251334
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


ニシオジロビタキ 野猿 1月19日(日) 08:24
 
近場の城山公園にオジロビタキが2〜3羽いるとの情報があり出かけました。

居ました!  綺麗な成鳥♀です。

野猿 1月19日(日) 08:30
2〜3羽居るとの事でしたので、♂にも出会える可能性がないかと探しましたが、残念ながら見つける事が出来ません。

野猿 1月19日(日) 08:46
地元の方の説明によると、オジロビタキではなくニシオジロビタキとの事です。


野猿 1月19日(日) 08:48
確かに、ニシオジロビタキの特徴が顕著に表れています。

野猿 1月19日(日) 08:54
ニシオジロビタキの成鳥♀は、初見初撮りです。

成鳥♂(在庫から)と見比べても確認できます。

野猿 1月19日(日) 08:57
初見初撮りを‼!

感謝!感謝!です。
オオマシコ 野猿 1月11日(土) 07:54
 
振られ続けているオオマシコですが、何とか今季の記念写真が撮れました。

やまのコダマ君が見つけてくれました。
感謝!感謝!です。
初撮り 野猿 1月 6日(月) 09:01
 
新春に合わせて幸運の出会いがある筈もなく、初撮りは地元名物はシノリガモとコウライアイサです。

1月3日撮影のシノリガモは、益田川河口の右岸側の久城海岸にて

野猿 1月 6日(月) 09:09
今季の高津川河口は、河川敷の整備工事が行われており、冬鳥の越冬が少なく観察には不向きです。

益田川のシノリガモ君 3日は ♂4 ♀2を確認

野猿 1月 6日(月) 09:16
向横田に滞在中のコウライアイサ1月4日撮影のです。

♂1羽だけの滞在ですが、越冬する様子です。

野猿 1月 6日(月) 09:22
昨年同様、日に1回は上流の合流地点まで餌採りに塒から出て来ます。

4日、合流地点付近での撮影
年賀 野猿 1月 5日(日) 12:44
Canon EOS 7D Mark II 1/6sec F4.0 ISO320 -1.0EV 
今年も宜しくお願い致します。
賀 正 talksun 1月 1日(水) 09:10
Canon PowerShot SX50 HS 1/1000sec F6.3 ISO200 -0.3EV 
近くにある‘成田山大阪別院’の「開運大門松」です。
高さ13m、重量13tと日本最大級だそうです。

本年も宜しく!

野猿 1月 1日(水) 09:46
talksunさん、今年も宜しくお願い致します。
12月26日 野猿 12月28日(土) 06:04
 
午前8時過ぎ、我が家の庭先を2〜30羽の鳥の群れが通過して行きます。

大きさと色からして、レンジャクの群れではと思われました。

野猿 12月28日(土) 06:20
暫くすると、また引き返して来て向かいの山の林縁に沿って入っていきます。

追跡開始!!
センダンの実に着いて居る鳥を発見!
レンジャクではなく、イカルの群れです。

野猿 12月28日(土) 06:27
既に、センダンの実が少なくなっている様子からして、数日前から滞在している様です。

野猿 12月28日(土) 06:29
今季は、初観察です。

野猿 12月28日(土) 06:33
鳥見チャンスの少ない今季だけに、小さな幸せです。

野猿 12月28日(土) 06:36
同じアトリ科のシメも居ます。

野猿 12月28日(土) 06:44
雌雄同色で、この時期は漂鳥とされる事から、何時まで居てくれることやら?

持石海岸にて 野猿 12月24日(火) 07:35
 
滑空体勢に入っているミサゴ君を見つけて車を止めました。


野猿 12月24日(火) 08:18
国道191号線沿いの岩場です。


野猿 12月24日(火) 08:22
胸の縦班が濃いめに見える事から、幼鳥から若鳥と思えます。

野猿 12月24日(火) 08:29
降りて来た目的は、ウミウが苦戦している獲物で、スキがあれば横取りしようとの狙いと思われます。

野猿 12月24日(火) 08:34
益田から萩までの191号線沿いは、ミサゴの飛翔姿が良く見られるポイントです。

野猿 12月24日(火) 08:56
ウミウの獲物は高級食材のヒラメのようで、お刺身にすると3〜4人前は取れる大きさです。

野猿 12月24日(火) 09:00
ミサゴ君!! 

残念ながら ウミウが強引にも飲み込みました。
オオマシコ 野猿 12月17日(火) 16:52
 
湿原に7羽のオオマシコが入っているとの事で、先週から通い詰めてみましたが、残念ながら小生は恵まれませんでした。

動きは確認できるのですが、ブッシュから出て来ないのです。

枝被りですが成鳥の♂

野猿 12月17日(火) 17:01
6年ぶりの出会い記念に保存版が撮りたかったのですが、難しそうです。

成鳥の♀です。
精一杯の幸運写真です。

野猿 12月17日(火) 17:07
在庫の中から未発表の写真を現像して見ました。

2006年12月09日撮影

野猿 12月17日(火) 17:12
アトリの中でも猿子系は、特に写真になり魅せられます。

2006年12月9日撮影
ナポレオン帽と鎌羽 野猿 12月15日(日) 17:40
 
この時期のヨシガモ君は、エクリプス羽の者が多くナポレオン帽も鎌羽もいまいちですが、中には珍しく綺麗な仔が見られます。

この仔はそれなりに綺麗です。


野猿 12月15日(日) 17:43
中西町の雁丁堤に3羽の雄が入っていますが、1羽だけ綺麗です。
12月4日(水) 野猿 12月 6日(金) 07:29
 
1週間ぶりに、ホシムクドリ君達の様子を見に出かけました。

ホシムクドリ君は、4羽を確認。

野猿 12月 6日(金) 07:37
ホシムクドリが止まっている同じ柿木の上の方に、何か見慣れない少し小ぶりの鳥が居ます。

枝被りで確認出来ませんが、ひょっとするとカラムクかも?


野猿 12月 6日(金) 08:20
じっとして居ない動きですが、枝被りを外せずに苦労しましたが、何とか! ワンチャンスです。

地元の益田市では、始めて見るカラムクドリです。
条件に恵まれないショットですが、今後が楽しみです。

野猿 12月 6日(金) 08:26
ツグミの群れに同行している様子?

ホシムクドリもカラムクドリも九州、四国で観察される事が多く、これも温暖化の現象かも!
キレンジャク 野猿 12月 2日(月) 18:44
 
毎年 楽しみにしているレンジャクの季節になりました。

キレンジャクのみでのグループで、35羽が写っています。

野猿 12月 2日(月) 18:47
昨年も同様でしたが、今期も気難しいグループでして、3日目にしての出会いです。


野猿 12月 2日(月) 18:51
ヒレンジャクも2〜3羽混ざっていると聞いていましたが、残念ながら!
ホシムクドリ No2 野猿 11月26日(火) 17:44
 
餌にしている熟し柿も少なくなりましたが、ホシムクドリの群れは滞在中です。

野猿 11月26日(火) 17:51
シャッターチャンスを選びながら撮影が出来る幸せは、久し振りです。

野猿 11月26日(火) 17:54
枝被りに悩まされる鳥撮り!

苦労が多いですね?

野猿 11月26日(火) 17:56
苦労が多いから楽しいのかも?


1 2 3 4 5 6 7 8 9