4637489 [7]
41035: どうしても分かりません そら 6月13日(火) 23:03
盆栽を貰いました。
種類は分からないと…

何という木なのでしょうか?

そら 6月13日(火) 23:04
幹はこんなに感じです。

まつぼっくり 6月13日(火) 23:36
自信はないのですが、葉の感じからハルニレを候補にしたいと。

ひろし@小南部 6月13日(火) 23:38
鋸歯が不揃いなので自信はないですが、葉の質感と樹皮はアキニレであるように思います。
アキニレは盆栽界では楡欅(ニレケヤキ)と呼称されますが、、、

そら 6月14日(水) 21:12
まつぼっくり様、ひろし@小南部さま

早々のご返答、感謝致します!!
ハルニレ、又は、アキニレとの事で、
早速、検索してみました。
葉のサイズ的な感じからですと、
アキニレが有力かと感じました。

ニレには間違いない感じですので
色々と調べてみようと思います。

お力添え、有難う御座いました!
41037: 5月に見かけた白い花です ほうじ茶 6月14日(水) 11:36
今年5月に見かけた4m程度の樹木です。千葉県佐倉市にある庭園で撮影しました。
葉は大きく、アカメガシワに似ていると思いました。
外来種のように見えますが今まで見たことがなく、名前を知りたいと思います。ずいぶん蜂が訪れていました。
宜しくお願いいたします。

ほうじ茶 6月14日(水) 11:37
落ちていた花の写真です。直径3センチほどでしょうか。

えん 6月14日(水) 12:28
葉に対しての花の大きさや色からアブラギリでしょうか、葉の付け根が見えればいいのですが。

名無し 6月14日(水) 12:32
シナアブラギリを候補にいかがでしょうか?

えん 6月14日(水) 13:54
アブラギリの花は咲き出しは白いですが落花時はこのようなつつましい赤です。
シナアブラギリの花は大きく、花の中はオレンジの筋も入り華やかなので控えました。

ほうじ茶 6月14日(水) 17:08
えんさん
ご回答ありがとうございます。
アブラギリと言うのですね。調べてみたいと思います。
一番目の写真のオリジナルはアップロードしたものよりもう少しだけ解像度が高いです。明日、葉の付け根が見えるか確認してみます。

ほうじ茶 6月14日(水) 17:10
名無しさん
ご回答ありがとうございます。
シナアブラギリも調べてみます。花の中の色で判断できそうなのですね。
41039: 木の名前を教えてください mube 6月14日(水) 11:52
地域の盆栽会に所属しているmubeと申します
先日、お仲間さんが名前を教えてと鉢植えの植物を持参されました
20名くらいいましたがどなたもわかりません。
教えていただけませんでしょうか?
見た瞬間、洋酒ヤマゴボウかと思いましたが、葉がヒイラギ南天のようにとげがあって多少固いです

mube 6月14日(水) 11:54
もう1枚送ります

shiro 6月14日(水) 12:58
こんにちは。ヒイラギズイナではないでしょうか。

mube 6月14日(水) 16:11
shiroさま

ありがとうございました。検索して確認できました。
若葉の頃は棘があるのでヒイラギズイナと命名されたと解説されているサイトさんもありました。
41011: クルミの木でしょうか mel 6月11日(日) 17:36
クルミ苗木を業者から買って植えましたが大きくなるにつれ、他のクルミと枝のはり方や葉が異なるのでほんとにクルミなのか心配になってきました。鑑定をよろしくお願いします。

mel 6月11日(日) 17:36
葉の表です

mel 6月11日(日) 17:37
葉の裏です

Miyazaki 6月11日(日) 19:05
こんばんは。
葉の鋸歯の様子はシンジュを思わせますがどうでしょうか・・・。

Miyazaki 6月11日(日) 19:20
鋸歯の画像を貼ってみます.葉元にある2〜3箇所の脹らみが鋸歯です。

mel 6月14日(水) 06:19
Miyazaki さん早速ありがとうございます。
不鮮明な写真ですみません。葉は鋸葉ではないようです。
大きい苗木で植えたものが数本同じ状況ですので今週業者が見に来る事になりました。

shiro 6月14日(水) 08:12
おはようございます。
私もシンジュ(ニワウルシ)に見えます。鋸歯は小葉に1〜3箇所程度あるだけで、無い小葉もあります。

Miyazaki 6月14日(水) 15:14
こんにちは。
鋸歯という表現が紛らわしかったのかも知れませんね(シンジュではこの呼び方をされているんですが・・・)。
鋸歯と呼んでいる部位の画像を貼ってみます。葉元の斜め楕円内の葉縁の凸状部を鋸歯と呼んでいます(此の葉の脹らみは3箇所です)。
melさんのお写真にもこの脹らみが見られるように思います・・・。
41032: 何という木でしょうか 桂木 6月13日(火) 20:38
山梨県東部の低山で、尾根の登山道際で見ました。
木の高さは1mくらい、葉身の長さは6センチくらいです。
何という木でしょうか?
まず葉表の画像です。

桂木 6月13日(火) 20:40
2枚目は、葉の裏の画像です。

桂木 6月13日(火) 20:41
3枚目に、すこし引いたところからの画像です。

桂木 6月13日(火) 20:42
4枚目に、幹の画像です。
太さは1センチくらいです。

桂木 6月13日(火) 20:43
最後に、全体の画像です。

以上ですが、何という木か鑑定よろしくお願いいたします。

ひろし@小南部 6月13日(火) 21:24
ツルウメモドキだろうと思います。
葉裏脈上に列状に毛があるので変種オニツルウメモドキかもしれません。

桂木 6月14日(水) 14:00
ひろし@小南部さん、こんにちは。 ご回答ありがとうございます。

ツルウメモドキであろうということで承知いたしました。
葉裏脈上に毛があると変種のオニツルウメモドキというのですね。
存じ上げませんでした。
勉強になりました。 どうもありがとうございました。
40994: クロウメモドキでしょうか? ヨウアン 6月 9日(金) 00:01
こんばんは。
 岡山県西部、石灰質の尾根(標高450m)です。岩から横につき出ていました。葉は短枝に束生し、長枝にはコクサギ型につき、葉の表面はふわっとした触感で、毛が散生しているようです。

ヨウアン 6月 9日(金) 00:09
長枝の先は刺(トゲ)状です。クロウメモドキ、なかなか見つけることができず、以前はコクサギをそれと間違えたりでした・・・今度こそ如何でしょうか?

あかね雲 6月 9日(金) 20:35
ヨウアンさん こんばんは
クロウメモドキ でよろしいのではないかと思います
葉は短枝に束生するという特徴が見えます 少し葉が委縮しているように思えるのは生育環境のせいかもしれませんね
こちらでは川沿いの水辺に生えていることが多いです
紅い長枝に細い棘 美しいですね このような枝はまだ見たことがなくわたしも見つけたくなりました
わたしはただ身近に見ているだけで専門的なポイントが言えませんので 他の方のご意見もお待ちくださいね

ヨウアン 6月 9日(金) 21:27
あかね雲さん、ご返信ありがとうございます。
 クロウメモドキ、ボクは珍しい木のように思い込んでしまったようです。身近にご覧になっている方からご賛成頂き、安心しました。そちらでは水辺に多いそうですが、これは断崖の縁で風当たりの強い場所でみつけました。ご指摘の紅い長枝はボクも気になって、これが普通なのかどうか考えているところです。
  
 先日来、ヤナギの精が乗り移ったようで、キツネヤナギらしきものに出会い、現在質問中です(現在6ページ)。

紅蓮 6月11日(日) 20:21
観察場所が岡山県西部、石灰質の尾根であり、側脈が目立つので、
キビノクロウメモドキもしくはタイシャククロウメモドキではないでしょうか?

違いは葉表の毛の状態で、
 葉表は毛が散生もしくは無毛 ⇒ キビノクロウメモドキ
 葉表に短毛が密生      ⇒ タイシャククロウメモドキ
です。
下記HPもご参照頂ければ幸いです。
http://alpineplants.blog.so-net.ne.jp/2011-01-06

また、あかね雲さんが仰る様にクロウメモドキは、水辺(谷部)の水分環境の良い場所を好み、
キビノクロウメモドキ、タイシャククロウメモドキは尾根部などの乾燥する場所でよく見かけます。

ヨウアン 6月11日(日) 23:58
紅蓮さん、こんばんは。いつも大変お世話になります。わかりやすいコメントを頂き有難いことです。
 あかね雲さんが長枝の紅いことを指摘され、私も気になって所長さんの図鑑「樹木の葉」で調べつつ、キビノクロウメモドキあたりかな?と半信半疑でいたところです。あらためて葉表の写真をよく見ると短い毛が葉の縁や脈上にはもちろん、それ以外のところにもかなり多いようです。ご紹介のHPの写真と見比べるとタイシャククロウメモドキとそっくりですね。ともあれ希少な2種のいずれかということで、折々観察を続けご報告したいと思います。以前教えて頂いた、イワシデ、イブキシモツケ、チョウジガマズミ、イワツクバネウツギ、チョウセンヒメツゲなどこの付近にあり、目が離せない楽しい場所です。
 もうひとつ、観察中にチョウがヒラヒラ寄って来たのを不思議に思いましたが、もしかしたらそのチョウにとっても大事なクロウメモドキなのかも知れません。

あかね雲 6月12日(月) 09:49
ヨウアンさん おはようございます
知識の深い紅蓮さんのお出ましで深い霧が晴れましたね
わたしもほっと安心しました

植物の地域性 長い間その地の環境に順応し根差し ビッチュウ キビ などその地の名前の付いた植物が多くあるのですね
同じ種属でも細かな違いを観察されて結果を見出した先人の研究熱意にも敬意です
わたしの狭い視野を恥じ入るばかりです

このきなんのき所長 6月14日(水) 00:18
キビノクロウメモドキでしょうね。普通のクロウメモドキではこんなに光沢のある紫褐色の枝は見られません。イワシデなどが生える岩尾根環境に生えます。クロウメモドキ類はミヤマカラスシジミやキチョウの食草としても知られます。


ヨウアン 6月14日(水) 13:24
所長さん、いつもコメントを頂きありがとうございます。
 普通のクロウメモドキも知らなかったのに、いきなりこんな珍しい種に出会えて有頂天になっています。チョウの写真も撮っておくべきでしたね。「樹木の葉」にもご説明のあるとおり、紫褐色の光沢のある上品な枝でした。近くにイワツクバネウツギの花が残っていました(この写真)。こちらも同じような色の枝でしたよ。
41031: 教えてください tessy 6月13日(火) 14:42
雑司ヶ谷霊園にあったきです。
先程画像添付を失念しました。

通行人C 6月13日(火) 15:16
こんにちは。
バラ科のカナメモチの仲間だと思います。
カナメモチそのものか、植栽木なら栽培品種でカナメモチとオオカナメモチの雑種とされるレッド・ロビンの可能性もありますね。

tessy 6月13日(火) 22:39
通行人C様

ベニカナメモチでは、なんとなく違和感を感じました。
レッド・ロビンに納得です。ありがとうございます。
41033: サルナシでしょうかキウイでしょうか elm 6月13日(火) 21:07
岡山県南部の標高400mくらいの登山路で見つけた木です。
直径5mmもある太いつるで、タカさ10mくらいの樹に巻き付いていました。

elm 6月13日(火) 21:12
葉です。葉身は大型で、長さ5〜15cm、幅 5〜12cm。
表は硬い毛が密生しざらつきます。
きょ歯は1mmくらいの線状です。

ひろし@小南部 6月13日(火) 21:12
最近散見されるようになったキウィフルーツ(シナサルナシ)ではないでしょうか。

elm 6月13日(火) 21:15
葉裏です。
軟毛が密生しています。

elm 6月13日(火) 21:16
枝です。髄にははしご状です。

elm 6月13日(火) 21:20
ひろし@小南部 さん、ありがとうございました。
キウイではないかと思っているのですが、決め手が見つかりません。キウイとサルナシを見分ける方法がありましたら教えてください。

ひろし@小南部 6月13日(火) 21:38
同属で近縁ですから似ているわけですが、葉柄や当年枝の毛の量と葉のサイズと形状で見分けは比較的容易と思いますが、、、サルナシの当年枝の毛は早々に脱落してほとんど無毛になりますし、葉の形状も楕円形や卵形で軍配形になることはまず無いとおもいます。

elm 6月13日(火) 22:18
ひろし@小南部 さん、ありがとうございました。
両者を見分ける方法がよくわかりました。
41034: よろしくお願いいたします。 まはろ 6月13日(火) 21:47
小学校の植栽です。

まはろ 6月13日(火) 21:49
撮影は6/8です。
よく取れなかったので、再度撮影しようと思っていたら、ほどなくお花は黄色っぽくなってしまいました。

まはろ 6月13日(火) 21:50
よろしくお願いいたします。

Miyazaki 6月13日(火) 22:01
こんばんは。
チシャノキはどうでしょうね↓。
http://matsue-hana.com/hana/tisyanoki.html

まはろ 6月13日(火) 22:13
Miyazakiさま、早速のご回答ありがとうございます。
ご紹介のサイトにて確認させていただきました(^▽^)/
チシャノキで合点でした!

40954: ヤナギです ヨウアン 6月 6日(火) 06:53
おはようございます。
 私もヤナギについて質問させて下さい。岡山県の中西部標高300m
ほど、林道わきです。乾いた土地のヤナギとしてはこちらではヤマヤナギが多いのですが、少し違う感じです。既に種子が飛んだあとかな。

ヨウアン 6月 6日(火) 06:59
葉はしわっぽく、鋸歯は丸みがありやや乱れています。新葉はキツネ色です。

ヨウアン 6月 6日(火) 07:05
葉裏は白っぽく、毛もあります。もしかしたらサイコクキツネヤナギかな?いかがでしょうか?

あかね雲 6月 9日(金) 23:24
ヨウアンさん こんばんは
ヤナギの精に憑りつかれて ヤナギの精に導かれて見つけたヤナギ
拝見させていただいてましたが未知の未見のヤナギで意見を申し上げる知識もないまま気になっていました
北のキツネヤナギやバッコヤナギ 西日本のサイゴクキツネヤナギ
生育地により似ていて非なるヤナギですね
バッコヤナギに似ているという記述もあり その通りバッコヤナギの若木の新葉の様子にそっくりです
でも お尋ねのヤナギの葉は卵形といいますかバッコヤナギより丸いです
なので サイゴクキツネヤナギでよろしいのではないかと思います
ヤナギを学ぶことでいろいろなヤナギがあることを知ったばかりのわたしの一つの意見です
他の詳しい方のご意見がいただけるといいですね
バッコヤナギの新芽を一枚添えさせていただきます


ヨウアン 6月10日(土) 05:05
おはようございます。あかね雲さん、こちらにもコメントをありがとうございます。
 なるほど、サイコクキツネヤナギはバッコヤナギにも似ているんですね。同じ個体でもいろんな形の葉があって、この例のように長めで、鋸歯も鋭く、キツネ色をしたのもあります。ただ、ヤマヤナギとの見分けがわからず、これまでも何度か質問しては、やはりヤマヤナギの範疇でした。
 どの図鑑にも「花(果実)の下には葉がない(成長しにくい)」ことがサイコクキツネヤナギの特徴として記されており、一枚目の写真のようにそれに当てはまるのではないかと考えています。
 皆様、いかがでしょうか?

あかね雲 6月10日(土) 10:30
ヨウアンさん おはようございます
サイコクキツネヤナギの新葉の様子をみせていただきありがとうございます
長めの葉もあり 新葉は巻かないという違いも良くわかりました

ヤマヤナギの裸材に隆起条は無く サイコクキツネヤナギには明瞭にある という記述がありました
信頼のおけるサイトの情報ですので確認できましたら見分けの大きなポイントになると思います
ヤナギの精と仲良くお付き合いしていきたいですね

ヨウアン 6月10日(土) 14:17
あかね雲さん、有用な情報ありがとうございます。
 裸材の隆起条(隆起線)については、バッコヤナギにそれが有るというのは読んだことがあります。たまたま枝先の細い部分を持ち帰っていたので、表皮を剥いで調べてみました。キツネの化けの皮を剥ぐようで面白かったです。やや角張って陵が有るようですが、これが「隆起条」に相当するのかどうか???
 もっと太い部分を調べることと、比較のためにヤマヤナギとわかっているサンプルも同じように調べる必要がありますね。
 結論は先ですが、ヤナギの枝の繊維がきわめて柔軟で丈夫なことを実感できましたよ!

あかね雲 6月10日(土) 16:13
ヨウアンさん こんにちは
キツネの化けの皮(笑)正体見たり・・・?
サンプルを持ち帰られていてよかったですね
やや角ばっているこの状態が隆起条というのかはわからないですが
バッコヤナギの隆起条の画像がありますので添付させていただきますね
直径1センチくらいの細い枝です いろいろなサイトに隆起条という記述はありますが画像は探してもなかなか見つからないものですね

ヨウアン 6月10日(土) 18:41
脱帽です、あかね雲さんが既にバッコヤナギの化けの皮を剥いでいたとは!手元の古い図鑑にバッコヤナギの裸材の隆起条の写真と解説があり、隆起した短い線が所々にあって、まさにあかね雲さんのお写真の通りです。ボクが思い込んだ角ばった長い陵とは違いましたね。やはり再訪して太さ1cm位の枝を剥いでみます。(先ほどのはほんの2mmに満たないものでした。)

ヨウアン 6月13日(火) 12:05
こんにちは。
 昨日再訪して、やや太い枝の裸材を見てみました。写真が醜く恐縮ですが3〜4ヶ所の隆起条が認められます。これのみをもってサイゴクキツネと同定できるのかわかりませんが、花の下に葉が見えないことなども含めて総合的に考えると、ヤマヤナギ的な形質とサイコクキツネヤナギ的な形質を併せ持つ個体群かと思います。
 あかね雲さん、面白い判別法を教えて頂きありがとうございました。これからも活用してみたいです。また、クロウメモドキの件も当初ボクには何も判らなかったので、正しい方向を示して頂き感謝しています。

あかね雲 6月13日(火) 21:38
ヨウアンさん こんばんは
早速再訪されて 裸材の隆起条の確認 お疲れさまでした
隆起条を確認されても近縁種の多い地域ではサイコクキツネヤナギと判断は慎重に・・・ですね

どの木もどの野草にもひとつの種には良く似ているけれど少し違う種があることを考える大切さを教えていただきました
ありがとうございました
【編集・削除方法】
1:編集・削除したい投稿の冒頭タイトル左にある矢印マークをクリックします。
2:切り替わった画面で、ページ最下部の欄に、投稿時に入力したパスワードを入力します。
3:「編集」(返信がついていない最初の投稿のみ可能)か「自分の最後の投稿を削除」か「スレッド自体を削除」を選びます。
4:実行ボタンをクリックすれば編集画面に移るか削除完了します。
※文脈を乱さないために、返信がついた後や古い投稿の編集・削除はできない仕組みになっています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2017-6




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930