[戻る]
1729: 太泉八雲の近況です 太泉八雲 10月14日(土) 08:48
みなさん、ご無沙汰しています。
最近はずっと既読スルーが続いていました。申し訳ありません。
9月は本当に忙しく、10月に入ってやっと落ち着いてきました。

あまり遠くへの旅は出来ませんが、先月から職場の人のお誘いを受けたのをきっかけに、バイクに乗り始めました。実に15年ぶりくらいです。
最初はまだ乗れるかと思い、恐る恐る乗り始めましたが、結構身体が覚えてくれていました。

レンタルバイクで、主に秩父の山間部〜甲府を日帰りで走って帰って来るメニュー。

そんな中で、いろいろ古い集落を見つけたりして、町並み巡り衝動もにわかに復活。

ちなみに写真は秩父往還の宿場町「贄川宿」です。
荒川から小鹿野方面に抜ける県道沿いにありますが、新しいバイパスが完成したので通過交通はほぼ無くなりました。

なんか四国のようなかかし人形だらけでしたが、最近地域を問わずいたるところで目にしますね。


太泉八雲 10月14日(土) 08:52
長瀞から鬼石に抜ける県道13号線を走っていると、山間部の頭上に連続した集落を発見。

即、集落への入り口道を探して、山を駆け上りました。
眼下に県道を見下ろす高い場所の斜面にあります。大型の養蚕集落。
児玉町の寺平という集落です。

バイクだと、ふと見つけたらすぐ止まれる。Uターンできる。細い道も躊躇無く入っていける。機動性がありますね。

太泉八雲 10月14日(土) 08:58
最近のツーリングルートの途中、十国峠街道(国道462号線)の万場宿(神流町)にある創業350年の今井屋旅館です。

近いうちに泊まる計画を立てています。


七ちょめ 10月14日(土) 11:20
お久しぶりです。バイクをはじめられたのですか。無理して暴走しないようにね!!
さて、この群馬県神流町の今井屋旅館は知りませんでした。群馬県も随分探しましたがこの旅館は見つけられなかったです。
早速リストアップしました。申し分ない抜群の対象旅館です。早いうちに泊りに行きたいですが、それにしても交通の不便な所ですね。レンタカーしか交通手段はないような所。
でも、公共の交通機関をさがします。
公共交通機関は高崎駅の少し南の新町駅からバスが運行されています。

太泉八雲 10月14日(土) 13:48
HPもある現役バリバリの旅館ですね。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~adama/imaiya1.htm

おそらく七ちょめさんも興味を示されるかと思った旅館でした。
関西からはかなり遠いので、周辺の町並み・集落情報と合わせ他の旅館も調べておきますね。

孫右衛門 10月14日(土) 20:34
太泉八雲さんお元気そうで安心しました。昨年末お会いして以来、とても大変そうな様子でしたので。私はやりませんが、バイクツーリングには絶好の時期になりましたね。

私も最近旅館に泊ることに魅力を感じるようになっていまして、最近では出張先の宿泊でも旅館から探しますね。今年になって鳥取県の三朝温泉の旅館や倉吉の古い町並の只中にある旅館などに泊りました。

関東地方は平野部はひと通りざっと訪ねた感はありますが、その外縁部にあたる秩父地方から群馬県の山あいの地域、栃木県日光付近などは空白です。
それぞれの間が移動し易い地域ではなく、一度に訪ねられないのが厄介です。

もうこれからは大きな遠征は難しく、年末年始に泊りがけはやるでしょうが、
春になって北東北の続きをするか、またはこの地域にするか、まだ先のことですのでぼんやり考えています。

順番からすると東日本となる次回オフ会開催地とのバランスも考えながらと言うことになるでしょう。

万訪 10月14日(土) 22:10
太泉さん、こんにちは。久しぶりの旅ですね。
こんな大きなバイクを久々に乗って操れるとはスゴイ。バイクでの町並み探訪はまた違った味で良いでしょう。紅葉のワインディングも楽しそう。太イズム復活しそうな予感がします!
私も今月は、先週の連休に徳島の山岳集落攻めを計画していたんですが、仕事でのトラブルが重なってモチベーションがあがらず、キャンセルしてしまいました。どっか行きたいです!

Kさん 10月15日(日) 07:44
私の免許には大型自動二輪も付いていますが、昔、カブで取ったものが自動的にランクアップしたもので、実際には大型のバイクなんて乗ったこともなく、乗れません。機動性がありそうで羨ましいです。

太泉八雲 10月15日(日) 08:20
折角昔に大型自動二輪の免許を取ってから乗っていなかったので、憧れの車種をいろいろ乗っています。

高性能のレース用バイクなので、まず軽い。そして小さい。
排気量はリッターありますが、サイズ的には昔の400ccレベルです。なので乗りこなせてる、上手くなったと勘違いしてしまいますが、そこは自分で把握していないと。

でも、結構身体が痛くなりました。

万訪さん仕事に起因するモチベーションの低下はなかなか払拭できないですよね。気晴らしに、と思って旅に出ても、旅から戻って翌週の事を考えると憂鬱になる。

紅葉の季節なので、昔企画したオープンカーで養蚕集落めぐりも復活させたいですね。

孫右衛門さん、三朝温泉の老舗旅館って、まさか「大橋」に泊まられたのですか?
倉吉の旅館も気になりますね。町並み散策と組み合わせはベストですからオフ会候補地ですね。

七ちょめ 10月15日(日) 08:58
このバイク、リッターですか。昔の感覚では考えられない。免許証を見ると私も大型自動二輪の免許も付いていました。かって、学校を卒業して入った会社で4年間、250ccのポインターという単車(当時の呼び方)で走り回っていました。
250ccでも当時は大きかったです。
そこで近年、沖縄県の最南端波照間島を訪ねたときに、レンタサイクルだと遠いしと、島を廻るのにバイク(小さなスクーター)をレンタルで借りたのです。かって乗っていたので大丈夫と思って借りましたが。大変でした。思うように動いてくれません。
只、島中何処に行っても自動車とは出会わないので、単独事故で溝などに落ちなければ、大丈夫と、よたよたしながら島を走ったことがありました。
レンタバイク屋のおばさんが大丈夫??と不安がっていましたが、事故もなく帰ってきました。

孫右衛門 10月15日(日) 22:37
三朝温泉は花屋別館という一般的な温泉旅館です。最近温泉旅館でもビジネスプランなどといって素泊まりでビジネスホテル並の値段で泊れるところも増えています。稼働率を高めた方がよいと判断される旅館も増えているように感じます。ただ温泉だけ日帰り客に開放している旅館も増えているようで、当日も夕方はスポーツ少年団らしき小学生の集団と鉢合わせになり落ち着けませんでしたが、その代わりゆっくり朝風呂に浸かれたのは出張中とは思えない至福の時間でした。つい先月のことです。

倉吉の市街地にある旅館はまきた旅館という宿です(写真)。
この旅館は本当に古い町並のど真ん中にあります。来月も倉吉出張がありますので、ここに泊ってみようかと思っています。伝統的旅館というのとは違いますが、リーズナブルですし、探訪中の宿としても良いです。
p600130-ipngn200601niho.hiroshima.ocn.ne.jp
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie