Home 128935
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


こんな本を 2017- 4-23 Sun
COOLPIX S3500 1/60sec F3.4 ISO800 ±0EV 

阿川弘之著「食味風々録」中公文庫

阿川先生の作品を読んだのは、かって読売に連載された「ぽんこつ」以来だったが、期待に違わず面白かった。

コメの味、ひじき、牛の尾からはじまりさまざまな食い物を取り上げている。それも単に美味かった不味かったではなく、食べ物の歴史や時代の社会的現象にまでペダンチィックに話は及ぶ。

「鰻」の項ではこう書かれている。
「竹葉亭や赤坂の重箱、飯倉の野田岩、日比谷高校の向かいの山の茶屋、こういう老舗の職人が備長の炭で焼きあげたばかりの蒲焼を、熱いうちに食うとやはりありきたりの店のものと格段の味のちがいを感じる」(p52)

僕はここで挙げられている店には全部お伴して行っているが、先生何か忘れていませんかといえば、明神下の「神田川」である。

ここは赤坂の芸者まで呼ぶことが出来て、一番高いのではないだろうか・・・

まあそんなことは別にして久しぶりに息もつかずに読了。病院で透析中に読んだのだが腹が減ってしょうがなかった。お勧めの一冊
軽井沢トンボ帰りと陛下のご真影 2017- 4-22 Sat
COOLPIX S3500 1/15sec F3.4 ISO800 ±0EV 

診てもらっている看護婦さんの御亭主がゴルフを始めたとか・・・
僕は十月に軽井沢に行ったときにゴルフバックを管理人に捨ててもらったが、それでもERCとKATANAのドライバー、それにオヂュッセイのパターだけは記念にとっておいた。

その話を看護婦さんに言ったら「使わないのならそれください」といわれ、五月の連休に取ってくると約束した。

その看護婦さん、それを御亭主に言ったらどうしても「早くほしい」ので軽井沢に取りに言っても良いかと・・・
そこまで言うのならと木曜日、トンボ帰りで軽井沢行

軽井沢では帰りのタクシーもいきのタクシーと同じ運転手さんで、チップをはずんだら、お土産と言って陛下が軽井沢行幸の際の写真をくれた・・・

なんだか知らねえが非常に気分が良かった一日だった・・・

その話を病院まで運んでくれる車の乗務員さんにしたら、「あんた、いい人だねえ」という顔をされた・・・

ヌード 2017- 4-18 Tue
COOLPIX S3500 1/80sec F3.4 ISO800 ±0EV 
絵描きが何故ヌードを描くかすこしはわかったきがする
ヌードを 2017- 4-18 Tue
COOLPIX S3500 1/30sec F3.4 ISO320 ±0EV 
夏の終わりとでも題するか・・・
こんな 2017- 4-15 Sat
COOLPIX S3500 1/25sec F3.4 ISO400 ±0EV 
諸田玲子著「再会 あくじゃれ瓢六捕り物帖」文春文庫

主人公瓢六、天保の大地震により最愛の女房は、いまだ行方不明。自暴自棄の生活をおくっていた。しかしかって長崎で目利きをしていた博覧強記と通詞で培った饒舌、裏社会への人脈、加えて愛嬌と色男ぶりで、いまでは、片腕の利かない同心弥左衛門の相棒として探索に力を尽くしている。時は水野越前の寛政の改革が始まり、水野の手先によって綱紀粛正の嵐が吹き荒れ、柳亭種彦や高島秋帆などが捕まり獄死する。この歴史的事実を背景にして物語はすすんでいく。
しかし、水野と対決する物語が主なのか、市井の捕り物帖が主なのかがよく理解できず、また初めて読む作者なので最初は苦労することとなった。もう一巻このシリーズを購入してあるので次にはもっとちゃんと説明できるようにする
この本のカバーの女性像は瓢六に指示を与える反水野勢力の絶世の美女奈緒の姿であろう。
また脇を固める人物として勝麟太郎、とその父小吉がでてくる。
ヌードを 2017- 4-12 Wed
COOLPIX S3500 1/80sec F3.4 ISO800 ±0EV 
ここのところヌードを描いている・・・
ヌードを 2017- 4- 7 Fri
COOLPIX S3500 1/80sec F3.4 ISO800 ±0EV 
ヌードを描く
小池さん!!!! そろそろ決断しなけりゃあ 2017- 4- 1 Sat

都知事デビュウーからもう何カ月たちます。それまでの貴女のご活躍には目を見張るものがあります。今後も都政大改革、大掃除の活動をつづけていかなければならず、一層のご努力を祈っております。

しかし、小生にとって不満なのは、反射神経の良さから、ほじくり返すだけ穿りかえし、後の収集がないことです。
後は専門委員会がお好きなようで、そこで検討させているのかもしれませんが、その答申か出るまでは投資した金額を回収するに時間がかかりすぎることもあるのではないでしょうか・・・そうなると有効な資産が休眠してしまい、結局は私たちの税金が有効に使われていないことになります。トップとはその決断により責任をとることです。

なにも完璧なものを求めるのではなく、使ってみて運用してみて、駄目だったら貴女好みに改善修正すりゃあ好いじゃあないですか・・・

前任者の手あかのついたものは嫌かもしれませんが、歴史とは前任者の手あかの部分を引きずっていくものなのです。

表現能力の拙さから思っていることの半分も言い表せませんが、今のままだと文句を言うことは上手いが実行力が全くないと言われかねません。
折角のご努力を期待しています・・・



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13