179016


この掲示板は、わが国の魅力ある集落町並みに関する情報交換の場です。「都心部なのに古い町並みが残っていた」、「断崖絶壁の下というすごい場所に漁村集落があった」、「開発された新都市だけど景観が素晴らしい」などなど、集落や町並みを歩く魅力や面白さについて楽しく語り合える場にしていきたいと思っています。

【皆様にお願い】
気持のよく掲示板をご利用いただくために、以下のことにご配慮願います。
◇投稿された写真は断りなく転載されぬようお願いします。
◇相手を批難したり中傷したりするような書き込みはしないでください。
◇集落町並み以外の話題は脱線程度にしましょう(管理者も時折脱線しますが)。
◇管理人のほうで不適切と判断された書き込みは予告なく削除することがあります。
◇コメントは管理者はグリーンを使用しておりますので、投稿される方はグリーン以外を選択ください。見やすさ向上にご協力ください。

以上、当掲示板の趣旨をご理解いただける方は遠慮なく書き込みください。理解いたけない方はご遠慮願います。

お疲れ様でした エルモック 12月11日(火) 22:23
縦走紀行お疲れ様でした。以前埼玉の石間を紹介させていただいたエルモックです。
以前から古い町並みを歩くことは好きだったのですが、万訪さんの集落町並みWalkerに出会ってからは様々な町並みに触手が伸び、人生に更なる彩りを与えてもらいました!特に万訪さんのサイトで知った飛田や和歌山の橋本などあまり書籍では紹介されてない町並みには「日本にはまだこんな町があるのか?」と、本当に感動させられました。私の町並み探訪は2年前の長男誕生により減速状態が続いていますが、将来的には中国の古い町並み探訪も考えてます。これからもどうぞ末永く町並み探訪を続けてください、いつか小笠原の記事が出現してくることを楽しみにしています!


万訪 12月11日(火) 23:44
エルモックさん、ご無沙汰しております。縦走紀行、ご覧いただきありがとうございました。
どんなことでも人並み以上に続けていると何かに到達するもんだなぁと思っています。それは心地いいものであり、自分の拠り所になります。しかし、その心地いい場所からいったんはなれて、初心になってまだまだ新しいことに挑戦しなければいけないんだと思い、探訪に距離をおくことにしました。
エルモックさんも中国進出ですか。奥深いのでしょうね。是非、遠慮なく中国のレポもこの掲示板にいただければ幸いです。
ブログの方は更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。
pw126205133149.3.panda-world.ne.jp
ありがとうございます。 hako 12月 4日(火) 16:20
奈良県大塔村の記事に
祖母の育った家をみつけました。

どんつきの集落、篠原の一番高い所にある家です。
幼い頃に数度と大人になってから1990年に1度尋ねた事があります。

五右衛門風呂と床に穴のあいたトイレに怖々入ったのを憶えています。
トイレの床下には大きな桶があって、用を足すとき、その間から集落の下まで見下ろせました。

こんなふうに資料として残していただけたことに心より感謝します。

万訪 12月 9日(日) 02:25
hakoさんようこそ。訪ねたのはかなり前になりますが、また行きたい場所の一つです。篠原の民宿は古民家で良い宿でした。
i60-43-49-29.s99.a049.ap.plala.or.jp
お坊さん 七ちょめ 11月30日(金) 15:58
今のトップページの有馬温泉の画像の中にお坊さんが写っていますね。なかなか良い雰囲気と思って見ています。

ntoska680236.oska.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
縦走紀行拝見しました 孫右衛門 9月10日(月) 23:50
 
掲載された縦走紀行拝見しました。今回訪ねられたところには新潟県小白倉、山形県加茂があり、特に加茂は一ヶ月たたぬ前に私も訪ねておりこんな小さな町を相次いで訪ねるとはまた不思議なものです。しかし、ここは凝縮されたようないいところでした。
小白倉は春の田植えの頃訪ねたのですが、俯瞰風景のすばらしさは感動しました。蛙の鳴き声が聞こえ、厳しい冬を乗り越え新緑に包まれてこんな美しい集落があるのかと思いました。
万訪さんのレポートはいつも臨場感に溢れています。後半の北日本編も楽しみにしています。

万訪 9月11日(火) 01:19
長々とつたない国語力の文章を読んでいただいてありがとうございます。だんだん文体が、尊敬する宮脇俊三さんの言い回しに似てきているなあと自分で思います。語彙は全然及びませんが、、、

いらかぐみ掲示板にも書きましたが、縦走紀行の目的というか、この旅によって見えてくるものがなんなのか、この旅を終えたとき自分は次に何を見据えて生きていくべきなのか、いよいよ訪れる三陸海岸の集落町並みがヤマ場のように思えてきました。どんな旅になるか、自分でも未知です。(画像は岩手県陸前高田市今泉)
i60-43-49-29.s99.a049.ap.plala.or.jp
姫路城大修理 R.. 8月17日(金) 21:43
 
万訪さん、残暑お見舞い申し上げます。
まだまだ暑い日が続きそうですね。
お元気でお過ごし下さい☆

さて、先日、兵庫に帰省した親戚のリクエストに応え
姫路城・大修理の見学に行ってきました。
ハコ(素屋根)で覆われた大天守、その内部に見学施設が設けられ
エレベーターで上下します。
ガラス越しに屋根、壁面の修理作業を見ると、臨場感あり、です。
ただ、思っていたよりお城が小さいような・・・
多分、一面から見学するので、奥行きがボヤけるんでしょうね。
見学スペースが二面、或いは三面と広ければ建物を
多角的に捉える事ができ迫力が増したかも知れませんー。

写真は最上部屋根(エレベーター8F)。瓦目地漆喰が特徴の一つだそうです。

R.. 8月17日(金) 21:44
写真は四層壁(エレベーター7F)。

R.. 8月17日(金) 21:45
修理棟の外観。

万訪 8月20日(月) 07:01
R.さん、こんにちは。迫力の姫路城レポありがとうございます。こうした見学ができるのですね。先般、姫路駅ホームから眺めた時、素屋根をどうやってそそり立つ石垣の上に構築しているのか興味を持ちました。特に最後の写真のところ。建物を横切ってるでしょう。エレベーターまであるとは驚きです。
私も最近神戸での仕事ができましたので、機会あれば是非見学したいと思います。
i60-43-49-29.s99.a049.ap.plala.or.jp


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
2017-4






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30







最新のコメント
  • by 万訪(1/1)
    by R.(1/5)
    by R.(1/5)
    by 万訪(12/31)
    by R.(12/25)
    by 万訪(8/19)
    by R.(8/16)
    by R.(8/16)
    by R.(8/16)
    by R.(8/16)
    by 万訪(6/4)
    by エビ(6/2)
    by エビ(6/2)
    by エビ(6/2)
    by 万訪(5/17)
    by R.(5/17)
    by R.(5/17)
    by R.(5/17)
    by R.(5/17)
    by R.(5/17)
    by 万訪(4/22)
    by R.(4/19)
    by R.(4/19)
    by 万訪(3/15)
    by エビ(3/15)
    by エビ(1/26)
    by 万訪(1/26)
    by エビ(1/25)
    by (1/25)
    by 万訪(1/25)
    by エビ(1/25)
    by 万訪(1/24)
    by 万訪(12/27)
    by R.(12/27)