83306

2018-6





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新のコメント
by nanapapa(5/8)
by nanapapa(5/5)
by waka(5/5)
by nanapapa(5/4)
by nanapapa(3/3)
by おうな(2/27)
by nanapapa(2/26)
by nanapapa(2/21)
by おうな(2/17)
by nanapapa(2/17)
by nanapapa(1/17)
by おうな(1/17)
by nanapapa(1/15)
by nanapapa(1/15)
by nanapapa(1/10)
by nanapapa(1/2)

Name:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


6月17日(日) 14:13
pl40988.ag0304.nttpc.ne.jp
2018年6月13日 nanapapa 6月15日(金) 19:13
Canon EOS 7D Mark II 1/1600sec F18.0 ISO400 +0.3EV 
抗癌剤治療2回めを断って一週間 ようやく少し味覚が戻ってきた。

髪と髭はまだ戻ってこないけどいたって元気。

けど、PSA数値は5月の662から736に上がった。

上がったらどうなるの? って、言う話だけどどうなるのかわからない。
Dr.に聞いてみても、それを判断するのは主治医の先生だから、、、と言う。

結局、何もわからないだけで、副腎皮質ホルモンの薬と排尿を促進する薬が処方されただけ。
抗癌に対する薬はなにも出ない。

2週間後に、主治医の元に戻ってホルモン分泌を押さえる注射を打つことに。
当然、血液検査と検尿によるPSA数値を調べて、その後の治療方針が決まるのだろう。

に、しても主治医の判断でホルモン剤治療も放射線治療もダメだったから抗がん剤治療になった訳で それを断ったんだから、次はどんな策があるんだろ。

いずれにしても、わからんことだらけ。
KD111239213129.au-net.ne.jp
よそものについて nanapapa 6月 7日(木) 20:53
でんでんさん コメントありがとうございます。
ロシア語の書き込みについては、何ら関係ないことなので削除しました。


よそ者についてひと言。

地方に行けばいくほど、田舎になればなるほどその傾向は強いように思います。
伝統や慣習 それは言い換えれば、保守的であり閉鎖的になるようです。

それも、ある年齢(五十代後半)に達するとそれを守ることが己の指名みたいな感じになってくるんじゃないでしょうか。
その年代の人たちと話をしてみると、若い頃はそういう慣習に反感を持っていた と、いう人がけっこういますよ。

それが、年令を重ねると変化していく。
結局は、今まで守られてきたものを継続して守っていくことが己の責任を果たすことに繋がる。

もし万が一ミスをすれば、それは自分の名誉を傷つけることになる=悪者になることを避ける=勇気が出ない。
言いたいことを言わず、ただ慣習に従っておれば、無難な生活を送れる。

それが、現代の総じた世の流れじゃないでしょうか。

帰国子女 と、言う言葉が出ましたけど こちらでも数人の帰国子女の方がいますけど、やはり視野が広く地域在住の人とは意見が合わないことが多いようです。

その中で、ひとつ気づいたことがあります。

それは、同姓が多いこと。
これも、地域内での結びつきが多いせいであるんだ って、ことなんですね。

新参移住者には、いつまで経っても よそものってことなんですね。



KD111239227177.au-net.ne.jp
よそもの でんでん 6月 6日(水) 12:50
ロシア語は読み方は知ってるけど意味は…。(笑)
ま、それはともかく。

ふと思い出したのですが、まだ若い頃、会社の同期の男性とつきあっていて、
あるとき「日本はこういうところがまだまだだね」と何気なく言ったら、
「帰国子女なんだからそういうのは言わないほうがいいよ」とその彼氏に言われて
びっくりしたことがありました。ずっと日本にいた人が言うならともかく、
帰国子女だから「外から目線」で、それを不快に思う人もいるからね、という
ことでした。何それ。
実際に私の言動を不快に思ってる人がいたかどうかはわかりませんが、
その彼氏はそういうのを気にする人だった、というのは確かですね。

前にななぱぱさんが書かれていたことをもう一度読み返して、
ちょっと似てるかも、と思ったのでした。
閉鎖的な社会。前に進むことを拒む社会。それで幸せなのかな?
私にはよくわかりません。

まあ、具体的に迷惑をかけるのでなければ、お互いつかず離れず、
それぞれが思うように生きればいいんじゃないの?と思います。

思い悩みすぎると身体に悪いので、とにかく楽しく生きよう!と
いうのが正解だと感じます。

ところで、ナマコ(ナメコではない)を食べると悪い数値が下がる、と
いうのが言われていて、ナマコの粉末にしたやつをサプリとして飲んで
明らかに数値がよくなった人もごく身近にいます。
ぜひお試しあれ。(って別にサプリの宣伝ではないですが。(笑))
fp7cdb9ffe.tkye311.ap.nuro.jp
【 抗ガン抗争E 】 2018-05-27 nanapapa 5月28日(月) 18:41

