4509291
名前:
メール(任意):
HP(任意):
タイトル:
本文:
撮影地方: view
画像添付: 5MB
編集削除パスワード
 cookie


40170: 里山にて ドンドコ 3月23日(木) 18:52
お尋ねします。
里山に植えてありました。 数日前の撮影。
2mほどの細い木で、葉はまだでした。検索したところ、シロモジか、アオモジ、あるいはクロか?
花だけだとよく似ています。この木は何でしょうか。 宜しくお願いします。

虹の街 3月23日(木) 19:47
どんどこ様 お久しぶりです (;^_^A

白桜(シロザクラ)バラ科 かな 深山桜(ミヤマザクラ)で

如何でしょうか。 

ドンドコ 3月23日(木) 19:49
トリミング写真追加します
枝が緑ぽい?

あかね雲 3月23日(木) 20:04
ドンドコさん こんばんは
アオモジ ですね
雄花の木と雌花の木があります

サクラではありません

ドンドコ 3月24日(金) 17:15
あかね雲さん 「アオモジ」で納得いたしました。
> 雌雄異株で雄花は大きく花数も多い。
という事のようで、雌株かな?と思いますが、私には判断できないので今回は(?付)としておきます。
尚、花卉栽培が盛んなところですが、そこにこの木は1本しかなかったです。
ありがとうございました。

紅蓮 3月25日(土) 18:22
ドンドコさん こんにちは
お写真2枚とも拝見し、
花に雌しべが無く、雄しべだけのようなので、
雄花かと思います。よって雄の木(雄株)だと思います。

尚、アオモジの雌花と雄花を比較したHPがありましたので
ご参考までに紹介しておきます。
掲示板形式で、ちょっと分かり辛いかもしれませんが、
HPのやや下の方に説明と写真があります。
http://memobird4.exblog.jp/11761779/

松木 3月25日(土) 18:32
方人様、たまに掲示板にお伺いしております、松木です。見過ごしていてすみませんでした。私も樹木の専門家ではありませんが、企業の報告書か何かで読んだ記憶と、NHKのTV見た記憶から発言しました。
ロシヤの研究者か、ドイツの研究者だったと思いますが接ぎ木雑種云々を言っておられましたよ。
ソメイヨシノの繁殖は接ぎ木や挿し木で繁殖出来ますが現在では穂木の確保が容易になり挿し木されている方が至る所におられるそうです。
また、接ぎ木の台木のオオシマサクラは実小苗を作って(生育に三年程かかる)から接ぎますので比較結果をしりません。
研究室の関係では幹や葉から発根させて絶滅を防いだりしているようです。吉野や蜂須賀も再生されて貢献しているとか聞いています。
私は経験で記憶したままを書き込みますので種別や特徴を断言することはしません。知らない物を知ってるとは言いませんし、そこまで踏み込みません。
知りたければ、先生方の研究成果を参考にして下さい。
たまに掲示板にお伺いさせて下さい。
40178: 枝から垂れ下がっているように見えますが おさんぽじん 3月24日(金) 15:56
 福岡市東部海浜部の遊歩道の並木です。 スダジイ(間違っていたらすみません、教えてください)と思しき樹木の枝から、何かたくさん枝が垂れ下がっています。(写真の矢印を見てください) ヤドリギかなと思いましたがどうも葉の形が違うようです。 この垂れ下がっている植物は、何という名前でしょうか。
 3番目に、葉の表裏の写真を掲示します。 何か私の誤認によるのかもしれませんが、どうかよろしく、ご教示をお願いします。

おさんぽじん 3月24日(金) 15:58
アップにしたところです

おさんぽじん 3月24日(金) 15:58
葉の表裏です。

マルマル 3月24日(金) 16:18
ツルグミに見えますネ。確率50パーセント?
ご検討下さい。

おさんぽじん 3月24日(金) 17:19
マルマルさん、早速のご教示、大変有難うございます。

 ツルグミですか。確かに、葉裏の鱗状毛のような様子から、グミの葉という感じです。 とすると、どこか近くに幹があって、枝に絡みついていると言うことですね。
 私も、ヤドリギのように、寄生しているのではなく、絡まり合っているのかなあと思いましたが、イマイチ目が悪くて、その点確認できなかったのです。
 もう一度現物を見て、本当の幹を見つけたいと思います。

 ただ、Webでツルグミを見ると、葉が、この葉よりもう少し細長い気がしたのと、日当たりの悪いせいか、ここでグミの花を見たことが無い点が、5%程度?、疑問が残る感じです。 他のご意見のある方は、ご教示よろしくお願いします。


鳥平 3月24日(金) 17:36
おさんぽじんさん、マルマルさん、こんにちは。
オオバヤドリギ科マツグミ属のオオバヤドリギも考えられますね?

おさんぽじん 3月24日(金) 18:20
鳥平さん、ご教示有難うございます。 いつも、お世話になっています。

 写真の葉の葉身長は、約5cmです。また、葉の形もそっくりです。ただ、ネットで見ても、このように、細い枝が垂れ下がる写真が見つからないのですが、ほぼ、オオバヤドリギではないかと思います。 以前、この掲示板で、ヤドリギ以外寄生木は無いと教えていただいた記憶があり、「寄生木」には懐疑的だったのですが、これで、目の間違いではないかもと、安心しました。

 ただ、本当に寄生木なのか、もう一度確認したいとは思っています。 ツルグミのように、寄生木に見間違う樹木があるのも、勉強になりました。 

 鳥平さん、マルマルさん、ご教示大変ありがとうございました。
 

shiro 3月24日(金) 20:36
こんばんは。
私もオオバヤドリギが頭をよぎりましたが、2枚目の画像を拡大してみても葉が互生のものしか見当たらないので(オオバヤドリギは対生)、疑問に思いました。
葉裏もオオバヤドリギは毛が多いと思います。

今のところぱっと候補が浮かばなくて申し訳ありませんが、どんな生え方をしてるか、ぜひ再度のご確認を期待しています。

パール 3月24日(金) 21:22
皆さま こんばんは。
見当違いかも知れませんが、病変ということはありませんか?
スダジイの天狗巣病は見たことはないのですが、ソメイヨシノの天狗巣病の時の枝の出方に似て見えました。

shiro 3月24日(金) 21:51
パールさん、こんばんは。
なるほど、病変の可能性は思いつきませんでした。
シイにもてんぐす病があるようですね。
http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/jumoku/si.html

おさんぽじん 3月24日(金) 22:22
shiroさん、パールさん、ご教示ありがとうございます。

 確かに、この垂れ下がっている植物は互生です。 オオバヤドリギは対生ですね。 所長さんの「樹木の葉」で確認しました。葉はそっくりと思い、基本事項ですが、つい確認し忘れました。
 天狗巣病とは初めて聞きましたが、あり得ることかもしれません。 スダジイは互生で、葉裏がやや白っぽい褐色なので、この垂れ下がった枝の葉も、その点は似ているなあ・・・と思いましたので、それが病変といわれると、そうかもしれません。
 この木の傍には、3本ほどスダジイが並んでいますが、このような枝はこの木だけです。 この木は、他の枝からも、このような垂れ下がった枝があります。そして、普通のスダジイらしい枝もあります。
 近いうちに、もう少しまともな写真を撮って来ようと思います。
その節はよろしくお願いします。
 言いわけですが、この木の解り易い写真を撮るのが、難しいのです。

 

3月25日(土) 08:54
こんにちはオオバヤドリギでどうでしょうか。

おさんぽじん 3月25日(土) 17:01
磯さん、オオバヤドリギの鮮明な写真有難うございます。 しかし、shiroさんからの投稿にもありますように、オオバヤドリギは対生で、この点がちょっと当てはまらない気がしています。
そこで、本日、もう一度観察して来ました。 その結果、問題の垂れ下がった枝は、確かに、スダジイの幹から生えており、ツルグミのように、枝にしなだれて、絡んでいるのではないことが判りました。
従って、オオバヤドリギか、病変かということになります。
しかし、写真のように、この垂れ下がった枝につく葉は、互葉となっていますので、オオバヤドリギでは無いようです。
そこで残るのは、パールさん、shiroさんのご指摘の病変、天狗巣病ではないかと思われます。枝の付け根の瘤も、病変の表れではないでしょうか。
皆さん、沢山のご意見をお寄せいただき、」大変ありがとうございました。
おかげさまで、今回も非常に勉強になり、感謝しております。
上記は、私の現在の考えですが、ご意見がありましたら、お知らせいただければ幸いです。

(追加写真について)
先の写真とは別の枝ですが、同じく垂れ下がっている枝があったので、この写真を掲載します。

おさんぽじん 3月25日(土) 17:02
枝の付け根の拡大です。

おさんぽじん 3月25日(土) 17:03
この枝先の、葉の様子です。 本来の葉より小型ですが、互生で、新芽も見えます。

shiro 3月25日(土) 18:32
こんばんは。
ご確認お疲れ様でございました。
やはりスダジイの枝のようですね。
シイてんぐ巣病の可能性が濃厚と思います。
私も勉強になりました。
40189: 鑑定のお願い hmizo 3月25日(土) 12:01
いつもお世話になっております。

町田市私鉄駅の植樹
高さは3m程度(切られています)
常緑樹、株立ちしています。
植樹では、よく見かける木です。

よろしくお願いします。

カラスノス 3月25日(土) 12:14
葉が三輪生に見えますのでキョウチクトウの仲間だと思います。

hmizo 3月25日(土) 18:29
カラスノス様

ありがとうございます。
勉強になりました。
40188: この蔓状植物の名前を教えてください カラスノス 3月25日(土) 11:38
皆さんこんにちわ。 いつもお世話になっています。 海外物で恐縮です。
フィリピン南部の市街地にある公園です。 観葉植物の葉に似ていて深い切れ込みがあり葉の大きさは長さ7〜80センチかそれ以上です。 巻きつかれている後ろの木は樹齢25年ほどのカイミート(スターアップル)です。
蔓状植物は人為的に植えられたものではなさそうです。 写真は合計3枚です。

カラスノス 3月25日(土) 11:40
上の方です。
この植物が最も茂っているのは、地上4〜5メートルでカイミートの太い枝が切り落とされている辺りです。 この辺では葉の長さが1メートル近くありそうです。

カラスノス 3月25日(土) 11:42
蔓状部分のズームです。
蔓状の幹の部分から葉は下向きに生えていて葉痕もすべて下向きのように見て取れます。
この植物の根は土から生えているのではなさそうで、葉の古さ等から推測しても上の方が根元で下に向かって成長しているように感じられました。
よろしくお願いします。

shiro 3月25日(土) 18:25
こんばんは。
このようなつる性で葉が羽状に切れ込むサトイモ科の植物は複数の属に渡って存在します。

ご質問の植物はハブカズラ(Epipremnum pinnatum)ではないでしょうか。
より正確に鑑定するにはハブカズラの特徴である葉の主脈近くに並ぶ小さな穴を確認する必要があると思います。
40183: この木の名前を知りたいのです。 瀧澤一郎 3月24日(金) 22:11
葉っぱは今ありませんが落ちる前は桜っぽかったです。

赤いのが花かな?とも思いましたがどうやら葉っぱみたいです。

何の木か、いろいろな人に聞いてもわからないので、投稿しました。

ご存知の方、是非教えてください。

まみ 3月25日(土) 13:13
勇気を振り絞って、、、ジューンベリーはいかがでしょうか。
もしそうなら、もうすぐ白い花が枝先に見れます。
40186: 花月 3月25日(土) 07:51
このきなんのき所長さん、この度はいろいろとご迷惑お掛けして申し訳ありませんでした。
ここで提案ですが、一連の問題について再発を防止するため新たなルールを付け加えてはどうかと思います。
1.他人を攻撃しない
2.攻撃されても反撃しない
3.質問に対しては誠実に回答する
4.個人情報の写った写真は掲載しない
とりあえず最低限これくらいは必要かと思います。
これらは常識人であれば言われなくても守れるものですが、そうでない人もいることがわかりました。
ルールとして書かれていれば、守れない人は即退場となり、不必要に荒れることもないと思います。
以上、ご検討いたたげれば幸いです。

sanpo 3月25日(土) 14:15
皆様、こんにちは。
花月さん
2013年の関西(京都)オフ会でご一緒させていただいた花月(ハナヅキ)さんですよね。
その節はお世話になりました。
今回、HNの件でとんだ濡れ衣でしたが、花月さんは何年も前からずっとずっと花月さんで、最近もコメントされていますよね。例えば下記のスレッドでも。
「40162: 教えてください bong 3月22日(水) 16:26 」
「40108: おしえてください ai 3月12日(日) 10:58 」
というわけで、嫌がらせのために付けられたHNではありませんので、誤解のないように私からもお願いいたします。

それから、関八州公儀巡検士(ZURO)さんも、同じオフ会でお世話になりました。
お二方とも長年、このきなんのき掲示板を大切に思ってこられた方々で、ここ数カ月間、ずっと心を痛められた末に、憤懣やるかたなく今回の書き込みをされたのですよね。表現の仕方は人それぞれですが、思いは同じです。

少し時間はかかるかもしれませんが、所長さんを初め、このきなんのき掲示板を大切にされる皆さんの思いは必ず最善の形に落ち着くと信じています。引き続き静かに見守って行きましょう。

サクラ 3月25日(土) 15:39
始めからこの件を見ている者です。


この問題が終息しないのは、最初の非礼に対する謝罪が今もってないからです。
この方にその力がないなら、所長さんなり、擁護に回る方が代わりに非礼を受けた方々に謝罪して下さい。
長くこの掲示板を支えてこられたのはこの方たちではないですか?

子供のけんかに親が謝ってまわるのと同じです。
仕切り直すならそれからです。

この方を守りたいのでしたら、これからは常にこの方のスレッドに随行して下さい。この方を一人にしないことだと思います。

ろむ 3月25日(土) 15:51
花月さん、お気持ちはわからないでもないですが
この掲示板を大切に思うならそのような稚拙で無意味なスレッドは起こさないで、静かに見守ってください。
40181: 何という木でしょうか 桂木 3月24日(金) 20:46
山梨県東部、標高500メートルくらいで、山の日当たりの良い尾根にありました。
木の高さは2,5メートルくらいです。
何という木でしょうか?

まず冬芽の画像です。
冬芽の縦の長さは3ミリくらいで小さい冬芽です。

桂木 3月24日(金) 20:47
2枚目は、すこし引いたところからの画像です。

桂木 3月24日(金) 20:48
3枚目も同じくすこし引いたところからの画像です。

桂木 3月24日(金) 20:50
4枚目は、幹の画像です。
幹の下のほうで、太さは5センチぐらいです。

桂木 3月24日(金) 20:56
最後に全体の画像です。
非常にわかりにくくて申し訳ありませんが、中央の木で、枝が横に張り出しているような木です。

何という木か、鑑定よろしくお願いいたします。

若葉 3月25日(土) 10:15
幹の皮目のたて割れ、丸い感じの冬芽からヤマグワを候補にあげますが、どうでしゃうか。
40184: ヤシの種類は多すぎて ? 虹の街 3月24日(金) 22:26
ヤシの木何種類あるのかな 種類&正式な名前をお願いします 🙇


虹の街 3月24日(金) 22:29
眉山山頂のかんぽの宿 庭園からです

高さ 3mかな 豪快です

このきなんのき所長 3月24日(金) 23:06
これはソテツですね。蘇鉄。
一見ヤシに似ていますが、針葉樹と同じ原始的な裸子植物で、被子植物のヤシ類とは根本的に異なります。葉も色濃く硬く、よく尖るので痛いです。庭や公園に植えられ、南西諸島では海岸の崖などによく自生しています。

虹の街 3月25日(土) 09:55
ソテツですか ググって確認しましたら 報告致します。

ありがとうございました。

💥 花月さんの件で虹の街が一方的に悪いと言いますが ?

植物に100%関係ないレスを無理やり書き込んでくる

明らかに花月さんの方が悪いですよ そこのところ所長様だけは

解ってください 花月さんがルール無視のレス荒らしです

此処のルールは植物に100%関係ないレスで賑わすだけが目的

の掲示板ならしたがいますよ 管理人様私的意見お伺いしたい

ものです 🙇


虹の街 3月25日(土) 14:18
所長様 ソテツと提案ありがとうございます

マクドに集合 会議を まちがいないですね、、🙇 ます

お前は火中に栗をひらうだな、、行かなければいいのではと同好会

の仲間に言われます しかし200円のセットいいですな

まず 個人で風景写真掲示板の友達にも紹介します

管理人(発起人)とマンツーマンでもう何年も画像交換しています

此処での経過は全国の友達も見て楽しんでいます、、
40182: ピンクネコヤナギ? アブリル 3月24日(金) 20:51
失礼します。
2月に赤い冬芽のキレイなヤナギについて質問したものです。
その木については(時たま行って)継続観察していますが、ネコヤナギかフリソデヤナギかの判定に都合の良い花穂状態に至っていません。
それで本日は花穂が満開状態のヤナギについて質問させてください。
最初の写真は 2月11日に撮影したものです。園芸コーナーで「ピンクネコヤナギ」そのものでした。

アブリル 3月24日(金) 21:01
質問は、このみかけが「ピンク」のネコヤナギですが、本日、再訪してみたら、写真のような花穂状態になっていました。
私は ピンクネコヤナギ=フリソデヤナギ と勝手に思っていましたが、花粉を冠した雄しべを見てみると Yの字形に分かれていない 単純に1本のしべの気がします。そうすると、この木は ピンクだったけれど 単純なネコヤナギ という分類になるのでしょうか?
以下、しべの状態を撮ったものをまとめて 2回 お見せしますので、これで判定していただけないでしょうか?
よろしくお願いします。
まず1回目は 一眼レフで撮ったものです

アブリル 3月24日(金) 21:02
2つめは スマホにマクロレンズつけて撮ったものです。
これらの写真で、判定できますでしょうか?
よろしくお願いします m(_ _)m

アブリル 3月24日(金) 21:05
写真が小さいようなので、一枚だけ再掲します。

shiro 3月24日(金) 22:13
こんばんは。
特徴はネコヤナギのようですね。
ピンクネコヤナギは海外ではSalix gracilistyla 'Mount Aso'やSalix gracilistyla 'Mt. Aso'と表記されていたので、ネコヤナギの園芸品種ということかもしれません。

あかね雲 3月24日(金) 22:54
こんばんは
先日フリソデヤナギと鑑定いただいたヤナギの雄蕊のアップです
雄蕊の先は平たくて先が角に見えます
一度目は細部を写してなくて気になり再訪して花序を写し直してきたものです
お役にたてたら良いのですが・・・

アブリル 3月25日(土) 00:27
shiroさん、返信あありがとうございます。
外見から(花穂が)「ピンク」のヤナギはすぐ分かるのですが、それがネコヤナギのばあいとフリソデヤナギのばあいとある、ということでしょうかね?

あかね雲さん、お写真ありがとうございます。蕊の先の花粉をのっけてるところがよく判ります。特に下のほうのシベですが、2本で一組なんでしょうか?

ところで、閑話休題。写真が2月のスレッドで取り上げたヤナギの現在の姿なんですが、これも開花したら、本日のネコヤナギのように 蕊の状態から判別できるようになるのでしょうか??

クサボケ 3月25日(土) 09:31
みなさん、こんにちは。
アブリルさんの最初のヤナギは、私もネコヤナギに賛成です。
添付画像は東京の小石川植物園のネコヤナギ(雄株)です。3枚の写真は同一個体の別の枝です。

アブリルさんのヤナギは、つぼみも花もネコヤナギで違和感ありませんが、ピンク色がとても綺麗です。普通のネコヤナギで赤く見えるのは花粉を包んでいる「葯」なので、葯が破れて花粉が出ると赤い感じはしなくなるのですが、アブリルさんのヤナギは花粉が出て雄しべの先が黄色くなった後も、花序の芯がピンクっぽく見えます。光の当たり方や撮影機材の違い(私のカメラはコンパクトです)かもしれませんが、もしかしたら花のつけねについている「苞」が赤いのかもしれない、という気がしました。

クサボケ 3月25日(土) 09:37
ネコヤナギの雄花をひとつ外すとこんな感じです。
花の下についている「苞」は先が黒く、つけねの方は薄緑で、間にちょっとだけ赤い部分があります。ヤナギの仲間には苞の先が黒くないものもありますが、ネコヤナギはふつう先が黒いです。

アブリルさんの2枚目、4枚組のうち左上のお写真に芽鱗を脱ぎかけている花芽が一部写っています。この苞の色がかなり赤く見えます。黒い部分が小さく、赤い部分が大きければ、つぼみの色は綺麗なピンクになりそうですし、花粉が出た後も花序の軸は赤っぽく見えるかもしれません。
綺麗なお写真を見せていただき、ありがとうございます。

クサボケ 3月25日(土) 09:41
あかね雲さんのヤナギですが、雄しべは2本ありますね。
お写真の木について、雄しべの色からフリソデヤナギを推したのは私ですが、自信がなくなってきました。
細かい点をきちんと確認せずにコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。
私もまだフリソデヤナギを2本しか見たことがありません。どうぞ他の方からもご意見を伺って下さい。

クサボケ 3月25日(土) 09:48
アブリルさんのお写真は、4枚目の方が赤い苞がよく見えますね。右上の部分です。

アブリル 3月25日(土) 09:59
クサボケさん、おはようございます♪
たくさんのコメントとお写真ありがとうございます。
私もシベを一本抜いてみようかな?

>アブリルさんの2枚目、4枚組のうち左上のお写真
ということは、都合 4回目に再掲した写真のことでしょうか?
これは 左のピンクの状態のものと、中央の開花したてのものと、右の咲き終わった感じの状態が同一画面に入れたので、私も判別しやすいかな?と思って再掲させていただいたのですが、中央の「芽鱗を脱ぎかけている花芽」の付け根を観察すれば、ピンクの理由が分かるかもしれない、ということでしょうか?

それから、不勉強ですみませんが、教えてください。話題は、雄株で話題は進行していますが、雄株、雌株はどこでわかるのですか?(どなたかズッコてらっしゃるのが見えるようです)

アブリル 3月25日(土) 10:02
クサボケさん、前後しましたが、
> アブリルさんのお写真は、4枚目の方
了解です。これの中央の花穂の 上のほう ということですね。

クサボケ 3月25日(土) 11:03
中央の花序も、上の方の花のつけねに苞が見えますね。
こういうふわふわと隙間があって立体感のあるもの、オートフォーカス頼りの私は撮るの苦手なのですが、苞の一枚一枚が鮮明に見えてすごいです。
その右上、咲き終わった右の花序の後ろに半ば隠れて、赤い花序が少し写っています。左のピンクのつぼみと同じ枝をたどって、一番先のところです。
画像の上端で切れていますが、茶色っぽい皮を被っています。この重なり合った苞が、普通のネコヤナギより赤く感じました。

虹の街 3月25日(土) 11:52
植物の名前は?ですが、、マクロの画像は素晴らしい

十分楽しめます 今後も素晴らしい画像楽しみにしています
40174: 紅い葉は珍しい 紅葉ぐらいしか知りません 虹の街 3月24日(金) 10:16
赤より紅と表現が似合う葉にウットリです (;^_^A

真面目な情報でお願いします

虹の街 3月24日(金) 11:00
情報の入力をします 高さ150センチ 少し貧弱です

観葉植物のため鉢植えが多いです

shiro 3月24日(金) 21:36
こんばんは。
この木は以前もお尋ねされていた、ナから始まりンで終わる4文字の常緑低木の栽培品種でしょう。

コメントしようとしたら、花月さんと虹の街さんとのやりとりは削除されたようですね。

私は所長様の当掲示板についてのご見解に賛同し尊重する気持ちで、虹の街さんのスレッドにコメントしてきました。

多少の樹木名の取り違えや写真の不備は初心者ゆえのこともあるだろうと、せっかく樹木、植物にご興味を持たれたのだからと、とやかくは言いません。

ですが、暴言は別です。

私は以前、一度だけ虹の街さんに苦言を呈したことがありましたね。
虹の街さんに好意的にコメントされたお多福さんに対して、暴言と受け取れるレスをされていた時です。
そのスレッドは削除されましたが、それ以来、お多福さんは(少なくともそのHNでは)この掲示板にいらっしゃらなくなりました。

口は災いの元、はインターネットでも同じです。
私は暴言に対して暴言で答えるやり方を肯定するつもりはありません。
しかし、虹の街さんが攻撃されている発端は虹の街さんの発言にあることはご理解されたほうがいいと思います。

もし何が暴言にあたるか分からないようでしたら周囲の人にお聞き下さい。

このスレッドでも、花月さんのHNがなぜ嫌がらせになるのか分かりません。花月は大阪限定の言葉ではないですし、花月(金のなる木の園芸名)という植物もあります。花月さんは荒らしではないでしょう。

虹の街さんが悪意をもって荒らしているとまでは思いたくありません。
しかし、今後も変わらないようでしたら、私も考えざるを得ません。

ぜひご理解下さいますようお願いします。

虹の街 3月24日(金) 22:10
shiro様  所長さんが言うように 暴言を言われても涙を呑んで

辛抱します すみませんでした

花月さんも嫌がらせの先制攻撃は今後やめてください 🙇


このきなんのき所長 3月24日(金) 23:03
ご報告遅れましたが、この投稿につけられた花月さんと虹の街さんのやりとりは削除しました。花月さんの投稿は、確かに思いやりのある内容ではなかったかもしれませんが、暴言や誹謗中傷ではありませんでした。しかし、虹の街さんの投稿内容は明らかに誹謗中傷にあたるものでした。

虹の街さん、やり返したり倍返しにしたりするのではなく、嫌がらせ的な投稿に対しては、誠実に対応するか無視してください。そうすれば事は少しずつ改善に向かうはずです。嫌な思いをされるとは思いますが、がんばってください。私もshiroさんと同じく、虹の街さんが悪意を持って荒らしているとは思っていません。

他の皆さんも、虹の街さんのお尋ねの植物に誠実に回答する気がないのであれば、何も書き込まないで下さい。それが掲示板の趣旨です。ご協力よろしくお願いします。

写真の木は、ナンテンのら栽培品種、オタフクナンテン(オカメナンテン)と思います。赤く染まって美しいので庭や街路に植えられます。どうぞご検討ください。

通行人C 3月25日(土) 00:28
こんばんは。
所長さんに異論を唱えるのは勇気が要りますが・・・・
オタフクナンテンは、2枚目写真の左の鉢に植わっているものではないでしょうか。
同じナンテンの栽培品種で、ヒメナンテン(姫南天)として出回っているものの方がしっくり来る気がしますが、いかがでしょう。
40166: コシアブラでは? 山法師 3月23日(木) 09:30
近くの里山を散策中に見かけたのですが、
まだ、芽の段階でよくわかりません。
何の木が教えていただけますか?

朽ち木 3月23日(木) 09:58
サカキ特有の頂芽が見えますね。

若葉 3月23日(木) 10:10
ヤマウルシではないでしょうか、毛深い裸芽と白っぽい幹から。コシアブラは緑がかった燐芽がつきます。

山法師 3月23日(木) 10:25
回答ありがとうございます。
ウルシの木とコシアブラって木が似てるんですね

通行人C 3月23日(木) 10:27
こんにちは。
ウルシの仲間に賛成です。
このお写真ではヤマウルシも否定出来ませんが、葉痕の下部が突き出し気味なので、ヤマハゼの可能性もあると思います。

山法師 3月23日(木) 10:44
朽木さん、若葉さん、通行人Cさん
ありがとうございました
でも、ウルシの芽も天ぷらとかで食べますよね❓

朽ち木 3月23日(木) 11:15
失礼お手付きしました。早とちりで右手前の葉っぱのことを言ってしまいました。
そそっかしくてごめんなさい。

山法師 3月23日(木) 11:57
朽木さん
いえいえ
ありがとうございます。
こんなに早く回答が頂けるとは思ってなかったので
驚いてます。

ありがとうございました。

オオノ 3月23日(木) 13:37
ウルシ類は、絶対に口にしない方がいいと思います。
以前、試しに葉をかじってみたら全身に(口の中まで)発疹ができて、
大変な思いをしたと知人に聞いたことがあります。

山法師 3月23日(木) 13:42
オオノ様
わざわざありがとうございます。
大変な事になりそうなので
食べるのはやめておきます。

K-ichi 3月24日(金) 19:17
> 以前、試しに葉をかじってみたら全身に(口の中まで)発疹ができて、
この板だったと思うんですが……
食べても粘膜はかぶれないけど翌朝のトイレが大変、とか聞いた覚えがあります。
口内は粘膜ですよね。どっちが正しいんだろう。
マンゴーでもかぶれるんで、試す気はないですが。

K-ichi 3月24日(金) 19:21
ちなみにマンゴーでは、口内はかぶれません。
口の周りなど、汁のついた皮膚がエライことになるので、予兆を感じたらステロイドをひと塗りします。

このきなんのき所長 3月24日(金) 23:26
マンゴーに反応する人は、口の中ではなく、鼻や耳、口のまわりが痒くなったりすることが多いようです。ウルシ職人は、ウルシの若葉を天ぷらなどにして食べて、体に慣らすという話も聞きますし、海外ではかぶれるウルシ類の葉に火を通して料理するという話も聞きます。粘膜は絶対大丈夫とは言い切れませんが、最終的には個人差があると思います。
40169: この木の名前を教えてください 気ままに花遊戯 3月23日(木) 14:11
長野県北西部、農業用水にも使われている幅2mくらいの小川の土手に生えていました。
対生で高さは1mくらい。丸い冬芽と頭頂部にある花序?に興味を引かれて後で調べてみようと写真を撮ったのですが、名前が分からずにいます。あれやこれやと思いつくものを調べてみましたが、どれもピンと来ず・・・どつぼにはまったのか悪戦苦闘しています(苦笑)

気ままに花遊戯 3月23日(木) 14:12
半分に割れたさく果が残っていました。

まみ 3月23日(木) 15:52
蕾といい、さく果といい我が家にあるライラックにとてもよく似ていると思うのですが、花期にはまだ早いし、庭以外で見たこともないので自信がありません。

まみ 3月23日(木) 21:29
かなり下がってしまいました。

私もこの木がなんの木なのかとても知りたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

なな@二つ 3月23日(木) 21:56
対生の冬芽、二つ割れの果実、仰るようにライラック仲間の可能性ありますね。もしもそうならば、日本自生種に確かムラサキハシドイというのがあるかと。でも最近はバルカン出自の普通のライラック(Syringa vulgaris)園芸種が多いそうです。

shiro 3月23日(木) 22:04
こんばんは。
私もハシドイ属に見えます。
日本に自生しているのはハシドイですね。
ムラサキハシドイはライラックの和名です。

冬に入る前(?)に時期外れに花芽が伸びてしまったのかなと思います。2枚目の右の枝にも芽が伸びた若い枝がありますね。
例えば大部分の葉が食べられたりすると、休眠していた芽が動き出して葉や花が出ることがあります。

まみ 3月23日(木) 22:18
なな@二つ様 shiro様 ありがとうございます。
ハシドイ、ライラックの仲間でよかったのですね。
花が咲けば、よりはっきりと分かるでしょうね。気ままに花遊戯様が花が咲いてからまた報告して下さる事を期待しています。

気ままに花遊戯 3月23日(木) 23:41
まみさん、なな@二つ、shiroさん回答ありがとうございます。
まみさん、お気遣い深く感謝します。

ライラックは名前だけ聞いたことがあり、ハシドイは名を聞くのも初めての種です。写真は最近のもので3月17日に撮りました。
ハシドイとライラックは葉の基部で見分けられるそうなので、また機会がありましたらご報告しようと思います。どちらにせよ現段階では「ハシドイ属」としたほうが良さそうですね。
皆さんの洞察に感服し、(新たに分かることがあればという前提での事ですが)もう少しご意見を聞いてみたいという我儘な欲求を持ってしまったので、お礼はまた後日に改めてしたいと思います。

気ままに花遊戯 3月23日(木) 23:55
投稿した後に見返したところ、なな@二つさんの敬称を入力ミスでつけ忘れてしまいました。大変失礼しました。

なな@二つ 3月24日(金) 05:45
気ままに花遊戯さん、ご丁寧に恐れ入ります。私もしょっちゅう起こします。また普段の暮らしは敬称なしの土地なので、様付きで書いていただくと、誰のことかと右往左往してこまります。
Shiroさんからカタカナ和名をおしえていただき、嗚呼ウッカリでした。ライラックやムラサキハシドイについて雑記した記憶があり、ちょっと探って見つけました(上のURL)。ハシドイ仲間のフランス・ドイツ綴りはLilaで、わたしのイメージはロミー・シュナイダーと重なります。誰っ?と知らない方が多いでしょうが、マミさんならきっとご存知でしょう。

まみ 3月24日(金) 08:12
なな@二つさま、ライラックはフランスではリラでしたね。
私をご存知で光栄です。ロミー・シュナイダー、知っていますとも。「離愁」をリアルタイムで観ました。リラのむせるような花の香りを彼女はまとっていましたね。

所長様 お話が樹木から外れて申し訳ありません。嬉しくてつい、、、

気ままに花遊戯 3月24日(金) 22:51
リラはライラックのことだったのですね。
植物の事には疎いので、こういったやり取りは自身の見識が広がっていくような感じがして少し楽しくもあります。
この質問をきっかけに、ライラックやハシドイの花の姿、両種の冬芽の形、ハシドイの葉痕の下部が出っ張っていること、実やさく果の形などなど知識として色々と取り入れることが出来ました。

皆さん回答ありがとうございました。
【編集・削除方法】
1:編集・削除したい投稿の冒頭タイトル左にある矢印マークをクリックします。
2:切り替わった画面で、ページ最下部の欄に、投稿時に入力したパスワードを入力します。
3:「編集」(返信がついていない最初の投稿のみ可能)か「自分の最後の投稿を削除」か「スレッド自体を削除」を選びます。
4:実行ボタンをクリックすれば編集画面に移るか削除完了します。
※文脈を乱さないために、返信がついた後や古い投稿の編集・削除はできない仕組みになっています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9

2017-3



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031