[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
今朝見た カワイイ雲♪ ピカリ☆ 9月24日(火) 19:02
たま〜にポッと富士山の東上空に現れる こうした吊るし雲。。

できれば近所でももっと小高い場所まで行って写したかったけど…仕事前の慌ただしい時でその余裕なく〜(;´з`)

ピカリ☆ 9月24日(火) 19:03
あ、画像の順序間違えた!まっいいか〜(^◇^*)

ピカリ☆ 9月24日(火) 19:35
野草にしても…

ここ半月程いろいろ用事多しで^^;身近な秋の七草にも
この秋まだまともに挨拶できてない感じです〜(*^_^*)

SAKURA 9月24日(火) 21:46
ピカリさん、こんばんわ〜♪

夕食事の7時のニユースを見ていたら、↑の雲のご紹介がありました。
つるし雲の下の雲は綺麗なドーナツ状だし、富士山には小さい傘雲なんですね〜♪
日々の空のドラマも一期一会ですよね。

白繋がりのクズのシロバナが凛と綺麗で〜す。
多年草だから毎年、同じ株にシロバナは咲くんですよね。

↓タニタデとミズタマソウのお花は似てますよねぇ…ミズタマソウ属なのに「タデ」だもんねぇ…命名者は小さ過ぎてお花の構造が見えなかったのかなぁ…
何年もご無沙汰なのでタニタデのお花を忘れてました。

我が家のハコベホウズキです。
サムさんが実の結実が少ないとおっしゃるので、我が家に植えてみたのですが、春いっぱい咲いたけど、結実無し…
猛暑で葉が黄色くなって貧相だったのが、また緑に復活して近頃沢山咲き出しました。
肥料あげて結実しないかと観察中です。
可愛いお花の形で好みで〜す。

SAKURA 9月24日(火) 22:15
素敵な名前のシュウブンソウは花の付き方からヤブタバコの仲間かと。。。
超小さいお花だけど、ヤブタバコとはお花が違うよね。
シュウブンソウ属で1種だったんですね。
出あってるので探しましたが、見付からず…
次回の宿題でUPで撮ってみたいと思います。
図鑑や検索でお勉強が出来ました。 (* ̄▽ ̄)

ずいぶん前ですが7月17日のハグロソウって花冠が3枚になってたんですね。
御岳で撮ったので再度拝見して気がつきました。m(_ _)m
素敵なお写真をいっぱい拝見してるのに、見落としがいっぱいですよね。

去年の株のジュズサンゴが大株になってます。
去年、ヤマゴボウの仲間でヨウシュヤマゴボウのご親戚だと教えて頂きました。
花も似てるし、真っ赤だけどいっぱい実も付けて、多年草だし優れ物を楽しんでます。
お出掛けしないので我が家の物ばかりです。

我が家の方は彼岸花は3分咲き位のようです。
暑いから開花が遅れてるのでしょうね。

ピカリ☆ 9月25日(水) 23:39
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
ナントそうでしたか!この吊るし雲のこと、そちらで昨夜のニュースに載ったとは知らなかったです〜(^。^)
もし載るにしてもこっちの地方局のみの内輪ネタと思いきや…意外にも広域ネットで扱われたりしてるんだ〜('▽')!!

↑ のクズの白花は、仰る通り(長年毎年定位置にあり)この秋も変わらず確認できました〜☆

例のタニタデ&タニソバは、キツネノマゴ&カラスノゴマみたいに一瞬混同しそうな和名で(笑)
そう!特にタニタデはタデ科じゃないのに、この命名はないよね〜(>_<)

シュウブンソウは何しろ地味で目立たない野草ですが、見慣れるとけっこう普通にアルアル〜です(^v^.)
それでよく見ると花が小さくてもちゃんとした咲き方してるので思わず嬉しくなって写すといった具合です(^。^*)

アハ!あのちょっと変わりダネだったハグロソウの花、気づいていただけましたね(^_-)-☆
あの時はマクロで数個体の花を写し、あとからモニターで拡大してよく見たら…アレレ面白い感じで3枚になってるよん!(*.*)
そんなわけで、やはり小さい花ほど肉眼では気づきにくい点をカメラは写し出してくれて偉大なり(^^)/~~~

ハコベホオズキとジュズサンゴの様子を拝見〜☆
どちらも猛暑の夏を耐え抜いて…また今頃イイ感じで咲き続いてくれるんですね〜♪
これまでに伊豆でも(主に東伊豆から南伊豆にかけ)数ヵ所ハコベホオズキさんの繁茂するスポットを確認してますが、何故かまだ我が家の近辺では見られないレア?な帰化種です〜(^^ゞ
ジュズサンゴはヤマゴボウの仲間でも…宝石みたいなすごい名前をもらってるんですねぇ!
よく在来種でマルミノヤマゴボウの花や実は観察してますが、僕はこのジュズサンゴの花はマジマジ見た事ないなぁ^^; 薄っすらピンク掛かるんだ〜♪

← 今秋の彼岸花、すぐ近くの田んぼの縁で咲く様子です。(9/22)

ピカリ☆ 9月25日(水) 23:56
これもまた〜

毎秋、近くの里山で見られる定番花。。

ピカリ☆ 9月25日(水) 23:58
同じく、この花も。。。

SAKURA 9月29日(日) 22:54
ピカリさん、こんばんわ〜♪
私も水曜日(25日)去年より1週間おくれでヒガンバナを見に行っても来ましたが、4〜5分咲きくらいの開花でした。
お彼岸過ぎの満開は珍しい気がします。
エアコン&半袖だもんねぇ…
涸沢や剣の紅葉を狙って25日近辺から行った友人達が、紅葉はまだ早かったって連絡を頂きました。
我が家も今日からお出掛け予定でしたが、紅葉がまだ早いし、天気予報が悪いので延期で〜す。

↑刈り取り前の田んぼとヒガンバナが良いですね。
お近くならねぇ…羨ましいでっす。

SAKURA 9月29日(日) 23:09
秋のお花もずいぶん遅れて行って来ました。
秋だなぁ…素敵だなぁ…やっぱり、日本人!!
などと、眺め暮らしていま〜す。

ハコベホオズキは我が家の方でも3箇所ほどです。
身近な野草ではテリトリー内では最終ランナーの出会いで、やはり希少な感じです。

アケボノソウは何年か出合ってません。
ちと、斑ありだけど美しいですよね。
だいぶ遠出しないと出会えないお花で〜す。
草丈があるから秋のお花に追加できそうですが…

ピカリ☆ 9月30日(月) 21:53
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
おおサスガ!!そちらは彼岸花もじつに凝った演出で見せてくれる素敵な園地があるんですね〜☆☆☆
其々の花色使いもセンスよく、カエデなどの木々の下にしっとりした雰囲気で奥まで咲き群れているシーンに惚れ惚れでっす♪♪
うん、たしかに今年は秋花もやや遅れぎみだし〜紅葉もやはりそのようですねぇ…(´-`*)

わぁ!それでも↑ 季節の生け花用にさり気なくこれだけの種類を集められたとはスゴイです~~!(^.^)!
中にシラヤマギクやシャジンらしきお花も入っていて…コリャやっぱ野草の魅力をよく存じてらっしゃる人の作品らしくて好いなぁ〜(^^♪

紅葉狙いのお出掛け延期は…どの辺りを予定されてたかな〜?
そろそろ〜先駆けでくま公さんが今年も素晴らしい紅葉スポットに出没しそうな予感が。。。(^▽^*)
今週僕らは娘一家とプチ旅行の予定で〜(只今婿くんが一時帰国中なので、それに合わせて)ですが行先はどうやら海の方なので紅葉とはチト無縁なり〜(^^ゞ
この9月は親戚の葬儀や、仕事関係の組合の頼まれ事や、孫たちの運動会やら…なにかと用事が続いてなかなかフリーな花散策に出る余裕なく過ぎていった感なり〜(~_~;)

← これも毎度お馴染み〜自宅近くの空き地の雑草ヤハズソウですが、ファインダー覗くとそれなりに可愛いもんです(^v^.)

そんなわけで、こちらは撮れ高がないので^^; ぜひ皆さんどなたでも、この秋の身近な花でも遠くの花でも紅葉でも写されたら〜気軽に貼って見せてくださいね(^_-)

さむ 10月 5日(土) 21:30
ピカリ☆さん
雲、かわいいですね。

SAKURAさん

ハコベホオズキの果実は、晩秋になったらけっこう見られました。

ピカリ☆ 10月 6日(日) 00:10
さむさん、こんばんわ〜♪
いつも道端の花とか下ばかり向いてますが
でもたまに上を向けば、こんな雲がいたり〜(^。^*)

SAKURA 10月 6日(日) 10:54
さむさん、こんにちわ〜♪
 
そうなんですか〜♪
じゃ!これから果実の可能性があるって事ですね。
見逃さずに観察続行してみますね。
ありがとうございます。 m(_ _)m

ピカリさん宅の方は一年中富士山がバッチリで、上を向くようなシーンには特に羨ましく絵になりますよねぇ。。。
何年も素敵なシーンを拝見していま〜す。(=⌒ー⌒=)
ワイワイと… SAKURA 9月19日(木) 16:16
ピカリさん、こんにちわ〜♪
明日から彼岸の入り…一気に秋めいて来るといいと思ってる所です。
ヒガンバナは遅れ気味ですが、草取りしたら我が家のもストローが上がって来ているけど、1週間くらいは例年より遅いようですね。

土曜日に久しぶりに山の会でワイワイと御岳山を歩いて来ました。
数輪の残り花が迎えてくれました。
暑いのは駄目なので、なかなか満開の時には訪れませ〜ん!
私的には植栽ものだしね…

SAKURA 9月19日(木) 16:19
種になってたけど拝借するには、まだ早い!
↑また「鼻毛」を思い出してしまうなぁ…

SAKURA 9月19日(木) 16:34
何回も歩いてるコースで珍しいお花は無しです。

ホトトギスは私的今一だけど、斑がほとんど無いとパチリ…斑が少ないからヤマホトトギスかもと思ったけど、花被片が反り返って無いので却下です。
花柱に斑が無いのもスッキリ!
図鑑見るだけでも今一のお方で〜す。



SAKURA 9月19日(木) 16:42
↓のアケボノシュスランはほんのりピンクで可愛いよねぇ…
探しながら歩いたけど無し…

ちょっぴりピンク繋がりのツルリンドウ…
リンドウは無いけどこの方はいっぱいです。

SAKURA 9月19日(木) 16:44
下山口にはミズタマソウが種になっていましたが、一輪のお花が…
イガイガ種が我が家まで付いて来るのでした。
ゆっくり休んでたためかピンは何とか。。。

SAKURA 9月19日(木) 16:50
ボントクさんが咲き出しました。
水揚げが悪いのが残念…
種を撒き散らさない内に退場となりますが、好きな花なので巨大になってます。
サクラタデは何年か前から無くなりました。
ママコ、ボントク、ニオイタデさんは何処かで毎年開花してます。
大きいお花のサクラタデは高貴のお方かも…(* ̄▽ ̄)ニヤリ

ピカリ☆ 9月20日(金) 23:00
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
お彼岸入りして、こちらの方でもやっと秋らしい爽やかな大気を感じるようになってきましたよ〜(^○^)

お!9月の今頃にレンゲショウマとはインパクト大ですね〜☆
ほんの数輪でもキレイな状態の花が残ってたのはちょっと嬉しい驚きだったことでしょう(^v^)
ククク!くま公さん曰く、以来「鼻毛」の発想がついてまわります〜(;^ω^)

ホトトギスで斑点がほとんど無いタイプ…それで思い出すのは、以前SAKURAさんから園芸品の白いホトトギスを見せてもらいましたよね(^_-)
あれは見事に斑点が無くって、ほんとにスッキリしてて葯はきれいな薄紫で〜♪

ツルリンドウさんは…僕も今回のアケボノシュスランを見に行った地元の山で〜ちょくちょく蔓が地面を這ってたり周囲の草木に絡んでたりして咲いてる様子を見て歩きましたよん(^.^)/
同日ミズタマソウにも出合ってますので、今の時季にこうした低山域を歩くと〜やはりそちらもけっこう同じ顔ぶれが咲いてるんだなぁと分かってニヤリ…(* ̄▽ ̄)
長年お庭に居付きのタデ科ちゃんたち今年もボントクさんをはじめ健在♪だったりする一方で、あらら…どうやらサクラタデさまは高貴で気難しい面がおありのようで。。。(;'∀')

← 先日の同じ自生スポットにて、こんなに白いアケボノシュスランも見られます〜☆

ピカリ☆ 9月20日(金) 23:04
ここらでチト連想ゲームを・・

ミズタマソウに対し、同属のタニタデ〜(^◇^)

ピカリ☆ 9月20日(金) 23:06
さらに〜
その「タニ」から連想しちゃうのが

こちらタデ科のタニソバ〜(^◇^*)

因みに〜この花はボントクさんと違って、まずこれ以上開かない感じですぅ^^;

ピカリ☆ 9月20日(金) 23:56
あと、ちょうどこの季節らしい花で 秋分草〜(^o^)丿
北岳に登って来ました KUMIKO 9月11日(水) 00:08
ご無沙汰したました
ピカリさんとの出逢いからもう1年が立ちましたね
今週末あの場所へ行きます
今回は上まで登って花見です

北岳最高
時期も天気もバッチリで見たかった花を見れて幸せでした😍

KUMIKO 9月11日(水) 00:14
アカイシリンドウ
一番逢いたかった初めての花
二三日晴れが続かないと開かないと言われている花がしっかり開いてくれました

KUMIKO 9月11日(水) 00:16
サンプクリンドウ
この娘はガスがかかっていても開いていました
登山道にまで咲いていて元気いっぱい

KUMIKO 9月11日(水) 00:19
ヒメセンブリ
数が少ないと聞いていましたが、ありました
まだ咲き始めでした
明るく輝く水色はよく目立っていました

KUMIKO 9月11日(水) 00:21
ミヤマハナシノブ
まだ咲いているのには驚きでした

ピカリ☆ 9月11日(水) 20:08
KUMIKOさん、こんばんわ〜♪
そっか、あの時あの山の中でお会いしてから早くも1年経つんですねぇ〜(´∀`*)

わぁぁ!!! この時季の北岳に登られて素敵なブルー系の稀少種ちゃん達を見事バッチリ写されてますね〜☆☆☆

たしかに〜リンドウ科の花は各種その時間帯やお天気の具合によりなかなか思い通り開いてくれないという気難しい面がありますが、ナント!この3種とも今回のKUMIKOさんを待ち構えていたようにタイミング良くいいお顔を見せてくれたんですね♪♪(^v^)

それとミヤマハナシノブは時期的に名残り花とはいえ…9月に入ってまだこんな綺麗に咲いてる個体を目にした時のKUMIKOさんの驚きと感動がビンビン伝わってきましたよ〜(^◇^)

ん?今週末あの場所…の上まで登って…となると鳳凰のシャジンさんかな。。。(違うかな〜^^ゞ)
素敵な自生シーンを写されたらまたゼヒ!見せてくださいね〜(^_-)

ピカリ☆ 9月11日(水) 20:11
↑ 先週、地元の山(眼下に熱海港が見える山上の草地)にて〜

← 足元にネコハギなんかを見ながらマッタリ〜(^。^)

一応「萩」だけど(笑)こんな海沿いの低山はまだまだ秋の気配が薄いです〜^^;

SAKURA 9月12日(木) 22:57
KUMIKOさん、ピカリさん、こんばんわ〜♪

北岳からの朝焼けの富士山が素敵〜♪
小屋や幕の方々とゆ〜っくり良い時間を過ごされたことでしょう。
朝の爽やかな空気も感じられ羨ましいです。

素敵な色のアカイシリンドウを拝見です。
リンドウでも気難しいお方の開花に、高い山に登った甲斐があった事でしょう〜♪
図鑑を見ながら次々と拝見しています。
リンドウ狙いだと、好天と時間もあわせてだから素敵なお写真は快挙ですよね。(=⌒ー⌒=)
去年はオノエリンドウが時間が早くて未開花で残念だった事を思い出してます。

ピカリさん、今日は涼しくなってホッとしています。
しばらくは気温が下がるご様子、秋の気配が感じられて来るかなぁ…
去年はススキを採りに行った時期ですが、今年は暑くてまだ無理なので延期です。
ヒガンバナもちと後れがちの年でしょうか〜?
まだ、今年は見てないけど秋はハギやタデ科ですね。
我が家もニオイタデが咲きだし、ボントクさんも近々かなぁ…

今年のリンドウはこのお花のみでした。

ピカリ☆ 9月15日(日) 19:59
皆様こんばんわ〜♪
ホント!ここ数日 朝晩は秋っぽい空気に変わりましたね〜(^^)/

さむ 9月15日(日) 22:31
いいなあ、北岳。
この季節、登ると天気が悪くてリンドウが開かず。
きれいな花ですね。

ピカリ☆ 9月15日(日) 22:43
こちらは既にヒガンバナもススキの穂も(なにせド田舎ゆえ😅)苦もなく目にしてしまう9月の今日この頃ですが〜(^^ゞ
SAKURAさんの周りは都市化が進んでそうで、だんだんススキのショバもごく限られてしまってるのかな…(゜o゜)

↑ 北岳に登られたKUMIKOさんから選りすぐりのお土産画像を貼って頂き、これは僕も思わず目を見張りました~~!!(◎ ◎)!!

其々どのお花も9月初旬頃に狙いを定めて登らなければ見られない魅力の超稀少種ですし、しかもこれら各種リンドウ科の花がちょうどタイミングよくフレッシュな姿で開いてくれてるシーン♪を次々に撮り収められたとはまさに快挙ですよね!ヽ(^o^)丿

↑ SAKURAさんのタテヤマリンドウもめちゃ好いな♪♪
一斉フレッシュに開いた花たちが、ピコピコとリズミカルに咲き並ぶ様子をうまく表現されてて楽しいです〜(^v^)

← 今週 近くの川の上流部で出合ったアケボノシュスランです♪

ピカリ☆ 9月15日(日) 22:45
← 並んで咲く花株は…なかなか全部がフレッシュ状態とはいかずで。。。^^;
でっかい白花さん (^.^)ノ ピカリ☆ 9月10日(火) 11:47
このフジアザミの白花とは十数年前に鉄砲木ノ頭(明神山)で出合って以来でした〜☆

なにしろ花も草丈も破格にデカイので、もし有れば…これまで他の散策地でもノーマルなフジアザミ群落の中でまず見逃すことはないと思うので、やはりこうした自生の白花さんは忘れた頃にまたヒョッコリ♪といった稀な頻度が持ち味で〜(´▽`*)

ピカリ☆ 9月10日(火) 11:52
下界はまだまだ暑い日が多いけど^^;

そんな時に富士山麓は(この辺りで標高約1800m)午後からでも車でサッと行ける恰好の避暑地です〜(9/9 撮影)

SAKURA 9月11日(水) 22:55
ピカリさん、こんばんわ〜♪

台風の後暑い日々が続き、う〜んざりですね。
我が家の方は停電のお宅もあるので、エアコン使えるだけでも有り難いと過ごしています。

赤紫と白の巨大なフジアザミを拝見です。
葉もトゲも総苞もお花も立派な株ですね。
シロバナの頭花の先が薄っすら紫なのも、ピンクフェチにはたまらないと拝見です。
大きいから紅白(?)で目立ちますよね。
富士山に登ったのは大昔なので記憶は無く、出あった記憶は北アルプスに入るダムの所で、小ぶりの株に何株か出会ったのみです。
畑のアーティチョークの方がお馴染み…
シロバナはこれで一株なのかと思って見ています。

今回の山もアザミ類はスルーして好きなお花のみでしたので、シコタンソウを私的に調べてみました。
初めて出会ったのはカナダの山でした。
すぐ名前がわかったからピカリ☆さんに見せて頂いた後だと思います。2006年 7月です。
お初だから何カットも撮ってあります。

SAKURA 9月11日(水) 23:02
八ヶ岳ではシコタンソウは未遭遇です。
稜線で出会ったのかなぁ…?

2010年の裏銀座コースのシコタンソウは、何と赤い斑無し…(* ̄▽ ̄)ニヤリ

SAKURA 9月11日(水) 23:48
凄い雷で急遽PCを中断…

↑斑無しに出あってたんだけど、終盤だったから良くみなかったのかなぁ…??

2012年の白馬の稜線のシコタンソウは赤が綺麗!

SAKURA 9月12日(木) 00:03
2016年の穂高のシコタンソウ…
暇な夜に比較してみるのでした。
花びらが凄く細いものもありったり、個々の出会いは一期一会ですねぇ…


去年の針の木にもあったけど、すっかり終わりでした。

SAKURA 9月12日(木) 00:06
花びらが異常に細いのも一枚です。

ピカリ☆ 9月12日(木) 22:56
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
先日の台風15号による被害で、特に房総方面は未だ停電している箇所がかなりあるようですね…(・。・;
それで山百合さん家も暫く停電で大変だった事をピカリ♪伝いに聞きまして、でも今朝から漸く復旧したそうで〜良かったです。

この度の白花フジアザミは、仰る通り〜これで一株です。
たった一株でもこれだけ巨大だと存在感ハンパないっす(笑)
でもこの株は一般の林道沿いから300〜400m外れた地点までウロウロ歩いていった先で偶然見つかったんで、普段目につくことはなさそうです〜(^v^.)
そうそうシロバナでも頭花の先だけ薄っすら紫色してるのは僕も今回まじまじ間近で観て、改めて気づかされた点でした〜☆
アハ!あのアーティチョークも巨大ですよね〜ウチの近所でも観賞用か食用か分からないけど育てているお宅がありますよ〜(´▽`)

わぁ面白い!シコタンソウのオンパレードだ〜〜(^O^)/
こうして見ると、この花も個体差が相当あるなぁ〜(゚∀゚)
斑点の色の出方や花びらの幅にしてもかなりの違いが認められますね〜!
基本的に同じ種類と把握した上でも…やはり人でも丸顔さんや面長顔さんがいるように。。。(笑)
なおまた地球規模で「北半球の普遍的共通種」という見方をすれば…あのヤナギランやキバナノコマノツメなどのように、このシコタンソウも北米カナダに在って太古の繋がりをしっかり示してくれるんですね(^_-)-☆
じみ〜な初見花。。。 ピカリ☆ 9月 4日(水) 22:30
9月になって今週 近場にて…これまで夏の猛暑期にはなかなか足が向かなかった山にフト入ってみると、数年前の5月に行った時「コレって何の葉かなぁ?」と疑問視した覚えのある葉から今回花が垂れ下がって咲いてました〜(^o^)丿

こうして漸く花が確認できたことと、その自生現場では岩壁から枝葉がみな垂れ下がって生えてるという特徴などから〜まずツツジ科イワナンテン属の「イワナンテン」であろうと。。。

日本固有種の常緑低木で葉は互生、分布域は本州太平洋側の主に秩父山地から紀伊半島にかけてだそうで…ならば僕の発見地もまぁ該当しますね〜(^_-)

しっかし今回↑ の画像が物語る、どうにも花期終盤って感じなり〜(~_~;)
因みに図鑑記述に花期は7〜8月とあるので、この花はやっぱ一番暑い時期に行かないと良い花状態が観られないのだと分かっても…たぶん今後もそんな蒸し暑い時期は嫌気がさして行きそうもないで〜す(^^ゞ

