Home 443657
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB
Color:
Password:
 cookie


美濃市 自転車野郎 6月13日(木) 22:48
 町並み探索グループが選ぶオフ会の場所が何処になるか楽しみでしょうね。美濃のうだつが上がる町並みスケッチ壮観です。私は先日スケッチグループリーダーが選んだ犬山へ行ってきました。画像は壽俵屋犬山井上邸です笑覧ください。


Kさん 6月14日(金) 07:07
参加されている2つのグループもなかなか活発に活動されていますね。犬山へ行かれましたか。私はまだ行ったことがありません。

いらかぐみのオフ会開催場所の選定は事前にメンバー間で話し合って決めます。それが一番楽しい時とも言えますね。現在8人がメンバーですが、東京、関西、岡山・広島のメンバーが持ち回りで幹事を務めます。来年は岡山以西で開催の予定です。私以外は皆さんカメラですが、町歩きのいわばプロばっかりで、知識は凄いですよ。オフ会も今年17回目でした。

有難うございました I です。 6月12日(水) 07:19
昨日は、ご多用の中絵游会展にお越しいただき有難うございました。浪漫会の皆さんも沢山来ていただき本当に喜んでいます。メンバー皆パワーを感じて今後の励みになり感謝しております。
7年目、2回目の展覧会ですが、これからも切磋琢磨しながら楽しく描いていこうと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。


Kさん 6月12日(水) 08:58
会期は今日までですね。お疲れ様でした。
複数のギャラリーがあり、それぞれに別の展覧会をやったり、全体を使って大きな展覧会も出来、しかも特急停車駅直結という、枚方市民ギャラリーは貴重な存在ですね。阪急茨木駅、阪急池田駅などにもこうしたギャラリーがありますが、枚方が一番規模が大きくてよいです。

あの後、高架下の飲み屋へ行きました。電車の騒音が気になったのは飲み始める前だけ。そのうちにわれわれの声の方がうるさくなりました。最近の浪漫会は活気があります。
十三 すろさぶ 6月11日(火) 17:04
十三つながりで、添付させていただきました。
多分しょんべん横丁大火の前の年だったと思います。息子との3人男子会と称し始めて十三に繰り出しました。調子に乗って飲み過ぎて翌日は大変でした。肝に命じて休肝日をつくる始まりになりました。酩酊写真から絵日記にしました。


Kさん 6月12日(水) 06:53
十三はまったく馴染みのない繁華街なんですが、先日、ちょっとした用事があり、そのついでに火事のあった横丁を覗いてみました。見事に復興していて、絵になりそうなので、改めて出かけました。
すろさぶさんの味のある絵のようにはいきませんが、高架道路の日陰から楽しみながら描きました。絵のアップは後日として、とりあえず、同画角写真を。横尾忠則好みの「Y字路」構図です。

未だ未だストックがありそうですね。 Toshiko 6月11日(火) 07:46
京都に大阪、沢山貯まっていますね。
入梅は来週とか〜何時でも来いですね。
緑大好きで鉛筆のあたり線も少なくて済むので早く描けます。
昨日はゴミ出しなど朝の用事を済ませて二度寝しました。筋肉痛が残っています。何キロ歩いたかしら?体力なくなっているのがありありです。
私はこちらが好きかな?

Kさん 6月11日(火) 08:41
定期便がなかったので何かあったのかなと思っていましたが、二度寝ですか。それもいいでしょう。十三駅で電車不通の放送をしていましたが、神戸線で梅田まで帰りましたので、何の影響もなしでした。

私は緑が苦手なので、十三の飲み屋街みたいにまったく緑のない場所の方が好きです。ちょっと気に入った絵になりました。在庫はたまっています。岐阜県で2日分、滋賀と大阪でそれぞれ1日分です。飲み会で夕方家にいない日を除き、毎日更新しています。
北小松 ガク  6月 8日(土) 08:23
ご婦人は当地で「北小松は良い所でしょう私は農家なんですヨ」と私達を温かく受け入れて下さいましたオシャレなご婦人をイメージして後で描き入れました。
Kさんの雪景色と発想は同じでしょうかネ。

Kさん 6月 8日(土) 09:40
そう言えば、反省会の時に見せてもらった絵には人物は入っていなかった?ような気がしますね。おしゃれな人で良かったですね。

私の場合は、通りかかったご婦人に「この絵は色付けするのですか。私は『デイ』での塗り絵でいつも苦労しています」と声を掛けられました。
北小松 ガク  6月 7日(金) 15:00
昨日はお疲れ様でした🙇北小松スケッチ楽しく描かせて頂きました。反省会も良かったですね、良い店が見付かって京都の楽しみが一つ増えました🙌昨日のスケッチ添付させて下さい。
すろさぶ様恐れ入ります💦


Kさん 6月 7日(金) 20:59
ガクさん、この絵いいですね。とくに手前のご婦人がいかにもガクさんらしい。「このスケッチが一番楽しかった」と言われていましたが、楽しく描くのが何よりですね。

私の絵は、まったく同じ場所ですが、実は想像で描いた雪景色です。2年前の年の冬、あまりにも寒いので、外へ出られず、この場所に雪が積もったらこんな景色になるだろうと、頭の中で組み立てました。雪国育ち人間の遊びです。明日朝、フェイスブックに投稿予定です。
尼崎城 すろさぶ 6月 6日(木) 15:57
「民家と町並み」にふさわしい尼崎城の取り込み方、流石ですね。説明文につられ思い出しました。25年前、城跡探しでウロウロ歩き、やっとで碑を見つけました。大汗かいてそんだけのコトでした。
追 学さんから個展見学のお礼状頂きました。お上手で感心いたしました。

Kさん 6月 6日(木) 21:00
お!!さすがに尼崎城趾の碑まで描いておられましたか。絵をアップするときに、ネットでいろいろ検索して、この碑の存在も知りました。

学さんとは今日終日一緒でした。
高知県黒潮カントリの風景 Kazz 6月 6日(木) 14:51
先日高知県の黒潮カントリと土佐カントリでゴルフをやりましたが、南国の雰囲気のあるゴルフ場でした。

Kさん 6月 6日(木) 20:58
Kazzさん、相変わらず素敵なスケッチが続いていますね。お元気でゴルフが出来るのが何よりです。おまけにスケッチで、よりいっそう楽しみが増すと思います。投稿ありがとうございます。
同級会の件 服部喜八郎 6月 6日(木) 09:20
前略、第13回の個展は如何でしたか。昨日は連絡有難うございました。私事、本年2月・4月と緊急搬送の上、入院する事態となり目下自宅で静養中です。よって、残念ながら参加は無理です。
記念写真を送って頂ければ幸いです。敬具。

Kさん 6月 6日(木) 20:55
今日は一日、不在にしていて申し訳ありませんでした。静養中とのこと、お大事にしてください。
ピーアール Toshiko 6月 6日(木) 07:41
先日よりテレビで尼崎城のPRしていましたね。
そりゃ〜こちらの方が良いですね。
好みは一致です。

関東の友達には何時行って頂けるかは分かりませんがHP名は伝えてあります。
今年はキルトショーをパスしたので行ってもらえるとおもっていますけどね。

屋根の修理が書類だけ届いて先行しているのに未だです。
明日にも入梅ですね。写生会は有るかしら?

投函しようとしたら題名を日本語でと指示がありカタカナにしました。

Kさん 6月 6日(木) 20:52
屋根の修理、遅くなっていますね。近所にもシートがかかったままの家がたくさんあります。

今日は最後の晴?。第2日曜日までもつかな。今日は最高のスケッチ日和でした。日陰に入り、涼風を感じながらスケッチするのは何物にも代えられませんね。おまけに反省会と称して、安めの居酒屋に入り、楽しくやって先ほど帰ってきました。
「街にお城がやって来た」 おち 6月 5日(水) 19:13
連投すいません。

ダウンタウンが尼やんけ!と言ってる土地でね。

このスケッチ最高です。

確かにお城だけだと、絵ハガキみたいに綺麗だけの構図になりがちです。

庶民的な民家にチラと見せるあたりに町並みスケッチの名手を感じます。

ボクが良いなと思ったのはビュッフェを思わす線の力強さです。
描きながら気持ちが乗ってる感じが伝わって来ます。

オーベルニュの田舎道を走っていたら何故か?ガンダムが立ってました。




Kさん 6月 5日(水) 21:23
連投、ありがとうございます。尼は梅田(大阪)から10分ほどですが、もう兵庫県です。工場街、高級住宅街などいろんな要素が入り交じった珍しい街です。阪神尼崎駅前には寺町もありますが、今度は城下町の仲間入りです。でもこのお城、スケッチするには綺麗すぎますよね。
私がスケッチした絵の右手前の家、凄い家だったのですが、画面からはみ出しました。門柱の上になぜか兔の人形が乗っていました。
オーベルニュの田舎道で、ガンダムですか。これも珍し。
下津井の瀬戸大橋 おち 6月 4日(火) 16:53
潮の香と気持ち良さが画面から伝わってきます。

ウチの長男が人生で観た一番美しい場所と言っていた瀬戸大橋からの眺め。
2回目は一人でテント担いで自転車で行きました。

何処の国から来たの?って言われたそうなので、
やっぱり日本語が訛ってるのかな?
子供の頃の寝言はフランス語でした。


Kさん 6月 4日(火) 18:43
私は海外経験がほとんどありませんが、瀬戸内の多島海の眺めは世界に誇れるものでしょうね。尾道の俯瞰も感動しますが、下津井も素晴しい。大橋という人工物と自然との組み合わせがいいですね。この景色を眺めるためにも、お二人のお子さん連れでぜひ里帰りしてください。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20