  金曜日夜 娘からLINE電話していいか? 
と、問い合わせ。
内容は、今後の治療方針について。
結論から言うと、抗癌剤治療の取りやめ。
今まで散々話し合ってきたはず。
そして、死後のことまでも。
自分には親としての自分の想いがあり、娘は子としての想いがあり、それが一致して今まで進んできた。

けど、胸をつまらせて発する言葉には言葉とは裏腹な心の中が見えた。
それが、娘を取り巻く一緒に仕事をする仲間、友達そして大先輩からのアドバイス。 それで、心が決まったらしい。

『お父は、お父らしく今までのように自由に生きてほしい。』

それが、娘の希望。
前から、それはわかっていた・・・つもりだったのかもしれない。
いつもならLINEでやりとりするだけなのに、電話での生声にはその決意のほどが感じられた。

これで、自分も安心した。
ホッとした。 嬉しかった。

抗癌剤治療による苦しみの姿を見せずに済む。
長生きは望めないかもしれないけど、長生きはするつもり。

今までどおり、撮影を楽しむ姿を見せてやれる。
思う存分自由を楽しませてもらおう。
KD111239228206.au-net.ne.jp
2018年5月25日 nanapapa 5月25日(金) 20:18
抗がん剤治療による副作用 白血球数減少の治療二日間が終了した。
結果、1,000 が、2,700に上昇。
ひと安心・・・でもなく、5日後には2回目の抗がん剤治療が待っている。
と、言うことは初回の時のように三日目辺りからまた悶絶の副作用が始まる。
当然、また白血球数が減少する。
そして、この白血球数が減少すると免疫力、抵抗力も低下するから次の治療ができなくなる。
そのために、今回のようにまた白血球数を増やすための治療をしなくちゃならない。

つまり、がん治療を続けるには免疫力、抵抗力がなければできないと、言うこと。

まるで、卵が先か鶏が先か と、言う論争になるのだ。
これが、がん治療を続ける限り継続する。

とにかく、菌と言うものには過敏すぎるほど気を遣う。
あらゆる菌に気を遣い、その兆候を事前感知しなければ重症化する。
だから、今日みたいに暑い時はものすごく気になって すぐ体温計を引っ張り出して発熱かどうかをみる。

もう、神経ピリピリ。
入院すれば? と、言うひともいるだろうけど それは自分にとって死刑宣告と同じ。

抗がん剤治療をして七転八倒して免疫力がなくなって、そのための対抗治療をして また抗がん剤治療。

もう、エンドレスになるから この抗ガン対抗記もこのへんでやめときます。
KD111239227025.au-net.ne.jp
2018年5月19日 nanapapa 5月19日(土) 21:17
今朝4時半 夢か現かからだが氷結してた。
起きてみると現実 悪寒がすごい からだが震えている。
体温を計ってみると36.2分 平熱。
なのに、寒い。
おまけに、肩から腰、左股関節、左膝関節 体の左半分がメッチャ痛い。
抗癌治療始めて四日目 いよいよ症状が出始める頃。
筋肉痛、関節痛、倦怠感、脱力感、思考力低下
まずは、これからか。
とりあえず二度寝。

7時半に起きたけど変わらず 痛みは激しくなって体を横にすることもめんどくさい。
考えることもめんどくさい。
朝トーストを焼くことはもっとめんどくさい。
そのまんま、また寝る。 寝るっきゃない。

お昼近くになって、さすがに娘にHELPを頼んだ。
それすら、意識が跳んでてはっきり覚えていない。

いつの間に来てくれたのか、意識朦朧。
結局、ロールパンを一個食べた・・・らしい。

去年 放射線治療を始めた直後とよく似ている。
息が切れて呼吸困難になって、しばらくは落ち着かない。
それプラス体の節々の痛み。

気持ちは、負けるかぁ と、思っていても思考が堕ちていく。
崖っぷちに立って、戻ろうとする気持ちと、このまま飛び込もうとする気持ちが交錯する。

明日になれば、気持ちも持ち直すかもしれない。
持ち直さないかもしれない。

この繰り返し。
娘は終末には泊まり込みにくると言ってくれる。
たしかに、横にいてくれるだけでも気持ちは落ち着く。

行く先には、この症状がもっと進んでいく。
そのときには今のわがままは許されないぞ と、諭された。
KD111239212097.au-net.ne.jp
2018年5月16日 nanapapa 5月17日(木) 20:47
Canon EOS 7D Mark II 1/10sec F18.0 ISO100 +0.3EV 
第一回めの抗ガン治療が無事終了。
と、言っても点滴約2時間ほどだから大した事でもない。
ただ退屈。
これを三週間に一度受ける。
治療は大した事はないけれど、この後の諸副作用が気になる。
外観的なものは仕方がないけど、一番気になるのは白血球数の減少。
これは、拒めるものでないそうだけど果たしてどのくらい少なくなるのか。
一週間後の血液検査ではっきりする。

そして、これは目に見えるものじゃないから、発熱という形で兆候を予測するらしい。
免疫力、抵抗力が低下するから余病を予測するらしい。

その為に、発熱を含めた体調変化の記録を課せられる。

夕べは、左骨盤から股関節が急激に痛み出したけど、湿布を貼って今朝は治っている。
三週間前から、この痛みは出て歩くのが不自由だったけど副作用によるものかどうなのかはわからない。