SAKURA 9月 5日(木) 22:01
ピカリさん、こんばんわ〜♪
少し涼しい日もあって、ちょっと秋めいて来ましたね。
ホッとする日は1日でも有り難く、得した気分です。

数年来の照り葉植物の疑問がスッキリしたご様子で良かったですね〜♪
何年も疑問に思ってるのも、興味があるから忘れないんですよね。
昨日、公園を歩いていてブルーベリーが梅園の奥に植えられてたのを思い出して行ってみました。
実っていたのでこっそり摘んで頂きましたが、植えてあったのを覚えてたのは私のみでした。
友人が植物の事だけは忘却の年齢なのに異常に覚えてると、お褒めのお言葉でした。(* ̄▽ ̄)ニヤリ

私も「イワナンテン」を拝見して…そうだった!
2015年7月19日に夏山の足慣らしに奥多摩に行った時に撮って命名してありました。
岩から垂れていて遠かったのでピンが甘く雰囲気のみ…お花はいい時のご様子です。

ここ近年、夏は猛暑で低山は歩く気がしませんよね。

SAKURA 9月 5日(木) 22:11
夏山での赤い斑が無い「シコタンソウ」です。
図鑑を読んだら赤い斑が無い花弁もあるとの記述がありました。
このタイプはお初でしたが、赤い斑がある方が華やかですよね。

ピカリ☆ 9月 6日(金) 20:37
SAKURAさん、こんばんわ〜♪

わぁぁサスガ!このイワナンテンも既にしっかり網羅されてますな〜(゚∀゚)
なるほどSAKURAさんの場合は4年前に、7月中旬頃の奥多摩山域でちょうど花を付けてる姿に出合われて〜☆
いえいえピンが甘かったといっても、これで証拠写真としては充分ですよ〜(^◇^)
お互い同じく^^ 自然の中でいろんなお花に興味をもってキョロキョロしながら〜見かけたら何でも一応写しておく癖がついてるって感じですね(笑)
山域は違えど、今回の僕の場合もやはり岩から垂れて咲いてるその位置まで容易に接近できずに写したので、地味にこの程度の表現止まりです〜(^。^;)
思わぬ偶然にも、否これも必然かしらん(* ̄▽ ̄)ニヤリ
このイワナンテンの写真記事を見て下さって、奥多摩産の同種を写された記憶が呼び起こされて共感頂けるなんて!メチャメチャ愉快なり〜♪♪

← キヌタソウ、この和名を先日現場で度忘れ^^; でも帰宅するまでに自力で思い出してホッ。。。(^^ゞ

ピカリ☆ 9月 6日(金) 21:22
↑ シコタンソウで赤い斑無しの花とは!レアですね〜☆
アハ!クリック拡大しないと、何か別の花に見えたりして〜(´▽`)
でもその図鑑記述にあるってことは…それなりに知られた存在なんですねぇ〜('◇')
このタイプはもしや本場の北海道でも出現してるのかな〜?とにかく黄&赤のソバカス模様という認識がチト改まったです〜(*^。^*)

← 八ヶ岳にて遥か15年前の画像…こうして今見ると酷く不鮮明なので^^; これもいずれまた撮り直したい種類です〜(*´з`)
2006年以来13年ぶりに・・ ピカリ☆ 8月26日(月) 23:43
この花の「今」が気になって、確認に〜〜

拙くも『なんとなくあるばむ』に載せた当時と比べ、自生状況はどうなったか?期待より不安の方が大きいけど…とにかくここらで一度また見ておこう!と思った次第。。。

その結果として、やはり大胆に人目に付き不用意に踏まれやすいゾーンに生えてた花株はほぼ全滅で〜(:_;) 見なきゃよかったと嘆きましたが…その一方であまり(関心がなければ)目に入らないようなゾーンに移動すると、まだ今でもそれなりの個体数で単体や群生の自生開花シーンが見られたことで一応ちょっとは安堵もできました〜(´▽`*)

