こんばんわ。 きっちゃん。 11月 6日(月) 23:52
 
今日も暖かでした。
でも水曜日は雨マークです・・・しばらく晴れて
たから良いか^^;

日記が再開されましたね。
楽しみが増えました^^
ついでに俳句コーナーも作らないですか?
ハハ。

今回の渓流の画像をいただきましたm(_ _)m
PCの表紙に使わせてもらってます。

この渓谷も蓼科ですか?
長野って良いところですよね。
兵庫からはちょい遠くなりますが。
最近は他府県の渓谷情報を集めてます。
九州なんか良いところがあります。
遠いですけどね。
今年は楓も紅葉時季が遅いって良く言われて
ますね。
そろそろ動かないとf(^^;

滝の虹は撮りたいものですね。
白糸の滝に行ったときに、少し撮れたんですが
アングルがぜんぜん駄目でした。
撮りたいです。

やればやるほど難しい俳句です。
この時季で一句です。
『新そばの 文字見て 暖簾くぐりたる』
蕎麦の画像がありました。
覚えてますか?

shige 11月 7日(火) 22:45
今日も昼間は上着を着ていたら暑くて脱ぎました。

この蕎麦の花の画像は覚えていませんでした。^^;
前ボケ後ボケが良いですね。

俳句のコーナーは『歌詠み』ではダメですか?
コメント出来た方が良いのかしら?

渓流の画像のお持ち帰り有難うございます!
今からだとちょっと寒そうではないですか。^m^
あの画像は蓼科ではなく、大倉滝の方です。
同じような画像なので、自分でもどこだかわからなくなりそう。^^;

蕎麦はあまり食べないので俳句が思い浮かばないのだけど・・・
『蕎麦の花 蕎麦茶蕎麦搔 蕎麦湯かな』( *´艸`)

流れの画像ばかり続いたので、紅葉にしてみます。
こんばんわ。 きっちゃん。 11月 2日(木) 00:55
 
今日は暖かでした。
流石に夕方は冷えますけどね。

上高地ですか。
まだ写真を始める前に行って、ちょい嫌な
思い出が^^;
水の流れ良いですね。
どこの渓流でも良いから行きたいです。
SSを落とすとなると、かなり絞りますか?
三脚?

流れは普通でも面白いんですが、やはりぼく的
にはND使いたい^^;
Shigeさんのように絞り込んでとか・・・何かしたくなります^^
今の時季なら渓流の淀みも面白いですしね。

夙川の桜は色づいてきてますが、楓はまだですね。
今年は遅いのかな?

Shigeさんの木犀の句は良いですね、素直な句
で^^

今日で投稿の兼題の『水涸る』が締め切られ
ました。
今回は2句を投稿^^
ぼく的に難しいでした。
『水涸る 川底跳ねる どじょうかな』
『水涸る 鮒を追いかけ はしゃぐ子ら』

shige 11月 3日(金) 11:37
やっとお天気が続くようになりましたね。
丁度良い季節の10月が雨続きで残念でしたが。
今年は秋物をほとんど着ませんでした。(+_+)

このお花は色も形も可愛いですね。
まるで少女のようです。(^^)

絞りは22まで絞る時もありますが、SSがいくつになるのか見ながら絞っています。
一眼だとファインダーで見るので(液晶でもみられますが)見にくいけど、ミラーレスは液晶で見ながら設定してストレスなく写せて良いです。
もちろん三脚は使っています。

31日には大倉滝にも行ってきました。
この日はお天気だったので、NDも使いましたが無くても大丈夫でした。

3時間半ほど渓流沿いを歩きながらの撮影でした。
滝に虹も出ていたのですよ!(^^)/

当日はお天気でしたが、その前に雨が降ったので、滑って歩くのが怖いほどでしたので、三脚を杖替わりにしてました。^m^

後で考えるとカメラをつけたままなので、振動がよくなかったかなと気になっていますが。^^;

