[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
コケコゴメグサ KUMIKO 9月 4日(火) 10:54
木曽駒ヶ岳(山頂には行ってませんが)に登って見てきました
花はほとんど終盤ですが、コケコゴメグサが確認できて良かったです
1〜2センチと本当に小さかったです

ウラシマツツジが色づき、コケモモが赤くなって美味しそうでした😊

KUMIKO 9月 4日(火) 10:57
コケモモ

KUMIKO 9月 4日(火) 10:58
ウラシマツツジ

KUMIKO 9月 4日(火) 11:01
ナナカマド

ピカリ☆ 9月 4日(火) 20:36
お!KUMIKOさん今度は木曽駒に登ってきましたか〜('▽')
リアルこの時季を物語る撮れたてお土産画像をアリガト〜〜♪

中ア・固有種のコケコゴメグサですね☆ いいないいな!!
一体に小さなこの仲間の中でもダントツ小さいそうですが、実際目にされてやはり驚きの小っちゃな姿♡ だったようですね^^
こんな感じで花崗岩の砂礫の上にピコッと咲いてたんですね♪
未遭遇なので僕も来年あたり…会いにいきたいな〜(*´▽`)

コケモモの実が美味しそうにツヤツヤ赤らみ、
ウラシマツツジの葉が早くも真っ赤絨毯に、
ナナカマドも秋めきの赤いアクセントを見せるようになって・・
どれも素敵な季節一期一会と目に止め写されたご様子に共感でっす〜(^^)^^)

← こちらが先日話題に上がった伊豆エリアの固有種「イズコゴメグサ」です。(画像探したら近年写したのがチト見当たらずで、かなり古い2006年9月11日撮影のです^^;)

ピカリ☆ 9月 4日(火) 20:48
コゴメグサも種類豊富でかつ個体差もすごいあるんで、出合う度ついつい写してしまいます〜(^v^.)

← タチコゴメグサでしたが、こんな可愛いピンクとなってる個体も〜☆

SAKURA 9月 4日(火) 21:49
kumikoさん、ピカリさん、こんばんわ〜♪

kumikoさん、木曽駒に行ってらしたんですね。
山とお花が好きです。
よろしくお願い致します。m(_ _)m

私は麓の駒ヶ根が実家で木曽駒を眺めて育ちました。
コケモモやウラシマツツジが綺麗な色の良い時ですね〜♪
半月ほど前に北アルプスを歩いたのですが、まだ両方共にこんな良い色にはなってませんでした。
山は日々秋に向かって急降下の時のようですね。

ピカリさん、こんばんわ〜♪
固有種のコゴメグサとのこと、木曽駒を縦走した時のものを調べたら、コケコゴメグサ何枚かありました。良かった!(* ̄▽ ̄)
空木岳より先にあったもののようです。

SAKURA 9月 4日(火) 22:10
イズコゴメグサはどっしりとふくよかなお顔のお花ですね。
可愛いピンクのタチコゴメグサは保管庫に頂きで〜す。
ピンクフェチにはたまりませ〜ん!!
今年も、去年もコゴメグサは同定を避けてます。
わかりにくいお方で、種類が結構あって…??

コゴメグサと言えばスイスで出会ったものは2ミリ位で小さくてびっくりしました。
ミヤコグサが巨大に見えました。

コケモモは5月の末に八ヶ岳に登った時に、お花の蕾が膨らんでるのに赤い実が残っていてビックリしました。
雪の下で凍って残っていたのかなぁ…
それぞれ1種1種いろんな思いがありますね。

↓は後日に。。。

SAKURA 9月 4日(火) 23:09
↓のママコナを拝見です。
苞の縁に刺状の鋸歯が見られるし、黄色い班点もあるし…と思って調べたら鋸歯が深い感じの苞ですよね。
個体差もあるのでしょうが、分布的にも東海地方なら…と思ったのですが夜叉神峠だとあらら〜??これは。。。。
また夜が更けるのでありま〜す。

私もママコナでこりゃ何だと気になるものが…
2011年7月3日 両神山山頂に近いの岩を登った所に群生してました。
木の葉の色は晩秋ならだけど…
お花色もねぇ〜?
葉の形も細長いし〜??

