84450

2018-8



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

最新のコメント
by nanapapa(7/30)
by nanapapa(5/8)
by nanapapa(5/5)
by waka(5/5)
by nanapapa(5/4)
by nanapapa(3/3)
by おうな(2/27)
by nanapapa(2/26)
by nanapapa(2/21)
by おうな(2/17)
by nanapapa(2/17)
by nanapapa(1/17)
by おうな(1/17)
by nanapapa(1/15)
by nanapapa(1/15)
by nanapapa(1/10)

Name:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


2018年8月8日 nanapapa 8月 8日(水) 08:35
Canon EOS 7D Mark II 1/400sec F6.3 ISO800 -0.3EV 
8月に入って一気に暑さが増し酷暑と言える日々が続く。

先月の市立病院の診察から二日目 紹介状を持って地域診療所へ。
今後の診療法を検討するために。

つまりは、市立病院としては経過観察しかなく検査結果を診るのみになるから、40分かけて通院するよりは地元で処方してもらったほうが楽だろうという配慮から。

それもあるだろうけど、最終的な診断は地域診療医かかりつけ医に任せる と、言うのが本音だろう。
たしかに、入院治療を断っておれば病院としては為す術がない。
それで、終末期に入れば在宅看護という選択肢ということになる。

ただ、それがいつになるかってことだ。
介護と同様 看護も先行きが見えないグレーな世界。
まだ自分で判断できるうちに死に方を考えておかねば。


体調は? と、言われれば50%というところだろう。

頑としての自覚症状はないが、あちこち不具合が出て来はじめてる。
一番は、やはり息切れが頻発すること。
日になんども襲ってくる。
時にはちょっとした坂道 5mの坂道で息が切れる。

背中全体が痛み猫背になって、それで息が切れる。

タバコを吸って調子が悪いときは息が切れる。
とにかく何をしても息が切れる。
これが根源かもしれないけどやめるつもりはないし、それで命を縮めるならそれでもいいとさえ思ってるし、願ってる部分もある。


そして、爪に異変。
左手親指 右足親指 爪がめくれてなくなった。
他の指の爪も脱皮するように、表爪がめくれてきてる。
薬の影響なのか水虫なのか栄養不足なのかわからない。

それから、夜になると両手首両足首が攣る。


ただ、こういうことでも癌に結びつけてしまうのが怖い。


さて、今朝は天気さわやか。
秋口のような空色。

目的はないけど、こんな日は部屋に閉じこもってるのはもったいない。

出かけるか。
KD111239221072.au-net.ne.jp
とりあえず でんでん 7月29日(日) 15:48
私は台風が無事去ってくれたことに感謝、生きてることに感謝。
今、ものすごく腹立たしい事件に巻きこまれているけど、
それでも絶対なんとかなると信じて生きてます。
明日になったら警察と法務局と、あとは…どこかしら。
信条として、泣き寝入りはしないことにしているのですが、
くだらない忙しさです。

もう少し涼しいといいんですけどねえ。

ななぱぱさんのところは気温はどうなのかしら。

数値は気になるけど、もっと高かった頃にお元気だったのなら、
結構大丈夫なのかも。あとはどこからか気力をゲットしてくる必要がありますね。

上の写真を見て、ああ、夏なんだなあ♪と思いました。
とても素敵です。(^^)


nanapapa 7月30日(月) 21:18
腹立たしいこと それをすんなり受け取る人っていませんって。

それを呑み込むか噛み砕くか決めるのは自分自身。

私の終末を決めるのは私自身。
比較にはならないでしょうが、法律の世界は疎いのでお許しを。


私んとこの夏
富山より過ごしやすいですよ。 
暑さは変わらないんですが、山に囲まれてるせいか湿気が少ないようです。

言わば、カラッとした暑さですかね。


病の症状は、でんでんさんと同じ考え方してます。
告知受けた時の数値にまでまだ余裕があるな・・・と。

で、今日緩和ケア内科で確かめてきましたよ。
初めて回答を得ました。

数値は、単なる指数で1万でも5万でも生きてる方がいらっしゃいます。
逆に、500足らずで死にそうな方も居ますって。

要は、気持ち次第ってことですかね。

それだって、誰かに言われて決めることじゃないですし アドバイスを受けてどう解釈してどう行動するかを自分が決めることでしょ。


私はまだまだがんばりますよ(笑)
KD111239230240.au-net.ne.jp
2018年7月27日 nanapapa 7月27日(金) 08:16
Canon EOS 7D Mark II 1/8sec F20.0 ISO800 -1.7EV 
定期検査 これからはこう呼ぶことになるんだろうな。

月に一度の病院受診も採血採尿だけ。
血液検査は、体全体の以上の有無を看るだけ。
採尿検査はPSAの数値を看るだけ。
血液検査については特に異常は認められない。

PSAは、先月699から931に上がった。
いったいどこまで上がるんだろう。
どこまで上がったら、からだに異常が現れるんだろ。

主治医に質問してもはっきりとした答えは出てこない。

前立腺がん告知時は3252。
その時は自覚症状もないまま行動していたし、その辺りまでは大丈夫なのか。
と、すればまだ2200余裕があるから、このまま200ずつ上がり続けてもあと半年は大丈夫だな。
と、言っても毎回同じように上がるわけではないからわからんってことか。

