Home 567854
4月30日(日) 21:15
Canon EOS 7D 1/640sec F6.3 ISO100 ±0EV 
ユリカモメ(成鳥夏羽)
2017年4月30日
葛西臨海公園(鳥類園南側水路護岸)
渚周辺に集結した1000羽を超えるユリカモメ群の一部は上昇気流に乗って北帰しているようであったが、観光客の餌投げに飛来する個体も見られた。
4月30日(日) 20:00
Canon EOS 7D 1/500sec F5.6 ISO100 ±0EV 
アジサシ(群れ)
2017年4月30日
葛西臨海公園(西渚東側堤防突端部付近)
4月30日(日) 19:52
COOLPIX P300 1/320sec F5.5 ISO160 ±0EV 
ソリハシシギ・アオアシシギ
2017年4月30日
葛西臨海公園(汽水池)
4月30日(日) 19:50
COOLPIX P300 1/400sec F4.5 ISO160 ±0EV 
ミヤコドリ群
2017年4月30日
葛西臨海公園(鳥類園東側旧江戸川護岸地先)
嘴先端部の黒い若鳥も見られたが、美しい成鳥も多かった。
4月30日(日) 19:47
Canon EOS 7D 1/500sec F5.6 ISO100 ±0EV 
ミヤコドリ群など
2017年4月30日
葛西臨海公園(鳥類園東側旧江戸川護岸地先)
カキ礁に最大44羽が集まった。この写真中にチュウシャクシギも9羽写っている他、後方のカキ岩礁右側には降りようとしているムナグロが、左側にはキョウジョシギも見える。
4月30日(日) 19:42
Canon EOS 7D 1/400sec F5.0 ISO640 ±0EV 
キビタキ(♂若鳥)
2017年4月30日
葛西臨海公園(公園西側)
コナラの樹冠部周辺で採餌していた。まだ褐色の羽根が残っているのが確認できたので完全な成鳥ではないと思われる。


【2017年4月30日】

※葛西臨海公園(7:45〜14:30)
 到着時は満潮を過ぎて午後1時半頃の干潮に向けて潮位が下がり始めているところであった。本日も干潮時の潮位は低く沖合いに広大な干潟が広がり釣りや潮干狩りなど多くのヒトが繰り出していた。午前10時過ぎまでの2時間ほど、公園中央部・西部の小鳥類を中心に探鳥した。午前10時過ぎから西渚観察ポイントに入ったが、正午頃には鳥類園付近に戻り南側水路護岸沿いに探鳥を行った。午後1時半頃からは汽水池南側樹林地を抜けてアメダスポイントに至り切り上げた。小鳥類はキビタキなどいくらか見られたものの、オオルリはタイミングがずれて見られなかった。クロツラヘラサギは本日も確認できず4月28日が終認となったと思われる。ミヤコドリの飛来も多く、午後1時頃には鳥類園東側旧江戸川護岸先に生じたカキ礁にも最大44羽が飛来した。汽水池にはソリハシシギが加わっていた。主なものは次のとおり。

○カンムリカイツブリ                       11羽(東西渚間水路、西渚など。旧江戸川でも夏羽個体1羽が見られた)
○アジサシ                            554羽(東渚など。午前10時半頃のカウント数。午前11時以降は沖合い干潟に移動する個体が多かった。西渚東側堤防突端部の構造物上にも最大20羽が休止していた) 
○コアジサシ                            56羽(渚周辺。午前11時頃のカウント数。周辺海上を舞ったり干潟に降りたりしている個体が多かった。午後2時過ぎには水路干潟にも26羽が集まっていた)
○ミヤコドリ                           247羽(午前10時過ぎには姿を現したばかりの旧江戸川河口のカキ礁に本種とチュウシャクシギが400羽以上集まっていたが、遠方のためきちんとしたカウントができなかった。午前11時過ぎに旧江戸川河口部に潮干狩りのヒトが降り立ったことから東渚に移動してきた。この際にカウントできた数が247羽であった。午前11時半頃には100羽前後が旧江戸川を遡行した京葉線鉄橋下流部にも生じたカキ礁に移動したが、釣り人などの動きで落ち着かなかった。しかし、午後1時頃には鳥類園東側旧江戸川護岸地先のカキ礁に最大44羽が、チュウシャクシギなどとともに飛来していた)
○コチドリ                               6羽(汽水池、擬岩付近)
○メダイチドリ                           5羽(東渚干潟、午前10時半過ぎに確認できた) 
○ムナグロ                            1羽(旧江戸川護岸地先のカキ礁中。一時的に飛び立って京葉線鉄橋付近まで飛んだがチュウシャクシギ群に舞い戻った)
○ハマシギ                             8羽(東渚干潟。午前11時半頃に遠望できた。本日はまとまった群は確認できなかった)
○オバシギ                             5羽(東渚干潟。午前11時過ぎにチュウシャクシギが旧江戸川河口のカキ礁付近から移動した後に汀線沿いにハマシギよりも大きなシギが遠望できた。断定するには距離があったが動きなども勘案し本種と判定した)
○ソリハシシギ                           2羽(汽水池。正午過ぎに確認できた)
○キョウジョシギ                         16羽(旧江戸川護岸地先のカキ礁中) 
○アオアシシギ                          7羽(汽水池など。汽水池で5羽が確認できた他、東渚干潟内や水路干潟でも見られた。越冬個体群に新たに飛来した個体が加わってきているものと思われる。夏羽個体も見られた)
○キアシシギ                            2羽(汽水池)
○オオソリハシシギ                        1羽(東渚北西側堤防に隣接する水路干潟で見られた。正午頃にはホウロクシギ、チュウシャクシギと並んで採餌していた)
○ホウロクシギ                          1羽(東渚北西側堤防に隣接する水路干潟。午前11時頃に飛来していた)
○チュウシャクシギ                     約250羽(渚周辺。午前10時過ぎには姿を現したばかりの旧江戸川河口のカキ礁に本種とミヤコドリが400羽以上集まっていたが、遠方のためきちんとしたカウントができなかった。午前11時過ぎに潮干狩りのヒトが降り立ったことから東渚などに移動してきたがこの際にカウントできた数は102羽であった。午後1時頃の旧江戸川護岸地先のカキ礁に集まっていた羽数は38羽であった。本種はミヤコドリほど採餌行動は集団で行わないようで、渚周辺に広く散らばっていた)
○クロツグミ                             1羽(汽水池南側樹林地。午後1時半頃に旧江戸川護岸に近いコナラを中心とした樹林地で美しいさえずりが10分間以上聞けたものの視認することはできなかった)
○シロハラ                              1羽(公園中央部。午前9時半過ぎにツリーと鳴きながら樹林内を移動する個体が見られた)
○エゾムシクイ                           3羽(公園中央部など。鳴き声がよく聞こえたが葉が茂っていたことから姿をきちんと視認することはできなかった)
○センダイムシクイ                         1羽(汽水池南側樹林地。鳴き声が聞けたのみで視認はできなかった)
○キビタキ                              2羽(公園西側。♂2羽のうち1羽はきちんと視認することができた。コナラやシラカシの周辺を動き回って採餌しているようであった) 
○ヤマガラ                              1羽(公園西側)

以上。

4月29日(土) 22:23
Canon EOS 7D 1/400sec F5.0 ISO100 ±0EV 
オオソリハシシギ(群れ)
2017年4月29日
谷津干潟(干潟中央部)
三番瀬方面から74羽の群が飛来したが、約半数が谷津干潟内に降り、残りは湾岸部に戻ってしまった。

4月29日(土) 22:21
COOLPIX P300 1/400sec F5.0 ISO160 ±0EV 
キョウジョシギ
2017年4月29日
谷津干潟(観察ポイント前付近)
4月29日(土) 22:19
Canon EOS 7D 1/500sec F5.6 ISO100 ±0EV 
ハマシギ(夏羽の群れ)
2017年4月29日
谷津干潟(観察ポイント前付近)
4月29日(土) 22:17
COOLPIX P300 1/320sec F5.5 ISO160 ±0EV 
オオメダイチドリ(若鳥?)
2017年4月29日
谷津干潟(干潟南東側)
4月29日(土) 22:16
Canon EOS 7D 1/500sec F5.0 ISO125 ±0EV 
シマアジ(♂)
2017年4月29日
谷津干潟(淡水池)
4月29日(土) 22:15
Canon EOS 7D 1/400sec F5.0 ISO200 ±0EV 
アカハラ
2017年4月27日
葛西臨海公園(公園中央部)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
2017-5

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031