SAKURA 9月 4日(火) 23:19
読み返したら「この葉の色」…木の葉になってしまって…m(_ _)m

KUMIKO 9月 5日(水) 08:18
私も今回コゴメグサを調べたら、地名が付いたものか沢山でてきて驚きでした
馴染みが深いのが、ミヤマとコバノですね
これからは毎回撮ろうと思いました

ピンクは可愛いい💞

KUMIKO 9月 5日(水) 08:22
SAKURAさん、実家が駒ヶ根なんですね
同じ谷に住んでいます
よろしくお願いします

今度は空木岳まで縦走したいです

SAKURA 9月 5日(水) 13:46
kumikoさん、こんにちわ〜♪
伊那谷にお住みなんですね!
自然が近くて羨ましい環境ですね。
我が家は千葉の東京よりなので、山や自然には遠いのが残念です。
木曽駒は数年前に越百山まで3泊で歩きました。
実家からバッチリ見えるので、益々愛着が沸いてます。

お花の同定って、詳しくなれば余計に悩ましい事ですよね。
ピカリ☆さんに学ぶ事ばかりで〜す。

今朝、実家から届いた秋の便りです。
私が好きなので6キロも送ってくれました。
食事の替わりにいただかなくちゃ!\(o⌒∇⌒o)/ 

SAKURA 9月 5日(水) 13:55
↑のお花は返り咲きのクレマチスです。
台風の前に摘んで挿して楽しんでます。
猛暑なのに返り咲きなんだから、高温が好きなのかなぁ〜?
エノコログサは好きなので若い者を楽しむ事にしていま〜す。

ピカリ☆ 9月 5日(水) 16:33
SAKURAさん、KUMIKOさん、こんにちわ♪
ウハ!奇遇にもお二人とも信州産で〜(^◇^)
それで子供の頃から木曽駒は地元のお山感覚だったんですね〜(^_-)
そんな故郷から届いた秋の実り、今年もふっくら美味しそう♪♪

木曽駒をはじめとする中ア連山、今までまともに縦走したこと無い僕ですが…^^;
思い起せば30代に木曽福島側から、40代に桂小場から、あとコスモ山に単発登ったりして…いずれも花散策メインでちょびっと遊ばせてもらった感です〜(*^_^*)

コケコゴメグサは、おそらくSAKURAさん出会ってる可能性大と思ってましたがヤッパシね!
新風吹き込んでくださったKUMIKOさんのネタでまたフト認識深まったりして嬉しい活性化ですね〜☆
スイスの自生花シーンで、あちらの小さなコゴメグサ群の中にドッカリ埋もれるミヤコグサの様子がメチャ愉快(爆!)
西洋系のミヤコグサは既に帰化種として見かけることがありますが…日本産の数倍も花が大きいわけじゃないので、やっぱこの極端な組み合わせがインパクト強めてそう。。。(^ω^)

↑ のママコナさんは、花の色合いからしてタカネママコナの感じだな〜と思って、一応信頼できそうな植物プロのサイトで調べたら…両神山に現存という記録があったんで、まずOKかな〜(´▽`)
それにしても7月初旬で葉がこれほどシブ赤なのも個性的で、とても印象深い出会いだったようですね^^
先日僕が出合った暫定シコクさんは…あれからもう少し調べて、やはりミヤマよりはシコクだなってエイヤ!と(私的)同定しました〜(^o^)丿

← 普通タイプのママコナさんもマクロ系で写すと、モヘアタッチの部分が思わずナデナデしたくなる感じです〜♪

さむ 9月 7日(金) 21:48
KUMIKOさん

コケコゴメグサけっこう花期長いのですね。
私は8月1日に見てきました。


ピカリ☆様

イズコゴメグサ見てみたいなあ。

ピカリ☆ 9月 8日(土) 12:11
さむさん、こんにちわ♪

イズコゴメグサをまず楽に観られるのは細野高原です。
ただ…近年は風力発電の風車乱立に興ざめで〜(>_<)

さむ 9月 8日(土) 22:08
ピカリ☆さん こんばんは

ありがとうございます。
先日、イブキコゴメグサ見てきました。

ピカリ☆ 9月 9日(日) 13:18
わ!伊吹ブランドのは未見なので、僕もいつか見てみたいなぁ〜♪
なんでもござれ〜(^◇^) ピカリ☆ 9月 3日(月) 21:51
今年異常な猛暑となった7・8月がやっと終わって〜9月初旬となり近所の野や山に咲く自生花たちの顔ぶれはというと…未だ夏の名残り花からいかにも秋らしい花まで、まぁこの時期は双方ごちゃ混ぜで見られると思うとお得ですぅ(*^.^*)

ピカリ☆ 9月 3日(月) 21:59
近場でも、その自生環境は様々でして・・

このアゼトウガラシは水田野草です〜

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:03
アケボノソウは、やはり山の水が沁み出しているような湿地にて〜

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:08
トンボソウは、近くの里山内にやたら多い地味系のランです〜

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:14
少し標高上げると、地味でも花まで緑色じゃないミヤマウズラが〜

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:17
↑ の個体で、花を接写〜☆

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:21
で、さらに標高上げるとヒメミヤマウズラが〜

どちらもお馴染みさんですが、どっちかっていうとミヤマウズラの顔立ちのほうが私的好み〜♪

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:31
また車で移動中、今年も妙な所で帰化種のオオフタバムグラ〜

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:38
フタバといえば…アオフタバランにも出合ったりして〜

花探しではあまり気乗りしない杉の植林帯でひょっこりと(笑)

ピカリ☆ 9月 3日(月) 22:53
↑ 葉を写してないので…別個体のを(まだ蕾姿ですが)一応〜
不鮮明ながら^^;葉入りバージョン貼っときます〜(^^ゞ

アチャ!撮影分を好き勝手に貼り出すとすぐ画像イッパイになってしまうなぁ^^; 続きを「その2」としてもう少し貼ってみるかもです〜(^。^*)

SAKURA 9月 6日(木) 22:32
ピカリさん、こんばんわ〜♪
北海道で大きな地震があり、台風の被害もあり、災害列島みたいになって来たと感じてニュースを見ています。
ライフラインが早く復活するのを願うばかりです。

稲刈りが終わった田んぼを見て、田んぼの野草もずいぶん見に行って無いと思っていたら、一面のアゼトウガラシのお写真にニンマリです。

ピンクのお花のオオフタバムグラとハナヤエムグラは出会いたいと思いながらも未遭遇です。
ムグラの仲間では花色も大きさもダントツの美形だもんね。
夏の低い所のお花には、篭ってたんじゃ中々出会えないよね。

キリリとしたシベのアケボノソウは綺麗ないい時ですね。
私には遠出しないと出会えないお花ですが、出会えた時は嬉しい初秋の一種で〜す。

ミヤマウズラは10年近く前に一度出会ったのみ、ヒメは出合って無いので、お顔立ちの方はUPで迫ってからですが…(* ̄▽ ̄)ニヤリ
ヒメの方が高い所にお住みなんですね。

アオフタバランなんてあるんですね。
スレンダーなお方で、緑が少ない杉林なら見つけやすい環境ですね。
図鑑にメモと思ったらメモしてありました。

↑のタカネママコナ(キバナママコナ)は了解です。
標高が余り無かったので、タカネの方は見てませんでした。m(_ _)m
葉の色や形は個体差って事にします。

↓ライチョウの雛を猿が食べちゃうんですか…
何年か前の夏山で山頂付近の雪渓近くで、猿の群れを見て、こんな所まで上がって来てるとは思った事があるのですが…
雷鳥は毎年のようにお会いしますが、今回のように動かないお母さん雷鳥はお初でした。
空だけじゃなくて地上も見張っていたんだね。

マネキグサは鹿の食害だし、目に見えて色んな野草やお花が消えて行き、山は柵や網に囲まれてしまい、何とかして欲しいものですよね。

オノエリンドウさんはピカリ☆さんも近年の出会いだったんですね。
高山種はだいぶ出会ってしまったのですが、出会ったものでも素敵なシーンにはウキウキします。
来年は7月に行きたいなぁ。。。

針ノ木雪渓のお花畑を1枚です。
モミジカラマツとミヤマダイコンソウ辺りのようです。

ピカリ☆ 9月 7日(金) 23:26
SAKURAさん、こんばんわ〜♪

>災害列島💦 たしかに近頃連続してて…明日は我が身と心得よ!ですねぇ^^;;

今回こんな「なんでもござれ〜」などと勝手気ままに写した花の面々にもじつに温かな目で見て下さって、その其々に学びや励みとなる丁寧な所感等添えていただけますこと、キョー縮^^;ながら本当に常々感謝しています♪♪ m(_ _)m

↑ モミジカラマツ&ミヤマダイコンソウは、この時どちらもすごいフレッシュ感で素晴らしい群生模様だったんですね!(^_-)-☆
2種とも分かり易い葉形なので好きでぇ〜す(^v^.)

オノエリンドウで花が開いてる姿…以前僕が八ヶ岳で写した画像は2年前当時SAKURAさん保存(までは)されてないかな?もし参考までにとリクエストあらば又いつでも出せるようにしておきまーす(^_^)/~
夏山後半で〜す。 SAKURA 8月29日(水) 22:51
ピカリさん、こんばんわ〜♪
昨日も今日も、少し涼しくてありがたい事!
早速、公園に行ってみましたがお花は無い季節でした。
ピカリさんは夜叉神峠から奥にいらしたのかなぁ…
どんなお花にお会いしたのでしょう〜??

SAKURA 8月29日(水) 22:57
6時前の山頂は今日中に鹿島槍の手前の小屋まで行くとの方がお一人のみでした。

お初のオノエリンドウが山頂に数株ありましたが、逆コースにしないと開花には出会えそうもありません。残念!

SAKURA 8月29日(水) 23:05
スバリ岳の間はガレ場で歩きにくかったけど、赤沢岳、鳴沢岳は穏やかなコースで、黒部湖、立山、剣岳がすぐ近くに見えて展望は素晴らしいかった!
黒部アルペンルートのゴンドラや中継所も見え、5年前立山を縦走した時に登ってないと眺めた山に登ってると嬉しかった。
赤沢岳からの蓮華岳、針ノ木岳、黒部湖、立山、剣岳です。

SAKURA 8月29日(水) 23:10
室堂からみる立山より、とっても高くて大きい山に見えて感激でした。
室堂が標高あるから低く見えるけど、3000m以上の山だもんね。

SAKURA 8月29日(水) 23:23
暑いし日に焼けて手がヒリヒリするので、新越山荘までにして、下山の日の早朝最後のピークは越える事にしました。
新越山荘ではソロの女性は私1人だったご様子で、6畳のお部屋に1人で快適でした。
同じ小屋代じゃ申し訳ないよね。
ピカリ☆さんがおっしゃるように、樹林帯が全然無いので出てる手の甲のみ、ただいま皮がむけてる所で〜す。

雷鳥のお母さんがずいぶん長い間遊んでくれました。
登山道をヨチヨチ歩いて、3羽の子供達をみてました。
時々鳴くんだけど、10枚以上撮っても同じ所でキョロキョロでした。
景色が良い所にお住みで羨ましい雷鳥ファミリーでした。

SAKURA 8月29日(水) 23:32
オヤマリンドウは小屋の側のお花畑で満開のいい時でした。
ミヤマリンドウも少々見ました。

シロバナイナモリソウは未遭遇ですが、イナモリソウより遅い開花なんですね。
マネキグサも鹿さんに食べられて減少なんて…
何とかしないと希少種もどんどん減って残念&困った事ですよね。

SAKURA 8月29日(水) 23:36
ナナカマドの実も赤くなって山の秋は近いようです。

SAKURA 8月29日(水) 23:38
ゴゼンタチバナのお花も少し残ってましたが、赤い実の季節でした。

SAKURA 8月29日(水) 23:42
ベニバナイチゴも実ってました。
前回は1粒丸ごと食べたら種がジャリジャリで駄目でしたが、今回は一粒づつばらして食べて、種を出したら結構美味しかった!
この熟れた実はSAKURAがご馳走になりました。

SAKURA 8月30日(木) 00:00
あと一枚は…
下山の日の朝焼けで〜す。
爺ヶ岳、鹿島槍、五竜、奥に白馬が見えま〜す。
夜の予報では大町は朝から雨模様で、雨具がすぐ出るようにパッキングしました。
8時ころから降られましたが、雨具は不用で下山できてラッキーでした。

