65250
惨敗。 とき@店主@実家なう 2017年 9月17日(日) 00:45
今日は3連休の初日だし、湘南新宿ラインも混んでるかな〜?大宮辺りまで座れなかったりするのかな〜?
って思ったら、あっさり恵比寿で座れてしまい、
「よし!頑張ってレポ書くぜ!上げるぜ!!」
と決意新たにスマホを打ち始めて、新宿で意識がなくなりました。

早すぎやろ。
10行ちょっとしか書けてないやろ。(惨敗)

ほんっとに電車に揺られると自動的に瞼が閉じるシステムをどうにかしてほしい。
て、そんなのは自分の努力次第ですよねホントすみませんっっ!!!!
また狼少年になってしまった〜〜〜(´Д` )

いやでもほんとに、like a stardustバンドVerからのコンドヤマカジの余韻が凄すぎて、
あの楽しかった時間に気持ちがトリップしそうになる。
このまま北海道に飛んだらマジで現実世界に戻れなくなりそうだから、
やっぱり今回の遠征は諦めて正解だったんだと思うようにしてたのに、
gopのシンさんの「今日からパキスタンカレーのラムコルマを始めるぜ!」ってインスタツイートを見て激しく動揺。
しかも、12月のアタマにマレーシアに食材調達の旅に出られるらしく、
もしかしてコメコーンツアーでgopに行けないのか?!という可能性が…(・・;)

これは贅の極みを尽くすべきだったのかもしれない。
そんな気がして仕方ありません。
gopでラムコルマ食べて、GHEEEツアー初日に参加して、
近藤さんのサイン入りCDウォークマンとオーディオテクニカのヘッドフォンで、「CINQ」を世界最速で初聴きすべきだったんじゃないの?
と、今さら気づいても、もう遅い。

てゆか、先行発売から全国リリースまで2ヶ月って、
やっぱり間が空きすぎだと思うんですけど〜〜〜〜〜ぅ!!!!

どこかに裏ルートはありませんかね?(割と真剣w)

つか、ほんとに頑張って北海道行けばよかったなあ。
今頃近藤さんはジンギスカンに赤ワインを楽しまれておられるのでしょうかねぇ。
なんか、いろんな意味で惨敗な気分。ううっ(;_;)
今宵も最高すぎたっっ!!!! とき@店主 2017年 9月16日(土) 04:19
コンドヤマカジ@高円寺showboat終了。
ステージが終わっていちばんに思ったことは、

「コンドヤマカジのワンマンが観たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいっっ!!!!」

もう、ほんっっっっっっっっっとうにカッコよすぎる。
つーか、コンドヤマカジの近藤さんがカッコよすぎる。
前にも書いたけれど、あたしはやっぱりヤマジさんと一緒にステージに立つ近藤さんが好きだ。
ヤマジさんと一緒の時に開く扉があるの。
その扉から見える近藤さんの世界が、あたしは大好きなの。
今宵もそれを再度痛感。これでもかと痛感。真剣に土下座レベルで痛感。

だって、人差し指と中指でハープを挟んで、マイクスタンドに手をかける瞬間の仕草とかさ、
誰がやっても様になるようなモンじゃないっスよ?
もう、あまりにもカッチョよすぎて、鼻○出して失神するかと思ったっちゅーのっっっ!!!!←そこ?
いやいや、今日壊れかけの小森くん(て、いつも略称これでいいのかと迷う..^^;)もツイートしてたけど、
あたしも完全同意なんだけど、近藤さんは正真正銘の“ロックスター”だと思うのです。
そういう人にしか纏うことができない“華”が絶対にあるのです。
その小森くんの一連のツイートに、フジロックのPEALOUTの映像がリンクされてたから、
お昼休みに、ついそのまま見入ってしまったんだけど、
今日、目の前にいる近藤さんを見上げながら、その当時には残念ながら間に合わなかったけれど、
改めて、今も変わらずにこうして目の前にいてくれることに感謝したよね。
そのフジロックのステージと、今日のshowboatのステージが、
一瞬繋がったような気がしたから。


・・と、ここから今宵のコンドヤマカジレポをガッツリといきたいところですが、
一昨日の唐八景のお父さんとの約束を果たすべく、今夜もライヴ後に某Aさんと唐八景に行き、
皿うどん(細&太麺)にチャレンジして、なぜか常連さんにコーラをご馳走になり、
そしてなぜかそのまま閉店のお手伝いをし、
お父さんは特製のミルクコーヒーをまたもやサービスで淹れてくれて、
気が付けば終電の時間でございました。とほほ(+_+)
明日はお昼までに宇都宮に着かないといけないので、っていうか、
やっぱり今朝、あやうく完全に寝坊するところだったので(よくあの時間で早出間に合ったわあたしwww)
ほんっっっっとうに書きたいことは山盛りにあるんだけど、
今夜はグッと堪えて、明日宇都宮までの車中で頑張れるだけ頑張ってみたいと思いまうすー!!うすー!!

・・まあ、寝落ちなければですが。(またかw)

いやでも、これだけは書いておこうかな。
あたし的に今夜のいちばんは「5月31日のブルーズ」。
これも中途半端に書きたくないけど、、初めて弾き語り以外のスタイルでこの曲を聴いた。
KAZIさんの端正なリムショットの音色に「もしかしてこれはまた新しい扉が開く???」
と、未知なる予感に胸が震えた。
これはまた絶対に聴きたい。

そしてやっぱ今回も最っっっ高にアガったのは、ちゅうぶらんこの「まほうのじゅうたん」!!
もう、ヤマジさんはヤリタイ放題。近藤さんはヤラレ放題。(笑)
その様が見てて楽しくて楽しくてニヤニヤがずっと止まらない!!!!(笑笑笑)
これぞライヴ。これぞ生きている音楽だと思うよね。
腕がなければお互いに振れないし、何も生み出すことはできないのだもの。
そんなハイレベルのステージをみせてもらっていること。
これぞファン冥利につきますです。はい。

しかし、ハーピストな近藤さんは、ほんっとにズルイと思う。
なーんであんなにカッコイイの?
いつもならステージ前でカメラマンにウロウロされるの嫌いなんだけど
すいません。この時ばかりは「近藤さん撮ってもらっていいですか?」って
お願いしようかと思った。(おい)

でも、そのぐらい絵になってたってことですYO!!
つーか、誰か動画撮ってないかな。。。(真剣)


だんだん書いてることがおかしくなってまいりました。(いつも?)
もう朝が来るから、ほんとにここまでにしないとね。
まだまだ書きたいこと、ほんっっっっとうにたくさんあるけどNE!!



そして近藤さんは明日から北海道ですね。
そしてそして、明日から「CINQ」も先行発売開始ですね。
例の如く、大切な音源は自分なりの大切な聴き方を守りたいので、
11月8日(フラゲできるならば11月7日)を、私はひたすら待ち続けるしかございません。
もちろんそれまでは試聴も致しません。
大切な作品だから、自分にとってできる限りのことをする。
自己満足以外のナニモノでもないけど、それがすべてと思うから。


・・・・ホントは一日も早くぜんぶ聴きたいけどねぇぇぇぇぇ!!!!!(大号悲泣)


素敵なリリースツアーの幕開けとなりますように。
美味しいお酒と寿司とジンギスカンを、たーんと召し上がれますように。(笑)
いってらっしゃいませっ☆('◇')ゞ
さすがに とき@店主 2017年 9月14日(木) 23:35
3時間睡眠からの労働は、なかなかに、なかなかでございました。
あわやデスクのPCにアタマから突っ込みそうになるのをどうにかせんとイカンと、
目醒ましの為に致し方なく、そう、致し方なくクリックした近藤さんのHP。
もう明日はコンドヤマカジだから、今日WORD更新するかなと思って見てみたら、
なんとすでに更新済み!!一気に覚醒!!(笑)

コッソリとUPされたWORDを読んで、

   「だから近藤さんが大好きだーーーーーーーーーーっっっ!!!!!」

と、思わず事務所の中心で愛を叫びそうになりました。
さすがに叫べなかったけど。(無念)

やっぱり近藤さんは凄い。
だから近藤さんの音楽は最高なんだ。
信じられるんだ。

なので、今夜は日誌で愛を叫んで、
明日のために早く就寝することに致しまする。
明日も1時間早出出勤ですからね!!
寝坊なんかしちゃったら、それこそ一大事ですからね!!!!

ほんとは、レポも書きたいですけどね。
もちろん「泡の歌」の新アレンジのことだって、
ちゃんと書きたいからこそ触ってないワケですからね。
はー。ほんっとに時間が欲しい〜!!!!!!

けど、今日は寝る。
明日も全力で受け取る。
がむばる。

おやすみなさいまし<(_ _)>
終わっちゃった(T_T) とき@店主 2017年 9月14日(木) 03:03
この日の企画を教えてもらった日から、
もう、ほんとうにずっとずっとずっと楽しみにしてた。
教えてもらった日は「(バンディッツとマドラスの)ツーマンで!!」を連呼した記憶もあるけれど(笑)
LLPとマドラスとバンディッツが作り上げた夜は最高だった。
最高の最高で最高すぎる夜だった。
きっと今宵の高円寺HIGHが、世界でいちばん幸せな場所だったと、あたしはそう信じてる。
だって、こんな贅沢で素敵な夜がいったい他にどこにあるというの?
あったら教えてほしいわ。
いや、絶対にないっ!!!!!(断言‼)

もうね、LLPが終わった時点で、某Aさんと
「今夜が終わっちゃったらどうしよう?」って
完全に不毛な会話を真剣にずーっと繰り返してた。(笑)
過ぎてゆく時間がこんなに愛しく感じられる夜もそうそうないよね。

とりあえず今思うことは、
なんで明日は休みじゃないの?
このままずっと朝まで素晴らしき余韻に浸っていたいじゃないか。
レポだってガッツリ書きたいじゃないか。
だって明後日はコンドヤマカジだしっっ!!!!
これまた最高すぎる夜になることは間違いないんだしっ!!!!
また宿題が雪だるまになってしまうじゃないか〜〜〜っっ!!!!!

・・・なんてこと書いてないで、さっさと感想文書けばいいのよね^^;

いやでも、これはガッツリと書きたいなあ〜。
だって半年ぶりのバンディッツですよ?
しかも、ライブハウスでバンディッツですよ?
てか、普通に考えればいつものほぼ生音で、パブ的ライヴの方がアリエナイぐらい贅沢なんだと思うけれど、
こうしてライヴハウスの大音量で、広いステージで、
ガッツリとバンディッツのステージを観て、思いっきり踊ることができること。
それもこの上ない贅沢だことだなあ。と思ったな。
っつーか、マドラス終わって、このままバンディッツ観たら、
幸せすぎて死んじゃうんじゃないかと心配になったよね。真剣に。

・・・まあ、近藤さんの鍵盤が右サイドだったことだけが、本日唯一の誤算であり、
唯一の悲しい出来事でございましたが。。。(号泣)

でも、ほんっっっとに楽しかった。
やっぱりバンディッツは、どこまでも果てしなくカッコイイバンドだと思いましたよ。
もう、HIGHのスピーカーでSE「Mother We Just Can't Get Enough」が大音量で鳴り響いた瞬間に
心臓が破裂しそうになってしまったもの!!
あの何とも形容しがたい高揚感、ほんっとに言葉じゃ言い表せないわ・・・(感涙)

って、やっぱりちゃんとレポ書きたいな〜〜〜。
中途半端に書きたくないな〜〜〜。
この週末は実家に帰らねばなので、週末UPは難しいかもしれないけど、
これも福岡までには絶対に上げる。上げてみせますとも。えぇ。えぇ。

乞う、ご期待。
(と、己にプレッシャーをかけてみる!笑)


近藤さんは、今宵はちゃんとお家に帰れたかなあ。
お客さんも、コメちゃんとか佐山さんとか河合監督とかアンドモアな方々が大集結されてたし、
打ち上げもきっと凄いコトになってるんじゃないかと想像するんだけど、
また俺たちの時みたいに、朝起きたら何故かジーンズや眼鏡や靴下やアイスの棒が・・・
って、お家に帰れてたらそれでいいのか。
忘れ物さえしてなかったら!(笑)


そう。某Aさんと、気になってた唐八景でちゃんぽん食べた帰り道、
(ほんとに美味しかった!!お父さんも最高だった!!笑)
電車の中でとりあえずツイッターに「最高の最高で最高すぎた!」と吠えた後(笑)
TLをチェックしてたら、流れてきたコメちゃんのツイートにちょっと涙目になってしまった。

ん。やっぱり今夜は最高の夜だったよね。
本当に全てが最高の夜だった。
そしてコメちゃんも最高だと思った。
絶対にご本人には言えないけども!!(笑)

近藤さんの周りには、ホント素敵な人達ばっかりだ。
今夜もその繋がりの端っこにいられたこと。
とっても有難いことだなあって思う。

やっぱり今宵も最後は近藤さんに心から感謝なんだな。
いつもおんなじ締めで申し訳ない気もするけれど(笑)
いつもそう思えることは、幸せなことだなってほんっとにそう思うのでヨシとする!!(笑)(笑)


・・・ほんっとにほんっとに寝たくないし仕事行きたくないわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!(落涙)
“like a stardust” -Sept.- @セミコロン幡ヶ谷 とき@店主 2017年 9月13日(水) 15:32
昨日こそは「レポ書くぞ!」という気合いは満タンだったのに、
仕事終わってウチ帰ったらば23時過ぎ。

なんでやねん。

いや、それもこれも今日の休みを確保するためだったのだけど、
まあ、仕事も遅かったんだけど、ちょっといろいろあって、
その後で会社の人達と少々話し込んでしまったせいもあったのだけど、
まー、やっぱり夏休みの宿題はギリまで持ち越すタイプですわ。えぇ。(威張ることではない)

でも、今朝ゴミを出しに外に出たらめっちゃイイ天気で、
風も湿気なく爽やかで、そのままお散歩に出たいぐらいだったけど
出ちゃうとまた宿題できなくなるから戻ってきたけど(笑)
部屋の窓を全開にして、こうしてレポ書きするのもまた心地よし。
あ、そっか。だからずっと今日までレポ書かせてもらえなかったんだなあ。(それも違うよー)

なんてことはどうでもいいですね。
タイムアップまで、行けるとこまで行ってみまうすー!!


てことで。


もうすっかりと10日が過ぎ去ってしまいましたが、
今月のlike a stardustは久しぶりの幡ヶ谷セミコロンにて、
スキップカウズからイマヤスさん、エンドウさんのユニット「毒りんご」をゲストに迎えての3マン。
この日はセミコロンに入る前に、はしやでパスタも食べたいと思って、
余裕を見て出たはずなのに、やっぱり京王線トラップに引っ掛かり若干のタイムロス。
つーか、なんで京王線てあんなに分かりにくいの?
すんなり幡ヶ谷まで行けたタメシがない。
ていうのは、あたしの記憶力がなさすぎか。

それでもなんとかウニとタラコのスパゲティを食べて
(幡ヶ谷の駅を出て、一瞬、桂花のラーメンにも心動いたけれどw)
セミコロンへ向かう。

そう。この日のワタクシの整理番号は2番。
後にやってきた整理番号1番は某Aさん。(笑)

いつも近藤さんのライヴでオープン前に並ぼうとすると、
あたしが1番、某Aさんが2番、またはその逆。ってことが多くて、
もう何年もずっとそんな感じだったのに、話す機会がずっとなくて、
ていうか、お互いライヴは1人なスタンスだからこそ、そこはやっぱり慎重になる。
たぶん、守りたいものは、大切にしたいことは、一緒だと思うから。

だから、ふとした切っ掛けで話すようになれば
そこからはもう、ビックリするぐらい早い。(笑)
直接話はしなくても、もう何年もお互いを認識してるワケだから
何の心配もいらないもんね。
(ライブハウスはある意味魑魅魍魎でいっぱいですから)

その数年間の話をしようと思ったら、1時間や2時間じゃ足りないワケですよ。
俺たち@風知の後で、近藤さんたちが2次会終わって風知に帰ってきても
まだまだ飲みの最中だったワケですよ。
・・・っつーか、黒水さんが後ろにいたことにぜんっぜん気がついてなくて、
めっちゃ近藤さんとか橋本さんの話をしてただけに、すごい心配。(滝汗)
いや、聞かれてマズイ話をした記憶はないけれど(どういう意味だ)
記憶にないだけで、めっちゃおバカな話をしてたらどうしよう。
いやいや、そんな話はしてないハズ。と、、、、思いたい。(泣)

閑話休題。


セミコロンへ入って、某Aさんもワタクシも無事に自分的べスポジGET。
ライヴ当日の日誌にも書いたけど、ていうか、
ライヴ前日の日誌に書いた不安が的中することになるんだけど(笑)
やっぱり、近藤さんのライヴはこの場所から観たいからしょうがない。

トップは橋本さんのステージ。
この日、近藤さんはアコギ&エレキ態勢だったので、
橋本さんのサポートもアコギ&エレキで。
過去にアコギ&ピアノはあったけど、これはお初でテンションもアガル。
そしてやっぱり、エレキの「ルーザー」がむちゃくちゃ良かった!!圧倒的に良かった!!!!
そう、その後の「デイドリーマー」でもそう思ったんだけど、
橋本さんの声とメロディには、エレキの音色がすごく似合うなあと思ったな。
以前からピアノはバッチリだなとは思ってたけど、エレキも良かった。
と、書いたところでふと思う。
ピアノとエレキって、作る音世界にどこか共通な匂いがあるような気がする。
個人的にはすごく好きな楽器の組み合わせなんだけど、
ほんと、近藤さんもWORDに書かれておられたけれど、
橋本さんのサポートもアコギとエレキとピアノで聴けたらすごく楽しいと思う。

それと、これも書いてて気が付いたパート2。
1曲目の「スタンド」アコギ生音バージョン(想定外w)も、
あたしは、あれはあれでアリだなー。って思ったんですよね。
もちろんスピーカーから出てないのはすぐ分かったけど(笑)
近藤さんのアコギの生音の音色と橋本さんの声とのバランスが
あたし的には、すごく合っているように聴こえた。
っていうのは、あたしが近藤さんの真正面にいたせいもあると思うけど、
橋本さんの声も決して太い声じゃないし、どこか繊細さを感じるので(当社比)
アコギも生音がピタっと来たのかなあ。
まあ、やっぱり座る位置限定なんだろうけれど。(笑)


そして2番手は、毒りんご。
橋本さんとはもうチューインガムのデビュー前からの旧知の仲ということで、
ネタはこれでもかとテンコ盛り。
もう、歌はいつ唄うんだろう?
てゆか、今日は唄う気はないのかしら?
と、若干心配になるぐらい、イマヤスさんのトークは冴えに冴え渡る。
(たぶん、予定より相当時間オーバーしてたような気もするけれどwww)
そんな爆笑トークをエンドレスで繰り広げながらも、
イマヤスさん、やっぱイイ声してんなー。
エンドウさん、めちゃくちゃギター上手いなー。
って、いろいろ思った記憶はあるんだけど、
そのすべてが「痛風ララバイ」で掻き消されてしまいました。

やっぱキタかー(´Д`)

でも、イマヤスさんってほんっとに頭の良い人なんだなあ。
まあ、じゃないとあんなにお客さんイジリもできないよね。
世の中、良いリアクション取れる人ばっかりじゃないもの、
それをちゃんと拾ってエンターテイメントとして着地させなきゃいけないんだから、
まあ、自分が餌食になってホンっトにそう思ったけど(笑)
イマヤスさんのその手腕はハンパないなと。
あたし的にその最高峰は晃士さんだったんだけど、
イマヤスさんも登録させて頂きました。

でも、あたしは落ち着いて、ちゃんと音楽を聴けるライヴがいいです。(笑)


そしてトリは近藤さん。
もう、本当に落ち着く。落ち着く。
あたしはやっぱり近藤さんのライヴが好きだなー。って、
ホント心の底の底からそう思いましたですよ。

やっぱり近藤さんはバランスの人。(これも当社比)
でも、自分の演りたいことを演りつつの、その感覚の匙加減って、
イチバン難しいことじゃないかと思っているので(それも当社比)
近藤さんがやっぱりやっぱりイチバン凄い人と思うのです。
これはもう、絶対的に揺るぎない。

てことで、この日のセトリ。

<like a stardust -Sept.- 近藤智洋ソロ>
1. GO!
2. 草原
3. ひとりぼっちのメロディ <※E.Guitar>
4. 沈黙の足音 <※E.Guitar>
5. 理解者 <※E.Guitar>
6. スーツケースと泥だらけのブーツ
7. 日々のうた


「毒リンゴの後で演りづらい。どうしようかね。」
「でも、普通にやります。」

と、アコギしっとりバージョンの「GO!」でバッサリと切り込んでくる。
あっという間にセミコロンは近藤さんの色に染まる。
こーいう近藤さんがあたしは大好きだなー。と、しみじみ思う。
そして続くのは「草原」なんだもの、これまた意表を突かれた展開にテンションも心拍数もアガル。
そう、leteのワンマンで久しぶりに聴かせてもらった曲もカバー、オリジナル含めて色々とあって、
やっぱワンマンは特別だよなあと思って、
だからこそ、東京だってちゃんとワンマン2daysとかもやってほしいと思うワケなんだけど、
・・って書き始めるとまた未熟者が顔を出すからやめるけども(笑)
時間が限られたイベントでも、そういう曲を聴かせてもらえるのは凄く嬉しい。
ライヴは唄いたい歌を唄いたい近藤さんのスタンスはよーく理解しているつもりではあるので(笑)
その近藤さんの「唄いたい」気持ちが、そういう方向へ向いてくれるのは、
ファンとしてはホントに有難いばっかりでございます。
だって、聴きたい近藤さんの曲、いっぱいあるもの。
絶えず変化を続ける近藤さんの「その時」のいろんな唄が聴きたいんだもの。
はい。ファンとは貪欲でございます。(笑)

そしてここで楽器をアコギからエレキにチェンジして
これぞエレキ王道と思う「ひとりぼっちのメロディ」から「沈黙の足音」。
エレキでこの並びで聴くのも久しぶりな感じがしたけど、
あたしは好きだなー。この並びでエレキで聴かせて貰えるの、なんかすごく嬉しいんだなー。
近藤さんのライヴに行き始めた頃にできた曲っていうのもあると思うんだけど、
これも、その時その時の近藤さんが表現し続けてきた曲と思うし、
特にエレキ弾き語りに於いては、この2曲は近藤さんの音楽世界の一面を象徴する曲なんじゃないかと思う。
近藤さんが日々磨きをかけて、どんどん精度を増して、大きくなってきた曲と思う。
特に「沈黙の足音」は、この日も素晴らしかったなあ。
て、ここ最近の「沈黙の足音」はいつも素晴らしいと思うんだけど、
この曲もやっぱりいろんな意味でのバランスが見事。
歌も演奏も聴き応え見応えたっぷり。
いつもちょっと自分的に前のめり気味になってしまう曲ではある。(笑)

そしてそして、この日も「理解者」をエレキで聴けて満足。
そうだ。橋本さんの感想のところで書いたピアノとエレキの親和性、
この曲にも、もしかして当てはまるんじゃないかなあ。
・・って書くと、なんかアコギは?ってことになりそうかな。(笑)
でも、それはきっと曲の持つ顔によるんだろうな。
あたし的には、この曲の顔にはエレキとピアノの色が似合うなあ。って思う。
でも、そのエレキとピアノを纏う顔も、またそれぞれ違う魅力があるのが面白い。
ん。近藤さんの曲は一粒で何度でも美味しいっていう良い事例のような気がする。

そう。何度でも美味しいから、「理解者」もこの先どんな顔をみせてくれるのか、
そこが想像つかないのが、また近藤さんのライヴの面白いところ。
きっとこのままじゃないんだろうな。と、うっすら思いながら
でも今は今の「理解者」がすごく素敵だなと思うから、
あたしは近藤さんが届けてくれる音楽を、しっかりと受け取ることに全力を注ぐ。
来たるその日のために。ちゃんと反応できるように。

て、ほんっとに書くことがオタクだな〜。今更だけど〜。(笑)


ここまで完全に近藤さんの音楽世界の海の底で、
じっと近藤さんの声と音に耳を傾けていたけれど、
ここで「ジャカジャカといきますか!!」と、「スーツケースと泥だらけのブーツ」。
案の定、浮上が遅れる。
「ああ、クラップしなくちゃ!!」って思ったんだけど、身体が動きやしない。(泣笑)

でもたぶん、これはあたしだけじゃなくって、
あの場所にいたお客さんみんなそうだったんじゃないかと思うけど
もう、飲みこまれちゃってるから、そう簡単に出てこれないっスよ。
こんだけ近藤さんのライヴ観てるあたしだってそうなんだから、
ジャカジャカと言われてもクラップしていいもんかどうなのか、
はじめの一拍(一叩?)はめっちゃ勇気いると思う。
一般人なので、誰もついてこなかったらば、ほんっとツライですから。
(東京は特に)

なので、こういう時は雨色みたいにちょっと先導してもらえるといいなと思う。
曲前のMCで"よかったら手拍子でも”とか入れてもらえると、
こっちも叩きやすいし、知らない人でも安心して叩けると思う。
なんとなく、地方のライヴだと、そのあたりはほぼ問題ない気がするけど
東京はやっぱりちょっと、、、あるよね。(苦笑)
なかなかに、難しい。

そして最後は「日々のうた」で近藤さんのステージは終了。
いつもながらの感想しか書けないけれど、
この曲で終わる近藤さんのステージが、唄が、大好きだなと、
その幸せをじんわりと噛みしめるのである。
これはもうルーティンワークと言っていいようなレベルなので(笑)
毎回同じこと書きます。あいすません。(笑)(笑)



”like a stardust”お楽しみのセッションは、それぞれの曲を1曲ずつカバー。
に、入る前に、チューインガム時代の橋本さんの話(主に北海道ネタwww)や
当時の下北屋根裏やエンドウさんネタ等、等、等、またもやイマヤスさん爆笑トークが大炸裂。
これまた歌は唄うんだろうか?と、毒りんごステージに続いて心配になったけれど(笑)
そこはプロフェッショナルな皆様なので、その爆笑トークから流れるように(?)セッションステージへ。
スキップカウズは、橋本さんと一緒ということで出会った頃の曲をと、デビュー曲の「赤い手」。

そう、その爆笑トークの中で「声がハスキーだと高い声が高く聴こえない」っていう話をされていて
そんなもんなのかー。と思ったけど、こうして3人でひとつの曲を聴くと、その原理がすごい解って面白かった!!(そこか)
いやいや、本当に「声」って面白いなって、なんかちょっと感動してしまいました。
ほんっとに、この夜こそ、三者三様の声でしたもんね。

そして橋本さんは、やっぱりデビュー時のお話から「1stアルバムの曲を」と言ったところで、
アタクシめっちゃ目が輝く。
いやだって、その前に出てきたお話が「あの娘をつかまえて」だったから、これは聴けちゃうのか?!
・・って、一瞬期待してしまったよねぇ。(笑)
すっごい好きなんだけどなー。いや、「きらきら」も好きなんだけど、
つか、近藤さんとエンドウさんのアコギアンサンブルが見事すぎてグゥの音も出なかったけど、
ライヴで今の橋本さんが唄う「あの娘をつかまえて」も聴いてみたいんだよなあ。
いいと思うんだけどなあ。やっぱダメかなあ。
まあ、今度直談判してみよう。(笑)

・・・つか、「きらきら」の大サビ(♪ねえ ダーリン〜)を近藤さんのボーカルで聴けたのはめちゃ萌えたけど(*ノノ)←放置で。


ラスト、近藤さんの曲はそりゃやっぱりこれでしょう!!
「Everyday & Every night」!!

やっぱりこの夜も、この曲の持つエバーグリーンな魔法の力にグッとくる。
こんな(色んな意味で・笑)モノ凄い夜の最後を、こんなにあったかく包み込むことができる曲が他にあるだろうか。
ステージの上も下も、アーティストもお客さんも、みーんながひとつになれる曲。
なんというか、「歌」という記念写真を撮ってるような気持ちになる。
って、まったく上手いコト言えてる気はしないけれども(無念)
こういう夜だからこそ、なんか、そんなことをすっごく感じたな。
本当にこんな夜が毎日毎晩・・・あったら大変かもしれないけれど(笑)(笑)
こんな夜を過ごさせてもらえてること。
やっぱり最後に思うことは、心からの感謝なんだなあ。
ダブルアンコールの「デイ・ドリーム・ビリーバー」を聴きながら、
更に、そんな想いに胸を熱くしておりました。

またこの3組でlike a stardustを観たいけれど、
座るポジションはちょっと考えよう。

・・・でも、洗礼は基本的に一度きりのような気もするよね。

と信じて、やっぱりいつものマイべスポジをGETしよう。(笑)



てことで!!

タイムアップギリギリでとりあえずゴール!!
毎度誤字脱字駄文乱文と思いますが、読み直さずにアーップ!!
今日は待ちに待ちに待ちに待って待ち続けたバンディッツとマドラスとLLPのlike a stardustバンドバージョーーーン!!でございますから
福岡帰りにそのままHIGH直行してチケットも整理番号1をGETしたのでございますから、
絶対に遅刻なんて許されませんっっ!!!!!
そのために、昨日は残業も頑張ったんだしっ!!!!!!!

これより準備を整えて、高円寺へ向かいます。
楽しみじゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!!


(はー。宿題終わって良かった。。。笑)
なんとかなった。。。 とき@店主 2017年 9月10日(日) 23:16
大晦日三叉路のチケットも先頭チケットを無事ゲット。
下北ついでに高橋さんの生誕祭チケットもしっかり確保。
(12/4は函館だから通しチケット予約できなかった。。)
そしてトイレの修理も先ほど無事終了。
今朝は一体どうなることかと思ったけど、
っていうか、ある意味トイレが壊れてくれたから当日申請で午後有休も取れたんだけど
(ホントは前日までの申請&承認が必要)
とりあえず本日のミッション、無事にクリア致しました。
なんとかなった。
ほんとに良かった。(落涙)

てか、修理に来るのが19時半過ぎって言われたから、
ホントは午後休取る必要はなかったんですけどね。えへへ。

やっぱり音楽の神様はワタクシの味方であーる!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

・・・て、イイ気になって見捨てられたら困るから(笑)
本日も心から感謝( ̄人 ̄)


セミコロンの感想文も書かなきゃと思って、
とりあえず日誌は開いてみるものの、
いざ文章を書こうとすると、未熟者の自分が顔を出す。
書いたら間違いなく自己嫌悪に陥ることを、また書きそうになってしまう。
そんな自分のダメさ加減に、やむなくPC強制終了。
気が付けば、あっという間にまた1週間が過ぎておりました。

だけど、今日は神様が救いの手を差し伸べてくれたから、ちょっと復活。
13日はガッツリと休みを取る予定だし、まだチャンスは残ってる。
なかなかオトナになれなくて(充分すぎるほど年だけは取ってますけど〜)
自分でも情けないと思うんだけど、アタマでは理解してるから大丈夫。
ギリでも感想文UPする!!

・・・やっぱり夏休みの宿題は最後までとっておくタイプなんだなあ(苦笑)
悩んどくべきだった(笑) とき@店主 2017年 9月 4日(月) 01:51
どんなスタイルでも、イマヤスさんのライヴに例外はない。ってことなのね。
完全理解。
つか、アドリブめっちゃ弱いもん、あそこでトンチの利いたことなんて言えないっスよ。
最前に座るなら、やっぱりちょっとリサーチしとけばよかったなあ。
いや、そしたら絶対前には座らなかったと思うけどもだな。。。(笑)

しかし。それを思うと、近藤さんのライブの落ち着くこと。落ち着くこと。
確かにね、イマヤスさん、トークはおもろいし、進行もイケるし、歌だって実はめちゃ上手いし(今日気が付いた。←おい)
エンドウさんもギターむちゃくちゃ上手いし、コーラスも完璧だし(これも今日気が付いた←だからおい)
ライブとしてもエンターテイメントとしても完璧プロフェッショナルだなあと思ったんだけど、
やっぱり興味はそそられない。
対バンで観れたら楽しいね。って、あたしはそこ止まりだなー。

こういう時、ほんとに音楽って不思議だなって思う。
今日、セミコロンに集まってたお客さんも、
みんなそれぞれに好きな音楽があって、
好きなアーティストさんがいて、
惹かれるところも十人十色。
それぞれみんな違うワケで。

あたしは近藤さんの音楽世界がやっぱりいちばん好き。
なんだか今日はそんなことをヒシヒシと思ってしまいましたわ。
って、それはいつものことか〜(笑)

と、その大好きな近藤さんの音楽世界のあれこれをここから書きたいのですが、
明日は少々早起きせねばならないので
てゆか、ちょっと責任重大なお仕事に臨まねばならないので、
今宵はここまでにしておきまする。
(寝不足が、即、体調に出てしまうヤツ^^;)

でも、それもあって今日はまっすぐ帰ってきたんだけどな。
幡ヶ谷も案外遠いですね。むむむ。

んでも。

やっぱり近藤さんのライブはアコギとエレキがあるのが楽しいなあ。
橋本さんのサポートも、アコギとエレキがあると楽しいなあ。
(エレキのルーザーめちゃくちゃ良かった‼)
今宵もまためっちゃ幸せな夜でした♪


ん。レポ、がんばって書こ。(決意)
そしてやっぱり1週間(笑) とき@店主 2017年 9月 3日(日) 00:40
そう。今週は半ばに会社の送別会とマドラスのライヴが入っていたのよねぇ。
それをすっかり忘れていたのよねぇ。

もう、ほんとヤバイ(滝汗)

てことで明日はもうlike a stardust。
久しぶりのセミコロン。
できれば、これまた久しぶりにはしやにも行きたいところ。
夏のうちにサラダスパゲティも食べたいなあ。
あーでも、お醤油系もいいなあ。海幸&山幸。
言いつつ、やっぱりタラコウニイカか。

また家出るのギリギリにならないようにしないとね^^;

・・・桂花のラーメンも食べたいんだけど。(どうでもいい)


と、気持ちはすっかり明日になってしまっておりますが、
ちょっぴりOUR JOURNEYSのことを。

ほんとにオリジナルの新曲4曲は面白かった。
ライヴでは、誰が曲を作っても、最終的には唄っている人の歌になってしまう。っていう話をされていたけれど、
その匙加減がそれぞれの曲で微妙に違っていたところが、
あたしはとっても興味深いと思ったなあ。

近藤さん作曲のサダさん作詞の「マジカルでミステリーなツアー」は、
前日のサダさんの弾き語りVerで聴いた時は、
サビ前まではすっごくサダさんっぽい‼って思ったんだけど、
バンドVerで聴いたら、アタマっからめっちゃ近藤さんっぽいっっ!!って思った。(笑)
考えるに、たぶん、リズムなのかな。
ステージでサダさんもそんなこと言ってた覚えがあるけど、
ドラムとベースが入ったら、一気に近藤さんの匂いが強くなった感があったなあ。
そういう意味では、サダさん作曲のコメちゃん作詞の「夏の雨」は、
「マジカル〜」の弾き語りVerみたいに、サビ前ぐらいまではコメちゃん曲と言っても不思議じゃない感じだったけど
サビからの展開がやっぱりサダさんだわー‼って思った。
っていうのは、サダさんのエレキによるところも大きいような気もするけれど(笑)
コメちゃん作曲の俊太郎さん作詞の「深夜特急」は、
これ、俊太郎さんのアルバムに入ってますよね?
っていうの、あたしも完全同意!!!!(唖然からの爆笑)
いーやー、この両者のシンクロ具合はいったいナニ!?!?
ほんっっっとに俊太郎さんの歌にしか聴こえなかった。
けど、コメちゃんが唄ったらやっぱりコメちゃんの歌に聴こえるのかなあ。
この曲はそれがすっごい気になる。
普段、コメちゃんと俊太郎さんの曲を聴いていても、2人に共通な匂いを感じたことはなかったんだけど、
分からないものですよね。ほんっとに面白い。
そしてそして、これがまためっっっちゃ面白かったの!!!!
俊太郎さん作曲の近藤さん作詞の「タイムトラベラーズ」!!!!
もうね、言わば俊太郎さんと近藤さんがガチで正面からバトってる感じ。
100%近藤さんの歌であり、100%俊太郎さんの歌でもある。って言えばいいのかなあ。
お互い譲らないけどめっちゃ仲が良い感じ?って、余計意味分かんないか。(笑)
4曲の中では、いちばん共作2人の色がうまく共存してる感じがしたのです。
・・・て、最初からそう書けばよかったのか。(笑笑)

んでも、やっぱりこの日はどうにもこうにも「ERA」だったんじゃないかと思いますけどね。(真剣)

この曲を歌ってる近藤さんを見て、
「やっぱり近藤さんがいちばん凄い」
って、あたしはそう思った。
てゆか、やっぱりこれが近藤さんなんだと思った。
あたしが崖の上から落っこちたあの日の近藤さんが、
私の目の前にいたのです。
これはもう、言葉では説明できない。
まあ、説明できないから好きになるのよね。きっと。(笑)

あの近藤さんに、また会いたいなあ。
つーか、単なるハコの名前の羅列を、あんなにROCKに歌える人、他にいないって。絶対。

ん。やっぱ近藤さんが断トツだな。(当社比)


そして、明日も近藤さんの唄に会える幸せよ。
整理番号も2番が取れたから、おそらくべスポジは確保できると思うんだけど、
ゲスト毒りんごに若干ビビっている。。。

まさかコミュニケーションコーナー(?)とかありませんよね?
つか、最前に着座するモノとして、やっぱりよっちゃんイカは準備しといた方がいいんだろうか。。。

悩む。(違?)
むぅ。 とき@店主 2017年 8月29日(火) 00:12
10月11月12月のツアー手配(主に交通手段)をあーするべきかこーするべきかと考えつつ詰めてたら
あっという間にこんな時間になってしまった。
明日発売のスカイマークの早割によりけりな部分もあるからっていうか、
11/11のエアチケットが高すぎる!!!!
この日はホテルもぜんぜん空いてないし、
いったい11/11の福岡には何があるのか。

・・・・嵐?(←何でも嵐のせいだと思っている)

しかし今日は、昨日の余韻があまりに凄くて
なかなか仕事モードになれなくて困った。
コメちゃんがOUR JOURNEYSで東名阪ツアーって話も出てるって書いてたけど、
あたしは大賛成だなー。

だって、みんな曲を作れて詞も書けてマルチプレイヤーで唄は絶品。
あんな贅沢なバンド、早々観れるもんじゃないっスよ。

そう。今日、電車の中で昨日のライヴのことを思い出していて、ふと思ったんだけど、
もし、ビートルズをリアルタイムで観ることができてたら、
きっとあんな感じだったんじゃないだろか。
実際、「Nowhere Man」は鳥肌モノで凄すぎたけど(感動&放心)
メンバー全員が揃って素晴らしいシンガーであり、素晴らしい音楽家でもある。
だからこそ、それぞれのバンドとは違う(コメちゃんはバンドないけども)
OUR JOURNEYSでしか生まれないものが絶対にあるよね。

・・・それを見てみたくなっちゃったんだなあ。(笑)

まあ、それぞれの活動があるから、
そんな簡単なお話じゃないとは思うのですが、
せっかく6年も続いてる「俺たちの旅」なワケですし、
逆にここまで続くからには、そこに何かがある事を
メンバーの皆さまも感じていらっしゃるのではないだろうかと、
私は勝手に想像してしまうんだけど(笑)
ん。何かがここから始まったらいいなあ。。。
と、無責任にそう思います(笑)


今日はいちにち中アタマの中で、「マジカルでミステリーなツアー」がずっと鳴っていた。
一度聴いただけでしっかりと耳に残るメロディを作らせたら、
やーっぱ近藤さんの右に出る人はいないよなあと思うよね。
しかも、それをたった5分で作っちゃうんだから、それはもぅ絶対に!!(笑)

そ、OUR JOURNEYSの新曲については、いろいろと書きたいことがあるのです。
とりあえず一日1曲書ければ、週末までにオールアップは間に合うのよね。

明日からがんばりまーす!!(笑)

・・・いや、明日はまずスカイマークを頑張らねば。

また明日もネット全然繋がらないんだろうなあ〜〜〜(´Д`)
最高すぎた!!!!! とき@店主 2017年 8月28日(月) 01:54
何がってもちろんOUR JOURNEYSがですよっ!!!!
今日1日のためだけに、あれだけのクオリティに仕上げてくるってマジ凄すぎる。
ていうか、そもそも「俺たちの旅」が凄い人達の集合体であったことを、
今日はほんっっっとに身に沁みて感じましたですよ、えぇ!えぇ!!

・・・あれが今日いちにちだけって、マジで勿体ない(落涙)

今日もひかりのうまに引き続き、某Aさんと深い時間まで呑んでしまったので
今宵も詳細なレポは書けませんが(っていうのが続いててヤバイ。汗汗)
でも、とりあえず最後に近藤さんに会えて、伝えたかったことが伝えられてよかった。
ほんっとに新曲素晴らしかったですよ。素敵すぎたですよ。
本編最後の、今までツアーで回ってきたハコの名前の羅列が歌詞になった極悪なヤツ
(もう自分で書いてて意味分からん!www)も
その4曲に負けないぐらいに超絶カッコよかった!!!!
ダブルアンコールで、あの曲ももう1回やってほしかった〜〜〜〜〜〜っっ!!!!!(悔!!)

つーか、なんでリハの遊びであんなカッコイイのができちゃうの?
て、自分で書いてましたね。
近藤さんもサダさんも俊太郎さんもコメちゃんもほんとに凄い!!!!!!

でも、いちばん凄いのはやっぱ近藤さんだわと思いました。えへへ♡
(もはや日誌を冷静に書けるテンションではなくなってきております<(_ _)>)


「タイムトラベラーズ」を唄う近藤さんに、どこか、PEALOUTやTEBのの匂いを感じた。
言わば、久しぶりに会えた近藤さん。
ていうか、俺たちの旅であの近藤さんに会えるとは思わなかった。
でもそれが、今日、すっごくすっごく嬉しかったこと。
ほんとはそこまで伝えたかったんですけどね。

いつもの場所で、いつものように、ヒューガルデンは芋水になったけど(ビールな気分じゃなかったw)
めっちゃカッコイイ近藤さんのベーシスト姿に、
めっちゃカッコイイ近藤さんのハンドマイクなボーカリスト姿に、
めっちゃカッコイイハーピスト姿まで目の前で観ることができて、
ほんっと最っっっ高すぎるバースデイになりましたっっ!!むふふ。
すんばらしいスタートが切れたわーいっっ!!\(^o^)/

・・・やっぱり音楽の神様は絶対的にあたしの味方だな。うん。

まだまだたくさん書きたいことあるから、明日(以降w)に続くっ!!!
神、微笑んだ。 とき@店主 2017年 8月27日(日) 01:23
そう。やっぱり音楽の神様はいるのですよ。
私のために、最前1席空けておいてくれるのですよ。
いつもの場所から、いつものように、ヒューガルデンを飲みながら(笑)
近藤さんの唄を聴くことができました。

ん。やっぱりあたしはこうして近藤さんの唄と向き合っていたいんだな。
近藤さんの声が一番最初に届く場所で、近藤さんの唄を聴いていたいんだな。
そんなことを、今日はまた改めてしみじみと感じつつ、
近藤さんのライヴを堪能させて頂きました。

・・・でも、やっぱりこれから書いていい?(笑)

近藤さんが作ったサダさんの曲、めーーーーーーっちゃくちゃ面白かった〜〜〜〜〜っっ!!!!!(笑)

やー、あたくしもそもそもはCOILフェチ。
(※COILデビュー時に発足したメーリングリストが「COILフェチ」という名称だった為、
  古参ファンは自らをフェチと呼ぶ。結構な規模で当時のCOILファンはほぼ加入してたと思われ。
  というマメ知識。←いらない?w)
基本ヨースケ派であるけれど、もちろんサダさんの曲だって好きな曲はたくさんある。
そんなCOIL好きでもあり、近藤さんマニアなワタクシでもあるので、
今日、入場時に配られた歌詞集を見て、いちばん気になったのは、
やっぱり近藤さん作曲のサダさん作詞な「マジカルでミステリーなツアー」だった。

つーか、こういう歌詞書かせたらサダさんの右に出る人いないよなあ。
つーか、旅をモチーフに、詞にも四人四様の色がちゃーんと出ていて、
読んでるだけで、明日のOUR JOURNEYSのライヴがむちゃくちゃ楽しみになったんだけど、
まさか今日のライヴでもう聴けちゃうとは思わなかった!!(あれはOKだったんですよね?^^;)

もう、AメロBメロ(何メロまであるのか分からんけどもw)は、まったくの違和感なし。
サダさんが作った曲って言っても何の不思議もない。疑いもない。
最近は脱落しちゃったけど(わはは)これでもCOIL歴は15年を優に超えておりますので
そのあたりの耳は持っていると思う。
てゆか、そのあまりの違和感のなさっぷりに、己のフェイバリッツの揺るぎなさを感じて、
ちょと笑ってしまったんだけど、でも、サビに入ったら近藤さんの曲になったんですよ。
何がどうだから違うって詳細書けるような専門知識を持ってないのがホント歯がゆいんだけど、
展開が違うとしか書けないんだけれども、でも、それがすごく面白かったんだなあ。
サダさんも言ってたけど、ほんと近藤さんっぽいなあって思ってニヤニヤした。(笑)
残念ながら、俊太郎さんとコメちゃんの曲はそこまで理解できるほど聴きこんでいないので
俊太郎さんが作った近藤さんの曲を聴いたら、どんなことを思うのかは全然想像つかないんだけど、
とりあえず、近藤さんの歌う「あの子」にはちょと興味があるかな。
あんまり近藤さんは使わない言葉ですよね。(イメージ)
こういうイベントならではの歌詞なのかな。って感じがする。
「カバンにパンをワインを詰め込んで」っていうのは、めっちゃ近藤さんと感じたけれども(笑)

・・・なんかもう、ほんと明日がすっごい楽しみっ!!!!

・・・って、これじゃ感想文終わっちゃいますね。(笑)


今日は赤グレコさんでの近藤さんのステージ。
今まで聴いてきた中で、どう書くのが正解なのかニュアンスがちょと難しいんだけど、
赤グレコさんに、一番「エレキ」を感じたライヴだったな。(って、伝わらねぇ〜!!泣‼)
なんというか、ある意味、風知っぽくない(当社比)聴こえ方だったような感覚がある。
音がいつもよりガッツリしてたよね。っていうのは、あたしがギターアンプの真ん前に座ってたせいもあるかもしれないけど
(それは多いにあるような気がするけど^^;)
1曲目の「沈黙の足音」でなんとなくそんな印象を受けて、
その後の「5月31日のブルーズ」で更に強くそう思ったかな。
「雷鳴」は言うに及ばず、ドンピシャで素晴らしかったし(今日もコーラス綺麗かった〜!!)
「ただ続く夜の物語」もやっぱりあのイントロでグッとココロを掴まれちゃったし(あの高揚感がたまらない!)
ていうか、「理解者」がやっぱりやっぱり、めっっちゃくちゃ良かったんだなあ!!!!
エレキの「理解者」いいなあ。好きだなあ。
つか、聴く度にどんどん良くなってる感じがするんですけど。気のせい?
いや、絶対に気のせいではないと思ってますけれども、
なんなら、間奏の口笛もめっちゃ素敵な感じになってると思うんですけれども、って書いてて思った。
その口笛の感じとエレキの感じが、この唄にすごく似合うんですよ。雰囲気がすごく良い。
ピアノはピアノの良さもあるけど、いや、ピアノはピアノで大好きなんだけど、
このエレキVer。好きだなあ。ほんっとに。

んで、「これもめっちゃ好きだったわアタシ!!」・・と、自分でビックリするぐらいに思い出した(笑)
トモモン&コメファンクル!!
まさか新曲(笑笑)繰り出してくるとは思わなかった〜〜〜〜〜〜!!!!!(爆笑)

いやもぅ、近藤さんとコメちゃんのハモも死ぬほど好きだわ。
withヤマジさん、withタカテツさんに匹敵するぐらいにwithコメちゃんも好きだわ。
てか、12月のツアーでいっぱいトモモン&コメファンクル演ってくれるっていうんなら、
ちょっと本気で追いかけますよ?
っていうか、近藤さんのステージ終わった直後に速攻会議スケジュールチェックしたけどもだな(笑)
もう追いかける気合は満載すぎるほど満載だけどもだな(笑)(笑)
てゆか、早く12月が来ればいいのにっっ!!(笑)(笑)(笑)

んでも、コメちゃんのステージでも思ったけど、サダさんも言ってたけど、
コメちゃん、ほんとギター上手くなったよね。って、上から目線なのは申し訳ないと思うけれど、
新曲の「夜間飛行」のスリーフィンガー聴いた時、「コメちゃんのギターが変わった!!」って思った。
コメちゃんもギター練習してるって話をしてたけど、それだけの成果が出てるんだなあって納得。
ほんとにトモモン&コメファンクル満載な12月のコメコーンツアー(でいいの?)が楽しみになりました♪

もしかして、近藤さんとコメちゃんの2人ツアーって観るの初めてかな。
あたしが近藤さん追いかけるようになってからはやってないような気がする。
俺たちと、トミーさんと一緒に回ったのだけだよね、たぶん。

週明け、頑張って早割チケット争奪戦に勝利しないとね!!
(またネット繋がんないんだろうなあ。。。。(-_-;))


てことで、明日の俺たち2日目、OUR JOURNEYSもめいっぱい楽しみたいと思います!!

・・・もちろん近藤さんはベース固定ですよね?

明日もいつもの場所で、いつものように、ヒューガルデンを飲みながら(2回目)
近藤さんの麗しきベースプレイを拝めますようにっっ!!!!(>人<;)

いや、マジで、近藤さんのベーシスト姿はめちゃカッコイイと思うんだわ。
真剣に眼福です。(真顔)

明日も頑張る!!


とき@店主 2017年 8月27日(日) 01:29
ちなみに。

ライヴ終了後、速攻で風知を抜けた甲斐ございまして、
めでたくポールポジションなチケットをGET致しました。
これで一安心。(それはやっぱりね〜)

あとはオープンに間に合うよう会社を脱出するために
根回しを完璧にしておかなければ。

まあ簡単に言えば、休みを取る。ってことですけれども。(働け?w)


とき@店主 2017年 8月27日(日) 01:36
あ!あと、このフライヤーがすごく素敵!!
アンケートがないゆえの特別ヴァージョンでございますねっ。
てゆか、こーいうの見ると、何かしたくなっちゃってしょうがない。。。

「歌詞カードは昨日貰ったので、近藤さんのフライヤーだけ下さい。」
っつったら怒られるかな。やっぱ。(笑)
おかしい。。。 とき@店主 2017年 8月25日(金) 23:38
もう1週間経っちゃうの?
明日はもう俺たちなの??
おかしい。それはおかしいな。
leteの感想文1コも書いてないぞ?
つーか、昨日GHEEEのニューAL詳細がついに発表になったというのに、
日誌に何も書いてないぞ?
それこそおかしいぞ?あたし。

んー。敗因は解ってる。
一昨日のひかりのうまで、翌日会議だというのにほぼほぼ終電までカレー食べて飲んじゃったからだよねぇ。
ここ1ヶ月悩まされてた案件がようやく会議に通って全て片付いて、
ウチ帰ってゴハン食べたら気が抜けて電池切れちゃったからだよねぇ。

・・・あぁ(´Д`)

やー、でも、突然きましたねGHEEEのアルバム詳細発表!!
タイトルはやっぱり「5」なのねと思ったけど(笑)、フランス語っていうのが近藤さんらしいなと。
「CINQ」って文字の並びも、なんか雰囲気が美しくていい感じ。
収録曲も通常版+アコースティックVerにデモVerにインストまで1枚に全部入って18曲‼
1枚にこれだけ詰め込んであるっていうのも、なかなかないような気がしますよね。
フツウ2枚に分けるもんね。たぶん。

しかし。

ライブ会場先行発売。
早い人は9/16から聴けるというのに、あたしのGHEEEツアー初参戦は11/11の福岡。
てことは、11/8のリリース待つしかない。ってことよね。。。
(さすがに2週連チャンで大阪はキツい。。。)

10周年GHEEEツアー限定じゃなくって、
メンバーそれぞれのライヴでも売ってくれたらいいのに〜!!!!(落涙)
つか、9/16から11/8って、いくらなんでもちょっと間が空きすぎちゃいませんかね?ね?ね?

待つしかないのかああぁああぁあぁぁぁぁあぁぁぁぁ(T_T)/~~~

北海道、行く気は満載だったんだけどな。(貧)


んでも、未発表な近藤さんの新曲のタイトル見てちょとニヤリ。
歌詞の中に「not the answer」というセンテンスは出てくるのだろか。(近藤マニア的下の句?)
それだけを楽しみに11/8を待ちますわ。
(↑それだけかい‼笑)

そういえば、アーカイヴの虫さんシリーズはいつまで続くんでしたっけねぇ。
バッタにトンボはまだいいとしよう。
でも、毛虫系はちょっと〜!!ちょっと〜〜っ!!!!

知ってたはずなのにアーカイヴクリックして仰け反っちゃった。(笑)
たまーにこのシリーズやってくるからなあ。
気が抜けない。(笑)(笑)

あ。当然、会社のPC待ち受けはギター三兄弟に衣替え致しました。
無駄にPC眺めてます。至福。(笑)


てことで、明日と明後日は風知にて俺たち2days。
整理番号が明日が18、明後日が20なので、いったいどうなることやら。
先頭の5〜6人はカウンターだと思うけど、それにしても。だよなあ。。。

「一番前なんて恥ずかしくって座れな〜〜〜い(*ノノ)(*ノノ)(*ノノ)」

って人達ばっかりなことを祈る。南無( ̄人 ̄)

っつーか。

いつかそういう人達に、

「見てねぇよ!!」(←フォント大)

って、言って差し上げたい。(ワリと真剣www)


モロモロ頑張ろ。
いつもありがとうございます


1 2 3 4 5 6 7 8 9