214594
ひょっこり美ヶ原に飛び出す沢コース ピカリ☆ 6月28日(木) 22:26
昔々その昔〜観光ドライブがてら僕も何度かお手軽ハイクしたことがあった往年の美ヶ原ですが…思えばそれからすでに30年は行かずに年月が経っているのでした。。。

それはあまりに有名で人が多くて落ち着けず、以来同じような解放感ある高原環境を有しまだネームバリューが低いような、静かな私的お気に入りの高原を幾つも訪ね知るようになったこともあり…

けど!今回一つ考え改まったというか…こうした有名地もアプローチ次第で、またすごいワクワクしちゃう新鮮感覚を取り戻せるものだなぁ♪ なんて実感したのでした〜(*^o^*)

要は今回初めて裏(北側)からの潜入で、上田市武石地区を流れる武石川の支流「焼山沢」沿いのルートをゆるゆる花散策しつつ登り詰めて行ったら、それまでの深山幽谷ムードがパッと開けて〜ヒョッコリこの見覚えある美ヶ原の真ん中に飛び出して〜☆
とまぁ、この展開がめっちゃ面白かったです!(^.^)!

ピカリ☆ 6月28日(木) 22:29
望遠ズームすると…

オォ!例の塔が〜('◇')

ピカリ☆ 6月28日(木) 22:47
わっと!ここから今夜のサッカー観るので、つづきは又にぃ〜〜(^_^.)

ピカリ☆ 6月29日(金) 14:32
ウ〜ン失点後の日本は、なんともいえない生き残り戦術となりましたが…
結果とにかくベスト16入りできたんで、もう一戦観られるのだ〜〜(;´∀`)

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:36
この焼山沢コースは、案外親切にこうした標識が(登山口から美ヶ原に至るまで)立てられていて、初回でもほとんど不安なく進めました。

この日(6/25)この登山路に他の登山者は往復ゼロで道々出合えた花たちは(草本・木本合わせて)56種を確認したけど…それは開花の「最盛姿・終盤姿・まだ蕾姿」ぜんぶ合わせてのカウントでっす(^.^)

ん〜しかし私的初見花の登場はなくて^^; 残念ながらも…この時季我が家周辺の低い野山はほぼ端境期で自生の花が乏しいから、長野でこんな深山の中を流れる涼しい沢沿いで 種類多く咲く状況に身をおけるのはやはりウキウキ♪♪

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:44
タガソデソウ。。

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:44
キバナハタザオ。。

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:45
ヤマタツナミソウ。。

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:45
タチカメバソウ。。

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:46
所々出てくる、こんな感じの滝を幾つか巻き上がっていきます〜〜

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:48
テングクワガタ。。

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:49
今年5月に、櫛形山ではフラれた花〜(^^ゞ

ピカリ☆ 6月29日(金) 16:51
自生ウマノアシガタの花に、こんな豪華な八重〜☆

SAKURA 7月 1日(日) 14:02
ピカリさん、こんにちわ〜♪
6月なのに暑い暑いと腹立たしく生活していたのですが、梅雨明けとの事で暑いの嫌いな私は目の前真っ暗状態です。
我が家の方は1週間以上強風で雨も降らないし…
夏が長〜い年だとうんざり&恐ろしい年になりそうです。

美ヶ原の地図は手持ちを調べてみましたが焼山沢コースは無し(数年前の地図ですが…)ガイドブックに点線があったのでこれだ!
ちゃんと整備された状態を拝見して一般コースでも大丈夫そうだとお思いながら、誰とも出あわないのもなぁ…
上では30年ぶりで懐かしかった事でしょう。(=⌒ー⌒=)

暑い時はやはり沢沿いだよね〜♪
56種もの花々の出会いだし、何と言っても沢音と共に涼しいもんね。

大きいヤグルマソウの葉の前でクッキリのタガソデソウは2、3番花に蕾もあって優しいお姿〜♪
ヤマタツナミソウは大群生だし、水辺のテングクワガタは花盛りのいい時、タチカメバソウはやはりこのくらいの色が多いよね。
たった一枚の葉のランも沢沿いなら6月末に出会いがあるんですね〜♪
八重のウマノアシガタは珍しい!
左の蕾は八重っぽいけど、右側のお花とは同じ株じゃないだろうなぁ…などと思いながら拝見してます。花びら12枚かなぁ。。。
去年スイスでこの花の白花と、タマキンバイって八重咲きのキンポウゲに出会ったと思い出して写真を見た所です。

サッカーは結果とハイライトシーンのみ拝見ですが、次回はまったくの夜中だよね。
みなさん大変な日になることでしょう。
選手も応援もガンバって!!

SAKURA 7月 1日(日) 14:08
追伸…やはり、今年のヤマボウシの花付きは同じように思っていたんだとニンマリで〜す。
コバノフユイチゴも同感いただき…m(_ _)m

ピカリ☆ 7月 1日(日) 22:06
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
僕のエリアも先週から連日暑すぎて早くもゲンナリですぅ〜(;´з`)
こんな極端に梅雨明けが早いと…あとから何かよくない問題起こるのではとチト不安なり。。。

この美ヶ原・焼山沢コース、今回まずは下見気分で探りに行って〜その沢辺環境も自生する花々もなかなか楽しめる要素が多かったので、また季節を変えて秋花の頃にも行ってみたいと思いました^^
それにこのコースはSAKURAさんはじめ山好き花好きの皆さんとご一緒散策できたら〜尚いっそう楽しいひと時になりそうだなぁ('▽') なんてことも今からイメージ膨らませております〜(^v^.)

タガソデソウに初めて出合ったのは南ア前衛・日向山でしたが…その後別々の山・2か所でしか見てなくて今度で4回目なので、意外と少ない花かも〜って私的感想もちます。

ヤマタツナミソウやテングクワガタやタチカメバソウは、さほど珍しい花でもないけど…この日ちょうどフレッシュな状態で咲いてて見映えした感じです♪

一葉のランさんは、他に5株ほど見かけましたが…それらはもうほとんど花終盤^^;といった様相で、唯一どうにかモデルとして写せたのがあの一株です〜(^。^*)
因みに〜ショウキさんでピンキーな方にも出合いましたが…目に入った瞬間!激しくガッカリでした。。。(/_;)
既に咲いてから何日も経ったらしく、萎びてばばっちく変色しており…どうなんだろう?自分にとってここは初めての場所だが、今年この花も特に早く開花が進んだという事なのか?なにしろ初訪だと判断基準がなくて〜(^^ゞ

八重のウマノアシガタの画像で、その右側に映ってるノーマルさんは別株でありま〜す。
このシーン何枚か角度を変えたりして撮ってあったので、僕もさっき改めてよく見てやはり同一株ではないことを確認でっす(笑)
これがもし同一株だったらいっそうセンセーショナルだったのになぁ〜(*^▽^*)
なるほど〜SAKURAさんは去年スイスでご覧になったタマキンバイを思い出されたんですね(^_-)-☆

次のサッカー「日本vsベルギー戦」は…一応ベッドサイドのTVつけっぱなしにするけど〜たぶん不覚にも寝入ってしまうような気がしてますぅ(笑)
けっこう咲いてました くま公 6月24日(日) 18:40
おひさしぶりです〜

ひさしぶりに雄国沼のニッコウキスゲがいい感じでしたo(^^)o

くま公 6月24日(日) 18:44
ハンパないって〜^^

ピカリ☆ 6月24日(日) 21:42
わぁ!なんていいお天気だ〜〜(('▽'))
キスゲの咲き具合ハンパないって〜こりゃ正に♪♪♪

くま公さんお気に入りのスポット再訪で、この度は最高の条件に恵まれたようですね(^_-)-☆

大迫選手には今夜も期待しちゃいます〜(^.^)/

れれちゃん 6月26日(火) 07:15
ビックリ!
もうニッコウキスゲ?!早いなぁ。。

↓は源兵衛川かしらん??(←漢字大丈夫かな)
ゲンジ…ですかね?
発色が緑がかってるって本当なんですね(*^_^*)

よく行く谷津田も、ホタルがいるんだけど
ヘイケの方…来月観察会があって悩み中の所に
☆さんの写真で、更に悩みまくり〜(笑)

ゲンジやヘイケよりも…
森のホタル・ヒメホタルを1回見てみたい。
金ピカのフラッシュ点滅が見たいなぁ(*^_^*)

おいらも負けずにオレンジで対抗しよう〜

ピカリ☆ 6月26日(火) 22:51
ウハ!同じ花で〜場所は違えど、れれちゃんとこの花が咲く季節&環境イメージを共感♪ですね(^_-)-☆

お!知ってるね〜でもその源兵衛川は三島市(街中でも豊富な湧水環境あり)のホタル名所でして…
で僕の通うのはなにしろ地元民でも知らない人のほうが多い超マイナーな山間集落わきの細流でして〜(^▽^*)

伊豆にはゲンジさんもヘイケさんも居ますが、この6月初旬に出るのはほとんどゲンジさんで、ヘイケさんは約1ヶ月遅れで出始めます。生息環境でもビミョーに棲み分けていて、どうやらゲンジさんのほうがヘイケさんより清冽な上流域の水環境に適応かな〜(^o^)丿
ヒメホタルは未見なので、僕も一度見てみたいよん!!

← 自然のヒカリモノ☆つながりで、たまたま昨日長野の山の中で見たヒカリゴケです^^
光る仕組みはホタルと違うんですが…このミドリっぽい怪しい発色は共通してますねぇ〜(*‘∀‘)
6月前半が過ぎて・・ ピカリ☆ 6月20日(水) 22:14
この期間僕が見た主な季節モノといえば…いずれも近場のプチ散策で 花も定番のものばかりでしたので、今期あえて写したり〜写さなかったりで〜(;´∀`)

↑ ホタルもこの季節(毎年6月初旬頃)に直ぐ近くの川で見られるので今年も行きましたが、撮影はメタメタ失敗でぇ^^; 例えばコレ何故か画面内に一匹しか光ってなくて…(爆!)

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:29
自生ヒメシャラの花。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:30
自生サルナシ(雄花)。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:31
これは植栽臭い場所で〜源平状態のヤマボウシ。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:33
近所の里山内に自生クモキリソウ。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:36
↑ の株で、花部分を大写し。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:37
コバノフユイチゴの花。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:39
ミヤマナルコユリの太っちょ花姿を下からパチリ。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:42
クサタチバナの花姿を今年は霧の中で。。

ピカリ☆ 6月20日(水) 22:45
ミズタビラコの花は、いつも僕の近所では濃いブルーはほとんど無くて大抵この位の薄いブルーです。。。

SAKURA 6月24日(日) 21:25
ピカリさん、こんばんわ〜♪

ホタルの季節なんですね。
我が家の方では公園で3日間ホタルの鑑賞会はあったのですが、自然のものでは無いようです。
20年位前に実家の近くで保護された所でホタルを見たのみ…子供の頃には居たのですが、ヘリでの農薬散布から居なくなってしまったと聞いてます。復活したのかなぁ…?
ピカリさんのお近くでは、毎年見られるご様子で情緒があっていいですねぇ…
何匹か居ても点いたり消えたりだもんね。

サルナシは雌雄異株なんですね。
南アルプスの入り口で梨が実ったものは見たのですが、お花は確認してません…
花びらのわんぐりの形と蕾が可愛い〜♪

丸い葉のコバノフユイチゴ…今頃咲くと冬までに熟しちゃいそうと調べたら、フユイチゴが開花する8月〜9月に熟すとか…ふ〜ん!フユイチゴって付かない方が自然に思えると思いました。

クモキリソウは15年前に奥多摩で出会ったのみです。
ツレサギソウ類ではお初のお花で、どうやったらクモに撮れるんだろうと小さいお花を眺めた覚えがあります。

クサタチバナも以前、遠くの群生を見たのみで撮ってません。
花丈があって綺麗なお花なので、お会いしたいのですが暑い季節に咲くお花なので会えないのかも…
奥にもいっぱい株があって、白樺もガスも緑もステキなお写真ですね。

一番花かと思ったら2番花のミズタビラコも可愛い時でイイネ!
比較的日景にいらっしゃるお花だから、このブルーは美しいと思って拝見してます。

高尾のヤマボウシも真っ赤になったかなぁ…
そう言えば、今年はヤマボウシの花付がいいって友人達と話してます。

今年お初のツマトリソウです。
日光で友人達に教えたお花ですが、どなたも記憶にない事でしょう (* ̄▽ ̄)ニヤリ

ピカリ☆ 6月26日(火) 21:43
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
ここはどの花もチトありふれてる感否めず^^;でしたのでコメント付くこともなくを覚悟してましたが…これまた画像の一花一花を細やかに見てくださって!いっぱいムフフな内容の感想も頂けてしまって♪ キョー縮ながらも^^;つくづくありがたい事と感謝です!!! m(_ _)m

ホタルをよくある観光ポスターの絵柄のようにファンタジックに撮るには…多重露出など駆使する手があるけど、それじゃなんかあざと過ぎる気がして。。。

そ〜そ雌雄異株、でサルナシの花には両性花もあります〜(^.^)

アハ全く同感です(笑) コバノフユイチゴの名に「冬」は矛盾してますもんね!

アララ15年前以来出会ってないですか〜!クモキリソウは、僕は地元の山々でごく普通に見られ個体数もかなり多いので稀少感なしです〜(^^ゞ
因みに〜シテンが付くタイプにも、近県の山梨でいままでに出合いちょこちょこアリです。

クサタチバナは単体を写してもあまり魅力出ないけど…こうした自生地環境と共にある姿を見るとなかなか好い花です♪

ウキキ!このミズタビラコの画像から、しっかり2番花と見て取るところがじつに鋭くてSAKURAさんらしいところです〜(^v^)

今年のヤマボウシの花付きの良さ〜☆ あちこち全般に、僕もそう感じてました!(^^)^^)

さて、昨日の月曜はかなりな猛暑日だったようですが…僕は朝から夕方まで長野の山の冷涼な沢辺登山コースをずっと散策してたので、全く暑さ知らずだったワケで〜(^◇^*)
あまり珍しい花との出合いはなかったですが、アレコレいろいろな種類が飽きさせないように登場してくれたんでこの時季に涼しい環境と共に好印象となって〜(^^♪
また追々、、画像選び出していきますのでヨロシクです〜(^。^)
奥日光のクリンソウ SAKURA 6月18日(月) 22:24
ピカリさん、こんばんわ〜♪

4年ぶりに奥日光の温泉に入りながらクリンソウを見て来ました。
前回、雨だった方や綺麗だからまた行きたいとのメンバー6名でした。

管理してる方にお声を掛けていただき、鹿柵の外のクリンソウの群生を見る事ができました。
川も綺麗で人も少なくて素晴らしかった!

SAKURA 6月18日(月) 22:26
川沿いに奥までクリンソウなのですが、好天でコントラストが強すぎの日でした。

SAKURA 6月18日(月) 22:31
↑が良かったので、前回の所はさっさと通過です。
私的にはもう少しゆっくり見たかったけど…

クリンソウの色ってコスモスと似てる色合いだと発見でした。


SAKURA 6月18日(月) 22:37
古い建物は3年前に火事で消失してしまったそうで、新しいものになってました。
ボランテァでのクリンソウのお世話、無料で見せて頂け頭が下がります。

