34299
                   名前
              メール(任意)
          ホームページ(任意)
                タイトル
                 内容
        icon(viewをクリック ) view
                   画像 5MB
                 文字色
                   編集パス
 cookie


244: 冬支度8 ウォーターメロン 11月18日(日) 21:30
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

朝晩が、だんだん寒くなってきました。冬支度は進んでいるでしょうか。
朝が寒くなると、段々と寝床から抜け出せなくなりますね。

本日、岡山の会の例会がありましたが、ミニ展のお題は「斑入り」でした。
出展作品を紹介しますね。


ウォーターメロン 11月18日(日) 21:31
続きです。


ウォーターメロン 11月18日(日) 21:32
続きです。

申し遅れましたが、サボテン・多肉両方ありです。


ウォーターメロン 11月18日(日) 21:39
続きです。

10番の出展者は斑があまりも見事でウイルス感染を疑っておられましたが、元は会長が入手の交配種子だそうで、会長の所でも斑が出たので、ウイルス性ではないようです。


ウォーターメロン 11月18日(日) 21:40
続きです。


ウォーターメロン 11月18日(日) 21:43
続きです。

3席のランポー錦は5稜のうち4稜にそれも鮮やかに斑が入ったものです。


ウォーターメロン 11月18日(日) 21:44
続きです。


ウォーターメロン 11月18日(日) 21:57
続きです。

緋牡丹はこの頃はホームセンターで色々な色のものが売られています。
富士は岡山の会ではおなじみですが、関西でも人気があるそうです。この作品は会で1・2を争う栽培上手な方の作品です。日本原産でツメレンゲの斑入りで、お寺の屋根に自生していたものを繁殖させたものとか。
24番ラクテア錦に矢印のラベルがついています。「ここ見てよ、緑がハートマークになってるよ」私これに1票入れましたが、ほかにあまり風流を理解する人はいなかったようです。
243: 冬支度7 ウォーターメロン 11月15日(木) 13:33
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

最近ベトナムと日本の友好関係が深まり(日越国交45周年)、果物や海産物がベトナムから輸入されているのをよく見かけます。
今日買い物に行った24時間スーパーで、ベトナム産バサ(養殖)を発見しました。たぶんイオン系の店のパンガシウスと同じだろうと思います(後で調べてみましたが、100g当り値段設定はほぼほぼ、ただサイズが違い、この24時間スーパーのは大きめの半身を2つ切り2枚、イオン系は半身全部を3枚で、300円台の値段設定となっていました)。
バサ (Pangasius bocourti) は、ナマズ目パンガシウス科に属する淡水魚で、インドシナ半島を流れるメコン川・チャオプラヤ川などの流域が主な生息地です。
日本では「 ベトナム産養殖ナマズ」「バサ」「パンガシウス」などと表記されて売られており、今までおなじみの白身魚の価格上昇・品不足等に対応する形で、輸入・販売が増えているようです。
イオン系の店でためしに初めて買って食べてみましたが、中々美味であったのでちょくちょく買うようになりました。

柱サボテン(三角柱のなかま)の実であるドラゴンフルーツもベトナムから入ってきています(ベトナムの日本語放送VOV5の2017年10月25日版でも紹介していました)。

添付写真は、後ろの棚は袖ヶ浦の実生、手前は実がついた富袖ですが、収穫は越年になりそうです。


花サボ31号 11月15日(木) 19:18
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんばんは。
キリンうちわの防寒対策ほぼ終了しました。
すきま風を少なくした程度ですがなんとか春を
迎えたいです。
キリンうちわは動き出しの3月下旬から4月上旬の
戻り寒波で一番やられ易いと思います。
今年は寒かったです。

写真はうちの庭にやって来た史上最低の
毛色のニャンコです。
今の季節ネコの繁殖期らしいです。
この猫を餌付けて捕まえる予定。
この猫をすごく可愛いと某奥さん。
感覚的に付いていけない。


ウォーターメロン 11月16日(金) 12:21
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

花サボ31号さん
わが家も、町内の公園も野良猫に荒らされっぱなしです。
公園は糞の土盛が至る所にあります。ほんと嫌になっちゃう!

>ベトナムと日本の友好関係が深まり(日越国交45周年)、果物や海産物がベトナムから輸入されているのをよく見かけます。
>柱サボテン(三角柱のなかま)の実であるドラゴンフルーツもベトナムから入ってきています(ベトナムの日本語放送VOV5の2017年10月25日版でも紹介していました)。
と書きましたので、VOV5(ベトナムの声日本語放送)のオンデマンドに載っている文章の添付写真を紹介しますね。
本文に興味がある方は覗いてみてください。


ウォーターメロン 11月16日(金) 12:23
続きです。

ドラゴンフルーツの実の選別作業でしょうか、お隣の大韓民国にも輸出しているそうです。


ウォーターメロン 11月16日(金) 12:29
続きです。

越日国交樹立45周年記念エッセイの、忘れられないベトナムの食べ物 「私とドラゴンフルーツ」の添付写真です。


花サボ31号 11月17日(土) 09:13
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
おはようございます。
ベトナムのドラゴンフルーツ美味しそうですね。
温室無しで見事に実っています。
寒さに弱いので日本では難しそう。

昨日、庭に居着きかけていた猫を捕獲。
検査の結果、ネコエイズと白血病にも
掛かっていない健康なネコとのこと。
捕獲器を設置しましたが、
餌を入れる前に掛かってしまうドジなネコ。
当面うちで預かって様子を見る予定です。

写真はサボテンのプランターの底に住みついていたクモ。
このクモは益虫なのか?害虫の類なのか?
分かりませんが、殺したりはせずに放置しました。
益虫の仲間であって欲しいです。


ウォーターメロン 11月17日(土) 13:08
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

明日の、町内会行事用に、男3人でスーパーでおでんの材料(約30人分)を買い込んで、昨日昼すぎから集会所で悪戦苦闘の末、先ほど何とか出来上がりました。
今日4人(婦人会の女性1名参加)で試食してみましたが、上出来でした(自画自賛…笑)。

花サボ31号さん
>検査の結果、ネコエイズと白血病にも掛かっていない健康なネコとのこと。
>捕獲器を設置しましたが、餌を入れる前に掛かってしまうドジなネコ。
とありますが、近所に動物病院があるのですか、それとも保健所で検査ですか。
捕獲機はどこで調達ですか、貸出ですか(だったらどんな手続きが必要ですか)。
お手数ですが写真があればアップ願いませんか。

添付写真はネタ切れで、私が交配に多用している 白檀SP×ウォーターメロン の両親とその開花株12種(たぶん7は昇天して現在なし、3・4・5・6・10は落札してごちゃごちゃ)です。
1(ミセスイクコ)の写真が2枚挙がっていますが、カメラの機種やフィルムが違うのか、それとも本当に花色が変化したのか、大分違いますね。
親木のウォーターメロン(ジョンソンのウォーターメロンの交配種)も現在の花色と大分違うような気がします。




花サボ31号 11月17日(土) 17:11
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんばんは。
ウオーターメロンさんのネコ被害の
解決策になればいいのですが---。
となりの王寺町に24時間体制の動物病院が
有りそこで検査です。
近所に野良猫の保護団体のメンバーの人が
居られて捕獲器はそこで借りました。
検査の料金は保護団体が負担してくれるらしい。
捕獲器の写真を2点載せます。
大中小3種有りましたが、手づくりとのことです。


花サボ31号 11月17日(土) 17:18
続きです。
中のサイズに入口以外に新聞紙を巻いた
捕獲器ですが、これに入りました。
この捕獲器から出すことも大変です。
みんな噛まれ、爪で引っ掛けられています。


ウォーターメロン 11月17日(土) 19:25
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

花サボ31号さん
早速の対応ありがとうございました。大変参考になりました。
確かに、野良猫は慌てると無茶苦茶やるので怖いですね。取扱注意ですね。

添付写真はちょっと前に蕾を紹介した チバクレスト です。
開花しましたら、御覧のように緑から白に変わります(寒くなるとピンク色も帯びてきますが…)。
242: 冬支度6 ウォーターメロン 11月11日(日) 11:12
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

今回は、防寒用具の紹介です(残念ながら商品名と値段を失念)。
わが家での実際の使用はテラス下の際に防寒とテラス下のものの防風を兼ねて冬場設置しています。
支柱が挿せるリングが左右そえぞれ3か所ずつと書きましたが、本当はアンカーがついていてテントのようにアンカーを打ち込んでこのリングに紐を通して固定するものだったと思います。
なお販売時は本体はもっと折りたたんでいます(ただし一回使ったら写真のようにしかたたまないようにと注意書きがあったと思います)。


ウォーターメロン 11月11日(日) 11:16
添付写真はバーバンク団扇に今年実生置き接ぎした ウォーターメロン×広瀬の薫風 16-2 です。

どうもウチワサボテンを使った実生接ぎは成績がよくありません。


ウォーターメロン 11月11日(日) 11:23
添付写真は 花袖 です。
今年初めの寒波で瀕死の重傷を負った株を切り刻んで紅花団扇に接いだものです。
何とか脇芽が1つ出て先月季節外れに花まで咲きましたが、交配相手もなくそのまま放置(実は開花も忘れていました)でしたが、なぜか実が残っています。


花サボ31号 11月11日(日) 19:05
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんばんは。
防寒のグッズ、色々とあるんですね。
これは思いつかないアイデア商品だと思います。
今日は冬支度を始めました。
キリンうちわと杢キリンだけは防寒をしないと
無理なので、なんとか工夫して---春を迎えたいです。
明日も、もう少しかかります。

写真は本日の開花です。
今年最後の開花ですが、一輪のみでした。
来年咲く為の休眠期に入ります。


花サボ31号 11月11日(日) 19:08
最後の続きです。
良く咲いた時の写真です。


亀さん 11月11日(日) 19:21
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

ウオーターメロンさん
 冬支度、ご苦労様です。という私も本腰をいれて冬支度に取り組みます。
 花袖は刺が短くていいですね。実った実の実生が楽しみですね。

 画像は、昨日咲いた「吉備の秋」と「ヒルデウインテラ」です。相互交配をしましたが、果たして結果はいかに。
 
 ヒルデウインテラの花の中心を何気なく覗き込んでみました。小さな花弁のようなものがあって面白いですね。


亀さん 11月11日(日) 19:27
ウオーターメロンさん

 画像は数年前に私が公園に植えた皇帝ダリアです。八重咲きは珍しいので、株をいただいてきました。一重咲のものより丈が低く茎も細いです。時々、一重咲きも混じって咲きます。

 ご入り用でしたら株をお送りします。


ウォーターメロン 11月12日(月) 06:44
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

亀さん
八重の皇帝ダリアの苗ぜひともお願いします(時期はそちらの都合で結構です)。

先般私がアップした皇帝ダリアは、わが家(高島新屋敷)の隣の地区(八幡)でSさんの畑のものです。この畑は3方カイズカの生垣に囲まれていて、その生垣に沿った内側に何株も植えられています。
11/9の写真ですが、咲き始めのようで、2輪だけ咲いていました(添付は別のもう1輪の方)。
毎年この時期に何回か訪れています。例年は、ここでは11月下旬ごろから咲き始めていますので、今年は少し早いようです。
たまたまこの日はSさんが作業をされておられたので、少しだけ話を伺いました。
1年だけ、皇帝ヒマワリを見たことがあるのでその話をしたら、その年以外園芸店に苗が置いてなかったそうです(皇帝ヒマワリは1年草)。
私もホームセンター(園芸コーナーあり)によく行きますが、確かに苗を見たことがありません。


ウォーターメロン 11月12日(月) 13:22
追伸

過去の写真を探していましたら、2011/11/26にありました(撮影場所はSさんの畑で)。

皇帝ダリアと皇帝ヒマワリ(新渡戸菊)のコラボです。

皇帝ヒマワリも元は中南米原産のようで、日本には新渡戸稲造が紹介したという話です。


ウォーターメロン 11月12日(月) 15:28
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

今日、((マイラナ×無憂華)v×無憂華)y×マイラナの交配種子が、(マイラナ×無憂華)v×無憂華 yの鉢に、こぼれているのに気づき、集めて回収して、種まきしました。
マイラナは黄花多花の矮性種、無憂華(チグリアナ)は紫花多花の矮性種で、マイラナ×無憂華は黄・赤・朱・紫色系の色々な色の花をつけました。この中の紫色系の花の株に無憂華を戻し交配したもののうち1株が今年咲きましたが、なんと黄花でした。
本当は今年、もう一度無憂華を掛けたいところでしたが、生憎開花日が合わず、マイラナを戻し交配してみました。
オール黄花になるでしょうか、はたまた黄色以外の花色が出るでしょうか。


ウォーターメロン 11月14日(水) 19:31
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

サボテンはもうさしたる話題がありませんが、部屋の中に置いている保育器に余裕があったので、一昨日グランドゴルフの大会で出た弁当折りが連結ポットの代わりになったので、それを保育器の中に設置して、ダメ元の2013・2014年交配種子の残りを昨日播いてみました。

根腐れが激しく、夏越し失敗のシャコバの大株を秋に遅ればせながら植え替えましたら、何とか復活して、あきらめていた蕾まで着きました(ラッキー!!)。

わが家の庭には何種類もの菊が植えてあり(というより放置)ますが、2015年より植えた覚えのない菊の花がサボテンの棚のそばに咲いています(添付写真の右)。
その傍に黄色の小菊(添付写真の左)があり、通路を隔てて白花の中輪の菊(添付写真の中)がありましたので、その自然交雑のこぼれ種からのようです。
241: 冬支度5 ウォーターメロン 11月 8日(木) 14:06
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

最近、私はごみづいていますが、昨日の午前中前住んでいた家のアメリカンチェリーと野ブドウの剪定を行い、枝の束1束とゴミ袋大6袋をその前のものと一緒にゴミステーションに持って行きました。
家に帰って、夕方今度は町内の空き家の表西半分のごみ(以前除草剤を撒きました)をかき集めました。
そして今朝これを必死で袋詰めしました。ボランティア袋大12袋出ましたが半分が今日の回収に間に合わず(私の住んでいるところのゴミの日は月曜・木曜です)、次回となりました。

今の時期としては珍しく美容丸×(白檀SP×ウォーターメロン)の蕾が上がっていましたが、いいように開いてくれませんでした(添付写真)。


ウォーターメロン 11月 8日(木) 14:15
今年、亀さんに請われて、紅顔丸の胴切りをしました(そのままでは子が殆ど吹かない)が、1芽しか子が吹きませんでしたが、逆に早く大きくなったので、カットして亀さんにお送りしましたが、やっと次の芽が吹きましたがやはり1芽だけです。紅バラ丸の方はそのままでも多少仔吹きしますが、紅顔丸の方は強制的にやってもあまり仔吹きしないようです。


ウォーターメロン 11月 8日(木) 14:25
ハウスを覗いてみると、越年を覚悟していた9月に交配した実が4種はじけていましたので、収穫しました。

その中の1種 (黄花短毛丸×袖ケ浦)×袖ケ浦 の両親つき紹介です。
今まで袖ヶ浦を花粉親に使って柱ができたことがありません。この交配の母木もご覧の通り(添付写真)いわゆるプシス体型です。
実が少し袖ヶ浦の実風にずんぐりしているので少しだけ期待しているのですが、甘いか!


ウォーターメロン 11月 9日(金) 19:31
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

皇帝ダリアが咲きだしました。
この花が咲きだすと冬はもうすぐです。


ウォーターメロン 11月10日(土) 07:55
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

まだ朝顔のスプリットペタルが咲いています。
この朝顔に出会ったのは、2015年に亀さんの栽培場を訪問したときです。
フリルの付いた花弁に切り込みがある花が印象的でした(添付写真)。

今朝リハビリの早朝予約で病院の前に並んでいたときの雑談から。
倉敷市真備の今年7月の災害で被災した家に、最初は貴重品目当ての泥棒がよく入っていましたが、この頃は別の品目的の泥棒がよく入っているとか。
修繕のため先行して庭などに置いてある建築資材が狙われるそうです。
最初ボランテアを装って下見に来て、夕方持ち去られるそうです。
警察も巡回しているようですが、こんなのが多発しているそうです。
神戸の震災の時、火事場泥棒をよくすると岡山県人が悪く言われたのを思い出しました。

早朝のラジオ番組ではよく健康食品やサプリの宣伝をしていますが、最近はやりのサプリの原料の中にノコギリヤシと長寿草というのがあります。
ノコギリヤシは名前の通りヤシ科のノコギリパルメットという植物です。
長寿草は沖縄など原産のセリ科の葉が牡丹に似たボタンボウフウのことです。

朝顔のスプリットペタルの話に戻りますが、私は今日までペダルとペタルを混同していました。
ペダルは形容詞としては「足の」の意、名詞としては自転車・オルガン・ピアノ・自動車などの踏み板状のものを意味します。
ペタルは花の花弁の意です。
朝顔のスプリットペタルは花弁の方の意味です。
ちなみに、スプリットは「切れ込み・割れ」を意味します。ボーリングのスプリットは1投目の残りのピンが割れて残ることです。


花サボ31号 11月10日(土) 11:58
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
災害復興に心無い行為。
たまりません---何とか良い方向に!

キリンうちわのわき芽取りを行ないました。
ほぼ、そこそこの成長をしています。
写真は(シュガーホワイト×湘陽丸)×(薫笠丸×赤花荒刃丸)
の交互に交配したものです。
これは我が家の最多花種の1番2番同士で
個人的に期待している物です。
来年は無理でも2年後は咲くと思います。


花サボ31号 11月10日(土) 12:00
続きです。
上の写真の逆の交配種。


花サボ31号 11月10日(土) 12:05
続きの最後です。
キリンうちわのシャコバサボテンの接木
が一つだけ成功しました。
ウオーターメロンさんの真似ですが、
これは面白いと思います。


ウォーターメロン 11月10日(土) 13:10
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

花サボ31号さん
多花同士の交配、開花が待ち遠しいですね。
シャコバの接ぎ木も活着してしまえばしめたもので、管理が楽になりますよ。
わが家には三角柱・キリン団扇・紅花団扇に接いだシャコバがありますが、根腐れの心配がなく、私のヘタクソな管理でも今のところ大丈夫です。

添付写真は、ハウスの通路に突っ込んだキリン団扇の実生接ぎのプランターの腰水補充をしていて見つけた、本日の開花です。
亀さんの所かややってきた  1067白檀SP です。


ウォーターメロン 11月10日(土) 13:40
紅花団扇に接いだシャコバサボテンです。


ウォーターメロン 11月10日(土) 13:42
キリン団扇に接いだシャコバサボテンです。


ウォーターメロン 11月10日(土) 14:30
追伸

紅花団扇に接いだシャコバは割り接ぎです。
2001年に岡山市内の大型園芸店で入手したものを翌年か翌々年に1節接いだもので、相当年季が入っており、最長15節(芽摘みもやっていますが)、5節目まで木質化しています。
紅花団扇サボテンが永久台木になっています。

キリン団扇に接いだシャコバサボテンは自分の交配種で実生置き接ぎです。
2012年交配、2013年実生・接ぎ木、2015年初花です。
最長9節(芽摘みなし)、2節まで木質化しています。
2013年から支障なくキリン団扇が台木として機能しています。
240: 冬支度4 亀さん 11月 3日(土) 19:53
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

 ご無沙汰しております。冬支度はぼちぼちです。

ウオーターメロンさん
 10月30日から11月1日まで、2泊3日で三重、滋賀、愛知の業者や趣味家を訪問し、サボテン栽培の勉強をしてまいりました。しかし、吉川のドリームランド・サボテン村には寄りませんでした。
 群馬カクタスのKさん、Iさんの3名でのドライブ旅行でしたが、やはり花サボテンは少なく、関連の南米ものを購入してきました。

 それにしても花サボ31号さんのところで露地植えの台木として使用されているキリンウチワの耐寒性には驚かされました。

 画像は、最近開花した2176とその両親です。

 母親の191は牡丹丸です。原種ということですが、小輪ながら底白です。ただ、刺がうるさいのが難点です。そこで、1122の花粉をつけてみました。

 1122は565(広瀬の夏)と116(王冠宝領殿選抜)の交配で生まれたものです。かなり王冠宝領殿の面影をのこした有色花です。

 この交配ででた2176は牡丹丸に比較して刺はさっぱりしていますが、相変わらず小輪です。それでもアップで写すと、かなり魅惑的です。


ウォーターメロン 11月 3日(土) 21:17
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

亀さん
わが家のキリンウチワ実生接ぎはプランターに栓をしてその中に鉢を並べ腰水状態にして、ビニール掛け(ミニ温室)をして、ハウスの通路に冬場突っ込んで冬越しなので、キリンウチワ自体は極端に寒さに弱くはないようですよ。
昨年の寒波もこの状態で大部分の株はへっちゃらでした。

添付写真は我が家の牡丹丸です。
だいぶ雰囲気が違いますが、クエさんから頂いたもので、たぶん共生園由来だろうと思います。


ウォーターメロン 11月 3日(土) 21:20
岡山市半田山植物園のアツバキミガヨランです。


ウォーターメロン 11月 3日(土) 21:24
もう一つおまけで、毎年見に行っているよそ様の畑の皇帝ダリアです。
本日半田山植物園に行く途中撮影したものです。
まだ小さなつぼみですが、カイズカの生垣からかなり飛び出しています。


ウォーターメロン 11月 5日(月) 05:45
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

昨日はシコタマごみを出しました(岡山市のゴミ袋は指定があり有料で、ちなみにゴミ袋大は10枚入りで500円します)。
まず、前回間に合わなかった家のリンゴ剪定(というより丸裸)ごみの、枝の束5束とゴミ袋大2袋。
町内の月例公園清掃で町内の方と掃除してボランテア袋中2袋(中身は主に私がフェンス際に植えた朝顔)。
そのあと町内有志4人で町内の空き家の枯草ごみでボランテア袋中6袋(私が除草剤を撒いたもの)。
昼から前住んでいた家(空き家)に行って前回剪定だけした枝などを集めたごみで、ゴミ袋大8袋。
帰宅後、家庭ごみでゴミ袋大1袋もだし、昨日はごみ出しDayでした。

おまけで、午前中は猫の糞を公園で踏んじゃうし、昼からは小動物(たぶんイタチ)の糞を踏んじゃうし、ウンのつきっぱなし(もうちょっといい運がほしかった)。
ということで、一昨日からやっていた岡山市半田山植物園の「秋の花まつり」には顔を出しませんでした。

添付写真は一昨日半田山植物園のサボテン温室で撮った吉祥天(メキシコ原産)です。


ウォーターメロン 11月 5日(月) 05:59
追伸

会長のブログを覗いてみると、岡山市半田山植物園での売り上げは、11/3が264鉢、11/4が96鉢、合計360鉢で昨年とほぼ同じぐらいだったそうです。

https://blogs.yahoo.co.jp/ontheon2/16199067.html

半田山植物園のサボテン温室では杢キリン(添付写真)と花キリンが咲いていたよ。


亀さん 11月 5日(月) 22:13
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

ウオーターメロンさん

 大変失礼しました。ドリーム・サボテン村と京都シャボテンクラブとうまく結びつかなくて、頓珍漢なお応えをしてしまいました。

 初日、守山市のホテルに泊まりましたが、そこに京都シャボテンクラブ会長のTKさんとTNさん、大阪から「とげもんの部屋」のIさんがこられ一緒にお泊りになりました。

 その晩は、6名でご馳走をいただきながらサボテン談義に花を咲かせました。花サボテン専門の私ですが、サボテン栽培には共通の話題が多く、たいへん勉強をさせていただきました。

 翌日は、ドリーム・サボテン村にご案内いただき、栽培場と即売会場を見せていただきました。お二人の栽培品には質、量ともに圧倒されました。栽培技術をもっともっと磨かなければと反省しきり。実生の量においても、大人と子供の違いに愕然としました。

 今日の画像は珊瑚油桐です。何の変哲もない珊瑚油桐ですが、よく観察してみると、3本ある花柄がそれぞれ異なっています。

 右に伸びているのは夏に咲き終わったもの。細く長く、花も小さく薄めの赤でした。左は秋に咲いたものです。右のものよりやや太く短めです。花色も少し濃くなったいます。真ん中のものは秋の終わりに咲いたものです。花柄が短くがっちりとしています。花色も赤が濃くまるで別物のようです。


ウォーターメロン 11月 6日(火) 17:26
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

昨日も、前住んでいた家(空き家)に行って今度は花桃の剪定(というかばっさりカット)を行い、枝の束4束とゴミ袋大3袋ができました。
この頃、私はごみづいています。まだアメリカンチェリーが残っています。

添付写真はシャコバサボテンの チバクレスト です。
この品種は祖先帰りして普通咲によく戻り、同じ株でダスト咲と普通咲が見られることがあります(添付写真)。
ダスト咲は蕾の時から長く楽しめます。
わが家はこれからはシャコバサボテンの花を楽しむ季節です。


ウォーターメロン 11月 6日(火) 17:31
今日はミニ温室を張り替えました。

添付写真は毎度野良猫が日向ぼっこ場所にしているミニ温室です。
上に普段は猫除けを置いていますが、跳ねのけて鎮座します。


ウォーターメロン 11月 7日(水) 07:12
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

今日は立冬ですが、尺取虫のように、ぼちぼち冬支度をしています。
今年も猫ばあさん配下の野良猫が庭を掘りまくるし、ありがたくない贈り物を度々残しております(ゴミ出しの日が待ち遠しくなります)。
町内の公園もこの日曜日に町内清掃したばかりですが、すでに野良猫の糞だらけです。
ところで、今年は近所も含めて焦げ茶色の毛虫(何蛾か不明)が大発生しているようで、わが家でも、毎日10匹以上捕獲がずっと続いています。

この時期毎年思うのですが、サボテンの鉢の中に雑草の新芽が出ます。実をつけないうちによく取っているのですが、何回も出てきます。意外と雑草の種は長期間(何年も)発芽能力を維持できるようです。

添付写真は昨日張り替えたミニ温室です。
このカバーは2〜3年しか持ちません。チャックがバカになったり、ビニールが暑さでへばりついたりで朽ちて変色したり破れたりします。
実は、ミニ温室を置いてあるこの場所は我が家の門扉です(笑)。
猫ばあさんちのガレージから野良猫が毎度侵入してくるので、頭にきて、ミニ温室を置いてみましたが、ダメでした。


花サボ31号 11月 7日(水) 09:16
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
おはようございます。
ウオーターメロンさんの野良猫のバトル
どうしたらいいか解決策は?!
今、家の周りの除草をしています。
柱サボテンの周りに雑草が、
特にドクダミやカタバミ系のしつこさにお手上げ。
これも解決策は無いような気がする。
写真は10年ほど前にホームセンターで
五本立てぐらいの小鉢に入った白角キリンですが、
除草の為にちょっと移動。
セメント袋程の重さになり、持ちにくいし、
程よい大きさを超えると色々と大変、大変。
体力的に対処する大きさがあるみたいです。
239: 冬支度3 ウォーターメロン 10月30日(火) 08:52
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

この頃は毎日庭で毛虫取りをやっています。
よくこんなにいるなぁ〜と感心するぐらい毎日成敗です。

さしたる話題もありませんが、フライレアの実生の紹介です。

今年春播いた虎の子です。


ウォーターメロン 10月30日(火) 08:54
今月の22日に播いたファエオディスカです。
士童に近い品種です。


ウォーターメロン 10月30日(火) 08:58
実生初心者の会の方から実生をお願いされた Frailea atrobella(右)と  Frailea buenekeri ssp. gemmrichii(左)です。
ネットで入手されたそうです。


ウォーターメロン 10月30日(火) 20:49
追伸

フライレアの学名と和名の対照です。

Frailea castanea 士童・カスタネア
Frailea cataphracta 天恵丸
Frailea colombiana 小人丸・熊の子・コロンビアナ
Frailea grahliana 紫雲丸
Frailea pseudgrahliana 亀の子
Frailea pseudopulcherrima 狸の子
Frailea pulcherrima 姫の子
Frailea pullispina 羅漢の子
Frailea pumila 虎の子・プミラ
Frailea pygmaea 豹の子・ピグマエア
Frailea pygmaea “dedakii” 竜の子
Frailea pygmaea v.phaeodisca 貂(テン)の子・ファエオディスカ


添付写真は 虎の子Frailea pumila です。


花サボ31号 10月31日(水) 10:40
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
フライレアの虎の子の花とてもきれいです。
名の通り金貨っぽい感じもします。

公園の花壇の手入れもほぼ終了したので
サボの今世紀最大の改修&植え替えの準備と施行に
取り掛かることになりました。

写真は町からのチューリップの球根を植える
準備の途中の一コマです。


花サボ31号 10月31日(水) 10:49
続きです。
公園のサボですが、キリンうちわに接いだもの
です。
露天状態のままで生き抜いた2〜3年経ってものですが、
結構元気に育っています。
寒さには耐えれたけど支柱無しでは倒れる
しか無かったみたいです。


花サボ31号 11月 2日(金) 12:21
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
サボ花がサッパリ咲かない季節になって
ちょっと寂しいですが、
色々と面倒くさいことが山ほど。
今日は初のリトープスの開花がありました。
(リトープスとコノフイツム各一本のみ管理)
この季節に咲くのは得難いです。
ちなみにホームセンターでのこの姉妹の
売れ残りは昇天して干からびています。
サボテンも管理が拙くても店頭に並んでいます。
これを見ると元気で美しく育てたいといつも思います。
今年は沢山枯らし、腐らせましたがスペースは
ほぼ何時も満杯なのは上手く行っているのかも。


ウォーターメロン 11月 2日(金) 19:03
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

花サボ31号さん
冬の支度が着々と進んでいますね。
サボテンに限りませんが、しないだけで、やることはお互いたくさんありますものね。
私はやっとウチワサボテン・栗・李・リンゴの剪定・整理が終わり、体中がきしむのと、どこやかしこから刺が出てきて大変です。
今日はミニ温室の支柱をだいぶ処分することにしました。
まとめ買いしていましたが、カバーとジョイントだけ先食いで使ってしまい、あとの部品が残ってしまいます。

霜よけ保温カバー ミニ温室(プランター用;65cm×23cm×19cm、鉢用もあり)について、私の場合のお話をちょっとしますね。
市販の、支柱をジョイントでつないでカバーをかけて紐でくくるだけという組み立て簡単な霜・風よけ保温カバーですが、値段も1セット1コイン程度だったと思います(過去にまとめ買いして最近購買したことがないので正確には把握していません)。
カバーには換気穴もついており、水やりが少し煩わしいのと、風で倒れやすいのを除けば、簡便な冬越し手段です。
組み立て部品の内訳は、ポリエチレンの換気孔付き1枚カバーと、塩ビ被覆の支柱類と、支柱を繋ぐポリエチレン製のジョイントと、カバーの裾をプランターにくくるポリエチレン製の紐と、上部支柱の中央を括る塩ビ被覆鉄線のビニタイと、支柱をプランターに固定するための鉄線の支柱固定金具です。
一応消耗品感覚ですが、カバーとジョイントは2〜3年でダメになることが多いです。カバーは破れ、ジョイントは折れてしまいます。
そこで、買い替えとなるのですが、ほかの部品はもっと長持ちするので、多数使用で箱買い(1箱40セット)している私は組み立て直すのが面倒で破れたカバーと折れたジョイントだけ交換という使用方法になってしまいます。そうするとカバーとジョイントのないものが多量に残っています。
カバーは一寸細工すればゴミ袋で代用が利きますが、ジョイントは予備もなく、別売りもなくどうしようもありません。
添付写真は、ミニ温室の残骸の一部です。未使用のカバー・ジョイントなしもしこたまあります。
他にハウスや棚のいたるところに支柱を置いています(サボテン鉢用支柱として再利用で)。

追伸
亀さん
先月末に滋賀県野洲市吉川のドリーム・サボテン村に行かれましたか。
もし行かれたのであれば、そのお話を紹介していただけませんでしょうか。
秋祭り交換会も先月辺りにあったのではないでしょうか。




ウォーターメロン 11月 2日(金) 20:24
訂正です。

一番最初の

>今年春播いた虎の子です。→昨年秋播いた虎の子です。

2017年の10月13日に播いたものでした。失礼しました。


添付写真は昨年6月に播いたフライレア3種です。

今年は何種かフライレアを母木に交配を試みていますが、開花してから気付くことが多く、おしべ切除もしてないので自家受精になってしまっている可能性が大です。


ウォーターメロン 11月 3日(土) 19:13
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

岡山市半田山植物園で今日・明日と「秋の花まつり」というエベントがあり、その中に「苗モノ市」というのが植物園の正面広場で行われており、岡山サボテン同好会もこれに参加しております。
他にもいろいろと企画があり、お子様連れでも楽しめるようになっています。
また、植物園ですので、バラをはじめとして色々な植物が楽しめます。

自宅から4kmぐらいのところで自転車で色々寄り道しながら行ってきました。
(今回は私は出展していません。花サボ31号さんみたいに歩いていこうなどという気力は在りません)
途中、毎年ハラハラの皇帝ダリアも見てきました。やっと小さなつぼみが上がったところでした。
帰りがけに、40何年ぶりに「松木のてんぷら」屋さんに寄り、昔学生時代に食べたコロッケも買って帰りました。


ウォーターメロン 11月 3日(土) 19:17
半田山植物園には、サボテン温室もありますが、別に、前回来た時になかった、サニーガーデンが新設されていました。
238: 冬支度2 ウォーターメロン 10月24日(水) 08:35
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

団扇サボテンの整理が一応終わってやれやれですが、去年と今年の実生で状態の悪かった72穴連結ポット(腰水トレー付き)も1セットずつ整理しました。
生き残りは144穴中26穴分で、それもほとんどが1〜3本残り、まともに残っていたのはフライレアの2種だけという、惨澹たる結果です。
私の管理も放置に近く問題でしたが、そうでなくても環境(置き場所)が悪い上に、今年の異常気象に耐えれなかったようです。合掌。

添付写真は残っていたフライレアを植え替えたものです。
今年4月に播いた豹の子です。


ウォーターメロン 10月24日(水) 10:45
添付写真はシャコバサボテンの交配で、サニーブライト×チバスポット交配 です。
サニーブライトは黄色がかったオレンジ花種、チバスポット交配の親のチバスポットは赤のスポット(花火)咲き種ですが、この種は残念ながら普通花です。
2015年11月交配で、取りまきで2016年8月実生ですが、今年はまだ蕾はついていません、来年期待です。


花サボ31号 10月24日(水) 21:45
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんばんは。
シャコバサボテンもきれいに育ってますね。
私は寒さで年越しした事は一度もありません。
町内のおばちゃんに管理方法を聞かれた事がありましたが、
おばちゃんは越冬させている。
全くお役に立ちませんでした。
キリンうちわの防寒も、
もうちょっとマシにしなければ、
ほぼ全滅、今年の再現だけは避けたいです。

写真は今日の公園です。
0円食堂ではありませんが、
0円園芸を行いました。
ホウキグサと樹木の根を細かくハサミでチョキチョキ。
敷きわらの代わりに使ってみました。
春になるとホウキグサの発芽が一斉にありそうです。
薬指の皮が剥けて手首に腱鞘炎の兆候が、
チョキチョキは少しお休みです。
花はキンセンカを定植しました。


ウォーターメロン 10月25日(木) 14:59
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

冬支度をしていたら1輪だけ開花がありました。

丹麗丸×奇想丸 です。


ウォーターメロン 10月25日(木) 15:03
少しだけ刺の立派な面白そうなものもありました。

今年のキリン団扇接ぎの ((豊麗丸×艶粧丸)×偉麗丸)×(荒刃丸×大花亀甲丸) です。
偉麗丸は伊藤交配で巨麗丸×荒刃丸ですので、両親とも荒刃丸の交配種です。


ウォーターメロン 10月25日(木) 15:11
もう1枚。

短毛丸錦×122湘陽丸 です。母木に似て斑入りです。
先の((豊麗丸×艶粧丸)×偉麗丸)×(荒刃丸×大花亀甲丸)は白花同士の交配でしたが、こちらは有色花同士の交配で花色もどんなものが出るか楽しみです。

なお、この交配の南草園からの短毛丸錦はうすピンクの花でたぶん交配種だろうと思われます。


ウォーターメロン 10月25日(木) 18:50
追伸

両親とセットで紹介しなおしです。

(豊麗丸×艶粧丸)×偉麗丸)×(荒刃丸×大花亀甲丸) です。

母木は私の交配で、白花しか出ませんでした。形は豊麗丸を少しだけ立派にしたような感じです。

父木はふじやま交配です。相互交配されたそうですが、大花亀甲丸×荒刃丸はダメだったそうです。有色花を狙ったようですが、この子は白花でした。未開花の兄弟株に期待ですか。


ウォーターメロン 10月25日(木) 18:57
短毛丸錦×122湘陽丸 です。

母木の短毛丸錦は南草園にロビ・プシスという銘柄指定だけで送ってもらった中の1株です。

父木の122湘陽丸は亀さんの栽培場を訪問したときのお土産で頂いた、122湘陽丸のカキ仔です。今年初開花です。


ウォーターメロン 10月26日(金) 17:01
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

今年は紐の大鉢(ほとんどが死に態)の整理がつかずに、冬支度に入ってしまいました、ま〜いっか!
猛烈な台風26号は日本にはほぼ影響がなさそうですが、進路に当たるフィリピンは大変そう。こんな時期にこんなのあり?


添付写真はフライレアですが、ラベルを見ると士童??子も吹いてるし(士童は単幹)、刺もイメージ違う(もっと短い)けど、キリン団扇に接ぐとこんなになるのかな?


花サボ31号 10月27日(土) 09:05
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
おはようございます。
今日は雨上がりでビショビショで
公園の手入れは中断です。
ウオーターメロンさんの両方に荒刃丸が入った
かぎ針の交配種良い感じですね。
トゲの色で花の色を推測すると期待できそうです。
ラベル落ちのバラの花もそこそこ分かる人には
葉っぱの色で分かるらしい。
私はさっぱり分かりませんが、
このサボテンは本当に期待できると思います。

写真はこの前に見てもらったサボですが、
さらに動き出しました。
雨に濡れて力強い感じが増しています。
開花にはもうちょっとの時間がかかりそうです。
ぐんぐんと大きくなる時は美しいし期待でいっぱいです。


ウォーターメロン 10月27日(土) 18:23
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

花サボ31号さん
台木が立派だと穂木も力強そうですね。
刺も立派になってきていますね、今後が楽しみですね。

添付写真は今年のキリン団扇実生接ぎの後半分の一部ですが成功率が芳しくありません。普段の年なら1〜2回接ぎ直しをやって台木から見たら100%近くまで持って行くのですが、秋の長雨で成長が芳しくないものを、1回の接ぎ直しで5日ぐらい日陰に安置は痛いので、台木茫々のままです(それでも他の邪魔にならないよう脇芽は1本にしています)。
237: 冬支度1 ウォーターメロン 10月19日(金) 11:34
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

花サボ31号さん
今年はダニの被害が多かったですね。我が家のものも相当やられました。
それからカイガラムシの被害も多かったです。
昨日、今年の実生やシャコバサボテンを家の中に取り込みましたが、シャコバサボテンにもたくさんカイガラムシがついていて往生しました(この頃細かい近場の作業がだめです)。
また、庭には毛虫や芋虫もたくさんいました。
一昨日は今度は3人がかりで、町内の空き家の裏庭を整理してゴミ袋大16袋ゴミステーションに運びました。回収日が昨日だったので、ゴミステーションが雑草でてんこ盛りになりました(ちなみに今月の町内の掃除当番は私です)。

添付写真は昨日取り込んだ、 2018年実生分などです。
まだ外にありますがこれまで!(涙)


ウォーターメロン 10月19日(金) 18:19
追伸

今日も冬支度を昼からしていましたが、先般のRSKバラ園での展示即売会売れ残りのキリンウチワに3株斑が入っていました。
ウィルス性でしょうか、警戒すべきか or 喜ぶべきか どっちでしょうね?


かくたす 10月20日(土) 06:28
ふじやまさん、皆さん、おはようございます。
ウォーターメロンさん
パッと見て、バイオサイエンス学科の栽培演習場かと思ってしまいました。
水耕栽培のリビングファームのようにも見えて素敵ですが、現実には冬支度は大仕事になりそうですね。

キリンウチワが斑入りでありますように!

花サボ31号さん
ゴミ袋3杯分のサボテンごみも尋常な量ではありませんが、新陳代謝と思えば今後が楽しみですね。お疲れ様でした。


コロッケ一つ50円です  花サボ31号 10月20日(土) 09:08
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
おはようございます。
雨がぜんぜん降らないので今朝水やりをしました。
さぶー、冷たいー、季節の変わり目を感じます。
ウオーターメロンさんの実生苗の管理状態は
本当にスゴイ、こんなに美しく手入れ、
管理している人はそんなに居られないと思う。

写真は紅花うちわのカット苗ですが、
処分仕切れずに接木へと横道にそれました。
このうちわを広告紙に包んで並べていると
なんだかコロッケ屋のおばちゃんになったような
変な気分になる。
サボテンといえば必ずうちわのステーキを
話題にするおじさんが何人かいます。
その都度「どうぞ、どうぞ」とオススメするのですが、
みんな意気地の無いアカンタレです。
ちなみに、少しかじった事がありますが、
苦くて青臭くステーキにはならないと思います。
でも、カイガラ虫やナメクジの好物なんですね。
カイガラ虫とナメクジを飼育するつもりはないけど。



かくたす 10月20日(土) 22:54
ふじやまさん、皆さん、こんばんは。
花サボ31号さん
紅花団扇の“えぐい”刺は、新聞紙では突き抜けますからね、より上質な広告紙を使われたのは賢明ですね!

ところでコロッケ屋のおばちゃんは、最近はフライドポテトを入れるような厚紙のカップに入れてくれるみたいですよ。


花サボ31号 10月22日(月) 12:10
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
朝夕は肌寒いですが、
日差しがあるとすぐにバテそうです。
公園での作業はビーチパラソルと
100均のサンシェードでしのいでいます。
これはスコブル快適に作業できます。
ただ突風だけは対応出来ませんけど、
暑さに弱い人には試してみては。
おすすめです。


ウォーターメロン 10月22日(月) 15:08
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

花サボ31号さん
公園のお手入れご苦労様です。
わが町内の公園は花サボ31号さんの所のものほど広くはないですが、雑草がすぐ生えます。公園内に集会所の建物があり、2階が集会所、1階の半分がゴミステーション、あとの半分が空き地(というか野良猫のトイレ化しています)です。
砂場も綺麗にすると、喜ぶのは野良猫だけです。
以前、老人会でグランドゴルフのゴールとマットを2セット買っていますが、箱に入ったままでしたので、公園を整備して何とか1ホールだけ作りました(ただしショートで15mがやっと取れました)。

添付写真は冬支度がやっと終わったテラスの下です。
台風が来ないように祈っています。


ウォーターメロン 10月22日(月) 15:13
こちらは玄関の前ですが、今年の寒波でここで越冬した連中はだいぶ傷んでしまいました。
サボテンファーストで、人間さんセカンド状態ですが(苦笑)。


花サボ31号 10月23日(火) 17:34
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんばんは。
ウオーターメロンさんの冬支度は
外から見てもきちんとしていて美しいです。
サボファーストもナルホドと思います。
我が家はネコファーストで家族共通の支えに
なっています。
サボは孤軍奮闘も無援無視の状態です。

写真は公園の続きですが、
土質向上の狙いで落ち葉をすき込みましたが、
ネットで調べたところ、
7割ほどが害があるとの事。
ウーン---!?。
良い事だけを願って進めてみます。
サボ花壇も同様にするつもりです。


ウォーターメロン 10月23日(火) 19:54
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

花サボ31号さん
モクモクと孤立無援ながら作業を進めていますね。
こちらは公園は除草剤の結果待ちで、わが家の方はやっと昨日今日とウチワサボテンに手が付きました。
カイガラムシだらけで、歯ブラシでブラッシングして落とし、あと殺虫剤噴霧ですが、ブラッシングすると刺が飛んで来るようで、悪戦苦闘です。
特に今日は、ふじやまさんから頂いた大王団扇実生と、ろばじいさんから頂いた種からのイチジク団扇と、南草園から入手したアンモライフという大物で、何とか植え替えました。
ただ、鉢底から根が出ては鉢を重ねていったのでイチジク団扇は3鉢重ね、アンモライフは2鉢重ねで、根を生かすため1鉢ずつ壊しました。
傷んだ枝はだいぶ整理しましたが、アンモライフは亀さんのOpuntia cacanapa'Ellisiana'同様に硬いですね。私はこれを台木に使ったことがありませんが、使用には少々コツが要りそうですね。

添付写真は家に取り込んだシャコバサボテンの チバスポット交配 です。
母木のチバスポットは花火咲きですが、この子は普通花です。
台木がキリンウチワです。


ウォーターメロン 10月23日(火) 19:59
続きです。

以前はシャコバサボテンの大株もたくさん持っていましたが、今は残骸程度しかありません(場所も取りますし…)。

添付写真は、白花種の 白鳥 です。
これは紅花団扇に接いでいます。


ウォーターメロン 10月23日(火) 20:08
これは チバクレスト です。
コンペイトウと同じようにダスト咲き種(蕾の時に花弁が反り返る)です。
蕾の時には緑ですが咲き進むと白花になります。
ダスト咲き種は蕾の時から長く楽しめます。
なお、この品種は普通花に戻りやすく、1つの株でダスト咲きと普通花とが混在するときもあります。
236: 秋本番8 ウォーターメロン 10月14日(日) 08:23
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

花サボ31号さん
お疲れ様でした。
馬見丘陵公園は花サボ31号さんがお住まいの奈良県北葛城郡河合町にありますが、同じ町内でもこの公園は華実さんがお住まいの隣町広陵町にも一部かかっている端っこで、自宅から3kmぐらいでしょうか。
歩いて行こうというという気力だけでも感服いたします。

亀さん
>>画像は展示花壇の様子です。このロビプシスはかなりの大球ですが、いまだ未開花です。一般的には、早く開花して欲しいを願うものですが、この株についてはもっともっと大きくなってから初開花して欲しいと願っています。

湘陽丸系の交配種でしょうか、どのくらい大きくなるか楽しみですね。

添付写真は今年4月下旬に亀さんからお裾分けで頂いた実生苗の現在です。
何とかこれだけ残りました。
ジャン氏(フランス)交配分です。


ウォーターメロン 10月14日(日) 08:29
続きです。

セルシオ氏(アルゼンチン)交配分苗の現在です。


かくたす 10月14日(日) 12:29
ふじやまさん、皆さん、こんにちは。
昨日の千葉での結婚式に出席のため、花サボ31号さんの強行軍に負けず劣らずの0泊3日(関西―ディズニーランドの深夜バス車中泊で往復)の旅から先ほど帰宅しました。さすがにヘロヘロです。

ところで、エレキギターのチョイ悪おじさん達と熟女のグループは、どんな曲を演奏されたのでしょう?

亀さんの大株ロビプシスは、健康優良児で先行き楽しみですね!

ウォーターメロンさん
海外の交配種子からの実生苗もお持ちのようで、交配の可能性は無限ですね!


ろばじい 10月14日(日) 21:58
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、今晩は。

フェースブック上で面白い写真投稿を見つけました。投稿者のAndreas Wessner 氏に許可を頂きましたので皆さんの参考になるかもと思い投稿いたします。

袖ヶ浦に兜丸を接いだ株に起きた奇妙な出来事です。キメラ現象とは違った興味深い事例です。何と呼べば良い現象なのでしょうか?

去年、兜を突き抜けて袖ヶ浦が芽を出しました。
今年は袖ヶ浦に花が咲きました。


ろばじい 10月14日(日) 22:00
続きです。


ろばじい 10月14日(日) 22:03
開花写真です。


かくたす 10月14日(日) 22:31
ふじやまさん、皆さん、こんばんは。
ろばじいさん
興味深い事例のご紹介をありがとうございます。

これが何という現象なのかは知りませんが、穂木は年々しおれて小さくなっているように見えますから、私にはネグレクト(育児放棄)に見えます。

ベテランの皆さんなら、ご存じかもしれませんね。
ところで、お写真のバックには灯篭風の石積みや盆栽が見えます。
Andreas Wessner 氏は日本贔屓の方でしょうか?


ろばじい 10月15日(月) 13:52
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、今日は。

Andreas Wessner 氏のホームページです。
http://www.wessner-kakteen.de/

確か?お父さんもサボテン人だったような?コレクターNoのAWはこの人らしい。
花サボテン交配でも有能な方です。

トーマス・シュミット氏の掲示板に園の訪問記が有りました。ハウスの前の見本園みたいな所にケルンのような石積みが有りますね。
http://www.tsdaten.de/kaktusforum/viewtopic.php?t=3057

日本贔屓ではないかもです。
ドイツにサボテン狩りに行った気分で写真鑑賞です。


かくたす 10月15日(月) 19:15
ふじやまさん、皆さん、こんばんは。
ろばじいさん
溜息が出るようなAndreas Wessner 氏のホームページのご紹介をありがとうございました。日本でも見慣れたものから、見たことのない色合いの花も多々あり、サボテン狩りを楽しませていただきました。

園の訪問記も壮観ですね!
ぎっしりてんこ盛りながら、種類別に整理されて見ごたえがあります。
少し意外だったのは、接木苗が少ないことです。
こちらの皆さんのようなキリンウチワや柱に接いだものは見当たらず、球形サボテン?に接いだもの、割り接ぎ?がわずかあるだけですが、別の場所にあるのかもしれませんね。

石積みは、言われてみればケルンにしか見えません(笑)。
鉢植えの木を盆栽と思ったので、そっちへ行ってしまいました。


ウォーターメロン 10月16日(火) 07:07
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。


ろばじいさん
Andreas Wessner 氏のサボテンの紹介ありがとうございます。
兜から袖ケ浦台木が飛び出した写真は面白いですね。
確か、亀さんが以前に似たような事象を紹介されてますね。
かくたすさんのネグレクト(育児放棄)も面白い表現ですね。
この写真のように袖ケ浦台木を短く切って地表に見えないようにすると、永久台木になりにくい袖ヶ浦に危機管理意識が働いで穂木を突き抜けて自活しようとしたのでしょうね。

添付写真は、これも亀さんからお裾分けで頂いたイタリアのマッティオ氏の交配苗です。


花サボ31号 10月16日(火) 17:18
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
かくたすさんのハードイヴェントスゴイです。
馬見丘陵公園のイヴェントは1時間ほどで
カーペンターズ、ビートルズを主体に
荻野目ようこのリヴァイバルソング、
最後にボーイズタウンギャングの
君の瞳に恋してるでフィナーレでした。
最後の曲はスマホに入れている
10曲の内の一曲でもあります。
スマホは便利だなあー。
ろばじいさんのサボの珍しい物のご紹介には
前回同様にびっくりしました。
育児放棄?!なるほどなるほど
子供はかなりの大人なので
どう処理されるんでしょうか?

公園のモミジバフウの実が1年を通じて
落ちてくる。
2年ほど前に小学生の間でこの実を
投げ合いの遊びで目に大けがをしたらしい。
わたしはこの実を踏んでコケそうに
何度かなりました。
こんな邪魔なアブナイ代物が何んと
グーグルで売り出されていた。
稚エビの住処に最適になるらしい。
ウーン---。
ウッドチップに使う人もいるみたい。
形が面白いのでこのままの形で培養土に
入れて栽培してみたくなった。
保水、通気性、保肥力、などが良くなりそうな
形態をしています。
弱酸性だとか、なので色々のパターンを
試してみます。
なんかアホな事ばかり考えているのですが、
まだまだ反則技が世の中にありそうな気がします。
コレは不発で終わりそうかも。
これで又一つ来年が楽しめそうです。







ウォーターメロン 10月16日(火) 21:13
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

今日は頑張って猫ばあさんちとの境のブロック塀下の整理をしました。
色々なものを引っこ抜きました。栗の実やむかごもまだ落ちていました。
植えっぱなしの落花生にもいくつかは実がついているようです。
菊(白花中輪)やレモンバーム(ハーブ)も引っこ抜きました。イタドリも上部をばっさり剪定し、斑入りのヨモギやフジバカマも適当に剪定しました。
ゴミ袋の大9袋分をゴミステーションに運びました。
ついでに、先日剪定しまっくった町内の公園も片付けゴミ袋大4袋、以前除草剤を撒いて枯らした町内の空き家(わが町内は独居老人宅や空き家が多いです)の裏庭の雑草を山にしたもの(4山)の1山を整理してゴミ袋大6袋も運び入れ、ゴミステーションが壮観な眺めになりました。
ただ、わが家も公園も空き家もだいぶすっきりしましたが、多分喜ぶのは野良猫だけです。

庭のヒガンバナの花は枯れて倒れだしていますが、かわいい葉っぱが覗いています。スイセンの葉が伸び出しました。
こぼれ種からのプリムラマラコイデスが夏の猛暑で全滅したので、取っておいた予備の種を先月種まきしましたが、だいぶ大きくなりました。

添付写真は巾着田のヒガンバナです。


ウォーターメロン 10月16日(火) 21:32
おまけです。

富士山です。

今年の富士山の初冠雪は9/26(甲府気象台)で平年(9/30)より4日早かったそうです。


かくたす 10月16日(火) 23:43
ふじやまさん、皆さん、こんばんは。
ウォーターメロンさん
袖ヶ浦の危機管理体制には凄まじいパワーを感じます。
人間様も見習わなければ……。

巾着田のヒガンバナは、ふじやまさんの掲示板でも見覚えがありますが、年々殖え続けているようで見事ですね。ここまで群生するには何十年かかったのでしょう?

ゴミ袋大19個分の片づけ、お疲れ様でした!

花サボ31号さん
カーペンターズ、ビートルズに始まり、70〜80年代の懐かしい曲の数々でしたか! はるばる歩かれた甲斐がありましたね。

モミジバフウの実は、いい感じの腐葉土になりそうな感じもしますが、ひょっとしたらモミジバフウの実生苗がニョキニョキ…………(笑)


花サボ31号 10月18日(木) 18:10
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんばんは。
木かげに入るとすごく動きやすい気候が
続いています。
公園と家のサボの昇天したものや
回復の苦しい物を処分しました。
ウオーターメロンさんの19袋のゴミ袋はすごい。
2日かけての3袋分のゴミ袋は結構重いので
回収車の作業する人は中身がサボテンとは
思わないかもしれない。(苦情が出ないか恐々)
写真はダニで茶色のカサブタ状態のサボ。
子どもを全部外して殺ダニ剤を散布しましたが、
こんな処理で大丈夫なのかなと心配です。
ダニがぜんぜん付かないサボも半分ぐらいですが---。
235: 秋らしくなりました 亀さん 10月 9日(火) 19:40


秋らしくなりました  亀さん 10月 9日(火) 20:02
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

花サボ31号さん
 ナメクジは厄介ですね。私は、きな粉(砂糖入り)に強めの殺虫剤水和剤を少量混ぜ(ランネートなど)6個入り豆腐の空容器に入れて鉢の近くに置いておきます。

ウオーターメロンさん
 「アンモライフ」はcacanapa ellisianaのタイプ違いかもしれませんね。

 紅花ウチワの実生の話しがありましたが、私もウチワの交配を行いました。自家受精場合が多いのですが、いずれにしても実生苗ですので、ウイルスに汚染されている確率は非常に少ないと思われます。
 ビロードウチワやバーバンクウチワなどの血を引くウチワが出ましたので、従来のものと区別して繁殖して、台木として利用したいと思います。


ウォーターメロン 10月10日(水) 10:43
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

キリンウチワは、私の知る限り、日本では種ができていないようなので、今のところ実生苗がなく、挿し木で繁殖で、ウィルスはどうなんでしょうね。
今のところ、わが家の生育状況を見る限り、水や暑さ同様、ウィルスに対する病状発症は見られないので台木自体としてはこれも無敵に近いようです(穂木に関しては保証はありませんが…)。

添付写真は昨年交配・実生した 沖の山(=大王団扇)×紅花団扇 です。
相互交配しましたが、逆の 紅花団扇×沖の山の方はダメでした。
5月下旬交配、8月下旬収穫・取り播きですが、発芽は今年の冬と春でした(保育器使用)。


ウォーターメロン 10月10日(水) 10:56
続きです。

アンドレジイドの「狭き門」ではありませんが、わが家の「狭き庭」で越冬するのは至難の業で、選ばれし者どもだけが暖かい目(ただし無加温のハウス)ができ、ほかの連中は、軒下か精々「ミニ温室」暮らしです。
今年の想定外の寒波で相当の犠牲者を出してしまいましたが、選に漏れたものの宿命と自分に言い聞かせ、あきらめてもらっています。

添付写真は「ミニ温室」越冬者の準備状況です。これに1プランターごとにビニールカバーを後から付けます。


ウォーターメロン 10月10日(水) 10:59
おまけです。

参考に市販のプランター用「ミニ温室」です(鉢用もあります)。
安直な冬越しにはぴったりです。


ウォーターメロン 10月11日(木) 06:54
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

先月、ダメもとで刻んで接ぎ木したサルノシッポが全滅だったので、その台木やそのほかの接ぎ木失敗台木をかき集めて再度接ぎ木台としてお役に立ってもらいました。結果はいかに?
このサルノシッポは購入時から調子が悪かった(竜神木台木は殆ど朽ちた状態)ですが、(私としては高額な買い物だったが)交配に使って次世代につなげたので良しとしましょう(と負け惜しみ的に自分を無理やり納得させています)。
これも、状況は分かっていたのに、対応のアクションがなかなか取れずの失敗です。

添付写真は、今年亡くなられた元札幌カクタス会長土門さんから頂いた種からのソエレンシア系交配種ですが、残念ながら昇天させてしまいました。
ハウスに隣の猫ばあさん配下の野良猫が侵入し、棚の上のものをたくさん落下させたものの1鉢でした。
この株はその時、まん悪く下に置いていた鉢の支柱に刺さってしまったもので、何とかこの夏を越したので安心して放置していたら、そこから腐りが入ってきたものです。これも具体的な後処理をしてやればよかったと反省しきりです。合掌。


花サボ31号 10月11日(木) 08:47
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
おはようございます。
紅花うちわとキリンうちわのウイルスフリーの
為の種子欲しいです。
宝剣の実生苗(1年生)に実生接木した時、
活着率が良かったと思いますが、
データー不足(5の4)で良く分かりません。
紅花うちわのその後の成長もウイルスの
影響で落ちて来ているような気もします。

写真は(若武者×赤花荒刃丸)×黄朱丸です。
接木が成功したようで動き出しました。
新しいトゲは美しいし、パワーを感じます。
この冬もこのままでok!(内心不安90%)


花サボ31号 10月11日(木) 09:01
最後の続きです。
(丹麗丸×赤花荒刃丸)×(ポジョエンシス×赤花荒刃丸)です。
先の接穂とよく似ていますが、
かなり違って来ると思います。
花は未知の魅力に脹らむ天の恵みの一つかも。


花サボ31号 10月13日(土) 16:49
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
今日は朝から馬見丘陵公園を目指して
フラワーフェスタに徒歩で行きました。
ダリアが主体のイヴェントですが、
グルメの出店や大型テントの特設ステージでの
バンドやダンスパフォーマンスなどがありました。
超巨大な公園なのに手入れが凄く行き届いている。
今年の過酷な気象条件なのにプロは流石ですね。
どれだけのご苦労があったのか分かりませんが、
「マー綺麗」とかカメラのシャッター音が答えです。
ありがとうございます。
この巨大な公園にはありとあらゆる植物がありますが、
サボテンが一つもありません。
サボテンの植栽の機会があれば苗木を差し上げます。
入場料も駐車場代も無料がオカシイぐらいの
グレードの高いフラワーフェスタは明日が最終日です。
巨大な芝生エリアや散策コースもあり、
公園内を一周すると半日はかかるかも。
よかったら是非一度はご覧ください。


花サボ31号 10月13日(土) 17:00
最後の続きです。
特設ステージでの一コマです。
とても良かったです。
帰りは足腰不安の為早めに帰宅しましたが、
20回ほど立ち止まってのヨレヨレ歩行。
フットワークの良い茶助(飼い猫)がうらやましい!?


サボテンにとって快適な季節  亀さん 10月13日(土) 22:27
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

 年間を通してこの季節がサボテンにとって最も快適な季節のような気がします。ハウスの中も露地植えのサボテンも急に元気になっています。

 画像は展示花壇の様子です。このロビプシスはかなりの大球ですが、いまだ未開花です。一般的には、早く開花して欲しいを願うものですが、この株についてはもっともっと大きくなってから初開花して欲しいと願っています。


2018-11




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930


最新のコメント
by ウォーターメロン(11/18)
by ウォーターメロン(11/18)
by ウォーターメロン(11/18)
by ウォーターメロン(11/18)
by ウォーターメロン(11/18)
by ウォーターメロン(11/18)
by ウォーターメロン(11/18)
by ウォーターメロン(11/17)
by 花サボ31号(11/17)
by 花サボ31号(11/17)
by ウォーターメロン(11/17)
by 花サボ31号(11/17)
by ウォーターメロン(11/16)
by ウォーターメロン(11/16)
by ウォーターメロン(11/16)
by 花サボ31号(11/15)
by ウォーターメロン(11/14)
by ウォーターメロン(11/12)
by ウォーターメロン(11/12)
by ウォーターメロン(11/12)
by 亀さん(11/11)
by 亀さん(11/11)
by 花サボ31号(11/11)
by 花サボ31号(11/11)
by ウォーターメロン(11/11)
by ウォーターメロン(11/11)
by ウォーターメロン(11/10)
by ウォーターメロン(11/10)
by ウォーターメロン(11/10)
by ウォーターメロン(11/10)
by 花サボ31号(11/10)
by 花サボ31号(11/10)
by 花サボ31号(11/10)
by ウォーターメロン(11/10)
by ウォーターメロン(11/9)
by ウォーターメロン(11/8)
by ウォーターメロン(11/8)
by 花サボ31号(11/7)
by ウォーターメロン(11/7)
by ウォーターメロン(11/6)
by ウォーターメロン(11/6)
by 亀さん(11/5)
by ウォーターメロン(11/5)
by ウォーターメロン(11/5)
by ウォーターメロン(11/3)
by ウォーターメロン(11/3)
by ウォーターメロン(11/3)
by ウォーターメロン(11/3)
by ウォーターメロン(11/3)
by ウォーターメロン(11/2)
by ウォーターメロン(11/2)
by 花サボ31号(11/2)
by 花サボ31号(10/31)
by 花サボ31号(10/31)
by ウォーターメロン(10/30)
by ウォーターメロン(10/30)
by ウォーターメロン(10/30)
by ウォーターメロン(10/27)
by 花サボ31号(10/27)
by ウォーターメロン(10/26)
by ウォーターメロン(10/25)
by ウォーターメロン(10/25)
by ウォーターメロン(10/25)
by ウォーターメロン(10/25)
by ウォーターメロン(10/25)
by 花サボ31号(10/24)
by ウォーターメロン(10/24)
by ウォーターメロン(10/23)
by ウォーターメロン(10/23)
by ウォーターメロン(10/23)
by 花サボ31号(10/23)
by ウォーターメロン(10/22)
by ウォーターメロン(10/22)
by 花サボ31号(10/22)
by かくたす(10/20)
by 花サボ31号(10/20)
by かくたす(10/20)
by ウォーターメロン(10/19)
by 花サボ31号(10/18)
by かくたす(10/16)
by ウォーターメロン(10/16)
by ウォーターメロン(10/16)
by 花サボ31号(10/16)
by ウォーターメロン(10/16)
by かくたす(10/15)
by ろばじい(10/15)
by かくたす(10/14)
by ろばじい(10/14)
by ろばじい(10/14)
by ろばじい(10/14)
by かくたす(10/14)
by ウォーターメロン(10/14)
by 亀さん(10/13)
by 花サボ31号(10/13)
by 花サボ31号(10/13)
by 花サボ31号(10/11)
by 花サボ31号(10/11)
by ウォーターメロン(10/11)
by ウォーターメロン(10/10)
by ウォーターメロン(10/10)
by ウォーターメロン(10/10)
by 亀さん(10/9)