Home 44528


97: 志賀高原熊の湯全国山スキー部講習会 syuu 12月14日(水) 23:39
DMC-ZX1 1/1000sec F5.1 ISO80 ±0EV ±0mm 
12月10〜11日に全国スキー協山スキー部講習会で志賀高原に行ってきました。
 前日金曜日の寒波で20cmくらい積もって一面の雪景色にはなったのですが、横手山スキー場は積雪不足で結局オープンせず、熊の湯スキー場での講習会になりました。熊の湯は人工雪コースと言っても山頂から1300mくらい滑降可能で初滑りの講習としては十分滑れました。福田さんの山スキーレベルアップのクラスに入りましたが、まだオープンしていないコースの新雪斜面もちょっと滑れて楽しかったです。恒例の島崎さんのストレッチも面白かったですよ。
 全国から50名の参加で他府県やテレマークネットワークの皆さんとも交流できて良かったです。来年はもっとたくさんで行きましょう。
96: 六甲山清掃ハイク+アイゼントレ syuu 12月 6日(火) 00:44
DMC-ZX1 1/60sec F3.3 ISO80 ±0EV ±0mm 
 12月の清掃ハイクは久しぶりに地獄谷コースでアイゼントレも兼ねて行うことになりました。冬晴れのいい天気で芦屋川の駅前は人でいっぱい。ロックガーデン中央稜は行列ができていましたが、地獄谷コースに入っている人もけっこういてアイゼントレ目的の人もたくさんいました。
 雪のない所でアイゼントレをするのは久しぶりですが、途中のボルダーでちょっと岩を楽しんだり、岩稜歩きのいいトレーニングになりました。写真はA懸垂岩の裏を登っているところです。紅葉は遅れ気味でまだちょっといまいちでした。

ロックガーデン地獄谷  syuu 1月18日(水) 01:08
ロックガーデン地獄谷コースの滝をアイゼンを着けて登っていきます。清掃ハイクの方は清掃登山の統一行動日でアルペン芦山も地獄谷コースだったためゴミはほとんど残っていませんでした。
95: 紅葉の赤坂山 syuu 12月 2日(金) 23:39
DMC-ZX1 1/80sec F4.2 ISO80 ±0EV ±0mm 
11月27日(日)は春に雨のため行けなかった赤坂山に再挑戦しました。天気予報では快晴だったのに、前日のさわやかな日差しとは変わって雲が広がり視界もいまひとつでした。それでも山頂からはうっすら雪をかぶった伊吹山、奥美濃の横山岳や遠くに真っ白な白山も見ることができました。
山頂付近のブナ林の黄葉はほとんど終わっていましたが、下の方のマキノ高原はきれいに紅葉していました

最初の山スキーツアー  syuu 12月 6日(火) 00:50
 赤坂山は30年くらい前に山スキーを始めたころ、最初に山スキーに行った山です。当時はあまり情報もなく手探りしながら始めたような状態でジルブレッタ400ビンディングに登山靴といった装備でした。黒河越えから三国山、赤坂山、寒風山を縦走してマキノスキー場に下りるコースで、登りのシール登高はなかなか順調、山頂付近のオープンバーンも気持ちよく滑れて、けっこういけるじゃん!とか思っていたら、樹林帯の滑りになると密生した林にまったく歯が立たず100回くらいは転んでしまいました。
 それでも、山スキーでそんなに転んだのはその時だけ。何回か行くうちに関西の藪山を小回りで滑るのは得意種目になりました。
94: 六甲山アート自然観察ハイク syuu 11月 5日(土) 00:02
DMC-ZX1 1/40sec F4.6 ISO250 ±0EV ±0mm 
 3日の祝日は六甲山油コブシから紅葉谷を有馬へ。途中、六甲ガーデンテラスで「六甲ミーツ・アート2011」のアート作品も見学、「六甲枝垂れ」にも初めて行きました。紅葉はまだ色づき始めたところといった感じ。今回紅葉していたのはドウダンツツジ、ウリハダカエデ、イロハモミジはちょっとだけ。黄葉はイヌブナ等でした。写真は紅葉谷の中間付近です。


ウリハダカエデ  syuu 11月 5日(土) 00:05
 今回の自然観察は青い実のアオツヅラフジ、赤い実のノイバラ、ガマズミ(食べられます)、シキミ(有毒)、紫の実のムラサキシキブ、ヤブムラサキ(葉っぱがビロードの感触)。シナモンの香りのヤブニッケイ。ノコンギク、イヌタデ(アカマンマ)、ハナタデ(葉っぱに斑紋)、ミズヒキソウ等々でした。


松ぼっくりのエビのしっぽ  syuu 11月 5日(土) 00:07
 松ぼっくりをリスさんが食べたらエビのしっぽ状の残骸に。
今回のリース材料の収穫ははヤシャブシ、エゴノキの実。ヤブムラサキの紫の実。マテバシイのどんぐり。アカマツの松ぼっくり等々でした。


ニホンリス(ホンドリス)  syuu 11月13日(日) 22:30
 六甲山でリスを見かけることはほとんどないですが、エビのしっぽは時々見つかるので、けっこう棲んでいるのかも知れないですね。

立山山スキー初滑りは中止  syuu 11月29日(火) 23:57
 11月19〜20日は立山山スキー初滑りの予定で、みくりが池温泉も予約していましたが室堂周辺では積雪が全くないということで残念ながら中止しました。
11日にみくりが池温泉に電話したら雪は全然なくて今も雨が降っていますとのことでキャンセルさせていただきました。これまでも直前まで雪が降らなくてハラハラしたことが多かったですが、こんなに雪が少ないのは初めてです。
 写真は2007年の初滑り。2007年11月23日の室堂です。

「山での応急手当」講習会  syuu 11月30日(水) 00:11
 23日の祝日は「山での応急手当」の講習会に行って来ました。
心肺蘇生や三角巾の使い方等は、以前にどんぐりでも山スキー講座等で行いましたが、繰り返しやらないとすぐに忘れてしまいますね。
心肺蘇生の手順も以前は1.気道確保、2.人工呼吸、3.胸部圧迫の順だったのが、今は呼吸がない場合はまず胸部圧迫をするように変わってきているそうです。
搬送等のセルフレスキュー的な内容の実技もあってなかなか面白かったです。またどんぐりでもやりましょう。

気象講習会で雲観察  syuu 12月 6日(火) 01:06
 前の週は労山の気象講習会に行ってきました。六甲山記念碑台集合で久しぶりに六甲ケーブルに乗りましたが、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011」というのをやっていてケーブル駅にも作品が展示、ケーブルカーの車内にもアート作品がぶら下げてありました。
 最初は記念碑台の県立六甲山自然保護センターで観天望気の雲の観察。朝は雲量1くらいで快晴でしたが、1時間ほどで上層に巻雲?がいっぱい現れてきました。飛行機雲も見えています。
 午後からはラジオ天気図の記入と予測。昔、山を始めた頃30年くらい前は会の集会で天気図を書く練習をしたりしましたが、実際に書くのは久しぶり。それでも2回目には結構うまく書けました。
93: 恵那山・蓼科山 syuu 10月25日(火) 23:51
DMC-ZX1 1/60sec F3.3 ISO80 +0.3EV +0.3mm 
 22〜23日の恵那山・蓼科山は、土曜はあいにくの天気で恵那山は中止になりましたが、紅葉の北八ヶ岳白駒池付近の散策や尖石縄文考古館(国宝の縄文のビーナスがありました)、諏訪の片倉館の温泉等色々と楽しめました。
 日曜は曇り空でしたが雨にあうこともなく予定通り蓼科山に登ることができました。写真は山頂手前の蓼科山荘の前です。

蓼科山山頂  syuu 11月 2日(水) 00:19
 23日は曇り空で雨にはあわなかったものの、山頂付近はガスにつつまれ残念ながら展望はありませんでした。紅葉にはちょっと遅い感じでしたが登山口付近はカラマツの黄葉がきれいでした。

蓼科対山荘  syuu 11月 2日(水) 00:28
 今回の宿泊はTさんの大学のクラブの山荘に泊めていただきました。黒沢池ヒュッテと同じ設計者の八角形のドームの素敵な山荘でした。白樺林の中で紅葉も見事でした。

蓼科高原の鹿  syuu 11月 5日(土) 16:40
蓼科高原から蓼科山7合目の登山口に向かう途中で、鹿が道路を横断しましたが遠くて良く分かりませんね。

92: 白髪岳・松尾山 syuu 10月14日(金) 00:21
DMC-ZX1 1/800sec F3.7 ISO80 ±0EV ±0mm 
10月の連休は篠山の白髪岳・松尾山登山と会長の古民家の別荘泊で栗拾い。快晴で秋らしい爽やかな気候になり快適な山歩きを楽しめました。
写真は9日の白髪岳山頂です。

松尾山(高仙寺山)  syuu 10月14日(金) 00:28
白髪岳から縦走して松尾山(高仙寺山)へ。松尾山は樹林帯の中であまり展望がありません。
91: 天蓋山 syuu 10月 1日(土) 00:28
DMC-ZX1 1/640sec F3.3 ISO80 ±0EV ±0mm 
9月23日はすっかり涼しくなって秋らしいさわやかな快晴になりました。
前日は山之村キャンプ場のバンガロー泊。天蓋山は薬師岳や北ノ俣岳の正面で北アルプスの展望台です。秋らしい澄んだ空気で、剱・立山から槍穂高、乗鞍、御岳まできれいに見ることができました。

山之村キャンプ場  syuu 10月 3日(月) 00:02
飛騨市の山之村キャンプ場は白樺林の中の気持ちのいいキャンプ場です。それまでの猛暑からうってかわって前日から急に涼しくなって、標高1000mくらいあるのでこの日はちょっと寒いくらいでした。
バンガロー(大)は5〜6人入れて3000円でした。コテージというのは2階建て9人用で水道や電子レンジもあるそうです。

夕顔の駅  syuu 10月 5日(水) 00:23
山之村キャンプ場の受付は道路の向かい側にある「夕顔の駅」。山之村そばの食堂やおみやげ売り場や「天の夕顔・中河与一資料館」とかもありました。

ヒカゲノカズラ  syuu 10月 7日(金) 00:09
登山道のあちこちでヒカゲノカズラを見ることができました。名前と違って日当たりのいい場所に生えているシダ植物です。縦に伸びているのは胞子のうです。

ナナカマド  syuu 10月15日(土) 23:42
紅葉にはまだ全然早かったですが、ナナカマドやムシカリ(オオカメノキ)の実は真っ赤でちょっと紅葉も始まっていました。
今回の自然観察、赤い実のナナカマド、ムシカリ、ツリバナ。青い実のサワフタギ。ヒカゲノカズラ。ミズナラ。
90: 谷川岳西黒尾根 syuu 8月17日(水) 00:09
DMC-ZX1 1/500sec F3.3 ISO80 ±0EV ±0mm 
7月末は新潟・福島豪雨で大雨になり越後駒ヶ岳は残念ながら中止になりましたが、8月第1週は天候も回復して6日は谷川岳に登ることができました。
土合口から西黒尾根を登って山頂へ。写真はラクダのコル付近から見た山頂トマの耳とオキの耳です。

シモツケソウ  syuu 8月17日(水) 00:18
西黒尾根上部から山頂付近はシモツケソウがいっぱい咲いていました。紫色の花はヒメシャジン?

朝日岳  syuu 8月17日(水) 22:36
登山道から北東方面に朝日岳・白毛門方面の山並みがきれいに見えていました。

土合ハウス  syuu 8月17日(水) 22:40
前日の宿泊はJR土合駅前のちょっとレトロな土合ハウス。

土合駅の地下ホーム  syuu 8月17日(水) 22:51
土合ハウスに着いてから、JR土合駅の下り線の地下ホームを見学に行きました。階段を下りてホームに着いたらミストがかかって涼しい。480段の階段は傾斜がゆるくてそんなに苦労というほどではありません。

トマの耳から見たオキの耳  syuu 9月10日(土) 22:21
トマの耳頂上から見たオキの耳です。
間の沢はマチガ沢源頭。
春風山岳会のホームページができたので、
良かったら見て下さい。
http://www.geocities.jp/harukazeac/
89: 中央アルプス木曽駒ヶ岳 syuu 5月27日(金) 23:47
DMC-ZX1 1/200sec F13.0 ISO80 ±0EV ±0mm 
 去年は悪天候の予報で中止になった木曽駒ヶ岳。今年は21日(土)は一日いい天気で木曽駒ヶ岳にも登ることができ、快適な滑降を楽しめました。

千畳敷からの登り  syuu 6月10日(金) 01:12
駒ヶ根には午前2時頃には着いたので、駐車場でテントを張って仮眠。朝1番のバスとロープウェイで千畳敷へ。千畳敷から宝剣山荘へはスキーを担いでアイゼンで登りますが、かなりの急斜面です。

黒川源頭と伊那前岳  syuu 6月12日(日) 00:08
 稜線に出ると雪はかなり少なめ。半分くらいは夏道がでていました。木曽駒ヶ岳からは雪がつながっていなかったので、少し滑って中岳に登り返し。中岳山頂から黒川源頭を滑りました。
写真は中岳山頂から見た黒川方面。正面は伊那前岳です。
88: 富士山須走口 syuu 5月27日(金) 23:31
DMC-ZX1 1/320sec F3.3 ISO80 ±0EV ±0mm 
 全国スキー協スキー発祥100年富士山滑降は大震災の影響で来年に延期。今年は全国山スキー部で下見を兼ねて5月14〜15日に行われました。地震のため富士宮口の道路が通行止めのため須走口に変更。雪は少なめでしたが、快晴微風の絶好の登山日和で快適な滑降が楽しめました。全国から47名の参加で他府県のメンバーと交流もできました。

syuu 6月10日(金) 02:12
 最初は雪のないブル道。約1時間半弱、2340mあたりから雪の上になりました。地元御殿場市からの参加者の話では今年は今までで一番雪が少ないそうで、雪の多い年は5合目駐車場まで滑れたこともあったそうです。

syuu 6月12日(日) 00:10
雪の上をアイゼンを着けてさらに登ります。

滑降開始  syuu 6月12日(日) 00:15
予定の12時半までで、約3300mまで登って終了。ここから滑ります。
富士宮口は登り始めの標高が500mくらいは高いので、このペースなら来年は頂上まで行けそう?
87: 春の銀杏峰は花盛り syuu 5月12日(木) 00:20
DMC-ZX1 1/200sec F4.2 ISO80 ±0EV ±0mm 
 GW後半は福井県の宝慶寺いこいの森でキャンプと銀杏峰登山に。今年は残雪が多くて半分くらいは雪の上でしたが、登山口近くはショウジョウバカマやイワウチワの群落が満開。山頂付近では雪の間からザゼンソウも見る事ができました。山桜やこぶしも咲いていて花を満喫できる山行になりました。

ザゼンソウ  syuu 5月12日(木) 00:26
 山頂付近の雪の切れ目にはザゼンソウがあちこちに。

イワウチワ  syuu 5月12日(木) 00:44
 宝慶寺いこいの森から名松登山道の登り始めはイワウチワやショウジョウバカマやカタクリがいっぱい。群落になっていました。

カタクリ  syuu 6月10日(金) 02:09
 カタクリの花もあちこちに。ピンクの花と白い花があります。ちょっとピントがあってませんね。

ショウジョウバカマ  syuu 6月12日(日) 00:21
 登山口付近のショウジョウバカマです。
86: 大山山スキー syuu 4月12日(火) 00:27
DMC-ZX1 1/320sec F14.0 ISO80 ±0EV ±0mm 
 4月9〜10日の関西ブロック山スキー白馬方面は大震災の影響で中止になったため、震災の影響の少なそうな西の方の大山に前夜発日帰りで行くことになりました。暖かい日が続いて金曜は暖かい雨も降ったので本当に雪があるのか心配でしたが、今年は大雪で残雪がたっぷり、快晴無風の登山日和になり快適な滑降が楽しめました。

夏道登山道の登り  syuu 4月12日(火) 00:30
 土曜日の夜発で登山口近くの駐車場でテント泊。10日は7時半出発、夏道登山道の登山口付近から雪がありました。最初は登山の人ばかりで山スキーの人はいないのかなと思っていましたが、後からスキーやボードの人も次々登ってきて7合沢や8合沢を滑っている人もいました。
暖かくて完全にザラメといった雪質で、これくらいの雪質なら滑れそう。

六合西沢の滑降  syuu 4月12日(火) 00:32
 6合避難小屋あたりから行者谷を滑降。登り返して六合西沢を滑りました。六合西沢も雪はたっぷりで道路の橋までブッシュもなく快適な滑降が楽しめました
山スキークラブMSCどんぐり


1 2 3 4 5 6 7 8 9
2017-11



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930