144665
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


中部一水会研究会 Koji 6月12日(日) 16:31
 
今日は、一水会の研究会でした。
7月の研究会は、日程が日水とラップしていますので、出られません。
よって、今日が勝負の日。
三重県の田島先生が、かなり良い事を言って下さって一安心です。
出荷は8月末、発表は9月上旬と思われます。
第104回日水・東京展 Koji 6月 4日(土) 19:06
 
6/2に東京都美術館に見に行って来ました。
私の絵は第1室に飾られていました。
非常に名誉なことで、たいへん嬉しく思いました。
また来てくれた友人諸君には深く感謝します。
さあ、また来年向け踏み出すことになります。
おめでとうございます!! ナターシャ 5月31日(火) 00:36
9回目の入賞おめでとうございます。今回の作品は、透明感があり、とてもさわやかで、美しい仕上がりですね。又、まじかに、ゆっくりと拝見させて頂きます。本当にお忙しそうですね。お体の方は大丈夫ですか?私たちはいつも楽しませて頂くばかりで本当に有難うございます。

Koji 6月 2日(木) 09:57
ナターシャさん、ありがとうございます。
今、新幹線の中からです。
橋本教室のお仲間が一緒で、まるで大人の遠足みたいです(笑)
名古屋巡回は7月下旬です。
近づきましたら、また、ご案内状を
お送りします。
素晴らしい!! yumi 5月29日(日) 19:52
入選おめでとうございます。
と言っても、光と影が見事に表現されていて堂々とした作品ですので、当然の結果です。
また、巡回展でじっくりと拝見させていただきます!!

Koji 5月30日(月) 06:24
yumiさん、カキコありがとうございます。
今回のこの絵は、去年の日本水彩用に描いた2作品のうち1点でした。
最初真ん中は、なさけな〜い水鳥が描いてあって、ボツにしていました。
それでも、真ん中を白頭鷲に塗り替える(不透明水彩)と、不思議な魅力が出て来て
それで本来、日本水彩用に描いていたものより良くなっ来て
その年に日本水彩用に描いていたものは中部一水会用に替え、
これを日本水彩用にとしました。
よって約1年の歳月をかけていることになっちゃいました(涙)
また来年に向け試行錯誤が続きます。
橋本先生に言われたことは、『3枚は描いて、その中から選ぶように・・・』
頑張ります。
日水入選しました。 Koji 5月28日(土) 10:53
 
お陰様で、今年も日水に入選する事が出来ました。
2001年から挑戦しはじめて、9回目の入選となりました。
これもひとえに応援下さる皆様のおかげです。
厚く御礼申し上げますとともに、これからもよろしくお願い申し上げます。

Koji 5月28日(土) 10:55
入選作はTopにも掲げましたが、この絵です。
出荷前に写真を撮るのを忘れまして、この画像のみです。
橋本教室での1ショット。
絵が帰ってきたら
またUpします。
一水会への100号_2 Koji 5月21日(土) 18:45
 
問題はこの100号です。
日本水彩の発表は5/25PM5時で、非常に気になるところですが、
もう考えないようにしているためにも
この100号に集中します。
さああて、どうっかな?
手前のひざ掛け毛布は、最終には、もっと暗くします。
睨む白頭鷲・・・・・・一水会の次回研究会は6/12です。
橋本教室 Koji 5月21日(土) 18:42
 
5/20金曜日は、橋本教室でした。
新しいモチ−フが始まりますが、前回までのこの絵の見分をしてもらいました。
まあ、こんなところか(自笑)
一水会への100号 Koji 5月 9日(月) 08:11
 
一水会本展に向けての製作にかかりました。
さすが、100号はイ−ゼルを使わないと無理。
よって、スイング式イ−ゼルの出番です。
さて6月12日が第2回目の研究会です。
それまでに完成度を高めたいのです。
エスキ−スを描いてそれから100号にかかって約一か月・・・・・・
手ごわし100号
されど100号に向かえるこの至福感・・・・・・
今、絵をやらせてもらえることに感謝です。
橋本教室 Koji 5月 8日(日) 12:24
SO-02E 1/32sec F2.4 ISO50 ±0EV 
5月6日は橋本教室でした。
このモチーフも最終回。
最後の批評で背景にもうひと工夫が出ました。
次回までに修正します。
私の尊敬する先駆者たち Koji 5月 1日(日) 07:26
 
まずは石井柏亭(1882〜1958)先生
「羅馬花売娘(チョチャラ)」
水彩にこだわり、日本水彩の創設を担った一人です。
この人の生き方が好きですね。

Koji 5月 1日(日) 07:30
続いて
安井宗太郎 金蓉(きんよう) (1934年・油彩)
この絵、テレビ『美の巨人たち』で紹介されていましたね。
いまやは教科書にも載っているとか
この人が一水会だったと言う事が私が一水会にひかれた理由の一つでもあります。
でも、茅野吉孝先生(現在・日本水彩理事長)が一水会にもいると言う事が一番大きな理由でもありますが。

Koji 5月 1日(日) 07:34
そして現役の先生
吉崎 道治
一水会運営委員・日展会員
「雪の朝」
どうしてこれが絵になるの?不思議な世界です。

Koji 5月 1日(日) 07:38
日本水彩・理事長の
茅野吉孝 先生
油彩と水彩の二刀流、絵の構成、勉強になります。

Koji 5月 1日(日) 07:42
そして、昨今直接教えを頂く
一水会会員・中村裕二先生
このわずかな間に奥行感と立体感を生む方法!!!
とても勉強になります。
お久しぶりです みお 4月30日(土) 21:30
HP閉じることにしました。
長い間リンクをありがとうございました!
お手数お掛けしますが、削除お願いします。
絵はずっと続けるつもりです。
またお会いしましょ〜♪

Koji 5月 1日(日) 07:14
そうですか〜、さみしいですが、そう決断されたのなら
しかたありません。
では、当方のリンクを外しておきますね。
あなたを描いたものがありました。2001年になっています。
長い間、お付き合いくださいまして誠にありがとうございました。
でも、また遊んでね〜
日本水彩・東京展のご招待状を、お送りしますが
落ちたらごめんね(自爆)
中部一水会展終了 Koji 4月25日(月) 10:10
 
昨日片づけて来ました。
会期中お越しくださいました皆様には厚く御礼申し上げます。これは愛知県美術館の横歩道で車を待っているところです。

Koji 4月25日(月) 10:11
片づけてしまうと会場入り口はこんな
殺風景となります。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
2016-6



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930