[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
名前を教えて下さい。 フーシャ 11月22日(金) 07:06
お早うございます。
先日近くの山で見かけた木ですが名前を教えて下さい。
標高400m位の所でした。植林帯の中の登山道の際にありました。棘が一杯付いていました。
宜しくお願い致します。

ちい 11月22日(金) 07:36
タラノキでは。

フーシャ 11月22日(金) 15:21
こんにちは。
ちいさん、有難うざいました。私がタラの木ではないかと言ったところ、一緒に歩いている方に却下されて悩みました。良かったです。又宜しくお願い致します。
すずめのヒデ 11月21日(木) 14:54
この木の名前を教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。東京都23区内です。

すずめのヒデ 11月21日(木) 14:55
幹の部分です。

すずめのヒデ 11月21日(木) 14:56
枝の部分です。

すずめのヒデ 11月21日(木) 14:58
熟れた実の部分です。11月の写真です。

すずめのヒデ 11月21日(木) 15:01
実の部分ですが今年の8月の写真です。

すずめのヒデ 11月21日(木) 15:03
葉の部分ですが、8月に撮った写真です。大きさは約1p前後です。

Miyazaki 11月21日(木) 15:18
こんにちは。
ギンバイカはどうでしょうね。

すずめのヒデ 11月22日(金) 14:32
Miyazaki様
いつもご回答ありがとうございます。ギンバイカ確認できました。昨年から気になっていて名前が分かり嬉しく思います。また宜しくお願い申し上げます。
木の名前を教えたください 太一 11月21日(木) 21:44
公園で見かけました。通路脇の手のかけられていない場所に伸び上がっていました。丈は、2mほどでした。

太一 11月21日(木) 21:45
2枚目です

ひろし@小南部 11月21日(木) 22:45
葉序が基本的に対生で互生に近い乱れた対生がみられるのはイヌコリヤナギの特徴かと思います。

太一 11月22日(金) 10:16
ひろし@小南部さん、イヌコリヤナギで確認できました。葉の付き方が特徴的なので覚えやすい木だとおもいました。ありがとうございました。
オオバボダイジュ? イチリョウ 11月16日(土) 23:46
落ち葉1枚で、樹種の識別が出来るケースはありますでしょうか?
「樹木の葉」/林将之のページを総めくりして、添付の写真の樹は、オオバボダイジュが近いと思いましたが、ちょっと無理でしょうか?
落ち葉を拾いながら見上げた樹は樹高8mはあったと思います。

ヨウアン 11月17日(日) 00:17
こんばんは。
葉の形、大きさ、鋸歯の様態、側脈の数、葉裏に毛があり白っぽくみえること、などからオオバボダイジュだと、私も思います。
この画像は初夏の葉裏です。ご参考に。

イチリョウ 11月17日(日) 22:22
ヨウアン様;こんばんは。
早速、お手持ちの葉の画像まで添えてコメントを頂き、有難う御座いました。
私の最初の候補はp.318のケグワでしたが、分布域が近畿以西のようでした!
再度ページをめくり、p.486のオオバボダイジュを候補にあげました。

近くのお寺様にボダイジュ(orシナノキ?)があり、下枝は手で触って観察できます。
葉の裏の真ん中あたりから花柄がぶら下がり花が咲き実がなる変わった樹です(正確には、ヘラ形の総包葉から花序がぶら下がる)。
オオバボダイジュもこれに似た花序の様ですので、機会を設けて再訪し、樹皮・葉・花序・実などを観察してみます(高木なので詳細な観察は?かも)。

ヨウアン 11月18日(月) 04:39
イチリョウ様
私の住む岡山県ではオオバボダイジュは分布域外で、先の画像のも高速道路のサービスエリアに植栽されたものです。イチリョウさんの落ち葉の方が、鋸歯が鋭く野性的な感じがしますね。でも寺社の遊歩道沿いなら、やはり植栽された可能性が高いと思います。
花は芳香をもち、風向きによっては100m手前からでもそれとわかりますよ。シナノキやボダイジュと同様、仮雄しべがあって、以前この掲示板でも話題になりました。

11月18日(月) 09:06
イチリョウ様、ヨウアン様お早うございます。昨日 日本遺産に指定されている三徳山に登りました。その時お寺に植えられていた木が同じ葉でした。オオバボダイジュでいいでしょうか。

