121069
♪スズガモと一緒に 亜哉@管理人 4月16日(日) 00:06
 
 先日行った亘理町の「鳥の海」、前回までは、単独でUPしましたが、ことなる種と一緒にいる時もあります。
 「混群」と呼ばれる行動ではありませんが、一緒にいましたよ〜的画像をUPしていきます。

 漁港にいたカンムリカイツブリとスズガモです。近くにスズガモが来てもちょっと振り返る程度のカンムリカイツブリでした。

 CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM

亜哉@管理人 4月16日(日) 00:07
カンムリカイツブリの近くにいたのは、スズガモの♀

亜哉@管理人 4月16日(日) 00:08
こちらは、スズガモの♂

forester 4月16日(日) 08:40
鳥の海という場所柄なんでしょうね。
鳥さんにとっては良い場所?ほごされてるのかな。

kan 4月16日(日) 12:05
サイズ的に似ているし、捕食者では無いから危険も
無いと言うことで平和共存しているのですね。

會津 4月16日(日) 16:51
喰われたり、エサを取り合ったり、危害がなければ

逃げたり、追い払ったり、しなくともいいのだろうな。


亜哉@管理人 4月16日(日) 22:48
foreさん、こんばんは〜
 鳥の海の漁港内なので(正式には、荒浜漁港ということです)震災後の復旧といっても、プレジャーボート等は流されているし、漁船だけは少しづつもどりつつあるので、まだまだ鳥たちの方が幅を利かせているようです・・複雑ですね

 漁港に係留されている漁船・・今は、ホッキ漁ですね

亜哉@管理人 4月16日(日) 22:50
kanさん、こんばんは〜
 そういうところです。人間もこうありたいのですが・・・


亜哉@管理人 4月16日(日) 22:53
會津さま、こんばんは〜
 見ているとホッとします。カモの交雑雑種もあるわけです・・汗
♪オバシギ 亜哉@管理人 4月14日(金) 23:23
 
 判別が難しいシギチ(シギ・チドリの略)ですが、冬羽は難しいけど、夏羽は特徴がでるから見分けやすい・・とか、その逆もありです

 この「オバシギ」は夏羽の方が断然わかりやすい特徴がでます。胸の黒色斑が密に黒帯状になっている。肩羽に赤橙色の羽毛があること。これで「オバシギ」であることがわかります

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM


亜哉@管理人 4月14日(金) 23:27
只今採餌中・・旅鳥なので、次回行くときはいないかも

亜哉@管理人 4月14日(金) 23:31
更にズボッとクチバシを入れて採餌中・・


kan 4月15日(土) 12:13
水辺で餌を探す水鳥、まさに典型の風景ですね。
水の感じは気温が上ってきたように見えます。

亜哉@管理人 4月15日(土) 22:17
kanさん、こんばんは〜
 干潟も天気が良ければ、暖かく感じるようになりましたが、風が出てくると、やはりまだ寒く感じます。
♪コチドリ 亜哉@管理人 4月13日(木) 17:17
 
 蒲生干潟でも今頃の季節に遊んでいた目の周りのアイリングが黄色の「コチドリ」・・鳥の海にもいましたが・・・数が少ない気が・・ちょっと心配

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM


亜哉@管理人 4月13日(木) 17:19
ゆっくり歩いていました。たまにこちらを見上げて

亜哉@管理人 4月13日(木) 17:20
お腹がいっぱいなのかなぁ

亜哉@管理人 4月13日(木) 17:22
 ちょっと離れていた処にいた別の個体・・

forester 4月13日(木) 19:52
石狩の川口に行けばいるのかなぁ。

渡りの途中かもね。

タヌ松 4月13日(木) 21:33
亜哉さん こんばんわです。

よく千鳥足と言いますが、人だとヨタヨタのイメージ強いですが、本物は俊足で、ファインダーから姿を消すのが得意です。急に走り出して、こっちが泡を食う(笑い)・・・でもカワイイ!!

亜哉@管理人 4月13日(木) 22:56
foreさん、こんばんは〜
 こちらでは、夏鳥です。田植えの終わった田圃にいるときもあります。
 
 札幌市内の探鳥地といったら日本海側の砂浜だと河口近くになるのでしょうか?
 
 ノビタキの頭の黒い夏羽姿がこちらでも見られたとか・・夏鳥たちがうごきはじめましたね

亜哉@管理人 4月13日(木) 23:01
タヌ松さま、こんばんは〜
 
 シロチドリなんか、ダダダッーツて感じでピタッと止まってエサ探して、またダダダーッですからね。干潟縦横無尽・・爆

 明日は親戚の100歳の誕生日のお祝いでよばれていて、今度の日曜日は、野鳥の会の総会で、なんか、ぶっ続けで体もつのかなぁです・・滝汗

kan 4月14日(金) 02:54
なかなか面白い顔の鳥ですね。亜哉さんを警戒しないで
餌探しですか、荒れていない良い環境ですね。

會津 4月14日(金) 18:03
友達のヤマセミ写真家のはなしでは
慣れたカメラマンだと
鳥さんも警戒しないけど

不慣れなカメラマンが来ると
鳥さんが警戒して
エサ取りも、巣へも近寄らないのだとか。

人物の撮影も、鳥類の撮影も
コツは同じようなものらしい。

亜哉@管理人 4月14日(金) 21:45
kanさん、こんばんは〜
 正面顔は、歌舞伎の隈取りみたいな感じもしなくもないですが・・笑
 鳴き声も、「ピュオ」でカワイイですよ。また時々,行ってみたくなります

亜哉@管理人 4月14日(金) 21:49
會津さま、こんばんは〜
 ギラギラさせて鳥をみると、一種の「殺気」みたいなのを鳥が感じるのではないかと言われています・・真偽のほどはわかりませんが・・

 故に、カメラを持っていないときに限って鳥に会うのではないか・・とおっしゃる方もいます

 人物の撮影で、「殺気」だしたら、もちろん恐いし、「撮ってやるぞ」みたいな気をだしたら、相手に嫌がられそうですものね
♪ハジロカイツブリ 亜哉@管理人 4月11日(火) 23:37
 
 今日は、3・11から6年1ヶ月経った月命日です。鳥の海周辺も平日行ったので復興とはほど遠い感じがしましたが土日ならもう少し賑やかなのかもしれません。

 白っぽいのやら赤いのやらいますが、「ハジロカイツブリ」の群れです。上の方の2羽は夏羽になっていますが、他の3羽は冬羽から夏羽に喚羽中の個体です。

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM

※明日12日は泊まり勤務のため明け番の13日まで失礼します・・ペコリ


亜哉@管理人 4月11日(火) 23:40
夏羽の個体は、頭部が半乾きなので、こんな感じです。
クチバシがちょっと上に反っているのもハジロカイツブリの特徴です

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM


亜哉@管理人 4月11日(火) 23:54
空には、海保・仙台基地所属のボンバル300「オオタカ」
CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM

タヌ松 4月11日(火) 23:55
亜哉さん こんばんわお疲れ様です。明日はお泊まりご苦労様です。

ハジロの群れ写真の手前真ん中、ミミカイツブリのような気がするのですが? 若干大きく、首から腹の白さ、嘴の反りがないような?
自信はないのですが!?

亜哉@管理人 4月12日(水) 00:26
タヌ松さま、こんばんは〜
 私も、悩みましたんですよ〜。この個体

亜哉@管理人 4月12日(水) 00:27
後ろ向きは


亜哉@管理人 4月12日(水) 00:31
横顔・・頭頂から目を通ってクチバシへの堺が明瞭なのがミミカイツブリなのですが、この横顔で境目が不明瞭・・ハジロの冬羽と判定しました・・といったところですが・・ムズイです

タヌ松 4月12日(水) 07:09
私の思い違いでした。すみません。なかなか判断ができない時がありますが、調べたりしている時も、撮影している時と同じくらい楽しいと思うこの頃です。やっぱり鳥は楽しいです。

forester 4月12日(水) 07:47
赤い目が特徴?ガイドブックで見たらハジロもミミも眼が赤いんだ!

ボンバルディアもいいなぁ!

kan 4月12日(水) 21:31
なかなか鑑定が難しいのですな。自然相手だから
そういうものでしょう。
6年と1ヶ月、早いものです。

亜哉@管理人 4月13日(木) 16:18
タヌ松さま、こんばんは〜
 いえいえなんの、疑問符があると、いろいろ調べたり、それも楽しいし、何より、しっかり覚えることができるから良いのですよ。これからも、よろしくです。
 5月分マルネン書いておきましたが、どっちかが台原の探鳥会です。ご一緒できればと・・

亜哉@管理人 4月13日(木) 16:20
foreさん、こんばんは〜
 凄い、真っ赤っかですよ・・不気味なくらい・・いくら人間さまが酒飲んでも、こんなに赤くなりません・・笑

 海保のボンバル300千歳基地にもあったと思います

亜哉@管理人 4月13日(木) 16:25
kanさん。こんばんは〜
 似たようなのが結構、多くて、どっちだべ?なんていうので盛り上がったり、それもまた楽しいです。
 現地では、きづかなくても、こうして後で、納得するのも多いんです。

 まだまだですね。阪神淡路だって15年かかっているんですから・・・高齢化・過疎化が加速すると思うと、早く仮設から終の棲家へと思ってしまいます

會津 4月13日(木) 17:11
赤眼の中に・・・黒眼があるの?