痛みは股関節が少々あるけど、動きに支障はない。

ただ、思考力の低下 動くのがめんどくさくなってきて横になりたい、そして眠い。
そしてその循環が撮影意欲を低下させる。

ただ惰性で撮影に行ってる感じ。
こうしてキーボードを打つのもけだるい。

もう何もしたくないというのがホントの気持ちかもしれない。

 
KD111239223247.au-net.ne.jp
2018年6月27日 nanapapa 6月28日(木) 11:59
Canon EOS 7D Mark II 25sec F14.0 ISO160 -0.7EV 
抗がん剤治療をやめて一ヶ月半
ようやく抗がん剤効果が薄れてきたのか味覚が戻ってきた。

そして、抗がん剤治療をやめてから初めての診察日。
いつものように、血液検査と尿検査。

結果は、血液検査にバラつきはあるものの異常のあるものではない。
問題は尿検査のなかのPSA数値

これは、先月736から699にダウン。
治療らしい治療もなく、薬らしい薬も出てないのになぜだ。

結局は、その日その日の体調変化でたまたま良かっただけのことかもしれない。

で、今後の治療ことだが質問する前に医師のほうから先に切り出してくれた。
ない

要点は、家族的なこと経済的なこと生活のこと これらを踏まえて地域診療の医師と連携をとってほしい と、言うこと。
なんのこっちゃない、市立病院泌尿器科としては、ひと通りの治療はしてきた。

最終段階の科学治療(抗癌剤治療)も入院も断った。
つまりは、なす術がない と、言うことだ。

だからといって、見放す訳にはいかない。
医師としては、最善の努力をしてがんの進行を遅らせるようにする。
そのためには、地域の診療医の協力が必要だから。

つまりは、終末期の老人が最期の時を家で迎えたい と、言う在宅医療の早期変形版。
定期的(月一回の泌尿器科緩和ケア内科)に、様子を診ていくことにする・・・だけのこと。

聞こえはいいけど、最期の看取りは地域の診療医にお願いしてください て、ことだ。


これで、決まったな。
治療はできないから、がん進行を遅らせる処方をしつつ見守るだけ。

それで、いいじゃないか。
誰の責任でもなく、その方法を選んだのは自分なんだから。

残った人生 いつまで生きられるかわからないけど、楽しく生きよう。
KD111239216052.au-net.ne.jp
2018年6月24日 nanapapa 6月24日(日) 10:12
 
何故か突然に意識して息をしているのに気づいた。

健康な人は、意識して呼吸をしているんだろうか。
いや、多分無意識。

この病になって、三ヶ月後に診療医から呼吸法を教わった。
ガンとは関係なく胸の痛みから息切れという呼吸になるからなのだが、原因はわからない。

胃カメラや心電図 心エコーなどの検査数値でもなんの異常も認められなく心因性のものだろうという診断結果。
つまりは、ストレスの積み重ねによる自律神経の不調。


と、言いながらも一年近く経ったのにほんの少し動くだけで息が切れる。
そんな時には、呼吸を整えるためにしばらくは動かないで休憩することにしている。

時には、何もしていない時にも発作的に呼吸が浅くなる。

ふと、気づくと意識して息をしている。
深く静かに息を吸い、静かに吐き出している。

忘れていると、いつの間にか口呼吸になって口の中がカラカラになって慌てて鼻呼吸にする。
これも、意識して息をしているって言うことなんだろうな。

この呼吸法を意識している限り自由に動き回れる。
股関節の痛みも増してきているけど、撮影している間は忘れられる。
でも、息が乱れると撮影にも影響が出る。

今のところ癌症状らしきものは、股関節の痛みだけ。
抗がん剤の効果も薄れてきて、小休止状態。

27日の定期検査で今後の治療法を聞くつもりだけど、今まで一年間受けてきたホルモン剤治療、放射線治療が効果がなくって抗がん剤治療になったのに、それを断った。

その後の治療法はどうなるのかが気になる今日このごろ。


KD111239215125.au-net.ne.jp
6月17日(日) 14:13
pl40988.ag0304.nttpc.ne.jp
2018年6月13日 nanapapa 6月15日(金) 19:13
Canon EOS 7D Mark II 1/1600sec F18.0 ISO400 +0.3EV 
抗癌剤治療2回めを断って一週間 ようやく少し味覚が戻ってきた。

