[戻る]
1694: 熊本城 Kさん 6月17日(土) 21:13
今回のオフ会で、私は熊本城の現状をスケッチするのを第1目的にしていました。今日ようやく1枚目をホームページに掲載できました。
熊本城は今、天守閣を遠巻きに眺める周遊ルートだけが公開されていましたが、この絵は「二の丸広場」からのものです。二の丸広場はもともと上級武士の屋敷があったそうで、建物はなく、従って地震被害もなかったので、自由に出入りできました。

七ちょめ 6月17日(土) 22:13
熊本城に工事用のシートがかかってなくてよかったですね。
いや、シートがかかっているのかな、でも天守閣の輪郭が見えたようで、良かったですね。
建物は比較的早く修復できるようですが、石垣が長期にわたるようですね。
皆様訪ねておられる、古い町並はどうなっているのか気がかりです。

Kさん 6月18日(日) 06:59
天守閣は2年後に復旧するそうですが、全体が元の姿に戻るのは2037年だそうです。

万訪 6月18日(日) 09:12
熊本城は昨年行きました。熊本城復旧事業のコンサルのプロポに応募して、見事に落選しましたが、選定されていたら今頃メチャ忙しかったでしょう。
天守は石垣とは別基礎で復元されているので、加藤神社から眺めると崩れた石垣と建物が離れていて(浮いているようで)不思議に見えますね。新町・古町の古民家は結構被災したようですが、修復されるのではないでしょうか。取り壊されてしまう民家もあるでしょうが、ある程度は仕方ないですね。

万訪 6月18日(日) 09:17
一方、上通町の東側の非戦災地区に残る町並みは全然被害を受けていませんでした。店舗利用で補強されているからなのかもしれませんが、福岡の呉服町通りみたいに熊本のオシャレスポットになっています。

七ちょめ 6月18日(日) 10:08
熊本市内の古町などの古い町並の家屋にこのように足場が組まれていると安心いたします。取り壊されずに残ったので良かった。良かったという感じです。

孫右衛門 6月18日(日) 15:55
熊本の市街地は今回訪ねていませんが、少し震源から離れていると思われた日奈久の旅館でも建物の被害があったのは意外で、影響の大きさを実感しました。
全国版のニュースでの報道だけを見ていてはなかなかわかりづらい部分です。

オフ会活動記録に着手していますが、先日も書きましたが今回は日奈久温泉の部分だけでは館内と朝の探訪のことだけになりますので、個人的探訪についても軽く触れ、それぞれ探訪の成果を象徴する画像を添えようと考えています。
とりあえずは掲示板等にアップされた画像で作成しようと思いますので、一度その状態で見ていただいて意見を得て完成としたいと考えています。どこを探訪されたかが定かでない方、画像がない方もありますので、またその時にお聞きします。
とにかく作成できる範囲で造ってみます。
p484168-ipngn200504niho.hiroshima.ocn.ne.jp
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie