[戻る]
1619: 伊勢本街道の宿場 Kさん 11月 1日(火) 09:52
悠彩会展が終わり秋のスケッチシーズンがやって来ましたので、昨日、伊勢本街道の宿場の一つである宇陀市榛原諸木野という村へ行ってきました。
榛原から国道369をしばらく走り、高井という村(七ちょめさんが取り上げられていますが、空き地が増えていました)から、脱輪が心配なほど狭い山道をかなりの距離登ったところにあります。
街道の難所である石割峠を控えているため、昔は9軒もの旅籠があったそうです。大和棟がたくさんあるこの風景にあこがれて出かけました。集落派の万訪さんやuranoさん、探訪候補リストに加えられてはいかがでしょうか。


Kさん 11月 1日(火) 10:02
写真の真ん中を通るのが旧伊勢本街道です。この日出会ったのは、「今日は御杖村まで行く」という同年配の徒歩の人だけでした。聞き忘れましたが、伊勢まで歩くのでしょうか。写真中央、鯉のぼりの竿の向こうにぼやっと見えるのが「諸木野の桜」と言って、カメラマンには有名みたいです。

万訪 11月 1日(火) 21:42
いい感じの山里ですね。奈良県はKさんはじめかなり発掘されているので、未踏地が多い県。ぜひリストに加えさせていただきますが、いつになったらいけることやらです。奈良県は奥が深いですね。

Kさん 11月 2日(水) 19:31
上に書き込んだ「伊勢まで歩いている人」は、よく存じ上げている絵仲間(千葉県船橋市在住)の昔の会社の同僚であることが判明しました。世の中に「奇遇」ということがあるのですね。昔、初めて行った上五十沢でたまたま出会ったのが、太泉八雲さんだったようなものです。

urano 11月 2日(水) 20:49
宇陀市榛原諸木野、地図検索したら本当に峠の下ですね。棚田の間を縫う街道、その道沿いにそびえる石垣が魅力的です。
奈良県は北部の主要な町並みをめぐっているのみで、それ以外はほとんど未踏です。吉野や十津川村にも行ってみたいものです。

太泉八雲 11月 2日(水) 22:46
伊勢本街道は高井まで行っていますが、その次ぎは内牧ではなく、この山間のルートを通るのですね。調査不足でした。なるほど、良い集落ですね。かつて旅籠が九軒あったとはそれは壮観な風景だったと思います。

七ちょめ 11月 3日(木) 11:23
宇陀市榛原諸木野はいかにも奈良県北部の山間部という感じの集落ですね。明日香辺りより急勾配の集落のようです。
伊勢本街道は今の国道369号線とは別のルートを通っていたのですね。
多分写真の人はKさんでしょうから奇遇の人が撮った写真でしょうね

孫右衛門 11月 3日(木) 21:28
太泉八雲さんの撮影した画像にKさんのスケッチ姿が写っていた件はいらかぐみきっての逸話ですね。個々の活発な活動ぶりを示すものとして。私も万訪さんなどとこの時訪ねていますので、入れ替わり立ち代りこの五十沢集落にメンバーが立寄った一日となったわけです。
今回のKさんもそれに準じた体験だったとか。
p436180-ipngn200406niho.hiroshima.ocn.ne.jp
Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie