Home 685602
9月23日(日) 21:03
Canon EOS 7D 1/500sec F5.0 ISO800 -0.3EV 
キビタキ(成鳥♂)
2018年9月23日
葛西臨海公園(公園中央部)
9月23日(日) 20:36
Canon EOS 7D 1/500sec F5.6 ISO100 -0.3EV 
エゾビタキ
2018年9月23日
葛西臨海公園(公園中央部)
9月23日(日) 20:35
Canon EOS 7D 1/400sec F5.0 ISO160 -0.3EV 
オオルリ(♀)
2018年9月23日
葛西臨海公園(公園中央部)

9月23日(日) 20:34
Canon EOS 7D 1/400sec F5.0 ISO100 -0.3EV 
オオルリ(♂若鳥)
2018年9月23日
葛西臨海公園(公園中央部)

9月23日(日) 20:32
Canon EOS 7D 1/500sec F5.0 ISO125 -0.3EV 
キビタキ(♂成鳥)
2018年9月23日
葛西臨海公園(公園中央部)


【2018年9月23日】

※葛西臨海公園(7:55〜15:45)
 到着時は既に大きく干潟が広がっていた。最初に公園中央部から公園西側を回って、公園中央部に戻ってきたところで小鳥類の情報をいただいたことから、正午過ぎまで公園中央部を中心に探鳥した。正午過ぎに渚橋を経由して西渚に向かい、潮位が上がり干潟が冠水するのに合わせて西渚観察ポイントから渚周辺の探鳥を行った。午後2時を過ぎて干潟の大部分が冠水したところで、再び公園中央部に戻って小鳥類を探鳥した。結果的に鳥類園には回らなかった。渚周辺の鳥相に大きな変化はなかったが、オオミズナギドリが遠望できた。小型・中型シギ・チドリ類は約30羽くらいが午後1時半過ぎに群飛したが舞浜側に飛び去ってしまいほとんど同定できなかった。小鳥類はキビタキ、オオルリ、エゾビタキなどが見られ個体数も多かった。我々は見られなかったが、サンコウチョウも記録されていた。主なものは次のとおり。

○オオミズナギドリ                         3羽(東渚沖合い。午後1時前後に2羽〜3羽が舞浜沖から若洲海浜公園沖に向けて飛翔移動するのが見られた。距離はあったが観察条件が良好で識別できた)
○ミサゴ                               2羽(東渚沖合い。午後1時頃に東側と西側の沖合い棒杭上に同時に2羽が確認できた)
○トビ                                10羽(西渚。午前8時半頃に公園西側西端部周辺から西渚草地上や棒杭上に計10羽が視認できた)
○チョウゲンボウ                          1羽(西渚。午前8時半頃に遠望できた。草地上でホバリングを繰り返しては草地に降りて昆虫類を採取しているようであった)
○イワツバメ                             6羽(西渚から荒川河口上空。午前8時半頃に荒川河口上空に発生した上昇気流にウミネコが数羽帆翔しながら高度を上げたが、これに混じる本種が見られた。ツバメは西渚草地に残っており、本種のみが移動に加わったようであった)
○チュウサギ                            1羽(東渚干潟上。午後2時前に東渚西側干潟の澪筋に出てきて採餌行動を取った。ダイサギ、アオサギと大きさが比較できた)
○シロチドリ                             3羽(東渚干潟。午後1時過ぎに干潟に西側に3羽が飛来したので確認できた。東渚舞浜側干潟上にはシギ・チドリ類が30羽前後いたようで、オバシギらしきものも遠望できたが確実な識別は困難であった)
○アオアシシギ                           2羽(東渚内。午後1時過ぎに中央丘付近の潮溜に2羽が遠望できた)
○キアシシギ                             2羽(東西渚間水路内など)
○ダイシャクシギ                          3羽(東渚干潟上。午後1時半過ぎにほぼ同時に3羽を確認することができた) 
○ホウロクシギ                           1羽(東渚干潟上。飛翔するのは見られなかったが本種と同定した)
○チュウシャクシギ                         3羽(東西渚間水路付近に2羽が一時的に飛来した他、東渚中央丘北側干潟付近でも1羽が見られた)
○コゲラ                                2羽(公園中央部と公園西側で各1羽)
○キビタキ                               6羽(公園中央部。♂成鳥2羽、♀タイプ4羽が見られた)
○オオルリ                              4羽(公園中央部。♂若鳥2羽、♀2羽。昆虫類も採食していたようであるが、サワフタギの果実にも飛来していた)
○エゾビタキ                              2羽(公園中央部)

以上。


9月16日(日) 20:57
Canon EOS 7D 1/500sec F5.0 ISO400 -0.3EV 
オオタカ(幼鳥と思われる個体)
2018年9月16日
葛西臨海公園(汽水池)
9月16日(日) 20:52
Canon EOS 7D 1/640sec F6.3 ISO100 -0.3EV 
ミサゴ
2018年9月16日
葛西臨海公園(東渚)
干潟上に降りていた1羽を上空から飛来した1羽が追いかける形となった。左のミサゴの下にはミヤコドリが見える。


【2018年9月16日】

※葛西臨海公園(7:50〜14:40)
 到着時は満潮間際でその後干潟が広がり始めたのは正午過ぎからであった。最初に公園中央部を経由して水路護岸に出て、水路沿いにアメダスポイントに向かい渚周辺を遠望した後、開館した観察センターに入り、鳥類園内淡水池・汽水池周辺を探鳥した。その後、潮位が下がり始めた正午前に渚橋を渡りいくらか干潟が広がった午後2時半頃まで渚周辺の探鳥を行い切り上げた。到着時は北東風が吹き雲も多かったが、午後からは晴れ間も多くなり気温も上がった。渚周辺は相変わらずカワウ、ウミネコ、オオセグロカモメが多数見られ、シギ・チドリ類もいくらか見られた。また、汽水池で久しぶりにオオタカを確認した。小鳥類はまだ本格的な渡りの時期には至っていないようであったが、ミサゴやキセキレイなど移動中と思われるものも見られた。また、我々は見られなかったが、コガモやツツドリも見られたとのことで写真を見せていただいたた。主なものは次のとおり。

○カンムリカイツブリ                       1羽(夏羽から換羽中の個体で、ほぼ冬羽に近くなっていた。東西渚間水路内)
○ミサゴ                               5羽(東渚など。午前8時半には沖杭上に2羽が休止しているのを確認したが、午前10時前に水路上空に2羽が進入するのが見られた。正午過ぎに西渚観察ポイントから確認したところ、東渚干潟内に1羽が舞い降りていた他に沖合いの棒杭上に3羽が休止しているのが確認できた。さらに午後2時過ぎには各個体が渚周辺から次々に離れて葛西臨海水族園方面上空で4羽が上昇気流に乗りながら帆翔した。この4羽は高度を上げた後2羽づつ東西に分かれて飛び去った。この時に1羽は東渚沖杭上に残っていたので同時に5羽が確認できたことになった。なお、このうち2羽は幼鳥と思われる個体であった)
○トビ                                 2羽(渚周辺)
○オオタカ                             1羽(汽水池。午前11時過ぎに汽水池南側の樹林地から飛び出して、観察センター近くのカワセミかハクセキレイをねらったようであったが、狩りは成功せず樹林地に再び潜り込んだ。色調などからみて本年生まれの幼鳥と思われた)
○ミヤコドリ                             1羽(東渚。若鳥であった。干潟上を広く動き回り採餌行動を取っていた)
○コチドリ                               3羽(汽水池) 
○シロチドリ                             6羽(東渚干潟。正午を過ぎて東渚舞浜側干潟にシギ・チドリ類が舞い降り始めるのが遠望できた。午後1時過ぎには50羽以上が集まっているようであったが遠方のため識別困難であった。午後2時前には東渚西側干潟に飛来する個体も見られた)
○メダイチドリ                            2羽(東渚干潟。午前1時半過ぎに比較的近くに飛来して識別できる個体が見られた) 
○ダイゼン                              1羽(東渚干潟。成鳥換羽中の個体)
○トウネン                              9羽(東渚干潟。中央丘付近などで、ソリハシシギとともに採餌行動を取っているのが確認できた。遠方にももっといたと思われるが識別困難であった)
○ソリハシシギ                           8羽(水路内東渚北側堤防上など。午前8時過ぎに水路内の東渚北側堤防の水際にアオアシシギ、キアシシギとともに休んでいる本種が見られ、8羽がカウントできた。潮位が下がるとともに東渚干潟方面に移動していた)
○アオアシシギ                           10羽(水路内東渚北側堤防上など。午前8時過ぎに水路内の東渚北側堤防の水際に休んでいたが、時折カラスに追い立てられて鳴きながら飛び回っていた。幼鳥も1羽確認できた。潮位が下がるとともに東渚干潟方面に移動していた)
東西渚間水路付近など)
○キアシシギ                             6羽(水路内東渚北側堤防上や東西渚間水路内など。幼鳥も3羽確認できた)
○ダイシャクシギ                          3羽(東渚干潟上。午後1時前に同時に3羽を確認することができた) 
○ホウロクシギ                           1羽(又は2羽。東渚干潟上。中央丘西側に飛来した1羽は羽繕いが見られたので確実に同定できたが、もう1羽は別の時間帯に舞浜側で見られたことから確実な同定はできなかった)
○チュウシャクシギ                         3羽(東渚中央丘付近など。本日は群飛は見られなかった。撮影した映像からは少なくとも1羽は幼鳥と思われた)
○カワセミ                               1羽(又は2羽。汽水池、淡水池。いずれも♂の若鳥のようであった)
○コゲラ                                3羽(汽水池周辺など。よく飛翔移動する姿が見られた)
○キセキレイ                             2羽(汽水池)
○コムクドリ                             2羽(観察センター南側。午前9時前に♂♀各1羽がクズが絡んだオオシマサクラの樹上に入った。近距離で識別は明確にできたが枝葉に遮られ観察しづらかった) 

以上。

9月 9日(日) 19:29
Canon EOS 7D 1/800sec F6.3 ISO100 -0.3EV 
チュウシャクシギ(幼鳥と思われる群)
2018年9月9日
葛西臨海公園(東西渚間水路内)


【2018年9月9日】

※葛西臨海公園(7:50〜14:10)
 到着時は午前10時半頃の干潮に向けて大きく干潟が広がり始めているところであった。最初に公園中央部を経由して水路護岸に出て、水路沿いにアメダスポイントに向かい渚周辺を遠望した後、開館した観察センターに入り、鳥類園内淡水池・汽水池周辺を探鳥した。その後、潮位が上がり始めた正午前に渚橋を渡り干潟がほぼ冠水する午後2時頃まで渚周辺の探鳥を行い切り上げた。到着時は前線帯の端が当地上空を覆い東側は快晴で西側は雲が多かったが、当地は比較的強い南風が吹いた。鳥類園内は鳥が少なく、渚周辺もカワウ、ウミネコ、オオセグロカモメは多数見られたもののシギ・チドリ類は例年になく少ない状況であった。本日はシギ・チドリ一斉調査が行われたとのことであるが結果が気掛かりである。なお、探鳥終了後に本日も中央防波堤埋立地で確認されたというクロツラヘラサギは当地で確認することはできなかったが、8月29日以降も時折当地にも飛来しているとの情報をいただいた。また、2日夕方には約30羽の渡りのアマツバメが見られたとのことで映像も見せていただいた。主なものは次のとおり。

○カンムリカイツブリ                       1羽(夏羽から換羽中の個体で、ほぼ冬羽に近くなっていた。東西渚間水路内)
○ミサゴ                               1羽(東渚など。正午過ぎに東渚沖合いの棒杭上に休止しているのを見つけた。午後1時前には東渚内の潮溜に飛来して水浴を行った)
○トビ                                 4羽(渚周辺。幼鳥と思われる個体)
○コチドリ                               2羽(汽水池、幼鳥のみであった) 
○シロチドリ                             7羽(東渚干潟。午前8時過ぎに遠望した。午後2時前には冠水した干潟を飛び立って渚周辺や西渚観察ポイントを通過して新木場方面に飛び去るのが見られた)
○トウネン                              7羽(西渚など。全て幼鳥。正午頃に西渚の東西渚間水路側に3羽を、西渚干潟上の磯に近いところに4羽が見られた。このうち、西渚内の4羽は干潟が冠水する午後2時近くまで留まっていた)
○ソリハシシギ                            2羽(東西渚間水路)
○アオアシシギ                            2羽(東西渚間水路付近など)
○キアシシギ                             6羽(西渚干潟上など)
○ダイシャクシギ                          2羽(東渚干潟上。正午過ぎに2羽を同時に確認することができた) 
○ホウロクシギ                           1羽(東渚干潟上。ダイシャクシギ2羽と異なると思われる個体が見られたので本種と推定したが飛翔する姿は確認できず確実な同定はできなかった)
○チュウシャクシギ                          4羽(東西渚間水路付近など。全て幼鳥と思われた。正午頃から1〜2羽が見られ、東渚方面に移動したりしていたが、午後1時半頃には4羽が揃って東西渚間水路を飛翔するのが見られた。撮影した映像から幼鳥と思われた)
○カワセミ                                1羽(汽水池、若鳥のようであった)
○コゲラ                                 1羽(汽水池周辺)
○コムクドリ                              5羽(汽水池周辺。かなり少なくなってきているようであったが、淡水池では2羽がムクドリとともに水浴するのが見られた) 

以上。


9月 1日(土) 20:02
Canon EOS 7D 1/500sec F5.6 ISO100 -0.3EV 
チョウゲンボウ(若鳥と思われる個体)
2018年9月1日
葛西臨海公園(東西渚間水路付近)
9月 1日(土) 19:58
【2018年9月1日】

※葛西臨海公園(7:55〜14:25)
 到着時は満潮直前で潮位は高く、干潟はほとんど冠水していた。最初に公園中央部を経由して水路護岸に出て、水路沿いにアメダスポイントに向かい渚周辺を遠望した後、開館した観察センターに入り、鳥類園内淡水池・汽水池周辺を探鳥した。その後、干潟が広がり始めた正午過ぎに渚橋を渡り午後2時過ぎまで渚周辺の探鳥を行い切り上げた。鳥類園内では特段のものを見ることはできなかったが、渚周辺の探鳥ではシギ・チドリ類の幼鳥を中心に今季初認のものが見られた。なお、クロツラヘラサギは8月29日には当地汽水池内に飛来していたとの情報をいただいたが、本日は渚周辺でも目撃することはできなかった。8月29日は汽水池でヒクイナも目撃・撮影された情報もいただき映像も見せていただいたが、幼鳥のようで、本日も淡水池で目撃されたとの情報もいただいた。なお、昨日は鳥類園内でオオタカ3羽、ツミ1羽が出現したとのことで、鳥類園内はシギ・チドリ類が少ない状況が続いていた。渚周辺は越夏中だったオオセグロカモメ若鳥群に加え、成鳥や幼鳥も加わり100羽を超えるカウント数となっていた。主なものは次のとおり。

○カンムリカイツブリ                       1羽(夏羽から換羽中の個体で、ほぼ冬羽に近くなっていた。東西渚間水路内)
○アジサシ                             6羽(東渚沖合い。午前8時過ぎに沖合いの棒杭上に6羽が視認できたが、午前9時頃には見当たらなかった。遠方で細部の確認は困難であった)
○トビ                               13羽(渚周辺。午前8時過ぎに東渚西側堤防看板上に6羽が休止していた他、荒川護岸にかけて草地周辺などに降りている7羽が確認できた。これらは一時的に東渚や汽水池上空で帆翔した他、午後には東渚干潟上に降りていた。幼鳥と思われる個体が多かった)
○チョウゲンボウ                         1羽(東西渚間水路周辺。午後1時半過ぎにシギ・チドリ類をねらって飛来したようで、堤防周辺で狩りを試みたがハシブトガラスの執拗なモビングを受けて最終的には堤防南端部を回り込んで新木場方面に去った)
○コチドリ                              4羽(汽水池、幼鳥のみであった) 
○シロチドリ                          約10羽(東渚干潟。もっといたと思われ、メダイチドリも混じっていた可能性もあるが、比較的近距離で識別可能なものは少なかった)
○ムナグロ                             1羽(午後2時前に鳴きながら西渚観察ポイント上空を通過して東渚方面に移動した)
○ダイゼン                             1羽(東渚。正午過ぎにシロチドリを中心とした群中に見られた。遠方ながら胸の黒色は明らかで換羽中の成鳥と思われた)
○トウネン                             16羽(西渚など。全て幼鳥。正午過ぎに西渚干潟上の磯に近いところに1羽が飛来しているのを見つけた。午後1時頃には東渚の西側干潟に16羽が集まっているのが見られ、その後西渚にも最大7羽が飛来した。いずれも幼鳥であったが、このうちの1羽は猛禽などに爪をかけられたのか頭部羽毛の一部が盛り上がっていた。幼鳥は今季初認であった)
○ソリハシシギ                            4羽(西渚など。午前8時過ぎに東渚北西側堤防の水路側に2羽が確認できた。また、午後1時過ぎには西渚干潟に幼鳥2羽が飛来した。一時的にトウネン群と混翔した。幼鳥は今季初認)
○キョウジョシギ                          3羽(東西渚間水路付近。西渚側にも飛来したが、いずれも成鳥であった)
○アオアシシギ                            8羽(淡水池や東西渚間水路付近。午前8時半頃に東渚北側堤防の水路側に5羽が集まっているのを見つけた。また、淡水池でも3羽が確認できたが、この3羽は午前11時前に鳴きながら水路方面に飛び去ったが、うち1羽は幼鳥であった。幼鳥は今季初認)
○キアシシギ                           約10羽(東西渚間水路付近など)
○ダイシャクシギ                           2羽(東渚干潟上) 
○ホウロクシギ                           1羽(東渚干潟上。ダイシャクシギ2羽とともに、ほぼ同時に3羽を確認することができた)
○チュウシャクシギ                          2羽(東渚内。正午過ぎに干潟中央上に見られた)
○コゲラ                                2羽(汽水池周辺)
○コムクドリ                              6羽(汽水池周辺。かなり少なくなってきているようで、1羽と5羽が飛翔して汽水池南側樹林地に移動するのが見られた) 

以上。

8月25日(土) 17:32
【2018年8月25日】

※葛西臨海公園(7:45〜13:30)
 本日は大潮で、到着時は午前10時半頃の干潮に向けて干潟が広がっているところであった。今週は台風20号の上陸・通過などの影響もあり湾岸地域でも強風が吹き、一時的に風速20mを超える南からの強風も記録された。このような状況もあり沖合いの干潟は波浪のため冠水し出現しなかった。最初に公園中央部を経由して水路護岸に出て、水路沿いにアメダスポイントに向かい渚周辺を遠望した後、淡水池付近を探鳥した。午前9時頃には渚橋を渡り午前11時過ぎまで渚周辺の探鳥を行った。午前11時半頃には観察センターに移動しその後は汽水池周辺を中心に探鳥したが午後1時半には切り上げた。一昨日頃から湾岸地域でも南方系の迷鳥が見られているとの情報もあり、期待していたが当地ではアジサシ群くらいで特段のものは見られなかった。主なものは次のとおり。

○カンムリカイツブリ                       1羽(夏羽から換羽中の個体。水路内)
○アジサシ                           42羽(東渚干潟など。多くは夏羽個体と思われた。午前8時過ぎから沖合いの棒杭上付近に4羽が視認できたが、午前9時すぎからの西渚観察ポイントからの観察で東渚干潟から飛び立っては舞い降りる群が見られた。30羽前後のことが多かったが、午前9時半頃には42羽が確認できた。遠方で細部の確認は困難であったが、一時的にコアジサシと思われる1羽も混じっていた)
○トビ                               7羽(渚周辺。午前8時過ぎに西渚草地東側周辺に降りている3羽が確認できた。これら3羽は一時的にカラス、チョゲンボウと絡む形となった。また、西渚の荒川よりの草地にも4羽が確認できた。幼鳥と思われる個体が多かった)
○チョウゲンボウ                         2羽(西渚周辺。午前8時過ぎに東側草地周辺でカラスと絡んでいるのが見られた。渚橋開門前のため護岸付近から観察した。開門後には移動してしまったようで西渚内には確認できなかった)
○コチドリ                               2羽(汽水池、幼鳥) 
○ソリハシシギ                           2羽(東西渚間水路付近)
○キョウジョシギ                          5羽(東西渚間水路付近)
○アオアシシギ                           2羽(東西渚間水路付近)
○キアシシギ                          約10羽(東西渚間水路付近など)
○ダイシャクシギ                          2羽(東渚干潟上。なお、ホウロクシギと思われる個体は確認できなかった) 
○チュウシャクシギ                          7羽(東西渚間水路内のカキ礁)
○コムクドリ                              2羽(汽水池南側樹林地など。ムクドリ群も余り飛ばず何とか確認できた程度であった) 

