[戻る]
編集・削除・レス取消
パスワードを入力し、機能を選択して実行ボタンをクリックしてください。
庭にある木 さおり 12月24日(火) 15:56
庭で大きくなっている木です。
植えた訳ではない木です。

数年葉っぱだけでしたが、
最近実のようなものがついてきました。
よろしくお願いします。


さおり 12月24日(火) 15:57
2枚目です

さおり 12月24日(火) 15:58
3枚目です。

うらの 12月24日(火) 22:51
コウトウヤマヒハツ(シマヤマヒハツ)ですね・・・

さおり 12月25日(水) 08:21
うらのさま ありがとうございました。
コウトウヤマヒハツ、はじめて聞きました!!切ってしまおうか悩んでいましたが、そのままにしようと思います。
勉強になりました!

このきなんのき所長 12月27日(金) 14:56
シマヤマヒハツはよく庭木にされ、赤と黒の実がなり食べることもできます。沖縄ではこれを泡盛などにつけて果実酒をつくることがあり、「あわぐみー」「ぐみ」などの名で果実が売られていることもありますよ。

さおり 12月29日(日) 20:32
このきなんのき所長さま 
あわぐみ、はじめて聞きました!
果実が赤と黒色になるのが楽しみです。詳しく教えていただきありがとうございました。
何の木ですか? アブリル 12月28日(土) 17:11
失礼します。
写真の木が、愛知県緑化センターの実習園にあったのですが、樹名板がなく、名前が分かりません。
木の名前を教えてもらえませんか。
樹高は 4mくらい。こんもりとして、全体まとまっています。

あと、2枚、画像をつけます。

アブリル 12月28日(土) 17:14
付いている果実です。
ノイバラくらいの大きさでしょうか。
柱頭の名残りが とても大きいです。

アブリル 12月28日(土) 17:16
葉は 私の感想では キンモクセイの葉に似た感じです。
モチノキのように厚くなく、縁に細かい鋸歯があります。

以上ですが、この木の名前を教えてください。

Miyazaki 12月28日(土) 18:07
こんばんは。
オオカナメモチはどうでしょうか。

Miyazaki 12月28日(土) 18:17
花の時期の画像がありますので載せてみます・・・。

アブリル 12月28日(土) 20:41
Miyazakiさん、いつもお世話になっております。
近くに 樹名板付きの カナメモチ (添付画像)があって、それとはだいぶ果実のなり方、樹形がちがうので、思い至りませんでした。
もっと観察眼を養わなくっちゃ。
ありがとうございました!

(画像は カナメモチです)

Miyazaki 12月28日(土) 21:54
春の新葉が印象的です。こんな感じです・・・・。
実 カラタチ? キンカン? イチリョウ 12月15日(日) 22:13
写真を4枚貼ります(A・B・C・D)。Aは樹形。

イチリョウ 12月15日(日) 22:15
写真B

イチリョウ 12月15日(日) 22:16
写真C

イチリョウ 12月15日(日) 22:18
写真D 自作の比較表
柑橘類にはあまり馴染みは有りません。大昔に子供が鉢にグレープフルーツの種を蒔き、発芽したので庭に植えたら、全部の葉が黒黄色の毛虫に食べられました位です。カラタチ(葉柄に翼がある三出複葉)、ユズ(葉柄に広い翼がある)は図鑑や実物で確認しています。
柑橘類は種類が多く写真鑑定は難しいとの事ですが今回、歩道の樹にチャレンジしてみました。表題の2つに絞り込めるかなと思っていますが、決定打が見つかりません。

イチリョウ 12月16日(月) 21:28
追加画像 E
カラタチ:葉先は凹む。葉柄に翼は無い(p.468)。
キンカン:葉先は伸びない。葉柄の翼はごく狭かない(p.469)。
識別のヒントは「樹木の葉/林将則」より

ウミ 12月16日(月) 22:13
イチリョウさん
出会った植物が何者であるのか熱心に調べられていますね。私には果樹として利用されているミカン属は多様で全く見当が付きませんが、
表題のカラタチでないことだけは3出葉なので確かです。
画像B、Eでは拡大されている果実はトゲの先にミカン属に関係のない果実が
いたずらに刺さっているように見えますね。

イチリョウ 12月16日(月) 23:16
ウミ様;こんばんは。
タイプミスをご指摘頂き、有難う御座いました(昨夜は飲み過ぎ?)。
前代未聞のタイトル修正願い:
「実 カラタチ? キンカン?」を
「実 タチバナ? キンカン?」に訂正。
写真Aでは、オレンジ色の実の様な物が2ケ映り込んでいます。
私もBの実?は不自然な位置とは思っていましたが、未見のために疑いませんでした。東京都ではこんな悪戯もあるんですね。田舎者はビックリです。そういえばどこかのサイトで、悪戯画像が投稿されていたのを思い出しました。たまにはあるのですね!
**表題をミスりましたが、タチバナorキンカン辺りでしょうか?

イチリョウ 12月17日(火) 16:16
ナツミカンでしょうか?
悪戯の小さな実を無視し、再度、「東京都 街路樹」で検索したら、"東京の街路樹( http://s-araki.com/index2.htm )"に、葛飾区の歩道にナツミカンの並木があると記載がありました。図鑑p.470ナツミカンでは、葉は小型、葉柄の翼はごく狭い、葉先は凹んだ様にみえ、写真BとEの葉に似た感じがします。刺がほとんどないとの表記は写真Bのレベルをいうのか?

イチリョウ 12月17日(火) 16:40
<誤記訂正>
12/16 21:28:00投稿で、著者様の名に孫の名をタイプしていました。
「樹木の葉/林将則」を「樹木の葉/林将之」に訂正し、お詫び申し上げます。

イチリョウ 12月19日(木) 12:49
***この柑橘類の写真での識別は困難として、ギブアップします。***
だめもとで、この樹のあった区役所の道路公園課に、「保育園の近くの歩道と車道の境に、”大きな刺がある柑橘類の樹”が植えられているが?」とメールを入れましたら、幸運にもこの樹をご存知の担当者の方から電話を頂きました。
A1:この樹は、都の管理下の樹ではなく、樹種は不明。
A2:ご近所の方が自分の鉢植えを下したのかもしれません。

このきなんのき所長 12月27日(金) 15:41
書き込み遅れました。
柑橘類はただでさえ難しいですが、幼木なので通常よりトゲが多く発生していると思われます。葉の雰囲気は、キンカンやタチバナよりも、ナツミカンあたりの印象があります。誰かが植えたのかもしれませんし、勝手に生えてきた可能性もありますね。果たして本物の果実がつくまで成長できるでしょうか・・・

イチリョウ 12月27日(金) 17:07
このきなんのき所長様;こんばんは。
ナツミカン辺りかとのコメントを頂き有難う御座いました。柑橘類に限らず、やはり、幼木の見立ては難しいのですね。
既に歩行の邪魔になるほど枝葉を伸ばした大きなトゲのあるこの樹を、いつどう処分したものか、都のご担当者様も思案げの口調でした。
教えてください。 この木 12月22日(日) 23:14
5月頃に花が咲き、12月頃に実をつけました。
この木の名前が知りたいです。

この木 12月22日(日) 23:15
実です。

この木 12月22日(日) 23:17
全体像です。

この木 12月22日(日) 23:22
葉です。

亜阿相界 12月22日(日) 23:55
この木さん、おばんです。

実を見るとシシユズとかオニユズと呼ばれているもののようですね。ただ、柑橘類は難しいので詳しい方の登場をお待ちください。

この木 12月27日(金) 16:45
亜阿相界さんありがとうございます。
玄関に飾ったり、ジャムにしてみます。
あけみ 12月16日(月) 08:59
すみません。このき葉っぱはあったんですが、うつりが悪いです。
樹木の写真も添付しています。難しいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
2枚あります。