痛みが取れだすと、いつものように行動を起こすヤな性格な自分。
ただ、今まで以上に転倒や怪我には気をつけねばならないだろう。
座ったら立てなくなるほど筋力低下してるほどだから運動は欠かせないと思うから。

これから、長い付き合いになっといくけど回復を期待して、今までと同じように行動出来ればそれでいいし、それが幸せ。


写真=> 抗癌治療が始まるとまずます長距離運転はできなくなると、二日前に思い切って行ってきた遠州灘
     広い梅を見て、気持ちが少し落ち着いたかな?
KD111239218157.au-net.ne.jp
地域 でんでん 5月 7日(月) 12:42
EX-ZR400 1/200sec F7.9 ISO80 ±0EV 
いろいろ面倒だったりするのですね…。
でも、合わせておとなしくしている必要はないと思います。
「自分の人生は自分のものだ」ということで。
楽しく写真を撮って何が悪い、と開き直ればいいのです。(笑)

あと、「違う意見を受け入れない」「新しい流れには乗らない、ついていけない」
みたいなのは…おなかのなかで「(悪い意味で)いなかもんだなあ」と思っておく、
くらいでいいのではないかな、と。
目の前でぎゃあぎゃあ反論(不条理な反論)をされないのであれば、
ちょこっと意見を言うくらいはいいと思いますよ。

「変なやつ」と思われても、すごく嫌われるのでなければ、まあいいんじゃ
ないでしょうか。あまり気にしてたら健康によくないですよ。(笑)

写真は(比較的)近くにある公園の中にある古民家。縁側に弟が座っていたので、
上のほうだけ撮りました。のんびりしたところで、空は青いし、
「これで猫がいたら完璧だったんだけど」と弟。
でも「猫にエサをやらないでください」という張り紙がありました。
(逆に考えると、猫が来るってことですよね。エサはやらずに見るだけなら
いいかしら?(笑))


nanapapa 5月 8日(火) 20:56
でんでんさん ご意見ありがとうございます。

今は気持ちがまだ落ち着かないので、またの機会に愚痴りますのでよろしくお願いします。
KD111239222037.au-net.ne.jp
地域特性 nanapapa 5月 4日(金) 21:58
ある人のご主人に、お子さんの自立心が強いね と、言ったことが奥さんとのトラブルに発展したらしい。
決して、比喩した訳じゃないのに子育てが間違っている と、解釈されたらしい。

広く考えれば日本人気質 なのかもしれない。

建設的な意見や、チャレンジ的な考えは受け入れない。
町のいろんな男の人と話しをするが、食べ物と同じようにどうもしっくりこない。

人口流出やその逆の移住問題 そして青少年育成問題 ぐっとくだけてインターネットなどの世の流れ。
そういったものには、みな共通して口を閉ざす。

客観的に外から見た者の考えとして述べても批判としか捉えられない。
おそらく自分のわからない所では、あいつはうるさい奴だとか、何様のつもりだ と、言うような逆批判が渦巻いていることだろう。

この町に越してきたとき、それもわからず町中を飛び回っていた。
挙句の果てに言われたことは、重症がん患者が何故元気に飛び回ってるのだ? と、言う言葉。
さも、迷惑だというばかりの言葉。

重症患者が飛び回っちゃいかんのか。
おとなしく寝ておれ と、言うことなのか。

気持ちが折れそうになるから、外へ出て飛び回っているのに。

現代は終末期の患者ですら残された時間を大切に楽しく過ごさせようという考えが浸透してきていると言うのに。

物事をはっきり言う性格だから、それが地域の人達には受け入れられない理由かもしれない。

会って話しをしている時は、にこやかに相槌さえうってくれる。
けど、裏では違った事を言う。
これが怖い。

そして、自分が最も毛嫌いする人種。

さて、これから先 どうやってこういう人たちとつきあっていくか。
長年、本音で生きてきたこの身をそう簡単に変えられる訳ではない。

と、すればつきあわないようにすればよい って、ことか。

毎日、写真を撮り歩いていても周りではどんな目でみているのだろうか。
表面上は、案じている とか、心配している とか、言われても疑念は拭えない。

今更、このまま長生きしたいとは思ってはいないけど、やはり早々に人生の幕をおろしたほうが煩わしくなくっていいのかもしれないな。


waka 5月 5日(土) 18:17
舟橋村のM田さんちに山菜を持ってきた。

今日は午後から立山連峰が綺麗で、ななぱぱさんがよく見ていた場所から
山を見てみようと、今ここからコレしてまーす。
綺麗だぁ


nanapapa 5月 5日(土) 18:32
Waka ありがとうねぇ。

これ、田んぼの位置から見てふなはし荘の駐車場の手前からだ。

なつかしいよぉ。
帰りたいけど、もう家はなぁい。
KD111239230221.au-net.ne.jp
scene 2010/10/12


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13