[戻る]
1727: ブラタモリみていて 万訪 9月21日(木) 11:24
今、ブラタモリで高野山をやっています。高野山への正規の登り口である九度山町慈尊院が出てきたので、前に九度山を歩いた時に立ち寄っているか、写真チェックしたら行ってませんでした。
ところで、写真に人が写っている。七ちょめさんとKさんではありませんか。そうだ一緒に歩いたんだった。調べたら2004/10/2でした。13年前で、いらかぐみ結成の翌年だ。懐かしさに浸っちゃいました。


七ちょめ 9月21日(木) 16:57
そんなこともありましたね。13年前ですか。
万訪さん(当時はnomonomoさん)・Kさん・西山さんと私の4人でした。
私その時には未だ60歳台でしたので、皆さんを乗せて大阪河内長野市から細い細い峠道を通って、何ていう集落か忘れましたが行きましたね。今じゃとてもとても!!
車はマークUのクオリスだったと思います。今では小さな車になっています。

写真は焼物だそうで、九度山焼とありますね。確か九度山の町並も3回は訪ねていて、町並は大体覚えている積りですが、この焼物は全く覚えがありませんが、写真に写っていますね。

今よりも頭の毛が多いですが、当時でも少し剥げていますね。

万訪 9月21日(木) 18:08
そうでしたね。七ちょめさんが車出していただいて、細い峠道を越しました。西山遊野さんも一緒でしたね。

Kさん 9月22日(金) 07:26
どこかの村で、道端になっていたナツメの実を採ったのを覚えています。子どものころのおやつの定番だったので、懐かしかった。しかし、皆さんは関心がなさそうでした。

私もまだ多少頭髪が残っていますね。別の時に描いた九度山のスケッチです。

七ちょめさん宅に泊めてもらったこともありましたね。

七ちょめ 9月22日(金) 11:24
今、当時走った道を調べると河内長野市三日市町から府道218号線を進み、その後、府道61号線で滝畑集落を訪ねています。古い町並で掲載せず、茅葺屋根で掲載していました。
ナツメをKさんが懐かしがって食べておられたのを思い出しましたが、私には馴染みのない食べ物でした。場所は滝畑集落から南に進み和歌山県に入る峠(藏王峠)辺りだったと思います。
若かったか、当時のことを割に覚えているものです。今のことはすぐ忘れますが。
写真は河内長野市街から南の山間部にある滝畑集落です。
万訪さんの勧めで訪ねたものでした。

万訪 9月22日(金) 21:05
あの時、、、結構いくつもの町を歩いてますね。画像は橋本。懐かしいです。

七ちょめ 9月22日(金) 21:36
元気な姿の西山遊野さんが居られる。感激!!

孫右衛門 9月23日(土) 09:17
このときのミニオフ会は私は都合が合わなくて参加できなかったのでしょう。
橋本がまだレトロ商店街が健在の頃でしたか。昨年訪ねた時は造成地のようになっていました。
今日のブラタモリは高野山の続編で、今回は高野山の町中を取り上げるようで楽しみにしています。

関西地区でのミニオフ会というのもしばらくになりますね。万訪さんのスケジュールで組まれることが多かったと思いますが、またいつかやってみるのも面白そうですね。
以前出たかもしれませんが、飛田の百番で開催というのも興味深いです。
個人では入れませんし。

Yasuko 9月23日(土) 16:58
飛田の百番、行ってみたいです。岡山から行った人の話によれば使っていない部屋は自由にみせてくれた・・・運んでくる人が外国方だったとか・・・聞きました。

Kさん 9月23日(土) 19:55
私はあまり好みではありませんが、鯛よし百番は描いています。男性ばかり4、5人で行きましたが、百番の隣の不動産屋の主人が出てきて「ここでスケッチする人は初めて」と言っていました。

万訪 9月24日(日) 07:29
西山さんが他界されたのは、2009年秋でした。もう8年。2017年も秋分ですね。
奇蹟的に大正期の建物群が残っている町並みである飛田も、随分変わっているでしょう。百番でミニオフ会はいいですね。入ったことないですし。

孫右衛門 9月24日(日) 18:51
飛田百番、ここにこだわるわけではありませんが、関西ミニオフなら次回はここかという気がしています。
関西の開催であれば私なども日帰りで参加可能ですので、やはり万訪さんの業務に合わせてというのが日程を決めるにも人数の集まりやすさからいっても良いのではと思います。

七ちょめ 10月 1日(日) 16:47
和歌山県九度山町のこの陶器の九度山焼きが健在でした。
今、洞川温泉の紀ノ国屋甚八でビールを飲みながらの投稿です。

七ちょめ 10月 1日(日) 20:17
序でに橋本市の旧和歌山街道の町並みを、見事に何も残って居ませんでした。でも、新しく建った家は殆ど、その場所に住んでおられた方々だそうです。
写真は旧和歌山街道の町並みです。

孫右衛門 10月 1日(日) 22:43
これはもと商店街だった一角でしょうか。もしそうなら、昨年のほぼ同じ時期にこの場所の姿を目にしています。その時は仮店舗みたいなものが数店見られただけでほぼ更地状態でした。
このような住宅は、短時間でいとも簡単に建てられますが、その分耐用年数も決して長くなく補修・リフォームが必要になりますね。

七ちょめ 10月 2日(月) 07:17
外観では判りませんが、殆どの家が役所指導の建て替えですので、費用が余り掛からないことが多いので良い家屋だと思いますよ。近くに古い家を移動した医院と町並み保存の家屋一軒は近くに建て替え移築されていました。古い家に住んでいた方で、その地の新しい店(おもちゃ屋、賑わっていた)の奥さんと話して判りました。
写真は旧町並み保存の家屋。
dcm2-110-233-245-2.tky.mesh.ad.jp
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie