13534

映画レビューのメインサイトは

「映画に夢中!」

とタイトルをあらためて再開しました。

本GaLLery と ブログ 同様、
これまで通りどうぞお立ち寄りください。

*   *


ブログ最新記事

パリ、シャンゼリゼ通りで
          6月8日


クロアチアの首都ザグレブ 5 管理人 6月24日(土)

ロトルシュチャックの見張り塔

13世紀に建てられ、今もトルコ撃退記念の大砲が毎日正午に鳴り響きます。
“X” は耐震金具。
1880年の大地震でもこの塔は倒れなかったそうですよ!

一番上の右側の窓、半分開いて大砲が突き出ているのが分かりますか?
室内は真っ暗だし、大砲は真っ黒だし、
ちょっと分かりにくいでしょうかねぇ・・・。


管理人 6月24日(土)
失恋博物館

添乗員さんが「私のための博物館!」と笑いを誘っていました
近くに要人が来ているとかで、警官の姿が目につきました。
クロアチアの首都ザグレブ 4 管理人 6月17日(土)

聖マルコ教会

3匹の白熊さんかと思ったら、
3つの塔のザグレブ城でした。

ザグレブの紋章です。



管理人 6月17日(土)
クロアチアの紋章。

赤白のチェックが中世クロアチア、
右と下が3頭のライオンとクーガを意味しています。
クロアチアの首都・ザグレブ 3 管理人 6月 8日(木)

聖クララ修道院

窓がない! いえ、あるけど上のは壁に描いてあるだけ。
俗世と縁を切り、ストイックに暮らすためなのだそうです。


管理人 6月 8日(木)
聖マルコ教会

グラデツ地区の象徴の教会です。
群青と赤茶のタイルを使った愛らしい屋根が印象的。

2つの紋章がデザインされています。
それは次回、ご紹介しますね。
クロアチアの首都・ザグレブ 2 管理人 5月24日(水)

ミロゴイ墓地

世界一美しいといわれているミロゴイ墓地。
1880年から12年かけて造られました。
蔦の紅葉が見事です。


管理人 5月24日(水)
クロアチア初代大統領トゥジマンも埋葬されていますが、
彼の立派な墓石より、市井の人のこうしたさり気ない佇まいに引かれます。
クロアチアの首都・ザグレブ 管理人 5月24日(水)

まずはホテルに到着です。

繁華なイリツァ通りに面したホテルの部屋からの眺めです。
夕暮れどき。焼き栗屋さんの水色のパラソルが愛らしい。


管理人 5月24日(水)
スロヴェニアとの国境近くにある町ザグレブ。

地図番号<6>です。
アルプスの瞳 〜ブレッド湖〜 8 管理人 5月20日(土)

ラドヴリカの村

ほとんど通る人もない静かな村です。
下校途中の男の子とすれ違いました。何を話してるのかな・・・?


管理人 5月20日(土)
時間があったので、小道の外れまでいって見ました。
見晴らしのいい小さな高台に出て、そこで行き止まりでした。

(画像をWクリックして大きくしてご覧ください。)
アルプスの瞳 〜ブレッド湖〜 7 管理人 5月14日(日)

ラドヴリカの村

レストランは静かなスクエアの一角にありました。
向かいの家の窓には風車がそっと置かれて・・・。


管理人 5月14日(日)
周囲の家々には壁絵が・・・。

ハプスブルグ家のシンボルカラー、黄色が
支配当時の面影を残しています。
アルプスの瞳 〜ブレッド湖〜 6 管理人 5月 7日(日)

ブレッド城


小さいな礼拝堂のなか。
天井を見上げると精巧な宗教画が描かれているの気づき、
びっくりしました。

 

管理人 5月 7日(日)
右下の赤いテントはお土産屋さん。
遠くに、雲をかぶったユリアン・アルプスの最高峰、トリグラフ山が見えます。

このあと ラドヴリカの村 まで徒歩で移動、昼食です。
アルプスの瞳 〜ブレッド湖〜 5 管理人 4月30日(日)

ブレッド城

300mの断崖上にあります。
元はスラヴ人の聖地でした。


管理人 4月30日(日)
ブレッド城までバスで移動します。

バスを降り、だらだら坂を上った先の小さな門をくぐると、ブレッド城。
お城というより大きな館という感じです。

アルプスの瞳 〜ブレッド湖〜 4 管理人 4月22日(土)

ブレッド島全景

少しもやがかかって青みがかった景色が幻想的です。

(この写真は対岸のブレッド城の展望台から撮りました。
画像をWクリックして大きくしてご覧ください。)




管理人 4月22日(土)
湖畔にあるチトー元大統領の別邸です。
迎賓館にも使われました。今はホテルです。
アルプスの瞳 〜ブレッド湖〜 3 管理人 4月15日(土)

聖母マリア教会

小さな可愛い教会です。
湖をみつめる十字架が印象的。


管理人 4月15日(土)
床にはめこまれたガラスが水のようで、
とても綺麗でした。
アルプスの瞳 〜ブレッド湖〜 2 管理人 4月 9日(日)

島の中央にあるのが聖母マリア教会

スロベニア人憧れの結婚式場です。
花婿は99段のこの石段を花嫁を抱えて上がらなければなりません。

なので、結婚が決ると花婿は筋肉鍛錬、
花嫁はダイエットに励むのだそうですよ。


管理人 4月 9日(日)
聖母マリア教会です。


1 2 3