[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
四国の旅路 辰巳屋 11月 9日(木) 22:07
11月4日から7日まで、四国の愛媛県・高知県を訪問しました。愛媛県は、今治市、西条市の丹原、小松、新居浜市の喜光寺、久万高原町の久万、落出、高知県は土佐町田井、本山町本山、いの町長沢、仁淀川町は土居(池川)、森(仁淀)、越知町越知、高知市は稲荷町、北本町、大川筋、南はりまや町、農人町などでした。
瀬戸内側の丹原と喜光寺には、3階建木造旅館の建物が残っていました。また、高知県の本山には昔ながらの街並みが残っていました。仁淀川町の森は小さな街並みですが、お茶で栄えたすべての地域サービスが整った街並みでした。旧仁淀町の中心地です。

画像は、丹原の3階建てです。2階建てのものを3階に増築したようです。

辰巳屋 11月 9日(木) 22:08
画像は、新居浜市喜光寺商店街にあった木造3階建ての旅館です。別子銅山と積出港の中間に位置し栄えた町のようです。

辰巳屋 11月 9日(木) 22:10
画像は、本山町本山の街並みです。高知旅館は大正年間の創業のようです。

辰巳屋 11月 9日(木) 22:12
前の画像は、高知旅館ではなく「高知屋旅館」です。

画像は、仁淀川町の森(旧仁淀町)です。町の周囲は茶畑に囲まれていました。

孫右衛門 11月 9日(木) 23:57
辰巳屋さんの着目されている旅館をテーマに筋の通った良い探訪ですね。私はこの中では久万と新居浜市喜光寺しか訪ねていません。後者は掲載もしていません。

昨日まで鳥取県に出張だったのですが、拠点としたのは倉吉の古い町並の中にある「まきた旅館」という旅館でした。6月にも利用したことがある創業100年を超える旅館です。

高知屋旅館も泊ってみたい旅館ですね。

七ちょめ 11月10日(金) 09:05
辰巳屋さんの探訪は、深く詳細にをモットーにされている様で、列記された町並でも殆ど知らない所ばかりです。
本山町の高知屋旅館も倉吉のまきた旅館も検索で見つけて、予備のリストには上がっていますが、創業年が公表されていないですね。どちらも大正末期と思います。
孫右衛門さんの泊まられる「まきた旅館」は入口部分は古そうですが、奥の川沿いの建物は新しそうですね。普通の宿泊は奥の川沿いでしょうか。
今度泊られたら、それとなしに創業は何時ごろか聞いてもらえないでしょうか。

辰巳屋 11月10日(金) 20:13
結果的に旅館が街並みの中心となっている所ばかりとなりました。いずれも小さな街並みばかりです。

画像は、久万高原町落出の街並みです。木造3階建の旅館と思われる建物が残っていました。街並みとしての評価は低いと思われますが、木造3階建が残っていることは評価したいと思います。

孫右衛門 11月10日(金) 22:31
まきた旅館ですが、夕食の時に女将さんに聞いてみると五代目だといわれ、100年以上かと聞くとうなづかれたので、遅くとも大正時代前半であることは確かです。
ただ言われているように表側は古い構えですが、宿泊は一番奥の新しい棟です。裏側の部屋の窓を開けると玉川に面しています。内部からは特に重厚な古い旅館というイメージは、余りないかもしれません。
表側の建物部分は今は調理室などとして使われ、玄関から入ると延々と廊下を歩いて部屋のある棟にたどり着きます。
奥の棟の2階に5部屋ほどの客室があり、1階は座敷が2つあり食堂や宴会に使われているようです。
ご夫婦で経営されているようで客が少なくとも成り立っているようですが、これまで5泊のうち今回ようやく1人別の宿泊客がいました。それから6月に泊った時に5・6人ほどの宴会客をみただけです。今は日が短いので少し朝散歩したくらいですが伝統的町並の真ん中にあり、二食付きで6000円台と、非常に重宝しますね。
ネット環境がないくらいで、とくに不便のない宿です。
来週またしても鳥取出張があるのですが、今度は羽合温泉に泊ります。

七ちょめ 11月11日(土) 08:45
孫右衛門さん、まきた旅館のことお知らせ願いありがとうございました。
玄関入口の上部2階が客室になっていて泊まれるかどうかは電話で聞いてみます。
今度はハワイ温泉ですか。業務に差し支えない程度で旅館宿泊を楽しんで下さい。

万訪 11月12日(日) 18:01
大変興味深い町並みが多いです。新居浜喜光寺商店街は今まで知りませんでした。新居浜はだだっ広く捉えどころがない。過去二度訪れていますが気づきませんでした。今度沖にある大島へ行く際に訪れたいと思います。
i60-43-49-30.s30.a048.ap.plala.or.jp

Password:
 cookie