Name:
Email:
URL
Title:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


29: 8月ですね マサル 7月31日(月) 20:49
DSC-HX400V 1/320sec F3.5 ISO80 ±0EV 
 ごんべさんの写真、やはり視点が違いますね。どこにでもある風景も植物・鳥も「こんな撮り方もあったのか」と驚くことが多いです。
真似をしても技量がないので同じような写真は撮れませんが・・・
牛タンステーキ、我が家のパトはステーキもシチューも大好きです。私はちょっと。
海老蔵さん,麻央さんのブログを読んだことはありませんが、麻央さんの死後、海老蔵さんのブログ更新が多すぎるとか、大阪USJに子供を連れていったのがどうかとかネットにのっていましたがブロガーも大変ですね。
夫人を亡くした友人はネットに載せませんでしたが、突然襲ってくる寂しさに耐え難い時、日に2回も3回も日記を書いたそうです。文章に集中することで気が紛らわせるとともに自分を俯瞰する落ち着きが持てたそうです。
平尾昌晃さんが歌手だったことは聞いていますが作曲家のイメージです。
平尾さん作曲で水原弘さんが歌った「雪国」が好きです。
映画で見た岩下志麻さんと雪景色の美しさが目に浮かびます。秋田もきれいでしょうね。

ごんべ 8月 1日(火) 10:33
アツい毎日です。
保冷剤巻いて頑張ってくださいな。

カメラはおなじHX400Vですからね。
写真って「発見」だと思います。
たとえば被写体の前に立って1枚だけパチリではダメです。
平尾さんと「カナダ」をデュエットした彼女の映画にあったでしょ。
「前から後ろから…」ってこれなんですよ。
最低3枚は角度を変えて撮ってみてください。
「あらァ」という写真がそのなかにあるはずです。
そうしたら抽斗が増えていくものです。

海老蔵氏もBlogk更新によって、あるいはコメントによって、
心の隙間を埋めているのはまちがいないことでしょうね。
たかがBlog、されどBlogです。

アメブロの芸能人Blogは広告収入が発生します。
松居かみつき女史の一連のBlogで5000万円とか。
ま、そういう一面はないとはいえませんが…

まだまだ熱さは続きます。
ご自愛くださいね、ほなまた…
softbank126220010099.bbtec.net
27: こちらは大丈夫でした^^ リネン 7月27日(木) 23:31
警報が出ていたので、サーフにひと通りのものを積んで準備はしておりました。
玄関に近い居間でジャージー姿で川の字で就寝!
随分前のことですが、川の近くの田んぼの様子を見に行ったまま流され、5キロ下流で亡くなった方がいらしたんです。
うちは2階から水かさがわかる所なので、その頃から「安に居て危うきを思う」でサッと行動に移す準備だけはできています(*´-`) なんて、、いざとなるとわかりませんね。。。
秋田市の実家に向かう途中、土砂崩れのため迂回路を通り、その先の道路沿いの田んぼに流木の片付け作業の人たちがいて足元の稲は倒れていて、、、収穫は大丈夫であってほしいと祈りつつ車を走らせました。
市内もあちこちで道路の冠水や住宅の浸水があったようですから、パトさんのお友達もどんなにか不安だったでしょうね。この雨は止むのだろうかと思うほど降り続きましたから。安心しましたね^^
今朝はちょっと寒いくらいでしたが、日中はちょうどいい日差しでせっせと汗をかきました〜^^
動くとなんだかいい気分です^^
ごんべさんの記事やっぱり面白いです。
一昨日の記事も興味津々で読ませていただきました。
ごんべさんの判断軸につい引き込まれてしまって^^
時に世界地図の端っこに位置する日本を意識してみようなんてふっと考えてしまいました^^


ごんべ 7月28日(金) 11:32
まずは安心しました。被害なくてなによりでした。
パトさんも何人さんかに電話していました。
これまでに経験したこともない水害だったようですね。

