5494489
46130: すずめのヒデ 1月10日(金) 17:00
この木の様な草の様な植物の名前を教えて頂けませんでしょうか。
全体写真です

すずめのヒデ 1月10日(金) 17:01
花です

すずめのヒデ 1月10日(金) 17:01
幹の部分です。

すずめのヒデ 1月10日(金) 17:02
葉の付き方です。

ドンドコ 1月10日(金) 17:26
こんばんは。
コウテイダリア(皇帝ダリア)ですね。
わが家にもあります。 球根ができる、多年草でしょう。
茎は竹のように節があり中空で、のこぎりで切って挿し木すればわりと簡単に増やせます。

すずめのヒデ 1月11日(土) 16:06
ドンドコ様
コウテイダリア確認できました。名前が分かり嬉しいです。ありがとうございました。また教えて下さい。
46120: 黄色い葉の木 ドンドコ 1月 6日(月) 16:34
お尋ねします。 
ちょうど1か月前、大阪城天守へ北側から寄って行った時の写真ですが、赤い葉はハゼノキでいいと思うのですが、撮影時は気にしなかったのですが、
後日見ると、この黄色くなってるのは何の木か気になってます。
葉の形など、雰囲気は桜に似てますが、こんな色にはならないと思いますし、桜はほとんど落ちてました。
候補だけでも挙げていただければと思います。


ドンドコ 1月 6日(月) 16:35
追加 2枚目 トリミング

ドンドコ 1月 6日(月) 16:37
追加 3枚目 トリミング(ピンボケ) 以上です。お願いいたします。

通行人C 1月 7日(火) 02:30
こんばんは。
短枝状の枝があるようだし、冬芽の様子からも、サクラの仲間のような気がします。
桜の葉が黄葉することは、さほど希ではないように思います。
遅くまで葉が残っている原因は、個体差とか、近くに照明があるとか、考えてみましたがよくわからず、そこが悩みですね。

ところで、紅葉した葉は、小葉が割と幅広なので、ヤマハゼの可能性は考えられませんか?

ドンドコ 1月 8日(水) 13:24
こんにちは。 通行人C さん、お答えありがとうございます。

黄葉の木は、サクラの仲間では、との事。
検索しましたところ、河津桜などの黄葉が見つかりました。
山桜・八重咲の桜かもしれませんね。

紅いのはヤマハゼの可能性も、との事。
調べたところ、ハゼノキの葉は披針形(ひしんけい)で、ヤマハゼに比べると細長い、という事なんですね。
了解いたしました。
ありがとうございました。

Miyazaki 1月 8日(水) 16:01
こんにちは。
私テキにはハゼノキでいいかなぁと思っています。
両者の違い別々に見ると分かりにくいかもですね・・・。
こんなのもありますね。上がヤマハゼです。

ドンドコ 1月 9日(木) 17:34
Miyazakiさん こんにちは。
レスありがとうございます。
葉の先端が細長く伸びてるのがあり、ハゼノキのような感じもあるのですね。
幅広の葉もあり、毛は確認できないので、難しいですね。 ご意見ありがとうございます。

話は変わりますが、Miyazakiさんはいつも詳細な画像を載せておられますが、
その、すぐに出てくるように写真を管理されてるのに、感心しています。
私は普段、主に風景写真を撮ってますが、日付け別のフォルダに保存してるだけなので、写真を探すのに、ものすごく手間がかかります。


Miyazaki 1月 9日(木) 18:56
ドンドコさん改めましてこんばんは。
こんな区別点はどうでしょうか。
右がヤマハゼです。
少し風が有る方が葉が翻って目立ち易いです。

このきなんのき所長 1月 9日(木) 21:10
Miyazakiさんの写真は両者の違いがよく表れていますね。大阪城は私も訪れているので知っていますが、ハゼノキです。そもそも、街中にヤマハゼが植えられているとか生えているとか、そんな例が記憶にないのですが、どこかありますかね?

黄色い木の方はサクラ類には違いないでしょうね、ソメイヨシノならもっと赤くなるので、やはりサトザクラなどサクラの園芸品種でしょうね。

ドンドコ 1月10日(金) 17:15
Miyazakiさん、所長さん、レスありがとうございます。
詳細な画像もありがとうございます。
よく分かりますね。 ハゼノキの方が小葉の枚数が多いですね。

サクラに関しては、花を見てもよく分からないでしょうから、サクラの仲間としておきます。
最初の投稿で『桜はほとんど落ちてました』と書いたのは、もちろんソメイヨシノの事でした。
皆さん、ありがとうございました。
46129: 赤い実のついた小灌木 k-まこ 1月10日(金) 11:20
新宿区の公園で最近見ました。草に埋もれる程度の高さ−数十cm程ですが、草ではなく小灌木と思います。赤い実がついていて気付いたので、花は見覚えありません。葉の出方が特徴的で互生で、1か所から複数の葉が出ています。

k-まこ 1月10日(金) 11:24
よい写真ではありませんが、横になった部分の葉です。立った部分は互生で、1か所から複数の葉が出ています。樹木の素人で、どう表現してよいかわかりません。よろしくお願いします。

亜阿相界 1月10日(金) 12:15
k-まこさん、こんにちわ。

元気がいいですね余程暖かいのかも・・・。ナス科のクコを候補に。

k-まこ 1月10日(金) 16:23
亜阿相界様、早速にご教示ありがとうございました。
クコ、確認しました。今まで見たものはもっと背が高く実が連なっており、全く気づきませんでした。初秋に花を見たいと存じます。
46127: あさひ 1月 9日(木) 14:11
この木の名前を教えてください。
よろしくお願いします。

あさひ 1月 9日(木) 14:11
2枚目です。

あさひ 1月 9日(木) 14:12
3枚目です。

あさひ 1月 9日(木) 14:13
木の近くで落ちていた葉の写真です。
あまり参考にならないかもしれませんがアップしておきます。
よろしくお願いします。

まみ 1月 9日(木) 14:59
こんにちは
アカメガシワはいかがでしょうか。

あさひ 1月10日(金) 09:04
まみ さん
返信ありがとうございます。
調べてみた結果アカメガシワでした。
教えていただきありがとうございました。
46115: ヒョウタンボクの仲間でしょうか? ヨウアン 1月 4日(土) 00:13
こんばんは。
年越しで愚問を連ね、恐縮です。
5月半ば、岡山県西部の石灰岩の谷で見つけました。
当時はクマノミズキかと思ったのですが、何だか違う感じもします。

ヨウアン 1月 4日(土) 00:18
葉の裏です。葉の大きさも記録がなく、うる覚えですが5〜10cmの範囲だったと思います。

ヨウアン 1月 4日(土) 00:30
樹高は2メートル程度だったでしょうか。
近くにはヤナギイボタ、イワツクバネウツギ、コクサギなど石灰岩地を好む植物が見つかるところです。
全縁・対生、となると苦し紛れにヒョウタンボクを思ったのですが・・・皆様のご意見をお知らせください。

亜阿相界 1月 4日(土) 07:46
ヨウアンさん、こんにちわ。

一見してコバノトネリコ=アオダモに見えましたが、いかがでしょう。

皆さま、本年もよろしくご指導のほどをお願いします。

所長さんの改定新版、いいですね。今後とも期待しております。(ヨウアンさんのところで失礼しました)

ウミ 1月 4日(土) 08:40
樹種は分からないのですが、複葉ではなく対生する単葉の植物ではありませんか?

若葉 1月 4日(土) 12:31
すでに検討されているヤナギイボタではないでしょうか。

ヨウアン 1月 4日(土) 14:16
亜阿相界さん、ウミさん、若葉さん、コメントを頂きありがとうございます。
このような場合まず、羽状複葉を疑ってみる必要がありました(反省)。アオダモ・マルバアオダモは石灰岩地に多く見かけます。
でも奇数羽状複葉としたら、頂葉が見当たりませんので、やはりウミさんの云われる単葉の方向で考えてみます。
若葉さんの云われるヤナギイボタかも知れません。この画像は近くにあったヤナギイボタ(と思われる)ものです。質問の葉よりも総じて丸い葉が多いように思っていますが、いかがでしょうか?

亜阿相界 1月 4日(土) 17:06
>頂葉が見当たりません

とありますが、1枚目にはそれと思われる葉がありますし、2枚目にも萎縮して見えるものがありますがねぇ・・・。

目標とする種名は一度捨てて考える方が広い視野で見られますよ。

千尋 1月 4日(土) 19:03
うる覚え は間違いです。
正しい日本語では
うろ覚え となります。

ヨウアン 1月 4日(土) 23:32
亜阿相界さん、再度のコメントありがとうございます。
ご説明の通り確かに奇数羽状複葉にも見えます。
大変失礼しました。思い込みは捨てて、考え直してみます。

千尋さん、言葉の間違いのご指摘、ありがとうございます。
うろ覚えで慌てて書くといけませんね。

ヨウアン 1月 6日(月) 23:57
こんばんは。
亜阿相界さんの仰るアオダモではないかと調べてみましたが、鋸歯がどうしても見えませんので、踏み切れずにいます。
若葉さんの仰るヤナギイボタについて、手持ちの画像を探したところ、この写真に質問の葉の形に近いのがありますね。イボタノキもそうですがヤナギイボタにも、丸いのも細長いのも様々あることを痛感した次第です。

亜阿相界 1月 7日(火) 08:18
ヨウアンさん、こんにちわ。

追加のお写真を見ますと明らかに最初の2枚とは違います。(後ろの2枚はイボタノキ系統でも違和感はありませんが・・・)

どちらを鑑定するのかですね。

ヨウアン 1月 7日(火) 12:06
亜阿相界さん、こんにちは。
言葉足らずで申し訳ありません。
鑑定して頂きたいのは初めの3枚です。
追加した(後ろの)2枚は、それぞれ別の木です。若葉さんが始めの3枚についてヤナギイボタではないか、と云われましたが、私自身のヤナギイボタのイメージと少し違うことを説明するために、手元にあったヤナギイボタ(と思われる)の画像を貼ったのが追加の1枚目です。
ただ、最後の1月6日(月)で(追加の2枚目も含めて)書いたように、自分のヤナギイボタのイメージを変えなければ、と思い直しています。

話が混乱して申し訳ありません。にもかかわらず再々コメントを頂き感謝しています。

このきなんのき所長 1月 9日(木) 21:14
オオバイボタとヤナギイボタを思い浮かべましたが、葉先がよくとがって葉が薄いので、やっぱりヤナギイボタが有力でしょうね。石灰岩の限られた場所でしか見られない木なので、なかなかイメージのつかみにくい木ですね。

ヨウアン 1月 9日(木) 23:09
所長さん、皆さん、ありがとうございました。
要領を得ないボケた画像で申し訳ありません。
希少なヤナギイボタ、これまでこの谷で数本確認していますが、更に一本加えることができ、嬉しい限りです。
46112: 新年のご挨拶 このきなんのき所長 1月 1日(水) 12:42
あけましておめでとうございます。
いつも管理人のチェックが遅れがちで恐縮ですが、
本年も本サイトをどうぞよろしくお願いします。
写真は元旦の沖縄県伊江島です。

昨年12月に発売になった著書2冊を紹介します。
一つは、拙著最大の図鑑を全ページ増補改訂した「山渓ハンディ図鑑14 増補改訂 樹木の葉」(山と渓谷社、税込5500円)です。初版より64ページ増、173種類増、1000点写真増で、合計1300種類の葉のスキャン画像と見分け方を掲載しており、特に花実の写真や園芸種を充実化しています 。
https://amzn.to/2Z485rD

もう一冊は、小学校図書館向けの自然観察入門書「校庭のかんさつ」(ほるぷ出版、税込3300円)です。植物も動物も含めたあらゆる生き物の紹介や探し方、観察の楽しみ方を解説してます。私の幼少期からの体験を活かして作ってます。
https://amzn.to/2SehX0H

どうぞご覧ください。

このきなんのき所長 1月 1日(水) 12:47
あれ、iPhoneから投稿すると画像が逆さまに表示されてしまいました。

sanpo 1月 1日(水) 19:33
所長様、皆様、あけましておめでとうございます。

新刊2冊のご発刊もおめでとうございます。
とりわけ、小学校図書館向けの自然観察入門書「校庭のかんさつ」は、今までになかったユニークな図鑑ですね!
是非孫に、いや、その前に私自身が手に取って見てみたいと思っています。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

通行人C 1月 2日(木) 00:14
所長さん、皆さん、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

所長さん、私のPCでは、お写真は正常ですよ!!

新刊2冊の発刊おめでとうございます。
いつも厄介になっている初版「樹木の葉」はかなりくたびれてきて、そろそろ隠居させようかと思っていたところですので、早速増補改訂版を注文したいと思います。
自然観察入門書「校庭のかんさつ」も面白そうですね。
孫にはまだ早いので、手元に置いておこうかな。

栗生の里 1月 2日(木) 09:51
明けましておめでとうございます。
滅多に投稿しませんが毎日必ず訪れて勉強させて頂いております。
所長様の映像、iPadでは逆さま、マックミニでは正常です。そっちの知識は皆無ですが不思議です。
本年もよろしくお願いします。

ヨウアン 1月 2日(木) 10:14
所長さん、皆さん、あけましておめでとうございます。

遠く雲の間から初日の光線が射し、手前の岩は石灰岩でしょうか。素晴らしい沖縄の元旦の画像に、心改まる思いです。

大著「樹木の葉」増補改訂を成し遂げられ、加えて入門者のための新著も同時に発刊されましたこと、謹んでお慶び申し上げます。

昨年も大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
これは岡山県自然保護センターのタンチョウ、ハンノキとサクラバハンノキのある湿生植物園もこのすぐ近くです。

tenneko 1月 2日(木) 10:15
新年おめでとうございます。
覚えるより忘れる方が多いのでは?とふと思う今日この頃ですが、まだまだリフレッシュしていきたいものと、このきなんのきを頼みの綱としております。今年もよろしくお願いいたします。

あかね雲 1月 2日(木) 11:12
このきなんのき所長さま 皆さま 明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます
素晴らしい新刊の発刊のご案内ありがとうございます
自然に興味を持ち 里山遊び大好きな孫たちに観てもらいたいので是非備えたいと思います

AndroidタブレットとパソコンWindowsでは正常ですね

このきなんのき所長 1月 4日(土) 22:41
皆さんありがとうございます。
ぜひ、「樹木の葉」の買い替えや、お孫さんお子さんへのプレゼントや、その学校や図書館へのリクエストとして「校庭のかんさつ」としてもどうぞご活用ください。

iOSから撮影して画像をアップしたら、iOSで逆さまに表示されるこの掲示板の問題は以前から確認してましたが、まだ改善されてないみたいですね。

ドンドコ 1月 5日(日) 18:19
おめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

画像の回転問題ですが、度々話題になりますね。
ところで、拝見したところ所長さんの画像、私のとこでも正常に見えてます。(WinPC Firefox Chrome)
Exif情報に回転=180度回転 (3)、(Orientation Rotate 180)という値が含まれています。
一部の端末では、この回転情報データを反映させて表示します。
画像データそのものは正常位置になってるので、回転情報は消すか、もしくは0度であるべきなのですが。
機種名等のデータは消えてるので、何らかの加工をされてるものと思います。
180度回転というのはシャッターボタン(ホーム)を左にして撮ったのでしょう。
横位置でシャッターボタン右で撮ったなら、回転ゼロなので問題ないでしょうけど、もしかして、左利きでしょうか?(笑) 
UPする前にアプリで加工した際、余計な回転情報も消してくれるアプリを使えばいいのですが。
失礼しました。

このきなんのき所長 1月 9日(木) 21:07
どんどこさん、お返事遅れましたが解説ありがとうございます。なるほど、iPhoneで撮影するにも左側を下にするか、右側を下にするかで回転情報が異なるのですね、無意識に右を下にして撮ることが多いようで、すると180度回転となってしまうわけですね。困ったものです。

ところでヨウアンさん、写真の岩ですが、石灰岩ではありません。伊江島は確かに石灰岩の島ですが、中央にそびえる岩山(タッチュー)のみ、古生代のチャートから成るようで、石灰岩ほど鋭くなく、植生も山地性の樹種が見られます。対岸のちゅら海水族館がある海洋博公園からもよく見えるシンボルの山となっています。

ヨウアン 1月 9日(木) 22:35
所長さん、石灰岩ではなく、チャート(けい質岩)なのですね。石灰岩ほど白くはなく、断面も鋭くないことがよくわかります。私の住む岡山県にも、石灰岩の近くにチャートがあるようです。これからは区別しなければいけませんね。勉強になりました。ありがとうございます!
46124: 木の名前を教えてください 冬華 1月 8日(水) 13:15
木の名前を教えてください。お願い致します。

ヨウアン 1月 8日(水) 14:51
こんにちは。
マユミではないでしょうか?

亜阿相界 1月 8日(水) 17:03
冬華さん、こんばんわ。


コマユミの紅葉に見えます。

冬華 1月 8日(水) 17:47
こんばんわ ヨウアン様 亜阿相界様 ご教示ありがとうございます。
葉っぱが大きめなのでマユミで了解致しました。
撮影時に大きさの比較が無くて申し訳有りませんでした。
今からの紅葉が楽しみです。

このきなんのき所長 1月 9日(木) 21:12
どちらかといえばコマユミに見えますね、葉が小さく丸いので。ニシキギの品種ですから、ニシキギと呼んでもOKです。
46123: 何という木でしょうか 桂木 1月 8日(水) 11:25
山梨県東部の里の近くの山で、斜面の山道沿いにありました。
木は下のほうで幹が切られていて、葉身の長さは5、6センチくらいです。
何という木が考えられるのでしょうか?
まず葉の画像です。

桂木 1月 8日(水) 11:26
2枚目の画像は葉の裏です。

桂木 1月 8日(水) 11:30
3枚目は幹の画像です。
幹の太さは7ミリくらいです。

桂木 1月 8日(水) 11:31
最後に全体の画像です。

回答、よろしくお願いします。

通行人C 1月 9日(木) 02:15
こんばんは。
先ず常緑樹を考えましたが、対生の常緑樹でシックリするものが思い付きません。
道沿いで、夏頃に刈り込まれた後に伸び出た萌芽枝の葉と考え、それなら落葉樹も有り得るなと考えました。
短い葉柄に見られる星状毛、糸状の鋸歯などから、かなり苦しい候補ですが、アジサイ科のウツギはいかがでしょう。

sanpo 1月 9日(木) 07:18
桂木様、おはようございます。
通行人Cさんに負けず劣らず苦しい候補になりますが、所長さんの著書『樹木の葉』:(山と渓谷社)のモチノキ科の樹木の幾つかに、「剪定後の徒長枝や、幼木の葉には鋸歯が出る」と書かれているのを思い出しました。
だとすれば、標準的な葉が出れば解決するのですが……。
http://ashikawapapyrus.livedoor.blog/archives/2018-02.html

うばき 1月 9日(木) 12:40
3枚目の写真。折れた枝、中空っぽくみえるのですが、通行人Cさんのご指摘のようにウツギの仲間は考えられませんか?
サラサウツギとか・・・

うばき 1月 9日(木) 13:48
よく見ると、葉先がとがっていますね。
サラサウツギは撤回します。
通行人Cさんのご指摘のウツギに

みっちゃん 1月 9日(木) 15:33
センリョウ科 センリョウ ではないですか。

桂木 1月 9日(木) 21:06
通行人Cさん、sanpoさん、うばきさん、みっちゃんさん、ご回答ありがとうございました。
それぞれのご提案、たいへん参考になりました。ありがとうございました。

通行人Cさんがおっしゃるように対生で糸状の鋸歯といえばウツギでしたね。
雰囲気がすこしちがうように感じ、まったく思い浮かびませんでした。
なお、問い合わせした今回のこの画像では葉の付きかたが十字対生だと思われますが、ウツギも十字対生になることがあるのでしょうか?
46122: この木の名前を教えて下さい ieiesan 1月 7日(火) 18:08
本年も宜しくお願い致します。
花でしょうか? 年が変わって確認に行きましたが、
この場所に辿り着けず、照会した次第です。
宜しくお願い致します。(2枚set)

ieiesan 1月 7日(火) 18:09
2枚目アップです

ちい 1月 7日(火) 18:36
造花では。
ショウジョウボク(Euphorbia pulcherrima)ポインセチアに似せたのでは。

ieiesan 1月 8日(水) 10:54
ちい様
造花ですか?
何しろ撮影場所を思い出せないので確かめようがありません。
取り敢えず同日に撮った残りの2枚を送りますのでご意見頂けますか? (追加1枚目)
本年も宜しくお願い致します。

ieiesan 1月 8日(水) 10:55
追加2枚目です

ieiesan 1月 8日(水) 10:56
もう一枚ありました。
宜しくお願い致します。

千尋 1月 8日(水) 11:22
造花でしょ。
何枚画像をあげても、造花は造花。

Miyazaki 1月 8日(水) 11:24
こんにちは。
横合いから失礼します・・。
3枚目のお写真(1月8日10:54)の左下の花弁のエッジ、繊維のほつれのようなのが見られるように思いますがどうでしょうね。

