[戻る]
絵島・・ kaguya 1月31日(木) 23:20
 
またまた淡路島へ・・。

今回は、国生み神話で日本最初の国土として伝承されている淡路島最北端の島「絵島(えしま)」
へ行って来ました。


kaguya 1月31日(木) 23:21
岩屋漁港にある「絵島」は、別名「おのころ島」と呼ばれる。古事記、日本書紀の国生み神話に 登場する「おのころ島」は伊弉諾尊と伊弉冉尊の二神が天の浮橋の上に立ち、「天の沼矛」(ぬぼこ)で青海原をかきまわし、その矛先からしたたり落ちたしずくが凝り固ってできた島のことで、この島こそが日本最初の国土とされています。
おのころ島には諸説あり、淡路島内だけでも「おのころ島」伝説がつたわる場所はいくつかあるが、ここ絵島もそういったおのころ島伝承地の一つである(ネット調べ)。


kaguya 1月31日(木) 23:24

地質学的に珍しい約 3千5百万年前(古第三紀始新世)の岩屋累層 砂岩層が露出した小島で、砂岩の風化浸蝕された岩肌の模様がとても美しく不思議な感じがしました。


kaguya 1月31日(木) 23:25

とても滑らかそうに見える岩肌・・全く違う風景に何か神秘的なものを感じます。


kaguya 1月31日(木) 23:27

残念ながら今はこの島に渡ることはできません。

Name:
Email:
Homepage:
Message:
Icon: view
Photo: 5MB
Color:
Password:
 cookie