[戻る]
1918: 真庭市久世の岡本館 七ちょめ 11月12日(火) 09:44
次回オフ会候補の一つと言われている久世の岡本館の女将を説き伏せてやっと泊まれるようになりました。
中々渋って泊めてくれないのを、説き伏せました。比較的息子さんなら大丈夫とおもったのですが、女将は手ごわいです。でも、印象はそれほど悪くはありません。
面白い宿泊を期待しています。
写真は取り出せないので、パソコン画面を写しました。


万訪 11月12日(火) 12:02
拒否られたのですね。2人客なら構わないが、1人客はとらないということでしょうか。あるいは、離島みたいに仕事でないと受けないとか。

七ちょめ 11月12日(火) 22:47
断られたわけで無いのですが、この日はダメ。この日もダメの連続でした。
何時なら可能かといえば、女将は一人ではねと!!あげくは宿泊は遣ってないとも。
でもあるとき息子さんが電話に出たのです。その時に一人でも宿泊は可能と言ったので、粘ってみました。
どちらにしても歓迎されない宿泊のようです。

孫右衛門 11月12日(火) 23:22
一人の宿泊は料理の手間がかかるので、歓迎されないのでしょうね。客室にもなるべく多くの客を入れて廻したいでしょうし。
ネット予約などで見ても、一人客はビジネスプランとして平日限定になっているところも少なくないようです。
東北などの遠方では大型連休でないと訪ねにくいですが、そのようなことで思うような旅館に泊ることができません。繁忙期が開けた来春に普通の土日に有給を重ねて計画しようかと思っています。
苦労して交渉してようやく泊れるということで、思い出深い宿泊になること間違いないでしょうね。是非感想をお願いします。
ただメンバーの方があらかじめ泊られた所は、オフ会の開催地としては外したほうが良いのではと思います。
旅館そのものは私も良いと思っていますが、開催地としても不便ですし。

七ちょめ 11月13日(水) 08:27
自分で多くある旅館やホテルに泊まらないで、ダメと言っている古い旅館に頼んで頼んで泊まりに行く。馬鹿なことしています。

万訪 11月13日(水) 16:32
なるほど、観光のない離島の旅館と同じように思います。大抵「仕事ですか?観光ですか?」と聞かれるので、躊躇なく「仕事です」と回答、次に何の仕事ですかと聞かれるので「建築の研究のためです」と大ホラを吹いています。泊まって仕舞えば関係ないので。

七ちょめ 11月13日(水) 18:09
離島の旅館も簡単でないのですね。宿泊客で一杯でなかったら全てOKと思っていました。
その地域、その旅館の事情など、考えてみれば個人の家の事情と同じですのでね。
大きなホテルなどはこうあるべきと決まっていますが、小さな旅館はその家の事情が最優先ですので、客側から見るといろいろと問題が発生しますね。
当たり前と言えば当たり前ですが。

万訪 11月14日(木) 10:16
船の運航の関係で島に泊まらないと仕事ができない島の場合、大抵宿がありますが、基本的に仕事優先ですので観光客断る場合があるのです。島のイベントがある場合も同様です。ですので、イベントのない土日の方が仕事の人がいないので、いい場合があります。
宿ではないですが、東京都青ヶ島への定員9人のヘリコプターも、平日は発売と同時に売り切れますが、土日は割ととりやすいです。しかし、日曜日に帰るつもりで欠航となった場合、月曜日以降のキャンセル待ちとなりますが、いつ帰れるかどうかわからなくなります。ですので、いく決断がつきません。

七ちょめ 11月14日(木) 13:39
東京都の青ヶ島。全く知らない島ですが、ネットで調べると凄い島ですね。八丈島から船でも行けるのですね。この島に人が住んでいるのと思いますが、道路は周回道路があるのですね。自動車も走っている。何か自動車が走っているのを見ると不思議にも思えます。

全くの離島マニアになられた??。私は努力しても生涯行けそうにはありません。
M014010098160.v4.enabler.ne.jp
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie