96960
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie


ワンランクアップ donko1・・ 3月25日(土) 14:52
 昨日と一昨日、NHKが総合テレビで放送したドラマ「絆〜走れ奇跡の子馬〜」を見ました。私は郷里でもある東北を何度か訪れ、友人、知人にも会い、大震災当時の悲惨な状況や、 いまなお続く困難とたたかいながら復興に立ち上がっている人々のいる現実を聞いています。地震、津波のうえ原発事故に遭われた福島の人々の苦闘は計り知れません。
 それだけにドラマに出てくる「苦しくても前へ進むしかねえ」との言葉が胸を打ちました。

「やるしかねえべ!」―来週、家を離れて一泊旅行に出かけることにしました。目的地の富士山麓・山中湖は、朝は氷点下、昼でも10度以下、今夜から雪が降る予報です。まだ冬の気配。よろこんでいいのかどうか、わかりません。ワンランクアップのリハビリに挑戦するつもりで行ってきます。

写真=1年半ほど前(2015年10月26日)に山中湖で眺めた富士山。
 

雨あがる donko1・・ 3月22日(水) 11:28
東京に桜の開花宣言があった21日、首都圏は終日 雨。翌日は一転、朝から、雨があがり、心をなごませてくれました。

きみも仲間 donko1・・ 3月21日(火) 11:26



donko1・・ 3月21日(火) 11:27
あなたも仲間



donko1・・ 3月21日(火) 11:29
そして あなたも… 
 
 23,24の両日、NHKが総合テレビでドラマ「絆〜走れ奇跡の子馬〜」(前 後編)を放送するそうです。東日本大震災・原発事故で避難生活をしいられながらも、前向きに生きようとする家族と、震災当日に生まれた子馬との絆を描いた物語とのこと。ここでも生きとし生けるもの同士の愛あるドラマが展開されそうです。期待しています。



仲間がいて 私がいる donko1・・ 3月20日(月) 18:25
 フリーアナウンサーで市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが、ご自身のブログを更新し、お相手の名前は記されていませんでしたが、胆のうがんで闘病の末 亡くなった渡瀬恒彦さんの訃報を意識されたであろう思いを綴られています。

「ふと、、、

闘病されていた方の訃報にふれると
自分のなかのどこかの小枝が
ポキって折れるような気持ちになります。

面識がなくても、遠い遠い方でも、
どこかで 不思議に 仲間意識というか、
あるのだと思います。

だから
私も 癌を公表しているものとして
少しでも長く生きていきたいです。

そんなことを
ふと思いました」

小林さんの思いが 痛いほどわかります。
学校で、職場で一緒だった仲間。近所の仲間。写真の仲間。そのうえ闘病している人たちには二重の仲間意識を感じます。先の東日本大震災で少なからぬ闘病中の友人、先輩を失いました。
 「お先に失礼はない」。その思いを秘めて生き続けたいものです。


近くの用水路 donko1・・ 3月19日(日) 21:32
東京・多摩地区の市民が親しんでいる川のように、私の住む埼玉・西部地区の市民は古くからある用水路( 新座市の用水路沿いに遊歩道も)に慣れ親しんでいます。きのう紹介した土手沿いの桜もそうですが、用水自体も400年ほど前の江戸時代初期、将軍・徳川家光を支えた老中・松平信綱が のちに新田開発などをおこなった遺跡として、いまも大事に保存されています。鯉も泳いでいます(違っていたら ごめんなさい。こんな薄っぺらな知識を「浅学=せんがく」と言うんだそうです)。



donko1・・ 3月19日(日) 21:36
。。


桜 来た! donko1・・ 3月18日(土) 18:46
 テレビやラジオで天気予報士が、「東京の桜開花は22,23日ころ」と言っていました。
来週か? 予報より、いつも早く咲くのが埼玉の新座、東京の東久留米の両市の境を流れる野火止用水沿いの土手にある桜。行ってみました。
 桜咲く。たしかな春を届けてくれていました。



donko1・・ 3月18日(土) 18:47
。。

15カ月 がんと対峙 donko1・・ 3月17日(金) 18:25
 私が、がんの一種である多発性骨髄腫の疑いがあるとして医師の問診と血液、X線検査などによる「経過観察」を始めたのは昨年1月。それから1年3ヶ月、15回目の「経過観察」を14日にやりました。
 
 その結果、医師は、今回も「血液などに変化がみられない」と言ってくれました。だが、いつ「骨髄腫」と診断されるか知れない骨髄腫細胞の高い数値。私は、数字にこだわらず日本多発性骨髄腫患者の会に加入し、病気とたたかう心得を教わっています。
    


donko1・・ 3月17日(金) 18:37



donko1・・ 3月17日(金) 18:38
私の好きな歌。



さあ、東北にも春! donko1・・ 3月13日(月) 20:50
 友人が11日、仲間と一緒に東北の蔵王に行ってきたと、樹氷の風景写真を添えてメールをくれました。メールには「山頂は−8℃で顔も凍りそうな寒さ。しかし、あまり見る機会のない樹氷を見れて良かった」との思いが書かれていました。
 私たちが数年前の2月、蔵王に行ったとき、頂上付近は猛吹雪で氷点下23度。あまりの寒さに3分も樹氷の前に立っていられず、ロープウェイの駅舎に逃げ込んだのを覚えています。あのような寒気は緩んでいるだ。とっさに、そう思い ホッとしました。



donko1・・ 3月13日(月) 21:48
。。

きょうの わが家周辺 donko1・・ 3月12日(日) 18:21
 わが家の梅の木にやって来たお客さん。


donko1・・ 3月12日(日) 18:22
。。


donko1・・ 3月12日(日) 18:26
。。。

「ふるさとは今もかわらず」 donko1・・ 3月 9日(木) 16:16
 歌手・新沼謙治さんは、東北の大船渡市出身。同市は2011年3月 大津波で被災、その半年後の同年9月には奥さん(元バトミントン世界女王・湯木博恵さん)を肺がんで亡くすという二重の悲しみに遭いました。だが、新沼さんは、自ら苦難とたたかいつつ、「みんなで声をかけあって 力合わせて生きてきた」、その「ふるさとは今もかわらず」と歌い、故郷の人々を励まし続けています。心から共感のエールをおくります。

写真=2013年3月10日 岩手・宮古湾で撮影 


donko1・・ 3月11日(土) 20:29
岩手日報社は11日、特別号外「東日本大震災6年」を発行、東京、京都、神奈川など各都府県で配布したと伝えられています。
 同社は、当日のWebNewsで その紙面の一部を紹介。現在の岩手県大槌町中心部の写真を掲載し「『風化させない』との強い決意で、岩手は前進を続ける」と説明しています。



突然ですが donko1・・ 3月 8日(水) 21:12
 自分でも「突然ですが…」としか言いようがありませんが、11,12両日に放送されるNHK総合テレビの番組を紹介させてもらいます。
 その訳は、3月11日は6年前、大津波が一気に漁港をのみ込み、さらに“火の海”と化し、多くの人々の命を奪いました。放送は その東日本大震災の関連 特集番組であり、凄惨な現場となった三陸沿岸は、私の出身地でもあるからです。
 大震災の復興は、各地で住民が困難にめげずに復興に立ち上がっているものの、まだ途上。決して風化させることなく、絆を一段と強めたい。その一心で この番組を見て欲しいと思いました。

< 震災から6年 特集 明日へつなげよう >
3月11日(土) 午後1時50分〜5時30分 生放送
3月12日(日) 午前10時05分〜11時54分 生放送
 

写真=南房総・「アロハガーデンたてやま」で撮影


donko1・・ 3月 8日(水) 22:29
震災前、JR山田線(宮古〜釜石間)として運行していた路線。随所で駅舎が流されたり、線路が寸断するなどして運休。JRが「再開後の収益が見込めない」と再開に消極的で、第3セクターに営業を移行することになり、やっと工事を開始したとのことです。
 地震、津波に加え、原発事故を含む東日本大震災の被災者12万人余の人々が いまなお県内外で避難生活を余儀なくされています。大震災は住いや営業にとどまらず医療、教育などにも深刻な事態をもたらしています。

 写真=同線にある津軽石駅 2012年9月撮影


悪夢がよみがえる donko1・・ 3月 5日(日) 20:44
 。


donko1・・ 3月 5日(日) 20:46
 私が戦時中に受けた教育は、小学2年までの1年半です。この短い間に覚えたのは「春の小川」などの嬉しい唱歌の反面、軍歌の「露営の歌」なども。そして講堂で「教育勅語」の暗唱。かっぽう着姿の母に手を引かれて「勝って来るぞと 勇ましく 誓つて故郷(くに)を 出たからは 手柄(てがら)たてずに 死なれよか…」(露営の歌)と歌って 村のお兄さんやおじさんたちを戦場に送った。 そのいやな思い出をよみがえらせる事件が、いま持ち上がっています。



donko1・・ 3月 5日(日) 20:50
。。。


donko1・・ 3月 5日(日) 21:39
 「日の丸」の前で幼稚園児に戦前の「教育勅語」を暗唱させ、運動会では「安倍首相がんばれ」と宣誓させる。これを安倍首相と夫人が「日本一の幼稚園」と称え、小学校建設の予定地のタダ同然の国有地払下げの疑惑にも まったく“他人事”。
 この政府がめざす方向が、ますます はっきりしてきました。山村でも空襲に怯え、終戦後も 食うもの、着るものもろくになく、新聞をたたんだような教科書での授業。そんな悲惨で貧弱な教育は、二度とあってはならない。私は、そう思い続けています。





1 2 3 4 5 6 7 8 9