Home 128042
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


読売俳壇・歌壇 2017- 3-20 Mon

矢島渚男氏選
「首塚の由来は知れず犬ふぐり 栃木 小林たけし氏」

宇多喜代子氏選
「探梅や夕日まだある山の寺 玉名 高木ミツヨ氏」


小池光氏選
「蝋梅かおりもろ手抱へ来し友は夕焼けの中に帰りぬ 西東京 中村和子氏」

いろいろと 2017- 3-18 Sat
どこかの大都市について
どこかの大都市で、でっかいマーケットを作り、そこにマーケット機能を集約させるようだ。それは好いのだが、その土地が汚染されている、とんでもねえ代物でいったい誰が責任をとるのかという話でゴタゴタしているようだ・・
そのときの大責任者は皆からお前だお前だお前の責任だといわれ、引っ張り出されて集中砲火にあったようだ・・・
この都市はでっかくて、相当優秀なテクノクラットが揃っているようだが、彼らは口を拭っている。
トップが責任をとるのは当たり前だが、そこまで持っていく経過を作りだした奴の責任が最も大きいとヤツガレは、思うのだが・・・
顔を見ると清々しい顔をしている輩がねえ。どこかの話だがそんな国はいやな国だねえ…
日本もそうならないように祈っているのだが・・・
ほんの冗談を・・・


これ何処かの国のお話。
何処かの国のトップの夫人は好い所のお生まれで全く人を疑うことを知らねえ・・・誰かに頼まれるとホイホイとその人の要望に応えてやろうと必死に努力をる。それが人のために尽くしてやる好い事だと信じている・・・
名前を貸してと言われれば、躊躇なく貸してやるし、旦那にこんなことあんなこと頼んでといわれば、それにも努力してやる。決して疑うことなどしねえ。
結構国民には人気があり、旦那をそれで少しは支えているのかも知れねえ・・
ダケレドモ何時かは悪い奴に騙されるのではねえかと周囲はヒヤヒヤもの・・周囲には何時も何人も監視役が居て騙されないように見張っていなければならない・・・
彼女、何か大メーカーのお嬢さんでそれもお菓子屋さんだって・・・だから甘いのかナンテ駄洒落をいう人もいるが本人は、少しでも旦那を助けようと必死なのだよ・・・
こんな本を 2017- 3-11 Sat
COOLPIX P6000 1/27sec F2.7 ISO400 ±0EV 

佐藤雅美著「ちよの負けん気、実の父親 物書同心居眠り紋蔵」講談社

物書き同心紋蔵の八篇の短編からなるシリーズ。相変わらず同心部屋で居眠りばかりして居る同心紋蔵。しかし、解決困難な事件が持ち上がると必ず彼のところに尻が持ち込まれる。
表題の話は、分限者金右エ門の実子として育てられた「ちよ」だが、いつの間にか自分が捨て子だったと理解するようになり、実の父親はさる大名で故あってそこを離れたと夢見るようになる。
そこに実父が現れるのだが、これが神職を騙る食い詰めもの。「ちよ」の美しく育った姿を見て、これでひと儲けを企む。ちよを大名家に送り込みお手がつけばあわよくばという魂胆・・・これにはちよも乗り気ですったもんだの末、さる大名家に送り込まれるようになるが、この家には三人の娘がをり、ちよは彼女らにとんでもねえイジメにあうことになる。
なきながら、彼女は金右エ門のもとに帰ってくるという話。この編では主人公の紋蔵、金右エ門の相談にあずかるだけで、あまり活躍はしない。とにかく筋が複雑で、というより奇妙奇天烈なので読んでいては面白いのだ纏めるの甚だ困難というものだった。しばらく紋蔵の世界から離れようとも・・・
美女シリーズ 2017- 3- 6 Mon
COOLPIX P6000 1/46sec F2.7 ISO400 ±0EV 
美女シリーズ
小樽ローソク岩 2017- 3- 5 Sun
COOLPIX P6000 1/17sec F2.7 ISO400 ±0EV 
小樽ローソク岩を描き上げる
予測した通り本当に難しかった
もう少し手を入れなければ・・・・
美女に色を 2017- 3- 2 Thu
 
美女に色を塗った  色っぽくなったってか

2017- 3- 2 Thu
もう一枚

2017- 3- 2 Thu
最後に
2017- 2-24 Fri
COOLPIX P6000 1/55sec F2.7 ISO400 ±0EV 
新しい用紙を30枚購入・・・表はコートで裏はエンボス・・・
裏表に描いてみたががどちらがいいのだろう?

こらが、コート


原画はネットより拝借

2017- 2-24 Fri
これがエンボス

変わらねえか?
久しぶりに・・・ 2017- 2-23 Thu
先日、病院の帰りにまだ昼飯には早く、店も開いていないので北千住のアルタで食い物を漁っていたら、五十番があった。

市ヶ谷にお世話になっていたころ、神楽で飲んで帰りには、必ずここで肉マンと焼売を土産に買って帰ったことを思い出した。

そこで早速両方とも購入、家で女房とシェアして食べたが、これが美味いのなんの・・
横浜の焼売も美味いが、ここのは別格のうまさで、同時に昔のことも思い出させてくれた。

今日も女房はお出かけ、昼は何にするかと訊くので五十番の肉まんと焼売をリクエストした。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13