[戻る]
まつりのあと・・・ BUNN 3月 8日(金) 20:24
 
期間中10万人の人が筑波山麓の小さな街を訪れる「真壁のひなまつり」の閉会翌日の

冷たい雨が降り頻るなかをコンデジ片手に散策して来ました。

まだ片付けられてない飾りをしっかり押さえまして・・・


BUNN 3月 8日(金) 20:27
此の商店はもっとも素敵な飾りを観られる処で開催期間中は8時前にも係わらず

此の雨戸は開かれてますが・・・流石にこの日は無理でした!

でも、隙間からの雛壇を狙ってみました。


BUNN 3月 8日(金) 20:28
雨脚の強さに加え徐々に風も強まって来ました!


BUNN 3月 8日(金) 20:30
此の建物は震災後間もなく8年が過ぎようとしてますが、殆ど当時の姿のままです・・・


BUNN 3月 8日(金) 20:31
閉会直後の雨の月曜でしたから想定通りの閑散としたメインストリートです・・・


BUNN 3月 8日(金) 20:32
入れ物も中身も甚だ懐かしいですネ!


BUNN 3月 8日(金) 20:34
一回りして来たら・・・お雛様は片付けられてました。

此れから11ヶ月は寂れた街に戻るのでしょう!


kaguya 3月10日(日) 18:20

BUNNさん、こんにちは。

真壁のお雛さま、そろそろ見せて頂けるかなぁと待っていました!!<(_ _)>

102棟が国の登録文化財となっている真壁の町並み・・情緒があって本当に素晴らしいですね。

商店や個人のお宅等に飾ってあるお雛さま、歴史を感じるひな飾りです。

でもまだ震災当時の姿のままの家屋も・・胸が痛みます。

最初と最後の作品、閉会後と雨が強くなったので仕方ないですね。

でもすぐに片付けないで置いてくださったのですね〜。

奥ゆかしさを感じます。

駄菓子屋さん?懐かしい!!!!

最近では見かけませんがいいですね〜。小さかった頃を思い出します。

隙間からの雛壇・・また来年も素晴らしいお雛さまを見せて頂けるといいですね。

ありがとうございました。

Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie