48987
                   名前
              メール(任意)
          ホームページ(任意)
                タイトル
                 内容
        icon(viewをクリック ) view
                   画像 5MB
                 文字色
                   編集パス
 cookie


294: 春が来たよ 亀さん 4月19日(金) 22:36
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

ウオーターメロンさん
 大王団扇x紅花団扇およびモンキーテイルxゴールデンラットテイルの交雑種は面白いですね。増えたらぜひ分けて下さい。

 開花の続きです。
 まず、2626(857x503)です。


亀さん 4月19日(金) 22:44
 次は、863x1702です。新花です。通し番号を付け忘れてしまいましたが、2837となります。


亀さん 4月19日(金) 22:46
 次は、2489(不明)です。優しそうな色合いです。


亀さん 4月19日(金) 22:54
 次は、1609(650x647)です。


亀さん 4月19日(金) 22:57
 次は、2493(白槍竜)です。新潟県のNaさんからのいただきものです。


亀さん 4月19日(金) 23:03
 次は、おまけです。
 第三金曜日は、バードウオッチングの日です。榛名山麓の森林公園にいってきました。今日は、鳥が少なく、クロツグミを見ただけでした。代わりにリスが出てきて私たちを楽しませてくれました。


花サボ31号 4月20日(土) 08:49
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
おはようございます。
サボ花のご披露さらに期待しています。
気安く動けない事もあり、この掲示板は宝です。

先日、ガガー---パコーンと息子の軽の新車が
バックの時に縁石に引っかかってしまった。
ちょっと気まずい空気が---。

写真はキンセンカの花がらからふたつ立派な花が
咲いていました。
これって珍しくはない事なんでしょうか?
293: 春が来たよ 亀さん 4月18日(木) 22:11
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

 続きです。

 最初は、1626(429x382)です。単色の赤ですが、他の花に比べて花弁が極端に厚く丈夫です。この優れた形質を他の花に移すため、交配に多用しています。


亀さん 4月18日(木) 22:19
 次は、1529(373x182)です。373はクレイストカクタス属のサマイパタナス、182はマツカナ属のマジソニオラムです。


亀さん 4月18日(木) 22:22
 つぎは、1763(795x902)です。


亀さん 4月18日(木) 22:24
 次は、ロックガーデンの不明種です。白の抱え咲きです。


亀さん 4月18日(木) 22:26
 次は、781です。花付きのよい黄花です。


ウォーターメロン 4月18日(木) 22:43
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

亀さん
次々と咲きだしましたね。
どの花も素晴らしいですが、1763は特に私好みです。

今日は親子が2組咲いていました。

1組目は、ロビの ティティカセンシスとティティカセンシス×紫麗丸 です。


ウォーターメロン 4月18日(木) 22:45
2組目は、パロジア(旧ノトカクタス)の バンブリエとバンブリエ×すみれ丸 です。


ウォーターメロン 4月18日(木) 22:58
やっと昨年のキリンウチワへの実生置き接ぎの整理に手が付きました。
(といっても、まだキリン団扇の葉も残っているので脇芽カットと増し土した程度ですが…)
カットしたわき芽も100本近く挿し木をしました。


ウォーターメロン 4月18日(木) 23:06
もう1枚。

ちなみに、中央奥の団扇サボテンは、 大王団扇(=沖の山)×紅花団扇 で、その手前の紐は、モンキーテイル×ゴールデンラットテール(黄金紐) です。
見にくいですが手前の左から2番目の鉢にも1本います。


ウォーターメロン 4月18日(木) 23:26
おまけで、またおなじみの野良猫被害です。
同じところからのジャンプのようですが今度は飛んだ方向が違いますし、どうも着地に大失敗しているようです。
今回は骨組みだけでなく、ビニールは破れ、プランターも壊れ、傍に猫の毛が散乱していました。
それから(どうでもいいですが)昨日見たトラの野良猫はその前日まで腹ぼてでしたが腹がぺちゃんこでした、猫ばあさんちで生んだのでしょうね、また私の悩みの種が増えますね。

追伸
私はサボテンに散布する農薬は殺虫剤・殺菌剤・曛煙剤・展着剤をブレンドして使っていましたが、曛煙剤の在庫がなくなったので補充のためいつものホームセンターに行ってみましたが、棚から消えていました。念のため他の店にも行ってみましたがありません。
ぱんささんご推奨のアクテリック乳剤ですが、どうも少し前に製造中止になって、在庫だけで泳いでいたみたいです。残念。
292: 春が来たよ 13 ウォーターメロン 4月16日(火) 07:26
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

「291春が来たよ」のピグマエオケレウスのお話の続きです。

>ArequipaやAncashはペルーの県名です。

奇想丸の方はアルゼンチンのLa Rioja州・San Luis州・Mendoza州あたりが自生地です。

添付図はペルーの県です。
Arequipa(4アレキパ)、Ancash(2アンカシュ)は太平洋岸の県ですが、アンデス山脈はペルーやチリでは海岸近くまで迫っています。
このため、ペルーではアマゾン川の支流が太平洋近くまで来ています。


ウォーターメロン 4月16日(火) 07:33
続いて、アルゼンチンの州です。

La Rioja州(12ラ・リオハ)・San Luis州(19サン・ルイス)・Mendoza州(13メンドーサ)もアルゼンチンの平原部分ではなく、アンデス山脈を含む州です。


ウォーターメロン 4月16日(火) 07:48
おまけです。

添付写真は亀さんから2014年の5月にピグマエオケレウスの不明種として頂いた株ですが、たぶん大きさはそのままだと思います(生きているのかな?)。

ちなみに植えているプラ鉢は7.5cm×7.5cmです。


ウォーターメロン 4月16日(火) 07:58
もう一つおまけです。

亀さんから 1997ピグマイオケレウス×829武倫柱 の交配種子として(交配成功かどうかは不明)2016年8月にいただいたものを実生してキリンウチワに実生置き接ぎしたものです。


ウォーターメロン 4月17日(水) 13:44
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

わが家にはブロックと波板で作った簡易フレームが1セットありますが、昨日やっとその片方だけ整理できました。

あたかも Before&After という感じです。


ウォーターメロン 4月17日(水) 13:59
毎度おなじみ野良猫の話題です。
今朝は、早くから野良猫がうるさく鳴いていました。
台所で、ストレッチ体操をしながらふと窓を見ると下のすりガラス越しに何か動くものが…。スワッ!!またテラス下の地植えに野良猫襲来かと思い窓に駆け寄ると、その外側通路に野良2匹、愛想の悪いクロブチと図体の大きいうすトラ。じゃれあっているのかなあそれとも喧嘩してるのかな、オス同士だと思ったけど…。
外に出てみると通路が野良猫の毛だらけ…とミニ温室のビニールを貼ったプランターが1個ぺしゃんこでした。
棚の横に置いていたもので、また野良猫の飛び降りジャンプにやられたようです。ミニ温室のつなぎのアダプターが折れまくり予備と取り換えました。
実は予備といっても別売りがないので使い回しなんですが…腹が立ちますね。
テラスの屋根の上から棚の上に降りてきて、そこから飛び降りたようです。
棚の上はここも野良猫よけまぶれなんですがね〜(涙&怒)。


ウォーターメロン 4月17日(水) 14:07
お口直しです。

今シーズンわが家のロビ開花3番手の青玉です。


亀さん 4月17日(水) 22:04
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

ウオーターメロンさん
 猫の被害は本当に大変ですね。我が家の庭なども猫のトイレになっているので、他人ごとではありませんが。

 急に暖かくなって、花サボテンも第一次ピークを迎えています。今年の開花をどしどしご紹介いたします。

 まず、今年完成したロックガーデンです。広瀬の三姉妹のうちの645(長女)と、230(左の黄色)のツーショットです。


亀さん 4月17日(水) 22:06
 続いて、交配室の様子です。


亀さん 4月17日(水) 22:13
 次は、ユーベルマニア・ペクチニフェラに付いた果実です。交配親はワインガルチアです。10粒ほど種子が入っていましたが、果たして発芽するのか、うまく生長しても両親の特徴を兼ね備えた交雑種になるのか、今後の楽しみです。


亀さん 4月17日(水) 22:17
 次は、2507(863x1136)です。「広瀬の朝」の後継者の一つとして期待しているものです。
291: 春が来たよ 12 ウォーターメロン 4月14日(日) 21:04
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

今日わが家のロビが、2種今年初めて咲きました。

1種はペントランディ系のジョンソニアです。


ウォーターメロン 4月14日(日) 21:10
もう1種もペントタンディ系の茶羅丸です。

写真を撮ったあと、マツカナのアウレイフローラと交配してタグをつけました。
(写真の花にタグが付いているのは最初撮った写真がピンボケで交配した後撮り直したためです)


ウォーターメロン 4月14日(日) 21:17
もう1枚はウチワサボテンの ゲオメトリクス の昨年5月の花です。
前のスレで小さなつぼみ付を挙げましたので、開花の写真を探してみました。
少しピンボケ加減ですが、実物はもっときれいです(これしか見つけられず申し訳ありません)。
同じ方の同じ株だと思います。


かくたす 4月14日(日) 21:28
ふじやまさん、皆さん、こんばんは。
ヒノキ花粉のピークで、例年のごとく、ゴーグルとマスクで何とか凌ぎつつ仕事に追われております。

ウォーターメロンさん
一昨日はサボテン三昧掲示板がランキング3位とのこと、ひとえにウォーターメロンさん初め皆さんのお蔭です。ありがとうございます。

もしかしたら、どこかの検索ロボットのせい?などとも考えたのですが、昨日は一昨日の約半分の438アクセスながら依然として3位です。やはり正確なカウントなのかもしれませんね。

先日は、満開の桜に雪が積もる珍しいニュース映像にびっくりしましたが、全国的に今年の桜は長持ちしているようです。

サボテンも本格的な開花シーズンに入り、毎日が楽しみです。


ウォーターメロン 4月15日(月) 07:45
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

かくたすさん
昨日もアクセス回数591回で3位をキープしてますね、すごいですね。

ところで、お多分に漏れず、うちの会でもプシスやロビをメインでやっている方はほとんどいませんで、先般の市役所での展示会でも展示作品にも即売品にも殆どありませんでした。
物色してみましたが、即売品にも皆無で(かわいいマミラリアの月影丸なんかはありましたが…)、ふと見るとこじんまりしたOさんが持ってこられた鉢を見ていると、その鉢の解説してくださいました。
マニアックすぎてかつ高価で、RSKバラ園ではともかく、ここでは販売は無理だろうと思っていましたが、最後まで売れ残っていました。

ラベルはピグマエオケレウスのビーブリー(Pygmaeocereus bieblii )です。
少し大柄なのでひょっとするとその変種の v.kuehhasii の方かもしれません(全然詳しくなくてすいません)。


ウォーターメロン 4月15日(月) 22:33
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

ピグマエオケレウスのお勉強をしてみました。
フィールドナンバーで検索すると
@ Pygmaeocereus akersii
A Pygmaeocereus albispinus
B Pygmaeocereus bieblii
C Pygmaeocereus bylesianus
D Pygmaeocereus bylesii
E Pygmaeocereus familiaris
F Pygmaeocereus nigrispinus
G Pygmaeocereus sp
@〜Gが出てきましたがGは不明ということで外しまして。
ナンバー的にはBとCが多いです。
AとFは1個ずつで、ほかのどれかの刺の色違いのv(変種)ようです。
Bには変種としてv.(or ssp)kuehhasii(大型種)があり、亀さんと私のとこのはこちらかもしれません。
CはEのf(form品種)かもしれません。
@はDのsubsp(亜種)かもしれません。

亀さんの通し番号の中にも1935・1938・1997がピグマエオケレウスです。
添付写真は1938Pygmaeocereus biebliiと1935です。
多分学名は小型(=ピグミー)のセレウスという意味だと思います。
イメージ的には奇想丸(Setiechinopsis mirabilis)と同じように、この属もエキノプシスやトリコケレウスに近い属なのでしょうね。
なお、ピグマエオケレウスの自生地はペルーですが、奇想丸の自生地はアルゼンチンの中西部です。





ウォーターメロン 4月15日(月) 22:39
亀さんの1997の写真はいいのがありませんでしたが、別添だそうです。

刺が黒いようなのでFPygmaeocereus nigrispinusあたりかもしれませんね。

なおこの属は地上部は矮小ですが地下茎が大きいそうです。


ウォーターメロン 4月15日(月) 22:42
ネットから拾ってきた写真と比較のために奇想丸を並べたものです。

いずれも夜咲きの白花の矮小種です。


ウォーターメロン 4月15日(月) 22:47
添付の表はピグマエオケレウスのフィールドナンバーを検索したものの一部です。
いずれも原産地はペルーです。


ウォーターメロン 4月15日(月) 22:48
続きです。


ウォーターメロン 4月15日(月) 22:54
もう1枚です。

ArequipaやAncashはペルーの県名です。

奇想丸の方はアルゼンチンのLa Rioja州・San Luis州・Mendoza州あたりが自生地です。
290: 春が来たよ 11 ウォーターメロン 4月13日(土) 07:40
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

今朝も寒かったです。4℃でした。
おかげで桜がまだもっています。
岡山の今年の開花宣言は3/27(平年は3/29)でしたから、こんなに長持ちしているのは珍しいです。
平成の 桜もこれで 見納めか
ですね。

亀さん
広瀬川は利根川水系なのですね、初めて知りました。

花サボ31号さん
蕾の開花が待ち遠しいですね。私もその前にするべきことはいっぱいあるはずですが、なかなか手が付きません(苦笑)。

岡山市役所1階ロビーを展示会場として「サボテン及び多肉植物展示会」も昨日で終わりましたが、力作ぞろいでしたのでもう少し出展作品を紹介させていただきますね。


まずはフェロの 紫禁城 です。


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:41
偉壮玉です。


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:43
富士です。

数少ない日本原産の多肉の園芸種です。


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:47
ランポーです。

左がまるっこいストロンギロゴヌムで、右が花変わりの新昭和タイプです。


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:50
王冠竜の大鉢です。

出展された方大変でした(出展者談:それでも小さい方を持ってこられたとか)。


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:52
ゲオメトリウス です。

これウチワサボテンですが、花のたいへん美しい品種です。
開花時期でないのが残念!!


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:54
フェロの 神仙玉 です。


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:55
光山錦 です。

光山の斑物の巨大株は初めて拝見しました。


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:57
ギムノの 赤刺羅星丸 です。

長年育てるとこんな大群生になるんですね!!


ウォーターメロン 4月13日(土) 07:59
セダム石付き です。

この台の軽石の加工は本人がされたそうです、お見事!!


祝 ベストスリー  ウォーターメロン 4月13日(土) 17:42
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

私は毎朝の日課として、このレンタル掲示板のアクセスランキング(1日のアクセス件数を多い方から並べています)を確認していますが、最近はこの「サボテン三昧」も皆様に支えられて1枚目をキープしております。
アクセス数も100回/1日前後で順位も10位前後です。
所が今朝はなぜか定位置に見えませんでした。
あれ?2枚目にもぐってしまったかなと下位を探しても見つかりませんでした。
相変らず「このきなんのき掲示板」は人気だな〜と上位を見ると、な、なんと3位に784回でこの「サボテン三昧」がいるではありませんか、驚き桃の木山椒の木!!

かくたすさん おめでとうごさいます。

289: 春が来たよ 10 ウォーターメロン 4月11日(木) 08:04
ふじやまさん、かくたすさん。みなさん、おはようございます。

>4/10〜12に岡山市役所1階ロビーを展示会場として「サボテン及び多肉植物展示会」が、岡山市&岡山サボテン同好会主催、岡山県後援で開かれます。

と、前のスレで書きましたが、初日の昨日に、入賞作品が会長と前回の県知事賞受賞者の審査で決まっていますので、紹介させていただきますね。

まずは、県知事賞のホリダです。
小苗で入手して20年以上作りこんだ力作です。
写真は会報の表紙にしようと副会長が、大きいので展示陳列棚から床におろしたところです(チャンとバック背景用のシートも準備されています)。


ウォーターメロン 4月11日(木) 08:14
続いて市長賞です。
アガベのマクロアカンサです。


ウォーターメロン 4月11日(木) 08:25
続いて同好会長賞です。
大きな三角ランポ―です。
このサイズまで三稜が維持されているのはまれです。
(左隣は花の変わったタイプのランポーです)


ウォーターメロン 4月11日(木) 08:28
金賞です。
フェロの文鳥丸です。
実生からの25年生だそうです。
ちなみに前にある名札は、縦6cm×横9.5cm の大きさです。


ウォーターメロン 4月11日(木) 08:32
銀賞です。
ペレキフォラの精巧丸です。
20年以上栽培の輸入球だそうです。


ウォーターメロン 4月11日(木) 08:39
おまけ
会長曰く「他にも素晴らしい作品がたくさん」ということで、私の目を引いたものを1つ紹介しますね。

アツトロフィツムのヘキルリランポーの隆稜タイプです。


亀さん 4月11日(木) 21:06
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

ウオーターメロンさん 
 
 「サボテン及び多肉植物展示会」が盛大に行われ、名品がたくさんてんじされていますね。ご紹介ありがとうございます。

 今日の開花です。

 左の2576は、638x2055となっていますが、どうも私の手違いと思われます。どう見ても、緋絞丸系の交配種のようですね。

 右の2815は、高崎市のYoさんが緋絞丸にアサギリを交配して作出したもののうちの一つです。未開花の苗をいただいて、今日開花したのですが、予想以上に素敵です。

 早速、両種を相互交配しました。


亀さん 4月11日(木) 21:43
次は、「広瀬シリーズ」の元となった広瀬川の紹介です。

 前橋市内を流れる広瀬川は人工の川、用水です。渋川市に取水場があります。「広桃用水」として取水された後、赤城の裾を流れる「桃の木川」と広瀬川に分かれます。
 桃の木川は赤城から流れてくる自然の川を併合して大きな川となります。一方広瀬川は細いまま市街地を流れ、下流で再び合流しますが、なぜか名前は広瀬川となり、利根川に吸収されます。

 写真の中央に見えるのが「広瀬新橋」で、以前は「両郡橋」と言っていました(左が勢多郡、右が佐波郡でした)。私の家は川の左方向にあります。


亀さん 4月11日(木) 21:52
 下流を見ると、川は広瀬川(左)と韮川(右)に分かれていますが、間もなく合流してしまいます。川の対岸んの河川敷は中国から来た人々が開墾して農地として利用しています。

 川の中では、カルガモが流れてくる桜の花びらをついばんでいます。


花サボ31号 4月12日(金) 13:50
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
全国的に気候がメチャクチャの様子です。
みなさん、大丈夫でしょうか?
今日は朝から水やりをしましたが、寒かった。

見事な作り込んだサボ多肉の数々素晴らしいです。
2576×2815共に素晴らしい花同士で
どんな花が咲くのか予想してもそれ以上の
変化がありそうでとても楽しみです。
交互に交配すると不思議差が倍増します。
私は少ししかやってないのですが、
どっちに似るのか交互の交配は楽しみ楽しみです。

写真は去年大きくなった紅花うちわを整理して
大きくカットしたのですが、切り口が陥没して
ミニのねずみなら入れそうです。
腐りはないようでプシスの花芽も出ています。
288: 春が来たよ 8 ウォーターメロン 4月 9日(火) 19:58
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

4/10〜12に岡山市役所1階ロビーを展示会場として「サボテン及び多肉植物展示会」が、岡山市&岡山サボテン同好会主催、岡山県後援で開かれます。
今日はその設営と展示作品搬入で夕方市役所まで行っていました。
また展示会場近くで即売会も行いますので、興味のある方は覗いてみてくださいね。

添付写真は前日搬入(当日搬入分もあります)の出展作品の中で素晴らしかった作品を紹介しますね。
多肉植物のかわいい寄せ植えです。


ウォーターメロン 4月 9日(火) 19:59
大分手間がかかったでしょうね。


ウォーターメロン 4月 9日(火) 20:01
これもいいですね!!


ウォーターメロン 4月 9日(火) 20:02
可愛いです。


ウォーターメロン 4月 9日(火) 20:03
手が込んでますね。


ウォーターメロン 4月 9日(火) 20:04
やかんも使い様ですね。


ウォーターメロン 4月 9日(火) 20:08
これもいいですね!!(本人談;一番上のパキポの葉っぱが間に合わなかったのが残念とのこと)
ここまでの全部、同じ方(お一人)の作品です。素晴らしい。


ウォーターメロン 4月10日(水) 06:37
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

先般のミニ展(お題「斑物」)の出展作品を整理しましたので、これも紹介しますね。

出展の作品名一覧(会長のブログのカンニング、当日の表示と少し違うところがありますが私に判断能力がないことをご了承願います)

1. ギムノカリキウム 守殿玉錦
2. コピアポア デュラ錦
3. ガステリア 春鶯囀錦
4. アガベ 吉祥天黄覆輪
5. エキノプシス 交配種
6. ハオルチア 瑠璃殿錦 雄姿城錦
7. ハオルチア スプレンデンス錦


ウォーターメロン 4月10日(水) 06:38
8. ギムノカリキウム 翠晃冠錦
9. ユーホールビア トナカイキリン錦
10. アストロフィツム ヘキラン錦
11. アエオニウム サンシモンバイオレット
12. アガベ ポタトルム錦黄覆輪多刺タイプ
13. ガステリア 春鶯囀錦
14. セデベリア ファンファーレ錦
15. ハオルチア ピリフェラ錦
16. ユーホールビア ラクテア錦
17. フェロカクタス 日の出丸錦
18. マミラリア 金剛丸錦



ウォーターメロン 4月10日(水) 06:40
19. コリファンタ 象牙丸錦
20. オロスタキス 富士
21. エキノプシス 世界の図
22. アストロフィツム 紅葉ヘキラン
23. エキノプシス 金盛丸錦
24. ハオルチア ゲラルディ錦
25. ハオルチア 静鼓錦
26. セレウス ベルビアヌス
27. ギムノカリキウム 勇将丸錦

287: 春が来たよ 7 亀さん 4月 4日(木) 22:42
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

 春は来たけれど、少し寒い日が続きました。しかし、今日は違いました。本格的な春らしい陽気でした。

 ダニの被害は私のところでも出ています。何とかならないものですかね。

 ウオーターメロンさんの羅星丸のコレクションはすごいです。私の交配種のフォローしていただき、ありがとうございます。

 我が家の交配室では続々とロビプシスの開花が見られるようになりました。今日開花したうち、2353と2656をアップします。

 まず、2353ですが、43(オレンジフェザー)x645(広瀬の三姉妹の長女)です。43は富さんの初期の作品ですが、今でも大活躍しています。


亀さん 4月 4日(木) 22:46
 次の2565は20(浅間の虹)x781(里見の月)ですが、20と781はいずれも富さんの作品です。


ウォーターメロン 4月 5日(金) 04:40
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

亀さん
2353=43オレンジフェザー×645広瀬の三姉妹 長女 ですがこの交配種も両親もこの掲示板では初登場なので、僭越ですが、プロットを入れて再掲示させていただきましたよ。


ウォーターメロン 4月 5日(金) 04:48
2656=20浅間の虹×781里見の月 の方も両親ともどもこの掲示板では初登場ですので、プロット入りで再掲示させていただきました。

なお、
>次の2565は20(浅間の虹)x781(里見の月)ですが、20と781はいずれも富さんの作品です。
の、亀さんのコメントの2565は、2656のうっかりミスです。


かくたす 4月 6日(土) 13:07
ふじやまさん、皆さん、こんにちは。
毎日、見事な開花画像をうっとりと眺めています。
ありがとうございます。

今年の桜は早くて、入学式にはもう見られないかもと心配されていましたが、開花早々寒の戻りで、入学式と桜の見ごろがぴったり! 
最近のランドセルはカラフルですね。


ウォーターメロン 4月 7日(日) 21:54
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

ここちょっと暖かいです、寒がりの私でも暑いくらいです。
今日は行事的にはハードな1日(行事が6つも重なりました!)でしたが、何とかこなせました。
その中の1つ、月例会のミニ展からの優秀作品のご紹介です。
今月のお題は「斑物」です。

まずは一席のギムノの 守殿玉錦 です。しぶいですね。


ウォーターメロン 4月 7日(日) 21:55
続いて二席の 吉祥天錦 です。


ウォーターメロン 4月 7日(日) 21:57
三席は 紅葉ヘキラン です。


ウォーターメロン 4月 7日(日) 22:02
おまけというか、私が一番気になったものです。

出展棚の下に置いてありました。
来月のお題が「花付きサボテン」で間違えて持って来てしまって、とりあえずお蔵入りさせたものでした。


花サボ31号 4月 8日(月) 13:40
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
昨日は懲りもせずに、テクテクと歩きで
馬見丘陵公園へチューリップフェアにいって来ました。
今日は朝からリハビリを受けましたが、ヘロヘロ状態は
なかなかおさまりません。
ウオーターメロンさんのフライニングお題のサボ、
来月は出直しの出品ですが、
ダントツで良い花をご披露出来るんじゃないでしょうか。

馬見丘陵公園のチューリップを見てやってください。
強風対策の為かほとんどのチューリップが背丈が低い。
品種なのか?薬品処理なのか?あまりにも背が低い気がする。
パンジーとのコラボでメチャクチャ美しい景観を作っています。
昨年はネモフィラとのコラボでしたが、同じ手は使いたくないかも。
来週14日までやったいます。
今年は一段と美しかったです。


花サボ31号 4月 8日(月) 13:47
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
昨日は懲りもせずに、テクテクと歩きで
馬見丘陵公園へチューリップフェアにいって来ました。
今日は朝からリハビリを受けましたが、ヘロヘロ状態は
なかなかおさまりません。
ウオーターメロンさんのフライニングお題のサボ、
来月は出直しの出品ですが、
ダントツで良い花をご披露出来るんじゃないでしょうか。

馬見丘陵公園のチューリップを見てやってください。
強風対策の為かほとんどのチューリップが背丈が低い。
品種なのか?薬品処理なのか?あまりにも背が低い気がする。
パンジーとのコラボでメチャクチャ美しい景観を作っています。
昨年はネモフィラとのコラボでしたが、同じ手は使いたくないかも。
来週14日までやったいます。
今年は一段と美しかったです。
サボテンの改良目標もいっぱいありますね。
286: 春が来たよ 6 亀さん 3月30日(土) 20:30
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

