46377
2017-4






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30







最新のコメント
  • by nanapapa(4/24)
    by nanapapa @ iPhone7(4/10)
    by nanapapa @iPhone(3/24)
    by (3/15)
  • by nanapapa(3/5)
    by nanapapa(3/4)
    by ヘ・ラス(3/3)
    by やすぼー(3/3)
    by nanapapa(3/1)
    by nanapapa(2/23)
    by nanapapa(2/20)
    by nanapapa(2/18)

    Name:
    Homepage:
    Title:
    Message:
    Icon: view
    Image: 5MB Exif
    Color:
    Password:
     cookie


    気遣い nanapapa 4月27日(木) 16:13
    Canon EOS 7D Mark II 1/60sec F10.0 ISO400 -0.3EV 
    家族会議で今の生活を話し合って一ヶ月 世話する方、世話される方双方のストレスがピークになってる事がわかった。

    両方共、居たらいたで気を遣う 居なきゃいないで気を遣う。
    何をするにも考え方に裏表がある。

    例えば、今日 ワンコ散歩をしてる時から頭痛予報が出てた。
    それで、どこへも出かけず部屋に戻ってきて休んでいたら、それはそれで具合が悪くて倒れているんじゃないかと気にして部屋へ見に来ていただく。

    それがお昼まで続くと、昼ごはんを用意しなきゃならないのかと思われる。
    自分としてはすごく感謝なのだが、用意する方としては「何のために用意を?」と、なる。
    たしかに動けない訳ではないので そんな人間に何故他人が世話をしなきゃならないんだろうとい気持ちになる。

    娘ともやりとりも、ウラで打ち合わせをしてるんじゃないかと気になる。
    決して、そんなことはないのだが人の噂と同じように、人は自分にとって悪いことを言われているんじゃないかと思ってしまう。

    そこから猜疑心が生まれてくる。
    そして

    そして人間関係にひび割れが生じて、やがては溝になり大きな谷にまで発展していく。
    そこまで発展する前に対策を打ち溝を埋めなくてはならない。

    それを打開するために後日話し合う事になったが、原因は自分が転がり込んできたことにある。
    転がり込んで、火種を撒き散らしているんだろう。

    結論は、簡単。
    自分がいなくなること この場から去ってしまえば事は簡単に解決する。

    良好な嫁姑の関係を続けてきたのに、ここで壊すわけにはいかない。
    でも、自分が転がり込んできて嫁としての態度が変わってきたと感じるようになられたのは猜疑心の現れる兆候。
    それが、ご自身の将来 つまり介護が必要になった時 わだかまりが生じるんじゃないかと思う。
    それは当然の不安要素であって、無理らかぬこと。

    父と娘 その関係は子の親を思う気持ちが、嫁姑との関係を逆なでする。

    あちらを立てれば、こちらが立たず

    まさにそんな状態で三すくみになっている。
    やはり、自分が居なくなるのが一番手っ取り早いかもしれない。

    反面、娘が一番苦しむことになるだろうが。



    KD111239040034.au-net.ne.jp
    himawari 4月24日(月) 20:22
    Canon EOS Kiss X4 1/125sec F4.0 ISO100 -0.3EV 
    nanapapaさん
    こんばんは  あれから心配していましたが
    成るべくしてなるのですね。少しは安堵しています。
    気持ちが一番ですから今の生活に甘えて元気になる事だけを
    考えて一日を大切に過ごしてくださいね

    先日九州の篠栗という町の『九大の森』へ行ってきました。
    落羽松という珍しい樹を見てきました。
    nanapapaさんご存知でしょうか?
    上手く撮れなかったけど久しぶりに投稿しますね
    頑張れのエールを送ります。


    nanapapa 4月24日(月) 22:11
    こんばんは himawariさん

    成るべくしてなる 成るようにしかならない。
    今の私にはそれしか答えが出てきません。

    マイナス思考の人間ではないですが、ともすれば鬱の部屋に閉じこもりそうになります。
    swも、こうしてネット回線が開通し himawariさんのように訪問を受けるとそれが力と糧になってきます。

