[戻る]
今年最後の紅葉 T-REX 12月 1日(土) 18:49
Canon PowerShot G11 1/30sec F2.8 ISO640 ±0EV 
今年最後かな〜の、紅葉を愛でに御店主と滋賀県まで行ってきました。
今日の愛機達です。・・・しかしレアですね〜

T-REX 12月 1日(土) 18:56
はじめに、釈迦山百済寺に行きました。
ソニーα7R & マクロスィーター50mmf1.9
開放

T-REX 12月 1日(土) 18:58
百済寺は1400年以上前の推古14年、聖徳太子さまによって創建された近江国最古級の寺院です。

T-REX 12月 1日(土) 19:02
次ぎに行ったのが、大瀧神社です。
社殿は寛永15年(1638)徳川三代将軍家光公の下知により、当時多賀大社、胡宮神社と共に造営された。古来、多賀大社の末社、あるいは奥宮として考えられている。

T-REX 12月 1日(土) 19:05
次ぎに行ったのが、太郎坊宮(阿賀神社)です。

近江鉄道太郎坊駅から北へ約1.1km、標高350mの赤神山(あかがみやま)の中腹にあり、“太郎坊さん”の名で親しまれています。約1400年前に創始されたと言い伝えられいます。勝運・厄除・開運・商売繁盛に御利益があり、天照皇大神の第一皇子神、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)を祀っています。 途中に願かけ殿や岩で刻んだ七福神があり、まっすぐのびた石段を登っていくと、古代信仰の名残りをとどめた本殿にたどり着きます。本殿の周りには岩座と呼ばれる巨岩、怪石が散在しています。本殿前にある夫婦岩という巨岩は、神力によって左右に開いたといわれ、巨岩信仰の中心となる岩で、この前を嘘つきな人が通ると途端に岩に挟まれてしまうといいます。 本殿前の展望台からは、四季折々に移り変わる蒲生野の景色や、東には鈴鹿連峰を始め、天候の良い日は青山高原が、南には甲賀・湖南地域や遥か奈良県の山並が、西には比叡山や琵琶湖等の景観が楽しめるため、多くの人が訪れています。

T-REX 12月 1日(土) 19:07
その次は、松尾神社です。
ソニーα7R & マクロスィーター50mmf1.9

T-REX 12月 1日(土) 19:08
そして、松尾神社の横にある玉水稲荷神社です。
ソニーα7R & マクロスィーター50mmf1.9

T-REX 12月 1日(土) 19:12
そして、撮影と共に楽しみであるお昼です。
そば処 藤村さんの、お蕎麦をいただきました。
とても美味しゅうございました。全ての食材に感謝!

T-REX 12月 1日(土) 19:14
最後に行ったのが、西教寺です。

聖徳太子が恩師である高麗の僧慧慈、慧聡のために創建されたと伝えられています。その後、久しく荒廃していましたが、慈恵大師良源上人が復興、念仏の道場としました。恵心僧都も入寺、修業されたところから次第に栄えるようになりました。鎌倉時代の正中2年(1325)に入寺された恵鎮(円観)上人は、伝教大師が畢生の事業として提唱された大乗円頓戒を復興、その後百有余年を経た文明18年(1486)に真盛上人が入寺されるに至り、堂塔と教法を再興、不断念仏の道場とされました。以来全国に約四百余りの末寺を有する総本山となりました。

T-REX 12月 1日(土) 19:16
今年の紅葉はかなり悪かったようですが、私たちが回った所はまあまあ見れるなぁ〜と言う感じでした。
i125-204-220-114.s41.a027.ap.plala.or.jp
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Image: 5MB
Color:
Password:
 cookie