最強の晴れ女がいるせいか、こちらは降りそうで降りません。
長野県がいっぱい降ったようで、節水の心配はなさそうです。
もう、いままでが....... という思いは通用しないのdすね。
常に準備する気持ちが大切になってきました。

それほどに苦労した世代ではありませんが、
いろいろと見てきました。
いま平和なこの土地でなにがあったかも.........
いまが永遠に続くと思うのは間違っています。

人間だって、地球規模でいえばちっぽけな生き物です。
驕っちゃいけません。
大海原やアルプスの自然に抱かれていると、そう思うのです。
この世にはダブスタが溢れていて、
そのかをジコチューが泳いでいます。
どこかで振り返らないといけないのですね。

返信ありがとう。
無事がわかって安堵しました。
softbank126220010099.bbtec.net
26: ごんべさん ありがとうございます。 5中女子 7月25日(火) 09:22
昨日の日劇ウエスタン・カーニバルに続き 本日はオールディズの動画、興奮です^^。

大変感謝いたしております。

お料理上手なぱとさんにもよろしくお伝えください。 

ありがとうございました。

ごんべ 7月25日(火) 10:48
どういたしまして.......

愉しいですね。
いつまでも元気で踊りましょうね。
パトさんは、あれを聴いてツイスト踊ってましたよ。



ごんべ 7月25日(火) 10:51
コニー・フランシスです。

softbank126220010099.bbtec.net
25: 鰻の思い出 コキリン 7月24日(月) 17:00
暑いですね。

私は戦前、大阪で生まれましたが、大阪大空襲のとき、焼き出されて父の郷里の長崎県島原半島の片田舎で育ちました。

父は没落士族で”お家再興”を期して大阪で一旗揚げ、財を成していました。
大阪で20余年暮らしていましたが、空襲で家も家財も焼かれて、田舎で隠居生活をしていました。

その田舎の家の前に川がありました。
その川は海に近く、潮が満ちたら川嵩が上がり、潮が引いたら真水になり、水は足首ほどの深さでした。

父は川の中に鰻倉を何カ所も作り、釣るのではなく、家の電源から電線を川まで引いて、電線の先を5センチくらい出して、鰻倉に突っ込むと電気にしびれた鰻がよろよろと出てきて、それを捕まえるのです。

いつも30尾から50尾は獲れていました。
そんなに沢山獲れても売るでもなく、捌いては近所や知り合いに上げていました。

もちろん私達家族は鰻をふんだんに食べていました。

この方法は盗電だったのですが、誰も密告する人もなく、父の鰻捕獲は夏の楽しみでした。

やがて、田んぼに農薬が使われるようになり、鰻は生息しなくなりました。

貴方の記事を読んで子供の頃の田舎の鰻を思い出しました。

他にも”イナ”といって、ボラの稚魚が満ち潮にのって上がってきます。
それを父は投網で獲っていました。
イナもブリキのバケツに何杯も獲れ、近所によく配ったものです。
小さいイナを鱗を取り、背切して水にさらして酢味噌でたべるのです。
とても美味しかったです。
それでも食べきらないので、茹でて鶏のエサにしていました。
海が近いのでタコも銛でついて捕獲していました。

懐かしい田舎の夏の風景を思い出しました。


ごんべ 7月25日(火) 06:06
いいお話をありがとうございました。

かのソクラテスも「ウナギは泥より生じる」といったそうです。
どこで生まれるのかわかったのは、50年まえですものね。
私も学校の横の小川の石垣で生まれて育つものと想っていました。
「電気漁」はときどき、悪戯好きの大人がやって、
警察にお灸を据えられていたのを想いだします。

浜名湖漁協では、毎年、産卵できる成魚を何トンか、
太平洋に出て放流しています。資源が増えるように・・・

この佐鳴湖というちっちゃな湖は浜名湖と通じています。
なので、イナのもっとちいさいもの、こちらではオボコといいますが、
これが大量に釣れるんですね。
で、イナには「ヘソ」があります。
胃袋の口にある食べたものを磨り潰 すソロバン状の器官です。
ヘソの串焼きがしこしこして大好きでした。

私たちは、こういう想い出をもっています。
親も愉しく遊んでいたし、子供も外で愉しいこといっぱいした。
よき世代であったことを忘れてはイケませんね。

酷暑の折、お身体ご自愛くださいな。

softbank126220010099.bbtec.net
24: 今日も元気です 5中女子 7月23日(日) 19:42
はじめまして 75歳よろしくお願いいたします。
ずっと読ませていただいております。

6年前に突然主人に旅立たれていました私ですが
ゴンベさんのいつも明るいコメントに元気頂いています。 

今日は平尾昌晃さんのことを書いておられ、同じ世代にいたゴンベさんにとても親しみを感じました。

私の青春時代は新宿でした。 
家から電車で10分、西武新宿駅前のジャズ喫茶スワンによく通いました。

ロカビリー世代です^^。
1950年代のアメリカのロックンロールは今でも大好きです。

この世を去る前に六本木のケントスに行くことが望みです^^。

ジム歴も20年以上になり、ズンバというラテン系のダンスにハマっております。

インストラクターもツイストやロックンロールを入れてくれることもあり 大変楽しんでおります^^。

楽しい毎日のブログこれからも楽しみにいたしております。  いつもありがとうございます。


ごんべ 7月24日(月) 07:15
はじめまして。コメントありがとうございました。

青春とは遠くにあって懐かしむもの。
ほろ苦くも、甘酸っぱいもの。
そういう想いがどこかに残っていて、
当時の音楽で蘇ります。
なので、ときどきオールディズを聴くのですよ。

アメリカ文化がどっと入ってきてアメリカナイズされてゆく。
キング・オブ・ロックンロールといわれるプレスリーだって、
GIブルースやブルーハワイの頃は、
単なるミーハーたちのヒーローでした。
いまでいったらジャニーズ。

でも、自由のアメリカという夢を運んでくれましたね。
よき時代に青春を送ったものだと思います。



ご感想をありがとうございました。
またお気軽にコメントくださるとうれしいです。
softbank126220010099.bbtec.net
23: イクメンに思う コキリン 7月21日(金) 13:53
今年は殊の外暑いですね。
年のせいでしょうか、暑さが堪えます。

私の子育て時代。夫はおむつ換えひとつ、風呂に入れたことも一度もありませんでした。
もっとも義母と同居でしたので、義母がよく手助けしてくれました。
夫が家庭を顧みないのは当たり前に思っていましたので、さほど不満も持たず過ぎ去ってしまいました。
他方、娘婿を見ると、仕事から帰ると、二人の子供にご飯を食べさせ、風呂に入れ、寝かせつけ、ほんとによくやるなあって思います。
私の子育て時代とは隔世の感ありです。
イクメンを楽しみ、生きがいにしている様をみていると、子供達に手がかからなくなったら、娘婿どうするんだろうかとも思います。

いろんな意味で世の中変わった・・・・

ごんべ 7月21日(金) 18:24
コメありがとうございました。
ほんとうに暑いですね。
今日はめまぐるしく天気が変わって、局地的な雨雲が激しく動いて
風が冷たくなったり熱くなったりします。

私はわりとイクメンだったと思いますよ。
夜中に泣くと交替で抱いてアヤしたりしました。
よく遊んでいましたし、娘もそういってました。

で、手が掛からなくなるとですね。
うちの場合は娘なので母娘連合ができますから、
もうなんにもしないです。
ただ、その頃から単身赴任でしたので、
この連合はますます強固になったようでした。

暑さはこれからです。
お身体ご自愛くださいね。
softbank126220010099.bbtec.net
22: こんにちは パル 7月 5日(水) 12:08
ご無沙汰しております
そうなんですね! そんなに離れているとは思いませんが、こちらは夜、一時的にですが、すごい音をたてて降りましたよ!
天竜川をはじめ芳川、馬込川とこちら辺りは河川がありますから防災対策は怠りません
地震も私の若かりし頃(笑)から言われつつも今では南海トラフとか規模も拡大していますし…

昨日、ちょうどあの頃、私もイオンやらeストアーに行ってたんですよ!もちろんユニクロもです

私、勝手にお二人をイメージしていますが、お会いしたら直感的に判ると思います(笑)

もうすぐコストコもオープンですね。私のテリトリーはますます渋滞しそうです。

私事ですが、二人目の孫もうまれて、ますます目尻が下がってきました

蒸し暑い毎日、お互いに体調には注意しましょうね!

ごんべ 7月 5日(水) 17:18
コメントありがとうございます。

実は、台風一過でパルさんがお見えになるかもと、
そんな予感がして話していたのですよ。
的中でした。ありがとう。^_^

この前の大雨のとき、
携帯の緊急避難情報が鳴りっぱなしでしたね。
登録が東区のままになっています。
いままで大丈夫だった、というのがアテになりませんからね。
お気をつけください。

イオンは、坂を下って一直線なので、それほど遠くはないです。
雨が強く降ってあがったころにでてきました。
どこかで偶然にお会いするかもしれませんね。アハ。
お声を掛けてください。
ケンタッキーの爺ィちゃんですから、すぐわかります。

お孫さん、おめでとうございます。
タイヘンだけれど、愉しいでしょ。
うちは下が、大学4年で就活の真っ最中。しばらくあっていません。

パルさんも、ご自愛くださいね。
softbank126220010099.bbtec.net
21: 現世は火宅? マサル 6月30日(金) 20:52
FinePix F600EXR 1/750sec F4.2 ISO100 ±0EV 
穏やかな日々を反映してか花の写真が多いですね。雀の写真はかわいいです。なごみますね。
カワセミの飛ぶ写真はすごいですね。
パトさんの料理を参考にして作ることが多くなりました。助かります。感謝です。
1年ほど前、「仲の良い高齢の夫婦で、夫が妻を殺害し、裁判で執行猶予の判決がでた件」を友人に聞きました。普段から仲のよい夫婦で老いても助け合って暮らしていたそうですが、妻の病気で暗転しました。苦しむ妻を夫は必死に介護し、励ましたそうですが、楽にさせてほしいという妻の願いを聞くことを決め、最後の夜は、一つの布団に寝て、出会いから結婚、子供の誕生など二人の人生で楽しかったことを話し、妻は笑顔で聞いて、やがて疲れて眠った妻の首を絞め、自首したそうです。私はガサツな方ですが、ちょうど妻が病んで落ち込んでいたときなのでウルウルしました。私たちはどのような別れになりますか・・・
ゴンべさんの涙にふと思いました。

ごんべ 7月 1日(土) 08:17
月初めのお客さま、いつもありがとうございます。
花の写真が多いってことは、あまりアクティブでないってことです。
ベランダ花壇あたりで誤魔化していますからね。
いけませんな。

現世は火宅。
そうであろうと思います。
わが身の裾に火がついて、初めてそれに気づくのですね。
回転寿司で、ネタだけ食べてシャリを残す人が多いらしいです。
ホントの飢えを知らないから罪悪感がないんですね。
すべからくこれ。

パトさんが昨夜いいました。
わたしってお料理が上手になったな、って。
ごんべが男と料理をやってたときもそうでした。
最初は腹が減ってやむなくやったのですが、
そのうちだんだんと愉しくなってきました。これです。
大いに【愉しんで】下さいね。

いつだったか、老夫婦がおなじ日に亡くなったはなしがありました。
これがニュースになって若者までが感動しましたね。
誰もがこうありたいと思ったのでしょう。
でも、運命は過酷なことが多いのです。

私はかなりの冒険をしたと思っています。
いま2人でいるシアワセは、また1人が残るかもしれないリスクを背負っています。
2度とイヤだというあの悲しみを選択したかもしれません。
いや、人世ってタイヘンですな。
タイヘンと思わないように愉しまないとイケませんね。

それでは、いまを愉しんでください。
ほな来月ゥ。

Luna 7月 1日(土) 12:17
マサル様。

ぱとです。
ありがとうございました。
励みになります。
softbank126220010099.bbtec.net
20: ごんべさん こんばんは。 リネン 6月28日(水) 23:30
嬉しいことがありました^^^^
夫の後輩が、きれいに下処理したイワナを持ってきてくれたのです。やぶをこいで沢に入ったので蚊に刺されてしまったと笑いながら。
「あとは塩をふって弱火でじっくり焼いて下さい。川魚は水分含んでいるからその方が美味しいですよ。。。あ、先輩から教えてもらったんでしたっけ」と また笑って^^ふわっと焼けました^_^

先日のブロ友さんたちとの交流の記事に思いました。
きっと皆さん、一緒に手を合わせてくれる人と出会えて本当に良かったね、と喜んで下さっていると思います。
コメントをと思っているうちについ時が過ぎてしまって、、ではないでしょうか。。

コメントって勇気がいります。
ドキドキしながらの初コメは ありがとうの気持ちを伝えたくて、でした。
義父母のお世話で身動きがとれない自分を
井の中の蛙であっても空の高さは知ってる それで十分という思いでおりました。
そしたらある時 永六輔さんが
井の中の蛙大海は知らねども花も舞い込む月もさす

私にとって 舞い込む花 さしこむ月あかりはごんべさんのブログであったと思っています。
今でも 感謝しています^_^


ごんべ 6月29日(木) 13:47
コメントありがとうございました。
過分なお言葉をいただいて喜んでいます。

イワナ、随分とご無沙汰ですよ。
渓流の瀬音すら長いこと聞いていませんね。
静岡県と長野県の境界に列島の繋ぎ目があって、
崖の崩落がとまらず道路が維持できない幻の国道の青崩峠があります。
いま、ここに現代の最新技術でトンネルを造っています。
これができると南アルプスの麓に新道で一気にいけます。
瀬音のする民宿でイワナの塩焼きを食べたいですね。



ごんべ 6月29日(木) 13:56
禁止ワード? で書き込めないので分けました。

このブログを通じて大勢の方と交流できました。
コメント欄や掲示板やskaypeを通じて、
ときに慰められたり、ときに喧嘩したり、ときに叱られたり、
ともに泣いたり、ともに笑ったり、いっしょに酒を飲んだり。

そして、いつの間にかご自分のポジションに戻っていったのです。
それはある意味では自立でしょうから、うれしくもあり、寂しくもあり。
でも、それでいいのですね。引き留めてはいけない。

すべて、与えて、与えられて.............
その関係はヒィフティヒィフティです。
うれしいことです。ほんとうに。


softbank126220010099.bbtec.net
19: 私も泣いた コキリン 6月24日(土) 16:42
昨日の海老蔵の会見。麻央さんの最後の言葉”愛してる”に泣いてしまいました。
有名人の死去で泣いたのは初めてです。

夫との最後のとき、「貴方との人生面白かったよ。楽しかったよ。ありがとう!よく頑張ったね。もう頑張らなくていいよ」と言ったとき、夫の目頭に一粒の涙が・・・その瞬間がフラッシュバックして・・・・

私が死ぬとき、どんな言葉を残していくだろうか?
死出の旅立ちに子供や孫は来ているかもしれない、でも最愛の人がいない・・・
そんな想像をして、泣いてしまいました。

ごんべ 6月24日(土) 22:41
コメありがとうございました。

男が泣くのはみっともない、と某SNSで話題になっていました。
男だろうが、女だろうが、泣けるときは泣けばいい、と思います。
人の心なんて覗けるわけもなないのに、
他人の人世の機微をとやかくいうのは、人の心をもたないロクデナシですね。
そう思います。

心のままに生きること。
これがどんなにシアワセであるか。

いい別れだった。
自分のとき、そういってもらえればシアワセですね。
softbank126220010099.bbtec.net
18: 大丈夫でしたか コキリン 6月22日(木) 15:01
そちらは昨日豪雨で避難勧告がでたようですね。
大丈夫でしたか?近隣に被害はなかったですか?

”浜松に避難勧告”の報道に、真っ先に思ったのがごんべさんのこと。不思議ですね。面識もない人のことを瞬時に考えるなんて・・・・
これも何かのご縁でしょうか?
ネット上のブログというバーチャルの世界で知っているだけなのに、妙に気がかりになったり、心配したり・・・・
たとえ面識はなくとも、文章で琴線にふれることがあるのをブログを経験して知りました。
私にもブロ友さんで時折メールをくださり心配してくださる方がいるのですよ。古い友人でさえ、月に一度の音信もないのに、ブログで知り合い、年齢が近いこともあり、老老介護をしている人ですが、親近感を覚えます。
私の夫が亡くなり、悲しみの渦中にある頃、自然に同じ体験をした人をブログで彷徨っている中で”ごんべさんのブログ”に出会いました。
人間って同じ感情の共有者を求めているものなのですね。
貴方のブログで人のもつ機微に感銘を受けています。
書くことが好きですが、上手く表現したいという欲望に負けてしまい、結局は嫌気がさして休止していますが、”ええ、恰好し”を願望している限り素直になれないようです。
自分の運命を受け入れて余生を過ごしてはいますが、何か満たされないものを感じるこの頃です。
年を取ると寂しくなるといいますが、そんなことに抗って、楽しい日々を無理矢理演出して今日此の頃です。
何だか愚痴になってしまいました。
豪雨見舞いにことよせて失礼しました。


ごんべ 6月22日(木) 19:18
コメントありがとうございました。
大雨のお気遣いいただいて重ねてお礼申しあげます。
ここは海抜30mの高台なので、浸水は大丈夫です。

ご縁というもの。
不思議なものだと思います。
ほんとうに、ひょんなことでつながりができ、それが綾なしてゆくのですね。
どこかで、自分の心を映したり、共感したり、
アヤがどんどん拡がってゆきます。

文章も、どんどん変わってゆくのですね。
心の中を気づかれないように、ちょっとおどけてみたり、
誤魔化しているつもりが、ぜんぶお見通しだったりします。
そんな喜怒哀楽のなかにある機微が描けたらと思いますが、
やっぱり、ええカッコしィになってしまうのですよ。

かといって、ぜんぶ晒け出すのもできません。
所詮はバーチャルのなかの現なのです。
でも、どこかでおなじ旋律のかたが共鳴してくだされば、
そんなシアワセはありません。

また、コメントくださいね。
お待ちしています。
softbank126220010099.bbtec.net
17: こんばんは エム 6月20日(火) 19:58
 
昨日は車中泊で伊豆半島に出掛けてきました。
今までは早朝に出て日帰りだったのですが、年齢的にそれがきつくなってきました。

車を改造して寝られる様にしたんです。
昨日は帰る必要がないので海に沈む夕日を見られました。
普段は海を見る機会がないので嬉しかったです。
船が来るのをひたすら待ちました(*^-^*)

ごんべ 6月21日(水) 12:10
いやァ。強烈な雨です。
新幹線は浜松で停まっています。
市内14万人に避難と注意勧告がでました。
昨日まで空梅雨だったのに程ほどがないんですね。

伊豆半島には40年間ほど釣りをしに通いました。
いまは、ケガするとイケないのでやめましたが、どこでも知っています。
伊豆諸島も毎月のように行きましたが、ここ5年ほどはご無沙汰です。

朝日は岩場の上でよく見ました。
昇ってくる朝日に一礼してからぜひ、釣りをはじめるんです。
ぜひ、浜名湖にもおいでくださいな。
softbank126220010099.bbtec.net


1 2 3