 カリフォルニカの斑入りはすごいです。

 アウレイフローラはロビプシスなどと簡単に交配できます。

 ウオーターメロンさんはすでに成果を上げていますね。キリン接ぎのいずれもこの先が楽しみです。

 画像は、トンネル2本の南側のビニールを開けたところを写したものです。全部剝いでもいい陽気になりましたが、北側に植えたツバキの花がポタポタと落ち、サボテンの刺に刺さるのでしばらく様子見です。


亀さん 3月30日(土) 20:36
 そのツバキですが、私の大好きな花が「天賜」です。この天賜から「広瀬の天賜」を作ろうと実生しています。花粉親は昆虫が選んでくれます。


亀さん 3月30日(土) 20:39
 最後は、ボンバックスの開花です。我が家では初めて花を咲かせました。


ウォーターメロン 4月 1日(月) 07:44
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

亀さん
ボンバックス初めて拝見しました。熱帯アジア原産の高木でしょうか。
キワタ属木綿(Bombax ceiba)のことでしょうか。
それから、思い出せなかったもう一つのリクエスト、今年初めての水やりをしていて思い出しました。春染丸のカキ仔でしたよね。

添付写真は四角ランポー×複隆ヘキランの交配です。我が家に2株しかない有星類の開花株が2017年5月17日にたまたま同時に開花したので相互交配してみましたところ、こちらの5花に実が付きましたので、実生して後でキリンウチワに実生接ぎしたものです。色々なタイプが出てきました。


ウォーターメロン 4月 1日(月) 20:46
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

今日は寒い一日でした。
風もきつく、グランドゴルフの最中に突然雨も降り、びしょ濡れにもなりました。
(ただしばらくしたら、晴れましたが…)

添付写真は 紫野×茶羅丸 の両親と交配実生苗です。
この紫野は2015年に亀さんに案内していただいたIさんの温室でお土産で頂いたものです。
交配の狙いは「紫野の花の底白を黄色にしたい」ですが、結果はいかに!乞うご期待です。


亀さん 4月 2日(火) 19:44
ふじやまさん かくたすさん みなさん こんばんは

ウオーターメロンさん

 春染丸、ありがとうございます。ついでの時にお送りいただければありがたいと思います。
  
 ボンバックスですが、キワタ全体のことを指すようです。現在、多肉マニアの間で取引されているのは、パンヤ科プセウドボンバックス属のもので、コーディックスプランツとして木肌が鑑賞の対象になっています。

 GKZ植物事典に、原産地としてメキシコ〜グアテマラが上げられていますが、私はブラジル北東部の岩山に自生しているところを見ています。

 紫野x茶羅丸ですが、交配の着想がいいですね。大いに期待しています。茶羅丸は少し刺が長いのが厄介なところですが、交配種は適度に刺が短くなっています。

 画像は今日の開花です。まず、2619(2025x408)です。


亀さん 4月 2日(火) 19:47
 次は、397(2x53)です。


亀さん 4月 2日(火) 19:51
 よくやる間違いをまたしてしまいました。397は379です。


花サボ31号 4月 3日(水) 14:51
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
ここ2、3日凄く寒かったです。
風も強く雨も---いっぺんにやる気がとんでしまって
店じまい?
2619のオレンジ色とても迫力があり良い感じです。
形もいいし程よい濃淡もあり---美しいです。
公園のチューリップが咲いていました。
植えた本人ですが、鑑賞してる余裕がない。
色々とすることが出てくる。
公園は広過ぎて手に負えないけど、
きれいになれば、心和らぐプチスッポット。
5月はサボも。


花サボ31号 4月 3日(水) 15:06
続きです。
ダニ剤散布の効果がありそうですが、
ダニが死んだのか、生き残っているのか、
分からない。
ちょっと様子を見てみましょう。
(主治医の言葉を思い出してしまう。)
こんなので大丈夫なのかな?


ウォーターメロン 4月 4日(木) 09:44
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。

今年のキリン団扇実生接ぎ越冬者は1月ぐらいまで元気だったのですが、日当たりの悪いハウスのものが2月に相当傷んでしまいました(日当たりのいいハウスは野良猫の餌食になってしまいました)。

亀さん
2619=2025(=408(=短刺ピンク底オレンジ花種)×46舞子(=ムツミ×美女丸))×408ピンク花底オレンジ短刺種 は交配式をよく見ると戻し交配なのですね。少し花首の長い408に短首の46舞子を掛けたものに、もう一度美花の408を掛けて、短首美花種(グラデーション付き)を選抜されているんですね。
379広瀬の艶姿の花型花色もいいですね。

花サボ31号さん
わが家のと同様景気よくやられていますね。
花にはあまり影響しないと思いますが、回復には2〜3年辛抱が必要かもしれませんね。

添付写真はギムノの 羅星丸 です。
私の大好きなかわいい花です。今年の1番花です。なおこの株はうちの会の会長の実生苗からのものです。やはり実生には、ばらつきがあり複数株ありますが、花の大きさや色合いが大分違います。


ウォーターメロン 4月 4日(木) 17:23
追伸

羅星丸の集合写真です。
過去3年分ぐらいですが、4株寄せ植えが2鉢です(8株)。花の大きさ、色合い、花型がだいぶ違います。特に右端上下の花弁が少なそうに見える花(同じ株)のおしべは機能していませんでした(めしべは大丈夫でした)。
これだから、実生や交配は面白いですね。
285: 春が来たよ5 ウォーターメロン 3月25日(月) 21:36
春が来たよ4のThe Cactus Explorerの2013年5月第8回のコラム「温室のなか」の続きで、添付地図1です。


かくたす 3月25日(月) 23:57
ふじやまさん、皆さん、こんばんは。
年度末の繁忙期と花粉症でバタバタあたふたしております。
この時間にやっと掲示板を楽しむ事ができます。皆さん興味深い話題提供や膨大な翻訳、心洗われる美しい開花画像をありがとうございます。

添付画像は、本日長浜市内で撮影した見事な岩庭です。
いつもはタクシーで行く仕事先ですが、今日はレンタサイクルで、初めて通る道でこの庭を発見、自転車を止めて撮影したものです。
どういう場所か確認する時間がなかったのですが、きっと知る人ぞ知る名庭なのでしょうね。写っているのは、道路から見える部分の右端3分の1だけです。


ウォーターメロン 3月26日(火) 20:34
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

かくたすさん
忙中閑有で、カメラや携帯さえ持っていれば、自転車での移動はいいですね。


The Cactus Explorerの2013年5月第8回のコラム「温室のなか」の添付写真・地図の英文(以下)に和訳がつけてなかったので、大急ぎで付けてみました。

Fig.1 Mattucana tuberculate ISI 1103, the type collection made by Hutchison, Wright and Straw (No.6218) on August 8th 1964 at 2,100m above El Chagual, 18km from Aricapampa, La Libertad, Peru.

Fig.2 Flowers of Matucana tuberculate with taller stems GC555A.05, from near El Chagual by the Marañon.

Fig.3 The form of Matucana tuberculate with taller stems GC555A.05, from near El Chagual by the Marañon.

Fig.4 The form of Matucana tuberculate GC553.04 from most southerly habitat known, just of the Marañon crossing on the road from Sihuas to Huacrachuco, Ancash.

Fig.5 Matucana tuberculate GC555.04 from 1,985m on the east side of the Marañon near El Chagual, on the road to Parcoy where it makes big flat clusters of stems.

Fig.6 View of the village of El Chagual from the west side of the Marañon river.
The right turn over the though the village then climbs out of the valley to the gold mining town of Parcoy.

Fig.7 Matucana tuberculate GC1080.04 in flower and fruit at 1,680m, west of the Marañon river, El Chagual.

Fig.8 A large clump of Matucana tuberculate GC1082.05 growing near the Marañon river at 1,280m, just north of the bridge at El Chagual.

Map.1 Showing El Chagual on the Marañon river with a red arrow.

図1 Mattucana tuberculate ISI 1103は、1964年8月8日にペルーのLa Libertad県のAricapampaから18km離れた標高2,100mのEl Chagual でHutchison、Wright 、Strawらによって収集(No. 6218)された個体です。
翻訳者注:ISIはInternational Succulent Introductions (previously International Succulent Institute)の略。国際多肉植物協会。

図2 背の高くなるタイプのMatucana tuberculate GC555A.05の花、MarañonのそばのEl Chagual近くのもの。
翻訳者注:GCは著者のフィールドナンバー。

図3 背の高くなるタイプのMatucana tuberculate GC555A.05、MarañonのそばのEl Chagual近くのもの。

図4現在知られているもので最も南に自生しているMatucana tuberculate GC553.04。Ancash県のSihuasからHuacrachucoへ向かう道がちょうどをMarañon川と交差しているあたりです。
翻訳者注:場所は地図1を参照願います。

図5 Matucana tuberculate GC555.04は、標高1,985mのEl Chagual近くのMarañon川の東側でParcoyへの道沿いのものです。ここでは扁平な大きな群生株が見られます。
翻訳者注:場所は地図1を参照願います。

図6 Marañon川の西側から見たEl Chagualの村。
この村を通り抜けて右に曲がり、Marañon川の渓谷から登っていくと金鉱採掘の町Parcoyです。
翻訳者注:場所は地図1を参照願います。

図7 花と実の付いたMatucana tuberculate GC1080.04です。標高1,680m、El Chagual村のMarañon川の西側のものです。

図8 El Chagualの村の橋のすぐ北、標高1,280mのMarañon川の近くに自生しているMatucana tuberculate GC1082.05の大きな群生株。

地図.1 Marañon川の沿いEl Chagualの村を赤い矢印で示します。


添付写真は今年4番花のマツカナのアウレイフローラです。


ウォーターメロン 3月26日(火) 20:36
追伸
著者の付けている地図が分かりにくいので、グーグル世界地図から探し直してみました。


ウォーターメロン 3月26日(火) 22:27
補足です。ウィキペディアからの引用です。

マラニョン川(マラニョンがわ、スペイン語: Río Marañón)は、リマ(ペルー)の北東約160kmを源流とし、深く浸食されたアンデスの谷を、アンデス山脈の東に沿って南緯5度36分まで北西の方向へ流れる。次に、北東へと向きを変え、内陸のアンデス山脈を横切り、マンセリチェ峡谷に至る。ウカヤリ川との合流後に、マラニョン川はアマゾン川となる。

私はてっきり地図の上から下に流れているのかと思ってましたら逆でした。
添付写真(グーグル世界地図)の方が分かりやすいかもしれません。


ウォーターメロン 3月27日(水) 07:27
訂正です。

図4の 翻訳者注:場所は地図1を参照願います。→翻訳者注:場所は地図1より南のMarañon川の上流です。


花サボ31号 3月27日(水) 16:30
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、
こんにちは。
1318すごくきれいです。
優しい色合いが何とも言えません。
一瞬で好きになる花の一つです。
今日は公園のサボの雑草を取り除きました。
植え替えてから、2度目の除草ですがサボが
根ずく前にすぐに生えて来るのでウンザリ。
ほったからしにしておくと、
もっと手に負えない状態になるのが
最近分かりました。
写真はカリフォルニカですが、
斑入りの子供が出てきました。
根元にも力が入って来たのか膨らんで来ました。
今年は暖冬だったので被害が少なく
このほかの大柱の接木は楽しみです。