以下、解説なしで画像だけテキトーに貼っておくことにしま〜す(^.^)

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:45

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:46

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:46

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:47

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:47

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:48

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:48

ピカリ☆ 8月26日(月) 23:56
オマケで〜

ひょっこりメタカラコウと5〜6年ぶりに遭遇。。。

舌状花が1〜2枚でOK♪なんて花姿が面白くって、葉形もなかなか個性的だしイイネ!(笑)

れれちゃん 8月27日(火) 07:47
タカネビランジ、まさかの鳳凰?
違うな〜
水の山…ですかね。(南アルプス天然水♪^^)

メタカラコウは、あんまり見たことない。
私的遭遇率が低い植物です。

←☆さんおススメのテイ沢ですが、
よく見たら、メじゃなくて、オだというオチ付きで〜草www
2006年の写真だと思います(日付見忘れた^^;)

しぞーか、来週行く事になりました〜
何時だったか?案内してくれた豆腐ソフトがある場所へ行くの(笑)
晴れるとイイナ〜

ピカリ☆ 8月27日(火) 09:27
そういえば鳳凰に日帰りするのもうやらなくなったなぁ…(´Д`)
なので、これはその低山型てな種類です〜(^。^*)

おぉ!テイ沢すっごく懐かしいな〜♪♪(゚∀゚)
たしかにその昔僕のお気に入りで、大抵は湿原側からだけど、或る時わざわざ下流側の林道から潜入して徹底散策したこともあったなぁ。。。

そーそ僕もこれまでメタカラコウの方が見かけること少なくて〜
そっかそっかテイ沢のもメじゃなくてオの方だったっけね(^v^.)

ホヨヨ!静岡には一般的な物見遊山かな?それとも特定の花散策かな〜?追々ブログに上がるの楽しみにしてますね(^^♪

← 今の時季は(この8/26も)ミヤマウズラをしょっちゅう見かけます〜(^_^.)

SAKURA 8月27日(火) 23:11
れれちゃん、ピカリさん、こんばんわ〜♪

昨夜、遅くにチラリ拝見して、私も鳳凰を思ったのですが、砂地が違うなぁ…と考えていたのですが「オオ」が付く方のお方なのかなぁ…
大きな株、数輪の若い株ありで生存は大丈夫そうですね。
綺麗な花色で、岩に付いて健気〜♪♪

私は2003年の9月初旬に茅ヶ岳で出会って以来、出会い無しで〜す。
数株だったから、今もあるのかなぁ…?
 
そういえば鳳凰の小屋が建て直したようです。
二度と泊まりたくない小屋だったので。。。
また、タカネビランジに会いに行くのもいいと思った今夏です。

ラスクだったんですねぇ…
近々、栗スーズンで〜す。(* ̄▽ ̄)ニヤリ

ピカリ☆ 8月28日(水) 22:04
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
はい!まさしく「オオ」が付く方でぇ〜(^◇^*)

茅ヶ岳のは僕の場合2015年9月中旬に(花期終盤でしたが)確認したんで、たぶん同じく今も細々残ってるかと…
その2003年9月初旬の茅ヶ岳っていうと、SAKURAさんが麓付近でメハジキやナベナなどにも出会った日かなぁ?もうかなりおぼろげ〜な記憶で…(^^ゞ
他にも、南ア前衛や八ヶ岳などでは砂礫ゾーンの環境あらば 登場しそうな花ですね(^_-)

一方でタカネのビランジさんは、やはりその居住地からしてあの鳳凰の稜線風景と共にワクワク!! 魅了されますね♪
因みに以前 鳳凰で写した画像を見たら、その花色が濃いピンク・薄いピンク・純白と出合う個体ごとにバリエーションがあったのに対し〜こっちの「オオ」が付く方では(今のところ僕の観察範囲では)さほど花色変化がなくてチト物足りないなぁ…という感想です(*´з`)

Password:
 cookie