の福島屋もそうですが、この東郷館もこの道の反対側に巨大な旅館が、そして隣も(湖の上の様な感じで)大きな旅館であり、その間で小さく小さくひっそりと、何か隠れて営業しているような旅館みたいです。
泊っていても卑下するように思えます。気分の良いものでないですが、巨大旅館よりも歴史があるのだからと、威張って 威張って 泊ってきます。

創業年も考えないと、古民家を改装して、20年ほど前に創業した旅館でも、古い歴史ある旅館と宣伝していますので!!

建物が伝統的なものでも、営業されている旅館の伝統がないのはチョットと思うからです。
建物も文化財なら、営業そのものも文化財と思うからです。

七ちょめ 5月15日(日) 23:09
名前は立派ですが、先日泊まった旅館です。

七ちょめ 5月15日(日) 23:11
夕方庭を見ながら、気分よくビールを飲みました。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
1556: 中国地方探訪 urano 5月 8日(日) 19:25
GWで中国地方を旅してきました。
重点的にまわったのは広島、島根、鳥取の3県で、岡山と山口も少しだけ見学しました。

旅の第一印象として、重伝建クラスの町並みがゴロゴロあることに驚かされました。
特に三次、木江、江津本町、平田、鷺浦、赤碕などは、ちょっとした重伝建をしのぐ景観ですね。

安来もそのひとつでしたが、残念ながら国道9号から旧道に入るところで町並みが分断されていました。
いらかぐみの皆さんのサイトで拝見したツシ2階の商家はすでになく、その北側の町家が解体中でした。
工事関係者にうかがったところ、解体予定はこの2棟のみとのことで、それがせめてもの救いかもしれません。

安来は昨年「出雲國たたら風土記」の一部として、日本遺産に認定されました。
関連ののぼり旗も立てられ、これから観光客を呼び込もうかというのと時を同じくして町家が解体されてしまうことからも、町並み保存が相当難しいものであることを痛感しました。

urano 5月 8日(日) 19:34
広島県熊野町の農村風景。
熊野町は茅葺き民家(トタンで覆われていない)が約30棟残る全国屈指の地区で、近畿大学の調査も入っています。
ただし広範囲に散在しているので、美山町のような風景は見られません。

urano 5月 8日(日) 19:57
広島県大崎下島、大長のみかん倉。
縦格子の小窓がみかん倉の証だそうです。

urano 5月 8日(日) 20:02
鳥取県倉吉市の河原町。
白壁土蔵群から西へ1.5kmほどの町並み。

孫右衛門 5月 8日(日) 20:10
投稿されたばかりのホヤホヤの話題ですね。
熊野町は自宅から15分ほどの近所です。私は茅葺きの民家自体には余り興味がありませんのでほとんど撮影はしていないのですが、確かに茅葺の家屋は多いですね。特に旧市街地の中溝という地区から東側には結構まとまって残っています。なくならないうちに、記録しておきたいと思いました。
挙げられた中で特に鷺浦は重伝建になっても私は全く違和感は無い町並と思っています。
私はそこまでは思いませんが、山陰系の赤褐色の家並は、関東地方の方からすると随分評価が高いようですね。もっともこちらにも賀茂台地や芸北地方に赤瓦圏がありますので(賀茂台地のものは系統が違いますが)、ある程度見慣れているからかもしれません。
私も逆に近いゆえに長らくご無沙汰なところもあるため、uranoさんのレポートで再認識するところもあるかもしれません。独特の視点での更新を楽しみにしています。

七ちょめ 5月 8日(日) 20:24
赤瓦の話が出ているので!!
関西人から見ると赤瓦があるだけで、評価が上がりますね。
また、町並とは異なりますが私から見ると富士山も特別な山です。
先日も湯河原や熱海の旅館に泊りに行った時にも、何処に行っても富士山 富士山と探します。
群馬県の妙義山も変った形の山ですが、富士山は富士山・富士山と探します。

