Home 26392
投稿者
件名
メッセージ
画像 5MB Exif
文字色
パスワード
 cookie


380: 熱闘越谷甲子園 双掌 8月21日(月) 19:47
 
俳ソ会員の皆さま

東京では、8月に入って連続21日間降雨があり、40年前の異常気象にならんだと報じられています。

いいかえれば「日照時間が決定的に少ない」という訳で、野菜(とくに葉物)や果実の生育には誠に困った状況で、農家・果樹園の経営者の悲嘆をあおっています。

昨日、孫たちの野球試合があり、観戦にかり出されて、行ってきました。が、現に見つめていると、思いがけないほどしっかりと練習してきたようで、投打のフォームはそれなりに格好がついていました。ある意味では、孫たちも着実に成長していることの証しかもしれませんが…。

本日は、そのうちの一枚をご披露いたします。


379: 里帰り 双掌 8月18日(金) 19:09
 
今回の画像は、過日茨城へのお盆帰省の際の昼食で「全員集合」した際の光景です。

全員で10名(女房殿の実兄=当方と同年齢、その息子夫婦、その子供二人、当方の長女、その子供=双子の兄弟、われら夫婦)の食事の準備は昼食はわが女房殿、夕食はいわゆる小姑(甥っ子の嫁さん)というのが通例で、画像はその昼食風景です。

この準備には前夜の半徹夜の作業が必要で、これが一泊以上となると、疲労困憊するほどの大仕事になります。帰省もほぼ日帰りが定着したのもこういう次第です。

ただ、最近小学校高学年になった孫たちと、往復の車中で始まる言葉遊びは、次第に十分面白いものになり、しばしば、腹の底から笑わせてくれます。その実態は、また回を改めてご紹介します。

来週にはまた残暑が戻ってくるといいます。皆さん、くれぐれもご自愛のほど。
378: 溶岩台地 明陽 8月17日(木) 15:17
 
俳ソの皆さま

久しぶりに夏の太陽にお目にかかりました。
それにしてもあきれるほど雨の日が続きましたね!
おかげで身体は少し楽でしたが。

昨日までは夏季休暇で今日から虎ノ門に来ています。
来週からは金沢で集中講義です。
毎日90分を3コマ、1週間はかなりきついです。

俳ソの皆さまにはお変わりありませんか?
申山さんはいかがお過ごしでしょうか?

もう旧聞に属しますが、
写真はキラウエア火山から流れた溶岩台地と
指さす先がオーシャン・エントリーに立ち上る水蒸気です。

   夏の陽を浴びしはいつであつたやら  明陽

これも【脅威の光景】ではないですか?  双掌 8月18日(金) 17:54
明陽さん

ハワイはキラウエア火山のオーシャン・エントリーの遠景。明陽さんの短パン&野球帽姿も決まってますねぇ。

当方、ここ数年の365連休という生活ですが、なかなか遠出はできていません、昨日から二人の孫の【お泊り】へのアテンド、楽しくも切ない時間を過ごしております。

画像は、いわゆる【フードコート】での昼食光景です。注目は、このナンのサイズです。長辺はおよそ60cmと驚異の寸法です。これをぺろりと平らげる食欲は感嘆のほかありません。

昨今の陽気、通常は「秋の長雨」というようですが、これだけで仲七が占められるのは一句にし難いようです。歳時記から秋湿りというのを拾ってきました。

  【天道の不貞腐れしか秋湿り 双掌】

やはり、8月くらいは「暑い暑い」というセリフで過ごしたいものです。




377: 8月のレッスン 双掌 8月 4日(金) 18:25
 
俳ソ会員の皆さま

いよいよ夏休みのシーズン本番という時期ですが、お元気でお過ごしのことでしょう。

本日は、月例(第一金曜日)の「俳画レッスン」でした。お手本は「カンナ」。当方の習作、果たしてカンナに見えるでしょうか?「サクラソウかしら…?」とおっしゃらないようお願いします。

お手本の賛は

 【雲の峰塵の都に立ちにけり 虚子】

でしたが、あえて駄句に載せ替えてあります。ご笑覧ください。
本日は、他に2種類の習作を描き上げました。こちらも後ほどご披露いたします。

快晴だと猛暑、曇天だと蒸し暑いという、疲れやすい陽気が続きます。くれぐれもご自愛のほど。


376: あちらは布哇、こちらは越谷 双掌 7月21日(金) 20:20
 
俳ソ会員の皆さま

その昔、「言うまいと思えど今日の寒さかな」(You might think Edo
today's some fish)という言葉遊びがあったのを記憶しますが、この数日の猛暑は、言うまいと思えど口にせざるを得ませんね。

で、明陽さんは、優雅にハワイに一週間のバケーション。当方は、近場の公園で炎暑のボール遊び。この落差、感動的なほどですね。

皆さん。熱中症−−昔は「日射病」といっていましたが−−にならぬよう、こまごまと水分補給お忘れなく。
375: KilaueaのOcean Entry 明陽 7月21日(金) 17:06
COOLPIX S3300 1/60sec F6.5 ISO125 ±0EV 
俳ソの皆さま

梅雨明け後も連日の猛暑、たまりませんね!!
少し早い夏休みをとって先週1週間、孫とハワイ島に遊び
願望だったキラウエア火山の溶岩が海に流れ込む
カラパナのオーシャンエントリーを見てきました。
1990年に溶岩が流れ出てカラパナ村の200戸の住宅を押し流し
いまはマグマが地中を通って海に流れ落ちているところです。
かなり遠くから見るしかありませんでしたが
立ち上る水蒸気を染める真っ赤なマグマが感動的でした。
ちょっと大げさに言えば
活きている地球の息吹・鼓動を感じる思いでした。

  トロトロの溶岩流や夏の海  明陽

畏怖と感動  双掌 7月21日(金) 20:09
明陽さん

キラウエア火山の「オーシャン・エントリー」というのは、聞き知ってはいましたが、こういう画像は初見。すごいとしかいえませんね。

当方も、いつか機会があれば…と思います。
374: 御礼とご報告 申山 7月 8日(土) 23:20
   けふの命ありて仰ぐ今年竹   申山
  
   真清水を命たしかめ口に触る  申山

  双掌さん、俳ソの皆さん!

 ご心配をおかけしましたが、申山、7か月の治療・リハビリ生活を終え、病院から「完治」を宣告されて、6月7日に無事退院いたしました。今は、三度のご飯を普通に食べ、負傷前と同様に農作業をおこない、井静さんの近著『日中漂流』に感銘して一日で読了したように、書斎での勉強も続けられているのは、本当に有り難いことです。
 今回の事故と負傷を薬にして「北関東のワンパク」といわれたことのある無謀な生活から卒業できるようにしたいと思います。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

         申山


明陽 7月 9日(日) 08:22
申山さま

ご退院の由、おめでとうございます。
安心いたしました。
ひどいお怪我と聞いていましたので
完治は奇跡的とでも言うべきでしょうか。
後遺症もないようで本当に良かったですね。
申山さんの人並外れた生命力の賜物でしょう。
掲句からは今のお気持ちが強く伝わってきます。
お大事に!!

   出立の朝に大き夏の雲   明陽

   


ご快癒うれしいです  井静 7月13日(木) 07:18
申山さま、輪院さま:

7カ月ぶりの復活、まことにおめでとうございます。なにより輪院さんの献身的な介護のたまものと拝察します。普通の人にはとてもできません。それにしてもご本人も超人的ですね。第二の人生、ご奮闘を祈ります。 7月7日のご講演はうかがえなくて残念でした。



好消息 友の快癒や 紫あじさい 井静


「好消息」はハオシャオシと読んでも、よき知らせと読んでもよし

マブルーク!arabicでおめでとう  荒人 7月16日(日) 11:55
申山さん、輪院さん
ご快癒おめでとうございます。お二人の、治るぞという意思、治すぞという意思、見事に呼応し合って、奇跡的なスピードでの完治を達成されました。驚嘆と敬服、果てには羨望さえ感じさせる事態でした。とはいえ、言葉には出来ぬ、ご苦労があったことと拝察いたします。辛苦了!というのでは軽すぎるいい方になりますが、日本語的に解釈してください。

 葡萄葛(エビカズラ) 瑞木として 実りあれ
373: ご快癒を祝して・・・。 双掌 7月 8日(土) 12:47
 
申山さん・輪院さん

このほどは、申山さんご快癒あって無事ご退院の由、大慶至極です。申山さんの基礎的体力と摂生、輪院さんの愛情と介護の賜物でありましょう。

本日の当方の俳画レッスンのお手本「露草」に駄句を載せた習作をご披露いたし、ご快癒祝いのご挨拶とさせていただきました。


井静さんもいっておられるように遠からずご快癒記念句会を開催できれば最高ですね。

以上、まずは祝意表明まで。

372: 庭いじり進行中 双掌 7月 5日(水) 19:29
 
俳ソ会員の皆さま

今回の画像は、庭いじりの最大の難所で、クレストと玉ツゲ(計10本)の抜き取り作業の様子です。

枝葉の広がりはおよそ60cm程度でしたが、根っこもご覧の通り広がりも深さも60cmほどあり、1本処理するのに優に1時間ほどかかりました。おりしも気温30℃超えで、熱中症対策として水をがぶがぶと補給しながらの作業でした。

少なからぬ通りがかりの方々から「大変ですねぇ…」などと慰めの声をかけられました。



 

庭いじり完了の図  双掌 7月 5日(水) 19:57
これが完了時の様子です。

「ウィチタ・ブルー」という品種のクレストと背の低い方がアイビーの一種でしょうか。高低の植栽を交互に配して黒柳家お気に入りの「整然たる佇まい」を心がけました。

本当ならこの日の夕餉には「ご苦労様麦酒」と行きたかったんですけどねぇ…。いまやインシュリン注射のお世話になっている身としては我慢せざるを得ません(かなぁ…?)

ではまた近いうちにお目にかかります。

黒柳家の整然たるたたずまいとはいかなるものでしょう  井静 7月 7日(金) 11:26
双掌さま:

30度を超える熱暑の中を庭の造型とは。心から敬服致します。当方、昨日近くの植木屋さんに植木の剪定、草の刈り取りをお願いしました。とても自分でやる元気はありません。それにしても、白樫2本が病気になりました。はかび病というのだそうです。ダコニールという殺菌剤を噴霧すればよろしい、というご託宣でした。homeCenterにでも行ってきましょう。また紫木蓮が前は15輪近くの花をつけたのですが、ここ数年2〜3輪しか咲きません。高齢化のためだ、ということです。代わりに梅の木をお願いしました。

東京は永田町を除き災害を逃れていますが、九州は大変ですね。家をつぶされて避難所に集まるお年寄りの姿をTVニュースで見ると、この後が大変だろうなあ、とため息が出ます。永田町の災害は永田町で止めなければ。

申山さんのご快癒、大変おめでとうございます。いつか、記念すべき快気祝いをしたいものですね。すばらしい生命力です。陽子さんもお疲れさまでした。

今夏は猛暑だとの予報です。予報ははずれる、と確信していますが、もし万一当たったら大変。つい1週間ほど前、ルーマニアはブカレストで44度だった、と新聞は伝えています。みなさん、どうぞお大事にお過ごし下さい。井静
371: 朗報 みほ女 7月 1日(土) 21:49
俳ソの皆さま、

ご無沙汰しております。
皆さま、お元気ですか。
私は俳句から縁遠い生活に埋没していて、お恥ずかしい次第です。

昨秋から闘病しておられた我らが同人、申山さんが、先月退院なさったそうです。

救急救命室では危険な状態だったのに、さまざまな困難を乗り越えて、驚異的な回復力で生還を果たされたとのこと。
本当におめでとうございます。

またいつか、お元気になった申山さんと百人力の輪院さんにお会いできることを楽しみにしています。

   生還の報にあじさい綻びぬ   みほ


申山さん・輪院さんよかったですね !!!  双掌 7月 4日(火) 20:48
みほ女さま

申山さんのご退院という朗報を有難うございました。申山さんの生命力のたまものでもありましょうが、その闘病を懸命に支えてこられた輪院さんもさぞかしご安堵されたことでしょう。

当方、現在(遅まきながら)司馬遼太郎『龍馬がゆく(四)』を読み進んでいますが、申山さんにはどことなく坂本龍馬の逞しさに通じるものをお持ちのように思われるのは誤解でしょうか?

申山さんほどではありませんが、当方、この一週間ほど猛暑の中を庭いじりに精出しました。この後、使用前・使用後風の画像をご披露しますので、そのしんどさの一端をご理解いただけると思います。

 


370: 紫陽花 双掌 6月22日(木) 19:42
 
俳ソ会員の皆さま

世の中、次々とスキャンダルが噴出する昨今の状況には日本社会の劣化という感慨を禁じ得ませんね。

安倍一強にも(森友疑惑と加計学園問題の泥沼化で)ようやく陰りが射す一方、小池旋風にも(豊洲・築地問題の処理不安で)終わりのはじめの気配が見えてきたようです

他方、お天道さまのご機嫌も定まらず、梅雨入り宣言の空振り状況が続き、体調管理さえ乱されます。皆さま、存分にご自愛くださるよう、願いあげます。

今回は、自宅周りの紫陽花の様子です。花言葉は、色によって各種の花言葉があるようです。移り気とか謙虚とか。こうした花言葉なにを信じればいいのでしょうね


明陽 6月29日(木) 15:13
双掌さま
俳ソの皆さま

紫陽花が一生懸命咲いています。
“アジサイの小径”と称する我が家前公園の今朝の様子です。

  孤高よし群れてなおよし七変化  明陽

  紫陽花や枯れても容姿凛として
369: 嗚呼晴 5月30日(火) 14:38
COOLPIX S3700 1/25sec F3.7 ISO80 ±0EV 

明陽 5月30日(火) 21:31
おいしそう!!

羨ましいこと。  双掌 6月 2日(金) 20:13
嗚呼晴さん

三方五湖素晴らしそうな場所ですねぇ。舟盛りも美味しそう。羨ましい限りです。

今年の夏休みか秋口にでも、久しぶりに俳ソ句会での吟行など催してみたいですね。それこそ三方五湖を吟行地にして...。

さて、当方は代わり映えしないところで、本日が俳画レッスンの日。お手本は「青梅」でした。当方の習作では、梅ならぬ桃に見えるのは悲しいですが...。

  【無為楽し薄暑の夕べ妻とあり 双掌】

この駄句、照れくさくて女房殿には見せられません。これ、日本男子の悲しい性というものでしょうか?

以上、気弱な提案を含めつつの近況報告でした。


次回のお尋ねの際には、画像もご一緒にどうぞ・・・


1 2 3 4 5 6 7 8 9