    ステージ4という言葉から重病患者のような印象を受けますが、自分ではそんなに大それた感じではないんです。
    が、先ほど書いたように、何か症状が出るたびに副作用? と、思ってしまう自分がいます。

    ま、そんな暗い話は置いといて


    篠栗 『九大の森』 落羽松  字すら読めないほど知りませんでした。
    写真を拝見させていただいて 「へえ〜〜!」って感じです。
    ダム湖なんかにある水没木 そんな感じなんですね。

    これがまた好きな風景でして、ダム湖の撮影になってこういうのを見つけると必ずと言ってよいほど撮りますよ。

    行動範囲が1時間半以内に限定してるので、九州福岡はとても行けそうにはないですが、良いものを見せていただきました。

          ありがとうございます。

    少しづつ行動範囲を広げていこうと目論んでますが、どうなりますことやら(笑)



    KD111239048044.au-net.ne.jp
    nanapapa 4月22日(土) 17:44
    Canon EOS 7D Mark II 1/200sec F13.0 ISO400 +0.3EV 
    NHKのドキュメンタリードラマ 認知症 ともに新しい時代「母、立ちあがる」を見ている。

    認知症 以前は自分の将来を考え、そして仕事柄興味を持って関連番組を見ていた。

    今は、
    自分が想定外の末期がん患者という立場で見ている。
    あと何年生きられるかわからない点では、先の見えない認知症とよく似ている。
    番組では40代なかばにして、アルツハイマー型認知症の診断を受けた女性のこれからの取組みを放送していた。
    世間に自らの本名を公表し、社会に認知症と言うものを理解してもらうように公開活動をしている様子が赤裸々に放送された。

    それから比べると、自分の前立腺がんなんてちっぽけなもの。
    世の中の男性と言わず、世間一般として生存率の高いガンとして衆智されている。

    それでも、番組の中にあった『自分のことは自分しかわからない』
    これは、自分日頃から言っている言葉である。

    それを押し通すと単なる『わがまま』になるだろう。
    ひとは、子供なり親なりの家族 友人に囲まれて生きている。

    そこには、必ずしがらみが存在する。
    自分はもうどうでもいいんだ と、言ったようなことでも周りは放っておかない。

    あの人はもうだめだから、放っておけ。

    そんな訳にはいかないだろう。
    自分では、どこかでひっそりと旅立ちたい そんな風に考えていた時期があった。

    でも、娘に連絡し世話になっていると言うことは、それを否定したんだろう。
    その裏付けが家族愛なのかもしれない。

    周りにはたくさんの友がいる。
    それでも、こんな風に世話をするとなると別問題。

    Wi-Fiもつながって、これまでの友人達との交流も再開できた。
    こちらに来てからも1ヶ月で6人のネット友も増えた。
    そして、それ以外に地域の交流も増えた。
    それによって、気持ちが格段に広がった。

    前述のテレビ放送のように大きく活動したい。
    でも、まだ時期尚早。
    地方ゆえの考え方では、理解してもらうには時間がかかる。

    膀胱炎になったり、眼のピントが合わなくなったり 血圧が不安定になったり 息が浅くなったりと副作用的に時々症状が出てくる。
    これが、薬のせいだとはわからないが 健康なときには出なかった症状。

    だから、今は篭の鳥でもいい。
    それでも、気持ちは霧の中。
     
    KD111239051006.au-net.ne.jp
    Wi-Fi回線 nanapapa 4月20日(木) 20:57
    Canon EOS 7D Mark II 1/640sec F18.0 ISO400 +1.0EV 
    3月9日に引っ越してきてネット回線がつながらない事に愕然。

    娘に相談し、経由で婿さんが尽力してくれることになって一ヶ月。
    娘の家庭でも、世話になっている家庭でもネットに興味がないので無理らかぬこと。

    その間に、auとsoftbankに回線事情を聞いて回ったが住まいの地はテレビ電波 携帯電波すら微弱な所。

    ポケットWi-Fi もしくはルーターと言う方法も考えたけど電波微弱地だけはどうしようもないとのメーカー返事。

    テレビは光ケーブルで繋いでるから、そこからネット回線を引くしかない。
    けど、テレビ回線契約はしてても、ネット回線契約はしていない様子。

    ダメ元で、国際ポケットWi-Fiを申し込んだ直後に婿さんがルーターを買ってきた。
    試しに、スマホにWi-Fiセットしてみる。
    スマホの通信量がガクンと落ちる。

    ついでに、PCにもセッテイングしてみる。

    繋がった。
    通信速度は、格段に落ちるが、4G LTEよりは速い。
    これで、ネットができないストレスから解放されるし、自分の写真を心待ちにしてくれてる人たちに迷惑をかけることもない。

    その反面 娘に負担をかけたことが心苦しい。

    でも、感謝。感謝。



    KD106161174242.au-net.ne.jp
    花火 広島県人 4月 9日(日) 00:34
     
    こんばんは。

    新しい生活と周りの人達とのかかわり方・・・病気がなくても落ち着くまではいろいろあります。病身だと家族側の立場も理解でき、どうしたものかと心が乱れます。

    私も考えてみるとお嫁さんは働いていてとても無理は頼めないし、息子たちは当てにならないし、10歳年下の妹にいろいろ頼ることになるのかな・・・・と考えました。

    自分らしく最後まで生きたいと思うのは同感ですよ。

    この先どんな状況になろうとも自分のことは自分で決めて行きたいと思っていますが、状況によりどうなるか・・・ある程度の心構えを折に触れ主人に話しておこうと思いました。

    思い悩むときはカメラを持って出かけましょうよ。そして無心でファインダーをのぞきましょう。何度この行為で救われたことか・・・

    今日は今年初の花火大会に行きました。


    nanapapa @ iPhone7 4月10日(月) 20:45
    こんばんは 県人さん

    そうですね、嫁にきた時 養子に入った時こんな感じなんでしょうね。
    まったく違う環境の中に飛び込むって事はかなり大変な事と感じてます。
    でも、人はみな均等に老いていく。
    それは、好むと好まざるにかかわらずやってきます。
    私の場合、60歳ぐらいから娘にさりげなく老後の事を話してたんですが、今度の発症は想定外でした。
    娘にとっても、私にとっても寝耳に水。
    ましてや末期癌ステージ4なんて余命宣告を受けたようなものでしょうね。
    私はある程度知識がありましたので「そっか!」と、言う程度でしたが。

    そこで、嫁ぎ先のご両親に相談した結果が現在の姿です。
    先に書きましたように、他人様の世話になる事は、とても大変な事です。
    双方がお互いを気遣い、また嫁姑の築いてきた絆を壊さず、それぞれの立場を守れるように話し合う事が大切と思います。
    でも実際は、お互いの主張ぶつかり お互いにストレスを溜め込みます。
    そこで意地を張っちゃうと、深い溝ができてしまいますので世話になる私が折れる事に心決めてます。
    私のように、婿さんのご実家に世話になる事は少ないでしょうが、これは自分の子に世話になっても変わらないでしょうね。
    老いては子に従え その通りだと思います。

    迷惑をかけたくないから夫婦だけで、もしくは自分だけで老後を過ごしていく事は不可能です。
    せめて、元気なうちに家族と話し合い協力体制を作っておく事が大切だと思います。
    pw126205197130.3.panda-world.ne.jp
    家族会議 nanapapa @ iPhone7 4月 1日(土) 15:56
    iPhone 7 Plus 1/2591sec F1.8 ISO20 ±0EV 
    婿殿の消防団長就任が落ち着いたところで、今後の生活についての話し合い。
    切り口は自分の方から切り出した。
    こちらに引っ越してから三週間 最初の二週間はこちらの生活パターンもわからず、今までの富山での生活の延長として行動した。
    それが裏目に出た。
    自分の性格は、たとえ痛くても、苦しくても、つらくても表に出さず我慢して明るく振る舞う。
    それが、周りを明るくすると信じて行動してきた。
    だけど、それが間違いだったのかも知れない。
    今は自分の体を心配してくれる者がいる。
    あと何年生きられるかわからないが、長生きして欲しいと願うのは家族として当然の気持ちなんだから。
    だけど母を看送った経験から自分はそうはなりたくないと思っている。
    長生きはせずとも、残された時間を自分らしく生きたい。
    それが、許されないのが社会事情なんだろう。
    親と子 人としてあたりまえの考え それ以外に世間体 そして、その地方の風習
    これらが複雑に絡み合って、いろんな感情を生み出して討論となる。

    話し合いでも、お互いが主張をすれば結論は出ない。
    だからこそ、自分のほうから折れる案を呈した。
    自分が、折れればそれで物事は解決する。

    いま現在の住まい そのまま住まいさせていただく事。
    向こうのお義母さんに唖然とした顔をされたが、近い将来自分が動けなくなることは目に見えている。
    その時になって、まだ移転を繰り返すよりも住まいでその時を迎えたほうが慌てなくて済む。
    向こうのお義母さんに、気遣いしてもらい世話を受ける事は心苦しいが、ここは甘えさせていただこう。
    娘にしても、すぐ近くにいる事で安心しているようだが、動けなくなれば遠くにいても近くにいても一緒だろう。
    ただ、近くにいれば世話もしやすいし、最期を迎えた時も駆けつけやすい。
    なによりも、近くにいてやる事で娘が安心して生活できるなら、それでいい。

    と、言う事で現状維持。
    撮影に一番大切な朝夕、深夜の撮影 そして、長距離、人気のない所への撮影行脚は自粛。

    多分、今まで築いてきた写真家としての地位を失う事になるだろう。

    そこまでして生きながらえるのは疑問だが、世話をしてもらう限りわがままは言えない。
    ホルモン治療の効果が薄れる三年プラスα それまで楽しく撮影を続けていきたい。



    pw126247153064.14.panda-world.ne.jp
    こんにちは〜。 でんでん 3月23日(木) 12:24
    EX-ZR400 1/200sec F5.7 ISO800 ±0EV 
    家族の経験から一言。
    病気そのものより、病気だからと安静にし過ぎるほうが危険なので、
    無理しない程度に遊び歩いてくださいね。
    え?言われなくても遊び歩いてますって?(笑)

    あとね。なまこ(なめこではなく)が結構ききますよ。
    数値はだいぶ下がります。
    サプリも出てます。
    (うちは弟が海外から取り寄せたので、日本でもサプリがあるかどうかは
    知りませんが…。)

    ストレスをためないようにしないといけないので…
    ストレスは悪い夢と一緒にバクに食べてもらいましょう!(笑)


    nanapapa @iPhone 3月24日(金) 07:32
    でんでんさん いろいろアドバイスありがとうございます。
    見知らぬ土地でストレス溜まりがちですが、持ち前の性格からと周りの協力から少しずつ軽減されつつあります。
    PDA数値も最初3252あったものが243と下がってます。
    まだまだ高い数値ですが気長に付き合っていくしかないでしょう。
    あと、ネット環境が整えばもっと快適に過ごせるかと思いますが、これもやがて解決するでしょう。
    それを楽しみにしてます。


    pw126245065151.16.panda-world.ne.jp
    ステージ4 nanapapa @ iPhone 3月21日(火) 20:46
    iPhone 5 1/15sec F2.4 ISO320 ±0EV 
    娘の所に越してきて十日め。
    これから世話になる市立病院へ初めての検査。
    この日は、癌治療のひとつである脳下垂体からのホルモン分泌指令を中断するための注射。
    40日に一度打たなくちゃならないやつ。
    それに合わせての受診日。
    富山での治療法を継続する為にの診察。
    前病院からのデータを読み取り、こちらでの治療方針を決める。
    お定まりの採尿&採血。
    血液検査の結果は、PSAが243とわずかに下がってた。
    その後、担当医師からの症状説明。
    富山では聞けなかった詳細。
    結論から言うと、
    ステージ4
    骨転移は、骨盤から腰骨 脇 肩 頭骨と各所に転移
    リンパにまで及んでいると言う。
    リンパにまで進行してるとなると、いずれ動けなくなる。
    痛みが進めば、それに合わせて薬の処方を変えると言うが、それすら効かなくなる時がくる。
    そうなれば、以後放射線治療になる。
    痛み、苦しみ、副作用 さまざまな症状が出てくるだろう。
    自分としては、その放射線治療は受けるつもりはない。
    娘にも、その意思は伝えてあるが その時になれば自分の意思より、家族としての娘の意思だろう。
    あと、何年持つかわからないけど動ける間は動いて撮影を楽しみたい。
    緩和ケアになって、痛み止めを打っても動けるなら動きたい。
    親として何もしてやれず、何も残してやれなかったけど 自分の最後のわがままになるんだろうな。
    pw126236038235.12.panda-world.ne.jp
    白梅をどうぞ おうな 3月14日(火) 15:20
    SP800UZ 1/320sec F5.6 ISO50 -0.3EV 
    nanapapaさん こんにちは。

    お気持ちは分かりすぎるほど解ります。

    病気なんてものはどんな病気も理想通りにはいきません。だから病気なのです。こんな言葉を書くおうなを憎んで下され、悪態もついてくだされ、愚痴もOKです。

    おうなもまたまた風邪を引きなおし内にこもっています。どうにもなりません。

    ですからおうなにはpapaさんを力づけるパワーも無いかもしれません。でもあなたの苦悩はわかりすぎるほど解ってしまうのです。

    おうなだったら多分自分の気持ちをそのまんまお婿さんの親御様に腹の底から打ち明けてお話ししてしまうような気がします。
    きっと理解してくださることだと信じています。おうなはきっと世の中で一番人間を信じているかもしれませんね。

    白梅 きっとこの花も見納めになるかと思っていとおしく思って撮りました。来年の春はこの地に居ないかもしれませんから。可愛い可愛い梅ちゃんです。

    そうそう 元気は何より、元気なうちにいろいろ頑張っておいてくんなはれや。


    3月15日(水) 12:24
    おうな姉心配かけさせてごめん。
    この後、娘も考えてくれてお義母さんと話をしてくれたようです。
    精神的に落ち込まないようにと、自分が指導している友達の元へ連れていってくれました。
    友達と言っても、姉さんと同い年のおばちゃんだよ。
    週2回娘のソフトエアロに通ってくる元気なおばちゃん。
    もう一人は、84歳のおばちゃん。
    娘のレッスンには平均年齢79歳の人たちが30人くらい来るそうだよ。
    まぁ全員じゃないけど、10人ぐらい集まって手ふらは足ふり腰を振って踊ってるんだって。
    その仲間を順に紹介すると言うてくれた。
    遊びに行く家もできたし、昨日は行きつけにできる喫茶店を紹介してくれた。
    おかげで、ちょっと気分転換もできたし撮影中にこちらにある修道院に宣教に来たという名古屋に
    お住いのドイツ人の牧師さんの友達もできた。
    こんな調子で、町に溶け込んでいくたら って思うようになったよ。

    もっと書きたいんだけど、スマホで打ってるからこの辺で。

    近況報告でした。
    pw126199085053.18.panda-world.ne.jp
    苦悩 nanapapa @iPhone 3月12日(日) 20:31
    娘のところへ来て四日め
    娘のダンナの両親の好意で、食事の世話まで厄介になっている。
    しかし、世話になっているという負い目から、食事をいただくにしても お風呂をいただくにしても、外へ買い物に行くにしても、かなり気を遣う。
    しかも、病人らしからぬ元気さだから何か不信感を持たれているような印象を受ける。
    時々、胸が痛くなるが我慢できないほどでもないので、そのまんま過ごす事が多い。

    病人は元気であっちゃいけないのか?
    元気な嫁の父親をなんで面倒みなきゃならないのか
    決してそんなつもりで世話をしているのではない事は日頃の会話からもよくわかる。
    誠心誠意、力いっぱい世話をしてくださってる。
    21日の検査を終えてみなければ、最終結論は出せない。

    もし、軽微な診断結果が出たら自分はどうすればいいのか。
    富山へ戻る事は許されない。
    今日の話の中でも、子として親が近くに居てくれればいい と、言う話題も出た。
    ならば、こんなに神経をすり減らして生活をしたくない。
    でも、一旦この形に決まったからには簡単に変える事はできない。
    世話をすると決めた先方のご両親に恥をかかせてしまう事になるから。

    やはり、病人は病人らしく静かにおとなしくしてた方がいいのかもしれないな。
    pw126199085053.18.panda-world.ne.jp
    scene 2010/10/12


    1 2 3 4 5