4846148
ハンドルネーム:
メール(任意):
HP(任意):
タイトル:
本文:
撮影地方: view
画像添付: 5MB
編集削除パスワード
 cookie


42096: 木の名前を教えて下さい 紅葉 11月23日(木) 03:26
標高400mの所に有りました。
42095: 木の名前を教えて下さい。 紅葉 11月23日(木) 03:18
標高400mの所に有りました。葉の裏は白っぽいです。

紅葉 11月23日(木) 03:20
葉の表です。

紅葉 11月23日(木) 03:22
赤い実も付いています。
42093: 紅い実で、葉は厚く樹高4〜5mの樹木 工場 太郎 11月22日(水) 14:39
いつもありがとうございます。

構内の比較的きれいな場所に写真のような樹木が1本だけ植えております。
樹高4〜5m、葉は厚めでどれも湾曲しています。
実は少ないのですが、5ミリ程度の赤く、僅かに長い綺麗な実が付いております。
楠かとも思いましたが、こんな実が成るのであれば違う種類だと思い、調べても良く分かりません。
御存じの方いらっしゃりますでしょうか?


ZYOKOU 11月22日(水) 15:15
どこまで調べたのか書かNIGHT.

工場 太郎 11月22日(水) 16:02

ZYOKOU 様

ご助言ありがとうございます。

一応、以下の所まで調べたところ、クスノキのような気がしたのですが、「真っ赤な実」が成っているために分からなくなってしまいました。
この情報にて種名等分かりますでしょうか?

@蔓植物ではない
A単葉である
B葉に裂け目(谷)が無い
C全縁である
D葉長5〜7p程度
E葉の付き方 互生
E樹高4〜5m
F結実期10〜11月
G実の大きさ 5〜8o
H実の色 トウガラシのような赤色

みっちゃん 11月22日(水) 16:50
モチノキだと思いますが…。

工場 太郎 11月22日(水) 17:05
みっちゃん 様

ご回答、ありがとうございます!
「モチノキ」で調べたら一発でそれらしい画像が・・・
やはりトライ&エラーで調べていたのでは埒があきませんね!

「生兵法は大怪我のもと」ではありませんが(少し違うか)、素人が色々本やネットで調べても、結局、殆ど意味が無い事を痛感させられました・・・

ありがとうございました!!

工場 次郎 11月22日(水) 17:30
>素人が色々本やネットで調べても、結局、殆ど意味が無い
随分と失礼な人ですね。
わたしも素人ですが,「赤い実 11月」で検索するだけで幾つも似たものが見付かる。
自分の調べ方が悪いことを棚に上げ,「素人」に一括り。

Miyazaki 11月22日(水) 18:39
こんばんは。
果実の付き方はクロガネモチようにも見えますがどうでしょうね。

Miyazaki 11月22日(水) 19:09
果実の画像がありましたので載せてみます。

みっちゃん 11月22日(水) 19:50
画像が明瞭(特に葉のようす)であれば分かるのですが、実付きが少ないので「モチノキ」としましたが、日頃から深く観察されている Miyazaki さんの判断であればそうかも知れません。

Miyazaki 11月22日(水) 21:02
工場 太郎さん、無断でお写真を加工させて頂きました。ご容赦下さい。
果実の付き方を画像の書き込みのように見ました。果(序)軸でなければクロガネモチではなくなりますが、どうでしょうね。

モチノキは果序軸の部分がクロガネモチのように明瞭(殆ど無いのかなぁ)でないですね。

工場 太郎 11月22日(水) 21:56
Miyazaki様 みっちゃん様

 詳しい情報、有難うございます!

 鑑定の肝は、果序軸(らしきもの)から果柄が分岐しているのかどうか、或いはこれが果序軸なのか、それとも単なる“枝”なのか、という点ですね?!

 果実が成っているのが地上より3mぐらい上方なので、望遠レンズでないと撮影できないのですが、明るく風の無い日にトライしてみます!

Miyazaki 11月22日(水) 23:04
工場 太郎さん改めましてこんばんは。
果実は葉の陰に隠れたりして見え難い事が多いと思いますので無理して果実を撮る事もないように思います。
 みっちゃんさんも上の稿で仰っていますように、葉の様子がしっかりわかるお写真等があれば鑑定は可能ではないかと思います。

余談ですがもし果実を拾う事が出来れば中の種子をお調べになってみてください。
モチノキとクロガネモチの種子はこんな様子です(クロガネモチも4個の場合もあります。モチノキに比べると細身で背面に2本の窪みがあります)。

工場 太郎 11月22日(水) 23:05
次郎(11月22日(水) 17:30)へ
(どうせ以前の「三郎」というのも同一人物だろう)



 >素随分と失礼な人ですね


 あんたには言われたく無いね。

 あんたは、42085番の11月20日(月) 15:04の投稿で、


 有毒な植物だと分かっていて(串として使っただけで食中毒死の記録有)、「この木で箸を作って食べると美味いで」、などと極めて危険な虚偽情報を書き込んだ。しかも不特定多数の(小学生含む)人々が参照可能な公開記事にだ。


 あんたの方が、余程、“失礼な人”どころか、“犯罪者”だろ。


 あんたの行為は、少し思い付くだけでも、「未必の故意による殺人罪」(刑法38条1項、同199条。例;途中からブレーキが効かなくなる可能性が高いと分かっていたのに、その車を貸して相手を事故死させる等)が適用されよう。
(まあ、今のところ“未遂”罪(刑法第203条)だが)

 更に、もしあんたのせいで食中毒者や、況や死人が出れば、司法の手はこのホームページの管理人さんにも及ぼう。

 そうなれば「偽計業務妨害罪」(刑法第233条、虚偽の情報を用いて他人の業務を妨害する)が適用され、この方面でも、“失礼な人”どころか、“犯罪者”として扱われるだろう。
 更に、管理人さんの出版物にまで泥が塗られるような事態になれば、「信用毀損罪」(同法233条前段)としても裁かれる。

 いいかげん、迷惑な“粘着”はやめておいた方がいいな。

 あんたの犯罪行為を、「インターネット・ホットラインセンター」(http://www.internethotline.jp/)に通報してもいいんだぞ。









工場 太郎 11月22日(水) 23:19
Miyazaki様

詳細な追加情報、有難うございます。

先ほど構内に戻って葉を一枚取ってきましたので、御鑑定お願い致します!

工場 次郎 11月22日(水) 23:22
いやあ,良かった,嬉しいよ。
あまりにもお粗末な写真と質問で,知恵遅れかと思ってた。
“粘着”するつもりはない,ましな質問を期待するだけ。
写真ももっと綺麗なもので,回答者が考慮しやすいものを心掛けてくれ。

工場 太郎 11月22日(水) 23:34
次郎(三郎)へ

喜んでいただけて光栄です。

私も嬉しいです。貴方は知恵遅れか何かの人だと思っていたから。

しかし毒のある植物を口に入れさせようと偽情報を一般公開する手口、あんた、洒落にならんぞ。

管理人さんから警告が入るかもな。

このきなんのき所長 11月23日(木) 00:26
ご質問の木は見た目の印象、果実の小ささからしてもクロガネモチでしょうね。葉裏の脈が少し見えるのも特徴で、モチノキはほぼ見えません。

さて、多忙に追われて掲示板をたまにしかチェックしていないのがいけないのですが、有毒樹木のキョウチクトウの質問に「この木で箸を作って食べると美味いで」といった書き込みがされていたこと先ほど知りました。実際に死亡事故も起きている木であり、決してそのような使い方をしてはいけません。その投稿は削除しました。

次郎さん、悪意のある投稿、誹謗中傷、差別用語などの投稿は行わないで下さい。こちらでIPアドレスは確認できますが、ハンドルネームをころころ変えての投稿もマナー違反となりますので、ご遠慮下さい。

工藤太郎さんの質問に特に問題は見当たりませんが、悪意のある投稿に対して、強く反撃することは問題を広げる要因になりますから、どうぞみなさん、冷静に対処または聞き流して下さい。

また、明らかに問題のある投稿については、いつでも管理人まで削除依頼や相談のメール等を下さい。ご協力よろしくお願いします。

工場 太郎 11月23日(木) 00:47
このきなんのき所長様

迅速な御対応、本当にありがとうございます。

直接メールでお知らせすれば良かったのですが、申し訳ありません!

クロガネモチとのご回答、有難うございました。

Miyazaki様、みっちゃん様もありがとうございました!


追伸;所長さんご推薦の「葉で見わける樹木 増補改訂版」をネットで注文しましたので、今後はもう少し精度有る情報をご提供できると思います。(田舎なので、届くのが来月の予定です(*_*))
42094: 何という木でしょうか 桂木 11月22日(水) 21:12
神奈川県北部の低山、尾根の山道沿いで見ました。
木の高さは80センチぐらい、葉身の長さは7センチくらいでした。
何という木でしょうか?
まず葉表と冬芽の画像です。

桂木 11月22日(水) 21:13
2枚目は、葉の裏の画像です。

桂木 11月22日(水) 21:14
3枚目はすこし引いたところからの画像です。

桂木 11月22日(水) 21:16
最後に全体の画像です。
何という木か、鑑定をよろしくお願いいたします。

通行人C 11月23日(木) 00:25
こんばんは。
バラ科のコゴメウツギはいかがでしょう。
徒長枝では切れ込みが深い葉が出ることがあるようです。
41982: この植物名前教えていただけませんか? mel 11月 7日(火) 15:08
葉っぱと枝に茶色の産毛のようなものが生えてます。

mel 11月 7日(火) 15:09
他の画像も添付します

mel 11月 7日(火) 15:12
すみません重複してしまいました、、。
商業施設に植えられていたものです。
よろしくお願いします。

みっちゃん 11月 7日(火) 22:09
オガタマノキ(モクレン科)を候補にしてみます。

mel 11月 8日(水) 18:35
みっちゃん様
ご回答ありがとうございます。
初めて見た植物だったので気になっていました。

引き続きよろしくお願いします。

mel 11月 8日(水) 18:38
葉の写真です。
少し厚みがありました。

このきなんのき所長 11月10日(金) 00:18
オガタマノキ属だと思いますが、日本のオガタマノキとは違いますから、外国産種でしょうね。見た記憶があるのですが名前が思い浮かびません。どんな所に植えられていたのでしょうか?
Micheliaでネット検索でもしてみて下さい。

mel 11月10日(金) 13:29
このきなんのき所長様

ありがとうございます!
代官山のこの施設でみかけました。
http://www.logroad-daikanyama.jp/concept/

調べてみたところ、タイサンボクという木かもしれません、、!
白くてかわいいお花が咲くんですね。
美しい植物だったので分かってきてとても嬉しいです!
葉の形状的には、ホソバタイサンボクの方でしょうか、、



BM 11月10日(金) 19:09
タイサンボクといえば楕円形の葉で縁が裏側に反るものと思っていましたが、矮性の園芸品種に葉先のとがった「リトルジェム」Magnolia grandiflora 'Little Gem' というのがあるようです。

mel 11月12日(日) 21:46
BM様

タイサンボクのリトルジェムという品種なのですね、、!!
確かに特徴が一致します。

みなさんのお知恵を貸していただき助かりました!
ありがとうございました^ ^

方人 11月12日(日) 22:03
melさん 皆さん こんばんは
候補に「リトル・ジェム」Magnolia grandiflora 'Little Gem'が出て解決のようなところですが気になりましたのでお邪魔します。
私の住まい近くの東京都農林総合研究センター(旧農業試験場)で以前見たことがありその画像を見ると葉身の根元の形はくさび形でmelさんの画像の葉の円形とは異なります。
今日、再確認に出かけて園芸種のタイサンボク‘リトル・ジェム’の葉を見ましたがやはりくさび形でした。
この場所には他の類似園芸種がいくつかあるので探したところ所長さんのコメントにあるMicheliaの園芸種でmelさんの画像と似た品種が有りました。
名札に学名がMichelia foveolata‘kinba’と書かれていましたが和名が記載されていません。
ネット検索でも日本語の記事はヒットしません。外国語がいくつかヒットします。
「マグノリア キンバ」で検索するとヒットしますが学名が書いてないので参考になりませんでした。
Michelia foveolata ‘kinba’の正体が不明ですので候補の一つとしてご検討ください。

Michelia foveolata‘kinba’の画像を参考に添付します。
葉の主な特徴
1)葉裏に金茶色の細毛が密生している。
2)若葉の表には金茶色の細毛があり成葉では落ちている。
3)葉の根元の形は円形。

方人 11月13日(月) 09:36
melさん おはようございます
問い合わせた木の花が見られると名前の識別が進みますので花が咲いた時のポイントの補足説明です。
・モクレン(Magnolia)属の花は頂生なので枝の先端だけに咲きます。
・オガタマノキ(Michelia)属の花は腋生なので葉の腋から咲きます。
開花に大きな違いがあるので是非来年の開花時に確認されてはいかがでしょうか。

このきなんのき所長 11月14日(火) 22:33
方人さん、ご確認と詳細情報ありがとうございます。
リトルジェムという品種は知らなかったのですが、私もタイサンボクにはちょっと見えなかったので疑問を抱いていたところです。

Michelia foveolata‘kinba’の画像は添付されていないようですが、海外サイトをのぞいてみても、まだピンとは来ない印象です。

代官山の新しい施設のようで、このような場所では珍しい品種や新しい外国産種が植えられることもよくありますから、施設に問い合わせるのが一番確実ではあるのでしょうね。

なな@二つ 11月14日(火) 22:53
まさとさんご紹介のMichelia foveolata‘kinba’蘭業者団Esveldで扱っていますね。melさんのような詳細画像が掲載されてないのが残念。
疑問があります。'kinba’園芸種名は「金の葉っぱ」からだと思われ、すると日本で作出されたのでしょか?

なな@二つ 11月15日(水) 08:04
追伸:kinbaを日本語由来とすると、金葉の他に金歯、更に金針などが候補になります。一方、横文字由来ならばkinbar, kinbary, kinber, kimba etc..が連想されます。似たのがイスラエル(ユダヤ)語彙にあり、イスラエル作出園芸種もありえましょう。と言えども、いずれもスッキリ合致する感じがしません。初期に金色の毛があると言う方人さん説明がkinba=金葉に素直につながるように思いましたが。、

Aquiya 11月15日(水) 11:54
園芸品種の'Kinba'の原種との違いはよく分からないのですが、園芸品種に限定せず、原種のミケリア・フォベオラタ(マグノリア・フォベオラタ)=Michelia foveolata (Magnolia foveolata)も含めて候補にならないでしょうか。
マグノリア・フォベオラータやミケリア・フォベオラータで検索すると、日本での流通状況も分かります。
「金葉含笑」と呼ばれるとのことで、'Kinba'もそれに関係があるかもしれません。
簡体字中国語では「金叶含笑」。
Michelia(Magnolia) foveolata 'Shibamichi'という園芸品種もあるようで、それはおそらくこの仲間の育種に熱心だという柴道昭さんが発表なさったものではないでしょうか。

方人 11月15日(水) 21:52
所長さん、なな@二つさん、Aquiyaさん こんばんは。
melさん スレッドをお借りさせて頂きます。

1)所長さん、Michelia foveolata‘kinba’の画像は11月12日(日) 22:03に添付した画像です。
添付していないのはMagnolia grandiflora 'Little Gem'であり、今回添付しますので参考にご覧ください。葉の基部はくさび形になっています。
2)なな@二つさんが推察されるように'Kinba'は金葉と私も思っています。
Aquiyaさんんコメントの「金叶含笑」Michelia foveolataをFlora of china@eflorasで検索すると葉裏は銅色〜灰色の細毛と説明されています。
この原種の色が園芸種の金色とどの程度違うのかは不明です。
またイラストの中には葉の基部がくさび形、円形とが出ています。

Michelia foveolataは葉の色、形の変異が大きいのかもしれません。観察者泣かせですね。

Aquiya 11月16日(木) 13:26
こんにちは。
スレッドが長くなってしまいますが、ご容赦ください。

方人さんがおっしゃる通りで、個体差なのか、あるいは生長段階による変化なのかは分かりませんが、Michelia foveolataは形態の変化が大きいようですね。
ただし日本にある株に関しては、おそらく少数の個体から挿し木などで栄養繁殖されたものと思われます。
もし形態の変化が個体差に由来するものなら、国内で販売されている株に関しては形態の差異が少ない可能性があるでしょう。

某大手通販サイトで販売されていた(現在は売り切れの)「金葉含笑」の写真を見ると、葉裏には銅色の細毛があるようで、また葉身の基部は円形に見えます。
大手種苗店のオンラインカタログの写真も同様です。
「金叶含笑」ではなく「金葉含笑」で検索すると、繁体字を使っている台湾のサイトなどもヒットしますが、日本のサイトに限定するといずれも同様のように見えます。

つまり日本で流通している原種と思われる金葉含笑=Michelia foveolataの写真と、melさんご投稿の写真と比べてみると大きな違いはないように見えるのです。
私としては流通のごく少なそうな園芸品種の'Kinba'よりも、通販も行われていて比較的流通の多そうな原種のMichelia foveolataと考える方が自然なのかなあと思った次第です。

'Kinba'という園芸品種に関しては、農林水産省の品種登録・アメリカの植物特許・JFコード・RHS Plant Finderのいずれにも記載がないようです。
とても興味があったので、上に書いた柴道さんから直接お話を伺いました。

Michelia foveolataを初めて中国から日本に導入なさったのは、やはり柴道さんとのこと。
*これについては、千葉大学園芸学部花卉園芸学研究室内 花葉会事務局発行の『花葉』No.27に記載があります。
'Kinba'という園芸品種の命名もやはり柴道さんで、Michelia foveolataの中の、新葉が特に鮮やかな黄金色になる個体に対して命名したとのことです。
ただしこの'Kinba'は、やはりおそらく市場にほとんど流通していないだろうというお話でした。
Michelia foveolataの原種、および同属の別種はたくさん生産・販売なさっているとのことでした。

以上のことをとても親切に教えてくださり、また掲示板に書くことも快くお許しいただいたので、報告させていただきます。

方人 11月16日(木) 22:06
皆さんこんばんは。
Aquiya さん、さすがです。
私がFlora of chinaを見ている時にMichelia foveolataは変異が大きいようなので園芸品種というよりも原種そのものかなと思ったりしました。その可能性もありそうですね。
柴道さんの情報もとても有益です。ありがとうございます。

スレッド主のmelさんがご覧になられることを願っています。

Aquiya 11月16日(木) 22:41
こんにちは。
「Michelia foveolata‘kinba’ではないか」という旨の方人さんのはじめの書き込みがなければ、私にはその可能性は思い浮かびませんでした。
実際の植物を広く、また詳細に観察なさっていて、はじめに候補を挙げられた方人さんはやはりさすがだと思います。
私は本当に後から便乗して勉強させていただきました。
どうもありがとうございました。

「金葉含笑」に興味がわいてきました。
機会があれば入手して栽培してみたいと思っています。

なな@二つ 11月16日(木) 22:41
散步つれづれ、melさん画像そっくりがあるかも…と常緑植え込みに目を注ぎました。もちろん可能性殆ど無しですが。Aquiyaさんの深い洞察に昔から啓発受けるばかり‥、とりわけ知られない海外種 <m(_ _)m>。melさん、まさとさんあるいは所長がコメントされる前にでしゃばります。

'支那語彙'金葉含笑'をキンヨウガンショウと和風読みするご紹介サイトを見ると、仰る通り葉の基部→円形に思われます。でも、くさび形かも、と言う他画像もあるようです。一方で蘭業者が'kinba'として商うのは、明らかに柴道さんが作出されたもの。そのローマ字綴りの由来が他に考えられないからです。

Aquiyaさん考察のように、'金葉含笑'が普通に流通するのに比べ'kinba'は少ない、とすればなぜ珍しい園芸種が欧州入りしているのでしょう?日本人町として知られるアムステルフェーンの圃場業者ですから、日本大手種苗会社との縁?万が一、該当業者による育種が試みられているかもしれません。単なる野次馬根性で、葉っぱの写真と導入経緯を問い合わせています。 


方人 11月17日(金) 22:19
なな@二つさん こんばんは。
お久しぶりです。
問い合わせの結果が出ましたらご紹介ください。
'金葉含笑'がMichelia foveolata(金叶含笑)のことを指している様でもあって分かりずらいですね。

Aquiya 11月17日(金) 23:29
みなさん、こんにちは。

なな@二つさん。
柴道さんは海外への輸出も熱心に行っていらっしゃる方なので、直接、ご交流があるのかもしれませんね。
しかし日本ではほとんど流通しないという'Kinba'を、オランダの業者が扱っているというのは確かにちょっと不思議です。
お名前のローマ字表記「Akira Shibamichi」で検索すると、ゆかりのある植物が海外で多数販売されていることが分かります。
その中には日本であまり流通しないような植物もあるので、あるいは国ごとに、需要に合いそうな品目を変えて輸出なさっているのかもしれませんね。
もし返事があったら、よろしければ教えていただければありがたく存じます。

方人さん。
金葉含笑=金叶含笑=Michelia foveolata(原種)と私は思っております。
*繁体字の「葉」は簡体字で「叶」となるようで、「金葉含笑」は園芸品種名ではなく、「金叶含笑」の繁体字表記のようです。

方人 11月18日(土) 14:48
みなさん、こんにちは。
Aquiya さん、金葉含笑=金叶含笑=Michelia foveolata(原種)とのコメントありがとうございます。
Flora of Chinaの簡体字表記が中国語標準と思っていました。やはり学名優先ですね。

このきなんのき所長 11月23日(木) 00:15
方人さん、遅くなりましたが勘違いして失礼しました。

Michelia foveolataの原種の可能性が高いとのこと、Aquiyaさんの情報も含めていろいろと勉強になりました。ありがとうございました。
42092: 紅葉の葉っぱ ちゃんちゃん 11月22日(水) 14:37
庭に生えている木です。
あまり大きくならないように毎年剪定しているので実際はどのくらいの大きさに成長するのかわかりません。
秋になるときれいに紅葉して、庭を明るくしてくれます。
なんという木なのでしょうか?
よろしくお願いします。

よっちゃん 11月22日(水) 19:35
ジューンベリーのような感じですね
42088: この木の名前を教えてください ニック 11月20日(月) 22:51
光が丘公園の昆虫はらっぱに2本植えれています。常緑で羽状複葉、小粒の銀杏ほどの緑色の丸い実がついています。樹高は10メートルほどありました。11月20日に見つけてものです。

通行人C 11月22日(水) 02:16
こんばんは。
雰囲気ではセンダンを感じますが、常緑樹ではないですねぇ?

常緑高木、羽状複葉、1〜2cm程の丸い果実で該当するものは、日本の木では思い浮かびません。
強いて言えば沖縄にあるアカギですが、これも3出複葉ですので違うようです。
南方系の外国樹種なんでしょうか?
葉や実の拡大した写真があれば候補が出てくるかも知れません。

kijoran 11月22日(水) 13:32
当公園はたまに入ります。、
道の反対側にバートサンクチュアリがある昆虫はらっぱでしたら
大きな「センダン」の木が2本道側に並んでいます。
42091: 教えてください! ゲロッポ 11月21日(火) 13:20
神社に植えられていました。アカガシ、ツクバネガシ、オオツクバネガシのどれかではあると思うのですが、どなたか教えてください。あとよろしければどうやって判別したのかも教えてください!

ゲロッポ 11月21日(火) 13:21
樹皮です。

ゲロッポ 11月21日(火) 13:24
堅果です。

みっちゃん 11月21日(火) 23:20
葉柄の長さが判別点になると思いますが、アカガシほど長くないので、オオツクバネガシではないでしょうか。(↓参考)
https://matsue-hana.com/hana/ootukubanegasi.html

ゲロッポ 11月22日(水) 13:13
みっちゃんさん、ありがとうございます!
42069: 名前を教えて下さい。 フーシャ 11月18日(土) 15:24
こちらも丹沢の山で拾った物です。
葉柄の溝に白い毛があります。

フーシャ 11月18日(土) 15:29
こちらは葉裏です。
葉脈の側脈に白い毛が付いています。
よろしくお願いいたします。

はなはだ 11月21日(火) 01:40
レスが無くて沈んでしまっていますので引き上げます。

ヨウアン 11月22日(水) 08:26
おはようございます。
先にお手つきをしていますので、前言のイヌザクラを翻すのは気が引けますが、リョウブはいかがでしょう?あくまでも一つの候補として。
42081: 黄葉 11月20日(月) 06:15
東京都多摩地区
何というツツジでしょうか?

通行人C 11月21日(火) 22:30
こんばんは。
植栽されたもののように見えますが、もしそうなら、ヒラドツツジではないでしょうか。
【編集・削除方法】
1:編集・削除したい投稿の冒頭タイトル左にある矢印マークをクリックします。
2:切り替わった画面で、ページ最下部の欄に、投稿時に入力したパスワードを入力します。
3:「編集」(返信がついていない最初の投稿のみ可能)か「自分の最後の投稿を削除」か「スレッド自体を削除」を選びます。
4:実行ボタンをクリックすれば編集画面に移るか削除完了します。
※文脈を乱さないために、返信がついた後や古い投稿の編集・削除はできない仕組みになっています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2017-4






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30