『水涸る』は人工的に水を抜いた場合もありましたね。
それは気が付きませんでした。

それではまずは虹入りの滝を・・(^^)


shige 11月 3日(金) 11:40
↑時はまだPLではなくNDを付けているので、彩度を上げてはいるのですが、虹がはっきり見えませんね。^^;

次はきっちゃんの好きな渓流です。
SSスピードを変えて何枚も撮りましたが、あまり遅くない方が良いかなとこれにしました。
こんばんわ。 きっちゃん。 10月28日(土) 00:05
 
今日は蒸し暑いでしたがいい天気でした。
でもこの時季で24度は高いです。
で、明日は雨。

滝&渓谷・渓流の画像を拝見。
やはり良いですね…水は良い^^
スーと胸が晴れるようです。

この流れの画像はND16ですか?
良い流れの画像になってますね…羨ましいです。

ぼくのは竜胆です。
山野草のミヤマリンドウかな?
いかにも野山の花ですね…ぼくも好きですね。
このアブはですね、竜胆撮ってる時に入って
来たんです。
まさに瞬間。
アブにピントは無理だったですよ^^;
入って来るのが分かってればピンは大丈夫
だったんですけどね・・・虫は気ままですf(^^;

Shigeさんの句は良いですが、季重なりですね。
露と柿。
柿は消せないので、露の方ですかね。
Shigeさんの思いとは違う句になりそうです^^;

では一句。
『風なきに ホロホロと散る 木犀や』
まだ咲いてる木もありますが、家のは散りました^^;

shige 10月29日(日) 15:13
昨日から又雨です。
今年の秋は良い時がありませんでしたね。

今回は蝶にピントが来てますね。^m^

流れの画像にNDは使っていません。
雨が降って暗かったので、ISOを落として絞ったら丁度良いSSになったのです。
NDを持って行ってはいたのですけどね。

下の句は季重なりですか。
難しいものですね。^^;

木犀は静かに咲いて静かに散っていきますね。
強烈な香りで自己主張してますが。(^^)

『香り来て 周り見渡す 木犀や』

水がお好きだということなので、次は上高地の流れです。
この時も雨が結構降っていたので、NDを付けずにISOでSSを落としています。


北海道大学の紅葉 海都 10月25日(水) 19:40
DSC-HX90V 1/500sec F3.5 ISO80 ±0EV 
こんばんはー。
今日は天気がとても良くて、最高のチャリンコ日和でした。
札幌駅近くに用があったので、通り道と言えば通り道…の北海道大学に紅葉を観に行ってきましたよー。
ハッキリ言って、学生よりも紅葉見物のオトナが多かったです。 お隣の国の傍若無人ぶりもすごかったり。(*´ω`) ふふ

そちらはまだ紅葉は早い? これからが楽しみな季節でもありますね。

海都 10月25日(水) 19:43
こちらが、全国的に有名(なのかな?)な イチョウ並木です。

shige 10月26日(木) 20:44
海都さんお久しぶりで〜す!

こちらは今日、久しぶりに太陽を見ました。
一番良い季節なのに、週末には又お天気が悪くなりそうですね。

そちらの紅葉は素晴らしくきれいですね。
赤も黄色も色鮮やか!
こちらは平地ではまだですね。
先週上高地へ行ってきましたが、この位なのでまだまだですね。
今年は天候が不順なので、きれいな紅葉が見られるのかどうか。

北海道は先日雪が降ったでしょ。
紅葉の上に雪が積もったらきれいでしょうね。
こんばんわ。 きっちゃん。 10月24日(火) 00:18
 
すごい台風でした。
家はたいしたことがなかったですが、隣の
雨どいが家の屋根まで飛んできてました。
かなりの音でしたよ(>_<)

ぼくがウズウズするような渓谷ですね。
滝からの流れのようですが。
この渓流を見る限りまだ紅葉はまだ見たいですね。

この葡萄は近くの家のもので、食べれないそうです^^;
美味しそうだから撮ったんですけどね。

爪楊枝ではじけさせる羊羹ですね^^
まだ雑貨屋さんにはあるんじゃないかな。
前にお祭りで見た事がありました。
懐かしいですね。

それはそうと、天気も良くないのにテンション
が下がらないのがすごいです。
のってるところでしょうか^^
もっと見せてくださいね。

鰭酒の句は何とか出せました。
次回の兼題は『水涸るる』です・・・冬に雨が少なくて川底まで見える時季って意味だそうです。
2週間でなんとか(今回は撮影予定も)^^

秋も深まってきました。
柿が今はスーパーで良く見ます。
で、一句。
『木の枝に まどろむ老猫 子守柿』

shige 10月24日(火) 23:05
台風一過となるかと思ったのに、まだぐずついていますね。(+_+)
そんなに風が強かったのですね。
こちらは前回の台風よりましだったかなと思っています。
でも、すぐ近くを流れる川(用水路のような小さなものですが)が下流で越水したとメールが入りましたが、この辺りは大丈夫でした。

このお花はリンドウですね?
お花屋さんで売ってるのとは種類が違うのでしょうか。
これの方が山野草のようで好きです。

下のブドウは食べられないのですか。
美味しそうなのにね。^m^

次回の俳句のお題は難しそうですね。
思い浮かびません。

『霜降りて 柿一段と 甘くなり』
姑がよく、霜が降りる頃に柿が甘くなると言っていたので。^m^

それではもう一枚蓼科で撮ってきた川の流れを・・・

shige 10月24日(火) 23:09
書き忘れました。
りんどうにハナアブでしょうか飛んできていますね。
わたしなら昆虫の方にピントを合わせるところです。^m^

これが大滝です。
こんばんわ。 きっちゃん。 10月18日(水) 23:46
 
よく降りますね。
台風も今度の選挙の日辺りに西日本に
来ると予報が出てました。

↓のShigeさんの画像ですが、ちょい見ると
沖縄のような雰囲気ですね^^
雰囲気が好きです。
滝っていうと、結構期待するんですが
そうでもない時が良くあります^^;
その滝からの渓谷はなかったんですか?
何せ今は渓谷に恋焦がれてます。

雨が降るとほんとに気分的にも欲がなくなりませんか?
テンションがた落ちになるぼくです。
ぼくもこの秋は予定してますが、今の所分からないです。
広角も磨いたんだけどなf(^^;

家の白いホトトギスですが、最初は普通だったんです。
いつの間にか白くなりました。
葉はホトトギスにいえると思うんですが、傷がつき易いですね。

句ですが、『悪戦苦闘』も良いですが『滑って転んで』ではどうですか^^

『鰭酒』で投稿しました。
5句投稿しましたが、
『鰭酒や 潮騒しずか 旅の宿』
『鰭酒を 飲んで優しき 膝枕』
この2句がぼくの中では良かったと^0^

きっちゃん。 10月19日(木) 17:55
追記。
稲刈りは10年程前にお袋の里で見た事があって
それプラス、TVで稲刈りの後に塩むすびを食べてるバラェティ番組がありました。
その合体です^0^

shige 10月20日(金) 17:33
遅くなりました。
水・木と上高地に行ってました!
又雨に降られましたけどね。^^;

このブドウは家にあるのですか。
初めてですね。
皮をつっついたらパンッとはじけそうな感じがします。
美味しそうですね。
そう言えば、つまようじで表面をつつくとクルッと皮がむけて飛び出してくる羊羹がありましたよね。
最近見ないけど、まだあるのかしら。(^^)

この頃は雨が降ってもテンションは下がりませんよ。
何か変わった物が撮れるのではないかとちょっと嬉しくなったりもします。
この二回とも山だったので、しっとりとして良かったのですが、やはり撮りにくいですね。
特に昨日は泊りなので、リュックと肩掛けカバン、それに三脚まで持ってですからね。
自分でもよくやるよと思います。( *´艸`)

『滑って転んで』良いですね。(^^)/

きっちゃんのひれ酒の句は私は上の方が好きです。
旅先で一人静かに海の音を聴きながらお酒を飲んでいる姿が目に浮かびます。

蓼科は渓谷と言うほどのものではなかったのですが、(途中あったのかも^^;)滝からの流れを撮ってみました。
こんばんわ。 きっちゃん。 10月14日(土) 00:39
 
天気がまた秋雨前線で鬱陶しい天気ですね。
今日は雨後曇りで気温も低いでした。

↓の赤蕎麦は色が出て良いですね。
一度、赤蕎麦を食べてみたいです^^
蕎麦・饂飩は大好きで、蕎麦は越前そばで
饂飩は讃岐から取り寄せています。
蕎麦は湯がくのに時間はたいしたことがないですが、饂飩は時間を喰います^^;
冷水で〆て、更に氷で〆て冷たい蕎麦・饂飩が
お気に入り。
熱い蕎麦などは、〆てからもう一度熱湯にくぐらせるとぬるくならないです・・・その時間具合も難しいですけどね。

トンボも最近見てないです。
庭にも来ないし・・・

Shigeさんの句は面白い。
レシピが良いですね^^
ただ『鰭酒や』を上五にもってくれば、もっと
良いかも。
このお題では18句詠みました。
18日が締め切りですが、これ!ってのがなかなかですf(^^;

それと『みどりの髪』はねぇ(爆
今の女性ではいないかも・・・子供くらい。

鰭酒の句はちゃんとできてから書きますね。
その前に秋深まる句を。
『切れ切れに 虫の音寂し 秋の暮れ』
『稲刈りて やすけき心 塩結び』

家のホトトギス。

shige 10月15日(日) 00:21
急に気温が低くなって暫くはお天気もよくないようですね。
いよいよ晩秋に入るのでしょうか。

うどんと蕎麦にはすごいこだわりがあるのですね。
語りだしたら止まらなくなりそうですね。(^^)

そちらはもう稲刈りが済んだのですか。
それとも想像かな?^^;
この辺りはまだです。

真っ白のホトトギスは好きなお花です。
今は無くなってしまったけど、家ではいつも葉っぱが虫食いだらけになってしまっていたけど、きっちゃん家のはきれいですね。

昨日は蓼科大滝に撮影に行ってきました。
大滝というくらいだから、よほど大きな滝だろうと思っていたのですが、「え、これ?」という感じでした。^^;

滝よりもそこへ行く途中のきの根っこの方が面白かったですが、小雨が降っていたので滑りやすく一度尻餅をついてしまいました。(+_+)
ただツルっと滑っただけで、痛くもなく汚れもしませんでしたけどね。
森林は雨上りが最高ですね!

滝の画像はまだ現像出来ていないので、滝へ行く途中です。

『小雨降る 悪戦苦闘 秋写す』
こんばんわ。 きっちゃん。 10月10日(火) 00:22
 
暑いでした。
今週の半ばまで暑いようですね。

赤蕎麦の全体像も良いし、寄った前ボケも
面白いです。
全体的な画像は赤が薄くなるんでしょうか。
それともこんな色だったかな?
ぼくが撮りにいったのはちょい前なので
朧です^^;

匂わないでしたか?
前に何かで読んだんですが、蕎麦の花が満開
になると窓を大きく開けられないと。と言う
言葉を読んだ事があるので^^;
それと蕎麦の花に来る昆虫は蜜蜂だけでなく
悪臭を好む虫も寄ってくるらしいので、悪臭
がするのでは?と思いました。

Shigeさんの句ですが、可笑しくないと思いますよ。
ただ中七の『乙女心と』の『と』を替えれば
と・・・その場合、Shigeさんの思ったイメージ
とは離れるのでどうかな?
『の』『や』にすればどうかな?と思いました。

『腰痛く もみじ撮れずに レンズ拭く』
が心境で、カメラはやめませんよ^^
今年はまじで夏前から右腰・左腰・お尻・胸
背中と痛みが移動して、楽になってきたと思うと
また痛み、いらつきました。
行けない暇に俳句という訳です。
嵌ってきましたけどね^^;

この句は試し、勉強で五・七・五が字数を勘定
しなくてもすっと出来るかな?と詠んだ句です。
『コスモスを 手折りてみどりの 髪にさし』
夏井先生の実家である松山で、先生自身がつくられてる投稿コーナー・365日俳句にも挑戦
です^^
お題があって『鰭酒(ひれざけ)』です。

去年の彼岸花です。

shige 10月10日(火) 22:58
又夏に戻りましたね。^^;

赤蕎麦はお天気が良かったので陽に当たると白く飛んでしまうので、かなりマイナス補正して撮っているのですが、まだ白っぽくみえますね。
今度はもう少し赤いのにしてみます。^^;

下の句は『乙女ごごろや』が良いですね!

そんなに次々と痛みがあるのですか。
古傷が痛むと言いますが、よくバイクで事故にあってたからその時の後遺症が今頃になって出てきたのではないですか。(>_<)

一か所が痛むとかばって又別の所に無理が来るということもありますしね。
吟行を兼ねて湯治なんていうのはどうでしょう。(^^)
とにかく、一度しっかりと治して下さいね。

きっちゃんの句はいつも優しいですね。
今の若い女性を想像すると、「違う、違う、この人じゃない。」と頭の中で振り払っています。^m^

夏井先生のそんなコーナーがあるのですね。
頑張って下さい!(^^)/

お酒は飲まないので、思い出で一句。
『生臭し レシピ知らずに ひれ酒や』
昔、ふぐのひれを頂いたことがあって、父が喜んでひれ酒にしたのですが、生臭くて飲めなかったことがあったのです。
それを思い出して、レシピを調べてみたら鰭は焼いてから使うのですね。
生のままだったから生臭かったのでしょう。
あの頃にPCがあったら良かったのに。^m^

shige 10月10日(火) 23:07
蕎麦の花には蝶は来ていましたけど、他の昆虫はあまり見ませんでした。
近くにトンボはいっぱいいましたけどね。

昨日は高校の同窓会でした。
50年以上経っても校歌や讃美歌を覚えているものですね。
一週間前のことは忘れてるのに。( *´艸`)
こんばんわ。 きっちゃん。 10月 5日(木) 00:13
 
今日は冷たい秋晴れでした。
ぐっと冷えるようになりましたね。

矢勝川でしたか。
今は結構有名になりましたね。
ぼくも2年前に名古屋から…何と言う所か
忘れましたが行きました^^;
『ごんぎつね』で有名になった作家さんの
生家がある所です。
矢勝川は行きたいと思ってるところです。
来年は行きたいです。

箕輪の赤蕎麦もすごいですね。
兵庫県でも向日葵で有名な佐用町で蕎麦の花
を植えてる所があります。
蕎麦屋さんがある所で、赤蕎麦もメニューに
ありました。
行ったのは2度ですが、2度とも休みでした;;;

箕輪の赤蕎麦はそこ以上です。
これでもまだ早いんですね^^;
ナンチャッテ魚眼も面白いですが、広角で
撮っても良いと思いますよ。

Shigeさんの秋刀魚の句、誘う(いざなう)と
難しくしなくても良いかも^^

秋刀魚はほんとに美味しい魚で、好きですが
今年は何だか痩せていてあんまり美味しく
感じられないです。
不漁のせいかなぁ。

では一句。
『緋色より 淡き思いの 吾亦紅』
吾亦紅も好きな花です^^
NHK俳句ってあるんです。
夏井先生も見てくれるらしいので、投稿しようかと思ってますf(^^;

この画像、見ていないと思うけど貼って
みます。


きっちゃん。 10月 5日(木) 00:27
追伸:この蕎麦畑で撮っていて、匂いは
大丈夫でしたか?
良い香りとは言えないものね^0^

shige 10月 6日(金) 11:27
今日は冷たい雨のようですが、明後日から又夏日に戻るとか。
徐々に変化して行って欲しいですね。

矢勝川はごんぎつねの所ですよ。
きっちゃんの画像が同じところなんですね。
まだかなり早かったようですけど。

半田口から歩いてもすぐなので、行きやすいですね。
駅から矢勝川沿いを歩いて新美南吉記念館まで行きました。

近年天候不順でお花関係は読みが難しいですね。

秋刀魚の俳句でいざなうと詠んだのは、さそうでは一文字足りないし、誘われてと『て』を入れると文章のようになってしまうかなと思ったからですが、秋刀魚には似合わなかったでしょうかね。^^;

吾亦紅の深い赤色が良いですよね。
秋の色です。(^^)/
いよいよきっちゃんは写真から俳句に転向ですか?(*'▽')

蕎麦畑の匂いですか?
何も全く感じませんでしたけど。^^;
匂いのことを言う人は誰もいませんでしたよ。

上から見下ろすとこんな風景です。
満開なら手前が真っ赤になっているところなんですけどね。



shige 10月 6日(金) 11:44
もう一枚。
前ボケを入れてみました。

『風に揺れ 乙女心と 吾亦紅』
意味不明でしょうね。
秋になりちょっと大人びてワインレッドの口紅をつけた乙女の心はか細い吾亦紅が風に揺れるように、揺れているということです。

注釈をつけなくてはいけないようでは俳句として成り立っていませんね。^^;
でも、どうしてよいのか思いつかないので。
こんばんわ。 きっちゃん。 9月29日(金) 18:52
 
今日は蒸し暑い秋晴れでした。
変な日本語^^;

Shigeさんが行かれた彼岸花の場所は
何処ですか?
彼岸花の名所のニュースで見た事があるような。
良いところですね。
行かれた時を考えるともう傷み始めですかね。

↓のぼくの画像はおそらく『アケボノ草』だと思います。
可愛い花です^^
ぼくも好きな花です。

なるほど小学校低学年の時ですか。
思い出に残る時って何かがあるのかな?
ぼくも小学校の時に田舎からまだ帰りたくなく
それでもお袋さんが迎えに来て、ぐじぐじ泣いてた時に見たカンナでした。
今でも焼きついてますね。
あの赤黒いカンナの色を。

Shigeさんの句は季重なりです^^;
稲と曼珠沙華。
稲を替えないといけなくなるのかな。

ではぼくの一句。
『秋刀魚焼く 煙の先に コップ酒』
酒飲みの句でした^0^

shige 10月 1日(日) 16:27
遅くなりました。m(_ _)m
陽が差すと暑いけど、朝は冷えるようになりましたね。

この画像は秋らしくて良いですね。
好きです。

彼岸花は知多半島の矢勝川です。
最近は色んな所に名所がありますね。

想い出に残った時の彼岸花ですか。
特にこれということはないのですが、まだ小さい時で初めての経験ばかりだったからでしょうか。

病院にお見舞いに行くというのも初めてでしたし、まだ若い先生がお薬の包み紙を4つに切って小さな小さな折り鶴を作ってみえたことも印象的でした。
そんな何だか物悲しい所から急に真っ赤な彼岸花を見に連れて行って下さったことも強烈な印象として残っているのかもしれませんね。

まだ結婚もされていない若い女の先生でしたが、盲腸の予後が悪くて長期入院となり、一時期他のクラスに振り分けられてこともあり結局そのまま退職されてしまいました。

半年しかお世話になっていなかったのに、なぜか長い間年賀状も出していました。

下の俳句は季重なりですか。では
『畔道で 田畑を守る 曼殊沙華』
これではただの文章ですね。(;^_^A アセアセ・・・

きっちゃんは食べ物とお酒は一対のようですね。( *´艸`)

『秋刀魚焼く 香に誘(いざな)われ 急ぎ足』
私は魚の中では秋刀魚が一番好きです!