ヨウアン 11月18日(月) 10:16
磯さん、おはようございます。
はい、歪んだハート型、鋸歯が細かく見えるのはおそらく葉が大きい(10cm以上)からだと思います。似たようなところで、シナノキでもボダイジュでもケグワでもヒトツバカエデでもなさそうですから、私の乏しい経験からですが、オオバボダイジュだと思います。
三徳山は、投入堂のあるところですね。ボダイジュの仲間をお寺に植栽するのは多いですが、オオバボダイジュも縁があるのかも知れません。私にとってはむしろリンデンバウムの仲間としてヨーロッパをイメージしてしまいますが・・・

イチリョウ 11月19日(火) 18:23
ヨウアン様;磯様;こんばんは。
一枚の落ち葉に対して、追加の情報を頂き、有難う御座います。
一枚の落ち葉に対しても、関心を持ってイメージトレーニングをしてみるのも有効なのですね!
また、関東地方のイチリョウと中国地方の方々と、一枚の葉を介して、気楽に楽しく情報交換をさせて頂き、所長様に改めて感謝です。

このきなんのき所長 11月21日(木) 09:46
イチリョウさん、ありがとうございます。
イチリョウさんの葉は、葉裏に白い毛が密生、鋸歯があらく、神社とのことで、ボダイジュの可能性の方が高いのでは、と思っています。葉もそんなに大きく見えません。

オオバボダイジュは寒地に分布する木なので、植栽されるのも普通は北日本です。なので、三徳山や大佐SAなど、分布域外の中国地方でオオバボダイジュが植えられるのはちょっと意外というか、見た記憶がないのですが、社寺ならあり得るのと、あとは中国地方に自生するマンシュウボダイジュが植えられている可能性、アメリカシナノキなど外国産シナノキ類が植栽されている可能性もあります。

それらを葉一枚で正確に区別するのはなかなか難しいと思いますが、ヨウアンさんや磯さんの写真は、確かにオオバボダイジュにも見えます。

ヨウアン 11月21日(木) 14:03
所長さん、コメント頂き、ありがとうございます。
イチリョウさんの葉は、確かに仰るとおり、ボダイジュの可能性が高いです。私は単純に葉身が10cm以上あるのでオオバボダイジュと決めてしまいましたが、もしオオバボダイジュでしたら15cm以上の葉も多くありますので、鋸歯の荒さなどを考えるとボダイジュのほうが納得できます。また、ご質問の主旨が「一枚の落葉から樹種が判断できるか?」ということでしたので、もっと慎重にお答えすべきでした。
イチリョウさん、失礼しました。

また、オオバボダイジュが分布域外の中国地方に植栽されるか、についてもご指摘の通り、今一度疑ってみる必要がありますね。確かに私の提示した大佐SAの葉は、オランダボダイジュの葉に似ています。マンシュウボダイジュも自生地は近いので再度調べてみましょう。(三徳山も遠くない・・・)面白い課題が増えました!

イチリョウ 11月21日(木) 20:49
このきなんのき所長様;ヨウアン様;磯様;こんばんは。
追加のコメント、有難う御座いました。
偶然拾い上げた落ち葉が、シナノキ科の葉であったので、何度も図鑑やネット検索をする機会になって「幸運!」だったのか?、頭が混乱するだけの「ご不幸」だったのか?です。
グミ科でしょうか? ヨウアン 11月18日(月) 08:49
おはようございます。
岡山県中西部、石灰岩の谷で見つけました。
岩から横に2〜3メートル程伸びているのを見上げたところです。

ヨウアン 11月18日(月) 08:52
葉表です。大きいので8cmほどです。

ヨウアン 11月18日(月) 08:56
葉裏は白っぽく、やや光沢があります。
葉柄は5mmくらい。葉裏、葉柄、枝に毛が多い感じです。

ヨウアン 11月18日(月) 09:02
葉裏の毛の様子はこんなで、白い星状毛が多く、褐色のも疎らに認められるようです。
となるとグミの仲間かな?と悩んでいますがいかがでしょうか?

BM 11月18日(月) 12:45
エゴノキ ではないでしょうか?

ヨウアン 11月18日(月) 13:46
BMさん、エゴノキとのお答え、ありがとうございます。
確かにその通りです。よく見ると僅かに鋸歯が認められます。また、星状毛はエゴノキにも有りますね。私も一旦はエゴノキと思ったのですが、サンプルを持ち帰ってあれこれ考えている内に、迷路に入ってしまったようです。BMさんには以前にも同じようにお世話になっており、今回も助けて頂き、ありがとうございました!

このきなんのき所長 11月21日(木) 09:54
書き込み遅れました。
確かにエゴノキにも見えるのですが、まったく鋸歯がないのと、葉裏の葉脈がよく隆起する様子が、少し違って見えました。

グミ科のナツアサドリの可能性があると思います。中国地方周辺にだけ稀産する珍しい木です。どうぞご確認してみてください。

このきなんのき所長 11月21日(木) 09:55

紅蓮 11月21日(木) 12:59
私もナツアサドリだと思います。
私もエゴノキにしては違和感あるな〜、と思ってみていましたが…、別スレッド対応で遅くなってしまいました。ごめんなさい。

写真はピントがいまいちで恐縮ですが、
ナツアサドリの葉裏(拡大)です。

紅蓮 11月21日(木) 13:03
ご参考までにもう1枚、ナツアサドリです。
撮影は2枚ともも2018/5/14 岡山県東北部です。

ヨウアン 11月21日(木) 16:39
所長さん、紅蓮さん、ナツアサドリではないかというコメント、ありがとうございます。
私も以前から、ナツアサドリを探していましたので、もしや?と思ったのですが、エゴノキですっかり納得していたところです。
そこで今一度、手持ちのエゴノキの画像と較べてみたところ、葉脈がエゴノキより明らかに太く、星状毛はエゴノキよりも広い範囲に認められます。ただ、紅蓮さんの写真ほどではありません。
ナツアサドリは、ご紹介のHPによると現在ではかなり希少な種であること、紅蓮さんの写真のような花、そして実が確認できるまで、観察を続けたいと思います。
この木は何でしょうか 西谷 11月20日(水) 11:45
いつもの散歩道で黄に色づいた葉が目に留まりました。
場所は兵庫県北部、但馬地方です。自分でも調べてみましたが、アオハダでもなくタンナサワフタギでもなさそうです。紅葉して同定困難とは存じますが、よろしくお願いいたします。

西谷 11月20日(水) 11:45
葉のアップです。

西谷 11月20日(水) 11:47
細長い葉もあります。

紅蓮 11月20日(水) 20:32
バラ科のザイフリボクではないでしょうか?

西谷 11月21日(木) 15:57
紅蓮さま

ありがとうございました。スッキリしました!
冬芽の様子などからザイフリボクでしょうね。
来年、白い采配を楽しみにしております。
庭木です さかい 11月18日(月) 11:55
名前を教えてください。

さかい 11月18日(月) 12:03
追加写真です。

さかい 11月18日(月) 12:09
追加写真2枚目です。

yuumin 11月18日(月) 19:43
お邪魔させて頂きます。
いつもお世話さまになって居ります。
義父が他界し造園のお仕事に携わるようになって17年になります。
松の剪定を主にしていますので樹木の名前は知らないものが多くていつも此方の掲示板で、お勉強をさせていただいております。
立ち上がる性質の萩もあるので萩なのではと思いましたが如何でしょうか?
間違っていましたらご容赦くださいね〜(^^♪

このきなんのき所長 11月21日(木) 10:06
ハギなのは確かですが、何ハギか、となると、この状態の写真では厳しいでしょうね。ハギは葉だけでは正確な種類を見分けるのが難しいので、花や果実の萼などを確認する必要があります。とはいえ、この写真だけで推測するなら、ニシキハギ、ヤマハギ、ツクシハギあたりでしょうかね・・・

さかい 11月21日(木) 14:52
皆様いつもありがとうございます。
ハギですか。
ハギでも色々あるということで
調べてみます。
ありがとうございました。
教えてください tetsuwo 11月21日(木) 11:37
先月、近畿地方の民家で撮影したものです。
枝葉が刈られており、新芽と木肌の状態しかわかりません。
道路から見えるところにあるし、キンモクセイかとも思いましたが、
木肌、若芽ともに違うような気がして…
よろしくお願いします。
写真手前の角、椿の隣です。

tetsuwo 11月21日(木) 11:39
若芽のアップです。

留学生 11月21日(木) 12:59
こんな状態では直感で行くより仕方ないですね。

クロガネモチはどうでしょう。

tetsuwo 11月21日(木) 13:08
>>留学生さん
ですよね。

クロガネモチですか。
若い枝葉の赤みがかかっているところなどは確かに似ていますね。
ありがとうございます。
elm 11月21日(木) 10:59
この木の名前を教えてください。
岡山市の友人宅に植えられている木です。
高さは70cmくらいで、イブキに似たうろこ状のはです。
葉は十字対生で、大きさは縦横とも1mm未満です。
まずは、全体写真です。

elm 11月21日(木) 11:00
近くから撮った写真です。

elm 11月21日(木) 11:01
枝です。

elm 11月21日(木) 11:04
枝の拡大写真です。2枚載せますが、どちらが表かよくわかりません。気孔帯はないようです。
1枚目です。

elm 11月21日(木) 11:05
2枚目です。

よろしくお願いします。
葉がよく似た2つの木 アブリル 11月16日(土) 17:53
失礼します。
場所は違うのですが、葉がよく似た2つの木に出会いました。
これらの木の名前を教えてください。

まず一つ目は 愛知県緑化センターの林縁で自生していた木です。
高さは 2〜3m
(つづく)

アブリル 11月16日(土) 17:55
葉が深くくびれています。葉の形が面白いので 気になりました。
(つづく)

アブリル 11月16日(土) 17:59
幹はあまり太くありません。(まだ若いからか?)
(つづく)

アブリル 11月16日(土) 18:02
1本目の質問の木、最後の画像です。やや上から見たものです。
画像検索して ヤマグワ が似ていると思いました。
(つづく)

アブリル 11月16日(土) 18:03
つぎに、2つ目の木の質問です。
場所は 愛知県犬山市のリトルワールド。
植栽されていた木です。

アブリル 11月16日(土) 18:05
木の高さはやはり 2.5mくらいあるのですが、上のほうは枯れてしまったみたいで、幹の根元にしか葉がありません。
(つづく)

アブリル 11月16日(土) 18:08
木の上のほうには 葉がありません。樹形はこんな風です。

以上 2つの木の名前を教えてください。
欲張りな質問 ご容赦ください m(_ _)m

留学生 11月17日(日) 11:24
こんにちは。

こういう形の葉は、クワ科独特のもので、マグワ、ヤマグワ、コウゾ、ヒメコウゾ、カジノキなどなど多くの種がありますので種までのは断定できません。

葉の光り具合や葉脈の流れから見て、2種ともコウゾかと思いますがコウゾかヒメコウゾかまたは別のものかはわかりません。

詳しいかたのコメントをお待ちください。

紅蓮 11月17日(日) 16:17
とりあえず、1本目の候補としてマグワを挙げてみます。
理由は、
@葉先が尾状に長く伸びていない。
A葉柄がヒメコウゾ、コウゾに比べ長い。(3cm以上?)
B鋸歯がヒメコウゾ、コウゾに比べ大きい。
と言ったところです。

私もあまり自信がないので、他の方のご意見をお待ちしております。

アブリル 11月17日(日) 17:56
留学生様、紅蓮さま
レスありがとうございます。

留学生様、
こういう形の葉は クワ科独特のものなんですね。よくわかりました。

紅蓮さま
1本目は マグワ ですか。
1本目の(雑木林の)クワ科の木の横には 背の高いイイギリがあり、いまいっぱい赤い房の実をつけています。

2本目(リトルワールド)の木は 畑の横に植えられていたもので、畑は タヌキマメ属のクロタラリアが豆(ベビー・マラカス)を実らせています。

もうしばらく開けておきますので、どうぞよろしくお願いします。

画像は 1本目です

このきなんのき所長 11月21日(木) 10:02
1本目はマグワ、2本目はヒメコウゾと思いました。
このあたりの区別は説明すると長くなって大変なので拙著など見てほしいのですが、注意すべきは、マグワとヤマグワ、ヒメコウゾとカジノキはそれぞれ養蚕用、和紙用に雑種が栽培されたことも多く、多様な形態が見られることです。

編集削除パスワード
 cookie
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10