亜阿相界 1月 8日(水) 11:42
ieiesanさん、みなさんこんにちわ。

追加1枚目の右の花(に見える葉の部分)、花弁というか葉弁というかそのもとにプラスティックのジョイントが写ってます。

管理もしないめんどくさがりなら花壇を作らなければいいのにと思ってしまいますが・・・。綺麗な闇夜にライトを点滅させて喜ぶ輩もいますからね。好みはいろいろですかね。

Natsu 1月 8日(水) 17:31
一枚目の右後方に料金表が写っています。美容院の店先でしょうか。
鉢やプランターに植えられている植物は本物ですが、冬は花が少なくなるためか彩りに造花を何本か差してあるように見えます。ポインセチアの造花はクリスマスシーズンに合わせた可能性もあり、年が明けたら外されているかもしれません。

ieiesan 1月 9日(木) 07:57
ちい 様、千尋 様、Miyazaki 様、亜阿相界 様、、Natsu 様
昨日の雨の合間及び今朝記憶と前後の映像を頼りに探索。
諦めかけた時に問題の花を見つけました。
花が針金芯で植木鉢に立てられているのをカメラに収めていたら、
後ろから「ここのママさんが趣味でつくったのよ、上手でしょ」と
近所のおばさん風の方が教えてくれました。造花に決定。
ちい様始め皆様のご意見ご協力に感謝します。
有難う御座いました。 今後とも宜しくお願い致します。

みっちゃん 1月 9日(木) 15:42
投稿者は最初から「質問することを前提に」考えて撮影していませんか?何か違和感を感じます。そうでなければ、手で触れたり、匂いをかいだり五感を使えば容易に判断が付くことです。
そうすれば回答者が「余計な想像を」巡らすことも避けられます。

ieiesan 1月 9日(木) 17:25
みっちゃん様

知らない植物を見た時に照会を前提に数枚入れていますが、
先ずはSNSにアップを考えて写します。
今後はお説の様に手を触れることは出来ませんが、今以上に
色々考えて撮影したいと思います。ご忠告有難う御座います。
46121: クロガネモチではないような 島暮らし 1月 7日(火) 10:19
公園の竹やぶの日陰にこの季節目立った黄色でした。
よろしくご教授ください。

島暮らし 1月 7日(火) 10:21
別の木ですが

亜阿相界 1月 7日(火) 10:48
島暮らしさん、こんにちわ。

クロガネモチはどういう関連で出てきたのでせう。
落葉樹のイヌビワに見えますが・・・。

島暮らし 1月 7日(火) 11:33
亜阿相界さん、ありがとうございます。
しばらく図鑑など見ておりましたが果たせず、スッキリいたしました。
クロガネモチでなくクロモジと書くつもりでおりました。
耄碌だけではすまない大間違いでした。軽率さを反省します。

亜阿相界 1月 7日(火) 13:10
島暮らしさん、そういうことだったのですか。同じことを小生もよくやっています。お互い年は取りたくないですね。

このイヌビワのようにイチジクの仲間には実の中で生活する特定のハチがいるそうで、イチジク類を見るたびに「自然は何か目的があってそのようなことをしているんだろうな・・・」と思ってしまいます。自然を勉強することに長けている日本人をしてそうなのですから、人間の知識なんて微々たるもんです。

島暮らし 1月 7日(火) 20:38
亜阿相界さん、深いコメントありがとうございます。
トンチンカンかも・・野ブドウを人にあきらめさせた虫えいも不思議だなと思いをはせてしまいました。
【編集・削除方法】
1:編集・削除したい投稿の冒頭タイトル左にある矢印マークをクリックします。
2:切り替わった画面で、ページ最下部の欄に、投稿時に入力したパスワードを入力します。
3:「編集」(返信がついていない最初の投稿のみ可能)か「自分の最後の投稿を削除」か「スレッド自体を削除」を選びます。
4:実行ボタンをクリックすれば編集画面に移るか削除完了します。
※文脈を乱さないために、返信がついた後や古い投稿の編集・削除はできない仕組みになっています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2020-1



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031