タチガシワをありがとうございます。
お相撲さんのような株だったんだと、あまりの差に声を出して大笑いでした。
アンバランスなはずだよね。(* ̄▽ ̄)ニヤリ
フナバラソウには出会っていたので、お花を見てご親戚だとは思ったのですが…

SAKURA 6月18日(月) 22:46
お花は定番のものでした。
サイハイランはお初に日光ではお会いしました。

ハルカラマツがすでに種になってました。
綺麗な株を探して…
こんな小さいの撮ってると待ってくれない…
地味過ぎて普通の方はスルーだもん。。。

↓のミヤマカラマツは赤ちゃんみたいで、瑞々しくていい時ですね〜♪

SAKURA 6月18日(月) 22:51
マイズルソウは終盤でしたが、鶴が2羽舞ってる感があってお気に入りです。
帰ってから見たらヒメイチゲの花後も2株…

コアジサイのシロバナは花茎の紫がほんのりでいいですねぇ〜♪
ピカリ☆さんのお写真はみんなステキだけど…

SAKURA 6月18日(月) 22:57
前回は小田代ヶ原は大雨でした。
今回はいいお天気でルンルンで〜す。

SAKURA 6月18日(月) 22:58
湯川も綺麗でいい所だね。

SAKURA 6月18日(月) 23:02
ワタスゲもいい時でふわふわで〜す。
雨だとねぇ…
男体山とワタスゲです。

修学旅行の小学生の団体に追われて早く歩くのでした。

SAKURA 6月18日(月) 23:22
お初に見たハルゼミは小ぶりなセミなんですね。
3cm強くらいでだみ声で鳴く方とは思えなかった!
一つ一つ自然をお勉強です。
百聞は一見にしかずで、やはり出会うとセミでも印象的です。

ひたすら平らなハイキングで、秋も行きたいとの声が大なので検討中で〜す。

↓の沢の岩にもイワタバコはたくさん付いてました。
まだ、花茎が上がって来ていないようでした
イワタバコと言えば、鎌倉でいっぱい咲くんだよね。
行きたいと思いながら一年が過ぎま〜す。

ピカリ☆ 6月19日(火) 23:11
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
この梅雨の晴れ間をついて奥日光へ行ってらしたんですね〜('∀')/
なんとも清々しい好天の緑陰にて、赤・白・ピンクのクリンソウが手前から奥までリズミカルに発色&群生するシーンに思わずワクワク!! ここはやはり花の鮮度プラス絶妙な光線具合(演出)があることでいっそうの感動をよぶのでしょうね(^_-)-☆
再々訪れこの場を熟知されてるSAKURAさんだけあってさすがココゾ!の魅力的シーンの抽出に長けてらっしゃるな〜(^v^)

日光ではサイハイランがまだ咲いてましたか〜!
其々カラマツソウの仲間は繊細な花に惹かれるけど…そっか地味と思われあまり人気ないのか〜(;´∀`)
ふふふ 確かにヒメイチゲの花あと姿、マイヅルソウの右横に写ってますね〜(笑)
この度の小田代ヶ原は、ほんとにルンルンのハイキング日和だったご様子が見て取れま〜す。
そこでまた、紅葉シーズンの良さも思い描く皆さんだったようですね〜(^_-)
(エゾ)ハルゼミといえば…今年初は5月中旬に富士山麓のカラマツ林で早くも鳴き声聞いて、それかられれちゃんと行った横尾山でも鳴いてました〜沢山で鳴いてると耳鳴りみたいな気がしてくるなぁ〜(^。^*)
頭上の高い梢ではなかなか姿が見えませんが、羽化したてか或いは逆に寿命尽きる間際によく木の下などの低位置でじっとしてたりで。。。(^^ゞ

僕の方は…このところ2週続けて月曜の天気が悪くて行動力が低下しております〜(/_;)
← せいぜいワタスゲつながり〜なんちゃってチガヤのふわふわ綿毛姿でも。。。(6/4 撮影)
義理と人情でしたが… SAKURA 6月11日(月) 21:09
ピカリさんこんばんわ〜♪

先週の高尾に続き、奥多摩の棒ノ峰に行って来ました。
企画された方が体調が悪くて行かれないので義理と人情の山行でした。
若い頃も登ったので4回目の山でしたが、お初の沢沿いルート、渓谷の岩も滝も素晴らしく感激でした。
ルートが人気なのか人がいっぱいで繋がってました。

SAKURA 6月11日(月) 21:14
下の方は終了してましたが、山頂付近はまだ綺麗なものもあって、甘い香りがしてました。

SAKURA 6月11日(月) 21:16
一面コアジサイに覆われていて、こんな大群生はお初でした。
先週あたりは凄い香りだったかも…

SAKURA 6月11日(月) 21:21
夏日でその日は最高に暑いとの事、尾根ルートの予定でしたが、帰りも綺麗な沢だったからと同じルートを下山しました。
人が居なくて涼しくて、ゆ〜っくり見られてまたまた良し…(=⌒ー⌒=)

SAKURA 6月11日(月) 21:35
↑の所も無人でした。
午前中の下山はご迷惑でしょうが…

山は季節やルートでまったく印象が違い、棒ノ峰も素晴らしいと今回は再認識しました。
また行こうルートに入れました。

もう、トキソウも咲く時期なんですね。
初期から何回も拝見してるクララですが、未だ未遭遇です。
こんなピンクの美形でなくてもいいからお会いしたいもので〜す。
マメ科だし、大きいのであれば目立ちそうですが…
トキソウがあるよう所にお住みなんですね。
川原にあるのかと思ってました。

SAKURA 6月11日(月) 22:08
マタタビはあちこちで満開なので白い葉が目立ちましたが、お花はヤマクワガタの残り花くらいでした。
ピンクが濃い固体があったのでパチリ!

タチガシワ…ありがとうございます。
恐ろしくアンバランスだと思いましたが5倍なんて…
また出会えたらイメージがかわりそうですね。
記憶しておいて、再会を楽しみにしたいと思います。
コバノカモメヅルの↓お写真は保管庫に2枚あります。良いですねぇ…

あれこれの未遭遇に呆れるでしょうが…
そう言えば、基本的なものに出合って無いって、野草に詳しい方に言われた事があるなぁ…
自力で行かれる範囲が狭いもんね。
出会えて無いお花があれば楽しみがいっぱい残ってると思うようにして、長く楽しもうと思ってま〜す。
呆れずにお付き合いくださいm(_ _)m

追伸…リホームは実家に帰るちょっと前に終了しました。
まだ、捨てるものや買い換えるものがありますが、困らないのでなかなか進まずです。
また、チャンスがあったらご連絡お待ちしています。m(_ _)m

ピカリ☆ 6月12日(火) 22:08
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
ナルホドネ〜この山行はどうやら急遽予定外でSAKURAさんが引っぱって行くことになったようですが…その結果としては、これまで使ってなかった沢沿いルートが大正解で好印象となったのですね〜(^_-)-☆
特に暑い日こうした日陰の多い沢沿いルートは気持ちイイので、帰りも同じくのルートにされたんですね〜(^▽^)
見た感じ…写真内の皆さんかなり軽装なので、沢といっても一般向きに安全そうに設定されてるコースのようですねっ(^v^)
なんとなくイワタバコが着いそうな雰囲気でぇ〜♪

わ!コアジサイもこれだけ纏まって咲いてたら…下の植林帯から吹き上がる風にのって僕でも香り感知できるかも〜(^◇^*)
このごろは漸く僕も、テイカカズラの香りが花を見るより先に漂ってくるのが分かるようになったり〜(^^ゞ

マタタビの花のごく咲きたては、透き通るような真白でキレイですよね♪ でも直ぐに黄ばんでくるんで中々シビアです〜^^;
↑ ヤマクワガタで、濃い花色に葉もピンシャンの美モデルさんですね〜☆
いろんな花が次々現れない日だったりすると…ヤマクワガタも改めてじっくり写すもんね〜(^_^.)

いえいえ僕も未遭遇の花といったら、おそらく国内の自生種でさえ未遭遇の花のほうがまだぜんぜん多いのではと思います〜(:_;)
もっと自由の身になれて大きく西へ東へと動ければ、まだ見ぬ地域固有種の数々に出合う率も上がるでしょうけど…通常自分の県内とせいぜい近県への日帰り散策ではねぇ。。。(;´∀`)

お!リホーム終了したんですね〜☆
きっとピカピカに綺麗になって使い易くなってイイナ〜〜(゚∀゚)
了解でっす!これでまた気兼ねなくお誘いできるもんね〜(^^♪

← 沢では先日僕も(イワタバコの様子見に)こんな場所に潜入〜
でも、ここの滝のはまだ早くてどの株も開花前でした^^;;(6/3)

ピカリ☆ 6月12日(火) 22:41
コアジサイの花色も、濃いの淡いの個体差あるあるですが…

← コレ 先週(6/4)写したのは、どうやら白花といってよいかな〜('◇')

ピカリ☆ 6月12日(火) 22:43
あと参考までに〜

タチガシワの花姿で、僕が以前写したのを貼っておきますね^^

ピカリ☆ 6月12日(火) 22:52
ついでに〜フナバラソウ。。

ピカリ☆ 6月12日(火) 22:54
とか〜イヨカズラ。。


たぶん…これらもSAKURAさん保管してくれてる気が〜(^^ゞ
梅雨入り前の れれちゃん 6月 6日(水) 22:29
☆さん、先日はお世話になりましたぁ<(_ _)>

私の愚作は割愛して、
☆さんの写真だけでイイかな〜って^^;

そんなわけで、ピコッと、☆さん登場!
偶然にも似たような写真を〜(笑)
まさか、写真撮られてるとは思わなかったです^^;

全身の配色が、思いっきり、かぶってたんで
当日の朝、☆さんの格好見たら、吹き出しそうになりました〜^^;

れれちゃん 6月 6日(水) 22:33
ベニバナを見たので、
白は遅いかな〜って思ってたけど、
何とか…ギリギリセーフで見れました(#^.^#)

6/3撮影

れれちゃん 6月 6日(水) 22:38

←これ、初めて見ました(#^.^#)

オオバノトンボソウ。

まだ蕾硬く、開花は2週間後ぐらいでしょ〜かね?

れれちゃん 6月 6日(水) 22:45
早くも、コバノカモメヅルが咲いてました^^

れれちゃん 6月 6日(水) 22:58
低地の6月はパッとしないけど、
安近短なとこだけが魅力です〜(#^.^#)

そういや、横尾山でも
←こんなのや、あんなの色々と見たけど。
低地はそろそろ終盤でございます…。

今年もよく食べました〜〜(笑)
山行ってないのにねぇ^^;
ある所にはちゃ〜んと自生している。
自然って素晴らしいなぁって(^◇^)

れれちゃん 6月 6日(水) 23:25
えっと、お話に出た…三ツ峠の花について。

三ツ峠に咲くのは、コイワザクラじゃなく、
全部、クモイコザクラ。

三ツ峠レポ(平成27年5月17日)
http://rere-green.jugem.jp/?eid=206

花と葉っぱの写真は、一番最後にあります。
クリックすると拡大するので、見て下さいませ

一般道だと、例年GW頃なんですが、
この日見たのはバリ・ルート上の花。
一般道より標高高めなので、開花は5月中旬です。
ご一緒する機会あったら、花の案内しますよん。
…だけど、クモイは見てるもんね、☆さん。

最後は、ノビルの花で〆ます(^.^)/~~~またね♪

SAKURA 6月 7日(木) 21:31
れれちゃん、こんばんわ〜♪
ピカリ☆さん、お先に失礼致します。 m(_ _)m

お二人での野草散策を羨ましく拝見して来ました。
一面のベニバナイチヤクソウは見たいと思ってますが、ちと奥でなかなか見られません。イイネ!