あけみ 12月16日(月) 08:59
2枚目です。

このきなんのき所長 12月27日(金) 15:49
木の状態がよくないのと、写真で肝心な葉や冬芽の様子がよく見えないので難しいですね。バラ科のサクラ属のような雰囲気は感じます。あえて具体名をあげるならサクランボ=セイヨウミザクラとか。でも、枝がちょっと違う雰囲気もあるし、細部をよく見ないと分かりません。
あけみ 12月16日(月) 08:53
このきの名前を教えてください。
写真は2枚です。

あけみ 12月16日(月) 08:54
同じきの葉っぱになると思います。

このきなんのき所長 12月27日(金) 15:47
ニオイバンマツリに見えますね。
南米原産のナス科の常緑樹です。
ヒトツバカエデでしょうか? ヨウアン 12月27日(金) 09:12
おはようございます。度々お世話になります。
6月に鳥取県大山(だいせん)の南、岡山県との県境近く、沢沿いで見つけました。
はじめはオオカメノキかと思いましたが、樹形など少し様子が違います。

ヨウアン 12月27日(金) 09:16
葉の表です。基部は抱き込むように湾入し、オオカメノキと比べて側脈は少なく、鋸歯が鋭いようです。

ヨウアン 12月27日(金) 10:10
葉の裏です。
もし、ヒトツバカエデとすると分布については、ほとんどの図鑑には東北〜紀伊半島となっています。ただ古い図鑑には鳥取県に隔離して分布することを記したものもあり、微妙なところです。
更に、岡山県北部でもこれと同じような葉を見かけていますから、それも含めて皆様のご意見を伺えれば幸いです。

tenneko 12月27日(金) 14:37
ヨウアンさんこんにちは。いつも熱心な観察、勉強させていただいています。長野県で撮影したヒトツバカエデと思われる写真です。お尋ねの木が何かはわかりませんが、しわ感も葉脈もヒトツバカエデよりはむしろオオカメノキに近いように思うのですが、、

ヨウアン 12月27日(金) 15:40
tennekoさん、こんにちは。お写真とコメントをありがとうございます。
お写真を拝見すると、ヒトツバカエデとオオカメノキと全然イメージが違いますね。ヒトツバカエデでは、主脈からでた側脈がそのまま葉の縁に達しているのに対し、オオカメノキでは側脈が更に細かく分かれて葉の縁に達しているところが大きく異なることがわかります。この写真は別のオオカメノキの典型的な葉(と思っているもの)です。
質問の件はやはりオオカメノキだということで理解できました。いつも愚問ばかりで・・・ご親切に対応して頂き、深謝いたします。
よろしくお願い申し上げます。 素人 12月21日(土) 15:18
本日、参道で切られていた木です。直径は20cmでした。白と黄色があまりに綺麗ので名前が知りたくなりました。ネット検索かけてみましたがなかなかヒットしませんでした。よろしくお願い申し上げます。
そしてついでといえば何ですがこの黄色の部分が濃い茶色で厚さ2cm程度に輪切りされた鍋敷きのようなものを道の駅等でよく売られているのを見ます。よろしかったらこの木の名前も教えてください。素人見には外材のようにも見えますが・・・・。

素人 12月21日(土) 15:19
2枚目です。

ひろし@小南部 12月21日(土) 17:19
このように芯材が鮮やかな黄色のものからウルシの樹を思い浮かべます。
辺材が白く芯材が濃い茶色のものはイヌエンジュではないかな?ただし材木の業界では単にエンジュ(槐)と呼称される場合が多いようです。

素人 12月22日(日) 09:30
ひろし@小南部 様、初めましてそしてお早うございます。ウルシとエンジュ教えてくれて有難うございました。早速ネットで確認いたしました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

woodyowaku 12月23日(月) 12:29
ずいぶん黄色が鮮やかですね。
私の感じでは「クワ」だと思います。
エンジュにしては樹皮が違うようですし芯材はむしろ黒いです。、ウルシだとすればすぐに内樹皮と幹の間から黒い樹液が染み出すと思います。冬は少し活動が弱いかもしれませんが、、、。
クワは切ったすぐは黄色ですがそのうちに茶色っぽくなります。
素人さんはウルシに負ける人でしょうかウルシだとすれば切りくずでもかぶれます、気を付けてください。