体力的にはまだまだ登れそうですが、仲間がみんな膝が悪くなってます。
今回は大丈夫でしたが、無理は出来ない年代なので、膝を大事にして長く登りたいとゆるゆると楽しむ日程にしました。
午前中に予定終了ぎみでお花は少ないし、小屋ライフた〜っぷりの夏山でした。
ソロだと暇なので、いろんな方々とお話が出来て面白かったです。

ピカリ☆ 8月30日(木) 20:39
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
うわわ!いよいよ後半編で素晴らしい稜線ワールド全開ですね〜☆☆☆
黒部湖を眼下に、ずらりと居並ぶ日本の大屋根ともいえる3000m級峰々のパノラマ画像に思わず見入っております~~(@_@)!!!
直に眺められたSAKURAさんの感動☆たるや…こりゃイッキにマックスまで跳ね上がったご様子が目に浮かぶなぁ〜(^○^*)

一斉に毛バタキとなったチングルマ…高山の季節移り変わりはほんとに早いものですねぇ。。。
お!オノエリンドウさんに出会えたんですね〜☆
やはり夏の終わり頃で、僕は南八ツ稜線直下で出合ったの2年前なのでまだ記憶に新しい種類です(^v^.)
ナルホド立山はこの方角から眺めると圧倒的なボリューム感ですね〜!(゚∀゚)
そういえば富士山も…山麓を散策中に頂上を見上げてもあんまり高さを感じなくて〜(笑)

わぁ♪ライチョウ登場のシーンが絵的にメッチャ気に入りました〜☆☆
ので、これMy保管庫に頂きまーーす(^.^)/~~
ライチョウの雛や幼鳥の話しでは…敵は猛禽類というよりも、近年はよく猿が高山域まで出張ってきて非情にも襲って食べてしまう事が問題視されてますねぇ〜(>_<)

高山の秋めきを示す、赤い実3種もイイナ〜♪
そ〜そ、ナナカマドの実はまだ紅葉前に赤くなりますね(^_-)
アハ!ベニバナイチゴの実は同じく食べて〜同じくの感想です〜(笑)
国内自生のイチゴでは…僕の場合だと今までノウゴウイチゴが一番美味しかったな〜(´▽`)

下山日の最後らへんでチョビット雨に降られたようですが…
ほぼセーフで切り抜けられたのもすごいすごい!気持ちよく夏山完了♪って感じで締めくくることができたことで、またの意欲がわいてきそうですね〜(^◇^)
日頃からスイミングで鍛錬なさってるSAKURAさんなのでたぶん肉体年齢はまだ40代位ですねん(^.^)v

← 先日(8/27)現場ではミヤマママコナと思って写しましたが…帰宅後PCモニターでよく見たら近縁の「シコクママコナ」っぽい特徴があると睨んでおります〜(^^ゞ
それは<苞の縁に刺状の鋸歯が見られる>という点でして一般的ミヤマママコナには無い特徴ということですが、ミヤマにしてもシコクにしても地域性変異がけっこうあるようなので…今回はまだ暫定という感じです。。。
夜叉神峠 KUMIKO 8月29日(水) 20:19
夜叉神峠ではご一緒させていただき、楽しかったです
ありがとうございました😊
登山口から直ぐに珍しい花がいろいろ見れて、いい場所でした

ところで、この写真はミヤマタニダテでしょうか?

ピカリ☆ 8月29日(水) 22:26
KUMIKOさん、こんばんわ〜(^o^)丿
こちらこそ先日はどうもありがとうございました!!

あそこで偶然にも同じ匂いのする人と(笑) 出会えてご一緒できて僕もすごく楽しく心強かったです〜(^^♪

↑ お写真の花は…葉の鋸歯が荒くないので、おそらくミヤマが付かない「タニタデ」と思われます〜(^.^*)

← 一応この日僕も写しましたが、あまりうまく表現できてなくて^^;;

ピカリ☆ 8月29日(水) 22:28
← 何気にポツンと一輪だけ咲いてたセリバシオガマ。。。

先行されてたKUMIKOさんも、流石!しっかり見逃さずに写されてましたね(^_-)-☆
夏山の前半分で〜す。 SAKURA 8月27日(月) 11:19
ピカリさん、こんにちわ〜♪
相変わらずの猛暑でう〜んざりしています。
9月も近いのに35℃以上なんて酷いですよねぇ。。

7月に行けば針ノ木雪渓に雪がいっぱいだったのでしょうが、上部に少々の残雪で2度ほど渡ったのみでした。
ここを歩いたのは6時半頃、日景の雪渓は以外にも硬くてビックリ!

