[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
やっと風邪が治りかけて、、、 管理人 1月19日(土) 23:08
 
昨年のふたご群で引いたらしい風邪が、ようやく治りかけてきた。
こんなに咳が続いたことは初めてのことだ。

不摂生を続けて、無茶苦茶な生活をしている。
昨夏のエアコン使用ゼロに続いて、冬季の室温12℃以下などと誰が信じるだろうか。
古いスキーウェアも役立つものだ。

身体か寒さに慣れてきたこともあるけれど、寒中にもかかわらず積雪0という信じられない今冬に助けられている。
念のため厳冬期用の寝袋を車に入れて、食料とスコップを準備しているが、今のところ活躍の場はない。

しかしこの逆もありうるわけで、1981年冬のような信じられない大雪も、いつかやってくるのだろうな。

写真は村に暮らす野良猫。
天然の毛に包まれているから、一家でかたまっていると暖かいんだろうな。
人相(ネコ相?)の悪い野良猫一家の中で、この子だけは人なつっこい。
故矢橋六郎氏の『夜空の饗宴』 管理人 1月19日(土) 22:41
 
今年3月に建て替えのため中日ビル(名古屋市栄)が閉館となる。
解体を前にした昨年暮れ、中日ビルを訪れた。

12/8、SONYストア名古屋でαAcademy開始までにはまだ2時間以上あることを確かめて、駐車場から冬寒の町を中日ビルへ歩いた。

Christmasの飾り付けがされた1Fロビーへ入り、見上げると、天井一面にタイルで描かれた天井壁画。

作品名は『夜空の饗宴』。
故矢橋六郎氏の作。
イタリアのベネチアングラスと大理石がふんだんに鏤められたモザイク画。

2018年11月22日付『中日新聞』によると、新ビルにも移設される予定という。

どのような形で移設されるかは分からないが、できる限り完全な形で残す方法が検討されるよう注視したいと思う。
1/14のテキスト入稿しました! 管理人 1月 7日(月) 12:26
 
1/14のαAcademy用テキスト原稿をやっと印刷所へ入稿した。
B5判オンデマンド印刷48ページ、無線綴。
何とか間に合いそうで、ほっとしている。
あとはプレゼンを残すのみ。

振り返ると、
昨年のふたご群で引いた風邪が治らず、
苦しい正月だった。

健康も、懐具合も、すべて最悪。
忙しくなればなるほど生活が苦しくなるのは、
一体どういうことなのか。

今週末は金生山明星輪寺の初虚空蔵。
1/12(土)の夜は柴燈護摩と火渡り。

皆さんのご参詣をお待ちする次第。

管理人 1月11日(金) 12:42
印刷を終えたテキストが届きました。
1/14のαAcademy参加者に差し上げる分だけしか制作していません。
とても贅沢な?テキストです。

いつものことながら出来映えには不満な部分もありますが、入稿から納品されるまでの時間を考えると贅沢は言えません。
もっとも高いお金を払っているので、もうちょっと、と思うこともありますが。
ほとんどは執筆・制作した私の側の問題です。

将来、これまでのガイドブック・テキストを1冊にまとめる機会があれば、不満点を修正したいと思います。
貧乏生活ですから、まあそんな日は来ないでしょう。

プレゼンも大まか完成。
あとは手直しをするだけ。

明日の1/12の初虚空蔵までに仕上げることができ、ほっとしています。
次回があれば、もう少し余裕を持ちたいものです。

初虚空蔵へお越しの際は声をかけてください。
お待ちします。
あけましておめでとう chako 1月 2日(水) 12:24
あけましておめでとうございます!
体調がよろしくないご様子。いつもにない書き込み。ちょっと心配です。
どうぞ暖かくして、体調をととのえて下さい。
私は何とか新年を迎えることができました。
健康に気をつけて一年を過ごしたいと思います。
風邪が治らないまま年末... 管理人 12月30日(日) 23:16
ILCE-7M3 1/30sec F2.8 ISO400 ±0EV 
ふたご群で引いた風邪が2週間以上治らない。
辛くて、しんどくて、たまらない。
原因は無茶苦茶な生活にあることは分かっている。

この夏の猛暑を冷房を全く使用しないで乗り切った。
そして年末寒波の今、室温を12度に押さえる生活を続けている。
寒さで仕事にならないので、古くなったスキーウェアを着込んでいる。
その挙げ句がこの有様では、文字通り様にならない。

僕には高齢の母がいる。
今は認知症で僕の顔も分からなくなってしまったけれど、以前の母だったらきっとこう言ったに違いない。

「とーれーことやっとりゃあすな。お人好しにもほどがある。このどたわけが。誰が喜ぶ。みんな陰で笑っとりゃあすに、きっと。」

名古屋生まれの母は生涯名古屋弁が抜けなかった。
歳をとってからは余計に子どもの頃の話しぶりに戻っているような気がする。

「たわけ」は「田分け」に語源を持つ。
それに「ど」が付くのだから、最大限の軽蔑の言葉だ。
小さい頃から僕には「バカ」「アホ」「マヌケ」と言われるよりも「どたわけ」と言われることが最もキツかった。

来年は...。
行けるところまで行って、ダメだったら...。
仕方がないよね。

この掲示板も見る人はいないだろうから、更新料が切れたら自然消滅。

画像は29日。
町に出てみると、揖斐谷と変わらない雪景色が広がっていた。

新年のご多幸を。
(^o^)/こんにちは tomikoko 1月15日(月) 05:59
 
宝塚もまだ氷点下で一年を通じてもっとも厳しい寒さが続いています。

一昨日のブラタモリ 「宝塚」は私達宝塚の人達にも大変参考に成りました。
宝塚の娯楽の殿堂を生み出した地形の秘密は遠く江戸時代から・・・
ミュージカル苦手なタモリさんも「宝塚は 疑問の上を行く」存在でした。
私達も色んな疑問が解けて、更に宝塚に愛着を持ちました

確り纏めて後日報告します
先ずは元旦の清荒神さんからの宝塚市を観て下さい。

管理人 1月16日(火) 21:57
ブラタモリはいい番組ですね。
昨年、日本地質学会から表彰を受けたと思います。

隣接学問の研究に携わっていましたから、より身近に感じます。
あけましておめでとうございます hei 1月 2日(火) 23:02
 
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

いまさらですが、去年のヒメボタル二日目明けの朝の写真です。

先生のさらなるご活躍をお祈りいたします。

管理人 1月 3日(水) 09:02
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年の山は残念続きでした。
今年こそ天候に恵まれたいものです。
一緒に行けることを楽しみにしています。

画像は元日の夜明け前。
金生山にて。
chako 12月26日(火) 16:54
誕生日おめでとうございます。
どうぞ、体に気を付けてご活躍ください。
私は、最近は体調を維持するのがやっとです。
今、出来ることを楽しみたいと思っています。

管理人 12月27日(水) 00:12
chakoさん、こんばんは。
お身体の方はいかがでしょうか。
そしてありがとうございます。

病気を抱える身ながら、あれもこれもと欲がありすぎて困りものです。
一病息災という都合のいい言葉もありますが。

先月末にブライダル前撮りをさせていただきましたが、アルバム・デジタルアルバム・ウェルカムボードを大急ぎで完成させました。
年内にお渡しできる運びとなり、ほっとひと安心。

これが済めば仕事納めといいたいのですが、ただちに1月27日αセミナーの準備にかかります。
SONYのαアカデミーの案内には「テキスト付き」とうたっていただきました。
講座1、講座2の2冊。
あれもこれもと欲張ったおかげで、かなりのページ数になりそうです。
四苦八苦しています。

年末から正月にかけてはこの仕事で塞がります。
1月12日の金生山明星輪寺の初虚空蔵までには何とか仕上げなければ、と気合いを入れ直しています。

大晦日の晩は金生山山門前で車中泊です。
お天気がよくなさそうで、元日の初日の出はダメかなぁ。
メリー クリスマス! 管理人 12月25日(月) 10:54
ILCE-7RM3 1/100sec F5.6 ISO320 ±0EV 
May your Christmas be Merry and Happy.

今日1つ歳を重ねました。
子どもの頃からは考えられない時間が過ぎました。

自分にとって有意義な時間だったのかどうか、忸怩たるものがあります。
が、これも自分の歩んできた道であることには違いありません。

妥協を許さないナイーブな心を持ち続けたい、16歳の時に誓ったことです。
心を新たに精進したいと思います。

大晦日はいつもの通り金生山で年越しです。
除夜の鐘にお出かけください。

年内まだHPは更新します。
ときどきのぞいてください。
サーバーの不具合について 管理人 10月18日(水) 12:54
20171018最新のトップページは「オリオン座流星群」です。

もしリロードしてもサーバーに接続できない場合は、もう片方にアクセスしてみてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「MIHARUの山歩き」は以下の2つのサーバーへ同時にデータをUploadしています。

片方のサーバーがダウンしても、もう片方は生きているはず(たぶん)。

両方をブックマークしてください。
片方がつながらないときは、もう片方で試してください。

(新)http://ibidani-miharu.com/
(旧)http://miharu.pro.tok2.com/
月夜の川面 管理人 10月11日(水) 00:40
 
川にかかる橋の上から。

深夜とはいえ、車の往来は激しく、
歩道のない橋の上から急いで撮る。

三脚を立てる余裕もなく、手持ち。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「MIHARUの山歩き」は以下の2つのサーバーへ同時にデータをUploadしています。

片方のサーバーがダウンしても、もう片方は生きているはず(たぶん)。

両方をブックマークしてください。
片方がつながらないときは、もう片方で試してください。

(新)http://ibidani-miharu.com/
(旧)http://miharu.pro.tok2.com/
サーバーの不具合について 管理人 10月 4日(水) 23:55
「MIHARUの山歩き」は以下の2つのサーバーへ同時にデータをUploadしています。

(新)http://ibidani-miharu.com/
(旧)http://miharu.pro.tok2.com/

現在
(新)のHPが閲覧できません。
(旧)は閲覧できます。

最新のトップページは「中秋の名月」です。

もし閲覧ができない場合は、もう一方へアクセスしてみてください。

大変困ったことですが、これで当座は凌げます。

よろしくお願いします。



------------------------------------------------

10/5 01時現在、復旧しています。



Password:
 cookie
1 2 3 4 5 6 7 8 9