244308
Name:
Email:
Homepage:
Title:
Message:
Icon: view
Image: 5MB Exif
Color:
Password:
 cookie


ミサゴの水浴び 野猿 9月13日(金) 18:47
 
カワセミポイントの浅瀬にミサゴが水浴びにやって来ました。


野猿 9月13日(金) 18:50
カワセミポイントは車内からの観察です。


野猿 9月13日(金) 18:54
過去には、オオタカやハイタカと言った猛禽が水浴びにやって来た事があります。

野猿 9月13日(金) 18:59
カワセミ君も日増しに綺麗になります。

若鳥とは思えないくらい、恰好いいです。
カワセミ No3 野猿 9月 7日(土) 15:09
 
9月6日の撮影

今年生まれの幼鳥、兄弟(♂と♀)と思われる2羽が姿を見せくれます。


野猿 9月 7日(土) 15:13
2羽が、同時に姿を見せてたのは6日が始めてです。


野猿 9月 7日(土) 15:19
カワセミにとっては絶好の餌場ですので、縄張り争いが始まっています。


野猿 9月 7日(土) 15:31
暫くは 縄張り争いらしい動きをして見せますが、例年ですと♀がその内に陣取り、居着きます。

野猿 9月 7日(土) 15:43
♀よりも♂の方が、縄張り作りに執着しないようです。

縄張りよりも、婚活を優先するとの事です。
カワセミ No2 野猿 8月31日(土) 21:05
 
幼鳥 ♀
Sony α9 F6.3 
SS 2000
ISO 1600
EV −0.7
 

野猿 8月31日(土) 21:10
Sony α9 F 6.3
SS 640
ISO 800
EV -0.3

野猿 8月31日(土) 21:15
Sony α9 F6.3
SS 640
ISO 800
EV ‐0.3
キバナコスモス & talksun 8月25日(日) 16:23
Canon EOS 60D 1/400sec F6.3 ISO250 -0.3EV 
「黄花コスモス」で吸蜜する‘ナミアゲハ’を見かけ
 カメラを向けていると♂らしもう一頭がやって来ました。
猛暑日から解放されてホッとしているのは人間だけではなさそうです。

talksun 8月25日(日) 16:24
「やがて3頭になり、難しい関係になりました。

野猿 8月26日(月) 05:25
お早うございます。

一昨日からエアコンのない2階の小部屋で寝ていますが、窓を開けっぱなしていますと23.5℃まで下がります。
今少しの辛抱ですね。

小難しい Sony機を導入しましたが、今は開店休業です。
我慢出来なくなり!! 野猿 8月19日(月) 20:07
 
Sony EF200〜600m F56〜63 G OSSの発売日の7月28日に手元に届いた新しいシステムです。

ボディーはバッテリーグリップを付けたα9です。

野猿 8月19日(月) 20:15
曇天になる日を待ってのテスト撮影です。

モデルは何時ものカワセミポイント!!
今日は今年生まれの幼鳥です。

SS 2500 ISO 2500 露出補正−1

野猿 8月19日(月) 20:21
テレ端の600mですが距離があり限界に近いトリミングです。

SS 2500 ISO 2500 補正−1

野猿 8月19日(月) 20:25
SS 2500 ISO 2500 露出開放 補正−0,7

野猿 8月19日(月) 20:29
SS 2500 ISO 2500
露出開放、
補正ー0,7

野猿 8月19日(月) 20:32
記念日に、カワセミの止まり木も新調しました。
変わり者 野猿 8月 5日(月) 15:58
 
2週間くらい前から我が家の庭に、部分的に白化が見られるハシボソガラスがやって来ます。

今年生まれの幼鳥でしょうかね?



野猿 8月 5日(月) 16:05
スズメ君達の餌(パンくず)を狙っての飛来ですが、栄養失調のように痩せ細っています。


野猿 8月 5日(月) 16:12
兄弟と思える2羽でやって来ますが、この仔もわずかですが白化が見られます。

野猿 8月 5日(月) 16:23
生活環境の悪化から起きる現象でしょうか、白いツバメであったり、白いセキレイ等が話題になったこともありますね。

この仔も部分白化で2017/6/24日の撮影でした。

野猿 8月 5日(月) 16:29
部分白化は、アルビナとは関係ないと言われています。

本物のアルビナは虹彩までも白化が見られるとの事です。
2012年に撮影した本物のアルビナ種です。
シロチドリの子育て 野猿 7月25日(木) 22:40
 
7月17日
第一子の誕生(孵化)を確認

野猿 7月25日(木) 22:48
第四子の誕生は7月20日だったと思われます。

野猿 7月25日(木) 22:54
7月25日

「子育てショット」狙いで中州入りです。

野猿 7月25日(木) 23:02
警戒心の強いシロチドリ君なかなか姿を見せてくれません。
1時間半のちに、漸く出てくれましたが遠いです。

暫く待ってのショット

野猿 7月25日(木) 23:04
雛君 まだ幼い子供です。

野猿 7月25日(木) 23:06
雛は2羽を確認できました。
7月17日の撮影 野猿 7月19日(金) 18:55
 
14日に孵化した雛達を観察しようと思っての中州入りでしたが、残念ながら既に営巣場所は抜けた後でした。

少し離れた場所に、2〜3日前に生まれたと思える雛達を見つけました。

野猿 7月19日(金) 19:01
コアジサシ君達、雛が生まれた後は抱卵場所に余り長居しないようです。

野猿 7月19日(金) 19:04
この子達

明日はもう、この場所に居ないでしょ?
21日目の孵化 野猿 7月16日(火) 17:30
 
6月23日 抱卵に入ったコアジサシ夫婦です。


野猿 7月16日(火) 17:48
一度は浚渫工事のために、中州の営巣地を潰される事件がありましたが、

不運にも挫けずに、仕切り直しの抱卵にはいってくれ、何事もなく孵化まで漕ぎつけました。

野猿 7月16日(火) 18:16
営巣場所が草叢とあって写真が映えします。

野猿 7月16日(火) 18:59
卵は2個で、7月14日の早朝で21日目の孵化でした。

写真は14日午後2時過ぎのショットです。


野猿 7月16日(火) 19:03
砂場に営巣していた別の夫婦にも、雛の姿が見られました。
コチドリの巣立ち 野猿 7月 8日(月) 08:53
 
7月6日の朝 抱卵していた3個の卵のうち1羽が孵化していました。
5日から孵化が始まった様子です。

写真は孵化から3日目(7日)のショットです。

野猿 7月 8日(月) 08:58
巣立ちした雛は、直ぐに動き回りじっとしていません。

野猿 7月 8日(月) 09:03
親鳥は、抱卵しながら巣立ち雛の子守も役の仕事が増えます。

野猿 7月 8日(月) 09:05
巣立ち3日目と思われるコチドリの雛です。

野猿 7月 8日(月) 09:09
雛と言っても、かなり広い範囲を動き回ります。

野猿 7月 8日(月) 09:14
親鳥君、追いかけて行っては、追いかけ先での介護を繰り返します。


野猿 7月 8日(月) 09:17
お陰で、思わぬシャッターチャンスに恵まれました。

野猿 7月 8日(月) 09:19
何時の間にか、お昼過ぎには雛が2羽になっていました。

野猿 7月 8日(月) 09:21
明日は、3羽になっているのでしょうが?

シロチドリ 野猿 7月 5日(金) 06:49
 
普通種と認識していたシロチドリですが、図鑑を見ると VU(絶滅危惧種U類)に登録されています。

確かにコチドリに比べると数が少ないですね。

野猿 7月 5日(金) 06:55
7月2日 営巣を始めました。

留鳥または漂鳥とされ、渡りをしない小鳥にしては少し遅い感じですね。

野猿 7月 5日(金) 07:01
この個体も6月25日に抱卵を始めました。


野猿 7月 5日(金) 07:08
シロチドリ君は気性が強く、如何なる侵入者も許しません。

コチドリやセキレイなどは、側にも寄りませんよ!

野猿 7月 5日(金) 07:32
挑戦的な性格
残念ながら 野猿 6月27日(木) 07:12
 
6月9日の時点では、10数ヵ所で抱卵が確認され、40羽くらいのコアジサシが見られましたが!

残念な事に22日には10羽くらいに減っていました。

野猿 6月27日(木) 07:40
今季も、繁殖期と中州の浚渫工事が重なってしまったのです。

そんな中でも、4ヶ所で抱卵を続けてくれており、23日には待望の雛です!

野猿 6月27日(木) 07:50
毎年 保護の難しさを痛感させられます。

今年は天候に恵まれおり、順調に進むと期待していたのに!

野猿 6月27日(木) 07:57
24日と25日には、兄弟雛の孵化が見られました。

季節的には、仕切り直しが出来る時期ですので頑張ってくれる事を願ってます。

野猿 6月27日(木) 08:20
コアジサシの他に、コチドリとシロチドリが抱卵中です。

鳥取県は天神川河口に置いてある、コアジサシのデゴイの声が虚しい。


1 2 3 4 5 6 7 8 9