SAKURA 8月27日(月) 11:23
このお花畑はトウヒレン、タカネヨモギ、ミヤマアキノキリンソウあたりかなぁ…

SAKURA 8月27日(月) 11:26
モミジカラマツ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウあたりは部分的に花盛りでした。

SAKURA 8月27日(月) 11:28
クルマユリ、ヨツバシオガマも残り花が見えました。

SAKURA 8月27日(月) 11:34
ウメバチソウ、アオノツガザクラ、キバナノコマノツメ、ヒメイワショウブ、イワショウブ…などは残り花に出会えました。

小屋に10時半には着いて休んでから、蓮華岳を往復しました。
小屋では見えなかった立山と剣が顔を出し、明日の周回コースが手前に見えてます。

SAKURA 8月27日(月) 11:37
イワベンケイの雌株が結実して華やかな色でした。
蓮華岳のピークと立山、槍です。

SAKURA 8月27日(月) 11:38
砂地風の所にはこの方が…
終盤なので一番の美人さんを探してパチリ!
やはり、今年は例年より早い開花だったそうです。

SAKURA 8月27日(月) 11:42
イワギキョウも雪渓沿いで何株かいい時でした。
夏山ななぁ…ってお花です。

SAKURA 8月27日(月) 11:47
下の方でお初のチョウジギクにお会いできて嬉しかったで〜す。
お花は地味ですがこの色の茎は…花びらの替わりに蜂さんや蝶さんにアピールなのでしょうか??
草丈も堂々で群生は目立ってました。
クロバナヒキオコシも咲き出してました。

SAKURA 8月27日(月) 11:50
槍方面が夕焼けでほんのり赤くなって、お月様も見えてました。
針ノ木の小屋は展望が素晴らしくて良かったです。
明日の天気は心配なしでした。(=⌒ー⌒=)

ピカリ☆ 8月27日(月) 23:02
SAKURAさん、こんばんわ〜♪
ホントにねぇ〜下界は今日も酷暑でぇ〜(;´Д`)

ハ〜イ!夏山の前半分を早速拝見〜☆
稜線に上がってた期間中、朝焼けも夕焼けもバッチリだったようで、特に夕焼けは翌日の好天につながることが多いのでヨシヨシと一安心されたでしょうね^^

針の木雪渓…日中気温が上がるこの時期でも、早朝は硬く締まった雪質になるんですね。
いよいよ照り返しが強くなる時間帯になると、こうした雪渓箇所や白っぽい砂礫帯などの通過は…高山の紫外線ってすごく強いので、SAKURAさんお顔とか…今回けっこう日焼けしたかな〜(^◇^*)

立山・剱をバックに咲くトウヤクリンドウやイワベンケイのシーン☆ これぞ日本アルプスと感じ取れる花シーンを素敵に写し込めてますね〜(゚∀゚)/
選び抜かれたコマクサの美人さん♪ 優しい色合いの一輪ですね〜(^_-)
コマクサも山域によっては、真っ赤でチトくどい花色の群落が見られますが…このくらいの淡いピンクの方が僕も好み好み〜♪♪
やっぱチシマよりはイワギキョウの方が夏山の高山らしくて…(笑) 出会ってウキウキ!ですね〜(^v^.)
ひょっこりチョウジギクの登場〜☆ なにより初見は新鮮ですよね(^^)^^)
僕が初見の時は、この種類をまだ知らなかったんでナニコレ~~!?この白い茎って…手芸用のモールみたいだなぁ〜なんて思った次第。。。(^^ゞ
同じくクロバナヒキオコシも日本海側要素の種類と思ってまして、僕は小谷村での出会いが初見でした〜(^。^)

← 今日はマネキグサを写しましたが…この自生スポットでも今年は鹿の食べ跡を目にするようになって^^; 危うい株数減少を実感しました〜(/0\)
ただいまで〜す。 SAKURA 8月23日(木) 14:26
ピカリさん、こんにちわ〜♪

おかげさまで無事に歩いて帰って来ました。
金曜日の午後、ネットで今年の夏山の記事を見ていたら、いったい何時いけるんだろうと思い、急遽お天気&高速バスを検索しました。
土日は避けたいけど、また台風が来てるので来週も後半は駄目だし…
12時頃に扇沢に着くバスが1名のみ空いていて…急遽来週の予約をキャンセルして、行って来ようとなりました。
1月前にパックしたままだったので、何とか土曜日の朝に扇沢行きに乗りました。(=⌒ー⌒=)

針ノ木の小屋からの…展望です。
槍や穂高、表銀座コース、餓鬼岳などがバッチリでした〜♪

SAKURA 8月23日(木) 14:44
土曜日とあってバスは渋滞で遅れて、信濃大町からのバスには1本乗り遅れましたが、2時には歩き出し1時間半ほど歩いて大沢小屋泊まりの予定でした。
前日夜と扇沢で電話しても繋がらずでしたが、山小屋だから大丈夫と。。。
しか〜し、いっぱいで今夜は無理と断られビックリ!!
同じバスの方と二人、仕方なく扇沢に駆け下りて観光案内所で山小屋よりお安いロッジをご紹介いただき宿泊でした。
2ヶ月山を歩いてないし、暑くてウォーキングも出来なかったので筋肉痛が心配だったので、1日目はゆるゆると歩く計画が…(涙!)

真ん中辺りに8年前に歩いた烏帽子、野口五郎、水晶岳が見えて、端の赤い山が赤牛岳のようです。

SAKURA 8月23日(木) 14:58
日曜日の朝、4時半にタクシーをお願いして5時から歩き始める事が出来てピンチ脱出でした。
小屋に泊めてもらえないのはお初の事で、これからは特に下界に近いところは予約は絶対だと思ったのでした。

この日は富士山も見えていました。
富士山の左が八ヶ岳、右が南アルプスかなぁ…
時間によって中央アルプスも見えていたようでした。
稜線はお花はすっかり終了で、リンドウの季節でした。
猛暑で8月下旬では針ノ木雪渓も残雪少々です。
でも、ちょっぴりの私的新種があってニンマリ…
画像整理したらまた伺います。

SAKURA 8月23日(木) 15:01
種池までのピークを6個踏んだからか、疲れと筋肉痛と膝が…後何回、夏山を歩けるんだろうと思ってる所です。

月曜日の針ノ木岳に登る朝の朝焼けです。
二日間、朝焼けを見ながら歩けました。(=⌒ー⌒=)

SAKURA 8月23日(木) 15:05
↑は手前がこれから歩く稜線、真ん中右が爺ヶ岳、鹿島槍、五竜、白馬が見えてます。

ピカリ☆ 8月23日(木) 23:11
SAKURAさん、お帰りなさ〜〜い(^o^)丿
台風20号が近づく前にバッチリでしたね〜☆

まずは序章の画像&文面から、SAKURAさんが今回辿られた針ノ木小屋から先の稜線風景の展開やそこで出合われた花の面々など…わくわく想像掻き立てられ♪ 続くリアル画像が待ち遠しいですよ~~(*'▽')

おやおや一泊目予定の大沢小屋がダメとは^^; いきなりスリリングな事になったようですが、素早く対策できて良かったですね!(^v^)
のちのち…そんな事も含めて思い出深い山旅の一つとなるのでしょうね(^_-)
わっ種池までのピークを6個踏まれ…そりゃ疲れるの普通でしょ(爆!) まぁ10年20年前と違ってくるかもですが、その分その昔以上に余裕もったマイペースを心掛ければまだまだぜんぜん行けちゃいますって~~(*^^)v

← こちら伊豆の低山。。。(8/17 撮影)
いまだに残暑厳しい日が多いけど、ぼつぼつ秋っぽい花が見られるようになってきております〜(^_^.)

ピカリ☆ 8月23日(木) 23:15
← シロバナイナモリソウは、ぽつり名残り花〜☆

ピカリ☆ 8月23日(木) 23:16
← アサマフウロは、今回ふと真横から〜(^。^)

Password:
 cookie