Home 89853
《 My Favorites 》

ハワードさんのHP
今週の歌ホームページ


ハワードさんのBBS
今週の歌のBBS


MIDORIさんのブログ
絵本ひとりぼっち


めぐみさんのブログ
素敵な午後は


ひらのさんのHP
いぬのこうまちゃん
ホームページ




ひらのさんの四コマ漫画ブログ
明子HS 4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」





お時間があれば、ブログを見て頂けると幸いです。 みずえ@管理人 2月14日(日) 20:38

現在、ブログの方で、話の切れ目が無くなり(いえ、話の流れ上、
やめるにやめられなくなり)、往生しております。汗;;

お正月の記事から始まり、飾り棚のことに触れ、スワロスキーの
置物の話に移り、それらが、震災の日に香港から買って来た物で
あることに触れるに至って、ついに震災の時に、私は日本におらず、
香港に居た話に移りました。

これは、本当は、避けたい話題でもあり、でも、いつかはお話し
したい話題でもありました。
ついに、その話をするのか、という気持ちです。
その不思議さ、そして、煩雑な内容を、私の筆で著し得るものか
どうか、不安で一杯です。

その第1話が、ブログで始まりました。
もし、お時間があれば、お読みいただけると幸いです。

1件落着してからお知らせしようと思っていましたが、年初来、
話題が次へ続き次へ続きして、なかなか途切れませんので、中途
半端ですが、お知らせ致します。

なお、出来ましたら古い方の記事から読んで頂く方が有難いです。

http://blog.goo.ne.jp/miracle-titan/


ひらの 2月22日(月) 12:58
22日掲載のお話まで読みました。
サムソナイト購入確信犯のことなど、コミカルで面白いですね。
こうしてほとんど不可能だった香港行きを力任せに決定し、偶然にも旅程が伸びたその時に地震が・・・人知を超えた恐ろしいほど幸運なめぐり合わせを感じます。
この先はとても辛いご経験に入っていくのだと思いますが、がんばって書いていってください。


みずえ@管理人 2月22日(月) 13:22
ひらのさん
読んで頂いてありがとう。

>この先はとても辛いご経験に入っていくのだと思いますが、…
いえ、多分、このシリーズでは、辛い話は、全然出てこないのではないかと思います。
まだまだ、不思議な体験(私にとって幸せな)を、いくつも、お話することになります。
まだ、その序章なのですよ。
(なにイ!まだ序章?一体、どんだけ書いたら気が済むんじゃ!←陰の声。
すんません。でも、私も、大変なんですよ。陰の声さん!フーフー汗;;)
冬の落日 みずえ@管理人 1月29日(金) 23:40
C2100UZ 1/500sec F5.0 ISO100 ±0EV  
数日前(1/26)に撮った、冬の落日です。

夕方、植木のことで、バルコニー出てみましたら、何と!素晴らしい夕日でした。
慌てて、カメラに収めました。
ビルの端から、太陽の光が洩れている光景は、ダイナミックで大好きです。


みずえ@管理人 1月29日(金) 23:42
しばらく待ってみました。
この太陽が、ビルの右側に、顔を覗かせるかしら?
でも、まったく太陽は顔を見せずに、空の色は少しずつ薄くなりました。
このビルの後ろに落ちて行った様です。


みずえ@管理人 1月29日(金) 23:44

(上は、昨年の秋の夕日です。2009.10月20日撮影)
昨年の秋にも、夕日を写していましたので、それを見てみますと、夕日の落ちる位置は、
確かに、秋より、冬は大分南下していることが分かります。

(「2009.11.14 秋の落日」)
http://blog.goo.ne.jp/miracle-titan/e/9ceb8da5dde5a7c3554976affb034583


我が家は、西に窓が無いので、たまたま、バルコニーに出たときなどに、美しい夕日に気付く
ことはあっても、日常、夕日を見ることがありません。

昨秋、遊びに行った友人宅は、バルコニーが西向きで、そこから見た夕日が最高だと行って、
見せてくれました。
彼女は、毎日、リビングから眺めて、夕日の美しさに感動しているのだと言っていました。
夕日は、長く楽しむことができるのだそうです。
日が落ちて行く時の美しさだけでなく、日が没した後,なお、空に照り映えている薄紫の残照
を彼女は絶賛していました。

私も、彼女のお宅で、その美しさに感動して写真を取りまくり(?)ましたが、あの幻想的な
色合いは、とてもカメラには撮れませんでした。

我が家からは、このビルがあるため、残照は見え難いと思いますが、逆にこのビルがある
ため、ビルから顔を覗かせた一瞬の、放射状の明るいダイナミックな夕日の輝きを見ること
ができますので、これも、嬉しいことだと思いました。

もちろん、残念ながら、残照とは違って、こちらは、太陽を直視出来ないので、写真
を撮って、それを見て感激しています。カメラは便利ですね。



ひらの 2月11日(木) 11:51
昨日、アリスを病院に連れて行ってやっと終わっての帰り、病院の敷地から道路に出ると西空がとても綺麗でした。やっぱり西空の眺めは良いなあ、こんな景色が楽しめる家はうらやましいなあ!とつくづく思いました。
日が落ちた後もなおすばらしい紫とオレンジの空・・・
我が家のバルコニーからは朝日が見えますが、たいてい夜明けごろは寒いのでちょちょいっと深呼吸して見ているうち、ほんとうあっという間に普通の空になってしまいます・笑

マヤさんのお花の絵、海風に吹かれて花びらが踊るさまがわかるようですね。花の絵と言うとたいてい無風の室内で描かれますが、花と風、海、面白い世界ですね。
ちなみに現在、私は鼻と風邪です・・・爆

画像は私のブログでは未公開ですが、瀬戸内海の夕日。電車から撮りました。
私の日本の実家も湾に面しているので、これほど大きくはありませんが海の夕景が見えます。


みずえ@管理人 2月13日(土) 10:05
ひらのさん
雄大な瀬戸内の夕日の写真、ありがとう。
そうですか?
ひらのさんも、西日が好き?
私も、同感です。

摩耶さんの絵、確かに海風と花の取り合わせは、珍しいですね。
彼女から、よろしくとのことです。
彼女は、まだ書き込みが出来ない人です。(携帯のメールは得意なのにね。??七不思議です。)

「花と海風」ならぬ、「鼻と風邪」のひらのさん、お大事にね。^^
初書き込みです。 摩耶 2月 8日(月) 15:29
P903iTV  
ハ〜イ!ハワードさん
お久しぶりです。

ページを拒否などしていませんよ。
パソコン恐怖症の摩耶さんです。
まだ、一度も書き込みをしたことがないので、逃げてばかりですが、
今日は、みずえさんちに来ているので、彼女に教わって、彼女の
パソコンから、書き込みしています。
…と言っても,ほとんどやってもらいましたけどね。ヘヘヘ。

又、気が向けば、自力で書き込みが出来る様になりたいです。いつかね。^^

昨年の作品ですが、ご挨拶代わりに添付します。


Howard 2月10日(水) 16:20
Hi, Maya-san!
Ee, o-hisashiburi desu, ne!

パソコン恐怖症?摩耶さん?
じゃ、今からもう、パソコン恐怖症がありません、ね。(^_^)
みずえさんは辛抱強い指導員だろうと思います。

>> いつかね。^^
えぇ、ときどき試してね。

昨年の静物画は花と金属の面白い組み合わせです、よ。綺麗!Thanks for sharing it.
強い味方「おせちランチ」登場! みずえ@管理人 1月27日(水) 21:11
C2100UZ 1/30sec F2.8 ISO100 ±0EV  
我が家の近所に、八百屋さんが経営しているレストランで、「808キッチン」
(ヤオヤキッチン)というところがあります。
そこで、今年は、お正月3カ日間、「おせちランチ」(¥1800)を始めました。


みずえ@管理人 1月27日(水) 21:12
おせちを作らないことにした私の、ツヨ〜イ味方が登場しました。
正月3日は、摩耶さんと行きました。
そんな、記録を、ブログに載せました。
よかったら、見て下さいね。

http://blog.goo.ne.jp/miracle-titan/



Howard 1月30日(土) 05:10
アハハ、808=八百屋。おもしろいです。
食べ物は全て美味しそうです。
摩耶さんと?きっと楽しいひとときを過ごしました、ね。


みずえ@管理人 1月31日(日) 21:27
ハワードさん
そうです。当たり! 摩耶さんと行きました。^0^
摩耶さんに言ったら、「ハワードさん、察しが良いね。」と喜んでいました。
それで、ここへ、レスを入れる様に言いましたら、一度も,やったことがない
のよと、ビビって(!)いました。
なにしろ、彼女のパソコンは、「開かずの扉」らしいです。^^
ですから、あてにせずに、待っていて下さいね。


Howard 2月 1日(月) 16:57
ウァ!「開かずの扉」?
摩耶さんのパソコンはこのページを拒否しますか?
なぜのでしょう。

じゃ、心配しないで。彼女によろしく言って下さい。
震災で家を倒壊させない方法 みずえ@管理人 1月25日(月) 12:35

ひらのさん
姫路城の写真をありがとう。
そして、母の屠蘇器を褒めて頂いて、ありがとうございました。

>柔らかい肌のような、金が混じって輝いているような、美しい朱色ですね。お母様がこれを
>購入されたときも、この色に魅せられて選ばれたのかしら。
きっと、そうだと思います。
多分、母が好きだった、神戸元町通りの、老舗の漆器屋さんで買ったと思います。
昔、私も、よく付いて行った懐かしい店です。
今でも、あの店はあるのかしら?と思って、検索してみましたら、健在でした。
また、いつか、行ってみたいと思います。

>震災に残ったお家の秘密は何だったのでしょうか? お話を楽しみにしています。
これは、私が一番、人に伝えなければならないことだと思っています。
私の言うことを信じて頂ければ、地震に於ける、日本の木造建築の倒壊数は半分以下に
なるはずだと思うからです。(ということは、当然、犠牲者の数も激減する訳です。)

ですが、しっかりと説明しなければ(方法はいたって簡単なんですが。)伝わり難いのです。
(早い話が、私の兄は、鼻で笑いました。そんなことあるんかいな?と。全部聞く前に。)
傷つきました。プレッシャーです。

それで、いつか、これを小論文(!)にまとめるしかないなと思っています。
そうでもして、本気で伝えないと、伝わらないと思うからです。

でも、伝えることは、大変ですね。プレッシャーです。
考えるだけで、やや呼吸が苦しく浅くなっている自分を感じます。身体に悪いなと思います。
でも、自分としては、書かねばならならない。・・・

又、落ち着いたら、書きたいと思っております。

(何か、訳の分からないことを書いて済みません。震災のことを書くことは、忘れていた
ことまで思い出し、自らの身体を傷だらけにする様な、切迫した心境になります。そして、
書いた後の落ち込みがつらいです。まして、今回の様な、鼻で笑われた経験をあえて超える
訳で、たとえ小さな文章でも,相当の根性が要る仕事となります。私の様な者でも、こんな
苦しさですから、本当に、文筆家の方々のご苦労が偲ばれますね。)



ひらの 1月27日(水) 02:55
お兄様に一笑に付されたけれどやはり伝えなくてはというお話とのこと、ますます楽しみにしています。お兄様、全部聞かれたら納得されるかもしれません。
震災のお話は、物体としてのお家のことだけでなく他の様々に悲惨な思い出が絡まっていると思いますので、辛いですね。がんばって書いてください!


みずえ@管理人 1月29日(金) 23:15
ひらのさん
励ましありがとう。
いつ書けるか、分からないと思っていましたが、ひらのさんの励ましで、少しは早く書く
ことが出来ると思います。
もったいぶった様で、ごめんなさい。
羽子板の飾り物 みずえ@管理人 1月23日(土) 22:12
 
毎年お正月に、掲示板に登場する、我が家の羽子板の飾り物のことです。
今年は、少し詳しく書こうと思います。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この羽子板は、我が家には珍しく、豪華な飾り物です。
これは、私の友人(昔の職場の後輩でした)のYさんからの頂き物です。

多くの友人達のお陰で家が再建できて、震災から1年半後に、神戸へ戻る
ことが出来た私でしたが、その後、Yさんから、羽子板を貰って呉れないか
と、連絡がありました。

どういうことかと聞きますと、昔、彼女が結婚するとき、彼女の伯母さんが、
お祝いに手作りの羽子板を作って下さったそうです。
彼女の親戚は、手先の器用な方が多いそうで、その伯母さんもこの木目込み
人形以外にも、和裁や、刺繍や、色々な手先の仕事が巧みな人だったそうで、
Yさんのお父さんも又、料理や大工仕事など、玄人はだしだったそうです。

Yさんは、この羽子板を、長年、箱に入れたまま、押し入れに仕舞っていた
そうですが、ある時、彼女の娘さんが年頃になったので、「いずれ結婚する時
には、この羽子板を持って行きなさい。」と言うと、きっぱりと断られたと言
うのです。

そんな時、私が震災後、神戸に戻ってから、一念発起、職場を辞めて、コンピ
ューターで何か始めたいと思い立ち、試行錯誤の後、グラフィックに辿り着き、
まだ今から、その勉強を始めようという段階でしたのに、はや「・・工房」と
いう屋号を付けていましたので、何か、買い被られたのかも知れません。
美的な仕事に参考になるかも知れないから、ぜひと言うのです。

私は、そんな大切なものを頂くのは抵抗があって、何度も断りましたが、遂に、
羽子板は我が家へやって来ました。

彼女が運んで来てくれた羽子板は、何十年の月日を経ているとは信じられない
ほどで、お顔なども汚れの無い純白で、あまりにも美しく、私はすっかり驚き
ました。
私はこの羽子板が大好きになりました。
以来10数年、この羽子板は、我が家の大切な宝となりました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここに登場するYさんとは、ご存知の方はご存知、あのお抹茶のYさんです。
彼女のことは、ブログの、<カテゴリー「Yさんのこと、そして彼女のチタン鍋活用法」>
http://blog.goo.ne.jp/miracle-titan/c/aa72d090ef8d1ee9a928081d467d2b9f
にまとめております。

いつもありがとうございます


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

2017-3



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031