髪と髭はまだ戻ってこないけどいたって元気。

けど、PSA数値は5月の662から736に上がった。

上がったらどうなるの? って、言う話だけどどうなるのかわからない。
Dr.に聞いてみても、それを判断するのは主治医の先生だから、、、と言う。

結局、何もわからないだけで、副腎皮質ホルモンの薬と排尿を促進する薬が処方されただけ。
抗癌に対する薬はなにも出ない。

2週間後に、主治医の元に戻ってホルモン分泌を押さえる注射を打つことに。
当然、血液検査と検尿によるPSA数値を調べて、その後の治療方針が決まるのだろう。

に、しても主治医の判断でホルモン剤治療も放射線治療もダメだったから抗がん剤治療になった訳で それを断ったんだから、次はどんな策があるんだろ。

いずれにしても、わからんことだらけ。
KD111239213129.au-net.ne.jp
よそものについて nanapapa 6月 7日(木) 20:53
でんでんさん コメントありがとうございます。
ロシア語の書き込みについては、何ら関係ないことなので削除しました。


よそ者についてひと言。

地方に行けばいくほど、田舎になればなるほどその傾向は強いように思います。
伝統や慣習 それは言い換えれば、保守的であり閉鎖的になるようです。

それも、ある年齢(五十代後半)に達するとそれを守ることが己の指名みたいな感じになってくるんじゃないでしょうか。
その年代の人たちと話をしてみると、若い頃はそういう慣習に反感を持っていた と、いう人がけっこういますよ。

それが、年令を重ねると変化していく。
結局は、今まで守られてきたものを継続して守っていくことが己の責任を果たすことに繋がる。

もし万が一ミスをすれば、それは自分の名誉を傷つけることになる=悪者になることを避ける=勇気が出ない。
言いたいことを言わず、ただ慣習に従っておれば、無難な生活を送れる。

それが、現代の総じた世の流れじゃないでしょうか。

帰国子女 と、言う言葉が出ましたけど こちらでも数人の帰国子女の方がいますけど、やはり視野が広く地域在住の人とは意見が合わないことが多いようです。

その中で、ひとつ気づいたことがあります。

それは、同姓が多いこと。
これも、地域内での結びつきが多いせいであるんだ って、ことなんですね。

新参移住者には、いつまで経っても よそものってことなんですね。



KD111239227177.au-net.ne.jp
よそもの でんでん 6月 6日(水) 12:50
ロシア語は読み方は知ってるけど意味は…。(笑)
ま、それはともかく。

ふと思い出したのですが、まだ若い頃、会社の同期の男性とつきあっていて、
あるとき「日本はこういうところがまだまだだね」と何気なく言ったら、
「帰国子女なんだからそういうのは言わないほうがいいよ」とその彼氏に言われて
びっくりしたことがありました。ずっと日本にいた人が言うならともかく、
帰国子女だから「外から目線」で、それを不快に思う人もいるからね、という
ことでした。何それ。
実際に私の言動を不快に思ってる人がいたかどうかはわかりませんが、
その彼氏はそういうのを気にする人だった、というのは確かですね。

前にななぱぱさんが書かれていたことをもう一度読み返して、
ちょっと似てるかも、と思ったのでした。
閉鎖的な社会。前に進むことを拒む社会。それで幸せなのかな?
私にはよくわかりません。

まあ、具体的に迷惑をかけるのでなければ、お互いつかず離れず、
それぞれが思うように生きればいいんじゃないの?と思います。

思い悩みすぎると身体に悪いので、とにかく楽しく生きよう!と
いうのが正解だと感じます。

ところで、ナマコ(ナメコではない)を食べると悪い数値が下がる、と
いうのが言われていて、ナマコの粉末にしたやつをサプリとして飲んで
明らかに数値がよくなった人もごく身近にいます。
ぜひお試しあれ。(って別にサプリの宣伝ではないですが。(笑))
fp7cdb9ffe.tkye311.ap.nuro.jp
【 抗ガン抗争E 】 2018-05-27 nanapapa 5月28日(月) 18:41

  金曜日夜 娘からLINE電話していいか? 
と、問い合わせ。
内容は、今後の治療方針について。
結論から言うと、抗癌剤治療の取りやめ。
今まで散々話し合ってきたはず。
そして、死後のことまでも。
自分には親としての自分の想いがあり、娘は子としての想いがあり、それが一致して今まで進んできた。

けど、胸をつまらせて発する言葉には言葉とは裏腹な心の中が見えた。
それが、娘を取り巻く一緒に仕事をする仲間、友達そして大先輩からのアドバイス。 それで、心が決まったらしい。

『お父は、お父らしく今までのように自由に生きてほしい。』

それが、娘の希望。
前から、それはわかっていた・・・つもりだったのかもしれない。
いつもならLINEでやりとりするだけなのに、電話での生声にはその決意のほどが感じられた。

これで、自分も安心した。
ホッとした。 嬉しかった。

抗癌剤治療による苦しみの姿を見せずに済む。
長生きは望めないかもしれないけど、長生きはするつもり。

今までどおり、撮影を楽しむ姿を見せてやれる。
思う存分自由を楽しませてもらおう。
KD111239228206.au-net.ne.jp
scene 2010/10/12


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13