亜哉@管理人 4月13日(木) 17:32
會津さま、こんばんは〜
 鳥の目も人間とあまり変わりはないようです。赤く見えるのは虹彩の色で、私たちの「白目」と同じです。
♪カンムリカイツブリ夏羽 亜哉@管理人 4月10日(月) 21:57
 
 県南部、阿武隈川の河口近くの亘理町「鳥の海」に行ってみました。干潮時間から30分過ぎた頃だったので、干潟も広がっていました。

 亘理漁港から探鳥開始、最初に出迎えてくれたのは夏羽の「カンムリカイツブリ」冬羽の姿と変わっておかっぱ頭になっていました。潜ると頭の羽がペタンとした感じになるのですが、頭が乾いてこんな姿になっていました。

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM

亜哉@管理人 4月10日(月) 22:01
夏の装い・・ 横向きのお姿

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM


亜哉@管理人 4月10日(月) 22:02
夏の装い・・正面顔・・笑

亜哉@管理人 4月10日(月) 22:10
眠っちゃいそう・・・

亜哉@管理人 4月10日(月) 22:13
潜ったばかりの個体・・クチバシがピンクかかっているのはまだ完全に夏羽になっていないため

forester 4月10日(月) 22:20
いいなぁ!私のカイツブリの沼には並みしか来ません。
今年はまだ来ていない!カワアイサと白鳥はいます。
白鳥が消えた頃かなぁ。

ハクガン撮影成功しました!!!


亜哉@管理人 4月10日(月) 22:57
foreさん、こんばんは〜
 カンムリカイツブリは、若林区で営巣が確認されているのですが、北海道ではウトナイ湖・勇払原野で旅鳥として見られるとか・・海岸線の近くじゃないとみられないのかもですね
 今年のホタルで大沼のカンムリ見られるかもですよ。近くなったら連絡しますね
 

kan 4月11日(火) 02:49
これは良いですね、まさにカンムリです。なかなか
ユーモラスで、好まれるのがわかります。

亜哉@管理人 4月11日(火) 23:11
kanさん、こんばんは〜
 日本で見られるカイツブリ類では最大の大きさですから、よく目立ちます。
 カイツブリ類は、夏羽と冬羽で違いが大きいので両方の姿を見たくなります・・笑
♪今年も咲き始めました 亜哉@管理人 4月 9日(日) 23:27
 
 foreさんのお宅から株分けしてもらってきた「ムスカリ」今年も咲き始めました。
 タイヤ交換もしたし、ナビに新しいデータも入ったしで、明日は、「鳥の海」に行ってみます。

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM


亜哉@管理人 4月 9日(日) 23:30
モズ吉も行ったり来たり、まだカップリングに成功はしていないようです
CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM

亜哉@管理人 4月 9日(日) 23:33
フェンスから降りたり上がったりの繰り返し・・採餌しているようです

亜哉@管理人 4月 9日(日) 23:34
もう1枚・・明日の練習・・笑

kan 4月10日(月) 02:54
生き物皆忙しい季節ですね。我家の周りもヒヨドリなど
毎朝騒いでいます。もの皆春来たり、です。

タヌ松 4月10日(月) 06:26
今日はお天気が良く、春らしいいい感じですネ!!
鳥さんたちが、いっぱい会いに来てくれるといいですネ!!
結果楽しみにしています。

forester 4月10日(月) 06:43
朝一で出かけたかな?
色々楽しめそうな場所みたいですから期待しますよ!
名前が鳥ですからうじゃうじゃいるのでは?

亜哉@管理人 4月10日(月) 17:48
kanさん、こんばんは〜
 ヒヨドリも今頃は、いろいろ甲高いピーヨピーヨだけでなくいろいろな囀りをしていますから、楽しくもありですね

亜哉@管理人 4月10日(月) 17:52
タヌ松さま、こんばんは〜
 お天気はバッチリ、干潮が9時20分でしたから10時頃には現地到着するように行きました。
 わたり温泉に降ろして、後は漁港から機関場周辺を、完全夏羽のカンムリトカ、ハジロの夏羽、オバシギの夏羽とあえました・・コチくんとも会えました

亜哉@管理人 4月10日(月) 17:56
foreさん、こんばんは〜
 干潟が広いので、時間をもう少し吟味して行った方がよかったかも、逆に小潮だと干潟があまりでないんだとか・・初めて行ったのでまだよく解りませんが、セオリー通り満潮の2時間前が良いのかもしれません

 防潮堤から顔を出したとたんカワセミとぶつかりそうになったりもありましたが、いろいろ楽しめましたよ 

610 4月10日(月) 20:22
ムスカリは川土手などでも処分された土などに入っているのか自生して広がっていますね。

動く鳥はAFが確定しないとシャッターが下りないのでマニュアルで調整する練習をしていますが難しいですね。

亜哉@管理人 4月10日(月) 21:02
610さま、こんばんは〜
 うちのおっ家内さまは、foreさんが「庭がムスカリに占領されめよ」と言っていますが、毎年増えることをよろこんでいます・・笑

 最近のカメラのAFって、ピント優先でも精度が上がっているようで、シヤッターチャンスは増えるようですがMFは捨て切れません


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
2017-8


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031