[戻る]
1812: 皆生温泉 孫右衛門 9月 8日(土) 08:54
今週初めに鳥取県に出張があり、皆生温泉に泊りました。
出張で温泉旅館に泊まるとはと思われるかもしれませんが、1泊朝食で料金もビジネスホテル並で特に贅沢なことでもありません。領収証の提出が必要なら多少気がとがめるのですが、宿泊日当が定額で支給されるだけでどこに泊まるかは自由ですので、こういった事も気兼ねなくできるわけです。
東光園は本館が登録有形文化財になっています。古い旅館ではないですが構造が独特で、中層階に空中庭園があり、上層階は巨大な梁から吊る構造になっています。その詳細は見ることはできませんが、外観からしても相当個性のある建物です。

孫右衛門 9月 8日(土) 08:57
1階ロビーで確認できる組柱。これが最上階まで立上がって、そこから渡された梁より吊り構造になっているとのことです。

孫右衛門 9月 8日(土) 09:20
温泉街には古い町並はありませんが、山陰の温泉街の中では歓楽的色彩の濃いところで、このような店のある風景も残っています。今や貴重になりつつありますね。

万訪 9月 8日(土) 20:34
この旅館は、建築業界では有名です。私も泊まって見たい!
皆生温泉も遊郭あるんですね、とやはりリストみたら載せてました。遊郭行脚、再開したい気持ちが高ぶります。

孫右衛門 9月 8日(土) 23:35
皆生温泉にはまだ泊まったことないということで適当に調べていて、変った建物の旅館と思いちょっと見ると登録有形文化財ということで、ここに決めたのですが、後で調べると建築界では有名のようですね。ひと通り内部をざっと巡りましたが「天台」の高層階は季節はずれの月曜からか宿泊客はいないようでした。
山陰の温泉地では珍しく、現代風のそれらしい一角もありますので、元は遊郭もあったのでしょうね。月曜日なので通りに出て立ったり座ったりしている呼び込み要員?も暇そうでしたが。

太泉八雲 9月 9日(日) 02:23
久々の投稿です。書き込みが少なくて申し訳ございません。
掲示板はときどき会社のパソコンで見ていたのですが、会社のPCは掲示板への書き込みをブロックしているので、見るだけになってしまいました。
ここのところ帰宅が毎日深夜なので、掲示板を書き込む時間もないありさまでした。

皆生温泉歴史は浅い温泉で、ゆえに山陰最大の歓楽街として発展した温泉ですね。
それゆえ、風俗街のイメージを払拭するために、日本で最初にトライアストンを開催した場所でもあります。

実は皆生温泉は今年この温泉を舞台にした仕事に少し関わった事があったので、一度訪れてみようと思っていた場所でした。

境港方面に抜けるのに通過は何度もしていましたが、訪れた事は無かったかも知れません。

東光園は知りませんでした。こんなホテルがあるとは。

孫右衛門 9月 9日(日) 18:35
相変わらず太泉八雲さんは多忙なご様子ですね。体調管理だけは十分にしてください。

皆生温泉に仕事とは言え多少関わりがあったのですか。東光園は大浴場や露天風呂も広くて充実していますし、平日で朝食付きプランではかなり安く泊まる事も出来ます。
ビル型旅館が目立ちますが、和風の風情ある「三井」という旅館も良かったとネットの知り合いの方が言われていました。
p1135141-ipngn200708niho.hiroshima.ocn.ne.jp
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie