[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
教えて下さい はる 12月12日(木) 10:36
葉も落ちてわかりにくいですが宜しくお願いします

若葉 12月13日(金) 09:58
アジサイ科ノリウツギはどうでしょうか。ご検討ください。

はる 12月13日(金) 18:07
若葉様
ノリウツギ確認してみましたが、葉が似ていますね
ご回答有難うございました
是は何柿? OHMY 12月 8日(日) 22:16
日々有難う御座います!
是はお借りした画像ですが、皆さんはカキ(柿)だと言われていますが?
葉の模様で葉脈脇が透けている様な、紅葉は見たことが有りません・・・
何柿なのかアドバイスをお願いします。

OHMY 12月 8日(日) 22:19
比較にカキの葉の紅葉 を・・・

OHMY 12月11日(水) 05:20
これは厄介なお訊ねだったでしょうか?

通行人C 12月11日(水) 08:00
おはようございます。
厄介なお尋ねではないのですが・・・・・
私はカキノキでいいと思うのですが、何故お写真のような色合いになるのかの理由に窮しているだけです。

OHMY 12月11日(水) 08:13
通行人Cさん
おはようございます !
コメント有難うございます。
80歳になるまで色々観てきましたが、カキの木の葉とは思われない色合いに、別な木の葉なのではとも思えるのです・・・

ちい 12月11日(水) 15:32
「Persimmon leaf fall」で検索すると似たものがヒットします。
例えば
https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=GCkzM+79&id=39D1143A397BA4DB4B67A2D530757B632FB61135&thid=OIP.GCkzM-796z9tMa46DpMGLwHaF7&mediaurl=https://2.bp.blogspot.com/-Tw8E0dUQ-Ro/TtBiA-v3XOI/AAAAAAAAANk/86aOmbRyQQk/s1600/fuyu3.jpg&exph=801&expw=1000&q=Persimmon+leaf+fall&simid=608019303698992543&selectedIndex=300&ajaxhist=0

OHMY 12月11日(水) 17:00
ちい さん
ご紹介頂き有難う御座いました!
同様な紅葉するカキを確認出来ました・・・
http://j.mp/2qKu3mS
お陰様で気持ちがスッキリしました。
有難う御座いました。

このきなんのき所長 12月13日(金) 01:41
2枚目の画像のようなカキノキの斑点模様は、病気によるものですから、病気にかかっていないものはこの模様がありません。また、1枚目の写真は日陰に生えた幼木のようですから、日なたの成木とは紅葉が違う雰囲気になることは十分考えられます。時間の経過とともに、葉緑素が抜けていきますから、もっと日が経つと葉脈の模様が目立たなくなる可能性もあります。

どんな植物でも、条件によって紅葉の様子はさまざまに変わりますね。

OHMY 12月13日(金) 16:13
このきなんのき所長さん
日々有難う御座います!
何しろ初見でしたので?でした・・・
お陰様で色々と知ることが出来ました。
今後も宜しくお願い申し上げます。
あさひ 12月12日(木) 15:38
こちらの木?の名前を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

あさひ 12月12日(木) 15:39
2枚目です。
よろしくお願いします。

あさひ 12月12日(木) 17:27
写真を追加します。

ちい 12月12日(木) 17:29
キク科カレープラント(Helichrysum italicum)では。

ウミ 12月12日(木) 21:03
葉が対生であることと、2枚目画像の残存花茎から分かる花の付き方や
四角に見える茎であることから、シソ科の植物が推測されました。
イングリッシュラベンダー‘シルバーサンド’と呼ばれる植物が
似ているように思いました。

あさひ 12月13日(金) 15:14
ちいさん ウミさん
ご返信ありがとうございます。
調べてみた結果シルバーサンドが近いかなと思いました。
ご教授ありがとうございました。
あるマンションの玄関の木です trhojo 12月11日(水) 16:00
東北南部の、あるマンションの玄関の木です。
葉の長さは12cmくらいあります。
互生で鋸歯有りです。樹高は5mくらいあります。

trhojo 12月11日(水) 16:02
葉序は互生と思われました。

trhojo 12月11日(水) 16:04
樹皮は裂け目や皮目がないようです。

trhojo 12月11日(水) 16:05
羽裏です。

trhojo 12月11日(水) 16:16
全体像です。

trhojo 12月11日(水) 16:22
名前をお教えください。
初歩的な質問なのかもしれません。
初心者です。
よろしくお願いします。
アプリ「葉っぱ図鑑」を使ってもよく分かりませんでした。

留学生 12月11日(水) 16:50
こんにちは。

シラカシを調べてみてください。

このきなんのき所長 12月13日(金) 01:37
アプリ葉っぱ図鑑をご利用ありがとうございます。
この木は典型に近いシラカシで、アプリにも掲載していますから、ぜひご確認ください。人間の姿と同様、木の葉も変異や個体差が多いので、図鑑の画像とまったく同じというわけではありませんから、いろいろ観察を重ねてみてください。

trhojo 12月13日(金) 08:45
留学生さん、所長さん、
有難う御座います。
詳しい人にこれはシラカシですと教えてもらっていた木には、ドングリ が沢山成っていたのに、この木の前を時々通っていても気づいてなかったことと、その教えてもらった木の葉の長さは、成人男性の中指より短めの葉が主体のように感じて、この木は葉っぱがけっこう長いと思ったことから、シラカシとは思いませんでした。
ドングリ のならないシラカシもある事、葉の長さは成育条件などでこのくらいのバリエーションが有ると言う事ですね。
里山のフユイチゴ 高山 12月11日(水) 16:57
本日見たキイチゴで、同じ株から出ていた枝に葉先が丸るいのと先が尖っていたフユイチゴがありました。
これはフユイチゴ・ミヤマフユイチゴ、それともアイノコフユイチゴのどの名前が妥当なのでしょうか?
葉裏を中心に4枚撮ってみましたのでお教え願えないでしょうか。

高山 12月11日(水) 16:59
葉先が丸い葉柄あたりを撮りました。

高山 12月11日(水) 17:00
葉先が尖った葉柄あたりを撮りました。

高山 12月11日(水) 17:01
茎の下部を撮りました。

OHMY 12月11日(水) 17:23
>ミヤマフユイチゴ ではないようです・・・
ミヤマフユイチゴは茎に鋭い刺が有りますので、撮った画像を貼らせて頂きます。

高山 12月12日(木) 08:58
OHMYさん、コメントありがとうございます。
わたしは葉先が尖っている枝があることから、茎の毛がフユイチゴほど毛が密生していないことなどから、アイノコフユイイゴではないかとの考えですが、如何でしょうか。棘の有無については、図鑑によれば記述があいまいなように思い、あまり意識はしなかったのですが・・。
ご意見お待ちします。

OHMY 12月12日(木) 14:42
フユイチゴにしては毛も少ない様ですし、交雑種のアイノコフユイチゴになるのかも知れませんね・・・
フユイチゴ(ストック画像) を・・・
此れには鋭い刺も生えています。
イボタノキ属でしょうか? 太文字山 12月 1日(日) 15:00
武奈ヶ岳山頂付近で見つけました。葉の形的にはコミノネズミモチに見えたのですが、標高1000mに生息してるとは考えにくいです。サイゴクイボタだと、これまで報告されている生息地とかぶらず、悩んでいます。
よろしくお願いします!!

太文字山 12月 1日(日) 15:09
コミノネズミモチは、植栽されているものしか見たことがなかったのですが、山地に自生している可能性はあるのでしょうか?

ヨウアン 12月 2日(月) 08:54
おはようございます。
興味を持って拝見しています、が私にも判りません。
確かに、コミノネズミモチ(中国原産)とか、セイヨウイボタ(プリベット、欧州原産)などイボタノキ属の外来種に見えますね。そのようなものが1000mの山に自生しているとは私も思えません。
となるとこのように葉先が概して丸く(尖っていない)、葉柄が容易に確認できる長さ(5mmぐらい)でイボタノキ属を探すことになりますが、仰るサイゴクイボタは葉先が尖っていますしやや分布から外れますね(分布域でも希少種とされます)。ミヤマイボタも葉先は尖っています。逆に葉先の丸いイボタノキは葉柄がほとんどありません(1〜2mm)。
実は私もこれに近い例に岡山県の北部標高1000m付近で出会って、判断に悩んでいたところです。ただ時期が11月中旬で半月ほど前の時期で、緑の葉もありましたが黄葉しかけているのもあり、お写真ほど常緑っぽくはなかったです。
もし関連があればと思い書き込みましたが、ご質問の趣旨から逸れるかも知れません。ご容赦ください。



螟ェ譁蟄怜アア 12月 4日(水) 07:36
縺ゅj縺後→縺縺斐*縺縺セ縺吶ゅ%縺ョ蜀咏悄繧呈聴縺」縺溘ョ縺ッ11譛3譌・縺ェ縺ョ縺ァ縲∽サー繧句イ。螻ア縺ョ遞ョ縺ィ蜷後§蜿ッ閭ス諤ァ縺ッ縺ゅj縺セ縺吶ゅ◆縺縲√d縺ッ繧雁クク邱第ィケ縺ョ闡峨↓縺ソ縺医∪縺吶ュ縲

ヨウアン 12月 5日(木) 04:10
私のPCでは上記が文字化けしておりましたので、「文字化け解読ツール」を介して次のように読めました。

太文字山12月4日(水)07:36
ありがとうございます。この写真を撮ったのは11月?3日なので、仰る?山の種と同じ可能性はあります。??た?やはり常緑樹の葉にみえます

太文字山さん、不十分な変換で違っていたらごめんなさい。
皆様からのご意見をお待ちいたします。

太文字山 12月 5日(木) 21:40
私の端末の問題だと思っていたのですが、気付けず申し訳ありません。変換はほぼ正しく、撮影11月3日です。ありがとうございます。

このきなんのき所長 12月 9日(月) 00:28
悩ましい個体ですね。
道沿いで少しでも植えられている可能性があるなら、コミノネズミモチは十分候補になりうると思いました。ただ、1000m以上の山頂に植えられることなんてあるのか、事例を知らないので、丸みのある葉のミヤマイボタ、と考えた方が可能性は高いかもしれません。

イボタノキ類は落葉樹でも、林内のような環境では葉が越冬することがあります。

ヨウアン 12月11日(水) 04:42
所長さん、コメントを頂きありがとうございます。
植栽されたコミノネズミモチ、それが考えられなければ、丸みのある葉のミヤマイボタ、の可能性が高い、ということですね。
高度の高い場所では、イボタノキか、ミヤマイボタか迷うことがありますが、大部分解決できそうです!

太文字山 12月11日(水) 22:38
所長さん、ヨウアンさん。この度は多数返信をいただきありがとうございました。例の種ですが、再度撮影位置を確認しましたところ、やはり植栽されるような場所ではありませんでした。ミヤマイボタとみて、来年も観察を続けます。
教えて下さい hige 12月11日(水) 16:42
12月中旬あるお寺にあった花とも実とも判らないこの木。
教えていだけませんか?

hige 12月11日(水) 16:44
もう少し引いた画像を添付します。

留学生 12月11日(水) 16:48
こんにちは。

ミツマタだと思います。

hige 12月11日(水) 17:07
留学生さんへ。
あっミツマタでしたか。
こんな姿にもなるのですね。
ありがとうございました。
観葉植物:洋物? ソヨゴ? イチリョウ 12月11日(水) 00:00
写真A:樹形

イチリョウ 12月11日(水) 00:01
ビルの廊下の鉢物です。名前をお聞きできる状況ではなく、ちょこっと写真を撮らせて頂きました(写真A・B)。ネットで「観葉植物 常緑樹」で何回か検索していますが、洋物ではフィットしません。
身近の葉では、ネズミモチやソヨゴの葉に似ていました。ソヨゴでしょうか?ソヨゴは室内用の鉢物になりますか?

通行人C 12月11日(水) 03:12
こんばんは。
ソヨゴにも似た感じですが、尾状に伸びた葉先や側脈が多い葉脈の様子、枝先の細長い芽などが、ソヨゴとは違いますね。
芽の様子などからはクワ科の観葉植物を感じました。ベンジャミンはいかがでしょう。

イチリョウ 12月11日(水) 13:37
通行人C様;こんばんは。
コメントを頂き、有難う御座いました。
人気の観葉植物とのことで、名前は聞いた事がありました。
ネット検索では、通販用の小さな画像で、幹を数本編みこんだり、枝葉を丸く刈り込んだお洒落の鉢物で、気付けませんでした。教えて頂いて、「ベンジャミンとは」で検索すると、枝葉を少し大写にした画像もありました。
何処の園芸店でも売っているとのことですので、現物をじっくり眺めてみます。
赤い芽 ガッツ石松子 12月 7日(土) 02:55
赤い葉に釣られて、お尋ね申します。

この赤い、木の?芽?は何者でしょうか??
情報量が少ないのでこの写真一枚じゃわからんとおしかりを受けることを覚悟の上で、何か思い当たる節あらばお教え頂ければ幸いです。

三月上旬に撮影
神奈川県南部の丘陵地
広葉樹林内の開けた日当たりある広場、サクラなどの植樹もある所、のイノシシが掘り返した土に紛れて露出。
丈は20cm程度
鋸歯はなかった(もしくは小さすぎてまだ視認できなかった)ように思います。
多数あったのでべつに珍しい品種ではないのだろう、という印象を持っています。

ずっと気にはなっているので何奴だったのか来春確認しに行こうかなと思っているのですが、予備知識なく出かけるとまた"結局何なのかわからなかった"となるオチが目に見えておりまして‥。

宜しくお願い申し上げます。

ひろし@小南部 12月 7日(土) 10:15
キク科の草本だろうと思います。
アキノキリンソウ属のオオアワダチソウとか、セイタカアワダチソウなんかが候補になりそう。

ガッツ石松子 12月 7日(土) 13:04
ひろし@小南部さん、ありがとうございます。

キクですかっ。
意外なお答えが‥。
オオアワダチソウだったら個人的にはうれしいのですがまずないはずなので、セイタカ‥も生えていなかったような‥。
ヨメナ的なノギクは色々あったような‥。
草本ならばまた掘り起こされちゃったものあったら一二本拾ってきて育ててみようと思います。

ひろし@小南部 12月 7日(土) 17:04
ヨメナ属Asterのヨメナやノコンギクもこんな雰囲気の越冬芽を地表近くに持っていますが、葉には鋸歯があります。春先は目立たないといえば目立たないのですが。
それに、ヨメナやノコンギクだったら、イノシシのことですから食べてしまっているはず・・・と思ったのです。

ウミ 12月 7日(土) 20:47
ガッツ石松子さん
オカトラノオなどのサクラソウ科がどうしても浮かびました。
育てられて何者か分かるといいですね。

あかね雲 12月 7日(土) 21:12
ガッツ石松子さん  皆さま こんばんは
見た場所が合うかどうかわからないのですが
3月頃ということで 霜の降りる時期に花魁草がこんな紅い芽を出していますね
見当違いかもしれませんので間違いましたらごめんなさい

ガッツ石松子 12月 7日(土) 23:18
ひろし@小南部さん、ありがとうございます。
イノシシはノギクも食べるのですか。
掘られ打ち捨てられているものが所々にあって、かじられた痕跡には気づきませんでした。
越冬芽があるということは三月まで待たずにちょっと早めに様子を見に行ってもいいということですね。

ウミさん、ありがとうございます。
オカトラノオですか!
茎の太さや葉の付き方・形状などからして、確かにそんな雰囲気はありますね‥。
オカトラノオなら生えていそうですし。
本当は現地で経過観察しろよって話なのですがちょっとマダニが実効支配している恐怖の草地なので、研究調査という名目でちょっとだけアレして育ててみようと思います。

あかね雲さん、ありがとうございます。
花魁草(おいらんそう)‥、北米原産のクサキョウチクトウ、宿根フロックスってやつでしょうか。
そんな洒落たものはさすがに帰化していなかったような‥、あったら『神奈川県植物誌』に記載されると思うのですがクサキョウチクトウの名前さえ載っていないので‥。
そもそもクサキョウチクトウを見たことがなかったので、来年マークして追いかけてみようと思います。

ドングリ系とかシロダモとかクスノキとかその辺の名前が出てくるのかと思っていたらぜんぜん違う方向に進んでいるのでびっくりしています。
確かに木質ではないですもんね‥。
お尋ねしてよかったです。
皆さま、ありがとうございましたm(*_ _)m

ガリー 12月 8日(日) 17:31
3月ということから思い起こされるのは、トウダイグサ科の草本です。
ナツトウダイの芽出しが似ています(ナツがついていますが早春開花)。
関東平野の丘陵ではよく見られます。

ウミ 12月 8日(日) 18:34
皆様 すみません。オカトラノオかと投稿しましたが、
ガリーさんの挙げられたナツトウダイが一番合っていると思います。
気になっていた葉表が少し見える葉の中央脈の白さだとか、
全く毛の無い様子などナツトウダイがぴったしです。もしもナツトウダイだとしたら、
葉先など少し切ってみると乳液が出るので判明しやすいと思います。

ガッツ石松子 12月10日(火) 04:59

ガリーさん、ウミさん、ありがとうございます。

ナツトウダイに成長しそうな雰囲気は確かにありますね。
まさにこの場所で見た記憶はちょっと思い出せないのですけれども、近くの小ピークにナツトウダイは、ありまぁす。
赤い芽を撮影した同日、それは既に緑の葉をこんもり繁らせて花を咲かせ始めている状態だったので、ナツトウダイを疑う発想には至りませんでした。
現地周辺でトウダイグサも露骨に数を減らしていない様子からしてナツトウダイもイノシシは食べなさそう、ナツトウダイの茎などにうっすら赤みが出る、といったあたりナツトウダイ説を後押ししてくれそうです。
だとしたらかなり大きく成長して場所を取りますね‥。
乳液の有無、確認してみます。
貴重なご意見、ありがとうございましたm( * _ _ )m

12月10日(火) 08:06
ツルノゲイトウの新芽もこんな感じです。

ガッツ石松子 12月11日(水) 05:56
友さん、ありがとうございます。

ツルノゲイトウは春から発芽しているものなのでしょうか?
私はツルノゲイトウが生えている場所は一ヶ所しか知らないのですが、水田の畔で、イネ刈り後にようやく人目に触れるようになります。
観察できる機会があまりないのでツルノゲイトウだったらおもしろいですね。
マサキに似た感じですが 太一 12月 8日(日) 18:30
これも海風がよく当たる場所です。マサキに似ていますが、葉が長く違和感があります。個体差なのでしょうか。よろしくお願いします。

ひろし@小南部 12月 8日(日) 22:14
マサキで良いのでは?
マサキは変異幅が広く、園芸品種も多種あります。

太一 12月 9日(月) 08:10
ひろし@小南部さん、やはりマサキでよいのですね。変動幅が広いのですね。ありがとうございました。

このきなんのき所長 12月10日(火) 22:42
マサキよりは、ツルマサキに見えます。
葉が細めで薄く感じますよね。

もっと引いた写真など見てみたいところですが、ツルマサキの根元や、岩などに乗った個体を見ると、つると気づかないこともあります。

編集削除パスワード
 cookie
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10