Home 196880
2017-10
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031






こんにちは〜 久美 10月 8日(日) 17:38
mapさん こんにちは〜

連休を如何お過ごしですか?
こちらは又暑い季節に逆戻り・・
扇風機を廻しながらふうふう言ってます
まさしく「女だまし」されてます(-_-;)

今日は珍しいお花と自負して大急ぎお持ちしました
「さつま芋の花」です!
調べてみたら諸条件が揃わないと咲かないお花とか・・
mapさんまだ見てなかったら〜〜(*^^)v

咲けばニュースにもなるんですって(^^♪



久美 10月 8日(日) 17:40
珍しくもありませんが・・クサギです(^^♪


久美 10月 8日(日) 17:41
おまけ・・です
お調子に乗せて頂きま〜す(^^♪


map 10月 8日(日) 22:15
久美さん、こんばんは♪

そういえば連休ですねぇ。
昨日は息子一家がやってきて、今日はドライブに遠出してきました。
明日はのんびりする予定です。
そちらは暑くなっているんですか。そちらは10月と言えども、夏のような暑さがありますものねぇ。
近年は「女だまし」も当たり前になってしまったかも・・・?
こちらも20.5℃になって暖かかったですよ。そちらには寒いと感じる気温かもね?

まぁ、珍しいサツマイモの花のお届を、ありがとうございます♪
朝顔のような花ですね〜!びっくりです。かわいい花ですねぇ。
同じイモでもジャガイモの花とは大違いですね。
諸条件がそろわないと咲かない花ですか?花が咲かなくても、イモは育つの?
近年は北海道でもサツマイモの栽培が増えてきてるそうですが、偶然花に出遭うのは難しそうですね。
久美さんのおうちで作ってるサツマイモ?
あれ?サツマイモって、これから収穫なんですか・・・
咲けばニュースになるくらい珍しいの!どうしてそんなに珍しいのでしょう、不思議な花なのね。

あれ、クサギの花が今頃咲いているんですかぁ。
こちらでは8月には終わってるけれど・・・?これまた不思議。

花カタバミのお届けも、嬉しいです〜\(^o^)/
まだまだ元気に咲くのでしょうか。
そういえば我が家のカタバミも、いつになく今年は長いこと花を咲かせています。
今朝も夫が、なかなかかわいいねと話していたところなんですよ〜
花がさびしくなったこちらに、素敵なお届け嬉しいです〜♪
今日は♪ おかめ 10月 8日(日) 16:43
mapさん、今日は♪
 
 今日は秋晴れになりました♪
外を歩くと汗ばみます。

寝不足がたたっていたので先ほど1時間半ほど寝たらスッキリしました。
寝るに限りますね。

今朝の朝刊に北海道美唄市の宮島沼に越冬を終えたマガンが集まっている写真と記事が出ていました。
ロシア極東から飛来したマガンが最終越冬地に向かうまでの中継地点。日中は周辺で餌を食べ、夕暮れ時になると一斉に戻ってくる。栄養を蓄えた後、宮城県の伊豆沼などに旅立っていく。
という記事内容でした。
新聞記事をパチリしました。シワが寄っていて見難いですが…。




 


おかめ 10月 8日(日) 16:47

毎年見せて頂いていますね♪
今年も宮島沼にいらっしゃるのでしょう♪
最近は日の出もずれ込んでいます。6時過ぎにパチリした日の出です♪
今日は日曜日、一週間は早く過ぎますね。


map 10月 8日(日) 21:59
おかめさん、こんばんは♪

そちらは秋晴れになったの、気持ちがよかったでしょう。
こちらも晴れる予報だったのですが、ほぼ曇りでした。がっかり。
朝もきれいな日の出の空ですねぇ。
夫が朝は快晴だったと言ってました(^^ゞ

おかめさん、私の宮島沼通いをご存じで、記事に反応してくださったんですね(*^^)v
わたし、北海道新聞からの記事提供かと思ったら、ちゃんと記者さんの署名入り記事ですね!
お宅で失礼なこと書いてしまいました(^^ゞ
昨日の夕刊にこちらでも写真付きの記事があったので、今日は早速見に行ってきたんです。
周辺の畑にもいましたよ。
わたしが宮島沼に行ったのは4時過ぎでしたが、着いたときにはすでに続々とマガンたちがねぐら入りに戻ってきていました。
1時間いましたが、キリが無いと思い帰ってきました。
お天気が良ければ、夕焼け空に帰ってくるマガンが撮れたのに。
それに月も出ていなかったし、ちょっと不満でしたが、仕方がないわね^^;
今年は来るのが遅めで、いつまで沼にいるのかわからないそうです。
(^o^)/こんにちは tomikoko 10月 8日(日) 07:16
MAPさん

わが町にも、秋祭りが賑やかに行われました、
お祭り大好きです。

葛飾北斎のエピソード2 
ライバルには負けん!第2のグレートウエーブです
「神奈川沖浪裏」で浮世絵界の頂点に立った北斎。その前に強力なライバルが登場します。
それは「東海道五十三次」の新鋭・歌川広重でした。
奇抜な図柄の北斎VS.情緒の広重が江戸を騒がせ、これからも世界を騒がせてゆくでしょう。
ますます己の創作に磨きをかけていった北斎は第2の「大波」をさらに立体的に描くことにしました。

第2のグレートウエーブ―「富嶽百景・海上の不二」も素晴らしい


map 10月 8日(日) 21:38
tomikokoさん、こんばんは♪

秋祭りがありましたか。
我がまちでは9月14〜16日でしたが、今年は気がついたら終わっていました。

北斎のライバルは歌川広重ですか。
今日の新聞に歌川広重の名前が出ていました。
彼の弟子の絵が今注目されているというような記事だったような…?^^;
そういえばお栄のドラマ、「眩」の再放送があったので録画しました。
見るのが楽しみです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9