142296
881: 南西諸島の花々 HanaJiji 10月22日(日) 13:29
E-M5MarkII 1/60sec F4.5 ISO160 -0.7EV 
10月17日から3泊4日で沖縄本島、石垣島、西表島へ行ってきましたが、台風の影響で雨に降られない日は一日もありませんでした。そのためかイチデジの電源が入らなくなり、完全防水のTGで撮りました。
沖縄・やんばるの森では、この時期定番のダイサギソウ、リュウキュウサギソウ、タカサゴサギソウが咲いていました。ダイサギソウとタカサゴサギソウは県道の路肩で見ることが出来るのだから驚きです。
石垣島ではオキナワムヨウラン(沖縄無葉蘭 ラン科ムヨウラン属 準絶滅危惧)が咲いていました。菌従属栄養植物で唇弁の盛り上がったように生える白い毛が特徴です。花期が定まらず何時咲くか分からないランです。
萼片、側萼片が開出し、色も黄色味を帯びている点が今まで見たことのあるオキナワムヨウランと違いますので、菌従属栄養植物の権威に問い合わせましたが、変異の範囲内とのことでした。

HanaJiji 10月22日(日) 13:46
西表島でも雨に降られ、今回のお目当ての花の自生地に行くことが出来ず、来年に持ち越しになりました。
観察できたランはナリヤラン(成屋蘭 ラン科ナリヤラン属 絶滅危惧1B類)だけです。カトレアに似た大型のランで美しさでは日本のランベスト5に入ると思っています。
林道の日当たりのよい斜面にかなりの株数が生ていていました。密生するコシダを掻き分け、急斜面を登り、花に近づき、写真を撮りました。

HanaJiji 10月22日(日) 14:02
南西諸島に生える花ではタカナタマメ、ヤエヤマセンニンソウ、オオボンテンカ、タイワンクズが咲いていました。

先ずはタカナタマメ(高鉈豆 マメ科ナタマメ属)です。高い場所に生え、豆果の形が鉈に似ていることが名前の由来です。木に巻き付いて蔓を伸ばし高い場所に咲いていますが、この花は県道の傾斜のある路肩に垂れ下がって咲いていました。花が目線にあり、色がきれいだったのでTGで接写しました。

HanaJiji 10月22日(日) 14:16
次はヤエヤマセンニンソウ(八重山仙人草 キンポウゲ科センニンソウ属)です。
宿泊した旅館近くの墓地周辺に生えていました。花は終盤で2輪だけが残っていましたが、沢山咲いた跡がありました。最盛期に再訪したいものです。濃紫色の萼片と白色の沢山の雄蕊との対比が見事です。

HanaJiji 10月22日(日) 14:31
次はオオボンテンカ(大梵天花 アオイ科ボンテンカ属)です。ヤエヤマセンニンソウと同じ墓地近くに咲いていました。草本ではなく木のようです。
変わった名前ですが、梵天花はインドから渡来した花の意です。でも、実際にそうなのかは分からないそうです。よく似たボンテンカは見たことはありませんが、掌状の葉が深裂するのに対し、オオボンテンカは浅裂するのが相違点です。花は朝、咲き、午後には花を閉じるようです。

HanaJiji 10月22日(日) 14:46
最後にタイワンクズ(台湾葛 マメ科クズ属)です。ヤエヤマセンニンソウと同じ場所に生えていました。
葛との相違点は花の色が青みがかった紫色であること、花序が葉の上に出ること、葉の先が3裂しないことのようです。葛よりは繁殖力が旺盛ではないとのことです。生育地は奄美大島以南です。

Lily 10月23日(月) 15:32
HanaJijiさま

ずっと雨だったのですか。私は18日から2泊3日の奄美でしたが、終日晴天で無風の撮影日和でした。お天気が良すぎて ダイサギソウなど光線がやわらいだ時に再度リベンジしたくらいです。
目的の花は咲いていなかったのか、咲き終わっていたのかどっちかしらと思っていたのですが、目的地に行けなかったとは残念でした。西表での大雨は私も経験がありますが、とても川を渡るなんてできませんね。

オキナワムヨウランの美しいこと! こういう風に開いた花が見たいです。

私の奄美の目的はヤエヤマセンニンソウのリベンジだったのですが、盛りを過ぎていて悔しい思いをしました。西表では他の場所で見ていますが、例の墓地にあったとは!!! 

ところでオオボンテンカではなくて オオバボンテンカではないでしょうか。私も見てきました。10時過ぎには閉じてしまうそうです。

クーミン 10月23日(月) 20:26
HanaJiji様

オキナワムヨウランが綺麗ですね〜、暫く眺めていました。
投稿して下さってありがとうございます。

ヤエヤマセンニンソウ、オオバボンテンカ、タイワンクズがあの墓地周辺に咲いていたのですね。
もし、来年行けるとしたら先ず、墓地へ行ってみなくちゃですね、Lilyさん。

HanaJiji 10月23日(月) 20:58
Lily様

オオバボンテンカなのですね。初めて聞く名前で間違って覚えてしまいました。
オキナワムヨウランはまだ蕾がありました。ひょっとしたら来月の石垣島行で花に会えるかもしれません。
テツオサギソウは蕾でしたので来月の下旬でばっちりと思います。

HanaJiji 10月23日(月) 21:10
クーミン様

オキナワムヨウランは何時花が開くか予測できないので、なかなか咲いた花には出会えません。私も最初は硬い蕾、次が唇弁の白い毛が少し覗いている程度、そして今回やっと咲いた花に出会えました。こんなに萼片と側花弁が開出するとは思いませんでした。
唇弁の白い毛がはっきり写っていると様になるのですが、私の腕前では無理のようです。

Lily 10月24日(火) 09:11
HanaJijiさま

私もオオバボンテンカの花は初見です。西表ではヤノネボンテンカを見たような気がしますが。

テツオサギソウがばっちり開花、オキナワムヨウランももしかして開花とは 来月がますます楽しみになってきました。よろしくお願いします。


クーミンさん

西表の例の墓地は これからは行く度に足を運ばないといけませんね。今年はデリスの花を楽しみにしていたのに終わっていたので来年リベンジです。
880: 冨士山も秋色 Lily 10月16日(月) 11:00
 
今年も木の実&キノコと富士山の秋の恵みを堪能しました。
そろそろかなと覗いた林の中で ベニバナヤマシャクヤクの袋果が裂開していました。ここのベニバナヤマシャクヤクは 蕾の時しか見ていないので来年は満開の時に出会いたいものです。

ベニバナヤマシャクヤク Paeonia obovate ボタン科 ボタン属 絶滅危惧U類(VU)

Lily 10月16日(月) 11:02
上のような裂開した果実を見ると 全体像も迫力なしです。アームの問題もありますが^^;

Lily 10月16日(月) 11:04
ヤマブドウを大量に収穫することが出来ました。動物との競争ではなく、最近は人間との競争です。ただ むやみにツルを引っ張る方が多いのには困ったものです。巻き付いていた樹木から引きづり下ろされたヤマブドウは 枯れてしまうことが多いと感じています。サルナシもそうです。我が家では高枝切りを使って収穫しています。

これは紅葉した葉と一緒に撮りたくて 撮影用に切ってもらって配置したもので、自然状態ではありません^^;

ヤマブドウ Vitis coignetiae ブドウ科 ブドウ属

Lily 10月16日(月) 11:05
最後に 太いツルが絡み合った大株を見つけましたが、栽培ブドウのように実付きも良くてびっくりしました。普通はパラパラとした実付きです。

Lily 10月16日(月) 11:06
ユモトマムシグサの葉が黄変しかけていました。

ユモトマムシグサ Arisaema nikoense サトイモ科 テンナンショウ属

Lily 10月16日(月) 11:07
水滴の付いた冠毛を撮ろうとしたら TG-3が動きません。前もこんなことがあったと電池を入れ直してみたら電源が入ってやれやれ。でもその間に当たっていた朝日は消えてしまいました(T_T) そんなこんなで冠毛しか見ていないのではっきりしませんが コウゾリナではないかと思います。

コウゾリナ Picris hieracioides ssp. japonica キク科 コウゾリナ属  

クーミン 10月17日(火) 11:08
Lilyさん

ベニバナヤマシャクヤクの袋果裂開写真は相当なインパクトでした。瞬間ドキッとしてしまいました。なかなかこんなに綺麗に残っているのに遭遇しませんよね。例え目的はキノコ狩りや木の実狩りでも富士山麓へ足を運ぶ回数が多いという、これもご褒美でしょうか。

ヤマブドウの房も見事ですね。
また、Masakoさまに描いていただきたいような・・・

明日から奄美大島行きですね。
台風の影響がないうちにお帰りになれそうですね。

Lily 10月17日(火) 13:59
クーミンさん

ベニバナヤマシャクヤクはヤマシャクヤクより開花が遅いので 何とか袋果裂開に間に合いました。ほの暗い林内では 淡紅色の花より真っ赤な偽果の方が目立つくらいで、裂開前には探しにくかった株がすぐに見つけられるというおまけ付きでした。
来年は一緒にお花見をしましょうね。

奄美は目的の花はもう咲いているようです。楽しみです。
879: 佐々木正子ボタニカルアートグループ展 Lily 10月13日(金) 20:34
 
本日13日より 佐々木正子さまのボタニカルアートグループ展開催なので、クーミンさんと待ち合わせて出かけました。生憎の雨となりましたが、次々と訪れる方が熱心に見ておられました。
私は やはり種探しをお手伝いしたシコクスミレに思い入れがあり、じっくりと拝見しました。

日時 2017年10月13日(金)〜19日(木)11;30〜18:00 ただし15日(日)は休廊日で、最終日は13:30までなのでご注意ください。

場所 山脇ギャラリー JR市ヶ谷駅から徒歩1分

クーミン 10月14日(土) 06:26

久しぶりに都心まで出掛けました。
毎年開かれるmasakoさまのグループ展はとても楽しみにしていて、今年もLilyさんと一点一点丁寧に拝見して参りました。私が言うのもおこがましいことですが、クオリティの高い作品ばかりでした。

masakoさまの作品、特にスミレ類の中のアソヒカゲスミレは遠く広島県まで出掛けたのですが、その時の楽しかった思い出が蘇りました。

Lily 10月14日(土) 11:01
クーミンさん

生憎の雨でしたが、雨でなければキノコ狩りの予定だったので、皆さまにも会えなかったわけです。やはり初日に伺って大正解でした(^^)v

masakoさまとご一緒した時の作品は スケッチの段階から見ているので(こちらは撮影に夢中で masakoさまがスケッチされている姿を横目でチラチラ見ている程度ですけど)作品に仕上がると感慨深いものがありますね。
878: 三浦 訖 10月11日(水) 11:55
 前回リカバリーしたパソコンが3年間酷使した結果動きが悪くなり、誤作動もあるので3度目のリカバリーをしました。その間掲示板だけはそのまま動くようにしておきましたのでご不便をおかけすることはなかったと思います。購入時の状態にもどるというと聞こえはいいですが5,6年前のVaioに立ち返ったので改めて設定やらソフトのインストールなどすこしずつ追加しています。なお最近の観察会の動画はリカバリーの甲斐あって順調にアップロードできました。


2017-27 江戸川河川敷の秋 前編
2017-28 江戸川河川敷の秋 後編 
2017-29 奥多摩むかし道 十月 前篇

の3編を公開しました。(日本植物友の会の掲示板からリンク)


1 2 3 4 5 6 7 8 9