ロビ男 3月28日(木) 07:46
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、おはようございます。
私の方は書き込む話題(花の写真)が無くて、いつも見ているだけです。

先日、亀さんより「花の写真がなくてもなんでも結構ですよ。」
と言うお言葉をいただきましたので、これからどんどん載せていこうと思っています。

ウォーターメロンさんのマツカナの記事を読ませていただきましたが、
昨年からマツカナに少し興味があり、これから少し集めてみようと思っていたところでした。
益々興味が湧いてきました。
写真はアウレイフローラです。
実は、マツカナの花の形には興味がなかったため、ロビビアに一番近い花形のアウレイフローラだけは集めていました。
今年も蕾がたくさん出てきましたので開花が楽しみです。


ウォーターメロン 3月29日(金) 20:31
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんばんは。

岡山の桜も3/27に開花宣言があり(平年は3/29)、ハウスの通路を埋めていた越冬者をやっと外に出しました。

昨年の実生のキリン団扇接ぎです。アウレイフローラ×レモンベールとラベルにあるのですが、先ほど昨年の交配実績を確認したらアウレイフローラ×レモンベールには×がついていて、花粉親として種を取っているのは黄花宝山・茜富士・茶羅丸でした(残っているのもこの3種)。どうもこの3種のうちのどれかと間違えたようです。


ウォーターメロン 3月29日(金) 20:35
ジョンソニア×アウレイフローラ です。

右の株は交配成功っぽいですが、どうでしょうかね。


ウォーターメロン 3月29日(金) 20:37
もう1枚。


ウォーターメロン 3月30日(土) 11:49
ふじやまさん、かくたすさん、みなさん、こんにちは。

前のキリン接ぎの集合写真の中央にもう1つアウレイフローラ×レモンベールのラベルのものがあります(これも花粉親はレモンベールではないようです)。
このアップです。
こちらの個体は刺は先のものと似ていますが、稜が繋がっていないみたいです。
このまま刺も一緒に大きくなったら面白いのですが、大豪丸系同様あとはボディだけ大きく成るのではと思われます。


2019-4

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930





最新のコメント
by 花サボ31号(4/20)
by 亀さん(4/19)
by 亀さん(4/19)
by 亀さん(4/19)
by 亀さん(4/19)
by 亀さん(4/19)
by ウォーターメロン(4/18)
by ウォーターメロン(4/18)
by ウォーターメロン(4/18)
by ウォーターメロン(4/18)
by ウォーターメロン(4/18)
by 亀さん(4/18)
by 亀さん(4/18)
by 亀さん(4/18)
by 亀さん(4/18)
by 亀さん(4/17)
by 亀さん(4/17)
by 亀さん(4/17)
by 亀さん(4/17)
by ウォーターメロン(4/17)
by ウォーターメロン(4/17)
by ウォーターメロン(4/17)
by ウォーターメロン(4/16)
by ウォーターメロン(4/16)
by ウォーターメロン(4/16)
by ウォーターメロン(4/15)
by ウォーターメロン(4/15)
by ウォーターメロン(4/15)
by ウォーターメロン(4/15)
by ウォーターメロン(4/15)
by ウォーターメロン(4/15)
by ウォーターメロン(4/15)
by かくたす(4/14)
by ウォーターメロン(4/14)
by ウォーターメロン(4/14)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by ウォーターメロン(4/13)
by 花サボ31号(4/12)
by 亀さん(4/11)
by 亀さん(4/11)
by 亀さん(4/11)
by ウォーターメロン(4/11)
by ウォーターメロン(4/11)
by ウォーターメロン(4/11)
by ウォーターメロン(4/11)
by ウォーターメロン(4/11)
by ウォーターメロン(4/10)
by ウォーターメロン(4/10)
by ウォーターメロン(4/10)
by ウォーターメロン(4/9)
by ウォーターメロン(4/9)
by ウォーターメロン(4/9)
by ウォーターメロン(4/9)
by ウォーターメロン(4/9)
by ウォーターメロン(4/9)
by 花サボ31号(4/8)
by 花サボ31号(4/8)
by ウォーターメロン(4/7)
by ウォーターメロン(4/7)
by ウォーターメロン(4/7)
by ウォーターメロン(4/7)
by かくたす(4/6)
by ウォーターメロン(4/5)
by ウォーターメロン(4/5)
by 亀さん(4/4)
by ウォーターメロン(4/4)
by ウォーターメロン(4/4)
by 花サボ31号(4/3)
by 花サボ31号(4/3)
by 亀さん(4/2)
by 亀さん(4/2)
by 亀さん(4/2)
by ウォーターメロン(4/1)
by ウォーターメロン(4/1)
by 亀さん(3/30)
by 亀さん(3/30)
by ウォーターメロン(3/30)
by ウォーターメロン(3/29)
by ウォーターメロン(3/29)
by ウォーターメロン(3/29)
by ロビ男(3/28)
by 花サボ31号(3/27)
by ウォーターメロン(3/27)
by ウォーターメロン(3/26)
by ウォーターメロン(3/26)
by ウォーターメロン(3/26)
by かくたす(3/25)