以上。




8月19日(日) 17:30
【2018年8月19日】

※葛西臨海公園(7:50〜13:00)
 久しぶりに連日出掛けた。本日も小潮であったが、満潮は午前11時半で、渚橋開門時の午前9時頃でもかなりの干潟が残っていた。最初に淡水池西側を経由してアメダスポイントに出て渚周辺を遠望した後淡水池付近を短時間探鳥した。午前9時頃には渚橋を渡り西渚観察ポイントから午前10時過ぎまで渚周辺の探鳥を行った。クロツラヘラサギは確認できなかったが、オグロシギを確認することができた。午前11時頃には観察センターに移動し汽水池周辺を中心に探鳥した。特に午前7時半頃に汽水池周辺でムシクイ類(センダイムシクイ、メボソムシクイと判断される個体が数羽)が観察撮影されたとの情報をいただいたことから、正午からは汽水池樹林地を中心に周回したが、我々は出会うことはできなかった。なお、探鳥終了後、本日中央防波堤埋立地でクロツラヘラサギが確認されているとの情報をいただいた。観察センターでいただいた情報によると、昨夕クロツラヘラサギが鳥類園上空に飛来した後飛び去ったのが目撃されたとのことであり、当地の個体が移動した可能性もあると思われた。なお、サシバと思われる個体も見ることができた。主なものは次のとおり。

○トビ                                 2羽(西渚など。午前8時半過ぎに西渚北東側干潟付近で漂着した魚を突いている2羽が見られた。同一個体と思われるものが干潟上に休止したり上空を帆翔したりするのが見られた)
○サシバ                               1羽(汽水池上空。午前11時半頃に汽水池東側上空に出現した。羽ばたきと滑空を繰り返しながら少しづつ高度を上げて東北東方向に移動していった。帆翔などを行わなかったことから、斜め後ろから望遠鏡で観察する形となり、上下面を確実に確認することはできなかったが、胴体に比べて翼長が長く軽やかな印象などもあり、本種と判断した)
○チュウサギ                            3羽(東渚で2羽、汽水池で1羽。午前9時過ぎに中央丘付近のアシ原際に2羽が確認できた。午前11時半頃には汽水池でも一時的に1羽が確認できた)
○コチドリ                               6羽(汽水池など) 
○シロチドリ                             1羽(西渚)
○ソリハシシギ                           4羽(午前8時半頃に東西渚間水路付近でキアシシギとともに飛翔移動する1羽が見られたが、午前9時半頃にはオグロシギ、キアシシギとともに東渚西側干潟に4羽の集団で飛来した)
○アオアシシギ                            2羽(東渚内)
○キアシシギ                           約20羽(汽水池、渚周辺)
○オグロシギ                            1羽(東渚。最初は見当たらなかったが、午前9時半頃になって中央丘東側の干潟からソリハシシギ、キアシシギの小群とともに東渚西側干潟に飛来した。飛翔パターンも確認でき、水浴も行ったことから同定に問題はなかったが、200m以上の距離があった) 
○ダイシャクシギ                          3羽(東渚干潟。午前9時過ぎに同時に3羽が確認できたが、このうち1羽は距離もあり、ホウロクシギとの確実な判別ができなかった。しかし、ほどなく中央丘北側干潟でホウロクシギらしき4羽目の個体が見られたことから引き続き本種が3羽留まっているものと判断した)
○ホウロクシギ                           1羽(東渚干潟。午前9時半過ぎに中央丘北側の干潟上に姿が見られた。飛翔パターンを確認できなかったので確実な判別はできなかったが、ダイシャクシギと合わせてほぼ同時に4羽を確認した) 
○チュウシャクシギ                         1羽(東渚西側堤防突端部に近い波消しブロック付近に飛来して休み始めた。右脚を損傷している個体のようであった)
○コムクドリ                           約30羽(汽水池南側樹林地など。コムクドリの小群やムクドリ群に混じって飛来する個体がかなり確認できた。大きな群の飛翔は確認できなかった) 

以上。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
2018-9






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30