うばき 12月23日(月) 13:05
ハゼノキはどうでしょう。写真は持っていないんですが、心材は黄色で辺材は白です。
添付はウルシの伐痕です。

ひろし@小南部 12月23日(月) 13:49
woodyowaku様
>(芯材が)濃い茶色で厚さ2cm程度に輪切りされた鍋敷きのようなものを道の駅等でよく売られているのを見ます。よろしかったらこの木の名前も教えてください.
この文に対しての回答がイヌエンジュ(材の業界ではエンジュと呼称される)です。画像に対してのものではありません。

うばき様
ウルシの伐根の画像ありがとうございます。芯材は黄色っぽいですが素人さんの画像のものほどではありませんね。
私が確認したウルシの樹(芯材が鮮やかな黄色)は材木の業者のものだったので、ひょっとすれば、業者さんはイヌエンジュ/エンジュ同様に同属のウルシもハゼノキも区別していなかったのかも知れないですね。あるいは、根元と幹では芯材比率や色彩も違うということも考えられます。

うばき 12月23日(月) 14:18
ひろし@小南部さま woodyowakuさま

>>濃い茶色で厚さ2cm程度に輪切りされた鍋敷きのようなもの
もしかして、このようなモノでは?
「エンジュ」として売られていたコースターですが、どうも、ハリエンジュ(ニセアカシア)のような気がします。
最近、ハチミツもニセアカシアなのに「アカシアのハチミツ」として売られていますし、色々混同している気がします。

ひろし@小南部 12月23日(月) 18:28
うばきさま、
イヌエンジュ(エンジュと呼称されます)でOKと思いますよ。ハリエンジュはもっと色が薄く茶色で黒味はほとんど入りません。オイルステインで着色したものや、古くなって変色したものは別ですが、辺材の白さはステイン仕上げ、経年変化を否定していると思います。
ハリエンジュ材(ニセアカシア材)の最も多い用途は低価格の木製サラダボウルや木製のフォーク・スプーンの類と思います。
http://morinokakera.jp/kakera/?p=1054

蜂蜜のアカシア蜜はハリエンジュ蜜で間違いないです。北東北は養蜂が盛んですがハリエンジュ蜜(アカシア蜜と呼称されます)が最高級品、ついで高級なのがトチ蜜、百花蜜やりんご蜜、クローバー蜜は普及品となります。シナノキからも良い蜜が採れるはずなんですが、百花に混じってしまうようです。

woodyowaku 12月24日(火) 09:02
わたしは「クワ」と感じましたが、あまりに黄色が鮮やかなのでその後悩んでいました。そこで「ウルシ」と「マグワ」と「イヌエンジュ」を近くから切ってきました、1日置いたものですが判断材料にしてください。
因みに芯材と辺材がはっきりしていて芯が黄色いものには「ニガキ」が有りますが樹皮はご存じのとおりエゴノキのような暗い色でつるっとしていますので違うと思います。
また、ハリエンジュは樹皮が少し似ていますが中の様子がだいぶ違うと思います。

woodyowaku 12月24日(火) 09:07
うっかり忘れましたが、左が「ウルシ」中央上が「マグワ」右が「イヌエンジュ」です。
「ウルシ」は「ヤマウルシ」でないほうです。

イチリョウ 12月24日(火) 12:17
皆様;こんにちは。
興味を持って投稿を拝見させて頂いております。うばき様の「ハゼノキ」をヒントに、「切り株 ハゼノキ」でネット検索をしていると、素人様の投稿写真とそっくりな画像がありました。ご参考までに。
URL:蒔きストーブ【第1部】薪原木、樹皮、木口、薪画像での見分け方【禁忌薪】
https://exprius.net/bark-and-wood-mouth01/

素人 12月24日(火) 15:41
いろんな御意見があるようなので本日、再撮影してまいりました。
ご参考になればと思います。よろしくお願い申し上げます。5枚送信いたします。

素人 12月24日(火) 15:42
2枚目です

素人 12月24日(火) 15:43
3枚目です

素人 12月24日(火) 15:44
4枚目です

素人 12月24日(火) 15:45
5枚目です 最後です よろしくお願い申し上げます。

woodyowaku 12月24日(火) 18:12
ハゼノキのようですね。
私の住んでる辺りにはハゼノキが無いのでわかりませんでした。
勉強になりました。

このきなんのき所長 12月27日(金) 15:07
やはりハゼノキでしたか。暖地で材が黄色い木といえば、ハゼノキかクワが代表ですね。

woodyowakuさんの切り口の比較もとても興味を持ちました。すぐにそのような比較を行うことができる環境が素晴らしいですね。

うばきさんのエンジュらしきコースターも美しいですね。形は違いますが芯材が色濃くなるものに、カイヅカイブキがあります。大きくなりすぎた庭木の処分で材が発生するようです。こちらは幹にうねがよく生じるので断面の形が凸凹になりやすいです。
http://blog.matu-taiju.com/?eid=302
木の名前を教えていただけますか? kkk 12月24日(火) 00:37
岐阜に住んでおります。11年前、自宅新築時に家内が庭に苗木を植えた植物が高さ250cm位に伸び、春?初夏?に白い花を咲かせます。名前がわかりません。わかる方、教えていただけますか?

kkk 12月24日(火) 00:41
追加です!

kkk 12月24日(火) 00:43
さらに追加です!

fuyu 12月24日(火) 07:16
銀梅花ではないでしょうか。

kkk 12月27日(金) 08:00
ありがとうございます! 銀梅花にしては葉が小さいように思えるのですが???

通行人C 12月27日(金) 09:02
おはようございます。
>銀梅花にしては葉が小さいように思えるのですが???
お写真だけでは葉身長は判りかねますが、2〜5cmの範囲内ならギンバイカでよろしいのでは?


Miyazaki 12月27日(金) 11:04
おはようございます。
ギンバイカの葉、透かすと添付画像下のような明点が見られるように思っています。ご覧になってみて下さい。

fuyu 12月27日(金) 14:39
ギンバイカなら葉をしごくと、爽やかな良い香りがしますがいかがでしょうか?
病気でしょうか? ポニョえもん 12月24日(火) 12:37
庭に植えてるクロガネモチなのですが
今月に入って元気がなく
葉っぱが内側に閉じる様になってしまいました。
数匹アブラムシ(ロウみたいな)がいたので駆除したのですが
助言お願いいたします。

ポニョえもん 12月24日(火) 12:39
写真です。

ポニョえもん 12月24日(火) 12:39
二枚目

ポニョえもん 12月24日(火) 12:39
三枚目

ハシロック 12月25日(水) 12:53
こんにちは。
地上に異常が見られない場合、地下に問題があるかもしれません。

ポニョえもん 12月25日(水) 17:10
お返事ありがとうございます。
地下を調べてみます。

はなはだ 12月25日(水) 22:54
ポニョえもんさま
 貴地がどのような気候の場所かわからないのですが・・・・ 
 私の住まいする岡山では、クロガネモチが好まれていて、街路樹や庭園木としてたくさん植栽されています。場所によって、あるいは個体によってでしょうか、違いはありますが秋になると落葉し始める傾向があります。落葉傾向の強い個体では、添付の画像のように11月末にはほとんど葉がない落葉樹のようになってしまいます。もちろんピョニョえもんさんのお庭のように、立派に葉が付いて赤い果実をつけているものもたくさんあります。
 どちらにしろ、秋には葉の勢いは弱くなり、丸まった状態になる傾向があり、落葉する傾向があります。弱ったように見える葉の状態は、病気の可能性もありますが、単に秋には葉の勢いが衰えるという生理的な現象の可能性もあります。
 

ポニョえもん 12月26日(木) 18:49
お返事ありがとうございます。
こちらは鹿児島市なのですが
少し元気が無くて心配してました。
となりには佐土原ヤマボウシを植えてるので
病気だと早めに対処しないといけないと思ってました。
少し様子を見てみたいと思います。
お返事ありがとうございました。

編集削除パスワード
 cookie
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10