53725

2017-8


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031



最新のコメント
by おうな(8/17)
by nanapapa(8/17)
by nanapapa(8/17)
by nanapapa(8/17)
by nanapapa(8/17)
by nanapapa(8/7)
by 広島県人(8/7)
by nanapapa(7/18)
by やすぼー(7/18)
by nanapapa(7/18)
by やすぼー(7/17)
by おうな(7/17)
by nanapapa(7/11)
by でんでん(7/9)
  • by nanapapa(7/1)
    by nanapapa(7/1)
    by nanapapa(6/25)
    by おうな(6/25)
    by おうな(6/25)
    by おうな(6/15)

    Name:
    Homepage:
    Title:
    Message:
    Icon: view
    Image: 5MB Exif
    Color:
    Password:
     cookie


    悟し nanapapa 8月13日(日) 19:30
    Canon EOS 7D Mark II 1/100sec F6.3 ISO125 -1.0EV 
    10日11日 体調良く撮影に出かけたものの翌日ダウン。
    12日は、まったくもって行動を起こす気にはならなかった。

    一日中背中が痛くて息切れがして ご飯の用意すらする気力がない。
    それでは食べねば体力がつかない と、娘の言葉を思い出して簡単なものを作った。

    作ったはいいけど、最後のひと口ふた口で手が停まってしまう。
    口を動かすことがめんどくさい。
    痛みは続いているし、話す相手がいる訳でもないし寝るっきゃないと7時ごろから部屋真っ暗。

    テレビだけでもと思ったけど音がうるさい 灯りがまぶしい。
    もう、明らかにうつ症状。
    軽度な鬱か自律神経障害か。
    一旦マイナスにスイッチONすると、どんどん堕ちていく。
    マイナス思考しか出てこない。

    もう、終わりにしようや って、とこまで墜ちる。
    それ以上思考が進まないようにただただ眠る。

    翌日、今日だが未明にペルセウス座流星群の発生する日。
    撮影すれば気持ちもあがるはず・・・だったのに午前3時半の空はどんより雲。

    こうなると、またマイナススイッチON
    朝だし、気持ちを奮い立たせて どこかへ行こう。

    と、決めたが今度はからだがイヤだと拒絶反応を示す。
    それをむりやり叩き起こして出発。

    以前から気になってた山奥にあるだろう展望地へ。
    途中に小さな滝や清流がある。
    それを撮りながら進む。
    ぐんぐん高度をあげて、Google mapで見た所へ来たがなぁんにも見えない。

    そのまま進んだら、とんでもない傾斜の道幅が車ギリギリの林道。
    それでも、進んで県道へ出た所で知り合いに会って道の様子を話したら、地元の者でも行かないジェットコースター林道と呼ばれてる所だったらしい。

    話しはそれたけど、
    この辺りから、背中の痛みが強烈になってきた。
    運転しててもからだが傾いている。
    そうでもしなきゃ痛くて我慢できない。
    なんとか行きつけの食堂まで行って、食事をしてさぁて帰り道。
    背中の痛みが増して息切れまで始まった。

    痛みを我慢して30分
    家に着くなり カメラを放り投げてバタンキュー。
    いつもなら、このあと静かにしておれば治まっていくのに今日は違った。

    ずっと続いて治まらない。
    2時間杉たところで 帰省中の娘に連絡した。
    まだ、岐阜辺りだと言う。
    救急車を呼ぶほどのことはないので待つしかない。

    約2時間後 水枕を持って駆けつけてくれた。
    水枕が効を制するかどうかはわからないが、火照ったからだには気持ちがいい。

    不思議なもので、そうしてもらって話しをしていると少しずつ息切れが治まってきた。
    晩ごはんにおじやを作ってくれてる頃には八割方治まった。

    娘の談
    こうして近くに住むようになって、知らぬ内に身を任せるような安心感が生まれているんだと。
    それが、帰省したと言うことで不安になってからだが反応したんだと。

    そうなのかもしれない。
    知らぬ内に娘に頼っているのだろうな。
    こんなに弱い自分じゃなかったはずなのに。

    でも、それでいい。
    老いては子に従え  やっぱりそれで行こう。

    プラス もう少し自分のからだを知ってコントロールしなければ。
    毎日の撮影は控えて 休撮日を作ろう。


    おうな 8月17日(木) 10:35
    ななぱぱさん 奈々ちゃん こんにちは。

    体調が悪く不愉快なご様子 お見舞い申し上げます。 
    ぱぱさん軒下拝借させてくださいませ。


    奈々ちゃん お久でございます。

    こんなお見舞いのコメントをあなたへ出す日が来るなんて 思ってもいませんでした。
    もともと頑丈でいらしたお父様ゆえに発見が遅れてしまったのですね、でも奈々ちゃんの看病と気配り目配りでいち早く治療に取り掛かられましたことをおうなは心から安堵いたしました。
    今また最新の治療法に挑まれ、その副作用もまだまだお医者様サイドも手探り状態なのかもとお察しいたしておりますが、奈々ちゃんがついてらっしゃるってことだけでも敵はかなり難渋しているはず、おうなも心より応援させていただいてます。
    大急ぎで引き返されて駆けつけられたときのななぱぱさんは 多分迷子になった幼子がママの顔を見て安堵の泣き声をあげるようなお気持ちだったことかと思いました。

    お子様方育ち盛りで大変な時期、ご自分のお仕事もお持ちで、ご主人さまの家業、家事もいろいろと大変でしょうが こういう時は後から思い返しても不思議な力が出るものですね、それでもご自分のお体のこともいたわりながら どうぞご健闘をお祈りしています。



    ななぱぱさん 奈々ちゃんへのコメント 許してたんせ。

    背中の痛み、息切れ お辛そうで可哀想で切ないです。
    でもこれって もしかしたら新治療のために体が一生懸命頑張っているからの現象とか思ってもいます。
    ほら 運動会の翌日 おうなは日頃運動ゼロ人間でしたから もうあちこち痛くて、、でも我慢して同じ運動を重ねてやればその後筋肉がしっかりしてきて強くなれたものでした。いまはじっと体の味方になって我慢してやってくださいませ。

    お大事に。雨に煙ったような ひまわり優し気で大好きです。

    p662051-ipngn13601marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
    ひまわり畑 nanapapa 8月17日(木) 06:39
    Canon EOS 7D Mark II 1/80sec F20.0 ISO800 +0.3EV 
    ここ三日 体の様子を探るためどこへも出かけず引きこもり。
    って、打つと重症化したように感じるので様子見にしておこう。

    と、言うことでプリント用紙を買いに行こう。
    小雨が降っているけど、気分転換の外出。

    ついでに、近くのひまわり畑へ寄って と。
    ちょうどいいあんばいにガスがかかりだした。

    ひまわりと言うと、青空が似合う。
    でも、へそ曲がりな自分は小雨の煙るひまわりをねらう。
    これこそチャンスだ。
    誰もこんな天気にひまわりを撮ろうとは思うめぇ。

    現地について、ちょうど雲の境界線か ほどよく霞んでいる。
    しかし、背の高いひまわりだ。1メートル70はあるか。

    脚立をかついで、畑の中を歩く。
    足元はぐちょぐちょ。
    ま、そんなことは撮影に影響ない。

    三日前 星の撮影をしてて三脚が倒れて、超広角17−35がお釈迦になったので24−105一本で勝負。


    nanapapa 8月17日(木) 06:42
    う〜〜、こんな時 17mmが欲しい。

    24mm(38mm相当)じゃ役不足。

    5D持ってくりゃよかった。


    nanapapa 8月17日(木) 06:44
    見守り って、感じか。

    周りの人たちに支えられて今を過ごしてる自分の観に置き換えて撮ってしまった。

    天気のせいもあるだろうけど、やはり絵面が暗い。


    nanapapa 8月17日(木) 06:47
    24−105 このレンズのいいところはマクロ機能もあること。

    開放値 f6.3まで開いて雫だけにピントを合わせて前と奥をぼかす。


    nanapapa 8月17日(木) 06:54
    雨がひどくなってきたし 足元はぬかるむしいつの間にかカメラにまで泥がついている。

    そろそろ撤収というところで長い自撮り棒を持ったカップルと出会った。

    挨拶からひと言ふた言声を交わし、後ろ姿を撮らせていただくことの了解をとる。

    撮ったあと、画像を見せてFBに載せることの了解も取る。

    こてこての関西弁で大阪吹田から来た と、言う。

    自己紹介もしてから別れ買い物へ。

    帰宅後、そのカップルからFB掲載のお礼と友達リクエストがきた。

    もちろん断ることもなく即OK。

    これで、ここ一ヶ月の新規友達が7件になった。

    毎月5人ぐらいずつ増えていく。
    KD111239038253.au-net.ne.jp
    体調不安定 nanapapa 8月10日(木) 18:51
    Canon EOS 7D Mark II 1/160sec F16.0 ISO200 +0.3EV 
    8月4日に放射線科の治療を受けて1週間

    効果が出てるのかどうかはわからないけど、昨日9日は体調がすこぶる悪くなった。
    副作用は少ないと言うが、少ないだけでまるっきりないのとは違う。

    朝から息切れが激しく、呼吸がままならない。
    加えて、背中全体が痛む。

    わんこ散歩を終えてから、天気も良いしいつもならそのまま撮影に出かけるところ。
    それが、息が整わないので出かけるわけにいかずそのまんま帰宅。

    呼吸が、一日中治まっては急に乱れだし 乱れてはしばらくして治まるの繰り返し。
    お昼も夜もご飯を食べる気もなくなり、それでも無理をして一膳だけ食べた。

    夜の血圧定時測定になって、今度は低血圧になっていた。

    103−60

    かってない低さ。
    この数値なら、さほど驚くこともないが高い時は166−98
    先月中頃からある程度安定してきていて145−78ぐらいだから、やはり低いと感じてしまう。

    副作用とは考えたくないが、やはり結びつけてしまう。
    放射線科の注射とは別にリュープリンと言うホルモン抑制剤の注射を前日に受けたからホルモンバランスがくずれそのせいかも。

    もうひとつの注射ランマークもセットだが、これは骨転移抑制剤だからあまり影響は・・・ん〜〜、やっぱり関係あるのかな。

    それぞれに副作用は微妙にあるから相乗効果の副作用か。

    ま、今日は(10日)逆に、体調が戻ったから撮影には行ってきたけど。
    KD111239043144.au-net.ne.jp
    暑中お見舞い 広島県人 8月 7日(月) 09:44
     
    暑中お見舞い申し上げます。

    毎日暑い日が続いています。嫌いなクーラーも使わずにはいられません。

    トップの花火きれいですね。
    八月中、どこかに花火撮影に行きたいと思います。

    病気の最新治療費って大変な出費なんですね。
    いろいろ書いてくださるので心の準備が出来ます。

    昨日3箇所の滝めぐりの予定でお出かけをしました。車で2時間かけ県境まで・・・
    1箇所目の「魚切の滝」の写真です。2箇所目に行く途中、山深い舗装のしてない悪路林道でなんとパンク、加入していたJAFにお願いし無事帰ることができました。

    こんな経験初めてでした。3つの滝めぐりの予定は1つで終わりました。



    広島県人 8月 7日(月) 09:48
    最近撮ったお気に入りの写真です。
    こんなにカエルがたくさんいるって面白いでしょ(^_-)-☆


    nanapapa 8月 7日(月) 21:28
    こんばんは 県人さん

    この時期の滝巡り 渇水期で水が少なくなかったですか?
    写真で見る限りは豊富のように見えますが、いつもはどんなでしょ?

    山道途中でのパンクってよくあるんですよ。
    山石を踏むと、タイヤの空気圧が一気にタイヤ横にかかってバーストすることがありますからお気をつけて。
    私、三度やってます。
    だいたいは携帯が圏外で往生するんですが、JAFに連絡が取れてよかったです。

    滝もだいぶ撮り慣れられたようで、白トビ場所も少ないですね。
    それで、これを選ばれたのかな?

    カエルの大量発生であっちにもこっちにも・・・おもしろいですね。
    これ、全紙ぐらいにプリントしたらおもしろい作品になりそ(笑)



    KD111239039193.au-net.ne.jp
    がん治療第二段階 nanapapa 8月 6日(日) 06:09
    Canon EOS 7D Mark II 1/200sec F13.0 ISO400 -0.3EV 
    8月4日 放射線治療開始。


    10時半の予約はまず緩和ケア内科。
    ここは三度目であり、同じサイクルで治療を受けている顔なじみのおばあさんがいて会うのが楽しみにしてここへ来ていると言う。
    世間話をしながら診察を待ち 15分足らずで終わる。

    ここでの治療は主に痛みの治療対策。
    精神的なことや病的なこと家庭的なこと経済的なことの相談からそれに対する薬剤を処方してくれる。
    独り暮しを始めてから、気遣いも少なくなりストレスも解放されるだろうから と薬を減らし飲む回数も減らされた。
    それで開放されるならそれでいい。

    そのあとは、いよいよ放射線科へ。
    緊張はないが、予約が15時半
    待つ間が長い 4時間半の間どうしろ ってんだ。

    途中食事や買い物を挟んでいよいよ放射線科へ。
    身長体重の測定を終えて、簡単な問診。

    それから薬剤の調合。
    体内へ入れるラジウム放射線量を調整しなければならないらしく慎重。
    治療はいたって簡単。

    静脈注射だけ。
    隔離された放射線室の中で担当医が直接注射を打つ。
    ほんの1分足らず。
    そのあと体内からの放射線漏れがないか測定して終わり。

    会計精算時に治療明細書を見て驚いた。
    注射1本が686,360円

    高額医療認定証を提出してるから57,600円で済むがそれでも大きい。
    緩和ケア内科からの薬をプラスすると、1回の治療に6万を超える。
    これを半年続けなくちゃならないのだ。

    それで、治療を受けるか受けないかの判断を本人に仰ぐのか。
    受けなければ死を選択することになる。

    ここが悩んだ部分。
    放射線治療を受けず今のままの治療を続けて、少しずつ癌進行を認めてつきあっていくのがいいのか それとも放射線治療を受けてひと時でも癌進行を遅らせるのがいいのか。

    いずれにしても、完治する訳ではない。
    存命期間が伸びるだけじゃないのか。

    やがては脊椎転移すれば寝たきりになる。
    それは避けたいが、これはどうしようもない。
    その時はいずれくる。

    自分で命を断つ訳にはいかないが、短縮することはできる。
    そちらの方を選択しよう。

    寝たきりになって、娘に精神的経済的に世話をかけさせる訳にはいかない。
    母の介護から、それがどれだけ大変なことなのかよくわかっているから。

    動ける間に動いていつかバタッとくることを待つことにしよう。
    死ぬことは辛いことでも苦しいことでもない。

    むしろ天命
    それでいいじゃないか。
    ひとは生きつづけることはできないのだから。





    KD111239038233.au-net.ne.jp
    放射線科 nanapapa 7月25日(火) 19:59
    Canon EOS 7D Mark II 1/200sec F16.0 ISO400 -1.0EV 
    7月25日 泌尿器科のDr.より紹介のあった放射線科へ娘と供に。

    お定まりの採血・採尿のあと 問診へ。
    と、言うもののここでは検査らしい検査もなくただただ放射線治療への推進だけ。
    放射線照射 と、言うことでなく注射による体内へのラジウム投与。
    それにより血液中から骨転移箇所への癌進行を防ごうという作戦。
    からだへの負担を極力軽く近年開発された治療法。
    これが開発されたのはタイミング的に良かったのかもしれない。

    これは、治療を受けるしかないけど選択肢が患者側に委ねられるのが解せない。
    あとでわかったことだが、患者の体力に合わせて治療薬剤を製造するらしい。

    原発事故じゃないけれど、放射線を体内に入れると言うことは、それだけリスクが伴うということだ。
    来月から実施に踏み切るが、注意事項としては出血や排尿排便など体内から出るものを第三者に触れることは厳禁される。
    一人住まいだから、その可能性は低いが 施術から1週間は家族と会うことは控えなくちゃならないと言うことだ。
    怪我さえしなければ、問題ないと思うが。

    問題は、その費用。
    今までに、泌尿器科で受けていた注射につなげて更に放射線科での注射。
    それも、泌尿器科で受けている注射以上に高額だと言う。

    ひと月に、ふたつの注射を受けるだけで生活がぶっ飛んでしまう。
    そこまでして、生き延びる必要あんのかな?

    来月4日までに役場に行って、限度額適用認定証の交付を頼んでこなければ。


    放射線科のあとは、泌尿器科へ。
    いつものごとく淡々と話が済んで終了。
    ものの5分で診察が済んだ。
    薬が、ひとつ取りやめになって 第2段階の薬剤へ変更。
    それだけ。

    PSA数値 前回300.0
          今回308.8

    僅かに上昇 

    KD111239035189.au-net.ne.jp
    帰郷 or 離郷 nanapapa 7月20日(木) 20:21
    Canon EOS 7D Mark II 6sec F2.8 ISO250 ±0EV 
    7月19日 富山の自宅を手放す日 いや手放した日なのかな?

    思えば22歳の時 嫁にもらう条件として5年以内に家を建てる と、お舅さんと約束した。
    当時は、母を養うために少しでも高給な仕事を と、言うことで日本警備保障(現セコム)にガードマンとして努めていた。
    毎日毎日が夜勤 3日で一日の休日を休まず7勤務して残業代を稼いでいた。

    それによって、同世代の1.5倍の収入を得ていた。
    その頃に紹介されたひとが、別れた元奥さん。

    当時は、お義父さんは国鉄職員 頑固一徹のひとだった。
    そして、富山県人の常として 家を建てられなければ一人前と見做さないという風習があった。
    それで、約束事になった訳だが母を養うのに精一杯で預貯金などあろうはずもなく、また世間には知られていないガードマンという危険な仕事と言う誤解された認識。ただ若さだけのがむしゃらだった。
    それでも、約束は果たさなきゃならない。

    家族全収入の2/3を返済金に当てる と、言う無謀な計画でよりいっそう残業をするようになった。
    いまでも忘れはしない一ヶ月の残業時間が256時間
    ほとんど家には帰れない日々が続いて、結婚三ヶ月目には嫁が家を出ていった。

    すべて、家族のためと思ってしてきたことが裏目に出たと、言うことだろう。

    再生活に戻って、残業は減らしたけれども 今度は給料が少ないと不満をもらすようになった。
    その頃 母も無理をして住み込みで働いてくれるようになった。
    それでも、貧乏から抜け出せる訳でもなく家計は火の車だったように想う。

    そんな思いをしてまで建てた家は、7月19日の日限りで自分の手元から離れた。

    思えば44年 我が家だった。
    庭に花壇を作り花を植え 玄関ではビニールプールを作って娘を遊ばせた。
    近くの田圃では、娘と泥んこになって遊んだ。

    そんな想いだけが蘇ってくる。
    家族を第一に考え いろんな仕事に手を染め いろんな経験をしてきた。
    一つひとつ書き出せば一冊の本になるくらい。

    固定財産のなくなった今 その経験値だけが自分の財産となっている。
    ただ、がむしゃらになって働いてきた中に 団体活動ができないと言う欠点もあった。

    ひとが休暇を取ってレジャーを楽しんだり 映画や友人たちとの飲み会など そういうことも断って仕事に費やしてきた。

    それが、いま他地へ移ってきて地域との繋がりが増えてきた中で戸惑いが出てきている。
    どう接すればいいのかわからない。

    いま、暮れていく窓の外の空を眺めて 気持ちがどうしようもなく沈んでいく。
    ポツポツと点きだした家明かりを見て、どんな家族生活なんだろう。
    どんな夕飯を食べているんだろう。

    羨ましいわけではなく ただただ気持ちが沈んでいく。
    夜の帳が下りて、真っ暗になるように。

    朝になって、夜が終わりを告げ空が白みだすとまた気持ちも上がってくるんだけど。



    KD111239042242.au-net.ne.jp
    チョウトンボ! やすぼー 7月18日(火) 16:50
    NIKON D5000 1/1250sec F5.6 ISO400 +0.3EV 
    帰りがけに寄ってみた池で
    蝶トンボがいましたよ 嬉しくて撮ってみました。
    明日は、富山かな?  お気をつけて行ってらっしゃい。


    やすぼー 7月18日(火) 16:52
    追加です。


    nanapapa 7月18日(火) 19:39
    うわ!うわっ!うわ〜〜〜〜〜〜、

    蝶トンボ 蝶トンボ  見たことないし撮ったことない。

    どこ どこ どこの池ぇ。
    KD111239049217.au-net.ne.jp
    訪問客 nanapapa 7月16日(日) 22:15
    Canon EOS 7D Mark II 1/4sec F14.0 ISO320 ±0EV 
    引っ越して二日目
    浜松から遠路はるばる義姉がご主人と一緒に来てくれた。
    義理の姉さん と、言っても血縁関係はない。
    ネット上での姉さんけど、何かにつけ気を遣ってくれて真の姉さんみたいに慕っているひと。
    もっのすごく嬉しい。

    およそ十四年ぶり。
    お互い歳をとったのは仕方がないけど、それは感じられなかった。

    部屋も片付いていないし、なんのおもてなしもできないけど それはそれで勘弁してもらった。

    とりとめもない世間話 カメラ談義 それだけでも楽しい。
    午前中だけの逢瀬だけど、兄弟姉妹のない自分にはそれだけで宝物。

    今度は、無理をしてでも浜松に行くど。

    写真は、この記事に関係ないけど 昨晩玄関前から撮った夕方の東空。


    おうな 7月17日(月) 17:34
    nanapapaさん 

    やすぼー姉様ご夫妻がご訪問くださったのですね♪ 良かったね。

    嬉しいニュース!おうなまで喜びをいただきました、おうなが勝手に推理したので間違っていましたらごめんなさいね。でも多分 ◎よね。

    此のご訪問 お医者様のお薬より何倍もいいえ 何十倍もあなたを元気づけてくださったことかと思っています。ほんとに有難かったです。


    おうながばたばたとご近所衆との「暑気払い」の準備に明け暮れています間に「新居」での生活に移られましたこと、コメントはしませんでしたがハラハラドキドキ存じていましたよ。 
    ごめんなさいね、色々と考えがまとまらないままお久になってしまいましたね。

    新しい生活♪ ゆっくり楽しみながらいろいろチャレンジしてくださいませ。

    お知らせ 楽しみにしています。お体の方は ジイチャの経験から推量しますに、ホルモンのコントロールのため、強めのホットフラッシュ、だの自律神経の弱りなど出てきてかなり不愉快な状態にになりましたのでそれかなと思っています。
    ふらふらと目眩に似た状態にもなっています、そんな状態は今も続いています。

    お相撲の中継が終わると二人で買い物へ出る予定ですので今から支度します。またゆっくりかきます。


    やすぼーさんへ

    お逢いしたこともありませんがここでのpapaへのコメントからいつもとても親近感をいただいていましたのでつい急ぎコメントしました。失礼の段お許しくださいませ。
    8月に79歳になる予定のおうなでした。
    今後ともよろしくお願いいたします。

     


    やすぼー 7月17日(月) 21:40
    nanapapaさん   昨日は予定より早めに着き驚かれた事と思います。
    殿もどうせなら、朝一が好いと言い 久々の朝からの出発になりました。
    環境はとても良いと思いましたよ!お山の大将の気分・・下界を見下ろすなんて
    二人で羨ましがっております。ストレスのない生活こそ病には良いかも知れません。

    見た目は元気そうだったのでホッとした半面 食事が摂れないのがチョット心配です。
    しっかり者の娘さんも居ることだしね。元気で居られれば又、顔も見られます。

    少し軒先をお借りして
    おうなさん ご無沙汰しております。
    nanapapaさんへのコメントを見させて頂きながら、的確な書き込みに感心してました。
    私は、読み逃げが多くて・・更新されると安心したりして今日も大丈夫と・・・。
    8月で79才・・因みに私は5月で76才になりました。
    こちらこそ、宜しくお願い致します。(*_ _)

    nanapapaさん ありがとう!
    でわ、又 おやすみなさい。
           


    nanapapa 7月18日(火) 19:37
    おうな姉 やす姉 ありがとう。

    なんかふたりの姉に囲まれた弟のような気分です。
    いままで、兄弟姉妹も親戚もなく ずっとひとりで踏ん張ってきたからこの幸福感がすごく嬉しい。

    こんなに甘えさせてもらっていいんだろうかとさえ思ってしまうよ。
    叶わぬ夢と思いつつも、世間並みに兄弟姉妹で温泉でも行けたら なんて夢描いてます。

    おうな姉は東京 やす姉は浜松だしだから熱海辺りで  って、高級すぎるか(笑)
    どこかひなびたところでもいいや なんてね(笑)

    いつか いつか おうな姉にも会いたいね。
    やす姉 浜松 絶対行くからね。
    KD111239049217.au-net.ne.jp
    himawari 7月17日(月) 20:25
    nanapapaさん
    凄く感動してます。
    母さんから連絡して頂き私も長野が近いと伺いたい処です。
    あれから10年ぶりではないですか?
    本当に優しい母さんですから。。。
    元気が出て下さるとうれしいですね
    新しいい住まい頑張ってくださいね
    i118-20-212-153.s41.a035.ap.plala.or.jp
    scene 2010/10/12


    1 2 3 4 5 6 7 8