一昨日は箕輪の赤蕎麦を撮りに行ったのですが、種を撒いた翌日に豪雨で全部流され、巻き直したそうで彼岸花に続きこちらもまだ早かったです。

蕎麦は乾燥した土地を好むそうで、水が溜まりやすい所は芽が出なくて剥げ剥げだったので、木の影を使って隠しました。^^;
これがなんちゃって魚眼で撮った全体像です。

shige 10月 1日(日) 16:29
よく咲いている所だけ切り取れば充分きれいですけど、例年ならこんなものでは無いそうです。
残念!(>_<)
こんばんわ。 きっちゃん。 9月27日(水) 00:18
 
今夜は少し蒸します。
すっきりしないです・・・明日あさってと雨
マーク。

↓の曼珠沙華、綺麗ですね。
これでまだ早いんですか?
満開になれば見事でしょうね^^
ほうほう、苦手ですか?
何枚も何枚も撮れば良いのでは。
ぼくも行きたいけど、腰などで残念な思いです。
まだありましたら見せてくださいね。

Shigeさんの句はこの前のもそうでしたが
『変化球』『ショール』とかぼくには思いつかないです。
そういう感性ってShigeさん流で良いなぁ。
この句は好きです・・・情景が浮かびますね^^

ではShigeさんの曼珠沙華の画像で一句。
『舞い降りて 天上の花 輝けり』

shige 9月27日(水) 23:43
夜になって雨が降ってきました。
いよいよ秋になるようですね。

このお花の名前は何でしたっけ。
一枚一枚の花弁に黄色くて丸い目のようなものがあって楽しいですね。

私の句は俳句ではなくてダジャレがほとんどですからね。^^;
きっちゃんの句は画像と一緒できれいですよね。

それでは、私も一句。^m^
『あぜ道で 稲を守りし 曼殊沙華』

彼岸花を初めて見た(意識した)のは小学1年生の時で、担任の先生が入院されていたのでお見舞いに行ったら、きれいなお花を見せてあげると連れて行って下さったのが、田んぼの周りで真っ赤に咲く曼殊沙華でした。
その後、もっと一面の彼岸花を見ているのですが、あの時の印象が一番心に残っています。
こんばんわ。 きっちゃん。 9月22日(金) 23:49
 
今日は思いもかけず雨でした。
冷たい雨でした。

ちょうど彼岸花の綺麗な時ですね。
いい画像が撮れたかな?
楽しみです^^
ぼくはと言えば月曜日か火曜日に行く予定はしています。
行きたいんですよね…夏に六甲高山植物園に
行ったきりです。
で、何時もは最近は行かないコスモス…う〜ん。
で、渓谷・紅葉と…
意気込みだけはあるんですけどね。

コスモスって見た目は可愛いけど、強い花ですよね。
楚々ととありますが、強いコスモス見てから
そう思えなくなりました^^;
でも俳句は別。
問題は『大木』ですかね。
コスモスは草なので、その辺の所が気になります。
Shigeさんの言いたい事はすごく出てるんですけどね。
ぼくなりの添削ですが、
『楚々とした コスモス今は 背のたけに』
と詠んでみましたm(_ _)m
いかがでしょうか。

この時季で詠みました。
『草深く 響く虫の音 星月夜』
もう一句。
『虫の音や 羽震わせて 秋飾る』^0^

shige 9月23日(土) 23:38
雨が降れば小寒いし、晴れれば暑いし、やっかいな時期ですね。

やっぱり彼岸花は苦手です。(>_<)
色々撮り方を思いめぐらせて出かけたのですが、全く想像通りにはいきませんでした。
もう少し経つと土手一面が赤く染まるのですが、まだ少し早かったようです。
と、今回は状況報告をしてお茶を濁しておきます。(;^_^A アセアセ・・・

俳句というより私のは川柳ですが、添削を有難うございました。
確かに大木は大げさすぎますね。(^^;

虫の音がまるで耳鳴りかと思うように聞こえてきます。^^;
きっちゃんの句はきれいですね。

それではまたまた私も懲りずに一句。^m^
『虫の音と 月夜にショール 羽織りたり』

先に解説させて頂きますと、虫の音と月夜に誘われて外に出ると寒くてショールを羽織ったということです。( *´艸`)


1 2 3 4 5 6 7 8 9