万訪 5月 8日(日) 22:07
お疲れ様でした。何日間いかれたのでしょうか。山陰から瀬戸内の島まで、岡山から山口県まで。走り回りましたね。広島県は草屋根の残存率が高いエリアの1つだと思います。瀬戸内は天候が穏やかだからと聞いたことがありますが、メンテナンスできる仕組みがあるんでしょうね。個人的には大崎上島の大長以外の集落町並みがどうだったか知りたいです。

urano 5月 9日(月) 07:51
孫右衛門さん、散在していると町並みとしての観点では見られないかもしれませんが、熊野町はかなり貴重です。
しかも町や県の指定文化財などは、確か1軒もなかったと思います。そういう意味でもすごい景観だと思いました。
赤瓦の町並みも新緑に映えてとてもきれいでした。
皆さんの仰るように、現代家屋でも赤瓦のものが連なっていると、それだけで5割増しくらいに景観の評価があがるような気がします。
私のサイトは更新ペースが致命的に遅いので、どうか気長にお待ちいただけると嬉しいです。

七ちょめさん、山といえば今回初めて大山を見ました。この付近は過去3回くらい鉄道で旅していますが、大山はいつも雲の中でした。
今回も午前中だけ見えて、昼から雨が降ったため見えなくなってしまいました。

万訪さん、今回は5/2と5/6を休んで10連休とし、そのうちの8日間で行ってきました。
島の町並みは木江、めばる崎(大崎上島)、大長、御手洗(大崎下島)、豊島の5カ所のみで、皆さんの後追いばかりです。
(このほかに向島の重文・吉原家も見学)
本当は倉橋島にも行きたかったのですが、さすがに無理でした。
このあたりは次回の広島旅でめぐりたいと思います。

写真は大崎下島、小長港の板倉。

七ちょめ 5月 9日(月) 08:51
uranoさん、長い間行かれたのですね。若いからできることでしょう。
羨ましいものです。

広島県の熊野町 何処かなと地図で見ると海田町の南、散在していても茅葺屋根の家をぜひ見たいもの。
と思って今関心ある宿を探しても、広島には該当するものが見つからない。江田島で見つけたと思ったら、一人ではだめ。

宿を見つけたら熊野町の探訪をしたいものです。それも早々に。

万訪 5月 9日(月) 20:57
ワオ!8日間ですかぁ。最近経験のない長さです。うらやましい、、、
pw126254078188.8.panda-world.ne.jp
1554: 4国を股にかけて 孫右衛門 5月 5日(木) 20:50
今年の連休は長いので、後半に日帰りをもう一本仕掛けました。
辰巳屋さんの情報を手掛かりとしてのものです。主目的は鳥取県南西部にある日南町上石見と江府町宮市原、岡山県の新見市旧哲多町本郷で、それにからめ周囲の町並を訪ねようとするものです。
結果的に岡山県の備中地方と美作地方、鳥取県そして町並目的ではありませんが島根県にも立寄ってきましたので、旧国名でいえば4国を股にかけての探訪となりました。
その中で収穫だったのが岡山県の新見市旧大佐町小阪部の町並でした。以前からもしかすると町並があるのではと薄々思っていたのですが、的中しました。


孫右衛門 5月 5日(木) 20:53
旧哲多町本郷の町並です。吹屋往来沿いに発達した町とのことです。通過するばかりの場所でしたが、ここもなかなか良い町並が残っていました。
吹屋も6年ぶりに寄り、撮影してきました。

孫右衛門 5月 5日(木) 21:03
新庄村や旧川上村延助、大山往来の江府町下蚊屋、日野町根雨など以前訪ねたところも通り、一部は歩いて再撮影しました。
その中で根雨ではこの空地(右側の大地主近藤家の土蔵の向こう側)が気になって仕方がありません。一方で左側の建物が一般公開されていたので、案内の方に聞くとやはり取壊されたとのこと。火事だったそうです。
ここでは前回まではなかった蕎麦屋で打ち立てのそばも食しました。やはり面倒くさがらず再訪はすべきですね。何度も書いていると思いますし、何度も感じています。

万訪 5月 5日(木) 21:58
しかし、孫さんが日帰りで行く範囲でまだ行っていない、あるいは発掘されていない、これほどのレベルの町並みがあるとは。中国地方恐るべしです。もう私はコンプリートする町歩きはやめておりますので、中国地方は地元メンバーにお任せします。
根雨の燃えた家というのは、この写真の左手前に写っている家でしょうかね。伝統的な家ではなさそうですね。

七ちょめ 5月 6日(金) 09:20
岡山県・広島県・島根県・鳥取県の内陸部の町並は全て古い町並と云って良いほど、古い町並が残っていますね。新見市小阪部や新見市本郷は訪ねたい町並です。
真庭市久世の旅館(岡本館)に泊る機会をつくり、その時に訪ねたいものです。

孫右衛門 5月 6日(金) 16:14
2008年9月に撮影したもので確認すると、まあそれほど伝統的な建物というわけではないようですが、建物が連続していない点で古い町並としての景観にとっては随分マイナスになります。

小坂部は全くの新規探訪ですが、今回は辰巳屋さんの情報によるところが大きいですね。車での日帰りの探訪は、ここ最近は再訪を中心に新規を(他の方の情報によるものも含め)少々というパターンが多くなりました。

urano 5月 8日(日) 20:05
鳥取から岡山にかけてはいい町並みが残っていますね。
今回の連休中、鳥取県は1.5日でざっと廻りましたが、時間の都合で米子、溝口、根雨方面は行けませんでした。
岡山県の山間部も旅程から大幅にカットしてしまったので、近いうちに再度計画したいものです。
em119-72-192-170.pool.e-mobile.ne.jp
1555: 北海道厚岸町小島への渡航計画を断念(>_<) 万訪 5月 6日(金) 18:00
北海道厚岸町小島 渡航計画を断念

昆布漁の5月から9月の間だけ漁師が暮らす島里。昔は小学校まであり、建物も残っています。しかし定期船がありません。
ここにずっと行きたくて、今年7月にいよいよ行こうと飛行機まで予約しました。
そして、役場に問い合わせたのですが、、、
昆布漁の時期(気候の良い時期)は昆布漁で忙しく船をチャーターできないでしょう、できたとしても最低5万円積まないと出してくれないでしょう、時期を外せば可能だが、天候が読めないでしょうと。
ということで、断念しました。そう言われるとますます行きたいが、リタイヤ後にとっておきます。その頃もう住んでないだろうなぁ。
写真は、数年前に北海道本土から撮ったもの。こんなに天気がいいのは珍しいのでしょうね。この写真が撮れているだけでもラッキーと思わなきゃいけないようです。

七ちょめ 5月 6日(金) 18:58
この島に渡る?? もの好きというか なんともコメントのしようがありません。
島の中に展望台の様なものがありますね。多分津波のための避難場所でしょうね。

万訪 5月 7日(土) 07:19
避難施設でしょうね。東日本大震災の時は大丈夫だったのかなと思います。奥の大きな島が防波堤になったのかも知れません。この避難施設から俯瞰したらいい集落の写真が撮れるのになぁ。
人が住んでてもいけない集落町並みって瀬戸内にも数島あります。悔しいです。

孫右衛門 5月 7日(土) 19:09
厚岸の沖にこんな島があるのは知りませんでした。
産業事情による特殊な住環境ですね。
産業と島といえば、県内に契島という島があります。一島全体が工場となっていて一般の者は入れません。大崎上島の北にあるのですが、異様な外観です。端島の現役版みたいな島です。

万訪 5月 7日(土) 21:36
契島も行けないんですよね。関連の業者のふりして入れるという情報もありますが、社会人ですし下手なことはできない。「研究で」とかいえば話がつくかもしれませんが、そんなんじゃないですからね。愛媛県今治市の四阪島も渡れません。別子銅山系の古い工場の島です。
pw126247012114.14.panda-world.ne.jp
1553: 松阪市大黒田町 七ちょめ 5月 5日(木) 16:21
毎日が日曜日だから、何も連休中に動かなくとも良いのにと思いながら、
昨夜松阪市の旧伊勢街道沿いの鯛屋旅館に泊ったのですが、写したい部屋の宿泊者が中々チェックアウトしてくれないので、時間潰しにどこかと考えて、以前に万訪さんが見るけられた松阪市大黒田町を訪ねました。
短い町並ですが、ほぼ前10年近く前に訪ねた時と変わっていないと思いますが、2ヶ所だけ更地になっていたのでその部分の取り壊したあったのかも知れません。 

七ちょめ 5月 5日(木) 16:31
泊った鯛屋旅館の夕景はこの様なものです。
大変繁昌している旅館と松阪牛の料理屋でした。昼は料理屋として賑わい。夜の宿泊も家族連ればかりで10名以上は居られました。
以前 松阪で一番有名な松阪牛の料理屋の「和田金」で食べた時に4人くらいのテーブルに一人の仲居さんが付いて松阪牛のすき焼きの世話をしてくれたのです。
今回も松阪牛のすき焼きを頼んだのですが、私一人に一人の仲居さんが横の座って付きっ切りで世話をして貰ったのにはビックリでした。
この旅館には仲居さんが10人程いると聞いてびっくりです。

七ちょめ 5月 5日(木) 16:39
夜、鯛屋旅館でテレビを見ていて、心臓の病気のことをバラエティー半分で放送していたのです。
そこで、西山さんのことを思い出し、心臓が原因で急死されたなあと!!。
そうすると彼が見つけた三重県の東の海岸の白子宿から阿漕などの町並を思い出し、町並の位置までは思い出せなかったので阿漕海岸を見てこようと訪ねたのです。
すると、連休中で多くの方が海岸で潮干狩りに興じて居られました。


七ちょめ 5月 5日(木) 16:58
そうそう、もう一つ忘れていました。松阪市から少し足を延ばして今度のオフ会の「山田館」を摂ってきました。
松阪市の鯛屋旅館の太陽が落ちてからの写真を撮るための時間があったので(夕景でなくて、午後撮影したのは、太陽が当たってもう一つと思いましたので、暗くなる前の写真を撮りたくて)、慌てて山田館の外観だけを撮りました。

実は20分もあれば伊勢に着くと思ったのですが、松阪から伊勢への行は、連休だったので1時間程かかり、チョット慌てました。でも帰りは30分少々で帰れてホッとしました。
以上長い報告終わり。

孫右衛門 5月 5日(木) 20:31
松坂市大黒田町は何故こんな場所に集中して残っているのか不思議な町並ですね。
唐突さでは富山県の高岡市吉久と双璧のように思います。
オフ会も1ヶ月後になりました。そろそろ詳細な動きを考えていきたいですね。

Kさん 5月 6日(金) 09:24
オフ会初日に訪ねる場所を探していましたが、松坂市大黒田町に行ってみようかなと思います。

その前に23日から、個展という私にとっては大イベントがありますが、ちょうどそのときに万訪さんは大阪出張があるみたい。前回の京都展の時にも出張がありました。喜んでいます。

七ちょめ 5月 6日(金) 11:41
松阪市の大黒田町を訪ねられますか。短い距離の間ですが、古い町並は超一級の町並です。
松阪で伊勢街道から分かれて和歌山に向かう和歌山街道の一部が、松阪市の都市開発から取り残されて残った区域です。
伊勢街道沿いも和歌山街道沿いも全て旧道が拡張されて新しい道になり、松阪市内の旧街道沿いには殆ど古い町並は残っていませんが、この大黒田町の一部は旧道が拡張されずに別に道が設けられたので残ってしまった町並です。
旧街道沿いの近くの平行した町並には、古い町並が結構残っているのを今度の旅で見つけました。

Kさんにメールしたように、チョット事情があり個展も訪ねられないのは残念です。万訪さんとも逢えずに残念です。

万訪 5月 6日(金) 14:15
Kさんの個展の時に偶然出張が重なる確率が高いように思っております。これもご縁かなぁと思います。5/23は大阪市内の視察で客先と同行、5/24は午前中伊丹で式典に出席、どちらかの合間を狙って個展会場に行きます。会場が京都だったら、開催時間内にいけなかったかもしれませんね。
pw126205210245.3.panda-world.ne.jp