119481
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 数字を入力してください→  cookie


♪シジュウカラ 亜哉@管理人 4月24日(月) 15:01
 
 暫くぶりのHDDの換装に手間取って・・笑
UPが遅くなりました。

 昨日は、会社の写真倶楽部の撮影会でサクラをテーマに実施しましたが、多賀城は、かろうじて、多賀城跡での散りゆくサクラを・・笑。

 この六月坂地区、シジュウカラ・メジロ・コゲラ・ウグイスとチャンスはかなりあるのですが、見つけるまでが大変です・・サクラOR鳥どっちなのは無しね〜

 CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM

亜哉@管理人 4月24日(月) 15:04
サクラの蜜を吸っているシジュウカラさん、でも後ろ向き・・笑

亜哉@管理人 4月24日(月) 15:06
多賀城碑前のサクラさん

forester 4月24日(月) 18:37
そりゃぁ亜哉さんなら鳥さん優先でしょう。(笑)
庭の桜、蕾は大きくなりましたが週末に咲くかなぁ。

庭に来るヒヨちゃんの数も回数も減りました。
子作りに入った様です。

kan 4月24日(月) 21:15
いよいよ満開ですね。蜜を吸う小鳥たち、まさに
春でしょう。明るい光です。

亜哉@管理人 4月24日(月) 22:01
foreさん、こんばんは〜
 サクラとメジロも一緒に撮れたはずなのですが、シジュウカラを撮っていたらメジロは隣のサクラへ移っちゃった・・汗

 5月はバードウィーク・・鳥さんたちも子育てに大忙しになりますね。
 お庭のサクラに鳥さんがきますように・・

亜哉@管理人 4月24日(月) 22:05
kanさん、こんばんは〜
 早いところでは、葉桜へです。5月の連伽羽あたりは塩竃神社境内の塩竃さくらが満開になります。

多賀城碑の丘の反対側の南側のサクラは、1週間前が見頃だったようです
♪爪 痕 亜哉@管理人 4月21日(金) 22:36
 
  「鳥の海」にある「荒浜漁港」震災時には、漁船をはじめプレジャーボートも係留されていましたが、津波によって多くの船舶も破壊され流されました

今は、鳥の海では、この場所へ集められていますが。津波被害の恐ろしさをこの破壊された船舶達が教えてくれています。

 PENTAX SP2 / MC FLEKTGON 35mm F2.4 JENA DDR /PRESTO D76 7分30秒

明日は泊まり勤務、明後日の明け番は、会社の写真部の撮影会なので、失礼いたします

亜哉@管理人 4月21日(金) 22:45
 鳥の海にある「わたり温泉鳥の海」は、東日本大震災で被害を受け現在は、日帰り入浴のみ 2014 10/4オープンしました。

PENTAX SP2 / MC FLEKTGON 35mm F2.4 JENA DDR /PRESTO D76 7分30秒

亜哉@管理人 4月21日(金) 22:48
 上の写真でマイクロバスの上の壁にプレートがありますが、そこが津波到達点です。このあたりの津波の高さは15メートルといわれています

PENTAX SP2 / MC FLEKTGON 35mm F2.4 JENA DDR /PRESTO D76 7分30秒


亜哉@管理人 4月21日(金) 22:51
震災後にできた巨大堤防から北方向、鳥の海を望む・・正面に見えるのが「わたり温泉鳥の海」です。とろんとした良いお湯です。海の目と鼻の先です。建物は大津波にも耐えたんですよ〜
PENTAX SP2 / MC FLEKTGON 35mm F2.4 JENA DDR /PRESTO D76 7分30秒



kan 4月22日(土) 20:42
捨てられた船が往時を感じさせますね。記憶ではなく
具体的な形で、怖さを感じます。
この位置で壊されなかった建物ですか、立派です。

亜哉@管理人 4月23日(日) 10:50
kanさん、おはようございます。
 震災の爪痕が、少しづつ消えていくなかで、もともと荒れ地だったのか住居後だったのか、他所から入るとわからなくなってきました。
 更地になったら、残された家の土台も何もかも跡形もなくなります


forester 4月23日(日) 16:49
震災を思い出させる物が減っていくのが良いのか悪いのか。
巨大堤防見て震災を思い出してくれるかなぁ。

亜哉@管理人 4月23日(日) 22:42
foreさん、こんばんは〜
 震災を思い出させるモノがなくなれば、復興が進んだと思われるのかも・・でも現実は、人がいない。住宅は建っても商店がない、病院がない、働くところがない・・・ないないづくし

 巨大堤防をみて復興が進んでいるといるとおもうのは、某復興大臣と某県知事くらいかも
♪ シロチドリ 亜哉@管理人 4月20日(木) 22:06
 
 鳥の海へ鳥見仲間のタヌ松さまと一緒に「鳥の海」へ行ってみました。汐は「小潮」で干潟がなかなか現れてくれませんでした。更に一昨日からの大雨と今日未明まで続いた暴風の影響なのか、鳥さんの姿は極端に少なかったです。

 鳥の海から続く渡り吉田浜海岸は、震災前は「鳴き砂」で有名でしたが、震災の津波の影響で回復していませんが、シロチドリが相手をしてくれました

CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM


亜哉@管理人 4月20日(木) 22:08
この海岸に津波が押し寄せたなんて、そう思っていたら、低空で通り過ぎる鳥の群・・チドリの仲間だとは思いますが早すぎて・・汗
 CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM


タヌ松 4月20日(木) 22:56
亜哉さん本日はお世話になりました。鳥さんの影が薄く残念でしたが、またよろしくお願いします。
遠くにいた、シギちゃんはどうやらイソシギのようですが、いかがなもんでしょうか?

亜哉@管理人 4月20日(木) 23:53
タヌ松さま、おばんです。
こちらこそ大変お世話になりました。またよろしくお願いいたします

 イソシギに間違いございませんよ〜。下面の白色が側胸、肩部まで食い込んでいるのが特徴ですね。
 尾羽を上下に振る動作も特徴です。

kan 4月21日(金) 00:14
ここが鳴き砂の浜ですか、元の環境に戻るには長い
自然力の修復の時間が必要でしょうね。

亜哉@管理人 4月21日(金) 01:57
kanさん、こんばんは〜
 鳥の海の南端から南へ3.4キロ続く鳴き砂の浜でした・・元へ戻るまでは5年から10年ともいわれていますが、更にかかるかもしれませんね。

forester 4月21日(金) 19:48
釣りもですが潮汐表を見て行きましょうか?
鳥さんの行動とリンクするかは???(笑)

鳴き砂、復活するといいですね。

会津 4月21日(金) 20:04
後ろ姿でよいから・・・
浴衣のヲンナが欲しいな。

亜哉@管理人 4月21日(金) 22:04
foreさん、こんばんは〜
 干潟の鳥の撮影は、潮汐表がないとダメなんです。干潮になると、干潟の採餌場所が広がりますから鳥も散ってしまうのです。
 故に、満潮の2時間前干潟到着がベストな時間になります。後は、その干潟の地形ですね、鳥の海は「小潮」だと干潟が出てきません・・涙

 鳴き砂は、まだまだ先ですね・・護岸の工事も完全に終わってないし、自然よりも金儲け?

亜哉@管理人 4月21日(金) 22:05
會津さま、こんばんは〜
 浴衣は、こちらではやっぱり8月ですが、浴衣の似合う人に出会うかどうか・・ムズイです・・笑
♪おらいの花桃 亜哉@管理人 4月19日(水) 21:53
 
 昨日のサクラの満開に続いて、今日は、花桃が咲きました
 鉢植えで2年目ですが、花芽をたくさん付けてくれました

CASIO EXILIM EX-ZR700 / 4.5mm-81mm F3.5-5.9

亜哉@管理人 4月19日(水) 21:55
昨日は、こんな具合でしたが、大きな花をけてくれました

kan 4月19日(水) 23:55
八重のピンクですね。なかなかきれいです。これで
美味しい実がなれば最高ですね・笑

forester 4月20日(木) 09:04
花桃だから大久保・白桃とか違うのね。

花も実も楽しめるといいなぁ。(笑)

出掛けて来ます。

會津 4月20日(木) 09:09
花冷えがの入学式から、わずか
夏日が

老人は、気候について行けません。

亜哉@管理人 4月20日(木) 17:50
kanさん、こんばんは〜
 昨年は、直径1センチくらいの実がなりましたが・・食べられるようなモノではないようです。
 見た目は、梨の実のような感じでした・・最後は乾涸らびたようになってなくなりました

亜哉@管理人 4月20日(木) 17:53
foreさん、こんばんは〜
 食べられる桃の種類とは違って、花の観賞用のようです。花は綺麗なんですけどね・・笑

 でかけられて、まずは、1泊目でしょうか

亜哉@管理人 4月20日(木) 21:30
會津さま、こんばんは〜
 私も、気温が下がったり上がったり・・一日の気温差もあったりすると、身体に応えます。
 お身体ご自愛ください。5月もあまり良い天気ではないとか・・・困っちゃいます
♪おらいのサクラ 亜哉@管理人 4月18日(火) 23:02
 
 おらいの(我が家の)ちっちゃな鉢植えの若木ですが、今日咲きました、花は3輪ですが満開・・笑

CASIO EXILIM EX-ZR700 / 4.5mm-81mm F3.5-5.9

亜哉@管理人 4月18日(火) 23:04
花のUP・・花芽が3つで咲いたのが3輪・・故に満開でっす

kan 4月18日(火) 23:23
パチパチパチ、祝・開花

庭の花が咲く、良いものですね。この先が楽しみです。
この先鉢がどんどん大きくなる気はしますが。

forester 4月19日(水) 07:25
花と葉が一緒ですからソメイヨシノではないことは判ります。
白いから山桜とも違うかな。品種が多すぎますね。

610 4月19日(水) 18:59
満開おめでとうございます。

下のスレですが若年壮年老年と色が変わるし
目印のタグもなんと3個も装着させられるとは・・・
可哀そうな鳥ではありますね、一個だけかとばかり思っていました。

そんなところにまで立ち入る能力もございませんので・・・
あまりもう鳥さんに深入りはしたくないなぁw

亜哉@管理人 4月19日(水) 20:59
kanさん、こんばんは〜
 昨夜からの雨風でもまだ散らないで頑張っています・・来年は、いくつ花を付けてくれるやらです。

亜哉@管理人 4月19日(水) 21:01
foreさん、こんばんは〜
 サクラの品種もいろいろあって、一応品種は「吉野」というタグが付いていましたが・・咲いてくれたから、ありがとうです。


亜哉@管理人 4月19日(水) 21:09
610さま、こんばんは〜
 瞬間最大風速30mでも散らないでがんばっていました。おらもがんばんねば〜・・です。

 シギ、チドリ類は、種類も多く、大きい体から小さなのがいますが、それだけ、いろいろな姿の鳥に会えると言うことで干潟へバーダーも集まります。

 のんびり季節のうつろいのなかで、鳥見をするだけでも良いのではとおもいます。
 殺気だってこれ撮ろうあれ撮ろうと殺気を放ちながら探す姿は、自分でも恐いとおもいます・・・笑


亜哉@管理人 4月19日(水) 22:37
610さま
 ダイサギ・チュウサギ・コサギの見分け方ですが、俗に言う「シラサギ」と言われる真っ白なサギで、大きさから、大・中・小なんです。・・適当ですね・・笑

 ダイサギとチュウサギは足・首も長いのですが、チュウサギはクチバシが短めなのです

 コサギは、小さくて、足指が黄色です、ダイサギとチュウサギは黒です。

 干潟でバードウォッチングされている人に、あの鳥は・・と聞くのが一番早く覚えられます。みなさん教えてくれるはずですよ
♪コチドリと一緒に 亜哉@管理人 4月16日(日) 23:23
 
 鳥の海の干潟にいた「オバシギ」と「コチドリ」です。コチドリの羽が乱れているのは、風のせいで、オバシギに追い払われたからではありません・・念のため。

 CANON EOS 7D MARKUCANON EF100-400mm F4.5−5.6L IS USM

kan 4月17日(月) 02:00
こちらも平和共存ですね。長閑な真昼の水辺です。

forester 4月17日(月) 19:58
嘴の長さの差は捕食する餌も競合しないのでしょうか?
脚の長さもあるなぁ!(笑)

亜哉@管理人 4月17日(月) 21:47
kanさん、こんばんは〜
 干潟では、いろいろな種類のシギやチドリが一緒にエサを食べていますから、そもそも争いがないのでしょうね

亜哉@管理人 4月17日(月) 21:52
foreさん、こんばんは〜
 種によって、ゴカイ類よりもカニ類を好むとかありますが、クトバシの長さでエサの競合とかは関係ないようです。
 体が、ちっちゃくても大きくてもちっちゃなカニを食べたりしていますから

610 4月18日(火) 10:29
これがオバシギですかぁ。
遭遇したのとはちょっと色が違う様でもあります。
僕の見たのが「姥」でこちらのは「小母」さんぐらいかな?
足に標識を付けたのも居ましたが逆光だし、レンズも270mmでしたからよく判りません。

亜哉@管理人 4月18日(火) 21:43
610さま、こんばんは〜
 
 左側のフラッグ(標識)をつけているのは99.9%「オバシギ」です。では右のはというと、幼鳥と成鳥の間の「第1回冬羽のオバシギ」です。

 なぜ、同じ種類なのに羽の色が違うの?とお思いになるとおもいますが、オバシギのような「旅鳥」は、日本より北で繁殖して、日本より南で越冬します。そのため、春と秋で2回日本を通っていきます。

 そのため、親である成鳥や幼鳥、昨年の生まれて初めての冬の羽できたりという事がおこります。そのため、夏羽と冬羽が季節によってみられます。
 
 更に「成鳥」で来る鳥、「幼鳥」で来る鳥、「第1回冬羽」で来る鳥など、羽色のパターンは
かわります・・・ややこしいですね。

 フラッグは色の組み合わせで、どこで放鳥されたかわかるようになっています。国際ルールで決まっています、日本では、環境省の委託で山階鳥類研究所が行っています。
ご参考までに・・

http://www.yamashina.or.jp/hp/ashiwa/ashiwa_index.html#11


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
2017-4






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30