2012年6月10日にれれちゃんとセッコクツリーとワニグチさんを探しに行った時の事を思い出して歩いてました。
セッコクツリー見逃して往復したし、地味なワニギチさんも結構探せて面白かったよね。
また、ご一緒できるといいね〜♪
近頃は、山を歩いて無かったんだね。

今年のワニグチさんはすでにお花は終了ですが、グリーンの屋根は残ってました。

SAKURA 6月 7日(木) 22:01
一見、二人は仲良しペアルックだったんだね。 (* ̄▽ ̄)ニヤリ
我が家の方ではオオバノトンボソウはたくさんある所があります。
待ってると、なかなか開花しないお花です。
イチヤクソウは以前は見掛けましたが、残念ながら何年か見てないです。
コバノカモメヅルは見た事が無いけど、れれちゃんの近くにあるのなら我が家の方にもありそうですね。
美形のお方に、テリトリー内で会えるかなぁ…

ウリノキのお花がいっぱい咲いてました。
高尾で気がついたのはお初です。
綺麗に巻いたクリクリと長〜いシベが面白いお花です。
木本の葉が大きい木なのに1mくらいの高さのものでも開花していてビックリ!
葉の大きさからだと、大きな木にならないと咲かないと思ってました。
たくさんの発見があった楽しい1日でした。(=⌒ー⌒=)

ピカリ☆ 6月 8日(金) 16:37
れれちゃん、SAKURAさん、こんにちわ〜♪
ウハ!トップの写真(笑)言われてみれば偶然にも似た配色だったんだと、今見て気づかされ〜(^^ゞ
この日は青空じゃなかったのが写真的にチト惜しかったけど、登り詰めたここのカヤトを吹き渡る風がすごく心地好かったですね〜♪
わっあれから早くも2週間程経つんだね〜!その後もれれちゃん上手に時間作ってプチ散策してるご様子が同族としてニンマリ〜(^v^.)
今年クモイさんもコイワさんも見に行く機会逸しましたが、いずれまた何処か自分にとって新たなスポットで出合えたらいいなと思ってます(^.^)/~~~

こうしてお二人から、それぞれ出向かれたフィールドにてこの時季咲いてた自生花を見せてもらって、自分の時の記憶呼び起こし(そういえば今頃が開花期だっけな〜なんて)一人ニマニマ頷き和んでおります〜(^^♪
イチヤクソウは、我が家周辺の里山内でも毎年5月下旬〜6月初旬に開花してますが、それが高所高原ゾーンのベニバナイチヤクソウより圧倒的に早く咲くわけでもないのがなんか不思議というか…なので両者は花色の違い以上に性質に違いのある全くの別種ぶりを実感するものです。
出た!オオバノトンボソウ、この手のツレサギソウ属の見極めは未だに苦手だなぁ^^; まず自信もってはミズチドリくらいで〜(笑)

ワニグチさんの花、こんな終了間際姿は図鑑にはないんで、ナルホド〜と伝わる経過リアル感がいいですね!(^_-)
そんでやっぱり、似たお仲間のなかでもこの丁寧なお屋根付きには感心しきりです〜☆
ウリノキのクルリン花も高尾にあるんですね、蕾の時はまるっきり棒状で〜(笑) 山梨の林道をアチコチ走ってると割とよく出合いますが1mくらいで花咲かせてるケースは無かったような〜気づかなかったのかも〜(^。^;)

← コバノカモメヅルといえば…以前こんなふうにアズマさんとコンビで居る自生シーンもありました〜(^^♪

ピカリ☆ 6月 8日(金) 16:40
ノビルは見てよし食べてよしで、とくに間近で観るとなかなかキレイで端正な花なので、出合えば今でも思わずマクロで写したくなりま〜す !(^.^)!

← そんな意味合いからこのイズアサツキの花…ついまた地元びいきで推奨☆でっす〜(^。^.)
また遊びに来てね〜〜♪